ドラマホリック! 「僕はどこから」を見逃し動画無料フル視聴!

僕はどこから

ドラマ『僕はどこから』動画

『僕はどこから』動画視聴

テレ東ドラマ『僕はどこから』はParavi(パラビ)で配信されると思われます。

「Paravi」はお試し期間があるので、完全無料での視聴も可能です!
無料お試し期間は30日間。もちろん解約違約金なども発生しないので安心です。
登録も簡単!


  1. テレ東のドラマだけじゃない!Paraviではテレ東のドラマやバラエティだけではなく、TBSやWOWOWなどの作品、さらには映画も多数配信。
  2. 豊富な特典も盛りだくさん!無料期間が終了してもParaviチケットをプレゼントされるので、課金が必要な作品もお得に視聴できます。
  3. デバイス(視聴機器)は最大5台まで登録可能!動画をダウンロードできるので、Wi-Fi環境がない電車の中などでも視聴可能です。
PCでの視聴もスマホでの視聴も、アマゾンプライムやネットフリックスと遜色ないくらい快適です。私も歴代のキングオブコントがみられたのが個人的に満足です。また名作揃いのTBSドラマがみられるのもよいと思います。【30代男性】
このコンテンツを使って見ての感想といたしましては、バラエティの見逃し配信が多く、バラエティが好きな自分にとってはすごく使いやすいです。オリジナルドラマや映画・アニメなども配信されているので、いろいろなジャンルの動画を視聴できるのもParaviの良い点かと思います。【20代男性】
複数の機器で視聴できるので便利です。移動時はスマホかタブレットで視聴し、自宅ではパソコンで視聴しています。視聴できるドラマやアニメも多いこと、昔の作品もあるので懐かしいです。月に1,000円ちょいのサービスなら全然ありです。これから視聴できる作品(特に昔のドラマ)が増えるといいなと思います。【30代男性】

ドラマ「僕はどこから」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル動画視聴

Paravi

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『僕はどこから』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況(予想) 詳細リンク
Paravi ◎(見放題) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.01.16

<ドラマ『僕はどこから』第2話>

2020年1月15日(水曜深夜24時ごろ)放送

TVer GYAO! ネットもテレ東
第2話 ネタバレはここをクリック
「僕はどこから」第02話では、竹内薫は、5年前の高校1年生だった時に、智実の妹である千佳の自殺未遂を防いだのである。薫には、他人の文章を書き写すことでその人の思考をわかることができる特殊な能力を持っていたのである。智実は、今回はシノギに協力してほしいと考えていた。権堂は、素人に対しては反対していたのだが、智実は薫は、高校時代の恩人ということを説得したのである。替え玉受験については、薫は、違法だと考えていた。また、出版者の方からは、コンビニアルバイトではなく、ゴーストライターで稼ぎませんかと依頼があり、戸惑っていたのである。母が残した手紙を書き写し、ゴーストライターではなく、立派な作家になることを目指す決心がついたのである。
第2話 感想はここをクリック
40代女性
藤原と権堂が薫の元にやって来たのは仕事の依頼だったが、その内容は隠語で書かれた文書から特殊な能力で薫自身で読み取りズバリと替え玉受験と当ててしまうのが凄く、藤原が目をつけ利用したくなる気持ちがよくわかる。
40代女性
薫の他人の考え方で物事を考えられるという普通の人なら信じられない事を信じている組長の藤原の話しぶりに身の回りの世話をしている権堂が、ド素人の薫に騙されていると考えて責め立てるのは当然の行動と思えて、権堂が藤原を大切に思っているのがわかる貴重な場面でなかなか良かった。
40代女性
「僕はどこから(第2話)」を観て、竹内薫の特殊な能力により、智美の妹を自殺未遂から救うことができたことは、良かったと思いました。ゴーストライターになることは良くないと思いますので、しっかりとしたライターになれれば良いと思いました。
50代男性
薫は認知症を発症した母親の代わりに家事を始めたものとばかり思っていたが、高校生時代の時から弁当を薫自身で作っていたようで、薫が作った豚バラを使ったチャーハンが同級生の藤原との友人関係を生み出すとは何がきっかけとなるか世の中わからないものだ。
50代男性
千佳が氷を食べているのが面白くてよかったです。薫のお母さんが薫に作家になって欲しいと思っていたのがビックリしました。薫がゴーストライターを断ったのがよかったと思います。薫が藤原に協力することになったのがよかったです。

<ドラマ『僕はどこから』第1話>

2020年1月(水曜深夜24時ごろ)放送

TVer GYAO! ネットもテレ東
第1話 ネタバレはここをクリック
主人公の竹内薫は母親の介護をしながら、小説家になることを夢見ていた。しかし、自分の原稿を出版社に持ち込んでいくも、有名な作家の完コピであると言われ、「君には君にってものがないのか?」と一蹴される。一方で講談会系東宮寺組聖狗会の組長をしている藤原智美はある危険なシノギをある男に依頼しようと試みる。それが学生時代からの親友だった薫であったのだ。智美の部下である権藤は料理が上手い部分には驚いていたが、見た目が冴えない薫のことを見て、こんな男を巻き込んで大丈夫なのか?と不安な表情をしている。しかし、智美は薫のある能力に気付いており、それが文章を書き写すことで他人の思考をコピーすることができるというものである。そして、「まだ他人の頭で考えることできるな?」と、智美は薫に尋ねるのであった。
第1話 感想はここをクリック
40代女性
竹内の置かれている状況がとても大変で、どうにかならないのかと思いました。これから、藤原と再会したことによりどんな方向へ向かうのか、不安と緊張が押し寄せています。竹内のことを理解している藤原ですが、藤原のいる状況も危ない所のようなので、なんだか怖いなあという印象を受けました。
40代女性
自宅で認知症の母の介護をしながら小説を書く薫、好きな作家の作品そのまんまだと持ち込んだ出版社で酷評されるのだがそれは薫が持つ特殊能力のせいという事だが、最後まで観ててもさっぱり意味が分からなかった。薫の不幸っぷりに同情するのとヤクザの親友藤原とコミカルな部下のやりとりはちょっと面白かった。
40代女性
ドラマホリックらしい空気感がとても心地良かったです。ドンドンハマっていってしまいました。薫(中島裕翔)の特殊能力がこれからどういうふうに使われるのか•••とても楽しみです。あと、インパクトあったのは、聖狗会の組長:藤原智美を演じている間宮祥太朗でした。迫力満点で結構ハマリ役だと思いました。
50代男性
特殊な能力を持つ薫と、替え玉受験をもちかけられた極道の組長の智美、というアンバランスな二人の話です。話の流れは面白いのですが薫の口調が終始気になって、ドラマの内容が入ってこないくらいでした。あの口調の理由の描写が欲しいです。
50代男性
漫画は読んでいません。簡単にテレ東のHPであらすじを読んでいたので、竹内薫(中島裕翔)が人の思考がコピーできるという能力があるという設定なのだとわかりましたが、そうでなければ、なぜ編集者に持ち込んだ原稿が完コピなのかがわかりづらかったと思う。中島君は控えめな役柄なんだろうけれど、少しインパクトに欠けるなと思った。薫の能力を藤原がどう発揮させるのか楽しみなので次回も見ようと思う。

ドラマ『僕はどこから』について

公式HP 公式Twitter
Introduction

ドラマホリック!「僕はどこから」が来年2020年1月8日から(毎週水曜深夜0時12分~0時52分)スタートが決定しました。この作品は市川マサ原作同名漫画『僕はどこから』の初ドラマ化であり、“若さ故に抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描きます。また、個性的なキャラクターたちがこの痛快なエンターテイメント作品を盛り上げます。

■Cast

中島裕翔(Hey! Say! JUMP)

公式サイト

間宮祥太朗

上白石萌歌

ドラマ『僕はどこから』への期待

50代女性
主役の中島裕翔さんのドラマは見たことがないのですが、共演者の間宮祥太郎さんはドラマの「べしゃり暮らし」や「ハケン占い師アタル」に出ていたので、強気で元気な役が多いので楽しみです。また、上白石萌夏さんはドラマの「いだてん」や「ドクターX」、「未来のミライ」の声優に出ていたので、上白石さんも元気なイメージの役が多く、シリアスな役もこなせるので、楽しみです。前回のこの時間帯は「死役所」で重い話しながら、ジャニーズ事務所の先輩の松岡昌宏さんが上手な演技で盛り上げていたので、今度のドラマの主役もHey! Say! JUMPの中島さんということで、引き続き頑張って欲しいです。
40代男性
ドラマ「僕はどこから」はコミックが原作とのことで、若者特有の感受性に特化した何ともデリケートな内面をテーマにしたストーリーのようです。この度、出演が発表された上白石萌歌さんはとにかくマルチな才能溢れる稀有の女優さんなので、この物語にどのように花を添え、また歯車を回してゆくかは期待が高まるところです。彼女自身、演技に歌にとても多面的な活動をされているようなので、まだみたことのない魅力を引き出してくれそうな予感はします。また、人気絶頂の俳優である間宮祥太郎さんの出演も見どころのひとつ。物語がはらんだある種の狂気にどう向き合うか楽しみです。
50代女性
竹内薫は文章の暗記能力が優れているようです。しかし彼は小説家志望なので、人の作品をいくら暗記できても、自分のオリジナルの作品が書けなければ意味がありません。そこを彼は悩み続けているのだと思います。もう一人はエリートヤクザの藤原智美で、彼は薫の同級生のようです。この二人が出会うことで人生が好転していくとはとても思えません。むしろ行ってはいけない方向へ進んでいくような気がします。このドラマの結末が全く読めませんが、薫と智美は何かが変わっていくのかもしれません。人生に追い詰められた2人の行動に注目していきたいです。
50代女性
自分というものを持たず、頭の中が真っ白な薫。作家志望で、特技は人の書いたものを書き写すと、その人の内面が分かること。一方、薫の同級生の智美はヤクザ。薫の特技を利用して替え玉受験を成功させ、多額の報酬を得ようとします。ところが一大ハプニングが起こって、薫は一体どうなってしまうのか。対照的な二人を演じるのは、どちらもイケメンの中島裕翔と間宮祥太朗です。二人が、そろって一般的ではない人物像をどのように演じきるのかが見ものです。ストーリーも起伏に富んでいて、ハラハラドキドキの非日常的な展開を楽しめそうです。
30代女性
主演に中島さん、共演に上白石さん、間宮さんという実力ある俳優さんが揃ったなという印象です。上白石さんが個性的な服装をするということなのでどのような服装をするのかというのもとても気になります。ファッションにも注目をしていきたいです。中島さんと間宮さんがどのようなコンビネーションを取るのかとても気になります。エリートヤクザという言葉がとても気になります。どのように間宮さんがそのヤクザを演じるのかとても興味があります。サスペンスドラマということでハラハラする場面もありそうなので、その辺りも楽しめればいいなと思います。
40代女性
現在放送中の「死役所」と同じ漫画原作の「僕はどこから」は、特殊能力を持つ主役が、その能力故に事件に巻き込まれていくクライムサスペンスです。その設定とジャンルから、私よりも若い年齢層をターゲットとしたドラマという印象を受けました。現実にはあり得ない能力が大きな要素となるドラマは、世界観をどれだけ作りこむかで面白くも白々しくもなると思います。同じく漫画原作の「プリンセスメゾン」の脚本を務め、漫画の世界をドラマにしっかり落とし込んだ髙橋泉氏が、監督とともにどうクライムサスペンスの世界を表現するかが気になります。
40代女性
このドラマはマンガが原作という事で、まず主人公の”文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる”という特殊能力を、どのような方法で映像にするのかという点が気になります。マンガだからこそ違和感なく見ることが出来る部分もあると思うので、主演の中島裕翔さんがどのよう方法で違和感なく見せてくれるのかという所も見どころだと思います。間宮祥太郎さんは演技力もあると思いますし、今回のちょっと変わった”エリートヤクザ”という役柄も、そつなくこなしそうなので楽しみです。2人とも勢いがあってパワーのある俳優だと思いますし、原作を超える作品にしてくれるのではと期待しています。
30代女性
原作が面白くてドラマ化されると分かり、ドラマならではの新しさと忠実性に期待しています。主演の中島裕翔さんがどれだけ原作に近い人物になりきれるのか、また特殊な能力を持つがゆえの強みと弱さ、葛藤をどのように表現してくれるのか、『自分』という漠然としたモノは『どこ』からくるのか、この作品のテーマとなる問いかけの答えをどんな風に導き出していくのか楽しみです。また、若き組長を演じる間宮翔太郎さんも演技力に定評のある俳優なのでおおいに期待しています。二人のかけあいや心のつながりがどのようにストーリーに深みを持たせていくのか、最後まで目が離せない作品になりそうです。
40代女性
哲学的なお話のようで若者なら一度は悩むことがある自分自身への問いかけみたいなドラマですね。若者がゆえに陥りやすい犯罪の罠にまんまと引っ掛かってしまった姿を批判するだけでなく応援したくなるような感じのドラマに思えました。主人公の不思議な力はファンタジーなのに悩みは普通の若者で、お友達がヤクザなのが特殊で設定が面白いですよね。替え玉受験という、たまに世間を騒がせる犯罪は成功するのか、大きな流れに飲み込まれるとは何が起きるのか最後まで見ないと分からないのがいけずって感じです。犯罪者側の立場になった心境になってしまうだろうけども面白そうなので見てみたいと思います。
50代女性
特殊能力を持つ主人公が、元同級生が現れたことにより、どんな人生を歩み出していくのか楽しみです。始めは危うい雰囲気も漂いますが、最終的に良い方向に向かうのか。ふたりの結びつきがどうなっていくのかも見どころですね。若いながら、大変な生活を送っている若者が自分の夢を叶える、というだけの物語ではなさそうです。予想外の出来事や、驚く展開が盛り込まれることを期待しています。主人公の能力は何のために備わり、彼に何をもたらすのか。それをどう生かしていくのか面白いですね。彼を取り巻く他の登場人物も個性的なのでしょうか。
40代男性
この枠は漫画原作も特殊な題材を扱いかなり話題になっています。今作も異能を使う青年の物語ですのでドラマならではの展開にかなり注目が集まるでしょう。優しい青年とヤクザの組み合わせ。ストーリーはちょっと想像がつかないですね。思いどうりに生きられずもがき苦しんで知る薫とギラギラしたオーラで常に上を目指す智美のコンビが何を起こすのかかなり気になる内容です。薫はお金のために犯罪まがいのことに手を貸すことになるようで、自らの理想とかけ離れた状況に葛藤するのが想像できます。オリジナルキャラクターでヒロインも用意されているので、原作とはあらすじが同じでもかなり違った内容になります。そのことで製作陣にかかるプレッシャーはあると思いますが、苦しいながらも救いのあるドラマに仕上げて欲しいです。
20代男性
僕はどこからに期待する点といたしましては、キャストにあると思います。上白石萌歌さんと平成ジャンプの中島さん、間宮翔太郎さんというフレッシュな俳優さん、女優さんたちばかりなのでフレッシュさが今回のドラマの見どころだと思います。また、フレッシュさだけでなく実力ももちろんある俳優さんなので安心して見ることができるのでそこも楽しみかなと思います。また、ストーリーに関しましては、上白石さんは天真爛漫な性格なのですが、所々闇があるという役所で、ドラマ自体は自分自身を見つけるということがテーマということで勉強になる部分が多いのかなと思いました。
40代男性
中島裕翔、間宮祥太朗が出演しているという点が先ずは注目だと思います。今、売り出し中の2人が共演するんで期待できると思います。個人的にはファンの間宮祥太朗が出ているんで是非見たいなと思っています。間宮祥太朗は演技も熱いものがありますが、バラエティーとかで見る空気を読めるところや、礼儀正しい性格が見ていて応援したくなります。今回は二十歳でヤクザの組長となった藤原を演じるそうで、凄みがある役を演じてくれるのか期待したいです。中島裕翔とのコンビも雰囲気的には合いそうだし楽しみなドラマになりそうで楽しみにしたいです。
30代女性
他人の思考をコピー出来たら、私だったら、小説家希望ではないひとの秘めたる才能を横取りして自分のものとして発表してしまうだろうなと思いますが、それができない主人公は正直者で、芸術家気質なのでしょうね。その彼が、ヤクザの世界という、素直じゃない人たちの中に放り込まれて難事件に巻き込まれていくということは、汚い世界の中で、彼なりの正義みたいなものも見られるのでしょうか。そういったものは一筋の希望なので、見ている私たちに希望を与えてくれるようなものであることを期待しています。また、認知症の母というタイムリーな問題を、どう描いていくのか興味があります。
40代男性
テレビ東京の2020年の冬ドラマ「僕はどこから」は、テレビ東京という局から、他の局とは違うドラマを作ってくれるのだろうという期待感しかありません。テレ東カラーに染まった、異色の展開を期待しています。原作が漫画なので世界観はあるのでしょうが、それをどのように壊して超えて来るのかが見ものでもあります。出演者も今活躍している若手俳優や女優陣を起用しているので、これまでにない新鮮なドラマになること間違いありません。原作漫画にはないドラマだけの登場人物も多く出て来そうなので、これからの追加キャストの発表なども楽しみです。
30代女性
主役の中島裕翔さんのドラマは見たことがないのですが、共演者の間宮祥太郎さんはドラマの「べしゃり暮らし」や「ハケン占い師アタル」に出ていたので、強気で元気な役が多いので楽しみです。また、上白石萌夏さんはドラマの「いだてん」や「ドクターX」、「未来のミライ」の声優に出ていたので、上白石さんも元気なイメージの役が多く、シリアスな役もこなせるので、楽しみです。前回のこの時間帯は「死役所」で重い話しながら、ジャニーズ事務所の先輩の松岡昌宏さんが上手な演技で盛り上げていたので、今度のドラマの主役もHey! Say! JUMPの中島さんということで、引き続き頑張って欲しいです。
30代女性
Hey!Say!JUMPの中島裕翔さんが主人公を演じられるということでとても楽しみです。主人公にはとても不思議な力があり、なんと他人の思考をコピーしてしまうことができるミステリアスな青年。そんなミステリアスで繊細な役柄を中島裕翔さんがどんな風に演じるのかかなり期待ですよね。中島裕翔さんといえば今まで熱血のタイプのキャラを演じることが多かったのですが、割とこういった繊細な影のあるキャラクターというのも似合うのではないかと思っていたので、このドラマはとても楽しみにしています。また、そんなナイーブな青年とヤクザという正反対のバディがどんな物語を展開していくのか期待大ですね。