映画「アルキメデスの大戦」の動画を無料でフル視聴

映画「アルキメデスの大戦」無料でフル動画視聴するには・・・

映画「アルキメデスの大戦」は『U-NEXT』にて
2020年1月08日より配信が決定!!

『U-NEXT』は日本最大級の動画作品数『最大14万本作品』公開中!
最新作映画も多数動画配信。
31日間無料トライアル特典でもらえる『600円』相当のポイントを利用すれば・・

映画「アルキメデスの大戦」を『
無料』で動画視聴可能です!

さらに、継続特典でもらえる『1200円』相当のポイントを毎月タダでもらえる!

【U-NEXTユーザーからの耳寄り情報】

とにかくコンテンツが豊富!そこが最大の魅力だろう。特に映画の充実ぶりが素晴らしい!最近の作品が有料とはいえ安価で視聴出きるだけでもかなりいい!無料の作品も大量にあり無料コンテンツだけでも全く飽きさせない。また、アニメの本数も充実。この充実度はストリーミングサービスの中では最高レベルといっても過言ではない。おまけに漫画と雑誌のサービスもある。漫画はかなりマニアックな作品から揃っており満足すること間違いない。まさにエンタメはここにある!【40代男性】

映画「アルキメデスの大戦」無料動画を検索

■動画共有サイト

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
上記動画共有サイトには公式で配信されている動画もありますが、なかには違法にアップロードされた動画もあるので注意が必要です。ウイルス感染のリスク等も否定できないので自己責任でのご利用をお願いします。

■『アルキメデスの大戦』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi △(レンタル商品) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT △(レンタル商品) U-NEXT詳細(準備中)
FOD △(レンタル商品) FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス △(レンタル商品) ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.01.16

映画「アルキメデスの大戦」<ABOUT>

1933年 、戦艦大和の建造をめぐる“机の上の大戦”が始まる。
『永遠の0』山崎貴監督が描く[戦艦大和]―
菅田将暉・舘ひろし・柄本佑・浜辺美波・笑福亭鶴瓶・田中泯ら豪華キャスト集結。

第二次世界大戦を数学者の視点で描く、かつてない漫画『アルキメデスの大戦』が待望の映画化。原作は『ドラゴン桜』『インベスターZ』などユニークな発想と独自のテーマ性で時代に斬りこんできた稀代のストーリーテラー・三田紀房。物語の軸は、史上最大にして悲劇の運命を辿った[戦艦大和]―その建造を巡る頭脳戦。圧巻のVFXで大和の雄姿をスクリーンに甦らせるのは、興行収入87.6億円を記録した『永遠の0』をはじめ『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや『DESTINY 鎌倉ものがたり』など数々のヒット作を手掛けてきた映画監督・山崎貴。主人公の天才数学者・櫂直を演じるのは、演技力が高く評価され、2017年度日本アカデミー賞・毎日映画コンクール・報知映画賞・日刊スポーツ映画大賞で最優秀主演男優賞四冠に輝いた、菅田将暉。櫂を使って大和の建造を阻止しようとする海軍少将・山本五十六には、舘ひろし。さらに、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯といった演技派が揃い踏み。この夏必見のエンタテインメント映画『アルキメデスの大戦』は、いよいよ7月26日(金)公開。

(出典:映画「アルキメデスの大戦」公式サイト

キャスト

菅田将暉 柄本佑 浜辺美波
笑福亭鶴瓶/小林克也 小日向文世/國村隼 橋爪功
田中泯 舘ひろし

原作・スタッフ

原作
三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社「ヤングマガジン」連載)

監督 脚本 VFX
山崎貴

映画「アルキメデスの大戦」見どころや感想(ネタバレ含む)

20代女性
戦艦大和の建造にかかわった人たちのお話という点が斬新で面白い。戦後、戦艦大和は本当に必要だったのか疑問視する声も多いが当時の人も賛成派と反対派に分かれていたと思わせる描写が素晴らしい。特に主人公の数学者は戦争に関しては戦艦大和の必要性は見出していないようだが船自体には好感度を持っているあたりちょっと現代のオタクめいた志向で共感できる。最新技術で表現される戦艦大和も迫力があり、ひきこまれる。また描かれる人々も少し滑稽に見えるが必死に世界と渡り合おうとしていた事が伝わってくる。それでも戦争の追い風に勝てない彼らの無情さもよく表現されていた。わりと最後にどんでん返しも用意されていたのでエンターテイメント性もしっかりした映画だと思う。
50代女性
飛行機が戦争を左右する一番重要な武器だと、世界では、主力の考え方になって来た時に、考えの古い上官が世界で一番大きな戦艦を作ろうと考えるのだから、日本は、余りにも、考え方が遅れていました。そのため、無駄な予算が莫大に使われ、作る時に利益を得る会社と癒着して、いつの時代でも、国のためではなく、個人の利益のために動く人がいる事に残念です。たが、戦争を早く終わらせるための、象徴が必要だと知ってから、真剣に考え、不沈戦艦大和を作り上げるか、どんな苦労と工夫をしたのかを精巧に描かれていたので、戦艦ファンとしては、たまりませんでした。
30代男性
菅田将暉さん、柄本佑さんとの共演との事。それだけでも、観たいと思いました。しかも「永遠の0」を制作した山崎貴監督ですよ!期待度100%です。映像と展開に期待が持てます。マンガが原作ですが、主人公の櫂直(菅田将暉さん)の数学の天才が山本五十六(舘ひろしさん)から、戦艦大和建造費試算の実態を暴く依頼を受けて奔走する。菅田将暉さんの天才(変人)の演技も見どころだと思います。菅田さんの部下で一緒に奔走する柄本佑さんも、櫂直少佐への第一印象の変人から最も信頼する上官への心情の変化も見どころですね。対立する戦艦大和設計者である田中泯さんも魅力的で、菅田さんとのツーショット演技にも期待しています。
50代女性
いい意味で菅田将暉らしい切れ味するどい演技を見る事の出来る作品でした。天才的な頭脳をもっている主人公が戦艦大和を作らせない為に、国の為に粉骨砕身する姿は素晴らしかったです。無駄かと思う様な事を必死でやり誰も思いつかなかった公式を見つけるあたりは、まさに天才といっても過言ではありませんでした。しかも物語には落ちが創られていたのが凄かったです。戦艦大和を作るのを止める為に協力していたが、最終的には戦艦大和を作る事になる落ちは想像もしていなかったので意外でした。そして山本五十六が戦争を止めたいはずが、最終的には開戦の引き金を引く歴史通りの展開に見応え十分な映画だったと思いました。
50代女性
櫂直が山本五十六にその才能をかわれて海軍に入り、大和を造船するうえでの矛盾をついていきますが、そのうち大和が戦争を終結させるための象徴の役割のために造船されることを知ります。
それを止めさせるには、櫂直は違う案を考えなければいけませんが考えることが出来ず大和の結末を知りながら、大和の造船に邁進することになります。
戦争というものの虚しさを感じました。
登場しているベテランの俳優さんが、存在感がある演技でこの映画がとても重厚なものになっています。
負けないくらい若い俳優さんたちも、頑張っておりこの二つのバランスがとてもいい映画でした。