金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」を見逃し動画無料フル視聴!

4分間のマリーゴールド

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の無料動画視聴方法

ドラマ『4分間のマリーゴールド』は
TBS公式「Paravi」で第1話から全話までフル動画配信が決定!!

Paravi」は完全無料で視聴可能♪
初回は2週間無料!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

☆TBS、テレビ東京、WOWOWなどのドラマ・バラエティ・映画・アニメ・音楽ライブ・海外ドラマ・報道など多数配信中!Paraviでしか観れない独占配信作品も多数!

●『Paravi』ユーザーからの耳より情報☆

TBSの恋愛ドラマが大好きで、気になって登録してみました。2週間は無料なのでとっても登録しやすかったです!ドラマももちろんですが、映画も視聴できるし、LIVEだって視聴できちゃうのが良いですよね!気になってたアーティストのライブも見られるし。使って満足してます!【20代女性】

ドラマ「4分間のマリーゴールド」 見逃し動画 検索

  • 第1話〜全話までフル視聴
Paravi
Paraviでは『4分間のマリーゴールド』を独占配信中!ここでしか見れないディレクターズカット版も好評配信中です♪

■『4分間のマリーゴールド』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi ◎(見放題) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.04.21

  • 動画共有サイト
YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第10話/最終回>
2019年12月06日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第10話/最終回 ネタバレはここをクリック
みことと紗羅の乗る車に、突然大型車が衝突してしまうという大事故が起こった。頭から血を流して倒れている紗羅に、懸命に心臓マッサージを施すみこと。病院に搬送された紗羅は、緊急手術を受けた。事故によって硬膜外血腫が出来ていたらしい。ダメージを受けた紗羅は、そのまま眠り続ける状態になる。母はすぐに帰国し、広洋も滞在し続け、花巻家が一つになって紗羅を見守り続ける日々が続いた。とうとう、紗羅の誕生日の日を迎えた。みことは仕事を終えてから、いつもと同じようにマリーゴールドの花束を買ってから病院へと向かった。紗羅の側に付いていた母が何か言葉を発して出てきた。みことが駆けつけると、紗羅は目を開けた。死の運命を、覆した瞬間だった。
第10話/最終回 感想はここをクリック
30代女性
やはり沙羅の命に危機が訪れてしまいました。救命士であるがゆえに危機の時も助けられたはずなのに…救命士であるから、病状の深刻さがわかりすぎる。とても切ない状況に胸が痛くなりました。こんなに愛されて沙羅がうらやましいです。
30代女性
沙羅が事故にあってしまい、あぁ…やっぱり不幸は避けられなかったのか…ってがっかりしてしまいました。今まで不幸を避けようとあれだけ頑張ってきたのが水の泡です。やはり運命は変えられないのか。愛が試された最終回でした。
30代女性
沙羅はまだ意識が戻らなくて、母親が沙羅の爪を切っていたのがどこか切なかったです。母親が泣きながら、変わってあげたいと本音を言っていたのがすごく胸に刺さりました。みことも声が聞きたいと言っていたのがジーンときました。
30代女性
自殺しようとしている男性を止めたみことの言葉が、沙羅が生きるか死ぬかという状況であることもあって、かなり胸が痛かったです。ずっと沙羅が事故に遭ってしまったのは自分のせいだとみことが自分を責めているのが痛々しすぎました。
30代女性
沙羅が死ぬ危機なのにあまりにも淡々としていた印象でした。それぞれがやるべき事をやるといった感じで予想された日までを過ごしていただけでした。タイトルを強引に回収したのだけは認めるところですが、主人公の見せ場が自殺者を止める所だけでした。これでハッピーエンドなのは納得がいかない。山場は原作に無くても演出で作るべきだったでしょう。雰囲気ドラマで終わってしまいました。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第9話>
2019年12月06日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第9話 ネタバレはここをクリック
みことたち署員は、小学校で子供たちを相手に講習をしていた。心臓マッサージの方法などを教えた。藍は、専門学校の面接を受ける。面接終了後、廉は寿司を振る舞った。藍は、琴に告白して、琴はうれしそうな表情をする。みことたち署員は、通報があったので小学校へ行った。教師・滝沢は、生徒・直哉を助けたのだが、助けた時に頭を打っていたため、その場で倒れてしまう。みことは、滝沢の運命を見ていなかった。みことは、小学校へ用事があったので行くことにした。すると、直哉が校庭にいた。直哉は、滝沢のことが気になっていて、落ち込んでいた。みことは、病院にいる滝沢の手を触るが、運命が見えない。帰宅したみことは、運命が見えないことを沙羅に伝える。
第9話 感想はここをクリック
30代女性
藍がいつもまとわり付きながら心配してくれた琴にありがとうと伝えたが、琴のあとはというグイグイ迫る連続に色々と思い付く事を藍が何度感謝を返しても、琴が欲しくて堪らない言葉を話すまで問い詰めた挙げ句、壁まで下がってしまった藍が覚悟を決めての告白に満面の笑みを浮かべた琴の完全勝利に笑ってしまい、今後の藍は琴の尻に引かれるなと思う。
30代女性
滝沢先生が病院に運ばれて、生徒である直哉が自分を責めていたのが切なかったです。いろんな感情になったのが伝わってきました。またみことが滝沢先生に手を合わせると、運命が見えなくなっていたのが驚きました。なんでなのか気になります。
30代女性
みことの姉で婚約者の沙羅を間近で見た同僚の磯辺が羨ましがる姿がまるで子供のようで可笑しく、何故自分自身にいないのかを不思議がる所に磯辺は自分の事をイケメンと思っているのがわかり、忖度なしに話す阿部が優しくないからと言い切る所が面白く、磯辺も人を選んで優しくすると素早く返して、掛け合い漫才のようで良い職場だと感じる。
30代女性
みことが死の運命を見ることができなくなってしまって皆が不安に思ってしまってどうなってしまうのかなと思いました。でも、見えなくなってもみこと達なら運命を変える力があると思うから頑張って今を乗りきって欲しいなと思いました。
30代女性
みことと沙羅が幸せ一杯なのが良かったです。二人が一番幸せな一時を過ごしている姿を見ると嬉しくなりました。二人の時間を大切にしている姿を見ると二人の相思相愛なところは見ていてこちらまで幸せな気分になりました。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第8話>
2019年12月01日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第8話 ネタバレはここをクリック
長時間絵を描き続け、部屋で倒れてしまった沙羅。運ばれた病院で長時間同じ体勢で居たことが原因と診断される。28歳の運命の日へと繋がる病気などは発見されず、沙羅は自宅へ戻る。そこへ、海外を飛び回っている写真家の母が突然帰宅し、家族全員が驚く。そして、久々に母を交えて楽しい日々を過ごす花巻家だったが、みことと沙羅は母に運命の日について話をしようと決意する。しかし、子供の頃から母に気を遣っていた沙羅はなかなか母に言い出すことができない。そんな中、翌日に母がまた写真の仕事のためにモロッコに旅立つことに。そこでみことは言い出せない沙羅の代わりに口火を切るのだった。衝撃の話に信じることができない母。そんな母に長男・廉は昔、沙羅が母を想って渡すことができなかった1枚の紙を差し出すのだった。次の日、母は沙羅の運命を変えるために、自分の運命をみてほしいとみことに頼む。自分が今自然の運命に逆らって死ぬことで、沙羅の運命を変えることができるのではないかと思ったからだ。しかし、みことは断固拒否する。そして、沙羅は母に「モロッコの写真を撮ってきてみせてほしい」と話し、自分が母のことをどう想っていたかを母に伝えた。その想いを聞いた母は、花巻家の兄弟達に見送られながら、モロッコに旅立っていくのだった。
第8話 感想はここをクリック
30代女性
横浜流星さんが、姉ちゃんが倒れて運ばれたときの表情がとても繊細で、かっこよさの中に優しさが含まれていてとてもよかったです。シロをみんなで、呼んで探している姿が三種三様で可愛くて、きゅんとしました。お母さんがめちゃめちゃ元気でよかったです。
30代女性
創作というものは神から降りてきた瞬間を逃してはならない。だが創作者が家族を持っているとか母親であったらどうだろう。沙羅の宿題を優先してはオーロラは消えてしまう。しかし創作や仕事を取る女性はとかく責められるし廉が内心思っているように「母親らしくしたらどうだ」と陰に陽に言われる。原田は「産んでくれたじゃないか。それが一番母親らしいことだろ」と言った。理津を見ていると星野富弘さんの言葉を思い出す。「誰に褒められようとけなされようと構わない。ただ母が一言『へぇっ』と言ってくれたらそれでいい」という意味の言葉だ。理津も沙羅が写真を見て「きれいね」と言ってくれることが創作の原動力なのだろう。一方みことは救急の仕事でかかわった赤子を抱いて、自分や沙羅を産んでくれた母親に改めて感謝を覚えたことだろう。人の死が見える彼だからこそ新たな生命のか細い体重と温みは救ってくれるものであった。ところでこれは余談だが、理津がお絵かき教室を撮った写真は白飛びしていてあまり褒められたものではなかった。プロの写真家という設定ならもう少し気を配ってもよかったのではないか。
30代女性
花巻家の母親が登場したことで、家庭内の空気が変わったように感じました。それと並行して、紗羅の残酷な死の運命にも、変化の兆しが訪れてきたかのような予感がします。みことが携わった妊婦の赤ちゃんが助かったことは、良い兆しだと思います。
30代女性
突然帰ってきた母親に結婚のことや、運命のことを告げたのだが、母親が選んだ選択肢は「いつも通り」だったのが凄く良かったです。そして、家に母がいることを誰よりも喜んでいたのは、沙羅だったのに、母親に「いつも通り」でいることを決意させたのも沙羅の言葉でした。母を見送ったときの、沙羅の涙で複雑な気持ちだったことが、凄く伝わり切なくなりました。
30代女性

まずは、みこととさらの結婚をお母さんが祝福してくれたことに安堵したました。自由奔放な性格のお母さんだと思うので、あまり心配になることはないのかなと思いつつも2人はドキドキしていたと思うので、本当に良かったと思います。運命のことについてはさすがにお母さんもすぐには受け入れられず、みことに自分の運命を見ることを迫ったり、自分が死ぬことで何かが変わるなら、と言っていたことがやっぱり母親なのだなと感じ、母という存在の大きさを考えさせられました。自由奔放なまま、お母さんらしくいてほしいというさらの気持ちにもとても共感でき、その一方でそういった状況にモヤモヤとした気持ちが抑えられないれん兄ちゃんの気持ちにも共感できました。お母さんがれん兄ちゃんから受け取った手紙に返事を書いてさらに渡したシーンはとても感動し、長い時を経て2人の想いが通じ合ったことに涙しました。最後は家族として納得のいく形を迎えられたことがよかった思います。みことも今回の出動で少しずつ何かが変わり始めていることを感じさせるような展開で、この先さらとみことの運命がどうなるかとても楽しみになりました。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第7話>
2019年11月22日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第7話 ネタバレはここをクリック
みことと沙羅は職場の人たちを呼んでささやかな婚約パーティを家で開く。その最中に廉に元恋人の千冬から電話が入る。パーティの後に居酒屋で再開した2人だったが、千冬は既に結婚して旅館の女将として頑張っていることを知らされ、廉は彼女が結婚していたことにショックを受ける。廉は昔、一緒に旅館をやりたいと誘われていたが、家長として自分が家から離れるわけにはいかないと彼女と別れていたのだ。その数日後大学入学試験が実施されたが、藍は受験会場入口まで行って受験せずに引き返してしまう。4年制大学に進んでも自分のやりたいことがなく、今自分がやりたいのは好きな料理の勉強をすることだった。しかし、料理人の世界は半端なく厳しく、挫折したときは学歴が無いことで苦労することになると考えていた廉は、大学進学して良い会社に就職することが藍の人生にとって一番良いことだと信じているのだ。藍が大学を受験しなかった日の夜、廉は千夜を呼び出し泥酔してしまい、千夜が廉を家まで送ってくる。みことと沙羅は2人がお互いにまだ好きなのではないかと感じる。「自分のことを信じてほしい」と藍は廉を説得し、大人に成長した藍の決意を知った廉は、調理師専門学校の入学パンフレットを集めてくる。
第7話 感想はここをクリック
30代女性
千冬さんが最期にくれた意外な答えにちょっと嬉しくなりました。レン兄のこれまでの頑張りを見ていると、彼だってやっぱり最高の幸せを掴んでもらいたいって思いますもんね。そんなレン兄からババア呼ばわりされてしまっている母親・理津の存在が何やら不穏な感じもしますが、彼女ともどうか和解して全員で幸せになってもらいたいものです。
30代女性
廉には反対されたものの、藍は自分の好きな道に進めて良かったと思います。紗羅とみことも婚約パーティーをして、花巻家はとても幸せそうに見えます。しかし紗羅の運命の日は迫っており、ついに彼女は倒れてしまいました。みことは紗羅を救えるのか、今後の見所となりそうです。
30代女性
藍が大学受験本番当日に受験しないまま帰宅しますが、黙って調理師専門学校を受けるよりはマシな行動です。沙羅は、黙って美大を受けた後に廉がその事実を知らされたようなので、その方が廉を騙したことになり、沙羅は過去にひどいことをしたんだなあと驚きました。しかし、沙羅も藍も結局は廉が敷いた世間一般では安泰といわれるレールの上を歩かず、自分の意志で進路を決めることができて幸せ者だと思います。世の中には、どうなことをしても、いくら話し合おうとしてもまったく相手にしてもらえず、不本意に4年制大学に入学し、やりたいことも見つからず就活にも失敗して不幸な人生を送っている人が多いからです。
30代女性
藍くんが悩みに悩んで、ようやく一人前になれた過程にちょっとキュンとしてしまいました。大人から一方的に進路を押し付けられたら反発したくなる気持ちはよくわかります。でも、自分が保守的だからか、試験だけは受けてから決めた方が良かったんじゃないかと余計な心配をしてしまいました。
30代女性
千冬役の磯山さやかさんがとても良い役やってるなと思いました。廉との関係がお互いに好き同士だけど別れたというエピソードが切なくてとても良いなと思いました。別れた理由が千冬が家を継ぐのに廉を誘ったら家族のためにいかずに別れたのは切ないと思いました。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第6話>
2019年11月15日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第6話 ネタバレはここをクリック
廉も藍も自分に出来ることをしようと思考錯誤する中、みことから不意にプロポーズされた沙羅は、どう答えたら良いか思い悩む。みことの後輩上田は心身共に疲弊し、異動を願い出るべきか悩んでいた。そんなある日、非番の上田は男児が倒れる現場に遭遇する。沙羅は、考えた末、結婚は諦める。上田は、みことの過去のことを思い出す。廉は結婚を諦めた沙羅の本当の気持ちを聞き出すが、みことを一人にしたくないと思うと結婚に踏み出せないのだった。はじめて死の運命をみた女の子の動画を見たみことは、母親との楽しい笑顔をみて笑顔を取り戻す。みことは、不安に思う沙羅との結婚を決める。そして、家族で囲む食卓の場でみことは沙羅と結婚宣言する。みんなに祝福される。
第6話 感想はここをクリック
30代女性
洗濯物を干している何でもない普段の事の中でのプロポーズ。自然で素敵だと思いました。自分がいなくなることを心配して沙羅が悩む気持ちはわかるけど、それでも今幸せで夫になりたいって言ってくれると女冥利につきますよね。みこと君、それ大正解!観ているこちらも幸せな気分になりました。
30代女性
上田がりくに会いに行ったのが偉いと思います。みことがいくちゃんの家に線香をあげに行ったのが偉いと思います。みことと沙羅が結婚をすることを決めたのがよかったと思います。廉の元彼女と偶然出会ったのがとてもすごいと思います。
30代女性
沙羅とみことが結婚するという展開にかなり驚きました。でも、ふたりの気持ちどうこうより、戸籍上は姉弟のふたりが入籍できるわけじゃないし、結婚の定義って何なんだろうという部分の方が気になってしまいました。それに、あれだけキレていた廉が急にものわかりが良くなったのも違和感を感じました。
30代女性
第6話は、みことと沙羅が結婚をしようと決めました。しかし、二人の気持ちが揺れ動いていて、どうなるのかと思いました。二人の気持ちを決定づけたのは、廉の助言ではないかと思いました。藍は、沙羅の健康を考えて料理を作っていましたが、とても研究熱心な青年だと思いました。
30代女性
みことの1回目と2回目のプロポーズが素敵でした。洗濯を取り込み中に不意にさりげなくしたプロポーズがキュンとしました。でもその後沙羅に断られたけど、2回目でも成功してホッとしました。沙羅もみことも先のことを思って気持ちがすれ違ってしまったなと思いました。それにしても藍の料理の腕はすごいので、専門の道に進んでほしいです。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第5話>
「ついに運命の告知 私、死ぬの…?」
2019年11月08日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第5話 ネタバレはここをクリック
廉は、みことの部屋に入る。原田の妻・理沙のことを聞く。すると、みことは理沙が死亡する光景を説明する。廉は、理沙が入院している病院へ行くと、みことが言った通りのことが起きてしまう。理沙は、原田に見守られながら亡くなってしまった。廉は、みことのいる消防署に行く。廉は、みことの能力を受け入れた。みことの部屋の場面。みこと・廉・藍の3人で沙羅のことを話す。しかし、沙羅は押し入れに隠れていたのだ。みことが押し入れを開けると、沙羅は「私、死ぬの」と言った。廉は「違うやり方があっただろ」と言った。その後、沙羅は、みことの部屋を出て行ってしまった。海での場面。沙羅は「信じられないけど」と言った。みことは「あんな伝え方でごめん」と言う。沙羅は、みことが苦しんでいることを悔やんだ。みことは「沙羅を死なせないよ」と宣言をする。
第5話 感想はここをクリック
30代女性
妻をすい臓ガンで失った原田の憔悴した姿は予想以上に酷く、その理由が妻が残した最後の力を振り絞っていた感謝の気持ちを記した夫の原田に残したメモとわかり、本当の病状を知らなかったはずなのに既に悟っていた様子に、原田自身は伝えていなかった後悔ばかりが募る様子は見ているだけで辛く、きっと残された家族なら誰もが感じてしまう悲しさだろう。
30代女性
廉がみこと沙羅の関係を疑い怒る姿も、みことが沙羅について語り、死を知ってからのみことの気持ちを一瞬で感じ取り、今までずっと一人で悩んできたんだろうと声をかけるシーンに感動しました。本当の兄弟のようにみんなを大切にしてきたんだろうと感じました。毎回素敵な兄弟だと思わされます。死を知ってしまった沙羅への伝え方や、沙羅に知らせた方がいいと判断したみことも一番に沙羅を想い、兄弟を想い、やっと1人で抱えていた悩みがなくなり、協力してもらえる人ができ、やっと沙羅を救う方法にひとつ近づけたのではないかと思いました。いつも通りの朝をようやく迎えられた兄弟の笑顔は輝いていて、覚悟を決めた沙羅はカレンダーに丸をつけ前に進んでいく4人の絆が感じられました。
30代女性
沙羅の死をお兄ちゃんに話したことでお兄ちゃんも辛い気持ちもわかるし、みことも辛いと思うからお兄ちゃんが二人の関係を認めてくれて良かったなと思いました。沙羅が悲しまないように側にいてあげてほしいと願うお兄ちゃんは優しいなと思いました。
30代女性
はしもとじゅんさんの奥さん役を演じていた七瀬なつみさんを久しぶりに見ました。かなり長い間、テレビではみなかったように思いますが、以前とほとんど変わっていないなと思いました。それなのに、ドラマとは言え、あっという間に死んでしまって、いくら末期のすい臓がんだからと言って、そんなにあっけなく逝ってしまうなんて…と思いました。
30代女性
みことが見た原田の妻の最後の時に、原田が絶対に好まないアロハシャツを着ていると話した事で兄の廉が呆れていたのに、みことの話した通りに原田が妻を励まそうとアロハシャツを購入している事で、やっとみことの話に現実だとわかり原田にアロハシャツを止めるように話し出す慌てぶりは切なすぎた。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第4話>
2019年11月01日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第4話 ネタバレはここをクリック
みこととさらがお互いの気持ちを確認しあって両思いになります。兄弟みんなでお祭りに行った時に2人きりになります。2人でいる時は姉さんじゃなくてさらと呼んだりキュンキュンするシーンが続きました。そのあとキスをしている時にお兄ちゃんに見られてしまいます。そしてみこととさらが2人で会っている時にお兄ちゃんが来て激怒し、2人の関係は認めないと言い放ちます。お兄ちゃんは過去に大好きな恋人と別れてまでと兄弟を守ると誓っている為、2人の恋愛には大反対でした。それでも認めてもらいたいみこととさらですがなかなか上手く行きませんでした。お兄ちゃんを呼び出してみことは説得をします。自分が見えているさらの将来の事を話します。
第4話 感想はここをクリック
30代女性
お互いの気持ちを確かめたみことと、沙羅。お祭りに、出掛け、子供のように楽しむ2人が、とてもほのぼのとして、温かい気持ちになりました。でも、沙羅と、手のひらを合わせたみことが知ったのは、沙羅の限りある命。みことにとって、幸せ 共に持つ不安。切ないですよね。
30代女性
今は、離婚も増えているし、子供がいる再婚同士の夫婦も増えていると思うので、福士蒼汰さんと菜々緒さんのように、血のつながらない姉と弟や兄と妹が好き合っているという人たちは多いだろうなと思いました。こんな恋愛はどうするの正解なんだろう?と考えても答えが出ません。
30代女性
ついに二人の関係がバレてしまいました。やっぱり義理の姉弟ってだけで理解はなかなか得られないですね。家族と恋人、どちらをとるのか…それはかなり難しい問題です。お兄ちゃんの複雑な心境と過去が明かされた回でした。
30代女性
筒井真理子さんは、いつも優雅な雰囲気の女優さんなので、病院の大部屋のベッドに寝間着を着て座っていても、そこだけ違う空気と時間が流れているようだなと感じました。そして、どこか憂いがあり、孤独も似合うなと思いました。
30代女性
廉が目撃してしまった弟のみことと妹の沙羅の関係に激怒する姿が恐ろしく、家族という関係性を重要視する気持ちが伝わるものの全ての事を背負い過ぎていて見ていて辛くなってしまい、既にみことと沙羅は大人でそれぞれの道をしっかり歩んでいる事を信頼して欲しいものだ。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第3話>
「突然の告白!沙羅の秘めた想い…」
2019年10月25日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第3話 ネタバレはここをクリック

緊急出動したミコトは、廉の幼なじみ・青葉に出会う。
カメラマンである青葉は師匠であるミコトたちの母親が日本にいると思って帰国したのだ!
海外を飛び回る青葉はミコトにとってもお兄ちゃん的存在だ。
青葉と花巻家の人間は藍の手料理を食べながら歓談する。
青葉は絵を描く沙羅に、カメラマンのアシスタントとして海外へ一緒にいかないか?と誘う。
沙羅は嬉しそうに「行きたい!」と言うのだ!
その言葉に驚き、「え?いや、姉さんは、、。」と言葉を挟もうとするミコトの横から、家長である長男・廉が「ダメだ!!」と制止する。
代わりに止めてくれ、横でミコトはホッとしていた。

そんな中、結婚式場で花嫁が倒れたと出動命令が かかる。
救急救命士であるミコトは花嫁の手に自分の手を重ねる。
「死の運命」が見えてしまう。
花嫁はくも膜下出血だと分かり、脳外科に強い病院を進める。
しかし、やはり命を救えなかった、、。
また「死の運命」を変えれなかったのだ。

花嫁が沙羅の姿に見えたミコトは、どうしても沙羅を海外に行かせたくない。
そこで夕食時に沙羅に、青葉についていっても、カメラマンのアシスタントとして青葉は姉を必要としているのだから、絵を描きたい沙羅には海外行きは意味がないのでは?と問いかけるのだ!
しかし沙羅はミコトの言葉に反抗する!
「ミコトは何が言いたいの!?なぜ反対するの?」と、含んだ言い方をするミコトに、いつになく沙羅は苛立ちを隠せない。

第3話 感想はここをクリック
30代女性
福士蒼汰さんと同じ消防署に勤める関水渚さんは、ドラマの中のセリフではありますが、福士蒼汰さんに対して言った「イケメンなのに、なんかピンとこない」という言葉は、とても的確だなと思いました。福士蒼汰さんは、役の上での言葉として受け止めるだけでなく、個人に言われた言葉として受け止めてくれると良いなと思います。まだ若いから…とも思いますが、人間の深みのようなものが感じられません。
30代女性
女心が分からないみことの話を聞いて分かるなと思いました。男の人って好きな人に遠慮して自分の本音を話さないところがあるのでその辺りをはっきり伝えれば相手の心に伝わるのになって思いました。恋すると相手に遠慮して何も言えなくなっちゃうけどみことの恋頑張って欲しいです。
30代女性
福士蒼汰さんのように、救急隊員の仕事をしていると、毎日、人の命にかかわることになるので、精神的なストレスは相当なものだろうなと思います。医師であれば、患者のために直接的な治療ができますが、医療行為ができないうえに、福士蒼汰さんは手を合わせると、その人の最期が見えるなら、なおさらだろうと思います。
30代女性
みことと沙羅の間でギスギスするのは初めてだったので見ていて緊張しました。その後ですぐに謝れるあたりは良い姉弟だなと思いましたが。ただ、後輩の女の子にも言われてしまったように、何を考えているのかがいまいち分からないんですよね、みことは。謝られても、その奥にある心まではなかなか見えてこないという。そういう部分をみことが自覚して、きちんと言葉にし始めたのは良い事だと思います。
30代女性
死が近づく沙羅が、海外に行くと言い出し何か起きるんじゃないかと心配なみことの目の演技が素晴らしかったです。訴えたいことがあっても言えないもどかしさなど、言葉が沢山詰まった演技でした。沙羅を思う気持ちが溢れ出ていていつ周りにバレるのか見ていてハラハラしてしまいました。兄弟だと思っていた人たちが恋愛をする姿をみて、家族はどう思うのだろう。好き同士だとわかったとしても、みことはどう沙羅を守っていくのか気になりました。堂々と守ることができるのか、気持ちを知った以上妙な態度を取り合うことになるのではないかと気になりました。

<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第2話>
「料理担当の末っ子・藍の抱える秘」
2019年10月18日(毎週金曜)22時放送分

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第2話 ネタバレはここをクリック
秋になるとお婆ちゃんが救急車を呼ぶという事が続いていた。息子の命日が近づくと寂しくなり話し相手を探すように救急車を呼ぶのであった。お婆ちゃんはかずえと言い、藍が知り合いだった。スーパーで仲良くなり、レシピを習う仲だった。みことは沙羅の死を気にし、人間ドックに行くよう薦めるが断られる。みとこが急に沙羅のことを気にするみことの変化に藍は勘付いていた。そしてみことは藍が同級生に虐められているような雰囲気に気付いた。藍の悩みをみことは聞こうとするも、藍もみことの悩みを気にかけた。人の運命が見えると言ったところで信じてもらえるとは思えず誰にも話せずにいた。廉は食事中にいつ死んでもいいとさり気なく言った言葉にみことは反応し、それはかずえが亡くした息子に対しどうしたら生きていてくれたかを永遠に考えてしまうという台詞が心に残っていたからだ。沙羅に事情を知り人間ドックを受ける事にした。藍は学校帰りかずえの家を訪れるといつもと違う様子で味が分からず体が動かないと言い変化に気づき救急車を呼んだ。みことは掌を合わせるとかずえの死が見えた。脳に異常が見えたため専門の病院に行こうと提案するも、上司には通じず。みことの言う通りかずえには異常があり、藍はとても悲しんだ。虐められていた自分を救ってくれた恩人だと言った。かずえが亡くなった原因を何故すぐに気付いたのかと藍はみことに問い詰め、みことは人の死が見える事を藍に告げた。信じたかどうかわからないが、藍にお礼を言われ家族の死も見れるのか言われるが、見ないことにしていると嘘をついた。
第2話 感想はここをクリック
20代女性
今回も結局、かずえちゃんは亡くなってしまい未来は変えられませんでしたが、料理という形でかずえさんの生きた証が藍達の中で残って良かったですし、みことがたった一人にでも見える事を打ち明けられて本当に良かったです。きっと兄弟の誰であろうと、みことの話を信じてくれるとは思いますが、あんなに素直に受け入れてくれるのは藍くんしか居なかったと思うので、これが未来が変わるきっかけのひとつになって欲しいです。
20代女性
年寄りの寂しさや異常が見られなくても救急車を呼んでしまうというのを聞いたことがあり、実際に呼ばれた救命士は迷惑なのかもしれないが、必ずしも異常がないということはないのだと気付かされました。不安や悲しみの小さな変化で救急車という必ず来てくれる選択肢を選ぶのだと感じました。人の死を知っていたら後悔しないように何が出来るのかと考えても分からないし、後悔しない事なんてない、だからこそ日々を大切にしないといけないと感じました。救えるのなら救いたいのに結局運命を変えられないみことを見ていると苦しくなりました。どこかで運命を変えられると信じなければ沙羅の命も救えないので変化を起こして欲しいです。人間ドックを受け異常のなかった沙羅はどのようなことが起き死に近づいていくのか気になりました。能力を知った藍が沙羅の死を知り家族がバラバラになりそうな予感がしました。
20代女性
おばあちゃんと藍が知り合いだったのがビックリしました。おばあちゃんに藍が料理を教わっていたのが驚きました。みことが藍の心配してるのが優しいなと思います。みことがシロに話しかけているのが面白くてよかったです。
20代女性
みことは人の運命が見えるなんて話をしても誰も信じないだろうなと思っていて、藍はみことの様子が変なことに気がついていてみことの話に真剣に聞いてくれる兄弟がいるんだから悩みを聞いてもらっても良いのになと思いました。
20代女性
高齢の和江が救急車を何度も呼んでしまうのをただの寂しさからだと考える所が人間が一番してはいけない先入観に思えてしまい、もっと早く和江に精密検査を受けさせる方向に持っていけばよかったと何故誰も思わなかったのか悔やまれる。
<ドラマ『4分間のマリーゴールド』第1話>
「血の繋がらない姉への秘めた想い」
2019年10月11日(毎週金曜)22時放送分(初回15分拡大)

TVer、TBSFREEでの配信は終了しました。

第1話 ネタバレはここをクリック
主人公の花巻みことは、父が再婚してできた義理の、兄の廉・姉の沙羅・弟の藍と4人で暮らしている。みことは、救急救命士で每日のように人の生死と関わる仕事についていた。またみことには、不思議なチカラがあり、手を合わせることで相手の死の運命がわかってしまうというものだった。みことは、このチカラを使って、救急救命士として人が死ぬという運命を変えようと、必死にもがき苦しむ日々がつづく。美大を出て絵画教室で絵を教える義理の姉・沙羅を、みことは愛していた。血はつながっていないのだが。さらに、みことは沙羅の運命をも知っていた。沙羅には、あと余命1年しかないことを。そのために、みことは自分でみた沙羅の死の運命を変えなければならないのだった。
第1話 感想はここをクリック
30代女性
一度決まってしまった死の運命からは逃れられないのか?それが今後のキーポイントになってくると思います。
必死に運命を変えようともがいている主人公を見ていて辛くなりました。
運命を回避できるなにかのヒントが見つかるのを祈ります。
40代女性
おもしろいです。救急隊が患者の手をさわっただけでその人の運命がわかってしまう。みことはなぜか救急隊員。人の死をみてしまいます。この辛い現実を変えたいと思う気持ちわかります。でも、生きかえても死んでしまう。辛い現実です。
40代女性
一切毒が抜けた七緒ちゃん、初めて見るかも。そりゃあれだけイケメンに囲まれたら眉間にシワもよらないよね。かわいいかわいい弟に彼女とかできて連れてきちゃったら般若みたいな七緒ちゃんになっちゃうかもね。それはそれで面白いかもよ。
40代女性
サラさんの穏やかな雰囲気が、今までの菜々緒さんのイメージと違ってなんか良いですね。なんか、再婚も良いなあって、ほっこりするドラマですよ。主人公のみことさんが、救命救急士なので少し過激なシーンもあるかもしれないがメリハリがストーリーにでて、のめり込みやすいかもしれないですよね。みことさんの救急救命士の仕事を選んだのはお父さんの死がきっかけだったんだね。あと、大好きなサラさんの助言の影響だったんだ。本当に、みことさんのお父さん再婚してくれて良かった。こんな良い家族に出会えたんだからね。これからの展開が凄い気になりますよ。だって血は繋がらないけど兄弟での恋愛はなんとなく幸せになれない予感もしてくるから。心配。2話からも目が離せない。
40代女性
主人公のみことが手を合わせると、その人の運命が見えるというのは複雑だなと思いました。みことが落ち込んだ時に、姉である沙羅がやさしく包みこんであげていたのが良かったです。一番みことのことを理解していて素敵でした。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』について

公式HP Twitter
Introduction
救急救命士として働く花巻みことには、手を重ねた人の「死の運命」が視えるという特殊な能力がある。これまでに視た「死の運命」は、どれだけみことが手を尽くそうとも必ず現実になってしまうのだった。そんなみことが抱えるさらなる重い事実――それは最愛の義姉・沙羅が1年後にこの世を去るという「死の運命」を視てしまったこと。一つ屋根の下に暮らす義姉である沙羅を愛してしまったみことは、あと1年、沙羅の幸せのために尽くすことを心に誓う。
「死の運命」を視てしまった人に対して、自分は何をするべきか? 自分が生まれてきた意味とは何か? 救命士であるのに、命を救うことができないみことは、何を決断し行動するのか?
「生」と「死」と向き合う救命士・みことと、悲しい運命を背負う沙羅の純粋すぎる禁断のラブストーリー。

■Cast

花巻みこと(25)…福士蒼汰
OFIFICIAL SITE
Twitter
花巻
沙羅(27)…菜々緒
花巻 廉(35) … 桐谷健太
花巻 藍 (18)… 横浜流星

ドラマ『4分間のマリーゴールド』全体の感想・みどころ

ネタバレ含む

30代女性
手を合わせるとその人の死ぬときが見えるという不思議な力をもつ主人公。SFチックなドラマかな?と思ったら恋愛ドラマだった。今をときめく横浜流星、安定の桐谷健太、ドラマ初ヒロインの菜々緒、主人公には福士蒼汰。主人公は異父兄弟の姉を好きになってしまい、悩むが両想いでくっつく。主人公が姉が来年の姉の誕生日に死ぬところを見てしまったため色んなゴタゴタが起こるがハッピーエンドで終わる。主人公の兄や弟の恋愛も描いてるのもまた良かった。特撮好きとしては福士蒼汰、横浜流星、伊藤あさひなど仮面ライダーや戦隊出身者が3人も出てるのもうれしかった。
20代女性
大好きな人を守るために必死に毎日毎日を自分1人で抱えながら生きていた福士蒼汰がかっこよかったです。家族に打ち明けた時も家族の絆が強いことがわかって、更に回が増す毎に家族の絆が強くなっていくこと、お互いがお互いを思いあっていることが素敵でした。最後には未来はかわって、菜々緒を守ることができたのも素敵だったし、時間に縛りがなく、これからも2人は一緒に生きていけるんだなと思うととても嬉しかったです。最後の最後まで諦めずに信じて守ろうとしてた福士蒼汰の優しさと男らしさと一途さが素敵でした。心温まるドラマでした。
30代女性
悪女や気の強い役柄の多い菜々緒さんが超清純な役を演じるということで、すごく注目していたドラマです。菜々緒さん、めっちゃかわいかった……!シーツでウエディングドレス作ってた所とかホントにかわいすぎた!漫画を読んだことがなかったので、最終話まで4分間のマリーゴールドというタイトルの意味がわかりませんでしたが、最終回で「そういうことか!」と納得できました。その人の最期を視ることのできるミコト。サラちゃんを助けるために救命士という仕事を選び、一人で闘ってきましたが抱えきれなくなってお兄さんの前で「サラに何もしてあげられない」と胸のうちを漏らした時には一緒に号泣してしまいました。4マリは確か毎週泣いていたと思います(笑)個人的に一番泣いたシーンは警備会社の先輩の奥さんが膵臓がんで亡くなったシーンでした。アロハシャツ……着替えてほしくなかったな。。でも最終的にサラちゃん助かって良かった!末長く幸せになってほしい♡
30代男性
桐谷さんの演技が好きで定期的にみさせてもらいました。今回のドラマで気づいたのは桐谷さんの顔がでかいことです。というより他の出演者が小顔なのかもしれませんが威圧感というかインパクトを感じました。菜々緒さんはいつも脇役が多く、どちらかと悪役めいたのが似合ってる印象ですが今回の役でも彼女の演技は光っていて毎回登場が楽しみでした。漫画が原作となっていますがは特殊能力設定はなんか可笑しく受け付けにくい感じがしました。それにどうして沙羅だけ助かったのか正直最後までよく分かりませんでした。その辺りをもう少し深掘りしと欲しかったです。
20代女性
いつもクールで強い役をやる菜々緒が、このドラマでは前髪を作ったことで雰囲気もいつもと違い、元気な役だったので、より一層菜々緒が好きになりました。しかもあんな妹がいたら絶対好きになってしまうよな、と思いました。血はつながっていないけど姉弟という関係性の二人の結婚を、周りが何の躊躇もなく祝福していたのは違和感がありました。菜々緒の死ぬ運命を福士蒼汰が変えることができるのか、最後の最後まで分からず、ドキドキしましたが、最後は運命が変わって二人が結婚出来て、ハッピーエンドですっきりした気持ちで終えることができました。
20代女性
手を重ねるとその人の死の運命が見えるというみことが主人公のお話。愛するお姉さんと手を重ねると、26歳の誕生日に死ぬという運命が見えてしまう。その運命に抗おうと必死に動く純愛の物語。みことが想う気持ちが毎回すごく切なくて、毎回いろんな人を救おうとするのに報われなくてすごく悲しかった。そして姉のさらから、みことへ告白があったとき本当にびっくりした。みことが好きな気持ちはばればれだったけど、さらもみことが好きなのかとうれしくなったと同時に、死ぬのが本当に嫌だと思った。家族みんなでさらが死なないように動こうとして、最後には報われて素敵なドラマだったと思う。
30代女性
まず、出演者が豪華でビジュアルが最高でした。菜々緒さんのこれまでの役柄やイメージを払拭する、清純派な役どころも斬新でした。そして、内容としても血縁関係がない姉弟の恋愛かつ、姉の死ぬ将来が見えている状況でどのようにゴールインするかわくわくしながらみていました。実際は幼少期から家族として生きてきた相手に恋愛感情を抱くことがあるのかどうかは疑問ですが。
また、最愛の人が死ぬ未来が見えているときの家族のかかわり方についても考えさせられました。現在生きていることがとても幸せにかんじます。最後の終わり方が、ハッピーな結婚式だともっとよかったです。
20代女性
沙羅への思いをみことがお兄ちゃんの廉にぶつけるシーンはとても印象的でした。いろんな愛の形があると思いますが、ドラマでは恋愛だけでなく家族愛が描かれていてとてもほっこりしました。また、藍くんが家族のためと思っていた大学受験をやめて、自分の好きな料理の道に選んだシーンも印象的です。昨年子供が産まれたばかりなのですが、無理強いしないよう、やりたいことを目一杯やらせてあげたいなと思いました。ドラマを通して、私たちは自分や大切な人の寿命を知ることは出来ないからこそ、今ある生活や人生を楽しまなきゃなと感じました。
20代女性
さらが亡くなるとみことが予想していてそれがさらの誕生日!兄弟にも知らせて協力してもらって、なんとか運命を変えようとするみこと何とかかわってーって願った。交通事故に遭った時はやっぱりダメなのかと思ったけど、助かってて本当に感動でした。人の運命がわかるって辛いなと思ったし、知らされてる方もあと何日とかだからやりたいことしないとって焦るし…頭混乱するに決まってる。それでも、さらはやりたい絵を描いて好きな人と一緒に過ごして結婚できて幸せだったと思う。そして、何より運命が変わって大好きな人が助かって、自分が助けられてみことはとて嬉しかったと思った。最後はハッピーエンドで良かった!ドラマにでてたキャスト陣も最高だった!
20代女性
自分が愛する人の最後が見えてしまったみことはすごく切なくて苦しいだろうなと思いながら見ていました。最初はみことが沙羅の最後の運命が見えるなんて誰も信じていなかったけど、みことの力が本当だと信じて沙羅の運命をみんなで変えようとする花巻家の人たちに感動しました。このドラマで菜々緒さんが今までとは全然違うキャラクターを演じていて最初はどんな感じになるのかなと思ったけど沙羅の明るくて優しい雰囲気にすごく合っていました。毎回最後のシーンで流れる平井堅さんの#302がドラマとすごくマッチしていて感動していました。
40代女性
毎週見ていました。あり得ない話だとは思いますが、俳優皆さんのリアルな演技に、ついつい引き込まれて見ていました。桐谷健太の演技が個人的には大好きで、感情の現し方や、表情や、セリフの言い方など、とても上手でした。よく兄弟で格闘の技を掛け合うシーンがあったのですが、面白て大好きでした。横浜流星が作る朝ごはんや、お弁当を見るのも楽しみでした。兄妹で力をあわせて頑張っているシーンに励まされた人も多いと思います。最後は幸せな結末になったので、ひと安心でした。菜々緒と福士蒼汰の演技があまりリアリティーがなかったので、もう少し表情やセリフに気持ちを込めて欲しかったです。
30代女性
ドラマが始まる前は、「この冬、もっとも泣けるドラマ」という触れ込みだったと思いますが、最後まで見ても、結果的に(どこで泣けるんだったんだろう?)と感じてしまいました。強い女というイメージの菜々緒さんが、前髪を短く切って、余命わずかの女性の役をかれんな感じで演じていたのは良かったのですが、それを福士蒼汰さんでは受け止めきれていないような印象でした。それならば、福士蒼汰さんの弟役の横浜流星さんのシーンをもっと増やして欲しかったなと思いました。長男役の桐谷健太さんは、いつもの通りで、情にもろい、ちょっと口うるさいアニキという感じで、意外性もなく、あまり見どころは感じませんでした。
50代女性
血の繋がりは関係なしに、お互い心から思いあう兄弟愛が温かく、素晴らしかったです。みことと沙羅にも、単に男女の愛だけではない深いものを感じました。救急の現場で、自分の不思議な能力を持て余し気味になり、それでは救えないと苦しむみことの姿はつらかったです。そんなみことを優しく包む沙羅が、内側から輝くように美しい。沙羅を救おうとみんなで懸命になるも、唐突に悲しい運命が迫る来るような場面には驚きと悲しみが押し寄せました。登場人物がそれぞれ少しずつ成長し、時にはぶつかり合いながらも、より一層絆を深めていく流れが感動的です。
20代女性
このストーリーは、主人公のみことは小さい頃から人と手を重ねるとその人の運命が見えるという能力を持っていて、義姉の沙羅の運命も見えてしまい沙羅が死ぬ運命にあることを知り、みことは運命を変えようとするという話で、みことと沙羅はお互いに好きで運命のことも義兄弟や沙羅に話してこれからどうしていくのか話し合います。そしてみことは沙羅に結婚しようとプロポーズをします。最初は沙羅も自分の運命のことが頭をよぎって迷いますが、最終的にはOKをします。そして運命の日が近づくある日、みことと沙羅は2人で出かけていると事故に遭い、沙羅が意識不明になります。もしかしたらこれが運命なのか?と周りも思いますが、みこと達の気持ちが通じたのか意識も戻り無事結婚できました。私はこれを見てとても感動しました。人の運命が見えるってちょっと怖いなとも思いました。
30代女性
映像も、出演者も全体的にとても爽やかな印象のドラマだった。福士蒼汰に救命士の役がとてもよく似合っていて、好感が持てた。ハッピーエンドではあるが、最後までどうなるかわからない安心できないドキドキ感もあり、切なくほろりと泣けるシーンもたくさん散りばめられていて、毎回見ごたえがあった。家族や兄弟の絆、またどの役の人物もそれぞれに信念があり、お互いに思いやりがあるからこそのぶつかり合いというのがわかり、喧嘩のシーンでも暗い気分にならなかった。セットになっている家も、とても味がある美しい庭の家で、毎回見ていて癒された。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の期待どころを募ってみた☆

40代女性
4分間のマリーゴールド。最初はメインキャスト4人で見ようと思いました。いざ始まってみると、兄弟なんだけれど、福士蒼汰演じるみこととそれ以外の3人の空気感の違いに異母兄弟の雰囲気がでていて上手だなと思いました。しかし、みことと菜々緒演じる姉の恋愛モードはしっくりいっていなくて、少し違和感がありました。死ぬ運命がわかってからは兄弟一体になり、良い雰囲気の話になっていたと思います。役柄なのかもしれませんが、福士さんの演技にあまり感情輸入できず、入り込めなかったので、途中からは流し見をしてしまいました。横浜流星くんは上手だなと思いました。
40代女性
スタイルもよくて、きれいな菜々緒さん。今まで、悪女だったり、癖の強い役が多かったので、今回のドラマでは清純な役との事なので、気になります。福士蒼汰くんとの禁断も愛も含め、菜々緒さんの女優としての違う顔が見えるので、早くみたいです。PR動画もバックがオレンジで元気になれるような感じでますます楽しみです
他の期待コメントはここをクリック
30代女性
1番の見どころは菜々緒が善人役だというところ。今までの悪役キャラなどの個性的な役どころではなく、素直でまっすぐで純粋で可憐な役どころ。兄妹間の恋愛というのも他にはないストーリーでおもしろい。実際には血がつながっていないので受け入れられる。主人公であるみことの姉で、弟との恋愛だが、意外にもみんなにすんなり受け入れられていて幸せ感がすごい。
個人的には菜々緒が綺麗すぎて、スタイルが抜群すぎてちょっと違和感がある…。みことの相手なら、もっと柔らかい雰囲気の可憐な女優さんの方が合ってた気がするなと思いながら見ていた。
40代女性
4分間のマリーゴールドは芸術家サラと救命士ミコトの愛の物語。家と思いきやサラの命があとわずかと言うこを知っているみことの、家族の、サラの懸命な運命にもがいていく姿を描いていたりもする。家族の中で暮らしながら恋人でもあり姉弟でもあるという複雑さがまた面白い。家族も反対しつつ受け入れて応援しちゃうところがまたいい。兄は熱い男で不器用な恋を展開し、でも一途で素敵だと思った。弟アイは繊細な子で、量子男子。友達もあまりいないがガールフレンドがで、彼女のきしりに敷かれている姿がまたかわいい。運命を乗り越えた気にあるものをまた描いてほしい。
20代女性
このドラマはみことが相手と手を合わせると、その人の運命が見えるというのが難しいなと思いました。みことはなんとかして運命を変えようと、毎回もがいていたのが印象的です。そんな中沙羅を好きになっていくところがドキドキしました。二人でいる時はすごく幸せそうな雰囲気が良かったです。また兄の廉にキスをしたことがバレた時はハラハラしました。兄としての気持ちもわかるし、複雑だなと思いました。でもみんなお互いのことを想い合っているからこそ、ぶつかり合っていたのが心にグッときました。みことと沙羅が結婚できたのは、本当に良かったなと感じました。
30代女性
4分間のマリーゴールドは切ないラブストーリーというふれこみで、しかも禁断の愛、寿命がわかってしまうなんて、始まる前から胸がきゅんきゅんします。生と死について考えさせられそうです。原作はよんでいないので、まっさらの状態で見ようと思います。
30代女性
お互いに全く違う雰囲気を持つ二人の共演。特に菜々緒さんは多くのドラマでどちらかと言うと悪役のイメージを持つ女優さん。今回のキャスキングには正直驚きもありました。しかし、菜々緒さんが普段と違うキャラをどう演じられるのかとても興味があり、楽しみです。また、福士蒼汰さんとの禁断の恋愛もどのように描かれるのか気になります。
40代女性
テレビかネットでどっちで見たか忘れてしまったのですが予告動画見ました。横浜流星くん演じる藍の、クールで大人っぽく見えるけど、末っ子の甘えたな部分もあるという二面性は、かなりハマり役だと思います。菜々緒さんに相当溺愛されるようなので、この美男美女のふたりの絡みも楽しみです。
40代女性
『4分間のマリーゴールド』は福士蒼汰演じる花巻みことと、菜々緒演じる義姉で余命1年の花巻沙羅との禁断の恋の物語。これまで、気の強い悪女やクールビューティー役が多かった菜々緒が、これまでのイメージを払拭し、太陽のように明るく優しい画家の沙羅役をどう演じるかに注目。また、みことの兄弟役を演じる桐谷健太、横浜流星との競演も見所のひとつ。
40代女性
4分間のマリーゴールドの救急救命士を福士蒼汰さんが演じられるので、どんな演技をみせてくれるのか楽しみです。人にはいえない特殊能力をもっており、人の寿命がわかってしまうとは仕事にも支障がありそうです。相手役の菜々緒さんも今までとは違う役でとても楽しみです。
30代女性
今作の菜々緒の役どころがナチュラル系ヒロインというのが一番興味を持ったポイントです。菜々緒が恋愛ものを演じるのもあまり見た記憶がないのでとても楽しみです。死の運命が見えるというファンタジー要素はそんなに魅力的ではないかなと思います。
30代女性
4分間のマリーゴールドで手を重ねた人の「死の運命」が視えるという特殊な能力がある救急救命士が主人公ということで、これまでにないストーリーが描かれそうです。禁断の恋の相手は義母の連れ子である義姉のようですが、能力のために余命がみえてしまうなんて切なすぎです。ハンカチを用意して視聴します。
30代女性
福士くんと菜々緒さんの高身長美男美女コンビの恋愛がどう進んでいくのか楽しみです。菜々緒さんは悪女のイメージがついていて怖い感じですが、今回は可愛らしい脱悪女な姿を見ることができると思うので、そこにも注目しています。
30代女性
手を握ると人の死の運命が見えるというのはすごい力だなと思います。人の死が分かったとき、どのように対処をするのかとても気になります。福士さんがどのように主人公を演じるのかとても期待をしています。感動したいです。
20代女性
4分間のマリーゴールドのキャストが、豪華で、福士蒼汰、菜々緒、横浜流星がでるのでとても楽しみにしています!福士蒼汰はもともと好きででてるドラマは見ています!そして、横浜流星は最近はまっている俳優さんなのででることを知って余計に期待しています!
30代女性
auのイメージが定着した桐谷健太さんとさわやかすぎる青年、福士蒼汰のW主演ドラマ。ちょっと正直釣り合わない感じが否めません。またタイトル「4分間もマリーゴールド」って何を意味するのか?原作漫画を知らないだけに、タイトルから気になっています。
40代男性
4分間のマリーゴールドで切ない禁断の恋愛ドラマということで福士蒼汰と菜々緒の組み合わせは楽しみですね。菜々緒が福士蒼汰の義姉役で出るようですが菜々緒がドラマで強い女の役ばかりするんで今回は違うみたいなんで見ものです。優しい性格と書かれてるんで優しい菜々緒が今回見たいです。
20代女性
これまで菜々緒さんはかっこいい大人の女性と言ったイメージが強かったですが、今作ではどちらかというとかわいらしくて清楚な女性と言った感じの役柄のようです。そんな菜々緒さんの役柄も珍しいですし、義理のきょうだいたちはどんな感じなのかその辺も楽しみにしたいと思います。
30代女性
横浜流星くんと福士蒼汰くんが兄弟とか、そのシチュエーションだけでかなり萌えます。その上、横浜くんの料理する姿が見れるとか、ストーリーとは関係なく楽しみです。異母姉弟の恋愛というかなり少女漫画的な設定が核になると思いますが、そこに人の死の運命が見えるという特殊能力がどう絡んでくるのか、予想がつかないので今からドキドキしています。
40代女性
横浜流星くんと福士蒼汰くんが兄弟とか、そのシチュエーションだけでかなり萌えます。その上、横浜くんの料理する姿が動画で見れるとか、ストーリーとは関係なく楽しみです。異母姉弟の恋愛というかなり少女漫画的な設定が核になると思いますが、そこに人の死の運命が見えるという特殊能力がどう絡んでくるのか、予想がつかないので今からドキドキしています。
30代男性
原作の世界観を壊さずにそれでいて福士蒼汰さん、菜々緒さんの魅力を感じられるような作品になることを期待しています。禁断の恋のストーリー、そして主人公の特殊な能力、それらがドラマでどのように動画で映像表現されるのか楽しみです。
30代女性
このドラマに期待しているところは義姉の命の期限を知った主人公がどのように悩み行動するかです。4兄弟が一つ屋根の下で暮らしていく中で衝突や疑念が出てくると思いますが、向き合って個々が成長していく様子が見れたらと思います。
30代女性
手のひらを合わせるとその人の運命がわかるという超常能力に関する詳細については、あまり出てこず物足りなさも感じるが、家族の中のちょっとしたエピソードをふんわり描いているのは心地いい。血縁関係のない姉弟の恋愛ドラマであるが、主演の2人があまりガツガツしていないので、落ち着いて見ることができる。最後までみせず、読者に委ねるという手法は想像をかきたてて、わくわくする反面、気持ち的にはイライラする場合も多い。できれば、ちゃんとハッピーエンドで終わった方がすっきりする。ゴタゴタがあり、命の危険があり、涙ありの後にほっとできるラストが期待できる作品になっている。
ロボットカマクラくん
最近公開された『4分間のマリーゴールド』の予告動画の感想も聞いてみた〜!

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント1

30代女性
桐谷健太さんの心の底から笑っているような表情は、いつ見ても良いなと思います。間違いなくムードメーカーになっていることは、このPR動画を見ただけでも十分にわかります。横浜流星さんと、福士蒼汰さんというかわいい弟たちの本当のお兄さんに見えてきました。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント2

30代女性
菜々緒さんは、完全に強い女のイメージで私も大好きですが、予告動画では花柄のワンピースの効果もあり、優しいふんわりとした微笑む表情が可憐で、どこかはかなげな感じに見えました。これから役の幅を広げていくきっかけとなる作品になりそうな気がします。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の予告動画視聴者からのコメント3

30代女性
これまでに、いろいろなドラマに出演してきた福士蒼汰さんですが、この「4分間のマリーゴールド」の花巻みことは、一番演じやすい役なのではないかと思います。アツイ気持ちを心に秘めている青年役は、福士蒼汰さんにぴったりだと思います。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント4

30代女性
これから、金曜日の夜は夕食もお風呂もすべて終わらせて、あとは寝るだけという状態にして、落ち着いて1人で静かにテレビの前に座りたいなと思わせてくれるような予告動画でした。秋から冬にかけて、ロマンチックな気分を盛り上げてくれそうなあたたかくて悲しいドラマになりそうだなと思いました。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント5

30代女性
予告動画でとても仲の良さそうな雰囲気が伝わってきました。きっと一番年上の桐谷健太さんと、紅一点の菜々緒さんが福士蒼汰さんと横浜流星をリードして、本当の家族のような雰囲気が出来上がっていったのだと思います。ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」とは、まったく違う福士蒼汰さんを早く見たいです。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント6

20代女性
義理のお姉さんに恋をするというだけでもかなり切ない感じになりそうなのに、生と死がテーマということなので、かなり感動するドラマになりそうだなと楽しみです。福士蒼汰さんと菜々緒さんという圧倒的な美しさなところもすごくいいと思いました。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント7

40代女性
感動系のドラマは少し苦手なのですが、動画を見て目を疑いました。菜々緒がナチュラル系ヒロイン?ドSキャラやサイコパスなど勝気なキャラを演じたら右に出る女優はいないと思える女優さんですが、今回は余命少ない美女役との事。いや、楽しみです。新境地を開いてほしいですね。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント8

50代男性
原作マンガを読んでいる人は、あの沙羅の役を、悪女とかきつい女のイメージがある菜々緒さんが演じるのに驚いていると思います。すごくロマンチックな話ですし、果たして菜々緒さんがどんな芝居を見せてくれるのかとても楽しみです。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント9

20代女性
このドラマは家族や恋人とのストーリーが、とても温かそうで感動しそうだなと感じました。みんながいろんな想いを抱えながら、日々生きている人間味が感じられそうな作品だと思いました。ほっこりとした気持ちで見られそうです。

ドラマ『4分間のマリーゴールド』』の予告動画視聴者からのコメント10

30代女性
今まで悪女や強い系の女性を演じていた菜々緒さんが清楚系の役柄を演じるようで、少しびっくりした。でも意外と似合っているのかも。純愛モノの恋愛ドラマなのかなと思った。命というテーマも加わってくるようなので、どんなドラマかあらすじを見てみたいと思った。

現在放送中!今後の期待どころコメント

40代女性
みことと紗羅が、ようやく気持ちを通じ合せたことが嬉しく思えました。大雨の中に出て行こうとするみことに危険性と孤独を感じた紗羅が、本音をさらけ出した結果なのだと思います。雨の中抱き合う2人は、姉と弟という垣根を洗い流して素の状態になれたようです。