ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」を見逃し動画無料フル視聴!

FAKE MOTION -卓球の王将-

ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』動画

『FAKE MOTION -卓球の王将-』動画視聴

日本テレビドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』はHuluで配信されると思われます。

「Hulu」には2週間の無料お試し体験があります♪
Huluはすべての作品が見放題!無料体験中でも配信されている全作品が視聴できます。


  1. Huluの無料体験は2週間!
  2. 日テレ作品(ドラマ・アニメ・バラエティなど)はもちろん、海外ドラマや最新映画なども多数配信中!
  3. 配信されている全ての作品が「見放題」♪追加課金が必要なコンテンツはありません!
子供たちにはウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズが充実しているので楽しんでいると思います。本当に全部見ることはできないくらいです。昔のウルトラマンは大人でも子供の頃を思い出してつい見たくなります。映画はもちろん充実していますが、吹き替えを見ることが多いです。見忘れたドラマがあった時にはそちらも重宝しますね。個人的には海外ドラマの好きなシリーズがあるのでもう一度見直したりできるの所もポイント高いと思います。【40代男性】

ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル視聴

Hulu

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『FAKE MOTION -卓球の王将-』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu ◎(見放題) Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.06.03

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』最終回/第8話>
2020年5月27日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第8話あらすじ

薩川との頂上決戦で1勝2敗と後がないエビ高。

残すはエース桂光太郎(古川毅)と高杉律(佐野勇斗)の試合。
光太郎は新たに開眼したギフテッドを発動し薩川副部長の大久保利一(福田佑亮)を追い込む。光太郎が新たに開眼したギフテッドとは…?

そして律は薩川のエース西郷吉之助(草川拓弥)を前に苦戦。
西郷の強烈なギフテッドに律の身体も傷ついていた。

エビ高は自由を取り戻すことができるのか。

果たして頂上決戦の勝敗はいかに。

ついに自由をかけた高校同士の戦いが完結する。

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第8話

第8話 ネタバレはここをクリック

1勝2敗で薩川に追い詰められるエビ高を、病床にいる部長は目を覚まし対戦の様子を見守っていた。コウ様は代官山高校に襲われた時の傷が痛んでいたが、自分の光であり道標のリッツの戦っている姿を見て諦めずにボールを追っていた。そこで開眼させたギフテッドであるスターゲイザーを炸裂させ、薩川の大久保に勝利することができた。西郷のギフテッドに苦戦するリッツは1セットを取られてしまう。リッツの肘の異変に気づいたらコウ様は棄権を提案するが、リッツはみんなへの恩返しの為に続けたいと提案を断る。他の部員もエビ高のためではなく楽しんでやって欲しいと言い、リッツは絶対勝つと言い残し試合へ戻る。試合が再開するが、音に反応出来るが太刀打ち出来ないリッツ。その時コウ様が頑張れと声を上げ拳を突き出した。リッツもそれに応え拳を突き出した。西郷は応援をバカにしますが、リッツはこれに火がつき怒涛の巻き返しを図る。リッツの楽しそうにプレーする姿を見て、西郷は孤独で寂しかったがライバルが欲しかったと気づき笑みが零れた。そしてエビ高は薩川に勝利することができた。リッツとコウ様は念願のグータッチを交わした。

第8話 感想はここをクリック
30代男性
いよいよ最終話だったのでどうなるかと楽しみに見てしまいました。頂上決戦だったのでエビ高は律&光太郎、薩高もエースの西郷に副部長の大久保と豪華でした。色んな絆が最後に見られたのも感動的でしたが、これで終わらないという感じが描かれていて期待感のある終わり方が学園ものらしくて何より良かったです。
30代男性
薩高のエース、西郷登場。律の身体はもう限界なのでギフテッドはやめてあげて~と思っちゃいました。エビ高のエース光太郎は同じく薩高校の副部長、大久保を追い込んでいたのでさすがでした。オリジナルギフテッドも発動してたし、言うことは厳しいけどやる時はやるなぁ
30代女性
薩高とエビ高の頂上決戦ですが、1勝はしているものの2敗で後がない状況なので手に汗握って見ちゃいました。エースの光太郎が新しく開発したギフテッドを発動させてくれたので見応えがありました。さすがエース、いつも何かと圧を感じる光太郎ですがやはり味方だと頼もしいです。
30代女性
遂に最終回でした。格下から這い上がってきて頂点と戦い勝利するっていうのは王道のパターンでしたが、それでも飽きずに寧ろのめり込んでしまっていました。エビ高が勝ちましたが、負けを知らず孤独な西郷が卓球を楽しむことができたという薩川ファンにも納得の結末でした。最後にコウ様とリッツのグータッチも見れて胸が熱くなりました。
30代女性
明らかに格上のレベルだと思われる薩川大学付属高校から、金星をあげるという快挙をエビ高が達成しました。途中でメンバー仲が険悪になることもありましたが、それを乗り越えて勝ったのは相当な経験値になったと思います。

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第7話>
2020年5月20日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第7話あらすじ

ついに薩川との頂上決戦。

エビ高は自由を取り戻すため王者薩川に挑む。回復を目指す桂光太郎(古川毅)は怪我を押してギフテッド開眼にむけて猛特訓していた。

光太郎が試合に間に合うよう時間をかせぎならが試合をするエビ高勢。その姿勢に会場からはブーイングの嵐。

そして松陰久志(北村匠海)もエビ高勝利のため強引に試合に出場。
自身の命と引き換えに「無音の絶対時間」を発動。

さらに松陰と薩川部長の島津晃(小笠原海)の根深い関係性が明らかになる。

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第7話

第7話 ネタバレはここをクリック

東東京頂上決定戦が始まる。はじめの試合は井上と日下がシングルスに出ることになる。そこで井上は時間稼ぎもできずにあっさり負けてしまうが日下の方は時間稼ぎもしてなんとか一勝をものにする。その後、ダブルスが始まり律と松陰のペアが薩川に挑んでいく。初っ端から松陰はギフテッド絶対時間を使用してサーブを放つがそれを薩川のキャプテンが白霧島で打ち返し点を取られてしまう。その後、薩川にかなりのリードを取られるが第2セットからエビ高が白霧島の弱点を突いてなんとか同点に追いつく。しかし、松陰はギフテッドを使いすぎた事で力尽き倒れてしまう。そこにギフテッドの修行から戻った光太郎が現れて次のシングルスの試合に律と一緒に臨むのだった。

第7話 感想はここをクリック
30代男性
薩川のキャプテンのギフテッドがすごくカッコ良かったです。白霧島という技らしいのですが、あのキャプテンですら反応できないショットを打ってくるなんてさすがとしか言いようがありません。あの白霧島を攻略する術はあるのでしょうか。
30代男性
光太郎がギフテッドを身につけようと謎の器具を使って暗闇で修行していた場面がかなり異様で変な感じがしました。あんな事で本当にギフテッドが身につくのか甚だ疑問でしたが、光太郎がギフテッドをマスターしないと薩川には勝てないのでしょうね。
30代女性
キャプテンが命をかけて戦うと宣言した場面がすごくカッコ良かったです。それくらいの覚悟がないと薩川には勝てないのでしょね。薩川のキャプテンとエビ高のキャプテンが腐れ縁だったとわかった時はかなり熱いものを感じました。
30代女性
部長のギフテッドとリッツのギフテッドが相反するものであるからという理由で策をたてるも、腐れ縁の薩川の部長のギフテッドが凄過ぎた。だけど、薩川部長のギフテッドはエビ高部長を想って発動したものというのが少し悲しい。
30代女性
確実に格上である薩川大学付属高校との頂上決戦でしたが、ほぼ同レベルの戦いになっている雰囲気でした。ダブルスでは苦戦を強いられていて、それに加えてエビ高の部員が体調不良を押して出ていたので、結構しんどそうに感じました。

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第6話>
2020年5月13日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第6話あらすじ

薩川との頂上決戦を控えたエビ高。

エース桂光太郎(古川毅)と部長松陰久志(北村匠海)が負傷している中、突如ランク7位の浅草雷門高校が下克上を申し込んでくる。
高杉律(佐野勇斗)は今のエビ高にどこか不安を抱いていた。

そんな律の思いを感じ取ってしまった部員たちは律と距離を置くようになる。
このままエビ高は分裂してしまうのか….。

果たして浅草勢との試合の行方は…!?

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第6話

第6話 ネタバレはここをクリック

ある日、神社で浅草雷門高校と出くわした律はその卓球部の行いを下らないと侮辱した事で目をつけられエビ高に果たし状を申し込まれてしまう。しかし、光太郎とキャプテンは病気と怪我で出る事ができない。残りのメンバーでなんとか立ち向かわなくてはならなくなるが律とそのメンバーたちが仲違いしてしまいある日、光太郎の病室にメンバーたちが退部届を出しにくる。後日、浅草雷門高校との試合が始まる。なかなか思うようなペースを握れない律の元に光太郎から連絡が入りメンバーたちはこの試合に負けたら退部する覚悟である事を知らされる。そして、今まで仲間のことを信頼していなかったという事を指摘され律はまた仲間のことを信じる事にする。その後、律が怪我をしてしまうが仲間たちが奮闘してくれて浅草雷門高校に勝つ事に成功するのだった。

第6話 感想はここをクリック
30代男性
最初はこういうの興味ないや~と思ったけど観たらめちゃめちゃ面白くて泣かされてるし、これを機に他のEBiDANメンのいいとこすごく見れてとてもいい!「お前がみんなの事を想っているように、みんなもお前のことを想ってる。みんなを信じろ!」
って、コウ様は名言が多い。
30代男性
松陰さんてここぞというときにギフテッド使える人なの?絶対勝ちたい時だけ無音の絶対時間なる?島津様はそれを知っててどんな気持ちで試合を受けるんですか?幼馴染が命をかけて自分と試合するって…なんでそこまでして東東京支配したいの?気になりすぎて寝る。
30代女性
吉澤くん普通に気になったのが、マスクとニット帽で目しか見えない状態の方をスカウトするスターダスト、やっぱりスター出すぞをもじって事務所名にしただけある。
そしてマスク取ったらイケメンってことでしょ?すごい。
30代女性
今回の話で部員たちが退部をかけて試合に臨んだ場面がすごく感動的でした。好きな卓球を、捨てる覚悟で戦うなんてかなりのプレッシャーがかかったと思いましたが、ちゃんと浅草雷門高校に勝ってくれて安心しました。
30代女性
やっぱりエビ高はキャプテンと光太郎と律で支えているような気がします。この3人がいなかったら絶対に2位まで上り詰めることはできなかったと今回の話を見て思いました。ですが、その3人に追いつこうと他のみんなも奮闘していたのでこれからはもっと強いエビ高が見れるかもしれません。

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第5話>
2020年5月6日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第5話あらすじ

薩川との最終決戦の朝、桂光太郎(古川毅)は代官山勢に襲われて怪我をしてしまう。

光太郎が試合に出られず勝ち目のないエビ高。薩川のエース西郷吉之助(草川拓弥)の提案により試合は延期に…。

そんな中、薩川の副部長大久保利一(福田佑亮)は次期部長になるべく日々練習に明け暮れていたが、部長の島津晃(小笠原海)は卓球が誰よりも強く才能のある西郷が部長にふさわしいと話したのを聞いてしまい、次期部長を決める総当たり戦を提案するのだが…。

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第5話

第5話 ネタバレはここをクリック

ついにエビ高は薩川との最終決戦の日を迎えるが、光太郎のもとに以前エビ高に敗れた代官山勢が現れる。光太郎はバットで襲われるがそこへ律が駆け付け、さらに薩川のエースである西郷が現れて止めに入る。試合に出ると告げるケガを負った光太郎に対して、西郷は試合の延期を提案する。薩川の部長・島津もその提案を受け入れ、エビ高と薩川は10日後に再戦を行うことになる。そんな中、薩川の副部長である大久保は次期部長に指名されるために必死だった。治外法権である西東京を掌握できることから、大久保は八王子勢に校内合宿最終日に親善試合をしたいという申し出をする。しかし現部長である島津は部内で一番強い西郷が次期部長にふさわしいと話し、それを聞いていた大久保は部内で総当たり戦をすることを提案する

第5話 感想はここをクリック
30代男性
エビ高の光太郎が代官山高校に襲われてしまう展開がすごくショックでした。ですが土壇場で渋谷高校の一人に助けられたので一瞬頭が混乱してしまいました。一体どういうつもりだったのでしょうか。助けた真意がわかりませんでした。
30代男性
副部長のことをちゃんと考えていて視線を送る目、表情、みてたら嬉しくなったな。ますます島津晃という人間性に興味津々。松陰との過去に一体なにがあったのか..ますます気になる。互いに想いやって仲間を大事にしていて、ますます薩川が好きになった。
30代女性
ギフテッド毎回いろんなのがでてきて面白いし海江田が大久保か!っていうところクスッとしたし薩川いいチームだなぁとほっこりしたし感情がいろいろで、大久保くんがチームに愛されてるのをみてめちゃめちゃ嬉しくなったな。
30代女性
最後の部長の言葉が心に染みる。頂点に立つ者として..松陰との事..いろんなおもいを抱えてるのかな..。部長の笑顔がみたいな..心から卓球を愛し薩川のみんなと一緒になって笑い合える日がきてほしいと思った。
30代女性
日テレ「FAKE MOTION -卓球の王将-」第5話の感想として、薩川との最終決戦の朝、桂光太郎は代官山勢に襲われて怪我をしてしまう。大変な状況のように感じた。
光太郎が試合に出られず勝ち目がないということで、光太郎の存在はすごいと思いました。

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第4話>
2020年4月29日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第4話あらすじ

試合終了直後、突如として倒れた松陰久志(北村匠海)。松陰はどうなってしまうのか…。そして恵比寿長門学園vs八王子南工業高校の試合。1勝1敗でむかえた第3戦目は高杉律(佐野勇斗)・桂光太郎(古川毅)ペアvs土方歳鬼(板垣瑞生)・沖田彩(矢部昌暉)ペアのダブルス。沖田のもつ能力に苦戦する律と光太郎。果たして試合の結果は…。ついに八王子勢との試合に決着がつく。

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第4話

第4話 ネタバレはここをクリック

八王子高校との第2戦でキャプテンがギフデッド無音の絶対時間を使いストレートで相手から勝ちを奪う。しかし、試合が終わると突然倒れてしまうがその後状態は回復して、律と光太郎のダブルスのゲームが始まる。序盤から八王子高校にポイントを取られる展開でなかなか形勢が逆転しない。その後、相手の能力で共感覚というものが明らかになり感情が色になって見えることで、相手の弾道がわかるという。それによってなかなか対抗できずにいたが律がわざと光太郎を挑発して怒りの感情に変えて形勢が逆転する。そして、なんとか八王子高校から勝ちを奪いエビ高が勝利を収めるのだった。その後もエビ高は破竹の快進撃を続け東東京の二位のランクにまで勝ち上がる。そして、最後の敵はいよいよ薩川大学付属渋谷高校だけになるのだった。

第4話 感想はここをクリック
30代男性
私は、八王子南工業高校の選手の特殊能力が印象的でした。相手選手は、感情を色で識別できるので、高杉律たちが勝てるのかが気になりました。八王子南工業の生徒たちの幼少期のシーンがあったので、ドラマチックなストーリーだと思いました。
30代男性
結局、3試合目のダブルスに結果きたことができて、2試合先取ということで試合終了?してしまったのにはちょっとがっかりしたというのが本音かもしれない。対戦相手の残り2人とのダブルスの試合も正直ものすごく観たかったのでちょっと残念。
30代女性
共感覚というのがあるというのは聞いたことがあるけれど、まさかこのドラマ中にギフテッドの能力として共感覚が出てくるとは思わなかった。若干羨ましいなと思う反面、感情が色で見てえしまうというのも精神的にキツイんだろうなとも思う。
30代女性
八王子勢の沖田のギフテッドに怯むことなくエビ高が勝てて良かったと思いました。部長が倒れてしまったり、沖田のギフテッドがあったり、中々上手くいく訳では無かったですが、部長も意識を取り戻し八王子勢との和解があっていい終わりだったと思いました。
30代女性
前回同様、最初から最後までドキドキハラハラしっぱなしで魅せられたような気がする。部長が倒れたのも、確かに命に関わる病気はあるけれども、それが原因ではなくて能力使用のせいだったというのがわかって、正直安心した。

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第3話>
2020年4月22日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第3話あらすじ

突如として現れた西東京の頂点、八王子南工業高校。彼らは東東京を掌握するためエビ高に試合を申し込みに来たのだ。高杉律(佐野勇斗)や桂光太郎(古川毅)はここ最近の試合に出場していない松陰久志(北村匠海)が八王子勢との試合のキーになるのではないかと考えていた。
しかし、律は松陰が試合に出ない理由を偶然知ってしまい、松陰が試合に出ることに反対するようになる。隠し事をする律に光太郎たちは不信感を抱くのだが…。
そして律の反対を押し切り試合に出場する松陰に、秘められたある能力が発動されることとなる。

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第3話

第3話 ネタバレはここをクリック

順調に卓球ランキングをあげていった恵比寿長門高校(以下、エビ高)は、東東京ランキング5位の御茶ノ水栄明学院との対戦が決まる。ところが、西東京の頂点八王子南工業高校(以下、八王子)が突如乗り込んでくる。御茶ノ水栄明学院とのイレギュラーマッチで勝利した八王子は、エビ高へ果たし状を突きつける。八王子との対戦は、試合でのデータが少ない部長・松陰久志(北村匠海)がキーパーソンになると高杉律(佐野勇斗)は考える。しかし試合に出ていない理由が何かあるのではないかと思った矢先に、医師から「松陰が試合に出れば死ぬ可能性がある」と松陰の秘密を知らされる。それから律はなんとか松陰を出場させずに八王子に勝とうと練習・データ分析に励む。1戦目で律が勝利すれば松陰は棄権すると約束をしてくれるが、試合当日律は敗北してしまう。どうしても松陰を試合に出場させたくない律は松陰を説得しようとするが、松陰にも大切なチームがひどい扱いを受けるのは嫌だという強い気持ちがあった。このチームで薩川と八王子を倒して自由を取り戻すという目標に向けて、松陰は試合に出ると宣言する。2戦目は松陰の絶対時間という能力が発揮され見事勝利するが、ラストに松陰は倒れてしまう。

第3話 感想はここをクリック
30代男性
主演の山田君のファンなので見ていますが、卓球というスポーツがとても素敵なものだと思えてきました。今回は山田君が演じている祐希が、ミキにどうして卓球をしているのかと答えるシーンがあります。このシーンはこれから先、恋愛へと発展する予感があって良い感じの展開がありそうです。
30代男性
祐希にとって卓球とは何なのか、その謎を知ることが出来た回で見て良かったです。親が元卓球選手で幼い頃からスパルタ教育を受けていた祐希でしたが、いつの間にか自身にとって生きる糧となるスポーツになっていたと自覚していたようです。
30代女性
松陰部長の秘密が少しずつ明らかになってきたが、あの少女は誰なのか、「絶対時間」とは何なのか、薩川の部長・島津と松陰の関係はどういったものなのか気になることがたくさんありました。エビ高は日に日に団結力をましていますが、やはり西東京の頂点・八王子には簡単に勝てないのだなと思いました。これからどのようにエビ高とリッツが成長していくのか、松陰が隠していることは何かとても気になります。
30代女性
あの律に勝った八王子高校の部員は何者なんでしょうか。律に勝ってしまうということはかなりの使い手なのでしょうね。正直、この人物とキャプテンが戦った場合どうなるのかちょっと見てみたかったです。おそらくはキャプテンが勝つでしょうけど少し気になりました。
30代女性
ギフテッド無音の絶対時間というキャプテンが使っていた技なのかなんなのかわかりませんが、すごくカッコよかったです。あんなことをされては相手は何もできないでしょうね。案の定、瞬殺で勝ってしまいましたからとてもすごいです。

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第2話>
2020年4月15日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第2話あらすじ

卓球部への入部を決意した高杉律(佐野勇斗)と律の入部に断固として反対する桂光太郎(古川毅)。そんな二人に部長の松陰久志(北村匠海)は律の入部をかけたダブルスの試合を提案する。副部長の日下丈道(橘柊生)とペアを組む律は井上紋太(田中洸希)と伊東俊介(吉澤要人)と共に練習に励む日々。律と楽しそうに練習をする仲間たちを見て光太郎も思うところがあり…。
そして、半年前に律が起こした暴行事件の真相が明らかになる。

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第2話

第2話 ネタバレはここをクリック

部長の松陰久志(北村匠海)に卓球部に入らないかと誘われていた高杉律(佐野勇斗)は、入部を決意し天下をとると宣言した。しかし幼馴染の桂光太郎(古川毅)は暴行事件を起こしたことを許しておらず、入部を否定した。そこで松陰が律の入部をかけたダブルスの試合を提案する。そして律は恵比高の生徒たちからも入部の反対をされてしまう。しかし律は前向きに練習を続け、部員たちとの友情を深めていく。そんな様子を見ていた光太郎は気持ちが変化していった。また半年前に律が起こした暴行事件は、光太郎をバカにされたことが原因だったことを知る。入部をかけた試合の結果、律は敗北する。しかし勝利した光太郎は「バックハンドのコツはお前から教わった。」と入部を認めた。その後、恵比高は卓球ランキングをあげて薩川高校への挑戦権獲得を目指していった。

第2話 感想はここをクリック
30代男性
リフテッドという言葉を初めて聞きました。音を頼りに球の弾道を把握できるとかすごい能力ですね。この力があればどんな強敵が相手でもある程度は勝負できるということになるのですごく羨ましい能力だなと思いました。
30代男性
ダブルスの試合中にエースがリッツに突っかかって行った時の、リッツが暴力沙汰になったときの回想シーンから試合終わってリッツの入部が認められたまでの展開が、もう幼馴染の素直になれない青春物語って感じは観ていてこっちも青春気分になる。
30代女性
リッツと一緒に放課後居残り練をしているタケさん+2人が帰ろうとしながらも、勝てないって決めつけすぎじゃないか?と、結局はまた4人で練習再開していたのには、ちょっぴり友情というか仲間意識的なものが感じられていて、なんだか嬉しくなった。
30代女性
入部を認めない幼馴染に対して入部をかけたダブルスの試合をやろうという部長の提案で各々練習をしているシーンの、リッツ役の佐野勇人とタケさん役の橘柊生がダブルスを組んでいて、二人とも顔と雰囲気が似過ぎている…。パーカーの配色もにているから区別難しい。
30代女性
高杉律は、入部を認められましたが、卓球部以外の生徒たちの感情が気になりました。律の入部を歓迎していない生徒がいると思いますが、今後の律の活動次第で状況が変化していくと思います。律と光太郎の関係性も気になりました。

<ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第1話>
2020年4月8日(水曜)放送

TVer、日テレ無料TADAでの配信予定はありません。

<公式>第1話あらすじ
高杉律(佐野勇斗)の起こした暴行事件によりエビ高卓球部は半年間、試合出場禁止となり、格上高校からひどい仕打ちを受けていた。そのせいで律は学校中から非難され孤立していた。そんなある日、律の秘めた能力に気づいたエビ高卓球部部長の松陰久志(北村匠海)が律を卓球部へスカウトする。しかし、卓球部のエースである桂光太郎(古川毅)は暴力事件を起こした律の入部に反対。律も罪悪感から松陰の誘いを断っていた。
そして、半年間の試合出場禁止が解かれたエビ高は薩川の傘下である代官山高校と試合をすることになるのだが…。

【出典:ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』第1話

第1話 ネタバレはここをクリック

卓球が空前のブームになっているようで東関東を支配している渋谷高校を制覇することが目標なようでした。半年前に学園の大会の前に暴力事件を起こしてしまった高杉りつくんという生徒がいました。他の生徒が何てことしてくれるんだよと暴力でまた彼に襲い掛かります。屋上の上で喧嘩をしているところを見て瞬発力が凄いと彼に入部を誘い出しますが、卓球なんてくそだと言って入部をしてくれないです。暴力事件のことを知っていたので他の部員も手を出したのに入部なんてと拒否されました。リーダーが何と言おうと俺は嫌ですと言っていました。悩んでいても入部をさせそうな感じの雰囲気もありました。翌日に代官山高校と試合をすることになります。

第1話 感想はここをクリック
30代男性
日テレ「FAKE MOTION -卓球の王将-」第1話を観て、高校生が卓球に燃えるのは、とても良いことだと思いました。何かのスポーツに打ち込めることが羨ましく感じられました。律の暴行事件で、半年間の試合出場禁止は辛く感じました。
30代男性
なかなか珍しい題材のドラマなのでどんなものになるのか期待していたのですが結構スマートな感じがあって爽やかな雰囲気があって素敵でした。特に北村匠海さんはかっこよくてどこかミステリアスな感じもあり存在感がダントツでした。ストーリーの動向はあっという間という印象でまだ始まったばかりですが今後どう展開されるのか気になるところでした。
30代女性
EBiDAN勢揃いのドラマなのでずっと楽しみにしていました。卓球による上下関係があまりにも厳しすぎてびっくりしました。主演の佐野勇斗さんが卓球をやることを決め、代官山高校の選手をボコボコに倒したのは爽快感ありました。また、薩川の絶対的王者感が凄くて次週も楽しみです。
30代女性
卓球の強さによる弱肉強食の世界という、その独特な設定が観ていても面白いなと思った。暴力による権力がない世界というのも、その着眼点はすごいなと思う。卓球の世界にも耳がいいことで有利になるというのがあるのを知って、これから楽しく観られそうだなと思う。
30代女性
原作を知らずにドラマを観たので、登場人物紹介的なコマ割りの時にアニメ作画が入ってきたのには流石にびっくりした。登場人物のコマ割りのシーンもカットが速くて文字とか見るのが追いつかなくてもう少し時間取ってほしいなと思ったけれど、そのスピード感もまあいいかなと。

ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』について

公式HP 公式Twitter 公式instagram
Introduction

EBiDAN × まふまふ × おげれつたなか
超豪華布陣による新ドラマ・スタート!

いま最も勢いに乗るEBiDANが勢ぞろいのスポーツ青春ドラマが開幕!

「天下をとって、狂った時代を終わらせる!」

『卓球戦国時代』
高校生同士の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく……卓球の勝敗。
戦国時代の領地争いの如く、高校同士の覇権争いは、熾烈を極める。

激戦区、東東京の頂点に君臨するのは——完全無欠の王者『薩川大学付属渋谷高校』
彼らは常に勝利を義務付けられていた。

かつては幾多の高校が打倒薩川と息巻き、下克上を成し遂げようとしていた。
その強さの前に多くの高校が屈し、薩川の傘下となる。

そして、いつしか傘下内でも序列が出来上がった。
卓球ランクが下位の高校は上位の高校に絶対服従。
卓球による優劣の中、どんな理不尽もまかり通った

『薩川の傘下にあらずんば高校に非ず。』

そんな時代に王者薩川に戦いを挑んだ高校があった。

■Cast

<恵比寿長門学園>
佐野勇斗、古川毅、橘柊生、田中洸希、吉澤要人、北村匠海、田中雅功、髙田彪我、山中柔太朗、髙松アロハ、富本惣昭

<薩川大学付属渋谷高校>
草川拓弥、小笠原海、村田祐基、船津稜雅、松尾太陽、福田佑亮

<都立八王子南工業高校>
森崎ウィン、板垣瑞生、矢部昌暉、泉大智、ジャン海渡

<浅草雷門高校>
加藤諒、池田彪馬

<代官山高校>
坂口涼太郎、尾北翼、仲田博喜

ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』への期待

30代男性
全ての物事が卓球を中心に回っている世界という設定も斬新で面白いですね。喧嘩が強いや勉強ができるではなくて卓球が上手かったら偉くなれるなんて最高です。だったら部活動で一番人気があるのは卓球部ということになりますね。そこで活躍すれば女の子にモテモテなんて最高の展開じゃないですか。主人公がそんな世界でどういう行動を取っていくのか興味があります。卓球がものすごく強い設定らしいのでモテモテになっている姿が見たいです。あとやはり物語の中盤ではスランプとかあったりしたら面白いかもしれません。物語の展開が今から楽しみです。
コメントをもっと読む
20代女性
最近CMで観てキャストにとても驚きました。友達が好きだったエビダンのメンバーがたくさん出演していたので見入ってしまいました。エビダンのメンバーは知っているのですが、演技をした姿はみたことがないのでこの機会に見てみようと興味が湧きました。卓球を題材としたドラマを観たことがないし、ちゃんとした知識もないのでそういう点でも楽しみだなと思います。卓球はするのは好きなのですが、しっかりしたルールを知らないまましていたのでこれからはしっかりルールを知ったうえでプレイしたいなと思うので詳しく教えてくれるドラマだと嬉しいです。
30代男性
初回の放送を見た感じだとかなり期待できると思いました。まず主人公が友達思いだということがすごく好感が湧きましたね。そしてラストのシーンで満を持して卓球をまた始め出すのがすごく興奮しました。しかもかなりの強豪である相手を目を閉じて音だけで倒す姿にかなりのかっこよさを感じました。なのでこれからの展開でも色々な技が出てきそうですごく楽しみです。卓球ランキング1位みたいな奴らが最後に登場しましたがあの高校が絶対にラスボスであることは間違いないと思いました。なので必ずあの高校を打ちのめしてくれることに期待したいですね。
30代男性
主人公が最初闇雲に喧嘩に明け暮れているのかと思いきやその喧嘩は友達を守るための喧嘩だったとわかった時の主人公感は流石の一言に尽きました。それからは主人公が正当なキャラに見えてきたので楽しみです。卓球もめちゃくちゃうまいのであのキャプテンが目をつけるのも無理はありません。自分がもしキャプテンの立場でも主人公の素質は計り知れないのでスカウトしていると思います。この先の展開で全国大会とかに出場して主人公が活躍する場面を期待したいと思います。絶対に全国制覇するくらいのポテンシャルは秘めていると思うので楽しみです。
40代女性
第1話で高杉律が卓球部に入部することに決めたんですよね!今まで卓球から離れていたので、律がどんな練習をしていくんでしょう・・?反対している桂光太郎の事も心配ですね。律をスカウトした卓球部の部長・松陰久志が、律の入部を掛けた試合を提案してくれるんですね。これは勝たないといけないですよ!しかも、副部長の日下丈道とのダブルスなら多分大丈夫そうですが・・。と、思っていたら、井上紋太と伊東俊介と一緒に練習に付き合ってくれるそうです。なんとか頑張って入部出来ることを期待します。あと、律の暴力事件の謎も知りたいですね。
20代女性
EBIDANを長い期間知ってはいたけれども、なかなか総出演で一気に色々なメンバーやそれぞれのグループの良さを知る機会がなかったのもあって今回のような総出演なドラマは凄く一ファンとしても楽しんで見ることができる作品なんじゃないのかなと思います。そして今までスポーツとしても若手俳優さんがあまり深く取り上げることもなかった卓球の話が舞台になっているのも非常に興味深く感じます。卓球のルールさえ初心者レベルで全然わからない人間ながらこのドラマを通じて、卓球の良さをたくさん知っていくことができたらいいなと思いながらも対立するそれぞれの高校のメンバーにも注目していきたいなとも思います。
30代女性
どうやったらあんなにも勢いのいいスマッシュが打てるのかなと思います。ラケットを打ちやすい方法も色々あると思います。どうやったらうまく綺麗なフォームで打てるのかも重要になってくると思います。また動体視力って良くしないといけないと思います。何回も練習をして自分で球をコントロールできるようになるにはどれくらいかかるのかも気になります。練習試合でも学生同士でバンバン打ち合いをしていました。たくさんの球が打てるようになるには頑張る気持ちが必要になってきます。どんどん頂点に立つにはどんな苦労があるのか気になります。
50代女性
高校生同士の優劣を決めるのが、卓球というのが、意外な視点だと思いました。私は卓球経験者ですが、当時は今のように華やかでかっこいいという印象はありませんでした。卓球以外にもかっこいいと思えるスポーツは他にもたくさんんあったので、なぜ卓球なのかという疑問もあります。ですが、日本の卓球が強くなってきたこともあり、今までの印象とは大きく変わってきているのだと思いました。きっと、このドラマを観たら、改めて卓球の良さやカッコよさを知ることが出来るような気がします。原作と同じで、ドラマのキャストもイケメン揃いです。そこもこのドラマの大きな魅力なのだと思いました。
20代女性
フレッシュなキャストでフレッシュなドラマが拝見できる予感です。メインキャストの多くは自分たちで音楽活動をグループでしている人も多く、王道の役者さんのやり方とは違うバラエティ要素も楽しめるのではないかなと感じています。しかもこのドラマ自体の楽曲提供には動画配信からデビューした「まふまふ」さんが参加ということで、爽やかなスポーツだけど、ネット民を取り囲むのではないかというような布陣にどんな風にコミカルな部分を描くのか、もしくはスポコンみたいになるのか全く予想ができません。でも、いろんな要素を加味して面白そう。
20代男性
学力や喧嘩などではなく、卓球の勝負で戦国時代のような覇権争いをし、強者を決める。斬新なテーマなドラマだと思いますが、卓球が好きな方、青春ドラマが好きな方などは気になるかと思います。それぞれのキャラクターを演じる俳優の方々は、イケメン揃いなので、女性の方も見て損はしないと思います。卓球が中心になった世界で、熱い男たちの間や卓球の試合でどんな展開が繰り広げられるのか、何故卓球がそれほどまでに中心になったのか、ぜひ観てみたいです。また、ドラマに加えて、音楽や漫画にも力を入れているようなので、そちらも必見ですね。
30代女性
卓球という部活の中では割合と、マイナーな部活にスポットがあたっているドラマ。イケメンな俳優陣で演じられるのでこれを機に卓球というスポーツのイメージアップを期待します。中学のときに卓球をやっていたので、懐かしいとともにドラマを見て再び卓球熱が湧いてくることを期待したいです。主演が佐野くんでメンバーに北村匠くんがいるという豪華な俳優メンバーなので見るのが楽しみです。彼らによって卓球がどういう風なスポーツに捉えられるのかが興味があります。ドラマを通して卓球部が増えてくれたらとても嬉しいなと思いました。
30代女性
卓球イコール地味なスポーツというようなイメージがあるのですが、このドラマではその地味なイメージを払拭してれるようなかっこいいシーンの数々を見ることができることを期待しています。暴行事件を起こしてしまったことで卓球部を試合出場停止までに追い込んでしまった主人公が学校で省かれているなかで、卓球部にスカウトされるという皮肉にも思えるような展開のなかから、主人公がどのように卓球部に貢献していくのか楽しみです。個人的に注目している北村匠海さんが卓球部として出演されているので、かっこいいシーンにならないはずはありません。素晴らしいプレイを楽しみにしています。
40代男性
卓球戦国時代なので激しい試合や打ち合いの応酬、必殺技など見たいです。1話からは激しい試合の戦いはあまり期待はできなそうですが、それぞれの高校の特徴や力関係、主な強い選手についての紹介がだけでも癖がありそうで十分楽しみです。話が進まないと試合風景はさほど無いとは思いますが、強さを強調するような強烈な演出は前半から見れると思うので、どの様に誇張しコミカルな演出になっているのか楽しみです。男性なのでイケメンには興味有りませんが、映画のピンポンやその他の学園スポーツものと、どの様にして違いを持たせるのか楽しみです。
20代男性
FAKE MOTION -卓球の王将-の期待のできる点といたしましては、人気の俳優さん達がどんどん出演されていると言う点です。佐野悠斗さんと北村匠海さんという人気の俳優さんが主演をされると言うのが非常に楽しみです。特に北村さんに関しましては、フジテレビのドラマで出演されていたときの演技がとても印象的だったのであんな感じの演技がまた見ることができるんだと感じると非常に楽しみになってきます。また、その他にもストーリーは卓球がメインとなったドラマであり、卓球をコミカルに描いていると言うのが非常に楽しみです。
20代女性
佐野勇斗さん、北村匠海さんをはじめとするフレッシュな面々で、部活という青春感あふれるストーリーで元気をもらえそうで、すごくおもしろそうだなと思います。そして、そういうスポーツ系だったり、部活系だったりで、卓球がテーマというのがなかなか珍しくて、おもしろそうだなと思います。すこし地味なイメージもある卓球を、佐野さんや北村さんが格好良くみせてくれるんじゃないかなとと期待しています。そして、ストーリーも卓球が全てで階級が決まるというのが変わっていておもしろそうと興味を持っています。青春感をたくさん味わせてくれるドラマを期待したいと思います。
30代男性
卓球の強さが世界を支配しているとはなんと面白い設定を思いついたのでしょうか。自分はこの世界観がすごい好きですね。卓球でお金も地位も確立されていくなんてかなり面白い世界観だと思うのですがあまり共感は得られませんか。でもやはりドラマとして考えると絶対に面白いと思います。やっぱり、学校では卓球部が一番人気だったりするのでしょうか。ちょっと、その変わった設定が自分からしたらすごく笑いのツボです。そして、ほかの部活で本来人気があるバスケやサッカーの人気がなかったらすごく最高なんですが、その点も興味深いです。
50代女性
学生時代、卓球部だった私から言わせてもらうと、卓球部の男子はこんなにカッコよかったかなと思うほど、イケメン揃いのドラマだと思いました。原作もイケメンばかりなので、それに合わせてドラマもその設定になっているようです。一昔前の卓球部の男子は暗くて地味という印象でした。ですが、ここまで卓球がカッコいいスポーツに印象付けられてきたのは、やはり日本の卓球が強くなったからだと思います。東京五輪は来年に延期になってしまいましたが、その分卓球もより強くなっていくことを期待したいです。ドラマの中で観られる、数々の技に注目していきたいです。
20代女性
ドラマ「FAKE MOTION」はドラマ放送前から月刊少年チャンピオンに漫画が連載、LINEマンガが掲載ととても勢いがあり凄いです。主題歌だけではなく、3つの高校のテーマソングまで作られるのも面白いです。そしてキャラデザインをおげれつたかなさんが考え、それを今注目の若手俳優が演じるというのも凄いです。メインの高校の部長役に北村匠海くんが出るのも嬉しいです。有名な若手俳優からこれからそうなっていくだろう期待の若手俳優がわんさかと出演するので、SNSも盛り上がると思いますし注目度の高い春ドラマになると思います。
20代女性
FAKEMOTIONはEBiDANのメンバーが沢山出演されるということで、発表された時からものすごく期待していました。佐野勇斗さんや北村匠海さん、森崎ウィンさんなど主役級の俳優さんから、なかなかドラマの出演を拝見できないメンバーまで色々な方が出演されるので楽しみです。特に私は超特急のファンなので、メンバーが全員出演というのがものすごく嬉しいです。2020年の2月いっぱいで脱退してしまったユースケさんの最後の勇姿が見れるのも見所だと思いました。ストーリーは卓球で優劣がつけられる時代というちょっと特殊な設定ですが、EBiDANメンバーの熱い戦いが見れるのを今から楽しみにしています。
30代男性
ドラマの設定がとても面白そうなのですごく期待しています。卓球が支配しているなんてぶっ飛びすぎですから、やっぱりきになるのは物語の展開の方になります。どんな感じで主人公がストーリーを進めていくのか全くの未知数なので色々と考えてみました。やっぱり敵が主人公より強い奴ばかりの方が絶対に白熱すると思います。その強敵たちを一人ずつ1話ごとに倒していくという展開はどうでしょうか。それだとちょっとだけありきたりな感じもしてしまいますが、自分はベタな感じが好きなのでそんな感じのストーリーでいいです。きっと面白いドラマになるので楽しみです。
30代女性
私は、中学の時、卓球部でした。このドラマの放送を知りませんでしたが、とても楽しみです。卓球は地味なスポーツだと思われがちですが、最近はオリンピックでも注目されている競技の一つだと思います。奥が深いです。オリンピックが近いなか、ドラマで放送されたら興味を持つ人が出てくると思います。日本テレビの深夜枠のドラマは面白いので見る人は多いと思います。私の印象だと、卓球をやっているイケメンはいないように思います。テニスはテニスの王子様があるので、卓球もやってほしいと思っていましたが、このドラマはイケメンが卓球をやるので深夜枠で、水曜日で女性なら目の癒しになると思います。北村匠海さん以外は、お名前を存じ上げないのですが、北村さんは幅広い味のある俳優さんだ思うので、卓球をする姿にも注目しています。
30代女性
イケメンの子たちが卓球をしてくれて、盛り上がりそうな感じもします。映画のピンポンで卓球が大流行していたように、みんながまた卓球の面白さがわかって卓球ブームになると良いです。ドラマのスポーツは結構、社会現象になってくれていることが多いので景気が良くなると良いかなと思いました。また、女性の卓球よりも男の子たちの力強いスマッシュはカッコいいだろうなと思います。高校生たちが熱くなっていると大人も楽しいと思います。べたな恋愛ドラマや、ドロドロのドラマよりもさっぱりしていて見やすいと思います。どんなストーリーになるか楽しみです。
40代男性
娘が大好きな北村匠海くんはEBiDANの「DISH」というグループのメンバーだったのかぁ、と今更ながら知り驚いた。今回のこのドラマはそんなEBiDANのメンバーを中心とした卓球ドラマらしい。今やメジャーなスポーツになり子ども達にも人気の卓球。これをドラマにするってんだからどうなの⁉と思ったけれどEBiDANのイケメンたちが勢ぞろいして展開される常勝軍団(薩川大学付属渋谷高校)をぶっ潰そうとするこの戦い…圧倒的強さの前に屈する高校、挑もうとする高校、様々な展開が予想される。ドラマウォッチャーのおじさんとしてはマネージャーにでもかわいいアイドルを起用してほしいところ。(笑)
30代男性
卓球の勝敗がこの世界の中心になっているドラマなんてぶっ飛んでいて面白そうですね。俳優さんたちの演技力がかなり高ければ神ドラマになる要素があると思います。絶対に爆笑できる場面が出てくると勝手に思っているので期待しています。主人公が卓球に負けてしまい挫折してしまうなんていう展開が必ずありそうですごく楽しみです。そして、その主人公が立ち直ってさらに強くなって帰ってくるという話があるとすごく嬉しいです。卓球がメインなので色々な必殺技とかあったら絶対に面白くなりそうなのでそういう演出があれば最高に良さそうですね。
20代女性
高校生の部活を描いたスポーツドラマはたくさんあるけど卓球のドラマはあまり見たことが無いし、私は卓球部だったわけではないけど自宅で弟をよく卓球をしていて卓球が大好きなのですごく見てみたいなと思いました。主題歌のCDがドラマに出てくるそれぞれの高校ごとに発売されるようで、新しいしファンからしたら嬉しい企画だなと思いました。これから活躍しそうな若いイケメン俳優さんたちがたくさん出演するので、お気に入りのキャラクターを見つけて応援したり楽しみ方がたくさんありそうなドラマだと感じました。ちなみに私は北村匠海君が演じる松陰久志を応援したいです。
30代女性
今、新型コロナウイルスの感染の拡大が世界中で広がっていて、このままでは2020東京オリンピックも予定どおりに開かれるのか…と不安になっている時期なので、そうなるとスポーツは束の間でもリアルな世界を忘れることができるので良いなと思います。そんな気持ちを満足されてくれそうな、スポーツ青春ドラマは、タイミングが良いなと思います。高校生たちのアツイ闘いを見始めると、続きを見なければ落ち着かないという中毒性もあると思います。お目当ては、佐野勇斗さんですが、森崎ウィンさんも出ているし、クセの強い加藤諒さんも気になります。
50代男性
昭和の時代より長く暗いスポーツとして言われ続けてきた卓球が最近の世界の舞台での日本の活躍によりやっと日の目が見えるようになった。私自身も大好き
で一時間もやればあせ、びっしよになりストレス解消にはもってこいだと思う。佐野くんの0.1秒先が読める能力やラリーの応酬などいままでとらあげてこなかった分野だけに多いに楽しみだ。ヒロインも登場するのだろいか、期待が膨らむ。この機会に現実の世界でもオリンピックがあり相乗効果で盛り上がってもらいたい。チーム対抗戦もあるのでいろいろなキャラクターの登場がおもそうだ。
40代女性
オリンピックイヤーでもある今年に真のイケメン佐野勇斗くんのドラマが見れるという記念すべき出来事で感動的です。「ちはやふる‐結び‐」のかるたのイケメンな感じからや「3D彼女 リアルガール」というちょっとオタク系の映画まで役どころが今風の彼です。でもさすがにジュノン・スーパーボーイ・コンテストでは輝けなかったのという吉凶を持つ彼が私にとってはすごく魅力的です。卓球で汗を流すシーンとか見てみたいと思います。卓球ってアクッション的な動きとかするのでしょうか?コメディタッチな部分とかあるのではないかと楽しみです。
50代女性
私は最近、学生のスポーツをテーマに取り上げたドラマを観ていなかったので、久しぶりに観ることが出来そうで期待をしています。さらに卓球という以前はマイナーなスポーツになっていた部活動が、今ではイケメン男子学生が多く登場するようなドラマを観ることができて嬉しいです。私も学生時代は卓球部に所属していたので、ビジュアルだけではなく、卓球に関してのこともドラマで観ることが出来るのが楽しみです。日々の練習の様子や試合の様子などだけではなく、友情や人間関係などもドラマで観ることが出来ると思います。総合的に爽やかな青春ドラマのような内容だと嬉しいですし、こちらまでパワーをもらえそうです。 
40代女性
卓球で高校の序列が決まるという、卓球ファンにはたまらない設定なんじゃないでしょうか。ある意味スポ根みたいだし、不良ドラマにも見えるので、とりあえず戦って順位を決めるのは面白そうなので試合とか練習風景とか楽しみにしています。ランクごとに地位が決まってしまうのはやり過ぎなような気もするけど、それがあるから一生懸命やるのかなって皆の気持ちが知りたいですね。トップに立つ高校に反逆するのは気持ちが良いので頑張ってもらいたいですね、下剋上で入れ替わりが激しい方がもっと面白いので展開が早い事を期待します。演じてる方達が若いので少し心配ですが、みんな元気に一生懸命さは出してくれると良いかな。
40代女性
卓球というスポーツが、今やとても人気もあるスポーツなので、それを巡る青春ドラマということで、どんな戦いが行われるんだろうと楽しみです。色々な高校がひしめき合っているようで、その中に様々な個性を持った高校生がいると思うので、その一人一人のキャラクターにもぜひ注目したいです。卓球のシーンもとても躍動感があり、手に汗握る戦いなんかもあるのかなあと楽しみです。白熱した試合のシーンはぜひ観てみたいです。試合以外でも、男子高校生の日常を切り取った場面も多くあると嬉しいなあと思っています。若いエネルギーがいっぱいの元気が出るドラマになることを期待しています。
50代女性
地味なようで実は激しいスポーツ、卓球。福原愛ちゃんの引退後も、台頭するプレーヤーが男女ともにヒキを切らず、その注目度はどんどん増しています。折しも東京オリンピックが近づいてきている最中、卓球の奥深さに多くの人々が惹きつけられているところです。このドラマは注目度急上昇中の「恵比寿学園男子部」のイケメンメンバー達によって演じられるので、これまで以上に卓球ファン、特に女性ファンが増えることになりそうです。卓球の腕次第の下克上。どんなし烈な戦いを見せてくれるのか、手に汗しながら行方を見守りたいと思います。
50代女性
イケメン高校生だらけの卓球のスポ根ドラマが見られそうで、今から楽しみです。卓球の大会の様子がかなりあると思うので、他の学校の卓球部のイケメンもかなり登場しそうです。実際に卓球をやっているシーンはもしかしたら特撮を使うのかもしれません。卓球経験者としては細かい部分まで目が行きそうですが、その分かなり楽しめると思います。卓球の認知度が上がったことをうれしく思います。また、インターハイまでではなく、オリンピックに関する話題ももしかしたら出てくるのかもしれません。どんな話の展開になるのか今からとても楽しみにしています。
40代女性
私は超特急のファンでいわゆる8号車です。以前超特急が全員出演したサイドラインという映画の際にはまだファンではありませんでした。なので今回超特急のメンバーが全員出演するドラマという発表がされ、またEBiDANのメンバーも沢山出演されるということで、ものすごく楽しみです。自分の推しが本名でドラマに出演しているということ自体がものすごく嬉しいです。ドラマは卓球によって優劣がついてしまう時代になるお話ですが、どうなるのか予想もつかないので楽しみです。また超特急のユースケさんは今休養されているのですが、休養前に撮影されたこと、ユースケさんは卓球部出身だったこと、楽しみな要素がありすぎるので、はやくこのドラマを視聴したいです。
30代女性
今のりに乗っているEBiDANが勢揃いするということで楽しみです。高校の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく卓球で決めるという卓球戦国時代という面白い設定も今後の展開が予測できないので期待しています。特に北村匠海さんは他のドラマにも出演されているという経験があるので演技力には注目している俳優さんなので楽しみにしています。またイケメンだけでなく加藤涼さんといった個性派俳優さんも出演されるので、青春ドラマだけど、コメディ要素も入ってくるのではないかと期待もしています。主題歌についても誰が歌うのか楽しみです。

SNSの反応【#FAKE MOTION】

超特急の他にも、北村匠海さんが所属するDISH//や森崎ウィンさんが所属するPrizmaXなど、EBiDANのメンバーが勢ぞろい!ファンにはたまらないドラマです!

もっと見る

ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』の見どころ

〈頼れるキャプテンを演じる北村匠海〉
主人公の卓球部のキャプテン・松陰久志を演じるのは、若手の中でも群を抜く演技力の持ち主である北村匠海。この作品でも主役を食ってしまうほどの存在感です。代表作『君の膵臓をたべたい』では、余命わずかのクラスメイトに振り回されながらも、次第に心惹かれていくぶっきらぼうな高校生を好演し話題となりました。どこか遠くを見つめているようなミステリアスな目つきと、それに反するあどけない笑顔。そして歌手活動で培われた声。そんな北村匠海の魅力が詰まった頼れるキャプテンに注目です!

関連作品リンク

北村匠海

ドラマ『仰げば尊し』
→ヤンキーたちが吹奏楽に捧げる青春!村上虹郎や新田真剣佑、伊藤健太郎など豪華すぎるキャストにも注目!