ドラマ『科捜研の女 season19』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程
2019年4月18日(木)スタート!
【毎週木曜】よる20:00~テレビ朝日放送

ドラマ『科捜研の女 season19』動画視聴方法

ロボットカマクラくん
2019年ドラマ『科捜研の女 season19』
『U-NEXT』で第1話から最新話までフル動画配信中です〜!!
過去シリーズも配信中でヤンス!
動画配信情報

ドラマ『科捜研の女 season19』は「U-NEXT」で第1話から全話までフル動画配信中!

31日間の無料トライアル特典『600円相当』のポイントで『1話分』が完全無料に!!

★「U-NEXT」おすすめ3大ポイント

  1. 動画配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!
  2. ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!
  3. 継続利用で『毎月1200円分』のポイントが貰える!ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!

●『U-NEXT』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『U-NEXT』ユーザー
U-NEXTは家族で使えるのが良いです。1人が契約しているだけで家族が無料で使えるので月額が安く感じます。更にU-NEXTをテレビで楽しめるのも有難いです。家族でテレビなどの大きな画面で楽しめるのがおススメです。【30代・男性】

見逃し動画 検索

ロボットカマクラくん
<第1話>2019年4月18日(木曜)よる8時スタート!
4クールの1年間、京都を舞台にした『科捜研の女』が楽しめるでヤンス〜♪
  • <第1話〜全話>をフル視聴!
ビデオパス
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
<第18話>
2019年10月24日放送分

  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)
TVer テレ朝キャッチアップ GYAO!
第18話 ネタバレ解説はここをクリック
1話に引き続き誘拐犯をどのように捕まえていくのか、という展開にハラハラ・ドキドキしました。今回は土門刑事との絡みというよりも、榊マリコが単独で犯人を追いつめていくというような内容でした。最初に犯人をおいつめたときに父親が刺され、子供と一緒に犯人に、榊マリコが誘拐されるのは、無茶のあるストーリーだなと思いましたが、おもしろかったです。最後に、犯人の兄が弟の犯す犯罪をとめたときには、兄弟愛を感じました。また、土門刑事と榊マリコのコンビネーションで犯人を確保するときは、安定におもしろいと感じました。また、犯人とは別に、子供の父親も犯罪に関わっていたことにはびっくりしました。今回は、科捜件内の絡みがすくなかったので、次回以降、絡みに期待したいです。
第18話 感想コメントはここをクリック
20代女性
玉木班長の撃った一発が致命傷ではなかったことが安心したし、土門さんも銃で撃たれたのに何とか大丈夫そうで安心した。タイヤ痕から車の車種まで分かるということは最新すぎて感心した。玉木夫婦がなんだかんだ仲良くなっててよかった。
20代女性
まりこさんと不倫ではないことが発覚して誤解が解けてよかったと思う。たくみくんがまだ人質ということが親にとってはどれだけ最悪なことなんだろうと思うと心が痛かった。杉原さんの旦那さんが、犯人と連絡が取れたおかげで交渉が進んでよかったが心配。
40代女性
土門さんは防弾チョッキで無事だろうとは思っていましたが、案の定でした。液体爆薬を浴びてしまった蒲原さんも、無事で良かったです。マリコさんも卓海くんも無事に救出されて、ホッとしました。卓海くんの父親は死にかけましたが、犯人一味だったので、最終的には味方の犠牲はゼロで済んだと考えても良さそうです。
<第17話>『File17 妻と愛人の事件簿』
2019年10月17日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第17話 ネタバレ解説はここをクリック
明星銀行京南支店が3000万円を強奪された。爆発物を持った3人組の銀行強盗が前方不注意で少年にぶつかりそうになり、車のタイヤがパンクする。少年の名前は杉原で親に責任を取って貰うと犯人が言い少年の住むマンションに行く。母親は車がないと言うと、早く返して貰えと犯人が要求する。妻は夫に車で帰ってくるように頼む。偶然、そこはマリコが済むマンションで同じエレベーターに乗り合わせた。怪しいと思ったマリコは指紋を採取する。杉原がマリコの部屋に来るとマリコは家族で出かけるのではと言うと、杉原の夫は間違いがあったようだと立ち去る。マリコは上の階から女の叫び声を聴いたので、土門刑事に連絡する。そしてマリコが杉原の家に行くがゴキブリがいたので叫んだと誤魔化す。科捜研の調べで犯人の車がマンション近くにあると判る。スマホを車に忘れた被害者対策班長の、巡査部長の夫が駐車場にいると刑事が来る。そこは玉城班長の夫の愛人がいるマンションだった。玉城班長がマリコが班長の夫と鉢合わせになり、班長は夫の不倫相手がマリコだと勘違いする。マリコは爆発物の映像を科捜研に送信すれば内容が判ると言う。逃走車とマンションエレベーターで採取された指紋が一致した。科捜研の涌田は玉城夫婦とマリコのやり取りを傍受する。突撃班はドローンを飛ばして赤外線映像で犯人の様子がわかる。爆発物処理班が待機する。しかし爆発物の内容が判らない。玉城班長の夫は妻が昇進してから別居状態になったと言う。本部が住民を避難させてから犯人と交渉すると言うが、マリコはレーザーマイクロホンを使えと言うが本部は出来ないと言う。玉城班長は自分が犯人と交渉すると言う。電話が鳴り、水が漏れているので様子を見たいと言うが、犯人はこちらから行くと言う。玉城班長はマリコに自分の夫と夫婦を演じて欲しいと言う。杉原の妻と班員がマリコの部屋に来る。犯人はマリコと玉城の夫を今度は杉原の家に呼ぶ。玉城の夫は盗聴器と銃を持っていく。部屋に入ると玉城の夫が殴られるが、その隙にマリコは爆発物の写真を科捜研に送信すると、爆発物は本物とわかる。マリコは警察だとバレた。息子は犯人と廃材置き場にいた。本部は犯人が電話に出ないので突入を決める。赤と青の液体が爆発物だった。廃材置き場にいた犯人も爆発物を持っていた。杉原の家に玉城班長が来て、マリコらに戻って来いと言う。TLXが爆発物だとわかる。マリコに玉城班長が水の成分が判ったと言うと、マリコは、すぐ、お願いというと突撃班が突入して犯人と格闘になる。ここまではマリコ、班長、夫の演技が成功した。しかし犯人と銃撃になり土門が撃たれる。又、爆発物の液体が、混乱の中で爆発してしまう。犯人は、まだ逃走する。
第17話 感想コメントはここをクリック
30代男性
マリコの住むマンションに銀行強盗たちがやって来ていた後に部屋の映像が映されて至る所に荒らされた様子が見えたので、マンション内でも金目の物を物色したのかと思ったらマリコの部屋だったとはビックリ、片付ける能力は皆無なのかもしれない。
30代男性
警察本部の捜査で被害者対策班の玉城が話しているのに、マリコの科捜研魂が動き出して捜査に役立つカメラの話を割って入って始める所に、久しぶりにいつものマリコのマイペースの面白さが感じられて嬉しくなったが、先ずは身分を名乗るべきだな。
30代男性
犯罪被害者対策班の玉城が乗り込んだ部屋には、玉城の夫が密会していた愛人宅というビックリな展開は予想外、まさか科捜研で夫婦の修羅場を犯罪が発生している時に繰り広げるとは面白過ぎて、開き直った夫が浮気をハッキリと認める所に爆笑、警察官も人間なんだなと感じた。
30代女性
音声を聞いている科捜研のメンバーが音声だけで「この流れだと愛人はマリコくん?」という流れになったのには笑いました。しかもマリコ自身が愛人だと勘違いされているのに気付いていないという流れもマリコならそれもありかなと思いましたが、アンジャッシュのコントのようだと思いました。
30代女性
マリコはなぜ愛人と言われているのを否定しないんだろうと診ていて疑問に感じました。マリコはそういうことに疎そうな感じがしますが、それにしてもあれだけ愛人愛人いわれて「違います」と一言も否定しないのはなぜなのかと思ってしまいました。
<第16話>
2019年9月05日放送分

※TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第16話 ネタバレ解説はここをクリック
風丘先生はホテルので人質に取られてしまう。犯人の隙をついて科捜研のメンバーへ犯人と人質の人数を伝える。さらには糖尿病の人の触診で犯人の銃がモデルガンであると伝える。その直後、人質達が開放してと要求しますがが犯人は拒否するそして、犯人は風丘先生へ発砲した。銃声に動揺を隠せない中調べましたが、威嚇発砲だったということが判明する。さらに、中にいた人質に別の事件の容疑者がいることが発覚して、犯人の目的がその人の出頭を阻止する可能性があることが浮上する。中に突入して犯人を逮捕する。しかし、実際は人質としていた風丘先生以外が仮想通貨流失事件の被害者で、その容疑者への復讐で今回の犯行を行なったことが発覚する。
第16話 感想コメントはここをクリック
30代男性
風丘が糖尿病の患者をみてあげてるのが優しいなと思います。風丘が科捜研に暗号を伝えていたのがすごいです。犯人の拳銃がモデルガンと伝えた風丘がとてもすごいと思います。人質がみんな仲間だったのがとてもビックリしました。
20代女性
今回はCMを観た段階から銃声が聞こえてきて、観る前からすでにドキドキしていました。誰か撃たれちゃうのかと思ってひやひやして本編に臨みましたが、皆さんご無事でなによりでした。何より1番驚いたのは人質がみんなグルだった事です。科捜研は毎回良い意味で期待を裏切ってくれるのがすごいと思います。
20代女性
風丘先生はエレベーターで拳銃を持っている人を見つけて、追いかけて数名で監禁された。風丘先生は、窓側に行くことを拒否した理由が肌のことを気にしていたということだったが、防犯カメラの位置を見ていてさすが警察の人間だと思った。
20代女性
防犯カメラの映像で風丘先生のメッセージのおかげで、単独犯ということが分かって、さすが科捜研に出入りしている風丘先生にしか出来ないということだなと思った。防犯カメラの映像だけでここまで出来るのはすごい。
20代女性
ご遺体の声を聞く方の医者だからこそ、目の前に生きている人を見過ごすわけにはいかないという言葉が深く刺さった。マイクロフォンのやサーモカメラでカーテンを締め切らなかったことで調べることが出来てて科捜研には敵わないと感じた。
<第15話>『女神のぬか漬け』
2019年8月29日放送分

第15話 ネタバレ解説はここをクリック
料理研究家の森本雪絵の夫が殺害された。マリコの鑑定結果によると、夫の純一は「ぬか漬け」を食べていた。マリコは、雪絵に会いに行く。雪絵は、ぬか漬けについて説明を始めた。かき混ぜる人によって味が変わると言った。それは、手についた微生物が関係しているからだ。その話を聞いたマリコは、社員が所有している「ぬか床」を鑑定することにした。マリコたちは、雪絵の番組を見ていて気付いた。それは、フライパンだった。刑事たちは、フライパンを金属探知機で調べ始めた。雪絵は取り調べを受けるが、殺害を否定する。雪絵は、経営方針で意見が合わなかった。雪絵は、夫のぬか漬けに対する価値観に疑問を抱いていた。調査を続けた結果、スキレットというフライパンのハンドルカバーに手がかりがあると考えた。
第15話 感想コメントはここをクリック
20代男性
科捜研の女の醍醐味である化学捜査というよりは、刑事の役割に回りすぐていると感じる回であった。検証のシーンを実験室で行って話いるものの実際に物語が進むのは主人公が捜査に出田崎であったために余計そう感じた。しかし内容としてはアイドルの自宅にこっそり凶器が渡っているという設定は面白かった。
20代女性
今回は「ぬか漬け」が事件の鍵になっていました。調査の中でぬか漬けについての科学的な豆知識があって、ぬかとはなかなか奥が深いものだと知りました。科捜研は見るたびに勉強になります。個人的には今回、犯人が誰か当たらなかった事が残念でした。怪しいと思っていたのにことごとくハズレてしまいました。奥が深いです。
20代女性
ぬか漬けの女神と呼ばれるゆきえ先生の旦那さんが亡くなった。旦那さんが亡くなったのにもかかわらずに、ぬか漬けの収録の為に後にしてっていうところが本当に愛しているのかなと思った。旦那のお腹の中から見つかったのが、野菜でぬか漬け成分分析というものもあることが初めて分かった。
20代女性
ぬか床は、臭いイメージがあったが、毎日しっかりと手入れをしていれば臭くなくて食べることもできるんだなと思った。ぬか漬けは発酵食品だから毎日違う味に変化して美味しさも変わるということで、食べてみたいなと思った。
20代女性
森本社長が亡くなり、愛人のぬか床の成分が見つかった。ぬか床キットで作った野菜を食べてもらった時のものだった。奥さんがぬか漬けのことばかり言うから愛人なんかと付き合うんだろうなと思った。どちらも可哀想。
<第14話>『File14 予約された死』
2019年8月23日放送分

第14話 ネタバレ解説はここをクリック
元内科医院の院長、瀬田一郎が、自宅の離れの自室で殺害された状態で発見される。妻の春子が、夜9時半ごろに大きな物音で離れを見にきて、瀬田の変わり果てた姿を見つける。現場に臨場したマリコたちは、瀬田が自ら契約したと思われる葬儀契約書を見つけ、家族に確認するが、妻や孫の誰も知らないものだった。葬儀契約書を結んだ葬儀プランナーの神城峰子が、司法解剖に取り掛かろうとするマリコたちの前に現れ、瀬田が死後、すみやかな火葬を希望していたとして解剖が終わり次第、遺体を預かると主張する。解剖医の早月によれば、神城は死後家族にも隠したい秘密を遺族にバレないように手配する葬儀プランナーとして有名な存在らしい。そんな中、マリコたちは、現場に残されたマニュキュアのトップコートの破片、女性のピンヒール、庭のカエルの置物の付着物などから、事件の真相に急接近する。
第14話 感想コメントはここをクリック
40代女性
今回は宇佐美さんのティータイムが復活していて良かったです。毎回動画を見ているとふとした繋がりが嬉しいものですね。それにしても、8月っぽさを出そうとしたのか、葬儀の予約をしていた被害者。お盆もあったし、終戦記念日などもあったし、生と死を考える機会になりました。事件解決だけじゃなく自分の在り方も問うてくれる番組で毎回楽しみです。
40代女性
葬儀社の女性がミステリアスだったので事件に関わっているのかと思っちゃいました。秘密を絶対守ってくれると噂の「秘密屋」の葬儀社って、家族はそこまで知らなかったから良かったけど、そんな葬儀社に頼んでいたと分かったら気になるだろうなぁ。実際だといくら故人との契約でも、家族がいたら秘密は明かしちゃうんだろうなぁ。
40代男性
葬儀契約書を残し殺されていた内科医の瀬田は、家族に厳格であると思い込まれていたため、夜な夜な一人ラジオを聴きながら投稿ハガキを書き送っていたことが最大の秘密だったものの、遺族となった妻や孫たちが、内縁関係の女性の存在を疑い、右往左往していたのが、最後には笑いとなった展開が面白かったです。
30代女性
家政婦が一郎を殺害していたというオチには驚きましたが、一郎が墓場まで持って行きたかった秘密はハガキ職人だったという可愛らしいもので、火葬場での動画のシーンはほんわかした空気が流れていて少し和みました。和馬が一郎の後を継ぐと言っていたのもなんだか嬉しかったです。
30代女性
今回三石琴乃さんが出演されるということでどんな役なんだろうと登場シーンを楽しみにしていた。ラジオDJという役柄はぴったりだと思うし、お仕置きラジオだとかプレゼントとして贈られるのが赤いピンヒールだとか、セーラームーンを意識しているなと思わされた。
<第13話>『お茶の達人』
2019年8月15日放送分

第13話 ネタバレ解説はここをクリック
宇治茶の久住茶寮の職人の橋本が殺された。久住茶寮ではロケが行われていた。頭部に出血があったが検視により他の場所で殺されて運ばれたと推測さ頭部を鈍器で殴られてから1時間後に死亡した。胃の中に餅と5種類の茶葉が合組されていた。
土門らが聞き込みをすると久住の主人が5年前に橋本の密告で解雇された職人の角倉がギャンブルに、のめり込んでいたとわかる。
角倉の店に宇佐美らが行く。宇佐美がどんな茶葉を使っているのかと問うと市販の袋入りの茶葉を使っていた。1個2000円の茶菓も高価で、ぼたくりのような店だった。マリコが調べると橋本の遺体についていた茶葉は角倉の店の茶葉ではなかった。
一方、宇治茶グランプリが開催され久住、緒方も出品したが、何か隠し持っている角倉が来たと久住のおかみが土門に連絡する。
久住のお茶は審査員に不評だった。土門が角倉を追いかけるが逃げられる。
防犯カメラで角倉が久住の茶を審査の前に差し替えていた。優勝は緒方だったが、緒方は角倉に会っていた。
橋本の下足痕から角倉に茶葉を売っていた茶畑に行くと角倉が合組していた小屋があった。角倉の作業場にあった茶葉と橋本に付着していた茶葉が一致した。
角倉は雀荘にいて土門に捕まるが犯行を否定する。
ところが角倉の小屋で橋本も合組していたと茶葉の注文書等の筆跡から判る。
マリコは角倉に茶を進めるが、土門がまずいというと、グランプリで入れた久住が用意した茶だった。久住は味覚障害だったとマリコが言い、橋本が角倉に合組を教わっていた。角倉は橋本と協力して久住が味覚障害を知られないように茶をすり替えようとして緒方に見られ失敗した。
角倉は茶の木の摘心をしていた真面目な人間だと宇佐美が言う。橋本はグランプリの茶を角倉の小屋で合組して師匠の茶とすり替える予定だった。
橋本が殺された夜、角倉が12時頃店に戻ると橋本の茶筒が置かれていたと言う。茶筒には血痕のシミがあり橋本の血液だった。宇佐美はCa,Mgが少ない軟水でないと茶の苦みが増すという。マリコは茶筒に残ったCa,Mgの量を調べると、角倉の家に出入りしていた水のモニターをしていた女性が持っていた水が使われていた。
女性の持っていたトロフィーが凶器だった。
雀荘で女性は角倉で知り合ったが、可読の店に融資をしたが橋本が近づいてから角倉が冷たくなった。女性は橋本が角倉を久住に戻って貰い、角倉に出資した金を返すから手を引けと言ったので、橋本を殴ったと自白した。角倉はまさか自分を久住に戻そうと思っていたと知らず、驚いた。角倉は自分に自信を取り戻し久住に行って頭を下げてくると言う。
第13話 感想コメントはここをクリック
20代女性
橋本さんが殺された。そのため、科捜研で宇治茶を調べたりして色々な茶があるんだなと思った。ほうじ茶は作るのに13種類くらい使っているらしく、お茶屋さんはそれをブレンドして個性を出して売り出しているんだなと思った。
20代女性
殺された橋本さんは、お茶屋さんで一緒だった門倉。麻雀をしていたことがバレてお茶屋さんを解雇された。恨みがあると思って門倉を捜査するために門倉の店に行ったが、合組して3千円もらうというぼったくりのおじさんで、憎たらしいなと思った。
20代女性
久住さんが宇治茶グランプリに出ている時に、門倉にお茶をすり替えられて苦いお茶が出回ってしまった。優勝は一膳庵の人だった。門倉が何を企んでいるのか、門倉のお茶を合組している倉庫でお茶が一致し、やっぱりこの人はダメな人だと思った。
20代女性
久住さんは味覚障害。亡くなった橋本さんがこっそり直していた。久住さんの代わりに門倉が作ったお茶をすり替えようとしたが、出来なかった。門倉は真剣にお茶に向き合っているからこそ、師匠に味覚障害と言うのを嫌がって言わなかったという理由で安心した。
20代女性
血痕とシミがお茶のケースから見つかり、手がかりがなかったが、硬水と軟水というお茶を入れる時に適した水があり、水を調べようとなり調べた。数多くあって科捜研は神経を使うなと感心した。そして犯人は、何となく師匠なのではないかなと思った。
<第12話>『赤い宝石』
2019年8月8日放送分

第12話 ネタバレ解説はここをクリック
神社の境内で春田光彦がナイフで刺され命は取り留めるが昏睡状態である。マリコらは現場に残された散乱した花びらと、砂に書かれたアルファベット3つのYを発見する。花に付着した血液のDNAから逮捕歴のある諸星大地と一致した。ハングレだった諸星がケガで負傷して、病院に勤務していた春田と面識があったと思われる。マリコは土門の情報から、Yは人間の抗体であると気づき諸星は特別な血液であり、春田が諸星のことを赤い宝石と呼んでいると確信する。諸星が重要参考になった後から、大学に血液の提供していることを掴み、諸星が人を殺害したと思われるナイフを春田は見つけ脅迫され血液を提供していたことがわかる。春田は6年前の事件のナイフをマリコに提出して他の人物の指紋を発見して事実が明らかになっていく。
第12話 感想コメントはここをクリック
50代男性
マリコ(沢口)や土門(内藤)が脇に回り。春田(モト)と諸星(石垣)が主役でしたね。まれな血液を持つ諸星を見つけた春田は、研究と人のためにと犯罪を隠してしまう。功名心の為じゃないから?モトだから、嫌みがなかったのかな。でも、春田もれっきとした犯罪者ですよね。
40代女性
モト冬樹さんが臨床検査技師って~と思いましたが、けっこう似合ってました。ただ全然医療には詳しくないので、説明されても少ししか理解出来ませんでした。普段の京都の風景がたくさん見れる光景が個人的には好きだなぁ。
40代女性
襲われた被害者の手帳の「赤い宝石」が血液の意味で、貴重な血液タイプって凄いんだなぁと思ってしまいました。過去の犯罪が明るみになり、その血液を持つ男性は服役することになりそうだけど、命の大切さや自分が人を救えると知ったみたいで少し明るい兆しがあって良かったです。
20代女性
赤い宝石って言うぐらいだから強盗系かと思ったら全然そんなことなくて、殺人犯だけど良い人っていう話だった。助けた人だけどそれは伝えられないから、殺人犯と言うことしか伝えられなくて、悪い人として残るのは哀しいなと思った。
40代男性
今回は、キーパーソンである諸星大地を演じた石垣佑磨さんの演技が素晴らしかったです。
彼が演じる諸星大地は闇金融業者で、自分の事しか考えないアウトローですが、春田に脅されながらも赤ん坊の命を救うために、血液提供を定期的に続けるシーンから、真面目で律儀な面も見られて良かったです。
<第11話>『殺人遊覧船ツアー』
2019年8月1日放送分

第11話 ネタバレ解説はここをクリック
京都・嵐山の静嵐寺で、嵐徳寺の住職・和田が殺害された。
静嵐寺の住職が亡くなり、以来、和田が訪れていたとのことである。
和田が殺害されたと同時に、京都市の指定文化財である仏像までなくなっていたことが発覚する。
現場に駆け付けた科捜研と土門・蒲原コンビが、和田を殺害した真犯人と消えた仏像の捜索を開始する。
和田の遺体から緑色の繊維片が見つかり、防犯カメラのチェックで、緑色のリュックを背負っていた男性を容疑者と特定し、その足取りを追う。
彼は、ライン下りの船、馬車、トロッコ列車を経由していたことから、マリコと日野所長は、犯人の足跡を手掛かりに、逃走ルートを追う。
そして、船の出向直前に、電子ジャーに盗品の仏像が入っていたことを発見し、同時に、嵐山の断食会に参加した男性(土門に最初に指紋検査を要求された人物)が真犯人であることが判明されたのであった。
第11話 感想コメントはここをクリック
30代男性
科捜研の女はマリコの仕事熱心さに振り回されて、全身が筋肉痛というくたびれた状態でやっとの思いで出勤できたばかりの高齢男性の日野を、再び舞鶴という遥か遠くの場所に連れていくとあっさりといってしまうのが可笑しく、日野がイヤイヤする中でマリコが、鑑定できるのは日野のだけと唯一無二の存在のように聞こえる言葉に思わず、有り難うと返してしまう日野が可愛らしく所が素敵だ。
40代女性
あんな運行する保津川下りやトロッコ列車の中で鑑定なんて実際出来るのかなぁ。意外性とスピード感はありましたが、設定にリアリティがなかった気はしました。いつも風丘先生のお菓子の差し入れが楽しみです。頭を使うと甘いものが欲しいのかな。
40代男性
科捜研の女、お寺の境内に発見された遺体と文化財の仏像が盗まれた犯人の足跡を追って、マリコが川下り、トロッコ列車、馬車と移動しながら鑑定する状況に必然性を感じながらも、体力的な負担を感じている所長の状況が辛そうで同情しつつも、滑稽にも動画で見えました。また、事件で残された足跡が時間の経過と共に薄らぐことも切実に描かれているように感じました。
40代女性
てっきり住職のことを快く思わない檀家ファイブの中に犯人がいると思ったのになぁ。聖職者なのに法事の時にしか寺に顔を出さない住職だからあまり殺害されても気の毒だと思わなかったけど。お寺の仏像ってそんなにお金になるのかな。逃げる経路が京都の観光名所だったので動画の風景はとても楽しめました。
30代男性
断食の会とかとても大変なことをするなと思います。呂久太が差し入れをいち早く食べたのが面白くてよかったです。電気プラグの跡が体についていたのがビックリしました。防犯カメラ条件認証とかすごい機械があるなと思います。
<第10話>
2019年7月18日放送分

第10話 ネタバレ解説はここをクリック
寿司職人を育成する校長が自分の寿司を認めてもらいたくて、殺された寿司職人に対して気持ちを込めた寿司を食べてもらおうとするが、女だから学校行ったって寿司職人にから学んだ訳でもないのにという偏見から食べてもらえず。諦めて帰ると自分の名札がないことに気づき戻ったが、もうすでに亡くなっていた。凶器となっていた名札だったが、パートのおばちゃんが来たことに気づいて逃げた校長。名札の紐をゴミ箱に捨てて証拠を隠滅したものの、科捜研チームが見つけて鑑定した結果からしが付着していた。寿司にからしということがあったが、寿司にもからしを使うものがあり、郷土寿司を作っている寿司職人の1人が自分は認めてもらえていたのに、もう一度考えると言われ腹が立ち殺したということだった。
第10話 感想コメントはここをクリック
40代女性
科捜研での鑑定のシーンももちろんありましたが、外の捜査の方がメインだったような気がしなくもない今回でした。お寿司という食べ物をめぐる「それぞれの思い」が切なくもあり、また、頼もしくもあるなと感じました。
30代女性
今は、実際に起きた事件の捜査でも、事件現場付近だけではなく、逃走経路や関係者と思われる人物の周囲は細かく捜査するとわかっているのに、ネックストラップをゴミ箱に捨てる行為をする人がいるかな?と、少し疑問に思いました。
40代女性
お寿司に使われている酢について勉強になりました。どこのお寿司屋さんでも同じ酢だと思っていたので、まさか、ターゲットになる客層、子供が多いか、若者がメインかなどで酢の種類やその配合が違うなんて驚きです。もっと味わってお寿司を食べよう、と思いました。
30代女性
清水美沙さんを、テレビドラマで久しぶりに見ました。もともとは、羽田美智子さんと同じような雰囲気や位置付けだったと思いますが、いつのまにか大きく差が開いてしまったなと思いました。でも。スタイルも変わってないし、あまり老けたとは思いませんでした。
30代女性
「口は災いのもと」という言葉を思い出してしまいました。今回は“災い”てはなく、事件の解決に結びつくヒントにもなったのですが、寿司の中にはワサビではなく、からしを使う寿司があると話さなければ、事件は早期解決はしなかっただろうと思いました。
<第9話>『京都爆弾観光ツアー』
2019年7月11日放送分

第9話 ネタバレ解説はここをクリック
今回は京都の観光名所にアプリを使って京都の音を楽しんでもらおうという京都の観光促進のプロジェクトに関係した犯罪を暴くことになった。科捜研のマリコたちの元に、犯人から京都の観光名所に爆弾を仕掛けたという脅迫文が爆発の様子を収めた動画と共に届いたのだった。そして、爆弾が爆発するのはその日の午後5時。マリコたちは必至で爆弾が隠されていそうなところを探しあてることに力を注ぐこととなった。それと同時に、この観光プロジェクトに関わっていた音響の専門家尾藤が失踪していることがわかった。そして、尾藤には経費の不正流用の疑いがもたれていたこともわかった。最初は爆弾を仕掛けた犯人かと思われていた尾藤だが、尾藤と共に働いていた尾藤の婚約者が尾藤を警察に探して欲しいがために起こした狂言であることが判明した。結果的にマリコたちは尾藤の殺害された遺体を探し当てることとなった。そして、尾藤と共に埋められていた録音装置からマリコたちに協力していた京都観光促進センターの園崎が尾藤殺害現場にいたことが判明した。園崎は自分がした経費の不正流用の罪を尾藤におしつけ、それが尾藤にバレて突発的に尾藤を殺してしまったのだった。マリコたち科捜研のメンバーは爆弾探しをしているつもりが、殺人事件の真相を暴く結果となったのだった
第9話 感想コメントはここをクリック
近日更新予定です。

ドラマ「科捜研の女 season19」イントロダクション・キャスト情報

Introduction

最新の科学捜査テクニックと豊饒な人間ドラマに四季折々の京都をプラス!
1999年10月からスタートした「科捜研の女」は、2019年に放送開始から記念すべき20周年を迎えます。そして同年は、テレビ朝日の開局60周年。春・夏・秋・冬の4クールに及ぶ1年間の放送は、二つの節目を記念してのビッグプロジェクト!!

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描き、“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーを展開してきた「科捜研の女」。1年間のレギュラー放送ということで、そんなドラマの魅力に京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれていくことでしょう。

■Cast

沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、金田明夫 ほか

■「科捜研の女 season19」公式SNS

公式サイト Twitter

ドラマ「科捜研の女 season19」のみどころを募ってみた☆

20代男性
科捜研の女は前作から見始めましたが、毎話違う話で飽きずに面白いです。あと沢口靖子さんと内藤さんのコンビが好きです。今回は1年間の放送みたいで全話見れるかわかりませんが、可能な限りみたいと思っています!
50代女性
もう20年も放送されてるのですね。科捜研の女は他のサスペンスや刑事ドラマよりシリアスな雰囲気になりすぎないところが好きで、ずっと見ています。京都の景色も楽しみです。

「科捜研の女 season19」出演者作品リンク

近日公開予定です。