大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程
2019年1月6日スタート(全50回)
NHK総合 毎週日曜よる8時から

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』動画視聴方法

ロボットカマクラくん
2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』
NHK公式配信サービス「U-NEXT(NHKオンデマンド)」で
第1話から最新話までフル動画配信中でヤンス〜!!

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』の
トライアル期間を利用して”完全無料”で見放題♪

初回1ヶ月無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』おすすめポイント

★配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!

★ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!

★電子書籍のサービスも!『non・no』や『週プレ』など70冊以上の有名雑誌が読み放題!

★継続利用で『1200円分』のポイントが【無料】で貰える!
ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!

※月額1990円(税抜)かかります

●『U-NEXT』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『U-NEXT』ユーザー
U-NEXTを使う上で他の定額サービスよりも、利用者のプライベートに関しても考慮してくれている点があります。1つのアカウントを使用しているだけで、家族とはのアカウントを設定することが出来るので視聴履歴などを家族にバレずに見ることが出来るです。他の定額サービスにはこれがないので家族と同じサービスを利用している時は視聴したい動画内容を考えて見ないといけないのですが、U-NEXTはしっかりしてくれています。プライバシーの考慮って意外に大事なことですし。【20代・男性】

見逃し動画 検索

ロボットカマクラくん
<第1話>2019年1月6日(日曜)よる8時放送〜
最新話までチェックしてみヨ〜〜!!
  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていない場合が多いです。

  • <第1話〜全話>をフル視聴!
U-NEXT(NHKオンデマンド)
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」イントロダクション・キャスト情報

Introduction

“日本で初めてオリンピックに参加した男” 金栗四三
“日本にオリンピックを招致した男” 田畑政治
この2人がいなければ、日本のオリンピックはなかった。

日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年「ストックホルム」。
幻となった1940年「東京」と敗戦、復興、そして・・・平和への祈り。

1964年 東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い” が刻まれた激動の半世紀を、豪華キャストで描きます!このドラマを見れば、2020年・東京オリンピックの見方がきっと変わります!

■Cast

脚本:宮藤官九郎

中村勘九郎、阿部サダヲ

役所広司、綾瀬はるか、生田斗真、杉咲花、竹野内豊、ビートたけし、神木隆之介、峯田和伸、星野源、松坂桃李ほか

■「いだてん~東京オリムピック噺~」公式SNS

NHK公式サイト Twitter

ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」全体の感想・みどころ

ネタバレを含みます

40代男性
明治から昭和への時代の変化をオリンピックとそれに関わった人達を生き生きと描いていたのは印象的でした。競技参加者2名からスタートした日本のオリンピック。そこから最先端のものを取り入れ活躍できる人材の発掘、育成など様々なエピソードが参考になりました。これまでの大河とは違う内容やテンポが悪くいろいろと批判されましたが新時代に切り込んだのは評価できます。個別のエピソードが多いためどうしても知識がないと何をやっているのだか分からないといった欠点はありますが、近代の教育事情やそれに関わった人物を数多く登場させたの感激しました。1964年の東京オリンピック閉幕式までをきちんとやり通したのは個人的には満足でした。
50代男性
このドラマの面白さの一つというか、これが大きいのだが、阿部サダヲさんにある。前から知ってはいたが、といっても出演ドラマや映画は観たことなく、「あさイチ」でゲストで出演した時くらいだ。しかしこんなすごい役者っだたとは驚いた。あのバイタリティー。そういう役柄というのあるだろうが、他の役者さんだったらこうはいかなかっただろう。すごい迫力だった。特に水泳の選手にハッパをかけるシーン。そしてこの田畑という人物はいるだけで笑える。まるで独り言のように人の言動にツッコんで。人を茶化しているというか、バカにしているとも取れる。何しろ強烈な人物だ。
40代女性
歴史と落語の融合、見事でした。昔クドカンが作ったタイガー&ドラゴンってドラマも落語が出てきて物語とリンクしてよくできてるなーと思ってましたが、こちらもほんと作り込んできましたね。作り込みすぎてごった煮みたいになっちゃったから見る方はちょっと疲れますが、俳優さんもその時々に見せ場があり見逃すことができません。俳優さんもたくさん出る中で自分の爪痕を残そうとみんなが必死な感じでパワーがすごかったです。中でも志ん生の若い頃をやった森山未来さん、どうしようもないクズなのにとんでもなく光るものを持っている。天才ってこういうんだろうなと唸ってしまった。
50代男性
大河としては画期的な作品だったと思う。戦国時代や明治維新が多い中、時代は近代で、一人の人物を描くのではなく、テーマはオリンピックでそれに関わる人たちを描くという感じだった。ビートたけしさんの出演というのも驚いた。たけしさんが大河に出るのか!と思った。二部構成になっていて場面が過去に遡るなど複雑な構成であったかもしれないが、自分として結構好きだった。殺し合いや血なまぐさいシーンもなかったし。視聴率は悪かったみたいだが、それは視聴者がクドカンさんについていけなかっただけのこと。だいたいテレビの視聴者は単純なので複雑なことは理解できないのだと思う。かわいそうなのはクドカンさんの方である。NHKがゴリ押ししたせいだ。
50代女性
近代~ほぼ現代を描いた大河ドラマ、という事で中々画期的な作品でした。視聴率的には今一つだったのですが、我々日本人が、当然のように選手として毎回参加している「オリンピック」という祭典が、最初は僅か2名の選手しか参加していなかったことが驚きでした。また、1964年の東京オリンピック開催に向けて、第二次大戦の敗戦から日本がどうやってモチベーションアップを図っていったのかも、ドラマを通じて知ることができました。キャスト陣も、主演の二人を演じた中村勘九郎、阿部サダヲ、共に素晴らしかったです。個人的には、ドラマ全般に関わっていた嘉納治五郎役の役所広司、金栗の親友・三島を演じた生田斗真が印象に残りました。今春、再放送があるようなので非常に楽しみです。
40代女性
視聴率がどうのとか大河としてはどうのとかいろんなご意見があったようですが、私は好きでしたよ。まぁ王道の大河は誰かに任せて1年ぐらいはちゃめちゃでも楽しいじゃないですか?登場人物は多すぎるし、時代もあっちこっちするしで見るのにコツがいるようなドラマでしたが十分楽しめましたよ。大雑把なようですが、近代史なので登場人物の子供や孫が生きているし映像も残っているので下手なことはできない。タバコのシーンがどうのとか問題になっていましたが、あれだって昭和の一風景としては当たり前だったんですよね。それなら世継ぎ争いで兄弟で殺し合う方が問題かと思いますよ?だからあれはあれでいいんです。
30代男性
大河ドラマの歴史において不名誉な記録を打ち立ててしまった本作。一体何がいけなかったのだろうか?思うにオリンピックと落語という、一見何の関係もない二つの要素をミックスさせて物語を展開しようとしたことが良くなかったと思う。これによりオリンピックと落語がごっちゃになり、視聴者からすればとても見づらい構成になってしまったのではないか。オリンピックはオリンピックだけ、落語は落語だけで個別にドラマにすれば随分見やすくなっただろう。私は全話見たが、題材自体は悪くはなかったと思うし、最終回の東京オリンピック開会式は感動的であったと思う。
30代男性
世間一般ではあまり良い評価を受けなくて視聴率も思った以上に伸び悩んでしまった大河ドラマでしたか、自分はとても楽しめた大河ドラマでした。脚本を書かれた宮藤官九郎さんのファンといのもありましたが、オリンピックという今まで取り上げた事のないテーマに注目した事がとても目新しかったドラマでした。ドラマの中に落語のシーンがありましたが、このシーンは必要では無いと言う人が結構いましたが、この落語のシーンのおかげで一般市民からみたオリンピックと言う物をわかり易く描いていたと思います。脚本も至る所に伏線が貼られて物凄く巧みな演出もあってドラマとしてとても盛り上がったと思います。戦国時代や幕末だけが日本の歴史ではないと見せつける大河ドラマだったと思います。
40代女性
オリンピックがテーマの大河ドラマと聞いて最初は2020年の東京オリンピックを賛美するような話かと思っていたのですが、日本の近代スポーツの歩みから前回の東京オリンピック開催までの紆余曲折を関東大震災や太平洋戦争という日本人が目を背けてがちな難しい時代背景に真っ向から立ち向かい重ね合わせながらの物語になっていて涙しながら観ていました。1940年の東京でオリンピックが戦争により幻になってしまったことをこれで初めて知りました。平和の祭典であるオリンピック選手たちが行進したはずの神宮競技場を学徒出陣する青少年たちが雨の中行進する姿は世の無常を感じ、二度とこのようなことがあってはならないと強く思いました。スポーツの素晴らしさ、正義の道を誤り犠牲の歴史の上で今の平和があることを創作落語というフィルターを通して表現したこの作品は現代の全ての日本人が観るべき作品だと思います。
60代男性
世間では視聴率が悪かったと言う評価で今一でしたが、私の評価は5点満点中5点で最高の評価です。加納治五郎が初代日本オリンピック会長だとは、物語を見て初めて知りました。「柔よく剛を制す」多分この精神で突き進んだと思います。又,マラソン選手の金栗も、オリンピックでのメダルは取れなかったものの、オリンピックの精神を日本に植え付けた人間だったともいます。物語の後半で田端さんが、加納先生の遺志を継いで東京オリンピック開催まで尽力を尽くすが、政治とオリンピックの関係が切っても切れない「ドロドロ」とした世界だったことを改めて知りました。田端さんは政治力に屈するも、名を残した人物であり、「何事も我を忘れて一生懸命事に当たり成し遂げる大事さ」を知りました。
50代女性
私は日本のオリンピックで知らないことが多くありましたが、このドラマを観て、そのさまざまな歴史を知ることができました。私はデザイン美術が好きで、学校で習っていたこともあり、以前から昭和39年の東京のオリンピックのポスターに注目していました。ドラマの中でも、そのポスターを手掛けた亀倉氏が多く登場したのが、個人的に嬉しく思いました。前半は金栗四三が主人公でしたが、後半の田畑正治のキャラが濃すぎて、前半の印象が薄くなってしまいました。それでも全体的にとても面白かったので、こういう大河ドラマが今後もあることを期待したいです。
40代女性
「いだてん」を見終えて一番感心したのは、金栗四三を演じた中村勘九郎さんの役作りでした。初回はまだ10代の青年でしたが、回を重ねるたびに年齢を重ねている様子が伝わり、東京オリンピックの開催間際には、どこからどう見てもおじいちゃん!メイクや服装の効果もあるでしょうが、顔の表情や話し方、姿勢や動作などが秀逸で、若かりし頃と高齢の頃と、同一人物が演じたとは思えないほどでした。東京オリンピックでは、夢に見ていた聖火ランナーとなることはできませんでしたが、坂井君という青年が最終ランナーとして競技場を走っている様子を見て、「酒井君でよかった!」と目をキラキラさせて感慨深そうにつぶやくシーンは、派手なシーンではありませんが、私の中に印象深く残っています。
40代女性
二人きりのオリンピック出場からスタートして、最終回は東京オリンピック開催で幕を閉じた「いだてん」。ストーリーの軸にあったのは間違いなく「オリンピック」でしたが、日本の近現代の歴史を楽しみながら追体験させてもらった気がしました。関東大震災でシマちゃんが亡くなり、そして第二次大戦で五りんの父が亡くなるなど、悲しいエピソードも多々ありましたが、そんな悲しさもごまかさずに率直に描きつつも、常に前を向いて生きていく人間のたくましさを感じさせてくれました。いわゆる王道の大河ドラマではありませんでしたし、視聴率の低さも話題になりましたが、私の中では間違いなく記憶に残る大河ドラマであったといえます。主役は金栗四三と田畑政治でしたが、それ以外の人たち一人ひとりの人生も丁寧に描き、「誰もが自分自身の人生の主人公である」という暖かさを感じさせてくれることができました。
30代女性
後半の田畑さん編から見始めましたが、前半から見ておけばよかったと思いました。落語パートの評価が割れていましたが、後半で本筋の物語の登場人物とのつながりがわかったときにはなるほどと思いましたし、走る姿が重なる部分ではぐっとくるものがありました。オリンポック招致の話では、歴史の授業で出てくる人物や事件の背景を知ることができて興味深かったです。登場人物のキャラクターにも愛着がわき、演技も引き込まれる場面が多く、いいシーンだったと感慨深く思うことが多かったです。特に良かったのが仲野太賀さんと浅野忠信さんで、夢半ばで道を絶たれた若者と、腹黒い政治家を熱演されてたと思いました。
60代男性
2020東京オリンピックを前に、NHKの大河ドラマとしては異例の現代劇になりました。ドラマ自体は、私にとっては、あまり良い出来ではなかったように思われました。放送中に起きた、出演者の不祥事、それは関係ないのですが、オリンピック招致にかける思いが強く出すぎて、コメデイーのようなものになってしまったように思えてきたのです。最後まで見ましたが、全体的に、迫力に欠けた、ドラマになってしまったように思えるのです、大河ドラマはやはり戦国時代が世のかもしれませんね、時代は4Kにない、迫力のある戦闘場面や、豪華なセットこれからの大河ドラマに期待しています。

ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」のみどころを募ってみた☆

20代女性
来年いよいよ東京オリンピックが開催されるので、いだてんは50年以上前にあった東京オリンピックやもっと前のお話なのでますます興味が沸いてます。日本人がオリンピックに出るまでの苦悩を考えたこともなかったので、このドラマをみて胸が熱くなります。出演者が豪華なのも見ていて楽しいです!
40代男性
中村勘九郎と阿部サダヲのW主演は激アツです!大正から昭和にかけてオリンピックに初めて日本人が出場する。戦争や関東大震災など様々なことが起こっていたこの時代に、オリンピックが開催され出場するというのは本当にすごいこと。1964年の東京オリンピックより以前のオリンピックも日本人は当たり前に出場していたと思ってましたが、こんな苦労と努力があったとは…。日本人初出場となったのはストックホルムですが、現在のような海外遠征の快適なシステムはなく、このたった100年くらいで大きく変化していったのだなと改めて色々考えさせられました。

「いだてん~東京オリムピック噺~」出演者作品リンク

近日公開予定です。

<2019年夏・NHK関連作品リンク>

▶︎<土曜・夜21時〜>ドラマ『サギデカ』

▶︎<土曜・夜23:30〜>ドラマ『だから私は推しました』