ドラマ「DOCTORS 最強の名医」を見逃し動画無料フル視聴!

DOCTORS 最強の名医

ドラマ『DOCTORS 最強の名医』動画

『DOCTORS 最強の名医』動画視聴

テレ朝ドラマ『DOCTORS 最強の名医』シリーズはU-NEXTで配信中です。

U-NEXT(ユーネクスト)には31日間の無料お試し体験期間があります!
無料期間でもポイントがプレゼントされるのでお得にコンテンツを楽しめます♪


  1. U-NEXTの無料期間は31日間(初回登録ユーザー限定!)
  2. 無料登録完了と同時に600円分のポイントをプレゼント!課金コンテンツも視聴できます。
  3. 解約違約金などももちろんないので、安心して動画や電子書籍も楽しめます!
「U-NEXT」は、毎月1200ポイントもらうことができます。このポイントは新作の映画を見たり、電子書籍の購入に充てることができるので何かと重宝しています。またポイントを映画館のチケットの割引にも使うことができます。ここまで手厚いサービスがあって月額料金税抜き1990円となっているので、決して高くはないと思います。動画の見放題だけだと確かに月額料金は高いと感じてしまいますが、ポイントの付与などを考えるとそこまで高く感じません。【30代女性】

ドラマ「DOCTORS 最強の名医」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル動画視聴

U-NEXT

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『DOCTORS 最強の名医』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT ◎(見放題) U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.04.14

<最終回/ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第8話>
「500グラムの命を運ぶ11時間の超絶オペが、今始まる!!」
2011年12月15日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第8話あらすじ

ステージ2の胃がんが発覚した相良(沢村一樹)は、その手術を森山(高嶋政伸)に依頼する。森山の腕を信じて自分の命を託す相良だったが、森山は相良を救うべきか否か、葛藤する。「相良さえいなくなれば堂上総合病院は自分のものになる」という気持ちから、揺れ動く森山。そしてついに運命の手術の日を迎え…?

第8話 ネタバレはここをクリック

ステージ2の胃がんの相良は、森山に手術を頼む。しかし、森山は相良を救うべきなのか悩み、相良がいなくなれば堂上総合病院を手に入れられると考えた。肝硬変で入院した光太郎のドナー探しも難航していた。「自分が戻ってくるまでいい子で待っているように」と光太郎に話し、手術に臨んだ相良。佐知は懸命に看護を務める。相良が戻らなければ光太郎の生体肝移植手術に望みはない。そして森山は相良のオペを見事成功させる。相良は、渋谷に頼り、森山が相良の手術を担当したと仙石会の医師らに伝え、仙石らに呆れられる。傷ついた森山は、仙石会を脱退してし、生体間移植の成功を心に決める。相良は、生体肝移植のドナー待ちの少年のことを気にする。そして森山と共に少年の実の父親と現在の妻と会い、事情を説明し、ドナーになる承諾を得る。森山チームら父親から肝臓を摘出、相良のチームは少年に肝臓を移植するとチームワークが重要となる手術だ。ハプニングに会いつつも、相良はどうにか時間内に移植を完了させ、相良は無事手術を終える。相良に食事に誘われるが、そういう仲じゃないと断る森山。そして少年からお礼の手紙と似顔絵が相良と森山に届く。引き抜きの話はあるも、この病院にい続けると決めた相良だった。

第8話 感想はここをクリック
40代女性
ステージ2の胃がんが発覚した相良が森山に手術を依頼したことで、不信感を抱きながら主述を成功させる所がさすが外科医と思いました。病気があったからこそ、生まれた信頼関係。信頼関係があるからこそ、起きた生体肝移植の成功という奇跡。病院を立て直すと言うことは経営だけの問題ではなく、医療従事者間の信頼関係も大きく関わってくると事が分かりました。
40代女性
難易度の高い手術を成功させる相良がとてもすごいと思います。医学界で相良の評判が急上昇していたのがとてもすごいと思います。相良が森山に助けを求めていたのがとてもよかったです。森山が葛藤していたのがとても面白くてよかったです。
40代女性
相良先生の院内政治力や同僚&患者さんやその家族への人心掌握術、医師としての技量と向上心の高さには感心しました。私も堂上総合病院の患者だったら相良先生に診てもらいたいなと思いました。患者だったら敢えて厳しい話をしてくれる先生も必要だと思います。
30代女性
昔から沢村一樹さんのファンなので、「DOCTORS 最強の名医 シーズン1」は私の大好きなドラマのひとつでした。病院内での人間関係が濃密に描かれていて、週を追うごとに、次はどうなるのか気になって仕方がないドラマでした。特に第8話は見応えたっぷりでした。

<ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第7話>
「余命1年…外科医が癌に倒れる」
2011年12月08日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第7話あらすじ

ある日、堂上総合病院に重度の肝硬変を患った10歳の少年・光太郎(澁谷武尊)が入院してくる。これまで大学病院などで治療を受けてきたがどこもお手上げで、このまま症状が進めば肝機能が低下し死に至る可能性はかなり高い。そこで相良(沢村一樹)は生体肝移植手術を提案するが、森山(高嶋政伸)たちから猛反対される。

第7話 ネタバレはここをクリック

近日更新予定です。

第7話 感想はここをクリック
40代女性
医師は患者を助けるために勉強をしてきたが、死について考える事はなかったと患者に感謝する相良の話術がすごいと思いました。癌の治療をするにあたり患者が何で拒否するのか患者と向き合って話し合うことが治療をする上で重要な事だと改めて思い知りました。また、家族の大きさと言うものも改めて知りました。
30代男性
10歳の少年が重度の肝硬変だったのがとてもビックリしました。数々の病院を回ったのがとてもビックリしました。相良が生体肝移植を提案していたのがとてもすごいと思います。ドナーが全然見つからなかったのが大変だなと思います。

<ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第6話>
「スーパー外科医100人に選ばれたい!!」
2011年12月01日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第6話あらすじ

ある日、相良(沢村一樹)は浜岡ゆき乃(加藤貴子)という患者の胆嚢(のう)摘出手術を行う。その様子を見学室から興味深く見つめていたのは医療専門誌・編集者の糸川(近江谷太朗)。彼は同誌で「日本のスーパー外科医100人」を選出するべく堂上総合病院を訪れていたのだ。もし誰か選ばれれば病院の大きな宣伝になると色めき立つ桃井(小野武彦)とたまき(野際陽子)。相良は糸川に、「森山先生も立派なドクターですよ」と推薦。さらに相良は森山(高嶋政伸)たちに糸川の他にもスタッフ数名が引き続き覆面取材をしていると話す。それを聞いた森山たちは……。

第6話 ネタバレはここをクリック

近日更新予定です。

第6話 感想はここをクリック
40代女性
「ベスト外科医100人」選定のために医学雑誌の記者が着ていた。良原先生はそれを利用して医局で「ぼくは外されました。性格まで審査対象になるなんて。みなさんはまだ候補に残っているそうですよ」と言って外科医を動かしました。患者への対応も丁寧になったりしてみんな評価されたいから動くって単純だと思いました。それでもこういう機会がみんなの意識を変えるチャンスなんだと思いました。初めから気が付いていた良原先生はすごいと思いました。
30代男性
糸川が相良の手術を見学していたのがとても面白くてよかったです。日本のスーパー外科医100人の候補者に相良があがったのがとてもすごいと思います。相良が困惑していたのがとても面白くてよかったです。手術が成功したのに容態が回復しなかったのが驚きました。

<ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第5話>
「絶体絶命!! ナース達の反乱」
2011年11月24日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第5話あらすじ

ある日、急性膵(すい)炎を発症した坂口(鶴見辰吾)が手術のために入院してくる。広告代理店で働く彼は妻と高校生の娘の3人家族。個室の病室には行きつけの料理店から花が所狭しと届いていたが、妻の貴子はどこか他人事のような表情だ。
坂口を担当する亜美(黒川智花)は担当医の佐々井(正名僕蔵)に、坂口の退院を急がず術後のケアを検討した方がよいと提案するが一蹴される。

第5話 ネタバレはここをクリック

近日更新予定です。

第5話 感想はここをクリック
40代女性
良原先生が病院を乗っ取る計画をしていることを宮部看護師に話していた。自分の考えを少しでも打ち明けている所が信用しているんだと感じました。自分の見方に付けるために、小学生の病院見学に麻酔科医の仕事を教えて持ち上げ麻酔科医が重要な鍵を握っているように伝えて気分よくさせるて外堀から攻める感じがさすがだと思いました。良原先生の指示で千住先生をショイショする宮部看護師も可愛かった。
30代男性
亜美が佐々井に意見していたのがとても面白くてよかったです。佐々井が看護師全員を敵に回していたのがとてもすごいと思います。佐々井が手術の助手を頼んだのがとてもビックリしました。相良がいろいろ考えているのがすごいと思います。

<ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第4話>
「ホームレスの手術代誰が支払いますか?」
2011年11月17日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第4話あらすじ

ある日、激しい腹痛を訴えた一人の男性・野々村(浅野和之)が搬送されてくる。同じ頃、腹部に痛みを感じる中学生・俊(西山潤)が病院を訪れ、和枝(伊藤蘭)は胆のう炎と診断。二人は同室になるが、野々村がホームレスであることを知った俊の母親は息子を別の部屋に移すよう訴える。しかし、相良(沢村一樹)は「その必要はない」と却下する。

第4話 ネタバレはここをクリック
40代女性
面白かったですね~。特に森山先生がコロコロ変わっていって・・ちょっと可愛らしかったです(笑)。ホームレスの患者が運ばれてくる設定はよくありますが、必ず病院側って「お金がかかるから」って拒否しようとするのがお約束なんですね。でもやっぱり相良先生!格好良かったですね。
40代女性
ホームレスの野々村さんと中学生の俊くんを上手に対比させて病気と人生を巧みに絡めたよいは無でした。森山先生が、今回は珍しく良いことをしようと俊くんに話しかけたりしていた場面がすごくよかった。でも、それより先にケアをしていた為、森山先生の行動は二番煎じになって拗ねていた所は逆に可愛かった。
30代男性
ホームレスが運ばれてきたのがとてもビックリしました。相良がホームレスをすぐに入院させるべきと言ったのがすごいと思います。たまきが頭を抱えていたのがとても面白くてよかったです。俊がホームレスと同じ部屋になったのがとてもビックリしました。
第4話 感想はここをクリック

近日更新予定です。

<ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第3話>
「100万人に1人! オペ大成功なら有名人」
2011年11月10日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第3話あらすじ

自分が裏から手を回して転職話を潰したことを伏せたまま、偶然を装って失業中の和枝(伊藤蘭)に近づく相良(沢村一樹)。彼はたまき(野際陽子)に「総合診療科」を新たに設立し、和枝を責任者として迎え入れることを提案。
そんなある日、一人の女性が病院を訪れる。病名は「腹膜偽粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)」。その病気は100万人に1人の難病だった。相良は森山(高嶋政伸)に執刀医を依頼。しかし、森山は相良が何か企んでいると主張する。

第3話 ネタバレはここをクリック

近日更新予定です。

第3話 感想はここをクリック
40代女性
相良先生と森山先生の対決が面白かった。今までの様に外堀から埋めていくのかと思ったら、森山先生に真っ正面からぶつかっていくので少しビックリしました。100万人に1人と言う病気で非常に難しいオペの執刀を森山先生に託し、助手に相良先生が入り的確なアドバイスをする姿がカッコよかった。相良先生の妻の身におきた出来事が明らかになり、抱き続ける想いや彼の信念がよりしっかりと伝わってきました。これほど愛される奥様が羨ましいです。
40代女性
今度は『総合診療科』の設置をさせる相良です。相良は患者さんの為になら凄いですね。しかも原因不明の患者がやってきてどうするのかハラハラしましたが、「チーム医療が不可欠」だからと森山に手術を任せたのにはびっくりしました。(でもほぼ助手についた相良が指示していましたが)。相良は奥さんの死で「患者を死なせない」との思いがあったことが分かりました。
30代男性
相良が総合診療科の必要性を訴えていたのがすごいと思います。和枝を推薦していたのがすごいと思います。原因を特定できない患者がきたのがとてもビックリしました。相良がいろいろ考えていたのがとてもすごいと思います。

<ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第2話>
「夜間救急は3倍儲かりますよ!」
2011年11月03日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第2話あらすじ

赴任早々、難しいオペを鮮やかな手さばきで成功させた相良(沢村一樹)。しかし、人当たりの良い笑顔とは裏腹に、患者を利用して年棒をつり上げた金の亡者と院内ではもっぱらの噂になっていた。
そんな折、相良は院長のたまき(野際陽子)に夜間救急の積極的な受け入れを提案する。

第2話 ネタバレはここをクリック

堂上総合病院では、浩介の年俸が700万から3500万に跳ね上がったことが話題になっていた。浩介から「看護婦失格だ」と言われた佐知は仲間の看護婦に、「自分の年俸を吊り上げるために患者さんを利用したんです」と浩介の悪口をぶちまける。一方、浩介は手術を終えると、主治医の和枝に手術の成功を報告する。和枝は「これで出町の患者は終わり」ち言い病院を変わることを打ち明けた。和枝は以前から病院を移ろうと考えていたが、手術待ちの担当患者のことが気になり割断できなかった。しかしようやか手術待ちの患者がいなくなったのであった。浩介が移る病院をたずねると和枝は「三田中央病院」だと明かして立ち去ったのだった。そこへエスアイ製薬の営業・渋谷翔子が通りかかり、、

第2話 感想はここをクリック
40代女性
笑顔で「夜間救命をやりましょうよ」なんて院長達に言う相良が凄いな、と思いました。でもいくら儲かるとはいえ、院長があっさり決めてしまったのにはご都合主義っぽい印象を受けました。あと、だんだんと高嶋政伸さん演じる森山が怪演技になってきて(笑)そこは面白いですね。
40代女性
相良の年俸が高かったのがとても面白くてよかったです。森山が相良に敵意をむき出しだったのがとても面白くてよかったです。相良が夜間救急を実施するよう提案したのがとてもビックリしました。たまきが相良の提案を受け入れたのが驚きました。
40代女性
1話ほどの勢いはなかったかな、というのが正直な印象。でも主人公である沢村一樹さん演じる相良の少し嫌味をきかせつつもやっぱりかっこいい姿は見ていて爽快でした。そして森山氏の過剰演出も、もはや面白かったです。
40代女性
病院を経営していくためにどうしても保身になりがちな院長、そんな院長に仕える太鼓持な事務長、病院のエース的存在の外科医、お取り巻きの医師連中とお決まりの病院設定。新任の医師は普通は控えめのはず。しかし、人当たりのよさそうな笑顔を浮かべ言うべきことはきっちりと言われ、けれども説教臭くも暑苦しくもなく相手に主張するという新任医師の姿がかっこよかった。
40代女性
儲かるために主述の件数を増やせと言われて、良原先生が考えた儲け話が「夜間救急は3倍儲かりますよ!」って発言患者を金儲けに考えていると腹が立った。しかし、その後では「医者が最初から失敗を想定して、自己弁護を先に出したり逃げ道を作っておくのは卑怯だ。」と皆の前で言い切った相良先生はかなりカッコよかった。病院を大きくする為に動いているのか、患者の事を考えて動いているのかまだ分かりにくいけど応援したくなる。

<ドラマ『DOCTORS 最強の名医』第1話>
「真夜中のオペは3500万円」
2011年10月28日(木曜夜21時00分〜21時54分)放送

公式 第1話あらすじ

高級外車を乗り回し、「患者を救う」という本来の目的を見失ってしまい、自分たちのことしか考えない医師たちのせいで慢性的な赤字経営に悩む堂上総合病院。そこへ一人の外科医がやって来た。彼の名前は相良浩介(沢村一樹)。
12年間勤めた大学病院を辞め、1年間休んだ後に復職したという彼は「給料は自分の仕事ぶりを見てから上げてくれればいい」と赴任早々、院長である堂上たまき(野際陽子)に宣言する。

第1話 ネタバレはここをクリック

ある日、相良浩介が堂上総合病院にやってきた。去年の秋に東京医科大学病院を辞めて一年ぶりに総合病院で働くことになり、今日が勤務の初日だった。浩介が提示した年俸は700万円だった。事務長の桃井は提示した年俸が他の医師の半分であることに喜んだが、堂上たまきは問題を起こして東京医科大学病院を辞めたのではないかと怪しんだ。勤務初日、浩介は挨拶のため院内をまわる。手術室の前を通りかかると使用中になっていたため浩介は観覧室へ入る。手術室では病院のエース森山卓が十二指腸切除の執刀中だった。順調に思えたが患者・三好の様態が急変する。浩介は観覧室から「肺塞栓をおこしている、すぐカテ室へ移して」とアドバイスするが、森山は無視して処置をつずけ、患者の三好は心停止で死んでしまう。

第1話 感想はここをクリック
40代女性
沢村一樹さんが演じる相良浩介が新任ドクターでやってくるんですが、とても爽やかで好感が持てました。でも患者にはとても優しいのに、院長や森山に納得がいかないときには「言うべきことは言う」スタンスで、もしかしたら『二面性』があるのかな、と思いました。
30代男性
相良が病院を再生しようとしていたのがとてもすごいと思います。相良がとても優秀なのがすごいと思います。森山のキャラがとても面白くてよかったです。手術室が混乱状態になったのがとてもビックリしました。相良が手術室に指示を出したのが驚きました。
40代男性
凄腕の外科医の相良が堂上総合病院に来て他の外科医たちの傲慢さに内心怒りながらも、平気な顔をして患者さんのために頑張っている姿は感動しました。そして相良の年棒が活躍することで700万からどこまで上がっていくのか楽しみです。
30代女性
設定は全体的に既視感のあるべたべたなものいった印象。でもそのべたべたな世界の中で生き生きと動き回る主人公相良浩介がとても魅力的で、個人的には思っていた以上に面白かったです。痛快さに加えて浩介のかっこよさもしっかり見れて、大満足でした。

ドラマ『DOCTORS 最強の名医』について

端正なマスクと優しさで患者に接する天才外科医・相良浩介。彼は裏では人を脅し、追い込むなど手段を選ばない二面性を持っていた。院長・堂上たまきの加護のもとで奔放に振る舞う森山卓と対立しながらも、内科医・皆川和枝などのサポートを得て、メスを握る。

■Cast

沢村一樹
高嶋政伸
比嘉愛未
黒川智花
正名僕蔵
敦士
斉藤陽一郎
尾崎右宗
阿南敦子
宮地雅子
小野武彦
伊藤蘭
野際陽子