ドラマ『べしゃり暮らし』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程
2019年7月27日(土)スタート!
【毎週土曜】よる11:15~テレビ朝日放送

ドラマ『べしゃり暮らし』動画視聴方法

ロボットカマクラくん
2019年夏ドラマ『べしゃり暮らし』
『ビデオパス』で第1話から全話(最終話)まで
フル動画配信予定です〜!!

※『べしゃり暮らし』の『ビデオパス』での配信の可能性があります。まだ決定ではありません。公表され次第更新します。

『ビデオパス』の無料期間を利用すれば・・・
”完全無料”で見放題♪(一部課金作品あり)

初回30日間無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『ビデオパス』おすすめポイント

★業界最安級!月額料金『562円(税抜)』で見放題作品は多数!!

★テレビで見逃した作品を第1話から最終話まで、お好きなタイミングで視聴可能!
2019年最新ドラマの『東京独身男子』や『都立水商〜令和〜』『仮面ライダージオウ』『向かいのバズる家族』など配信中!

★見放題会員に毎月『ビデオコイン(540円分相当)』をプレゼント!
このビデオコインを使って最新映画などが視聴可能!タダで視聴ができてしまうので追加料金なしで楽しめる!

●『ビデオパス』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『ビデオパス』ユーザー
見逃しのドラマや見たかった洋画などをみられるのがいいです!仕事柄、連ドラを毎週みられないし、気になっている番組などもあるので、時間が出来たら確認したり、時々違うジャンルの物も観てみたりしています。探しやすく、好きそうな物をオススメもしてくれる。迷った時などにも重宝しています。【30代・女性】

見逃し動画 検索

ロボットカマクラくん
<第1話>2019年7月27日(土曜)23時15分放送分
  • <第1話〜全話>をフル動画視聴!
ビデオパス
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
<最終回・第8話>
2019年9月14日放送分

  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)
TVer テレ朝キャッチアップ GYAO!
第8話 ネタバレはここをクリック
ファンを装い辻本に話しかける女の子はるのあーるの策略でべしゃり暮らしの漫才中に苦しむフリをして辻本の集中力を奪い漫才は失敗に終わる。上妻が辻本に不安を感じアドリブをいれない漫才に切りかえるが上手くいかず漫才グランプリも予選落ちが決まり上妻と辻本はケンカになる。しかし補欠でべしゃり暮らしは上がれることになったが辻本は自信を無くし、辞める辞めないで迷い金本に相談する。金本は傷つくのがこわいだけだと辻本を叱責し惨めになりたくないなら上妻より面白くなってあいつを惨めに思わせろと辻本を奮い立たせる。辻本は金本の言葉に心を動かされてべしゃり暮らしを続けることを決める。上妻と辻本は2人でべしゃり暮らしを続けることを決意し漫才グランプリで爆笑を勝ち取る。
第8話 感想はここをクリック
40代男性
るのあーるの挑発やニップレスへの手出しはフェアじゃないように感じました。漫才新人グランプリ2回戦で敗退し落ち込んで実家に帰った圭右ですが、潔が厳しくも優しい言葉をかけていたのが印象的でした。親子の愛情を動画で垣間見た感じがします。
40代男性
辻本が決勝の会場に姿を現さずギリギリまで待ち続けた圭右を見て、相方の存在や信頼というものを考えさせられました。デジきんの金本の厳しい助言が、辻本たちを正しているように感じます。金本の指導がなければ今のべしゃり暮らしはないと動画でみて思います。
40代男性
最終回だったが面白いドラマだったんでもっと長く見たかったですね。最後も上妻と辻本らしくケンカしあいながらも最後は相手を思いやり尊敬しまた2人でやっていくのは、わかってるシナリオでも良かったです。人間ドラマもあったし良いドラマでした。
40代男性
決勝のネタはアドリブが多いものの、圭右の父親にささげる漫才のようでした。実家をネタにしおもしろく話をすすめ、会場にいた父親も終始笑顔であったように思います。ひょっとして優勝かと思いましたが、持ち時間を4分超えていたという物語のオチも良かったです。
40代男性
漫才のレベルもかなり高かったです。演出している劇団ひとりが渾身の仕上げみたいなの書いてあったし、最終回の漫才も面白かったですね。内容云々もあるんですが、口調や間やいろいろな部分を指導したんでしょうが、面白い漫才でした。
<第7話>
2019年9月07日放送分

第7話 ネタバレはここをクリック
妻・未希の真相を知るために別荘に向かう樋口。しかしカチカチ野郎の渉は、弟・雫に殺されていた事がわかった冒頭でした。しかし少しずつ捜査は進みはじめ、ついに本郷会長の息子雫まで辿り着きました。まだ、スキャンダルなしの清廉潔白状態です。そんな中、室長のもとに雫が鉄球を持って現れました。間一髪のところで樋口か駆けつけて、無事事なきを得ました。しかし、室長も樋口も犯人、雫から挑発されているのでした。その後警察署で、本郷雫として、室長とも樋口とも対面します。その声で室長は真犯人だと気付きました。だが、それは挑発なのでした。樋口が雫に掴みかかりますが、かわされてしまいます。樋口にだけ聞こえるように雫は自白しました。そんな最中、地下トンネルにて崩壊事後が発生しました。
第7話 感想はここをクリック
30代女性
三人で漫才をしている上妻圭右(間宮祥太朗)、辻本潤(渡辺大知)はアドリブが得意で、子安蒼太(矢本悠馬)は台本通りにこだわっていた。コンビやトリオがうまくいくためには、絶妙なバランスが必要だと実感した。実際のお笑い芸人もその点が大変そうだと思った。
30代男性
“「べしゃり暮らし」の第7話を土井が観て、今回は、感動する動画シーンが多かったのではないかと思いました。子安と圭右と辻本が漫才を頑張っている姿がとても良かった。
2人の漫才ではなく、3人で行われた漫才も良いものに仕上がると思いました。子安は、人の良さをよくわかっていて、子安のアドバイスにより、うまくいったチームがあったという点には、とても感動しました。”
40代男性
圭右が実家を離れて暮らすため引越しますが、父親は出発の日も顔を出しませんでした。しかし、圭右に渡した封筒に短い文面が添えられていたのを見た時、圭右を蔭ながら応援していることがわかり、親子の強い関係を感じました。封筒の表書きが「退職金」というのも父親らしいと思いました。
40代男性
YCAのネタ授業の時間が長く放送され、見ていておもしろかったです。圭右たちだけでなく、見切り発車やげんこつロデオなど色々な芸人のネタを見ることが出来ました。個性あふれる芸人たちの中で、圭右がどのように輝いていくのか楽しみにしています。
40代男性
きそばATってコンビ名が好きだったんでべしゃり暮らしに改名は驚きましたが、さまーずもくりーむしちゅーも改名してるしリアル感があって良いかなと思いました。お笑い芸人目指すドラマなんですが子安が養成所入るときの父親の言葉とか細かいところにも人情味いれてくるのが好きなところです。
<第6話>
2019年8月31日放送分

第6話 ネタバレはここをクリック
近日更新予定です。
第6話 感想はここをクリック
30代男性
“苦節15年目にしてやっとNMCの決勝に進出した矢先に、相方が不運の死を遂げてしまう。
しかしのその死因が今ではあまり聞かない、凍死。
しかもその死因については誰も突っ込まないのかよと思いました。
それでもデジタルきんぎょの二人の相方への熱い思いは心打たれました。”
30代男性
「べしゃり暮らし」の第6話を観て、今回は、泣けるシーンや感動するシーンがあったと思いました。金本さんの相方である藤川さんが亡くなってしまったことは、とても残念に感じました。一緒に漫才を頑張ってきたなかであり、お互いのことをよく知る方が亡くなるのはとても辛いことだと改めて思いました。金本さんを含めて、圭右、辻本が一生懸命漫才に向かって頑張ってほしいと思いました。
30代女性
デジタルきんぎょの藤川則夫(尾上寛之)が凍死していてとても衝撃でした。芸人のプレッシャーを感じさせられました。その後、相方の金本浩史(駿河太郎)がラジオで泣きながら相方について語っていたシーンが感動的でした。コンビ愛を感じました。
40代女性
デジタルきんぎょの藤川が凍死し、残された相方・金本の思いが詳細に描かれていたと思います。相方とはどういう存在のものであるか、私も見ていて考えてしまいました。ビジネスパートナーでもありますが、お互いのことを熟知しないとコンビは成り立たないものと感じました。
40代男性
デジタルきんぎょの藤川が凍死するという衝撃から始まりましたが金本はこれから1人で芸人続けて行くのかが気になりますね。金本の気持ちとは違う行動を取るのは照れ臭さ故なんで愛情を感じとれましたね藤川に対する。色々予想外のこと起こるんで面白いドラマです。

<第5話>
2019年8月24日放送分

第5話 ネタバレはここをクリック
NMCの準々決勝が終わったデジタルきんぎょの打ち上げに参加する佳右達、服を脱ぎはしゃぐ藤川に突っ込む佳右を見て金本は、辻本に「お目の相方ちょっとおもろいやないか」と評価する一方、藤川は「受けを狙うときの関西弁」「おもろさ半減しとるやろ」と指摘、「コンビやったらもっとぶつかり合わなあかん」と辻本を促すのだった。辻本は佳右にどう伝えればいいのか悩む一方、先輩に遠慮しない佳右をNMCの準決勝に誘わずにいた。連絡がつかず会場に入れない佳右、そこで藤川の妻・直美とその息子球児と出会ったのだが藤川の妻の悪口を言う毒舌ネタが嫌いで漫才を見たくないとごねていた。しかし、でじきんの漫才を見た球児は一番面白かったと笑顔になっていた。その夜、藤川は佳右に「その変な関西弁絶対やめたほうがいい」と指摘し家族と回転寿司で「優勝したら東京進出やで」と一家団らんを楽しんだのである。決勝進出なるのか結果発表をBARで一人待つ藤川、そこへ見事決勝進出の連絡が入った藤川は、喜びのあまり服を脱ぎ、店のマスターに散歩行ってくるわと一人パンツ一丁で出かけるのだった。雪の降る町中を歩き回る藤川、待ちの角の階段で座り込み眠り込んでしまった藤川の体には雪が積もっていたのである。
第5話 感想はここをクリック
40代女性
圭右の笑いに対するまっすぐな姿勢に胸打たれ、自分たちの原点を取り戻したデジタルキンギョの金本と藤川。険悪だったコンビ仲も回復し、漫才日本一を決めるNMCの準決勝に進出。藤元から圭右のエセ関西弁を正すよう忠告された圭右の相方辻本だが、遠慮から言い出せず悩む。決勝進出の電話もらってあまりにも嬉しくて、パンツ一丁で雪の中歩き回る藤川が、階段に座りこみ眠ってしまった。これからだというのに。せっかく息子も仕事を受け入れてくれたのに。
40代女性
コンビを続けていくことの難しさが、少しわかりました。気を使いすぎてもダメで、思っていることを全て言いすぎるのもダメで、こじれても明日も、また一緒にやらないとダメなだから余計に難しい野がなと感じました。そしてネタなのに本当のことだと信じてしまう人がいたり、家族から不満がでたり、なかなか上手くいかない所も面白かったです。
40代男性
コンビを続けていくことの難しさが、少しわかりました。気を使いすぎてもダメで、思っていることを全て言いすぎるのもダメで、こじれても明日も、また一緒にやらないとダメなだから余計に難しい野がなと感じました。そしてネタなのに本当のことだと信じてしまう人がいたり、家族から不満がでたり、なかなか上手くいかない所も面白かったです。
40代男性
今回はデジタルきんぎょが主役の回でしたが藤川がやたら裸になってたのが気になってました。決勝進出が決まる前から飲んでいて決まった瞬間、裸で雪の中を走っていって最後階段に座りながら眠ってしまう。雪が身体に積もってきてたところで藤川の場面終わったがどういう展開なるのか気になりましたね。風邪引いたで終わるのか不思議な終わり方だったんで来週早くみたいです。
40代男性
最初から見ていて漫才のレベルも上がってきてデジタルきんぎょの今回の漫才もむちゃくちゃクオリティ高いなと思えました。劇団ひとりが演出してるみたいなんでそれでかなと納得しながら見ていました。今後のきそばATの漫才もどれくらいレベル上げるか楽しみです。

<第4話>
2019年8月17日放送分

第4話 ネタバレはここをクリック
姉・しのぶが「ねずみ花火」の根津と一緒に居るところを見かけた圭右は、女癖が悪くて評判の根津にしのぶが騙されているのでは、と心配する。しかも「ねずみ花火」は以前、圭右の父・潔のそば屋「きそば上妻」をネタにして店の評判を落とし、心労から圭右の母・美津子を倒れさせた、曰く付きのお笑いコンビであるため、しのぶと根津の交際を潔が許すはずもなかった。ところが、女癖の噂はネタであり、本当は美津子の一件から自分のお笑い路線について悩んでいた根津。相方・花田にも「潔に謝りたい、ネタの路線も変えたい」と懇願するも反対され、悶々とした日々を送りながら、美津子の月命日には必ずお墓にお花を供えてくれていたのだった。どうしても潔に謝りたいと言う根津の気持ちを知るしのぶは、あるとき父が大切に保管していた古い手紙を発見する。それは根津の相方・花田からの潔へのお詫びの手紙だった。相方も同じ気持ちだったと知った根津は、花田を誘って潔の店へ謝罪に向かう。ようやく和解することができた潔と「ねずみ花火」。そして、潔はしのぶや圭右らと、花田の単独ライブを観に行くことに。芸人が自分のネタに遠慮してはダメだという潔の指摘を聞き、お笑いにけじめをつけたいと思っていた根津は、そのステージで「ねずみ花火」の解散ライブをやらせてくれと所属事務所の社長に頼み込む。了解を得た根津と花田は最後のステージへ上がり、「きそば上妻」のネタを披露する。ネタの終わりには花田の計らいにより、根津からしのぶへのプロポーズも。そうして根津は「きそば上妻」で修行を始めることとなり、潔は圭右が芸人になることを許すが「きそば上妻」とは縁を切るようにと宣言する。圭右は、芸人として失敗しても戻る場所がないことを決意することとなる。
第4話 感想はここをクリック
40代男性
べしゃり暮らしを動画視聴してて思いましたが、お笑いを目指す若者達は今多くなっていると思います。しかし売れてテレビに出て活躍できる人はほんの一握りでしょう。そんなお笑いのきびしさや、相方との接し方など普段表には出てこない情報が出てきたり本当にお笑いの難しさが描かれた内容でした。
40代男性
作者の森田まさのり先生はなんとよしもとのNSCに入校されて実際にM1グランプリにもご出場されているくらいお笑いに精通しながら作品を作られたということで、本当にお笑いの中身が詰まっているいい話でした。お笑いを目指すもの、また終わりを迎えるもの素晴らしい話でした。
40代男性
べしゃり暮らしでねずび花火ねずさんがまさかお姉ちゃんと付き合ってるとは思ってませんでした。あのネタもやりたくてやったのではなくキャラ付けのためにやったというとても切ない理由でした。上妻のお父さんも芸人を了承してくれたのでこれからが楽しみです。
30代女性
舞台上でプロポーズするという夢のようなことを僕もしてみたいです。最後ねずみ花火があのネタをできてとてもよかったと思っています。このドラマで後悔はやっぱりだめだということを再認識されました。今後も動画で見るのが楽しみです。
30代女性
上妻と辻本の話から一変し今度はねずみ花火の話へ。最初は上妻がねずを殴ったときはどうしようかとおもいましたが、最後はハッピーエンドで終わってよかったです。来週もデジキンの涙や漫才の大会があるのでとても楽しみです。

<第3話>
2019年8月10日放送分

第3話 ネタバレはここをクリック
本気で芸人を目指すと決めた圭右と潤は漫才の日本一を決めるNMCに出場する。緊張し失敗していく芸人たちを見て圭右は自信満々に舞台に上がるが観客の反応は酷いものだった。漫才の終盤になりアクシデントでマイクに頭をぶつけてしまった圭右を見た観客たちは馬鹿にしたように笑われてしまう。その反応に気分を害した圭右は漫才の途中で舞台から降りてしまった。るのあーるにいじられた圭右は衝突しそんな圭右に潤は激怒する。3日も学校を休んだ圭右は父親の言葉を聞き自分の考えを改め学校へ出席する。芸人に向いてないという圭右に潤は金本から預かったDVDを渡す。そのDVDにはデジタルきんぎょの初舞台の映像が収められており、その漫才は圭右たちの漫才の様にダダ滑りし金本が観客に対してキレてしまうというものだった。そのDVDを見た圭右はまたさらに強い気持ちで芸人を目指すことを決める。そんな中圭右の姉、しのぶと圭右の母が亡くなる原因となったねずみ花火の根津が一緒にいるところを目撃する。
第3話 感想はここをクリック
20代女性
アドリブで周りが笑うほど漫才の世界は甘くないという、外の世界に出て初めてわかる自分の実力のなさがいたたまれなかったです。浅香航大くんの目つきが怖くて、間宮くんと並ぶと顔の濃さが渋滞していて面白かったです。
20代女性
時間があったかららーめん食べてきたという間宮くんのポテンシャルの高さに驚愕でした。間宮くんの場をわきまえない発言がヒヤヒヤしました。芸人さんってシビアだなって、本当に滑っている時と笑わせている時との違いでかわいそうになりました。
50代女性
学校に必ず一人はいる面白い子が、調子に乗ってプロの漫才師の舞台に上がり、失敗して諦める芸人が多いことを承知している金本の対応には、圭右と自分の過去がダブっているように感じられ、育てようとする意図も感じられました。新人を育てることが難しい昨今の状況の中、圭右のようなお調子者のパワーが、一人前になるために必要に感じられ、それを受け止める大人もパワーが求められるように思われました。
40代女性
ニッポン漫才クラシックでダダ滑りをしてしまった上妻を、まるで昔の自分を見ているかのように感じて、本当は隠しておきたい過去なのに「エプロンパパ」の時のDVDを上妻に見せてやろうとする金本の心意気カッコ良かったです!
40代女性
ニッポン漫才クラシックで、ダダ滑りをしてしまい焦り始める上妻は、みるも無惨な感じでした。いつもは「俺は面白い!」と自信満々なのに、、。舞台から降りてしまったところは、お笑いに対して本当に舐めきっていたなぁと思いましたし、相方の辻本が可哀想でした。

<第2話>
2019年8月03日放送分

第2話 ネタバレはここをクリック
文化祭のお笑いコンテストで大成功をおさめた上妻と辻本。
辻本はてっきり上妻が芸人としてコンビでやっていってくれるものだと思っていたが、上妻は実家の蕎麦屋を継ぐと言うのだ。
辻本は上妻の発言に驚くものの、きっと先輩芸人のデジタルきんぎょに会ったら考えが変わると思って、デジタルきんぎょが出るライブ会場に上妻を連れていくのだ。
上妻は学校で勢いで台本を書くといった手前、台本を書き持って来ていた。
そしてデジタルきんぎょの金本に台本を見せると、金本は一言「おもろない。」と上妻に言い放つのだった。
呆気に取られる上妻だったが、自分のネタが面白くないはずはないと金本に食い下がり、もう一度台本を読んでくれ!と言うのだった。
一方、辻本の元相方の静代 もライブ会場へ辻本に会うために来ようとしていた。
第2話 感想はここをクリック
40代女性
辻本の元相方静代との漫才シーンは、静代がとてもうまいなあと思いました。何物にも怖気づかない上妻の鈍感さというか、はっきりしたものの言い方は、すがすがしい感じがします。プロの漫才師金本にも、自作の漫才のネタを渡したり、これから大物になりそうな予感がします。デジタル金魚の漫才がもっと見たいです。
20代女性
潤はどうしても上妻とコンビを組みたくて、お笑いの先輩であるデンタルギンギョの金本に会わせようと連れていくが、上妻はテンションが上がりまくりで全く話を聞こうとしなく、自分の書いたネタを見てもらった時ダメ出しをされて、テンションの浮き沈みが激しい人だなだ思った。
20代女性
潤が静代とコンビを解散した理由は、先輩であるデンタルギンギョはとても売れているが、仲が悪い。昔は良かったけど、真剣にお笑いに向き合うにつれて段々と価値観が変わってお互いの方向性が変わってしまうから。そうはなりたくないから好きなままでいたいからという真実に感動した。
30代男性
「べしゃり暮らし」第2話では、金本の圭右に対する漫才の評価がとても厳しく感じました。確かに、漫才で食べていくことは、とても大変であり、才能がいるのではないかと思いました。辻本が、静代と再度、出会うことができ、また漫才を一緒にできたことは、2人にとって良かったことなのではないかと思いました。
30代女性
辻本潤(渡辺大知)から先輩芸人に紹介された上妻圭右(間宮祥太朗)。初めて会う先輩芸人の前でもずっとふざけている上妻の度胸に驚いた。お笑い芸人になるぐらいの人はこれぐらいの度胸が必要なのかもしれないと思った。コンビを解散したくないと言っている辻本の元相方である鳥谷静代(小芝風花)が再度漫才を披露することになる。漫才後に上妻が、「楽しそうに漫才してない。自分が楽しまないと。」と言い放つ。その言葉が周囲にいた人達に響いていたと感じた。上妻は熱い人間だと思った。最終的に上妻が辻本とお笑い芸人を目指すと宣言した。二人はとてもお似合いのコンビだと思う。

<第1話>
2019年7月27日放送分

第1話 ネタバレはここをクリック
高校生の上妻圭右(間宮祥太朗)は、まもなく校内で行われる漫才大会に出るために相方を探していた。圭右は幼い頃からお笑いが大好き。自分が校内の「爆笑王」だと豪語し、笑いのためなら何でもする熱い男。昼の校内放送ではいつも校内中を沸かせていた。そんなある日、校内放送中に転校生が迷い込む。辻本潤(渡辺大知)だ。辻本の関西弁を耳にした圭右は、一瞬でおもしろい男だと勘が働き、校内放送に飛び入り参加させる。最初は面食らっていた辻本も、軽快なつっこみと、圭右との見事な掛け合いで校内中の爆笑をさらった。のちに辻本が大阪で高校生芸人だった事実を知った圭右は、面白い男は俺だ!と強烈にライバル視し始める。圭右は、打倒辻本で懸命に漫才大会出場のための相方を探す。かたや辻本は、笑いのためなら頭を丸めてしまう圭右の笑いへの姿勢と熱量に惚れ始める。一緒に漫才大会に出ようと辻本から口説き、二人で出場することを決めた。圭右は父:上妻潔(寺島進)に漫才大会に出ることを伝えるが、父はもうお笑いが大嫌いになっていた。両親は、圭右が幼い頃から蕎麦屋を営んでいた。食えない時代の若手芸人にサービスするなど面倒見が良かった。だが可愛がっていた芸人に「あの蕎麦屋はまずい!」と笑いのために嘘のネタをTV放送されてしまう。一気に客足が減る。母は蕎麦屋の他にもパートを掛け持ちし、過労で亡くなってしまった。それ以来お笑いや芸人が嫌いになっていたのだ。漫才大会当日、友達の前でリハーサルもして完璧な二人だったが、圭右が作ったネタを他のコンビに一言一句パクられてしまった。ネタ帳を盗み見されたのだ。もう出番は次だ。時間はない。飛び出していった圭右と辻本は、その日の校内のことをネタにしたアドリブ漫才で大爆笑の渦を起こした。何より一番楽しんでいたのは二人だった。
第1話 感想はここをクリック
60代女性
笑いをとるためなら、頭を丸刈りにし、校長が何を言おうと御構い無しという圭右に、関西から転校してきた元芸人の辻本が興味を抱き自ら接近する姿勢は、高校生ではないプロのような印象を受けました。また、舞台の出番前にネタをパクられた圭右と辻本のふたりが、アドリブで人前にそのまま出て行った姿は、格好良く見えました。
30代女性
原作マンガの空気感が出ていて面白かったです。上妻家の悲劇を割と短くまとめられていて、校内漫才コンペまでのテンポが良かったです。ネタ披露の直前にパクられたら、混乱してしまいそうなのに、きそばATは冷静にアドリブ漫才に変えたのが強心臓だと思う。辻本の携帯を子安が覗いたシーンは分かりやすくする為の演出でしたね。
30代女性
放送室で漫才をしていて全然うけてないのが面白くてよかったです。転校生の関西人が一緒に漫才をしたら爆笑を取れたのがすごいと思います。校長の髪の毛をいじっているのがとても笑えてよかったです。転校生がお笑い芸人でビックリしました。
30代女性
学校で漫才大会をしてるのが面白くてよかったです。圭右のお父さんがお母さんの亡くなったことに自分を責めてるのがとても可哀想でした。人のネタを盗んでみんなの前でやっていたのがとてもひどいと思います。辻本と圭右がアドリブでネタをしたのがビックリしました。
20代女性
圭右と潤の掛け合いは本当の芸人さんのような心地の良いテンポで見入ってしまいました。圭右の父である潔はある芸人の嘘ばかりの最低なネタのせいで蕎麦屋に客が全く来なくなってしまい、妻がパートに出る羽目になりそのせいで過労死してしまうという過去があり、あまりに辛く可哀想で芸人嫌いになるのも無理はないなと思います。ネタを完全にパクるなんて最低すぎて驚きました。しかしやはりこの2人は格が違いました。アドリブであれだけどっかんどっかんウケてしまう2人は最高です。潔も見に来てくれていて嬉しかったです。

ドラマ「べしゃり暮らし」イントロダクション・キャスト情報

Introduction

『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』など青春マンガの巨匠・森田まさのり 珠玉の最新作“漫才漫画” 『べしゃり暮らし』を初映像化!
さらに劇団ひとりが連ドラ初演出!!

主人公・上妻圭右(間宮祥太朗)は、学校一笑いに貪欲な“学園の爆笑王”。そんなある日、高校生ながら元プロの芸人だった辻本潤(渡辺大知)が、大阪から圭右と同じクラスに転校してくる!初めはぶつかり合う二人だったが、やがて漫才コンビを組むことになって…!?

■Cast

間宮祥太朗、渡辺大知、矢本悠馬、徳永えり、小芝風花、寺島進、篠原ゆき子、駿河太郎、尾上寛之 ほか

■「べしゃり暮らし」公式SNS

公式サイト Twitter Instagram

ドラマ「べしゃり暮らし」の期待どころを募ってみた☆

20代女性
森田さんの漫画大好きで、もちろんべしゃり暮らしも読みました!テンポの良さが面白くって、これを映像として見れるなんて、楽しみすぎます♡間宮くんは顔立ちが整っているのに顔芸が神がかっているので、毎週笑わせてくれるのではないかと期待しています!
40代女性
私は森田まさのりさんの原作の漫画を読んでいて、いつかドラマ化して欲しいと思っていたので「待ってました」という気分です。それから間宮祥太朗さんと渡辺大知さんが主役のお笑い芸人を目指す高校生役ということでどんな二人になるんだろうと楽しみです。
他の期待コメントはここをクリック
20代男性
この作品は漫画を原作にしていますが、お笑いを話にしていますので、ドラマ化によってテンションや脚本がどうなってしまうのか気になりめますが、漫画ではわからないお笑いのノリが映像で伝わるので期待したいと思います。
30代女性
「今日から俺は!!」を小学生の娘と年長の息子と家族団らんで見ていて子供たちがはまっていました。
テレビで予告が流れてドラマ化するんだと知りました。放送時間が深夜なので録画になってしまいますが、また家族みんなで見ようと思います。主題歌も期待しています。
40代男性
原作を読んで分かりやすいストーリーなので気楽に見られそう。まだ、全てのキャストが公開になっていないので早く知りたいです。今、大人気の間宮祥太郎さんが主演とのことでいやがおうでも期待が膨らみます。滅茶苦茶にぶちかまして欲しいです。
40代男性
“森田まさのりさんの漫画が原作です。原作は読んだことがありません。
漫才がテーマということでどんなお話になるのか期待しています。
土曜日の夜なので、ゆったりした気分で見れるかと思います。それにふさわしいストーリーであることを期待します。”
40代女性
原作は「ルーキーズ」などの森田まさのりさんの人気漫画です。原作のファンなので、とても楽しみです。脚本は相棒シリーズなどを手掛けた徳永富彦さんと演出は、劇団ひとりさんなので、かなり期待しています。出演者も実力のある方々が多く出演しているので期待しています。
20代女性
“漫才ドラマというところも楽しみだし、間宮祥太朗さんが出演しているということも楽しみすぎます。しかも、間宮祥太朗さんの親友である矢本悠馬さんまで出演しているから、どんな絡みがあるのか注目したいなと思いました。”

[voice icon=”https://kamakura-movie.jp/wp-content/uploads/2019/06/woman_64.png” name=”40代女性” type=”l”]原作を読んで分かりやすいストーリーなので気楽に見られそう。まだ、全てのキャストが公開になっていないので早く知りたいです。今、大人気の間宮祥太郎さんが主演とのことでいやがおうでも期待が膨らみます。滅茶苦茶にぶちかまして欲しいです。[/voice]

30代女性
お笑いを通しての高校生青春ドラマということで、俳優の方が行う演技としての漫才がどこまで面白くなるのかに興味が膨らみます。また、ドラマ演出を劇団ひとりさんがするということで、お笑いの方の演出する笑いがテーマのドラマにどう笑いや青春の要素が含まれていくのかなど期待することがたくさんあり、今から楽しみなドラマです。
40代男性
“マンガ原作、大好きな間宮祥太朗君主演のドラマ「べしゃり暮らし」。イケメンなのにコミカルな演技ができる祥太朗君。また、どこかでお尻を出すのでしょうか?
演出が、劇団ひとりさんということで、原作以上の演出を期待しています。”
20代女性
メインキャストの2人の演技に期待しています。間宮さん、渡辺さん二人とも、他の作品で見た時の演技がとても良くて、二人の実力がぶつかり合うと、どんな作品になるのか楽しみです。セトウツミや帝一の國など、恋愛要素少なめで男子学生メインの話は個性的でおもしろい作品が多いイメージなので、ストーリーにも少し期待しています。
20代女性
べしゃり暮らしは、原作を見ていたので、とても楽しみにしています。主人公の間宮祥太朗さんの事も好きなので早く見たいです。ざっとキャストを見てみたのですがねずみ花火やるのあーるは空欄なんですね!誰が演じるのか気になります。
30代男性
漫才はその道のプロではないと、間合いとかが難しくて大変だと思いますが、間宮祥太朗さんと渡辺大知さんがどのような演技でどんな感じの漫才を見せてくれるのかとても楽しみです。お二人ともとても独特な演技をされる方なので、とても楽しみにしています。
20代男性
お笑いの世界で激しく競い合う、笑わせる事なら命がけの漫才コンビ上妻圭右演じる間宮祥太郎と辻本潤演じる渡辺大知の奮闘。そんな中駿河太郎&尾上寛之コンビや主人公の匹敵コンビ浅香航大&早乙女友貴コンビなどの登場にますます迫真にせまる漫才の披露、どんなテンポで進むのか楽しみです。劇団ひとり演出も期待しています。

「べしゃり暮らし」出演者作品リンク

近日公開予定です。