映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」公式サイト

キャスト

堺 雅人

一色正和を演じられていかがでしたか?
撮影前に、二人はとにかくラブラブの夫婦でいてください、というお話を山崎監督からいただきました。それは、物語後半との落差を生むために。高畑さん演じる亜紀子は、本当に可愛らしくて、生命力に溢れていました。おそらく高畑さんとじゃないと、できない夫婦役だったんじゃないかと思います。別の方だったらまた全然違う一色正和になっていた気がしますし、生き生きとしたあのお芝居が今回の原動力というか、生命力の源になっていたと思うので、本当に感謝しています。
印象的だったシーンは?
スタジオもロケも、どのシーンも素敵だったのですが、クランクインから約2週間かけて撮影した一色家のセットは印象的でしたね。撮影が終わったときは、あ、これで一色家のシーンが終わりなんだと寂しくなった覚えがありますね。生活の匂いを出すって、すごく難しいことだと思うのですが、セットはもちろん、正和の書斎に並ぶ本のラインナップだったり画に写らない細部へのこだわりに触れ、正和を演じる上での大きなヒントをくれたセットでした。あのセットにはずいぶん救われた気がします。
初参加となる山崎組の印象は?
ものを創るという大変さと、その楽しさをすごく知ってる組だなって思いました。和気藹々としているけど、けして馴れ合いではなくて、でも声を荒げたりする人もいない。本当にいいチームなんだなって思いました。

1973年10月14日生まれ、宮崎県出身。
[主な映画出演作]
『南極料理人』(09)、『ゴールデンスランバー』『武士の家計簿』(10)、『日輪の遺産』『ツレがうつになりまして。』(11)、『鍵泥棒のメソッド』『その夜の侍』『大奥~永遠~〔右衛門左・綱吉篇〕』(12)、『ひまわりと子犬の7日間』(13)、『北の桜守』(18予定)など。

高畑充希

一色夫婦はどんな夫婦だと思いますか?
正和さんは、少し亭主関白な部分もあるけれど、妻のことを本当に大切に思っている人。亜紀子は正和さんに甘えたりもしつつ、時に強く、夫を支える人。二人の関係性はシーソーのようで、とても素敵ですよね。
お気に入りのシーンは?
寝室で正和さんと二人きりで話すシーンがあって、そこは台本の時から大好きでした。仲良しの新婚さん夫婦、というだけじゃなくて、本当にお互いを大切にしてるんだなと思えるシーンで。普段はヘラヘラしてるけど、旦那様のことを想って覚悟を決める、そんな肝っ玉・亜紀子のことも大好きでした。
初参加となる山崎組はいかがでしたか?
山崎組は、みんながやりたいけどできないことを実現してしまう組なんだな、と思いました。グリーンバックでの撮影が多く、色々なものが目に見えないのですごく不安だったんですけど、きっと山崎監督の頭の中にはすべての完成型が見えてるんだと思いながら演じていました。だから、山崎監督の頭ん中にお任せしちゃおう! と。完成した本編を観たら、こんな風になってたんだ! っていう発見が沢山ありそうで楽しみです。

1991年12月14日生まれ、大阪府出身。
[主な映画出演作]
『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』(07)、『女子―ズ』『アオハライド』『バンクーバーの朝日』(14)、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『怒り』『アズミ・ハルコは行方不明』(16)、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(17・声の出演)、『泥棒役者』(17)など

堤 真一

1964年7月7日生まれ、兵庫県出身。
[主な映画出演作]
『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(05・07・12)、『土竜の唄』シリーズ(14・16)、『神様はバリにいる』(15)、『海賊とよばれた男』(16)、『本能寺ホテル』(17)など。

安藤サクラ

1986年2月18日生まれ、東京都出身。
[主な映画出演作]
『かぞくのくに』(12)、『0.5ミリ』『百円の恋』(14)、『追憶』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17)など。

田中 泯

1945年3月10日生まれ、東京都出身。
[主な映画出演作]
『たそがれ清兵衛』(02)、『永遠の0』(13)、『るろうに剣心 京都大火編・伝説の最期編』(14)、『無限の住人』(17)、『羊の木』(18予定)など。

中村玉緒

7月12日生まれ、京都府出身。
[主な映画出演作]
『大菩薩峠』(60)、『橋のない川』(92)、『椿三十郎』(07)、『ポプラの秋』(15)など。

市川 実日子

1978年6月13日生まれ、東京都出身。
[主な映画出演作]
『レンタネコ』(12)、『シン・ゴジラ』(16)、『三度目の殺人』『ナラタージュ』(17)、『羊の木』(18予定)など。

ムロ ツヨシ

1976年1月23日生まれ、神奈川県出身。
[主な映画出演作]
『ヒメアノ~ル』『金メダル男』(16)、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』(17)、『空飛ぶタイヤ』(18予定)など。

要 潤

1981年2月21日生まれ、香川県出身。
[主な映画出演作]
『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』(08)、『ガール』(12)、『劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の1日』(13)、『あやしい彼女』(16)、『新宿スワンⅡ』(17)など。

大倉 孝二

1974年7月18日生まれ、東京都出身。
[主な映画出演作]
『HERO』『ロマンス』(15)、『リンキング・ラブ』(17)、『空飛ぶタイヤ』『検察側の罪人』(18予定)など。

神戸 浩

1963年5月28日生まれ、愛知県出身。
[主な映画出演作]
『無能の人』(91)、『学校』シリーズ(93・96)、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(05・07・12)、『超高速!参勤交代』シリーズ(14・16)、『星めぐりの町』『blank13』(18予定)など。

國村 隼

1955年11月16日生まれ、大阪府出身。
[主な映画出演作]
『海賊とよばれた男』(16)、『ちはやふる』シリーズ(16・18)、『哭声/コクソン』『忍びの国』『KOKORO』(17)、『追捕 MANHUNT(原題)』(18予定)など。

古田 新太

1965年12月3日生まれ、兵庫県出身。
[主な映画出演作]
『台風一家』(14)、『信長協奏曲』『シン・ゴジラ』『土竜の唄 香港狂騒曲』(16)、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(17・声の出演)など。

鶴田 真由

1970年4月25日生まれ、神奈川県出身。
[主な映画出演作]
『家族ごっこ』(15)、『64 -ロクヨン- 前編/後編』(16)、『じんじん~其の二~』『ゆらり』(17)、『海を駆ける』(18予定)など。

薬師丸 ひろ子

6月9日生まれ、東京都出身。
[主な映画出演作]
『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(03・06)、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(05・07・12)、『今度は愛妻家』(10)、『わさお』(11)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)など。

吉行 和子

8月9日生まれ、東京都出身。
[主な映画出演作]
『愛の亡霊』(78)、『人生、いろどり』(12)、『東京家族』(13)、『家族はつらいよ』シリーズ(16・17)、『春なれや』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『亜人』(17)など。

橋爪 功

1941年9月17日生まれ、大阪府出身。
[主な映画出演作]
『キッチン』(89)、『奇跡』(11)、『東京家族』『永遠の0』(13)、『家族はつらいよ』シリーズ(16・17)など。

三浦 友和

1952年1月28日生まれ、山梨県出身。
[主な映画出演作]
『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(05・07・12)、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(11)、『アウトレイジ ビヨンド』(12)、『64 -ロクヨン- 前編/後編』(16)、『羊と鋼の森』(18予定)など。