ドラマ『科捜研の女 season19』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程
2019年4月18日(木)スタート!
【毎週木曜】よる20:00~テレビ朝日放送

ドラマ『科捜研の女 season19』動画視聴方法

ロボットカマクラくん
2019年ドラマ『科捜研の女 season19』
『U-NEXT』で第1話から最新話までフル動画配信中です〜!!
過去シリーズも配信中でヤンス!
動画配信情報

ドラマ『科捜研の女 season19』は「U-NEXT」で第1話から全話までフル動画配信中!

31日間の無料トライアル特典『600円相当』のポイントで『1話分』が完全無料に!!

★「U-NEXT」おすすめ3大ポイント

  1. 動画配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!
  2. ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!
  3. 継続利用で『毎月1200円分』のポイントが貰える!ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!

●『U-NEXT』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『U-NEXT』ユーザー
U-NEXTは家族で使えるのが良いです。1人が契約しているだけで家族が無料で使えるので月額が安く感じます。更にU-NEXTをテレビで楽しめるのも有難いです。家族でテレビなどの大きな画面で楽しめるのがおススメです。【30代・男性】
U-NEXT使用感想をもっと読む
20代女性
コンテンツが豊富で、昔懐かしのドラマやアニメもそろっています。アニメの名前も思い出せないけれども、なんだったろう…と思うものも、探してみるとあり、懐かしい気持ちになれます。U-NEXTは月額が比較的他社よりも高いですが、その分ポイントで半額以上還元されているので、実質金額は他社とは大差ありません。このポイントを使用して、色々なコンテンツを楽しむことができます。最新の映画等もポイントで見ることができるので、新しい作品を見たい人向けでもあります。例えば、続篇が劇場公開している作品の前編がセールで安く見れるようになってたりなど、流行りの作品もチェックできます。U-NEXTといえば映像というイメージが私にはありましたが、書籍も扱っていて、雑誌を無料で読むことができます。ファッション誌も毎月発売時に新しいものが読めます。他にもポイントで漫画や小説を購入する事もできます。昔集めていたけど、今どうなっているか気になる物など、気軽に読めて便利です。

見逃し動画 検索

ロボットカマクラくん
<第1話>2019年4月18日(木曜)よる8時スタート!
4クールの1年間、京都を舞台にした『科捜研の女』が楽しめるでヤンス〜♪
  • <第1話〜全話>をフル動画視聴!
U-NEXT
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
<最終回/第34話>Last file 20年目の榊マリコ
2020年03月20日放送分

  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)
TVer テレ朝キャッチアップ GYAO!
公式 第34話あらすじ

殺人事件で指名手配をかけられ、長らく逃亡していた芳賀悦郎(田中要次)が逮捕された。本人は犯行を否認し、弁護士も鑑定の証拠能力に疑問を唱え、再鑑定が行われることに。科警研は、榊マリコ(沢口靖子)に白羽の矢を立て、その依頼に訪れたのは、彼女の父で元科捜研所長の榊伊知郎(小野武彦)だった!
科捜研メンバーたちはさっそく事件現場へ赴き、当時、兵庫県警が行った捜査について検証を行う。

『加美鳴沢写真家殺人事件』は20年前、京都と兵庫の府県境にある別荘地で発生。写真家の狩野篤文(比留間由哲)が自身の別荘『雷冥荘』で射殺され、凶器の猟銃からは友人で小説家の芳賀の指紋が検出された。
事件当時、雷冥荘には2人以外にも狩野の友人、妻、モデル、アシスタントの計6人が集っていた。管理人の証言によると、他には雑貨店の店員が軽トラックで食材を届けに訪れただけで、別荘地のゲートが閉ざされた夕方以降、人の出入りはなかった。
夕食を兼ねたパーティーで狩野は、芳賀と激しく言い合いをした後、1人でアトリエに籠り、翌朝、射殺体で発見された。同時に芳賀も行方をくらましてしまい…。兵庫県警は、その経緯と猟銃に指紋が付着していたことから、芳賀が狩野を射殺し逃亡を図ったものと見ていた。

マリコは猟銃の指紋に疑問を感じて検証を行い、「芳賀が犯人とは言い切れない」と裁判員裁判の法廷で証言し、兵庫県警と真っ向から対立してしまう。しかし芳賀が犯人でないなら、いったい誰が狩野を殺したのか。真犯人を突き止めるべく鑑定を進めるマリコたち。
一方、法廷には事件当時、別荘に滞在していた者たちが証人として一堂に会し、過去の秘密や本音を暴露して裁判は荒れに荒れまくる。
そんな折、なんと第2の犠牲者が…20年経った今も事件は続いていたのか!?
事件がより複雑な様相を呈していく中で、科捜研の鑑定により意外な手がかりが発見される!
狩野殺しの真犯人と、あまりに意外な背景とはいったい?
マリコの鑑定が真相を全て解き明かす!
ゲスト:小野武彦、田中要次、河井青葉、東根作寿英

【出典:ドラマ『科捜研の女 season19』第34話あらすじ

第34話 ネタバレ解説はここをクリック
20年前の殺人事件で指名手配されていた芳賀が逮捕されたが、犯行は否認し、弁護士も鑑定の証拠能力に疑問を唱えたため再鑑定が行われることになる。なんと元科捜研の所長でマリコの父が依頼にやって来てみんなを驚かせる。さっそく、マリコたちは事件のあった兵庫県の屋敷に向かう。事件後閉鎖されていたため証拠品はそのまま保管されていた。事件は写真家の狩野が殺害されたのだが、その時に逮捕された芳賀以外にも友人たちが同席していたため、公判では他の同席者たちにも注目が集まる。凶器となった猟銃を調べた結果、芳賀が犯人でなかったことが証明され、騒然となる。ただ公判が続く中、裁判員のひとりでマリコの父の知り合いが殺害されてしまう。どうやら過去に事件当日に現場にいたらしい。新たな殺人が起こってしまいそちらも調べることになったマリコたち。実は殺害された狩野と被疑者、芳賀ともう一人の友人が学生賭博をしていたことがあり、その争いがきっかけで犠牲になっていたひとりを殺害したことをきっかけに仲間割れが起こっていたのだった。しかも、狩野の妻がその取引を見ており、芳賀に罪を着せたのをいいことに自分以外の女性の写真を撮る狩野への嫉妬心から殺害して隠ぺいしたのだった。過去の事件も今回の殺人も無事に解決し終幕
第34話 感想コメントはここをクリック
20代女性
20年前の事件はまだ終わってないのでしょうか?滞在者は全員京都にいて、みんなが怪しかったです。滞在者と矢部とあと一人軽トラックに乗っていたのは誰なのでしょうか?芳賀が殺したのは狩野ではありませんでした。
20代女性
マリコと土門がいいコンビだと思います。芳賀が逃走していたのがすごいと思います。芳賀が小説を書いていたのがとてもビックリしました。矢部が殺されたのがとてもビックリしました。軽トラックにもう1人乗っていたのがとてもビックリしました。
40代女性
これまでと違って法廷を舞台にしているのが面白いと思いました。しかしながら、展開が二転三転するなどストーリーも謎が多いから目が離せないのもよく、1作目での事件を取り扱っているので、往年のファンとしては集大成という感じで感慨深いものがあります。
30代男性
別荘に滞在していた全員が怪しかったです。裁判の中でそれぞれの意外な関係性が明らかになりました。小説の糧に逃亡をするのでしょうか?別荘には他にも滞在者がいたようです。矢部を殺したのは真犯人の仕業でしょうか?
30代女性
今回の事件の被害者は、殺されても仕方なかった感じだな。日頃から、感情の起伏が激しく、気に入らなければ、平気で暴力も辞さない。そういう人は、いつ誰に恨みを買っても仕方がない。2時間スペシャルなので、法廷の様子まで放送して、サービスアップだな。科捜研は、何でもかんでも科学的に分析するので、犯人としては厄介な相手だな。
<第33話>File33 ニューヨークから来た悪魔
2020年03月13日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

公式 第33話あらすじ

アメリカで大人気の照り焼きソース“テリヤキング”の創業者で会長の本多嘉壱(福本清三)がニューヨークの自宅で死亡。その2週間後、嘉壱の娘で日本支社専務の本多鏡子(美鈴響子)が、屋外で頭部に外傷を負った状態で死亡しているのが発見され、榊マリコ(沢口靖子)らが臨場。
土門薫(内藤剛志)は、テリヤキング日本支社へ。嘉壱の長男・幸一(大場泰正)はかつて日本支社の社長だったが父と喧嘩して3年前に会社を追われ、現在は次男の光二(井之上チャル)が社長の座に就いている。しかし嘉壱は鏡子を社長にしようとしていたという話もあがり…。三人の子どもたちには深い確執があったようだ。
嘉壱が相続人にしていたのは、これまで4人もの資産家から莫大な遺産を相続し、かつてマリコにも敵意をむき出しにした“令和の毒婦”こと森聡美(鶴田真由)と判明。京都で起きた4人目の夫の死に関する容疑はマリコらの鑑定によって晴れたものの、2人目の件については神奈川県警が捜査を継続している女性だ。
聡美が遺言公正証書を作らせた嘉壱は死亡し、その娘も殺害された。2人の死が無関係とは考えられない。そこで鏡子の血液から毒物の鑑定をするのだが、検出されず…。
そんな中、鏡子の死亡推定時刻に、聡美が殺害現場のテリヤキングの日本支社を訪れていたことが判明。聡美を捜そうとしていた矢先、なんと本人が京都府警を訪問してマリコを呼び出し、「私を犯人だと思うなら、それを証明して」と挑発!
マリコが科学鑑定で明かす真相とは…!?

ゲスト:鶴田真由、清水ミチコ、大場泰正、不破万作

【出典:ドラマ『科捜研の女 season19』第33話あらすじ

第33話 ネタバレ解説はここをクリック
テレビニュースでアメリカで大人気の照り焼きソースの創業者がニューヨークで死亡したと報じた。テリヤキングという照り焼きソースの会社の創業者の娘で専務が河川敷で殺害されているのが発見された。日本支社に捜査に行く土門は家族間で揉めている事、致死量の血痕を発見、更には森聡美が会長の相続人だという事が分かった。死亡推定時刻に森聡美がいた事が防犯カメラで判明、京都府警に乗り込んで来て無実を証明して欲しいと土門にお願いする。そしてニューヨークから女性捜査官が到着、死亡した創業者の件を調べに来たが森聡美が気になっていた。レンタカーを借りて行った先は、やはり大富豪の独り身の男性宅ですでに遺言も作成していた。土門は森聡美の忘れ物で爪ヤスリが気になりマリコの元へ持ち込むと付け爪に何かを隠しているのではと疑う。森聡美が使用したと見られる車から毛髪が発見され、ドライブレコーダーを復活させると行き先が判明し、凶器が発見された。凶器についていた指紋は販売担当の重役だった。そして凶器には森聡美の爪の破片が付着しており毒薬まで付着していてニューヨークで死亡した創業者の口の中の注射後から同じ物が見つかり逮捕された。土門とマリコは今の生き方を変えられないと語るのであった。
第33話 感想コメントはここをクリック
20代女性
車にあった毛髪を調べるシーンで、髪の毛1本だけを調べるのは大変だろうなと思いました。風が吹いたらどこかに行ってしまいそうでした。森聡美が毛髪の提出を求められて、土門さんの前で髪を切ったのが怖かったです。
20代女性
マリコがネイルに鈍感なのが面白くてよかったです。土門が細かいことを覚えているのがすごいと思います。メールを復元できるのがすごいと思います。森が注射器を買っていたのが驚きました。土門達が森の中で凶器を探していたのが大変だなと思います。
40代女性
遺体から毒物が出なかったのがとてもビックリしました。森が取調室から出て行ってしまったのがとてもビックリしました。森がお金持ちが大好きなのが笑えてよかったです。老人がみんな森に騙されているのがすごいと思います。
30代男性
令和の毒婦と言われる森聡美が再登場で何が起こるのかワクワクしました。今度はニューヨーク在中の大富豪とスケールが大きくなって、毒婦も進化してるって思いました。マリコをブスって呼ぶ感じの悪い女で、わざわざ京都府警に乗り込んでくるなんて図々しいですよね。日本の別の大富豪にも遺言書を書かせていて抜かり無いね。以前に付け爪はしないと言っていたのに、今はしていて怪しい、ネイルサロンの事件が伏線になっていたんですね。ドライブレコーダーやスマホを削除したつもりでも復元されて証拠がバッチリで、やっと尻尾を出したようで喜んじゃいました。なのに犯人は販売担当の重役だったとはビックリ、森聡美は死体と凶器を運んだだけだったのは残念でしたね。でもニューヨークの事件では犯人だと分かったので、ようやく逮捕出来て良かった。清水ミチコさんの出番が少なかったのは残念だったな。
30代女性
土門とマリ子のネイルのやり取りが面白かったです。聡美なりにネイルのこだわりがあるようでした。朝比奈と聡美のやり取りが面白かったです。 聡美と科捜研の決着がついにつきました。来週の捜査も楽しみにしています。
<第32話>File32 マリコのネイルサロン
2020年02月27日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

公式 第32話あらすじ

保険外交員の朝吹樹里(佐藤乃莉)が自室で刺殺された。臨場した榊マリコ(沢口靖子)は1ミリほどのパールを発見。
被害者の服装には合わない、派手な赤い爪に違和感を覚える涌田亜美(山本ひかる)。被害者の所持品には、ネイルサロン『ラ・カージュ』の会員証があった。
詐欺や恐喝の前科を持つ樹里は、死の直前、誰かを恐喝していたことが明らかに。事件当日、樹里の部屋を訪れた人物が恐喝を受け、殺害したのではないか…。
現場で発見されたパールにはエメラルドグリーンのネイル塗料が付着しており、事件当日、何者かが落とした模様。容疑者はエメラルドグリーンの爪をしている可能性が高い。心当たりがないか『ラ・カージュ』を訪ねるマリコ。なんと店長の篠宮佐和(佐藤江梨子)が、エメラルドグリーンの爪にパールのストーンをつけていた!
佐和と同じネイルを施してもらったマリコはさっそくラボで鑑定。
樹里と佐和は高校時代、不良仲間で万引きや窃盗を繰り返していたことが判明。それをネタに樹里が佐和を脅していたのではないか?
佐和は恐喝を受けていたことと、事件当日、樹里の家を訪ねたことは認めるものの、殺害は否認。しかしアリバイのない佐和に対する嫌疑は濃厚で…。
そんな中、被害者の爪が二重に塗装されていたことが判明。しかも上塗りされたマニキュアで隠されていたジェルネイルには、とんでもない秘密が隠されていた!?
マニキュアの塗られた時間から佐和のアリバイを確かめるべく、マリコは科捜研メンバー全員の手を借り、ネイルアートの実証実験を行う!!
やがてマリコが導き出す驚がくの真実とは…!?

ゲスト:佐藤江梨子、藤田弓子、広岡由里子、佐藤乃莉、植木祥平

【出典:ドラマ『科捜研の女 season19』第32話あらすじ

第32話 ネタバレ解説はここをクリック
自宅で刺殺された保険外交員・樹里。派手な赤のネイルをしていたが、臨場したマリコは落ちているパーツも発見する。鑑定の結果、ネイルのパーツからは被害者がしていた色とは違う塗料が検出される。被害者と犯人がもみ合った時に取れたものなのか?!、殺害現場にあった名刺から被害者の通っていたネイルサロンが判明。さっそく客を装いサロンに来店するマリコ。するとオーナーでネイリスト・佐和のしていたネイルの色が殺害現場に落ちていたパーツの塗料と同じで、ネイルに付いていたパーツもまったく同じだと気づく。さっそく佐和とまったく同じものにしてほしいと頼むマリコ。科捜研に戻り鑑定した結果、ネイルパーツは殺害現場落ちていたものと同じと判明。翌日、佐和のもとに聞きこむと、昔の知り合いで不良だった過去を脅されていたことが分かる。ただ佐和は脅されても屈しなかったようで殺害はしていない分かる。そんな時、同じように脅されていた女性がいたことが分かる。ネイルサロンに通う女性で佐和とも顔なじみだった。問い詰めると女性は樹里に脅されて貴金属を買わされていたことが判明。しかし殺害は否定・・・。また捜査は振出に戻るが、樹里が脅していた女性の娘は養子で本当の母親には前科があることが分かる。結局、犯人は樹里が脅しのネタにしていた犯罪者の方の女性だった。途中まで樹里と共犯関係だったようだが、娘と孫を案じたのか殺害したようだった。
第32話 感想コメントはここをクリック
20代女性
ネイルストーンは、ネイルサロンにしか卸していない石というものもあるのだなと思いました。こんな風に、本当の警察も迅速な捜査が行われているのだったら、ほとんどの事件は、すぐに解決しそうだなと思いました。未解決事件は、ごくわずかな気がします。
20代女性
真木に前科があったのがとてもビックリしました。朝吹が脅していたのがとてもひどいと思います。三連リングを彼氏が朝吹の彼氏が持っていたのがとてもビックリしました。指輪を抜く時にマニキュアがついたのが驚きました。
40代女性
犯行現場は、そのまま保存しておかなければいけない、ということは、ほかの警察ドラマでも見たことがありますが、ストーブが着いたままの部屋では、遺体の状況が悪くなるのではないかなと思いました。死後硬直が始まっていないから、1時間くらいと言っていましたが、だんだんズレが出てくるのではないかなと思いました。
30代男性
アパートで女が殺され、部屋に落ちていたネイルストーンからネイルサロンの店主に行き当たると佐藤江梨子さんで久々に登場だけど相変わらず綺麗ですね。マリコがせっかくネイルしたのに鑑定に回しちゃって勿体なかったな。被害者のネイルから二次元コードが出てきたのはビックリ、それは落ちる心配無いのかな。ネイルサロンの常連客も被害者から脅されてディオールの三連リング買わされたとか酷いし指輪羨ましいぞ。ネイルが塗られた本当の時間を調べるために科捜研メンバー全員がネイルするとか発想が面白いですよね。付け爪から残留物が出て真犯人が判明、ネイルサロンの常連客の娘の本当の親だったとは娘を守ったのかな。悪人だけど感動するお話だったのかな、人を想う気持ちって難しいね。
30代女性
科捜研でネイルサロン出来そう~。被害者のネイルに不審を抱いたマリコさん。徹底的にやるのはいいけど、男子までネイルに協力させるのはやめてあげて。蒲原刑事の手がとっても綺麗でちょっとうっとりしちゃいましたが。かばい合ったりして最後までどんでん返しがあり今回も見応えがあり面白かったです。
<第31話>File31 ピンク色の鑑定
2020年02月20日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

公式 第31話あらすじ

保険外交員の朝吹樹里(佐藤乃莉)が自室で刺殺された。臨場した榊マリコ(沢口靖子)は1ミリほどのパールを発見。
被害者の服装には合わない、派手な赤い爪に違和感を覚える涌田亜美(山本ひかる)。被害者の所持品には、ネイルサロン『ラ・カージュ』の会員証があった。
詐欺や恐喝の前科を持つ樹里は、死の直前、誰かを恐喝していたことが明らかに。事件当日、樹里の部屋を訪れた人物が恐喝を受け、殺害したのではないか…。
現場で発見されたパールにはエメラルドグリーンのネイル塗料が付着しており、事件当日、何者かが落とした模様。容疑者はエメラルドグリーンの爪をしている可能性が高い。心当たりがないか『ラ・カージュ』を訪ねるマリコ。なんと店長の篠宮佐和(佐藤江梨子)が、エメラルドグリーンの爪にパールのストーンをつけていた!
佐和と同じネイルを施してもらったマリコはさっそくラボで鑑定。
樹里と佐和は高校時代、不良仲間で万引きや窃盗を繰り返していたことが判明。それをネタに樹里が佐和を脅していたのではないか?
佐和は恐喝を受けていたことと、事件当日、樹里の家を訪ねたことは認めるものの、殺害は否認。しかしアリバイのない佐和に対する嫌疑は濃厚で…。
そんな中、被害者の爪が二重に塗装されていたことが判明。しかも上塗りされたマニキュアで隠されていたジェルネイルには、とんでもない秘密が隠されていた!?
マニキュアの塗られた時間から佐和のアリバイを確かめるべく、マリコは科捜研メンバー全員の手を借り、ネイルアートの実証実験を行う!!
やがてマリコが導き出す驚がくの真実とは…!?
ゲスト:佐藤江梨子、藤田弓子、広岡由里子、佐藤乃莉、植木祥平

【出典:ドラマ『科捜研の女 season19』第31話あらすじ

第31話 ネタバレ解説はここをクリック
ポケットの中で大量の十円玉を入れている一人の男性が殺されているのが発見された。さらにその現場から、まるで警察を挑発するかのように地図と手ぬぐいが発見される。やがて被害者は19年前に行方不明になっていた元染色家の後藤であることがわかった。やがて手ぬぐいを巻き付けた人物である、川上を発見する。彼は自分が小学校の低学年の時、誘拐されたことを思い出してその捜査をさせるために手ぬぐいを巻き付けたという。そしてその誘拐事件の犯人は被害者である後藤であり、また余命数か月であることも判明する。後藤の知り合いの証言により、被害者は十円玉は盗んだのではなく両替された物で、染色するのに使われたのだ。川上の蘇った記憶から、後藤が最後に訪れた場所がわかり、殺害現場を見つける。誘拐事件の共犯者と、後藤を殺害した犯人は別であり、川上社長であった。彼は自分が保身の為に誘拐事件をなかったことにしたことを息子に知られたくないがために殺したのだと告白した。
第31話 感想コメントはここをクリック
20代女性
遺体が発見された場所で怪しい行動をしていて険しい表情をしていた川上夏夫だけに寡黙な男性だろうと予想していたのに、マリコと蒲原が捜査に向かうと軽い口調で出迎えて、マリコの服装を惜しいと言いながらファッションアドバイスを始めてしまう姿に唖然となり、人は見かけによらないものだと改めて感じた。
20代女性
日本の伝統工芸の染物の草木染めというものがあり、色んな植物が色を出す材料になることを知れて興味深かった。科捜研の女はいつも途中でちょこっと姿を見せる人物が犯人なので誰かな、と思って見てしまう。今回も多分この人かな、と思った人は誘拐犯ではあったけど殺人の犯人ではなく、外してしまった。ホームレスが重要な証言を持っていることが多いのもこのドラマのあるあるだと思う。
40代女性
誘拐の容疑者の男は、ふてぶてしくて感じわるかったです。でも、科学捜査の証拠の前には、自白するしかなかったですよね。でも、ゴトウさん殺しは、別人の犯行だったことは分かってもらえて良かったですよね。ゴトウさんを殺した犯人は、息子に自分が間違っていたことを指摘されてしまい、父親として残念な最後でしたね。
30代男性
刑事の蒲原が遺体が見つかった現場の進入禁止テープに巻き付けられた手拭いと一緒に見つかった紙のメモ書きから謎の数字を見て、呂太が頭の数字を見て国際番号と知識豊富さをみせると、宇佐見も負けじとイギリスの番号があると存在感をみせる場面は短いながら面白い。
30代女性
川べりで19年前に失踪した染色家の後藤とわかる。タオルを持った若者がいて、被害者の指紋がついたタオルが立ち入り禁止のテープに巻かれてと現場の地図がのこされていた。みやにという染色工房に行くと妻が遺品のタオルは工房で染色したと言う。19年間、夫から連絡がなかったと言うが、妻が殺したのかとも思った。後藤は公園のホームレスで賽銭泥棒をしていた。動画にタオルを現場に置いた古着店経営の川上が浮上し川上が犯人かと思ったら、19年前の誘拐事件を警察が捜査してくれないかと思って事件に便乗したとは驚きだ。川上の父親が後藤をクビにしたと言う。マリコが後藤の服に十円玉しかなかったのはおかしいと言うと、後藤が古い十円玉を500円玉に替えたようだ。マリコが食用酢を後藤が持っていて十円玉の酸化銅が酢と反応すると草木染をしようとしていたとは鋭い洞察力だった。川上の父が息子の誘拐を否定するのが土門が疑問に思ったのも鋭かった。川上が19年前、後藤と落ち葉を拾ったがピンク色に染まらず後藤が約束の色を染めることが出きず、都彼岸の葉を使ったと判る。川上の脱税に絡んで後藤と組んで息子を誘拐した男が犯人だと思った。しかし後藤を殺していないと言う。川上社長のDNAを現場の血痕を照合するとマリコが言うと、脱税を隠蔽する為に誘拐事件を、もみ消したのを後藤にばらされるのが嫌で川上社長が後藤を殺したとは利己的な父親だと思った。
<第30話>File30 100円の殺人!?
2020年02月13日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

公式 第30話あらすじ

公園で女性の殺害遺体が発見され、榊マリコ(沢口靖子)らが臨場。状況から殺害現場は他の場所と考えられた。
被害者はブログで人気を誇る“節約の達人”柴崎佐江(菊地美香)だと判明。だが実は贅沢が大好きな佐江は、儲けるためにブログを書いていた“ビジネス節約家”であり、節約情報を提供していた“ゴースト”の存在も浮上する。
一昨日、夫婦喧嘩をし、家を出て行ったきりだという被害者。直接の死因は、後頭部を鈍器で殴られたことだが、背中や両腕にも亡くなった後についた奇妙な線があった。胃にはパン、卵、タマネギ、牛脂、胡椒が残っており、節約料理と見られたが、何の料理かまでは不明だった。
遺留品の指紋から、“本物の節約の達人”園田逸子(松岡依都美)を見つけ出す科捜研メンバーたち。逸子は、佐江と半年ほど前に出会って以来、節約の知恵を無償で提供しブログに協力していたという。家出した佐江を自宅に泊めたことも認めるが、“殺人のような金がかかる無駄はしない”という驚きの理由で殺害を否認。マリコらを追い返してしまい…!?
そんな中、新たに浮上した容疑者は、逸子の実母で別居中の園田志乃(筒井真理子)。20年前に発生した殺人事件の犯人で、なんとその罪を娘の逸子になすりつけようとしていたという。当時、母娘に何があったのか? 2人の根深い確執の裏にある真実とは…!?
被害者が最後に食べた意外な物と、思いもよらぬ殺人トリックをマリコが突き止め、現在と20年前に起きた事件の真相を解き明かしていく!

ゲスト:松岡依都美、筒井真理子、日野陽仁、菊地美香

【出典:ドラマ『科捜研の女 season19』第30話あらすじ

第30話 ネタバレ解説はここをクリック
公園でマリコらは節約の達人・柴崎の遺体を鑑定する。マリコは柴崎のブログから本物の節約の達人・園田逸子であると気づく。警察が捜査する中逸子の母・志乃が浮上して柴崎を恨む過去があり、志乃が営んでいるお店で柴崎と同じパンの耳ステ-キの食材を発見、志乃は今度は自分の娘・逸子を警察の目を向けさす。そしてマリコらの鑑定結果、志乃が作ったものだと判明して志乃はあっさりと柴崎を殺したと認める。逸子がお金がかかると言っていた殺人をマリコは100円の結束バンドで遺体を運んだと掴む。逸子も志乃が犯人と感じ遺体を運んだことを認める。そしてマリコらは凶器パンスト貯金のお金とお守りの指紋から、志乃に好意をもている真犯人を突き止める。犯人は20年前の事件の犯人で、柴崎がそれを見てお金を揺すっていた。
第30話 感想コメントはここをクリック
20代女性
娘のお守りが落ちていたから、ストッキングの凶器を見つけてしまったからではないかと土門さんとまりこさんに言われて動揺する姿は、絶対嘘をついていると丸わかりだなと感じた。捜索令状を取れたと聞いた時の顔は、鋭かった。
20代女性
節約に興味があるので、楽しみにしていました。節約ブロガーにはゴーストライターがいました。食パン耳ステーキで800円もとるのか、と思いました。20年前の事件は違う真相が有るようでした。なんだかんだで親子は思い合っているんだな、と思いました。
40代女性
節約のプロは言うことが違うと思った。殺人を犯したら後始末にどれだけお金がかかるかなんて普通は考えないようなことを言ってた。泊まった部屋を見せてといっても、掃除する洗剤の代金や電気代がもったいないから嫌だって言ってた。凄くケチ。節約通り越してる感じですね。
30代男性
凶器がストッキングということで、ストッキングで人を殺せるってすごい。娘を守るために、娘を売って悪い母親役をしようとする姿がさすがだなと思った。いつこさんを何故殺そうと思ったのか、展開の流れが面白いと思う。
30代女性
マリコvs節約の達人。毎週、沢口靖子さんの凛々しく、賢く、美しい姿に癒されております。今回の推理も冴えていましたね。やっぱり、嘘はバレるんですよ。転がる最中が、ヒントになりましたね。タライで転がして遺体を運ぶなんて、なかなか思い付かないですよね。
<第29話>File29 銭湯アイドルの秘密
2020年02月06日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

公式 第29話あらすじ

スーパー銭湯アイドル・十文字政宗(柏原収史)の楽屋で白骨化した頭蓋骨が見つかった!
榊マリコ(沢口靖子)と涌田亜美(山本ひかる)が臨場。頭蓋骨は成人男性のもので他の部位の骨も見つかる。刃物で傷ついた骨もあり、殺害が疑われる状況だが、DNAデータベースに該当者はいなかった。
18年前に歌手デビューし、すぐに表舞台から姿を消した十文字。3年前からアルバイトをしている銭湯でまた歌い始め、人気者になったが、それまでの足取りは不明。骨と共に2人の男が映る不鮮明な写真も見つかり、うち1人は十文字と顔の特徴が一致。謎多き歌手には濃厚な嫌疑がかけられる。
白骨化した男性には、通常12対の肋骨が13対あるという特徴が。さらに外科手術痕を手掛かりに、風丘早月(若村麻由美)が身元を調査する。
一方、マリコら科捜研メンバーは骨を持ち込んだ人物を突き止めるため、楽屋から検出された女性の“素足痕”を元に、なんと十文字のステージを見に集まった女性客全員から足裏の痕を採取! だが堀之内希和(左時枝)がその場から逃げてしまい…!?
マリコらは希和を追い、自宅を訪ねて風呂場から素足痕を採取するものの、本人は依然、行方不明。
さらに白骨の身元は14年もの間、音信を絶っていた希和の息子、堀之内寛太郎(西尾塁)だという驚がくの事実も判明する!!
しかも寛太郎には十文字とつながりがあったことも分かり、土門薫(内藤剛志)が厳しく追及するのだが…。
十文字と寛太郎の間に何があったのか? そして骨を持ち込んだ犯人の意図とはいったい?
複雑に入り組む事件の真相に、マリコが科学鑑定で光を当てる!!

ゲスト:柏原収史、左 時枝、しゅはまはるみ

【出典:ドラマ『科捜研の女 season19』第29話あらすじ

第29話 ネタバレ解説はここをクリック
スーパー銭湯アイドル・十文字政宗がライブを終えて楽屋に戻ってから、白骨化した頭蓋骨が発見された。現場にはマリコと亜美が臨場し、成人男性のものであることは確認できたが、身元が不明で難航する。そんな中、政宗と一緒に男性が写っていた写真が発見され、その男性こそ、被害者・堀之内寛太郎であることが判明される。十文字は18年前に歌手デビューしたが、すぐに表舞台より姿を消し、3年前に銭湯アイドルとして人気となり、レコード会社との契約を進めていたが、3年前の殺人事件の容疑者として嫌疑をかけられる。政宗と寛太郎は、過去に借金の取り立て屋として行動を共にしたという関係が明らかになり、疑いが強まったが、マリコたち科捜研が、政宗の楽屋に忍び込んで頭蓋骨を置いた人物を、座布団の足跡から特定し、寛太郎を殺害したのは彼の親戚である男性だった。寛太郎の母親は、政宗が大切に持っていた寛太郎のタスキを見て心を動かされ、寛太郎の分まで頑張ってほしいと応援するのだった。スーパー銭湯アイドル・十文字政宗がライブを終えて楽屋に戻ってから、白骨化した頭蓋骨が発見された。現場にはマリコと亜美が臨場し、成人男性のものであることは確認できたが、身元が不明で難航する。そんな中、政宗と一緒に男性が写っていた写真が発見され、その男性こそ、被害者・堀之内寛太郎であることが判明される。十文字は18年前に歌手デビューしたが、すぐに表舞台より姿を消し、3年前に銭湯アイドルとして人気となり、レコード会社との契約を進めていたが、3年前の殺人事件の容疑者として嫌疑をかけられる。政宗と寛太郎は、過去に借金の取り立て屋として行動を共にしたという関係が明らかになり、疑いが強まったが、マリコたち科捜研が、政宗の楽屋に忍び込んで頭蓋骨を置いた人物を、座布団の足跡から特定し、寛太郎を殺害したのは彼の親戚である男性だった。寛太郎の母親は、政宗が大切に持っていた寛太郎のタスキを見て心を動かされ、寛太郎の分まで頑張ってほしいと応援するのだった。スーパー銭湯アイドル・十文字政宗がライブを終えて楽屋に戻ってから、白骨化した頭蓋骨が発見された。現場にはマリコと亜美が臨場し、成人男性のものであることは確認できたが、身元が不明で難航する。そんな中、政宗と一緒に男性が写っていた写真が発見され、その男性こそ、被害者・堀之内寛太郎であることが判明される。十文字は18年前に歌手デビューしたが、すぐに表舞台より姿を消し、3年前に銭湯アイドルとして人気となり、レコード会社との契約を進めていたが、3年前の殺人事件の容疑者として嫌疑をかけられる。政宗と寛太郎は、過去に借金の取り立て屋として行動を共にしたという関係が明らかになり、疑いが強まったが、マリコたち科捜研が、政宗の楽屋に忍び込んで頭蓋骨を置いた人物を、座布団の足跡から特定し、寛太郎を殺害したのは彼の親戚である男性だった。寛太郎の母親は、政宗が大切に持っていた寛太郎のタスキを見て心を動かされ、寛太郎の分まで頑張ってほしいと応援するのだった。
第29話 感想コメントはここをクリック
20代女性
スーパー銭湯アイドルって純烈みたいですね、楽屋に骸骨があったらビックリしますよ。しかも心当たりがあるなら尚更、焦りますよね。落ちぶれた元アイドルは復活したけど悲惨な過去を持っていたようで怪しい。楽屋にあった足跡を探したり、座布団を沢山の中から一枚だけ探したりと大変そうだけど面白いです。最新機器を使っての鑑定も知識欲を掻き立てられて楽しい、だけど何を調べなきゃいけないかを見抜く力があるマリコが凄いですよね。なんと、姪の旦那が犯人だったとは驚きです、闇賭博に手を出していたとか人間って誰が何してるか分からないですね。骨を楽屋に置いた理由も自分勝手で同情の余地もなかった、姪と母親は可愛そうです。お母さんはこれからも十文字の応援に行けそうで良かったですね。
20代女性
今回は過去に殺された人の遺骨を調べる所から始まったのですが、普通の人は肋骨の数が12本のところ、今回の遺体は13本あって、人によって多かったり少なかったりするというのを始めて聞いたのでびっくりしました。
40代女性
白骨化した頭蓋骨がスーパー銭湯アイドルの所へ送り付ける設定過去の忌まわしい事を思い出させ、足を引っ張ろうとする設定はありがちで骨の外科手術跡から身元が判る事は初めて聞いたが、考えたらその通りだと思った。最後の母親がアイドルにあなたが持っていてとのやり取りはどこか暖かさを感じられた。
30代男性
初めてスーパー銭湯に訪れたマリコが女性客の全員が裸足で建物内を歩き回る姿だったに驚いていたのが印象的で、確かに施設内を裸足歩き回るようなモノは他にはなく、何気ない事にすぐに気づける所にマリコの観察力の凄さを感じた。
30代女性
事件が起きた場所が、出入りする人が素足になる銭湯だったため、足裏の痕を採取して個人が特定できることは驚きでした。しかも、骨から個人が特定され、その状態から殺人かどうかもわかることも驚きです。また、スーパー銭湯アイドルという特殊な状況の設定が、事件の悲惨さを軽減しているように感じられました。
<第28話>File25 シャンハイ捜査線
2019年12月20日放送分

第28話 ネタバレ解説はここをクリック
今回の被害者は野呂佳代さん演じるアナウンサーの七海真友という女性だった。痩せられない女こと七海真友はバラエティー番組の企画でダイエットに挑戦中だった。腕には消費カロリー計測のためスポーツウォッチを装置するという習慣があったが、何故か死亡直前に大量の出前をとっていたことから配達員達が押し寄せていた。そこで榊マリコは七海真友を指導していた絶対に痩せさせる女と言われるトレーナーの二宮美音のもとを訪ねることにした。調べていくうちにトレーナーの二宮美音と口論になっていたこともわかってきた。そして被害者はなぜか二宮が務めるジムがライバル関係にあるジムにも通っていたこともわかる。さらにスポーツウォッチのデータの疑問も出てきた
第28話 感想コメントはここをクリック
30代女性
蒲原刑事が普段からトレーニングをしていてちょっとしたトレーニングを余裕でこなしているシーンは、イメージ通りですごくかっこよかったです。爽やかなキャラを演じていた男のトレーナーさんが実はライバルのジムをつぶすために動いていたというのはショックでした。
30代女性
今回の事件の犯人は絶対に被害者が最初に通っていたジムの女性トレーナーか、後から通い始めたジムの男性トレーナーだと予想しながら見ていましたが、チョイ役だと思っていたなかやまきんに君がまさかの犯人だったときは、びっくりと面白さがありました。
30代女性
犯人だと思っていたドエスのトレーナーが、実は犯人ではないどころか誰よりも被害者のアナウンサーのことを思ってくれている人だったとわかった時は感動しました。最後には人生を1から始めようとしていて素敵でした。
30代女性
痩せられない女というキャラクターを、普段バラエティーなどでぽっちゃりキャラとして出ている野呂佳代ちゃんが演じていたのがすごくよかったです。ダイエットが嫌いでこっそりさぼている姿もちょっとかわいかったです。
30代女性
事件を解決するためにロタくんとあみちゃんと蒲原刑事に強引にトレーニングメニューをやらせていたところには笑ってしまいました。マリコさんがもしスポーツジムのトレーナーだったら厳しそうだなと思っちゃいました。
<第27話>File27 マリコの動画チャンネル
2020年01月23日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第27話 ネタバレ解説はここをクリック
「シェ・オバタ」の総理長池住が殺害され、マリコらは鑑定を行う。死因は頭部に鈍器で殴打され薄力粉が付着があった。シェ・オバタの2代目社長・小畑は、会社の方針が従業員と合わずPyuuTuberで動画を投稿していた。土門刑事は小畑が藤澤軒からレシピを買い取っていたことを掴んだ。マリコらは小畑の動画撮影にトリックがあると仮説して、小畑と同じ料理の動画撮影を行う。そしてレンズを拭いた時にカメラを止めたことに気づき、小畑に迫るとあっさり犯行を認めた。小畑は脅迫状が送られ過去に藤澤軒のレシピで池住と口論となっていた。小畑は池住の殺害の朝に会いに行くが既に殺害され、落ちていた凶器が藤澤軒に似ていると思い隠し、犯人の指紋が採取する。犯人は池住を支えたシェフで、小畑を犯人にするように薄力粉を掛けたと犯行を認める。
第27話 感想コメントはここをクリック
30代女性
料理をするマリコさんの姿を見るのはすごくレアなので、久しぶりに見られてよかったです。犯人のアリバイを実証するために犯人と全く同じ動きをして再現するマリコさんは、プロ意識がすごくて徹底しているのでかっこよかったです。
30代女性
土門刑事が捜査一課に戻ってきてくれてうれしかったです。やっぱり土門刑事がいない科捜研の女は科捜研の女じゃないなと思いました。マリコさんと土門刑事のコンビの掛け合いが久しぶりに見られたのですごくよかったです。
30代女性
従業員に嫌われてその上殺人の濡れ衣まで着せられていた小畑社長が不憫でした。経営の才能はないのかもしれないけど、知り合いの子供のおじいさんを殺人犯にさせたくないと動いていたのを見てそんなに悪い人じゃなかったのかなと思いました。
30代女性
動画の検証で同じことをそっくりそのままやっているのが面白かったです。二つの動画でまちがいさがしをするのはかなり難問だなと思いました。パソコンを調べたら編集した履歴があったりしないのかなと疑問でしたが、検証が面白かったのでその疑問はすぐに吹き飛びました。
40代男性
老舗のフレンチレストラン「シェ・オバタ」の総料理長・池端が厨房で他殺体となって発見された。マリコたち科捜研が現場を臨場し、池端は鈍器のようなものにより殴打されたことが致命傷となった。シェ・オバタの2代目社長である小畑には料理の才能がなく、従業員から反発を受けていた。孤立無援となった小畑は、「PyuuTuber」に転身し、料理の動画を配信していた。マリコは小畑が池端の犯行現場にいたと疑うが、小畑の動画はノンストップで撮影されており、鉄壁なアリバイがあった。そこでマリコがPyuuTuberとして実演検証を開始する。薄力粉がレンズに付着したときにレンズを拭くタイミングで、現場から抜け出す時間を編集していたことを暴く。土門は小畑を取り調べ、小畑は「藤澤のおじいちゃん」の仕業だと勘違いして嘘の自白をするも土門に見抜かれる。そして事件は真相へとたどり着き、真犯人は副シェフの八十嶋で、彼は池端に尽くしてきたのにレトルト部門のオーナーになるように言われたことへの反感が動機だった。
<第26話>File26 待ち人、来る
2019年01月16日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第26話 ネタバレ解説はここをクリック
マリコらは神社で参拝に行き宮司・深守教子の遺体に遭遇、現場に落ちていた布と手袋痕を発見する。宮司の職員たちの他に住み込みで働く詩帆の証言から、ネットを書き込んでいる詩帆の誹謗中傷の記事が拡散され、マリコらはその人物を追跡する。詩帆は元夫・浜内からDV被害を受け神社に匿ってもらい、浜内はトラックの運転手で事件現場に落ちていたエンジンオイルが付いていたことからマリコらは犯人と推測、詩帆の部屋からは盗聴器が発見される。マリコらの鑑定結果で、教子と詩帆は間違えて殺害されたのでいことが判明する。そして浜内と詩帆が会うことを知ったマリコらは、二人の居場所を追跡して詩帆が浜内を殺害しようとする場面に直面する。事件は全て詩帆の自作自演で、宮司深守と不倫関係だったことが明らかになった。
第26話 感想コメントはここをクリック
30代女性
今回はいつもの捜査一課のメンバーではなくサイバーに詳しい専門の犯と一緒に操作するというのが、今までとは違っていて新鮮でよかったです。ストーカーの被害者だと思っていた女性が犯人だったというのは衝撃的でした。
40代女性
骨になった彼の最後のエピソードが感動的でした。親子関係、人生をしくじった男性が後悔の念からその思いを別の男性に託す。殺された理由はどうしようもない事で残念だったけど、母親にしたら、見つかって良かったです。
30代男性
神社で発生した殺害事件を担当する事になったのが、刑事の蒲原が異動する事になった広域サイバー捜査係で若手イケメン刑事の堀切と共に現れた時の華やかさは、昭和雰囲気をプンプンと臭わせる土門とは全く違うなと感じてしまった。
30代男性
マリコたち科捜研のメンバーが揃って参拝に訪れた場所で殺害事件が起こった事は、真っ先に鑑識作業が出来て良かったようにも思えたが、マリコが凶を引いたからか又は呂太が大吉を引いたからなのか、縁起が良かったのか悪かったのかどっち付かずの雰囲気がとてもいい。
30代男性
淡々と話していたマリコが引いたおみくじが何と凶と年明けからビックリなものを引いてしまったと感じたが、マリコはまた確率論で振り切るような言い方が面白く、凶でありながらも待ち人来ると書かれているのはきっとあの人の事を示すフラグだろう。
<第25話>File25 シャンハイ捜査線
2019年12月20日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第25話 ネタバレ解説はここをクリック
殺人事件が起きた。ラーメン屋のバイトテロを起こした人物が被害者だった。ラーメン屋の周辺を捜査したが核心には至らなかった。当時のラーメン屋の支店長が怪しかったがやはり証拠がない。捜査を続けていくと中国人留学生だった女性が何かを知っているようだった。しかし、捜査しようとすると突然中国に帰ったことが判明した。中国まで追いかけていくと、徐々に全容が明らかになっていった。バイトは2人の日本人男性と中国人女性がいたが、悪ふざけして動画を取っていたが、誰かが裏切りSNSでアップし騒ぎが拡大した。しかし、中国人女性は自分ではないと言い張った。ということで残りの男性を調べていくと、隠し撮りされた音声から犯人だとわかった。株で大損し、ラーメン屋の株が上がっているのを知り、バイトテロの動画をアップしたことで株価が下がったところを狙い借金を返済しようとしてこの事件を引き起こしたということだった。
第25話 感想コメントはここをクリック
20代女性
新しいメンバーの中村俊介さんがちょっと頼り無い感じですが絵になります。科捜研のメンバーや、風丘先生は変わりなくて安心です。蒲原さんも移動になり刑事さん達が変わってしまい寂しいですがやっぱり楽しいドラマです。
20代女性
今回の被害者が昔バイトテロ動画を公開したりと評判が良くない人物だったので犯人の動機は怨恨だと思っていたのですが、まさかその動画を持っていた元バイト仲間が自分が本当はその動画を公開した人物だとさらされるのを怖れて殺してしまっていたことに驚きました。そして動画を公開した動機が株で儲けるためということにはもっとびっくりしました。二転三転するストーリーで面白かったです。
40代女性
新たに出てきた堀切という刑事が土門とは違うタイプですが個性的だったので、これから科捜研とどう関わってくるのか楽しみになりました。そして堀切の今回の事件の犯人の取り調べをしているシーンを見ているとサイバー関係とは思えないほどしっくりきていてかっこよかったです。
30代男性
土門さんが警察学校に移動し、藤原刑事が広域サイバー捜査係に移動する事が決まった話から始まり更に驚きましたがサイバー犯罪対策課に移動した泰乃さんの登場はこれを書き消すためでもあると思いました。軽い気持ちで動画を撮影配信する事は取り消す事が出来なくなる等からこのような事件が起きるのは仕方のない事だと思いました。
30代女性
科捜研担当の刑事が二人とも異動でいなくなる展開に驚きましたが、蒲原は広域サイバー捜査係に異動でこれから科捜研との連係がありそうなのでこれからが楽しみになりました。そして久しぶりに泰乃さんを見れて変わらずかわいくて嬉しかったです。
<第24話>File24 土門刑事の選択
2019年12月12日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第24話 ネタバレ解説はここをクリック
渡辺が絞殺され19年前に死んだ筈の火浦に容疑がかかる。1999年、集団自殺した大学のサークルに参加していた楡井の転落死を調べていた渡辺にサークルの顧問だった森迫が金を送った。その森迫も絞殺され火浦が前日に森迫を訪ねていた。森迫が警察OBの古河議員と連絡を取っていた。土門に火浦は土門の妻に会ったのは捜査の為で人間として犯してはいけない事をしたと言った。風岡が調べると楡井は京都タワーで殺された可能性があった。土門と火浦もタワーの券を持っており火浦の遺品からテロを疑わせる記載があった。古河に20年前、警備部長時代のことをマリコらが問う。ノストラダムスの会の正体は自殺サークルだったが、より多数を道連れにしうと仲間の医学生が病原性ウイルスを盗み散布する計画を土門の妻が知ったと古河が言った。楡井が実習で土門の妻に犯行を漏らし火浦に伝えた。決行日が大晦日の犯行直前に判ったが楡井以外の10人は服毒自殺した。事件を公表しなかったと古河はいう。防犯カメラで古本屋で火浦で室岡と会ったことが判る。楡井の友で室岡がなくなっていた。室岡が楡井の息子で古河に復讐する可能性があった。古河の前に火浦は立ち、楡井が仲間に殺されたのを見逃したと室岡に言う。火浦は古本やで室岡に会い、室岡が広辺が森迫をゆすったと知り、室岡は森迫、広辺を殺した。火浦は土門の妻を巻き込んだと土門に謝った。土門は警察学校に異動になった。
第24話 感想コメントはここをクリック
20代女性
今回の最後に土門さんが警察学校へ配属になったけど、次回予告がまたまた驚きでした。中村俊介さんが刑事?、しかも土門さんの代わりにエースになるかと思っていた蒲原刑事も移動?みたいなテロップ出てて困惑必至です。今回はどっぷり20年前の事件だったけど、次回は海外にも行くみたいで新展開になりそうでとっても楽しみです。
20代女性
土門さんの元同僚、火浦と元妻の疑惑も明らかになりなんとも切ない今回でしたが、何より土門さんが警察学校へ配属になったので次回からどうなるんだろうと気になって仕方がありません。蒲原刑事はだいぶ成長して来たけど、土門さんがいないと寂しいなぁ。
40代女性
科捜研の仕事がやることがたくさんあってビックリしました。マリコが火浦に生きなければいけないと言ったのがかっこよくてよかったです。土門とマリコがいいコンビだと思います。土門が警察学校に飛ばされたのがとてもビックリしました。
30代男性
目の前のいのちには顔があり色がある。マスのいのちにはそれがない。どちらが優先されるべきか。人数の多い方が重いという話でもない。個人は往々にして犠牲になるように見えるが、実はマスの方もよくよく見れば個人の集まり。終末思想の恐ろしさは個々の命を踏みにじってためらわないところだろう。MARCHの一校で終末思想を堂々とぶち上げる「スピリチュアル」な講演会があったと聞いてゾッとした。彼らは「霊性を高める」ためならそれこそオウムまがいのことでもするだろうと思ったからだ。苦渋の決断をして、それを後悔して、刑事としても人間としても人生を失った火浦はなんら責められるべきではない。終末思想に殉ずるなら自分だけ死んでいけばいいのに、とノストラダムスの会の若者を責めてもまた始まらない。彼らは彼らでこの世に居場所が見いだせなかった。八方塞がりな出来事もこの世にはあるのだな。
30代女性
19年前に警察官だった火浦が迫られた目の前の命とテロによって奪われるであろう大多数の犠牲者のどちらかを選ぶというのは酷で想像しただけでも頭が痛くなりました。火浦は見殺しにしてしまった結果警察を辞めますが偶然が重なり別の人物として人生を送っていたことは少し理解できるなと思いました。それでも何の因果か見殺しにした大学生の子供と出会ってしまい殺人事件が起きるきっかけを作ってしまったことは辛かっただろうなと胸が痛くなりました。
<第23話>File23 土門刑事の妻
2019年12月05日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第23話 ネタバレ解説はここをクリック
フリーライターが殺害された。どうやら20年前の年越しの時の集団自殺について記事を書こうとしていたようだ。証拠物件から、元刑事の指紋が発見された。この刑事は土門刑事と同期だったが、20年前の事件の直後に警察をやめ、その後亡くなっていたはずだった。しかし、捜査を続けていくと、別のところからも元刑事の指紋が見つかった。この元刑事は名前を変えて生きているようだとわかった。集団自殺の大学生が所属していた大学の法学部長に聞き込みをしていた結果、フリーライターに300万円を渡していたことが判明した。しかも、元刑事と法学部長は会っていたことも分かってきた。元刑事が辞めた理由は土門刑事の妻が関係しているようだ。何だかよく分からないことだらけだが、法学部長が殺害され、次回に続くことになった。
第23話 感想コメントはここをクリック
20代女性
久々に美貴ちゃんが出ました。土門さんの奥さんについて、かつての上司は思わせぶりに言ったきり口をつぐみ、土門さんに直接は訊けない雰囲気の中、「だったら美貴ちゃんに聞けばいいじゃん」と思ったら本当に出て来たのには驚きました。ですが、マリコさんと挨拶を交わす中で、「お兄ちゃんが電車に撥ねられて以来です」と笑顔で話していたシーンには笑いました。あの事件の時は自分のカウンセリングがまずかったから事件が起きたなどと落ち込んだりもしていましたが、今は順調に仕事が出来ているようで良かったです。
40代女性
またしても土門さんに異動の話が出ました。正月SPでは肩透かしを喰らわされましたが、今度はどうなるのでしょうか。あの時は、事件関係者からのクレームで栄転話がつぶれましたが、今後は休暇中の単独捜査が問題視されて「そういう人間には教官など任せられない」と話が流れてくれたりしないものかと思っています。
40代女性
これまでレギュラーを務めてきた内藤つよしが、来週には降板しそうだな。元妻の秘密に関する疑惑が今週は延々と放送されたが、真相は来週に持ち越しだ。ストーリー的にはあまり面白くはないが、このドラマ全体の構成を次週で変える期待感がある。12月でこのクールが終わるから、来週辺りがクライマックスかな。
40代女性
また続きものでした。しかも、最重要容疑者の火浦を演じた升毅さんって、昨年、別の役で京都府警の一員でしたよね。200回スペシャルの時に、無理やり働き方改革を押し進めて、冤罪事件を生んで、芝監察官を怒らせた警務部長だったはずです。あれは結構インパクトのある役だったので、まだ1年半しか経ってない時点での今回の役には困惑しました。京都府警には、あの顔が2つもあったのか、と奇妙な感じがしました。
20代男性
死んでいたと思っていた元同僚が生きていることが分かり、土門さんがなぜか事件の捜査を自分から外れていました。何か思うところがあるのかわかりませんが、こういう展開になるとは思ってなかったので斬新ではあると思いました。
<第22話>File22 ミステリーの達人
2019年11月28日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第22話 ネタバレ解説はここをクリック
京都の郊外の草地で、ある若い男性の遺体が発見された。彼は、ある自動車組立工場の工員で、服役を終えたばかりの仮釈放の男だった。現場の近くから子供向けの本が発見される。それは、子供向け探偵推理小説のシリーズものだった。この本に作家のサインがあったことから、土門とマリコは作家に聞き込みに行った。作家はかなり前にこの本を書いて有名になったが、今はスランプで題材を探していた。警察の真面目な質問にも関わらず、彼は推理作家を書くプロセスを楽しむがごとくの反応。科捜研の様々な調べにより、遺体についていた砂や、遺体の少年が訪れた色々な場所に防犯カメラに写っていたことから、マリコたちはそれが本のストーリーのモデルの場所であることにたどり着いた。それとともに、被害者の男がネグレクトされ学校にも行かなかった、読み書きのできない少年だった過去を知る。彼は、服役中から更生ボランティアの老人と出会い、冒頭の本を紹介されて読み書きの勉強を始め、やっと新境地を切り開いたところで、死に至ってしまった。そしてついに、砂とその本のイラストから、殺害現場が特定され、犯人を捉える。その後、スランプだった作家は、男の死を悼み、彼の作品を愛してくれた男に捧げるかのような本を出版する。
第22話 感想コメントはここをクリック
20代女性
ミステリー作家が事件に関わってくる話は他のドラマでも観たことがありますが、科捜研だとどうなるのか楽しみにしていました。マリコさん達のセリフが画面に出ていたのがとても印象に残っています。特に今回は作家さんのキャラクターが斬新でした。蒲原さんが大変そうで思わず笑ってしまいました。予想を良い意味で裏切られたと思います。
20代女性
推理小説作家が犯人かなと思わせてスランプでネタ探しをしているだけみたいな感じが可愛かったです。最初は自分が犯人で捕まらない発言をしていたので意外な展開でびっくりでした。若い奥さんもいい味出してました。それにしても元キングオブコメディの今野くん、顔のおかげ?もあり過去のある青年の役似合いすぎる~。
40代女性
心温まる優しいストーリーでした。特にラストシーンが最高でした。人気推理小説家・高柳龍之介(大和田伸也)の「良いことなんて何にもねぇじゃねぇか!」と、マリコの「たった一つ好きな作品、たった一つ好きな作家があるだけで、人は生きていける。」は、最高でした。
30代男性
古田があおぞら探偵団をすごく夢中で読んでいたのがすごいと思います。マリコが高柳の顔を叩いていたのがとても面白くてよかったです。マリコがキャバ嬢と戦っていたのがとても面白くてよかったです。仕事仲間が古田をからかっていたのがひどいと思います。
30代女性
あおぞら探偵団と同じだったのがとてもビックリしました。呂太があおぞら探偵団に興奮しているのが笑えてよかったです。古田が刑務所に入っていたのがとてもビックリしました。古田が字を書けなかったのがとてもビックリしました。
<第21話>File21 ドクターKの失敗
2019年11月21日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第21話 ネタバレ解説はここをクリック
会社の副社長で鉄道模型収集をしている男性が殺害された。現場付近にいた男の子、はる。実は父親だったのだが、母親は離婚しており会社の跡継ぎ問題で最近、父親と揉めていたことが分かる。一方、証拠品からおもちゃ博士、ドクターKにも疑いがかかる。話を聞こうと作業所を訪れるマリコたち。ただ子供たちのために一生懸命おもちゃを治す姿がそこにはあった。調べが進む中、ドクターKが凶器の場所を知ってると言い始めるが、実ははるの母親をかばっていたのだった。ただはるの母親は犯人ではなく、母親が務めるジュエリー会社の上司が殺害していたことが分かる。孫を失くしたドクターKははるに孫の面影を重ねていたのだった。母子に笑顔が戻り、ドクターKにも亡くなった孫のぬいぐるみに録音されたメッセージが伝わり心温まる時間が流れる。終幕。
第21話 感想コメントはここをクリック
20代女性
おもちゃドクターのおじいさんと宝石店の女性が怪しいと思っていたのですが、犯人や被害者が殺害されてしまった結果が予想できませんでした。勝手に部屋に遊びに行っていた小さな男の子の目撃証言が役に立ったのには驚かされました。
20代女性
かばうからややこしくなるんだなぁと感じました。よくおもちゃを治してもらっているはるくんの母親が元旦那で会社の副社長と揉めていたのを見た後に、用事で戻ったら殺害されていたらそう思っちゃうのも分かるけど、母親は犯人じゃなかったし。それにしても凶器を見つけるためとはいえ大量のぬいぐるみやおもちゃをレントゲン検査って、マリコさんたちお疲れさまです。
40代女性
おもちゃドクターKに疑いがかかり、話を聞くために訪れたのに、おもちゃを一緒に治しているマリコさんたちが健気でした。理系だとそういうのみんな出来るものなのかな?、ロタくんも一緒に治してたし凄いなぁ。子供が性別が違っても名前が同じだと親近感がわくのかな、ドクターKの孫の話と出てきた少年のはるくん。子供の話はお涙ちょうだいっぽくて苦手だけど想いが伝わっていてよかったです。
30代男性
今回も二転三転する感じで引き込まれて見てしまいました。ゲスト出演の西村まさ彦さん演じるおもちゃ博士のドクターKはとってもいい人で最後はほのぼのしてよかったです。それにしても凶器をおもちゃのぬいぐるみに隠すなんて危ないなぁ。
30代女性
西村まさ彦さんが演じたおもちゃのドクター久保井俊平が良かったです。おもちゃのお医者さんって素敵だなと思いました。そんな優しい久保井に容疑がかかるところがやっぱり!と言う感じですが、そうじゃないとドラマが展開していきませんよね。面白かったと思います。
<第20話>File20 納豆菌の女vs乳酸菌の女
2019年11月14日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第20話 ネタバレ解説はここをクリック
パン屋の亭主が倒れて死んでいた。気づいたのは、酵母菌の名人である奥さんだった。ヨーグルトを工房に持って行った時に気づいたが、科捜研が調べると何も手がかりが見つからず、パン屋なのに納豆菌があるということだけで調べを進めていた。奥さんは行った時には死んでいたといっていたがそうではなく、ヨーグルト工房に行き、ベーカリーに持って行こうとしていた時な納豆が届いた。かけるくん宛にだった。前の奥さんである納豆の鉄人なつさんがかけるくんを奪おうとしていると思い、喧嘩になってしまった。追い込んでしまったのは俺だと旦那さんが言い、その場を終えたが3時に戻ってくると旦那さんは死んでいたということだった。奥さんが言っていることが本当なのであれば、納豆菌が飛んだことになる。納豆菌が空を飛ぶのか先生のお土産でたくさんもらったもので確かめようとするまりこさんだった。
第20話 感想コメントはここをクリック
20代女性
殺害された長内の妻の花野がマダムヨーグルトの酵母菌、前妻の登矢は納豆菌と面白い対峙から、納豆菌が熱にも胃酸にも耐え抜き死滅しない最強の菌だったとは始めて知り、マリコが詳しく説明してくれるとは贅沢なドラマであり情報番組とも言える画期的な内容だ。
20代女性
パン屋の店主が工房で死んでいるところを発見され捜査が始まりますが、捜査の途中でパンに納豆菌が含まれてることがわかり酵母菌と相性が悪くて納豆菌が酵母菌の天敵になっていることを初めて知り驚きました。家でパンを作ることがあるのでこれからは納豆を近くに置かないように気をつけようと思います。
40代女性
科捜研で分析すると、2〜3時間の誤差もごまかせないほど、正確なんだなと思いました。酵母菌が発酵をはじめる時間から逆算して、ほぼ正確な時間が算出できるとは、すごいと思います。これほどまでに、正確な分析ができるようになった現代では、完全犯罪など、ほぼ不可能だなと思いました。
30代男性
殺害された長内の妻の花野が現場にやって来た途端に、宇佐見が興奮気味にマダムヨーグルトと言ってしまう所にビックリ、母親が好きで種菌セットなるものまで購入してヨーグルトまで作っているとは、お茶だけでなく色々とやっている宇佐見の多趣味という事がわかった。
30代女性
発酵食品というのは、本当にデリケートなんだなと思いました。以前、酒蔵の杜氏さんが「納豆は、休みの日でも絶対に食べない」と言っていたことを思い出しました。でも、やっぱりすごいのは、焼かれたパンの成分を確認しようという発想だなと思いました。
<第19話>
2019年11月07日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第19話 ネタバレ解説はここをクリック
資材置き場で男性の撲殺遺体が発見され、すぐそばにガラスのパイプが落ちていた。パイプには現職警察官の指紋が付いており、しかも交番警察官は元鑑識係で現刑事部長の親友だった。警察官は遺体となった若者と言い争っていたという証言を受け、刑事部長は捜査から外されてしまう。しかし鑑識係としての経験から事件現場の証拠に違和感を抱いた刑事部長は、単独で現場を再調査しようとし、そこで科捜研の榊と鉢合わせしてしまった。榊は刑事部長が抱いた違和感に思い当たり、刑事部長に現場の再現を命令する。すると当日鑑識を担当した警察官が自分のミスを隠すため、証拠を改ざんしたと判明した。隠された証拠を再鑑定し、結果交番警察官の容疑は晴れ、被疑者は無事逮捕された。
第19話 感想コメントはここをクリック
20代女性
藤倉が現場にきて調べていたのがとてもビックリしました。藤倉とマリコが一緒にご飯を食べていたのが面白くてよかったです。マリコ達が事件現場を再現したのがすごいと思います。藤倉が鑑識として仕事をしているのがとてもビックリしました。
20代女性
死体が発見されて科捜研が調べていくと、鑑識が行う証拠の表示方法に矛盾を感じるという展開は驚きでしたし、面白かったです。でも鑑識が自分の汗で証拠を汚染したと思い隠してしまうというところは最近のニュースなどで見るような公務員の隠蔽を思い出させ考えさせられました。
40代女性
大麻を所持していたことを知った警察官は止めようとしたが、吸っていないと言われて信じようとする精神と叱ってあげるという優しさは、殺されてしまった彼にとってはきっと嬉しかっただろうなと思った。胸が痛くなった。
20代女性
凶器が発見されて、計画がだめになったせいで殺されたということで、殺された人が可哀想すぎる。殺された人は前捕まったことがあり、公正しようと頑張っていたのに殺されてしまったというのが、残念すぎたと思った。
30代女性
今は、街中に防犯カメラがついているし、パソコンのデータを削除しても復旧できるし、今回の事件の解決の糸口になったのは、消された文字を再現したことだったので、犯罪を犯しても、ほぼ隠し通せない時代なのだなと思いました。こういうドラマを見て、犯罪を犯す人が減れば良いなと思います。
<第18話>
2019年10月24日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第18話 ネタバレ解説はここをクリック
1話に引き続き誘拐犯をどのように捕まえていくのか、という展開にハラハラ・ドキドキしました。今回は土門刑事との絡みというよりも、榊マリコが単独で犯人を追いつめていくというような内容でした。最初に犯人をおいつめたときに父親が刺され、子供と一緒に犯人に、榊マリコが誘拐されるのは、無茶のあるストーリーだなと思いましたが、おもしろかったです。最後に、犯人の兄が弟の犯す犯罪をとめたときには、兄弟愛を感じました。また、土門刑事と榊マリコのコンビネーションで犯人を確保するときは、安定におもしろいと感じました。また、犯人とは別に、子供の父親も犯罪に関わっていたことにはびっくりしました。今回は、科捜件内の絡みがすくなかったので、次回以降、絡みに期待したいです。
第18話 感想コメントはここをクリック
20代女性
玉木班長の撃った一発が致命傷ではなかったことが安心したし、土門さんも銃で撃たれたのに何とか大丈夫そうで安心した。タイヤ痕から車の車種まで分かるということは最新すぎて感心した。玉木夫婦がなんだかんだ仲良くなっててよかった。
20代女性
まりこさんと不倫ではないことが発覚して誤解が解けてよかったと思う。たくみくんがまだ人質ということが親にとってはどれだけ最悪なことなんだろうと思うと心が痛かった。杉原さんの旦那さんが、犯人と連絡が取れたおかげで交渉が進んでよかったが心配。
40代女性
土門さんは防弾チョッキで無事だろうとは思っていましたが、案の定でした。液体爆薬を浴びてしまった蒲原さんも、無事で良かったです。マリコさんも卓海くんも無事に救出されて、ホッとしました。卓海くんの父親は死にかけましたが、犯人一味だったので、最終的には味方の犠牲はゼロで済んだと考えても良さそうです。
<第17話>『File17 妻と愛人の事件簿』
2019年10月17日放送分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第17話 ネタバレ解説はここをクリック
明星銀行京南支店が3000万円を強奪された。爆発物を持った3人組の銀行強盗が前方不注意で少年にぶつかりそうになり、車のタイヤがパンクする。少年の名前は杉原で親に責任を取って貰うと犯人が言い少年の住むマンションに行く。母親は車がないと言うと、早く返して貰えと犯人が要求する。妻は夫に車で帰ってくるように頼む。偶然、そこはマリコが済むマンションで同じエレベーターに乗り合わせた。怪しいと思ったマリコは指紋を採取する。杉原がマリコの部屋に来るとマリコは家族で出かけるのではと言うと、杉原の夫は間違いがあったようだと立ち去る。マリコは上の階から女の叫び声を聴いたので、土門刑事に連絡する。そしてマリコが杉原の家に行くがゴキブリがいたので叫んだと誤魔化す。科捜研の調べで犯人の車がマンション近くにあると判る。スマホを車に忘れた被害者対策班長の、巡査部長の夫が駐車場にいると刑事が来る。そこは玉城班長の夫の愛人がいるマンションだった。玉城班長がマリコが班長の夫と鉢合わせになり、班長は夫の不倫相手がマリコだと勘違いする。マリコは爆発物の映像を科捜研に送信すれば内容が判ると言う。逃走車とマンションエレベーターで採取された指紋が一致した。科捜研の涌田は玉城夫婦とマリコのやり取りを傍受する。突撃班はドローンを飛ばして赤外線映像で犯人の様子がわかる。爆発物処理班が待機する。しかし爆発物の内容が判らない。玉城班長の夫は妻が昇進してから別居状態になったと言う。本部が住民を避難させてから犯人と交渉すると言うが、マリコはレーザーマイクロホンを使えと言うが本部は出来ないと言う。玉城班長は自分が犯人と交渉すると言う。電話が鳴り、水が漏れているので様子を見たいと言うが、犯人はこちらから行くと言う。玉城班長はマリコに自分の夫と夫婦を演じて欲しいと言う。杉原の妻と班員がマリコの部屋に来る。犯人はマリコと玉城の夫を今度は杉原の家に呼ぶ。玉城の夫は盗聴器と銃を持っていく。部屋に入ると玉城の夫が殴られるが、その隙にマリコは爆発物の写真を科捜研に送信すると、爆発物は本物とわかる。マリコは警察だとバレた。息子は犯人と廃材置き場にいた。本部は犯人が電話に出ないので突入を決める。赤と青の液体が爆発物だった。廃材置き場にいた犯人も爆発物を持っていた。杉原の家に玉城班長が来て、マリコらに戻って来いと言う。TLXが爆発物だとわかる。マリコに玉城班長が水の成分が判ったと言うと、マリコは、すぐ、お願いというと突撃班が突入して犯人と格闘になる。ここまではマリコ、班長、夫の演技が成功した。しかし犯人と銃撃になり土門が撃たれる。又、爆発物の液体が、混乱の中で爆発してしまう。犯人は、まだ逃走する。
第17話 感想コメントはここをクリック
30代男性
マリコの住むマンションに銀行強盗たちがやって来ていた後に部屋の映像が映されて至る所に荒らされた様子が見えたので、マンション内でも金目の物を物色したのかと思ったらマリコの部屋だったとはビックリ、片付ける能力は皆無なのかもしれない。
30代男性
警察本部の捜査で被害者対策班の玉城が話しているのに、マリコの科捜研魂が動き出して捜査に役立つカメラの話を割って入って始める所に、久しぶりにいつものマリコのマイペースの面白さが感じられて嬉しくなったが、先ずは身分を名乗るべきだな。
30代男性
犯罪被害者対策班の玉城が乗り込んだ部屋には、玉城の夫が密会していた愛人宅というビックリな展開は予想外、まさか科捜研で夫婦の修羅場を犯罪が発生している時に繰り広げるとは面白過ぎて、開き直った夫が浮気をハッキリと認める所に爆笑、警察官も人間なんだなと感じた。
30代女性
音声を聞いている科捜研のメンバーが音声だけで「この流れだと愛人はマリコくん?」という流れになったのには笑いました。しかもマリコ自身が愛人だと勘違いされているのに気付いていないという流れもマリコならそれもありかなと思いましたが、アンジャッシュのコントのようだと思いました。
30代女性
マリコはなぜ愛人と言われているのを否定しないんだろうと診ていて疑問に感じました。マリコはそういうことに疎そうな感じがしますが、それにしてもあれだけ愛人愛人いわれて「違います」と一言も否定しないのはなぜなのかと思ってしまいました。
<第16話>
2019年9月05日放送分

※TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

第16話 ネタバレ解説はここをクリック
風丘先生はホテルので人質に取られてしまう。犯人の隙をついて科捜研のメンバーへ犯人と人質の人数を伝える。さらには糖尿病の人の触診で犯人の銃がモデルガンであると伝える。その直後、人質達が開放してと要求しますがが犯人は拒否するそして、犯人は風丘先生へ発砲した。銃声に動揺を隠せない中調べましたが、威嚇発砲だったということが判明する。さらに、中にいた人質に別の事件の容疑者がいることが発覚して、犯人の目的がその人の出頭を阻止する可能性があることが浮上する。中に突入して犯人を逮捕する。しかし、実際は人質としていた風丘先生以外が仮想通貨流失事件の被害者で、その容疑者への復讐で今回の犯行を行なったことが発覚する。
第16話 感想コメントはここをクリック
30代男性
風丘が糖尿病の患者をみてあげてるのが優しいなと思います。風丘が科捜研に暗号を伝えていたのがすごいです。犯人の拳銃がモデルガンと伝えた風丘がとてもすごいと思います。人質がみんな仲間だったのがとてもビックリしました。
20代女性
今回はCMを観た段階から銃声が聞こえてきて、観る前からすでにドキドキしていました。誰か撃たれちゃうのかと思ってひやひやして本編に臨みましたが、皆さんご無事でなによりでした。何より1番驚いたのは人質がみんなグルだった事です。科捜研は毎回良い意味で期待を裏切ってくれるのがすごいと思います。
20代女性
風丘先生はエレベーターで拳銃を持っている人を見つけて、追いかけて数名で監禁された。風丘先生は、窓側に行くことを拒否した理由が肌のことを気にしていたということだったが、防犯カメラの位置を見ていてさすが警察の人間だと思った。
20代女性
防犯カメラの映像で風丘先生のメッセージのおかげで、単独犯ということが分かって、さすが科捜研に出入りしている風丘先生にしか出来ないということだなと思った。防犯カメラの映像だけでここまで出来るのはすごい。
20代女性
ご遺体の声を聞く方の医者だからこそ、目の前に生きている人を見過ごすわけにはいかないという言葉が深く刺さった。マイクロフォンのやサーモカメラでカーテンを締め切らなかったことで調べることが出来てて科捜研には敵わないと感じた。
<第15話>『女神のぬか漬け』
2019年8月29日放送分

第15話 ネタバレ解説はここをクリック
料理研究家の森本雪絵の夫が殺害された。マリコの鑑定結果によると、夫の純一は「ぬか漬け」を食べていた。マリコは、雪絵に会いに行く。雪絵は、ぬか漬けについて説明を始めた。かき混ぜる人によって味が変わると言った。それは、手についた微生物が関係しているからだ。その話を聞いたマリコは、社員が所有している「ぬか床」を鑑定することにした。マリコたちは、雪絵の番組を見ていて気付いた。それは、フライパンだった。刑事たちは、フライパンを金属探知機で調べ始めた。雪絵は取り調べを受けるが、殺害を否定する。雪絵は、経営方針で意見が合わなかった。雪絵は、夫のぬか漬けに対する価値観に疑問を抱いていた。調査を続けた結果、スキレットというフライパンのハンドルカバーに手がかりがあると考えた。
第15話 感想コメントはここをクリック
20代男性
科捜研の女の醍醐味である化学捜査というよりは、刑事の役割に回りすぐていると感じる回であった。検証のシーンを実験室で行って話いるものの実際に物語が進むのは主人公が捜査に出田崎であったために余計そう感じた。しかし内容としてはアイドルの自宅にこっそり凶器が渡っているという設定は面白かった。
20代女性
今回は「ぬか漬け」が事件の鍵になっていました。調査の中でぬか漬けについての科学的な豆知識があって、ぬかとはなかなか奥が深いものだと知りました。科捜研は見るたびに勉強になります。個人的には今回、犯人が誰か当たらなかった事が残念でした。怪しいと思っていたのにことごとくハズレてしまいました。奥が深いです。
20代女性
ぬか漬けの女神と呼ばれるゆきえ先生の旦那さんが亡くなった。旦那さんが亡くなったのにもかかわらずに、ぬか漬けの収録の為に後にしてっていうところが本当に愛しているのかなと思った。旦那のお腹の中から見つかったのが、野菜でぬか漬け成分分析というものもあることが初めて分かった。
20代女性
ぬか床は、臭いイメージがあったが、毎日しっかりと手入れをしていれば臭くなくて食べることもできるんだなと思った。ぬか漬けは発酵食品だから毎日違う味に変化して美味しさも変わるということで、食べてみたいなと思った。
20代女性
森本社長が亡くなり、愛人のぬか床の成分が見つかった。ぬか床キットで作った野菜を食べてもらった時のものだった。奥さんがぬか漬けのことばかり言うから愛人なんかと付き合うんだろうなと思った。どちらも可哀想。
<第14話>『File14 予約された死』
2019年8月23日放送分

第14話 ネタバレ解説はここをクリック
元内科医院の院長、瀬田一郎が、自宅の離れの自室で殺害された状態で発見される。妻の春子が、夜9時半ごろに大きな物音で離れを見にきて、瀬田の変わり果てた姿を見つける。現場に臨場したマリコたちは、瀬田が自ら契約したと思われる葬儀契約書を見つけ、家族に確認するが、妻や孫の誰も知らないものだった。葬儀契約書を結んだ葬儀プランナーの神城峰子が、司法解剖に取り掛かろうとするマリコたちの前に現れ、瀬田が死後、すみやかな火葬を希望していたとして解剖が終わり次第、遺体を預かると主張する。解剖医の早月によれば、神城は死後家族にも隠したい秘密を遺族にバレないように手配する葬儀プランナーとして有名な存在らしい。そんな中、マリコたちは、現場に残されたマニュキュアのトップコートの破片、女性のピンヒール、庭のカエルの置物の付着物などから、事件の真相に急接近する。
第14話 感想コメントはここをクリック
40代女性
今回は宇佐美さんのティータイムが復活していて良かったです。毎回動画を見ているとふとした繋がりが嬉しいものですね。それにしても、8月っぽさを出そうとしたのか、葬儀の予約をしていた被害者。お盆もあったし、終戦記念日などもあったし、生と死を考える機会になりました。事件解決だけじゃなく自分の在り方も問うてくれる番組で毎回楽しみです。
40代女性
葬儀社の女性がミステリアスだったので事件に関わっているのかと思っちゃいました。秘密を絶対守ってくれると噂の「秘密屋」の葬儀社って、家族はそこまで知らなかったから良かったけど、そんな葬儀社に頼んでいたと分かったら気になるだろうなぁ。実際だといくら故人との契約でも、家族がいたら秘密は明かしちゃうんだろうなぁ。
40代男性
葬儀契約書を残し殺されていた内科医の瀬田は、家族に厳格であると思い込まれていたため、夜な夜な一人ラジオを聴きながら投稿ハガキを書き送っていたことが最大の秘密だったものの、遺族となった妻や孫たちが、内縁関係の女性の存在を疑い、右往左往していたのが、最後には笑いとなった展開が面白かったです。
30代女性
家政婦が一郎を殺害していたというオチには驚きましたが、一郎が墓場まで持って行きたかった秘密はハガキ職人だったという可愛らしいもので、火葬場での動画のシーンはほんわかした空気が流れていて少し和みました。和馬が一郎の後を継ぐと言っていたのもなんだか嬉しかったです。
30代女性
今回三石琴乃さんが出演されるということでどんな役なんだろうと登場シーンを楽しみにしていた。ラジオDJという役柄はぴったりだと思うし、お仕置きラジオだとかプレゼントとして贈られるのが赤いピンヒールだとか、セーラームーンを意識しているなと思わされた。
<第13話>『お茶の達人』
2019年8月15日放送分

第13話 ネタバレ解説はここをクリック
宇治茶の久住茶寮の職人の橋本が殺された。久住茶寮ではロケが行われていた。頭部に出血があったが検視により他の場所で殺されて運ばれたと推測さ頭部を鈍器で殴られてから1時間後に死亡した。胃の中に餅と5種類の茶葉が合組されていた。
土門らが聞き込みをすると久住の主人が5年前に橋本の密告で解雇された職人の角倉がギャンブルに、のめり込んでいたとわかる。
角倉の店に宇佐美らが行く。宇佐美がどんな茶葉を使っているのかと問うと市販の袋入りの茶葉を使っていた。1個2000円の茶菓も高価で、ぼたくりのような店だった。マリコが調べると橋本の遺体についていた茶葉は角倉の店の茶葉ではなかった。
一方、宇治茶グランプリが開催され久住、緒方も出品したが、何か隠し持っている角倉が来たと久住のおかみが土門に連絡する。
久住のお茶は審査員に不評だった。土門が角倉を追いかけるが逃げられる。
防犯カメラで角倉が久住の茶を審査の前に差し替えていた。優勝は緒方だったが、緒方は角倉に会っていた。
橋本の下足痕から角倉に茶葉を売っていた茶畑に行くと角倉が合組していた小屋があった。角倉の作業場にあった茶葉と橋本に付着していた茶葉が一致した。
角倉は雀荘にいて土門に捕まるが犯行を否定する。
ところが角倉の小屋で橋本も合組していたと茶葉の注文書等の筆跡から判る。
マリコは角倉に茶を進めるが、土門がまずいというと、グランプリで入れた久住が用意した茶だった。久住は味覚障害だったとマリコが言い、橋本が角倉に合組を教わっていた。角倉は橋本と協力して久住が味覚障害を知られないように茶をすり替えようとして緒方に見られ失敗した。
角倉は茶の木の摘心をしていた真面目な人間だと宇佐美が言う。橋本はグランプリの茶を角倉の小屋で合組して師匠の茶とすり替える予定だった。
橋本が殺された夜、角倉が12時頃店に戻ると橋本の茶筒が置かれていたと言う。茶筒には血痕のシミがあり橋本の血液だった。宇佐美はCa,Mgが少ない軟水でないと茶の苦みが増すという。マリコは茶筒に残ったCa,Mgの量を調べると、角倉の家に出入りしていた水のモニターをしていた女性が持っていた水が使われていた。
女性の持っていたトロフィーが凶器だった。
雀荘で女性は角倉で知り合ったが、可読の店に融資をしたが橋本が近づいてから角倉が冷たくなった。女性は橋本が角倉を久住に戻って貰い、角倉に出資した金を返すから手を引けと言ったので、橋本を殴ったと自白した。角倉はまさか自分を久住に戻そうと思っていたと知らず、驚いた。角倉は自分に自信を取り戻し久住に行って頭を下げてくると言う。
第13話 感想コメントはここをクリック
20代女性
橋本さんが殺された。そのため、科捜研で宇治茶を調べたりして色々な茶があるんだなと思った。ほうじ茶は作るのに13種類くらい使っているらしく、お茶屋さんはそれをブレンドして個性を出して売り出しているんだなと思った。
20代女性
殺された橋本さんは、お茶屋さんで一緒だった門倉。麻雀をしていたことがバレてお茶屋さんを解雇された。恨みがあると思って門倉を捜査するために門倉の店に行ったが、合組して3千円もらうというぼったくりのおじさんで、憎たらしいなと思った。
20代女性
久住さんが宇治茶グランプリに出ている時に、門倉にお茶をすり替えられて苦いお茶が出回ってしまった。優勝は一膳庵の人だった。門倉が何を企んでいるのか、門倉のお茶を合組している倉庫でお茶が一致し、やっぱりこの人はダメな人だと思った。
20代女性
久住さんは味覚障害。亡くなった橋本さんがこっそり直していた。久住さんの代わりに門倉が作ったお茶をすり替えようとしたが、出来なかった。門倉は真剣にお茶に向き合っているからこそ、師匠に味覚障害と言うのを嫌がって言わなかったという理由で安心した。
20代女性
血痕とシミがお茶のケースから見つかり、手がかりがなかったが、硬水と軟水というお茶を入れる時に適した水があり、水を調べようとなり調べた。数多くあって科捜研は神経を使うなと感心した。そして犯人は、何となく師匠なのではないかなと思った。
<第12話>『赤い宝石』
2019年8月8日放送分

第12話 ネタバレ解説はここをクリック
神社の境内で春田光彦がナイフで刺され命は取り留めるが昏睡状態である。マリコらは現場に残された散乱した花びらと、砂に書かれたアルファベット3つのYを発見する。花に付着した血液のDNAから逮捕歴のある諸星大地と一致した。ハングレだった諸星がケガで負傷して、病院に勤務していた春田と面識があったと思われる。マリコは土門の情報から、Yは人間の抗体であると気づき諸星は特別な血液であり、春田が諸星のことを赤い宝石と呼んでいると確信する。諸星が重要参考になった後から、大学に血液の提供していることを掴み、諸星が人を殺害したと思われるナイフを春田は見つけ脅迫され血液を提供していたことがわかる。春田は6年前の事件のナイフをマリコに提出して他の人物の指紋を発見して事実が明らかになっていく。
第12話 感想コメントはここをクリック
50代男性
マリコ(沢口)や土門(内藤)が脇に回り。春田(モト)と諸星(石垣)が主役でしたね。まれな血液を持つ諸星を見つけた春田は、研究と人のためにと犯罪を隠してしまう。功名心の為じゃないから?モトだから、嫌みがなかったのかな。でも、春田もれっきとした犯罪者ですよね。
40代女性
モト冬樹さんが臨床検査技師って~と思いましたが、けっこう似合ってました。ただ全然医療には詳しくないので、説明されても少ししか理解出来ませんでした。普段の京都の風景がたくさん見れる光景が個人的には好きだなぁ。
40代女性
襲われた被害者の手帳の「赤い宝石」が血液の意味で、貴重な血液タイプって凄いんだなぁと思ってしまいました。過去の犯罪が明るみになり、その血液を持つ男性は服役することになりそうだけど、命の大切さや自分が人を救えると知ったみたいで少し明るい兆しがあって良かったです。
20代女性
赤い宝石って言うぐらいだから強盗系かと思ったら全然そんなことなくて、殺人犯だけど良い人っていう話だった。助けた人だけどそれは伝えられないから、殺人犯と言うことしか伝えられなくて、悪い人として残るのは哀しいなと思った。
40代男性
今回は、キーパーソンである諸星大地を演じた石垣佑磨さんの演技が素晴らしかったです。
彼が演じる諸星大地は闇金融業者で、自分の事しか考えないアウトローですが、春田に脅されながらも赤ん坊の命を救うために、血液提供を定期的に続けるシーンから、真面目で律儀な面も見られて良かったです。
<第11話>『殺人遊覧船ツアー』
2019年8月1日放送分

第11話 ネタバレ解説はここをクリック
京都・嵐山の静嵐寺で、嵐徳寺の住職・和田が殺害された。
静嵐寺の住職が亡くなり、以来、和田が訪れていたとのことである。
和田が殺害されたと同時に、京都市の指定文化財である仏像までなくなっていたことが発覚する。
現場に駆け付けた科捜研と土門・蒲原コンビが、和田を殺害した真犯人と消えた仏像の捜索を開始する。
和田の遺体から緑色の繊維片が見つかり、防犯カメラのチェックで、緑色のリュックを背負っていた男性を容疑者と特定し、その足取りを追う。
彼は、ライン下りの船、馬車、トロッコ列車を経由していたことから、マリコと日野所長は、犯人の足跡を手掛かりに、逃走ルートを追う。
そして、船の出向直前に、電子ジャーに盗品の仏像が入っていたことを発見し、同時に、嵐山の断食会に参加した男性(土門に最初に指紋検査を要求された人物)が真犯人であることが判明されたのであった。
第11話 感想コメントはここをクリック
30代男性
科捜研の女はマリコの仕事熱心さに振り回されて、全身が筋肉痛というくたびれた状態でやっとの思いで出勤できたばかりの高齢男性の日野を、再び舞鶴という遥か遠くの場所に連れていくとあっさりといってしまうのが可笑しく、日野がイヤイヤする中でマリコが、鑑定できるのは日野のだけと唯一無二の存在のように聞こえる言葉に思わず、有り難うと返してしまう日野が可愛らしく所が素敵だ。
40代女性
あんな運行する保津川下りやトロッコ列車の中で鑑定なんて実際出来るのかなぁ。意外性とスピード感はありましたが、設定にリアリティがなかった気はしました。いつも風丘先生のお菓子の差し入れが楽しみです。頭を使うと甘いものが欲しいのかな。
40代男性
科捜研の女、お寺の境内に発見された遺体と文化財の仏像が盗まれた犯人の足跡を追って、マリコが川下り、トロッコ列車、馬車と移動しながら鑑定する状況に必然性を感じながらも、体力的な負担を感じている所長の状況が辛そうで同情しつつも、滑稽にも動画で見えました。また、事件で残された足跡が時間の経過と共に薄らぐことも切実に描かれているように感じました。
40代女性
てっきり住職のことを快く思わない檀家ファイブの中に犯人がいると思ったのになぁ。聖職者なのに法事の時にしか寺に顔を出さない住職だからあまり殺害されても気の毒だと思わなかったけど。お寺の仏像ってそんなにお金になるのかな。逃げる経路が京都の観光名所だったので動画の風景はとても楽しめました。
30代男性
断食の会とかとても大変なことをするなと思います。呂久太が差し入れをいち早く食べたのが面白くてよかったです。電気プラグの跡が体についていたのがビックリしました。防犯カメラ条件認証とかすごい機械があるなと思います。
<第10話>
2019年7月18日放送分

第10話 ネタバレ解説はここをクリック
寿司職人を育成する校長が自分の寿司を認めてもらいたくて、殺された寿司職人に対して気持ちを込めた寿司を食べてもらおうとするが、女だから学校行ったって寿司職人にから学んだ訳でもないのにという偏見から食べてもらえず。諦めて帰ると自分の名札がないことに気づき戻ったが、もうすでに亡くなっていた。凶器となっていた名札だったが、パートのおばちゃんが来たことに気づいて逃げた校長。名札の紐をゴミ箱に捨てて証拠を隠滅したものの、科捜研チームが見つけて鑑定した結果からしが付着していた。寿司にからしということがあったが、寿司にもからしを使うものがあり、郷土寿司を作っている寿司職人の1人が自分は認めてもらえていたのに、もう一度考えると言われ腹が立ち殺したということだった。
第10話 感想コメントはここをクリック
40代女性
科捜研での鑑定のシーンももちろんありましたが、外の捜査の方がメインだったような気がしなくもない今回でした。お寿司という食べ物をめぐる「それぞれの思い」が切なくもあり、また、頼もしくもあるなと感じました。
30代女性
今は、実際に起きた事件の捜査でも、事件現場付近だけではなく、逃走経路や関係者と思われる人物の周囲は細かく捜査するとわかっているのに、ネックストラップをゴミ箱に捨てる行為をする人がいるかな?と、少し疑問に思いました。
40代女性
お寿司に使われている酢について勉強になりました。どこのお寿司屋さんでも同じ酢だと思っていたので、まさか、ターゲットになる客層、子供が多いか、若者がメインかなどで酢の種類やその配合が違うなんて驚きです。もっと味わってお寿司を食べよう、と思いました。
30代女性
清水美沙さんを、テレビドラマで久しぶりに見ました。もともとは、羽田美智子さんと同じような雰囲気や位置付けだったと思いますが、いつのまにか大きく差が開いてしまったなと思いました。でも。スタイルも変わってないし、あまり老けたとは思いませんでした。
30代女性
「口は災いのもと」という言葉を思い出してしまいました。今回は“災い”てはなく、事件の解決に結びつくヒントにもなったのですが、寿司の中にはワサビではなく、からしを使う寿司があると話さなければ、事件は早期解決はしなかっただろうと思いました。
<第9話>『京都爆弾観光ツアー』
2019年7月11日放送分

第9話 ネタバレ解説はここをクリック
今回は京都の観光名所にアプリを使って京都の音を楽しんでもらおうという京都の観光促進のプロジェクトに関係した犯罪を暴くことになった。科捜研のマリコたちの元に、犯人から京都の観光名所に爆弾を仕掛けたという脅迫文が爆発の様子を収めた動画と共に届いたのだった。そして、爆弾が爆発するのはその日の午後5時。マリコたちは必至で爆弾が隠されていそうなところを探しあてることに力を注ぐこととなった。それと同時に、この観光プロジェクトに関わっていた音響の専門家尾藤が失踪していることがわかった。そして、尾藤には経費の不正流用の疑いがもたれていたこともわかった。最初は爆弾を仕掛けた犯人かと思われていた尾藤だが、尾藤と共に働いていた尾藤の婚約者が尾藤を警察に探して欲しいがために起こした狂言であることが判明した。結果的にマリコたちは尾藤の殺害された遺体を探し当てることとなった。そして、尾藤と共に埋められていた録音装置からマリコたちに協力していた京都観光促進センターの園崎が尾藤殺害現場にいたことが判明した。園崎は自分がした経費の不正流用の罪を尾藤におしつけ、それが尾藤にバレて突発的に尾藤を殺してしまったのだった。マリコたち科捜研のメンバーは爆弾探しをしているつもりが、殺人事件の真相を暴く結果となったのだった
第9話 感想コメントはここをクリック
近日更新予定です。

ドラマ「科捜研の女 season19」イントロダクション・キャスト情報

Introduction

最新の科学捜査テクニックと豊饒な人間ドラマに四季折々の京都をプラス!
1999年10月からスタートした「科捜研の女」は、2019年に放送開始から記念すべき20周年を迎えます。そして同年は、テレビ朝日の開局60周年。春・夏・秋・冬の4クールに及ぶ1年間の放送は、二つの節目を記念してのビッグプロジェクト!!

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描き、“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーを展開してきた「科捜研の女」。1年間のレギュラー放送ということで、そんなドラマの魅力に京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれていくことでしょう。

■Cast

沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、金田明夫 ほか

■「科捜研の女 season19」公式SNS

公式サイト Twitter

ドラマ「科捜研の女 season19」の期待の声を募ってみた☆

40代女性
シリーズ初の通年放送だったSeason19もいよいよ最終回。土門さんが死ぬ?異動?!蒲原くんが死ぬ?異動?と、度々繰り返される「いなくなる詐欺」に翻弄されながらも楽しい一年間だった。最終回はマリコさんが科捜研へやって来た20年前の事件の鑑定。久々にマリコさんのお父さんも登場するとの事で、話の展開と共に親子の会話も気になって仕方ない。早く見たい気持ちと、コレが終わったら暫く「科捜研の女」が観られない寂しさで何とも言えない状況。直ぐにでもSeason20が放送される事を期待しつつ、最終回を楽しみにしたい。
30代女性
お父さんが出てくると、やっぱり「出てくれた!」と思いますね。お父さんが科捜研にいたときから見ているので、彼が出ると昔のチームが戻ってきたような感覚になって、懐かしく感じます。今回はマリコさんが法廷に立つようで、かっこよくハキハキと権力に立ち向かう姿はやっぱりかっこいいです。彼女なら、たとえ相手が検察でもおじけづくことなく本当のことを言ってくれそうです。20年以上前の事件に立ち向かうということで、当時と今との科学技術の差を見せてほしいです。当時はここまでが限界だったけど、今はこれだけ分かります、というのは、日本の警察の技術力が知れるので楽しみです。
コメントをもっと読む
30代女性
1年間、続いた「科捜研の女Season19」が、いよいよ最終回ということで、沢口靖子さんの父である小野武彦さんのが依頼する、20年前の事件というのは、とても興味があります。この20年間は、実にさまざまな分野において進歩が著しく、20年前の科捜研では明らかに出来なかったことでも、今の科捜研なら、明らかにできることも格段に増えているだろうし、20年前の事実を知ることで、沢口靖子さんは知らなくても良い真実を知ってしまうことにもなるのではないかと思います。最終回は、ハッピーなほうが良いのですが、次のシーズンを期待させるようなエンディングも良いなと思います。
40代女性
このシーズンはマリコが鑑定と犯人特定のためだけど様々な事にチャレンジしているのが面白いと思って見ています。ネイルとか、料理とか、ネット動画とか。そしてそれを科学的に解釈する、ジェルネイルの硬化現象とか、ところがマリコらしくていいです。それに、そのチャレンジや新しい鑑定方法を思いついた時、犯人に辿り着く何かを見つけた時にキラキラしたまるで少女のような目をしているマリコが素敵です。そんなマリコをこれからも楽しみにしています。個人的には科捜研の他のメンバーをもう少しクローズアップしてほしいな、という気もします。
40代女性
ドラマ20周年記念で1年間ほぼ毎週、科捜研の女が観られるという嬉しさ!今シーズンは流行もの?(健康ランドアイドル・節約ブロガー・ジム・YouTuberなどなど)のネタベースになっていて、マリコさんの珍しい一面が垣間見れる回が多くニヤニヤしながら見ています。土門さんが抜けたり戻ったり二転三転していますが、科捜研メンバーもすっかり安定してきてまったりと観れるのも良い。
若干マンネリ化しているようにも感じるが、やっぱりねぇ(笑)と思わせる辺りはやはり20年間続いているドラマの安定感だと思います。反面、そんなのアリですか⁉︎と驚かされることもありますが、それもまたマリコさんだからね(笑)と笑って許せるのが科捜研の女の良いところ。
沢口靖子さんの相変わらずの透明感を見るためだけでも価値があるってもんです。
一点、マリコさんと土門さんの関係…変わらずにいてほしくもあり、何か進んで変化してほしくもあり、悩ましいところです。
40代男性
かつて長年の間こんなに愛されて親しまれたサスペンスドラマはあったでしょうか?現在、絶賛放送中のドラマ「科捜研の女」は今回で連ドラとしては19作目を迎えています。特番での放送も数知れず、これは今や人気が不動のものといっても過言ではない確固たる証拠です。この人気の秘訣は時代に逆らわない柔軟なストーリー展開、常に最新鋭のテクノロジーを駆使して捜査に挑みます。ただ、変わらないのは主人公の榊マリコを始めとする研究員たちの事件に取り組む姿勢です。ここが第一作から全く変わらず、事件解決に向けて常にひたむきで情熱的な所も愛される理由です。今作もいよいよクライマックスを迎えます。変わらないマリコ、進化するマリコを楽しみたいです。
30代女性
10年近く見て来たシリーズなので毎回楽しみにしています。最近はCMもコラボCMがあったりして見ていて飽きることがありません。マリコさんの淡々としたキャラクターもとても好きですが、科捜研は毎話終盤のお約束である屋上での土門さんとの掛け合いがあってこそだと思っていたので前シリーズで警察学校に行ってしまいとてもがっかりしていました。しかしこのシリーズで土門さんが早速復帰したとのことでマリコさんとの掛け合いも復活し、これでこそ科捜研といった雰囲気になってきたのでこれからも毎週楽しみにして見て行きたいと思います。
20代女性
科捜研の女で期待しているところは、2つあります。1つ目は、まりこさんの事件解決へ導くためのストーリーです。いつも事件が起きて科捜研のまりこさんたちが、鑑定に入るが、どんな事件でどんな鑑定方法でヒントを握り、犯人に対してどう問い詰めていくのかが見どころになります。まりこさんが、いろんな発見をしていくので、その部分が事件に重要なるので、楽しみにしていきたいです。2つ目は、キャストさんの演技力です。キャストさんたちはみんな個性的で、堅苦しくなくて笑いもあり、どんな風に演技していくのか笑いがあることを楽しみにしています。
このことから、科捜研の女を楽しみに見ていきたいなと思います。
30代女性
沢口靖子はきれいですが、マリコの容姿に触れる回というのがなかなかレアな中、ブス呼ばわりする女性が出てくるというのがもう衝撃的です。しかも再びということは、以前から登場している人なのでしょうか。残念ながら知りませんでしたが、なかなか刺激的なキャラクターと思います。しかも、土門さんのことを狙っているのでしょうか。土門さんとマリコが早くくっつかないから紛らわしいことになるんだよとヤキモキしてしまいます。この人はが犯人と疑われますが、実はそうでないのかもしれません。真相が意外そうなのと、キャラ的に多分違うのでしょう。面白いキャラが出てきたので、展開がかなり気になります。
30代女性
沢口靖子さん演じる主人公の榊マリコが周りを振り回しながらも、少ない手がかりで真相を見つける姿がいいと思います。歴代仮面ライダーで活躍した俳優さんもよく出演していると思うので、ファンとしては今後は誰が出演するのだろうと期待します。樋口呂太くん役の渡部秀さんも今年で3年目になり馴染んできたと思うので、今後の活躍にも期待できます。また、今回一年間科捜研を放送しているので、京都の四季も楽しめると思います。これからだと桜の季節なので、楽しみです。これから榊マリコはどうなるのか楽しみに見ています。土門さんともどうなるのか楽しみです
50代女性
このドラマは31話まで見ましたが、31話のゲストには俳優の赤楚衛二さんが出てきて、仮面ライダー出身の俳優さんなのでかっこよかったです。このドラマは橋口呂太役の渡部秀さんも仮面ライダー出身なので、仮面ライダーに出ている人は優先的に起用されるのかなと思いました。31話の犯人も紫の手ぬぐいを持った川上夏夫の父で意外でした。32話はゲストに俳優の藤田弓子さんや佐藤江梨子さんが出演するそうなので楽しみです。藤田さんはNHKの朝ドラ女優でドラマの「なつぞら」にも出ていました。また、佐藤さんはドラマの「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」や「相棒」に出ていたので期待が持てます。
30代女性
私は、この科捜研の女が好きでよく見ています。主人公のマリコさんのひたむきで真っ直ぐな正義感や、土門さんの熱い情熱で事件解決に取り組む姿、他のメンバーが協力して調査する姿など、観ていて爽やかな気持ちになれます。基本一話完結物なので、途中でうっかり見忘れた後でも観れるのが嬉しいところです。それから、主人公サイドの人間が皆仲間割れや衝突せずに、一丸となって事件に向き合っているのも個人的には好きです。あまり仲間同士で殺伐としているのは好きじゃないから、とても安心できます。これからも、このスタイルでマリコさんの活躍を見ていきたいです。
50代男性
私も大ファンの【科捜研の女】もいよいよシーズン19。いくつになっても清純さを失わない沢口靖子さん演じる榊マリコの切れ味バツグンの捜査活動が非常に楽しみ。時にとぼけたキャラが顔を覗かせるのもいい感じです。そしてドラマにピリッとした雰囲気を付け加える土門薫こと内藤剛志さんの健在ぶりには毎回心踊ります。警察物のドラマは数あれど、謎解きのリアルさと爽快感、登場人物の魅力的なキャラなど、【科捜研の女】は一歩抜きんでたドラマ。今後どんな難事件がマリコや土門を待ち構えているのか?いい意味でファンを裏切る展開を期待します!
40代男性
榊マリコを中心とする科捜研のメンバーや、土門刑事・蒲原刑事などの活躍を見て、テンポが良くてメリハリがあり、ストーリー全体を毎回楽しんでいます。特に、今シーズンの榊マリコの無茶ぶりとも言える暴走しがちな活躍は、毎回ハラハラしながらも楽しめて、PyuuTuberになって動画撮影で実演したり、ダイエットの検証を亜美・呂太・蒲原刑事にやらせたりするなど、シチュエーションも面白いです。今シーズンもメンバーチェンジがなく、安定しているけどアイデアや検証活動などは無限大なのも面白く、土門刑事の貫禄ある迫力も、これからも見続けていきたいです。
50代女性
マリコを中心に個性的な科捜研のメンバーが、事件を解決して行くシリーズでこのドラマは安定した面白さがあります。
マリコは、常に科学で事件を解決しようとしており、その姿を見ていると元気がもらえる気がします。
ミステリードラマなので、犯人探しの楽しみもありますがマリコが事件を解決して行く過程がとても楽しめます。
科学もどんどん進化しており、ドラマにはその進化した科学が取り入れられたおりその新しい科学を見るだけでも楽しむことが出来ます。
おなじみのメンバーで、事件を解決して行くのもこのドラマの期待出来る点です。
30代女性
次回予告からすると、マリコのファッションショーみたいなのが少し見られるのでしょうか?沢口靖子は美人ですが、マリコはおしゃれをしないので、マリコが着飾る回は毎度ちょっとうれしくなります。今回の事件は全然読めないですね。大量の10円玉のなぞもまずわかりません。重りとかではないでしょうし、いったい何の意味があるのか気になります。また、染め職人がなぜ19年前に失踪してホームレスになったのか、記憶だけの誘拐事件と関りがあるでしょうが、いまいちわかりません。記憶だけの誘拐事件は警察沙汰にならない個人的な理由と想像しますが、わからないですね。わからないことだらけなので、ストーリー展開が気になります。
30代女性
長寿番組の仲間入りを果たしているといえるこのドラマのおもしろさは毎回のように紹介される架空の鑑定方法だと思います。架空だと思えないほど作りこまれた鑑定機器も違和感のない鑑定方法の説明も感心してしまうほどです。群れず染まらず我が道をいくマリコさんに同性として憧れる部分もあります。おもしろさは間違いのないドラマなので今作ではどんな事件が起こり、それを科捜研メンバーがどういう鑑定で解決するのかが楽しみです。あと、進展しそうで進展しないマリコさんんと土門さんの関係が少しでも進展することも期待しています。
20代男性
科捜研の女は前作から見始めましたが、毎話違う話で飽きずに面白いです。あと沢口靖子さんと内藤さんのコンビが好きです。今回は1年間の放送みたいで全話見れるかわかりませんが、可能な限りみたいと思っています!
50代女性
もう20年も放送されてるのですね。科捜研の女は他のサスペンスや刑事ドラマよりシリアスな雰囲気になりすぎないところが好きで、ずっと見ています。京都の景色も楽しみです。

ドラマ「科捜研の女 season19」全体の感想・みどころ

ネタバレ含む

30代女性
科捜研の女は、科学を武器に犯罪に立ち向かう姿を描いていて再放送で見ても飽きず、season19まで続いている理由がわかる。まりこさんと土門さんの関係にも目が離せない。まりこさんの純粋な性格と絶対に悪を許さない気持ちが土門さんにも伝わっていて、土門さんも悪を絶対に許さない気持ちが二人の掛け合いから伝わってくる。まりこさんの気持ちに気づいてくれたり、ヒントを与えてくれる大事な存在の風岡先生も注目人物の一人。まりこさんの周りの研究員同士の信頼も厚い。物理担当の橋口は、一見頼りないが涌田の分析能力のサポートもありいいコンビニなっている。
30代女性
犯人を当てるのが難しいです。予想外の人が犯人だったりします。中山きんに君が犯人だった時はびっくりしました。意外と流行りの物を取り入れた話が多いです。20年も続いてると色々な技術が進んでますよね。これだけ長く続いているのは単純にすごいと思います。沢口靖子さんも全く変わらず、お綺麗ですよね。警察モノのドラマで、女性が主人公なのも良いと思います。あと同僚のロタ君と刑事の蒲原君が結構イケメンです。目の保養になります。長いこと続いてますが、なんだかんだ見てしまいます。この時間帯は他に見たい番組がないんですよね。
コメントをもっと読む
40代女性
一年間という最近の民放のドラマではそうそうないスケールで始めると聞いた時は驚きましたが、終わってみれば一年なんてあっというまでとても楽しく見ることができました。特に今回は土門さんに驚かされました。いつも死ぬか移動かといった風に何かしらほのめかされてきた土門さんだけに、今回の教官話もまたいつもの通り思わせぶりなだけだろうと思っていたら本当に移動してしまって、とうとう土門さんとマリコさんのコンビ解消かとかなり動揺しました。本当に次週から出てこなくていよいよこの事実を受け入れなければならないのかと覚悟した矢先土門さんの復活。科捜研ファンではない人には詐欺的に言われますが、土門さんとマリコさんのコンビのファンである私からしたら全然詐欺的でかまいません。土門さんの復活大歓迎でした。その後もしばらくやはり二人のコンビはいいなと微笑ましく見ていました。今回のシリーズは何よりやはり土門さんとマリコさんのコンビは安心するということを実感しました。
30代女性
もともと大好きなシリーズなので、美しい京都の四季折々とともに1年間とても楽しませていただきました。土門さんが途中で警察学校に行ってしまい卒業してしまうのではないかと心配しましたが、すぐ帰って来てくれて「どもまり」コンビがまた見られたのはとても嬉しかったです。土門さんが帰って来た後にマリコさんと土門さんが屋上で会話するお馴染みのシーンが見られて嬉しかったです。また過去の作品で科捜研メンバーとして出演していた方々が久しぶりに帰ってきたのも心踊る嬉しいサプライズで楽しませてもらいました。なによりだれ一人卒業することなく1年駆け抜けてくれた事が嬉しいです。また、新シリーズを首を長くして楽しみにしています。
20代男性
同居している両親がこの作品が好きで、夕食時や団らんの際に流れていることが多いです。刑事作品なので観てしまうと犯人や結末が気になってしまうので私も一緒になって観てファンになりました。結末が気になってしまうようなストーリー構成と推理の的確さがこの作品の魅力だと思います。また科捜研という私たちではよく分からない部署のやっていることや事件解決のための重要性を教えてくれるので、この作品を通して科捜研という裏方の存在の重要性を知りました。普通の刑事ドラマなどとか違い、普通裏方の組織に焦点を当てた素晴らしい作品だと思います。
40代男性
シリーズ20周年で、春までの1年間の放送でしたが、あっという間でした。沢口靖子さんの代表作として、若き美しくお茶目なマリ子から、貫禄もって猪突猛進なマリ子、あと50年はやって欲しいです。内容的に鑑定方法が限られるので難しいとは思いますが、鑑定技術は浅くても良いので、榊マリ子にもっといろんなことをやってもらえば楽しく見れると思います。大門刑事と結婚してもいいし、マリ子が刑事になって捜査するっていうのもいいし、日本のドラマで、海外ドラマに匹敵するドラマは、この科捜研の女ぐらいではないでしょうか?次は1年といわず、永遠に放送して欲しいです!
40代男性
今シーズンの科捜研の女はいろんな要素がいっぱいでワクワクする内容が多かったです。いつも通りの科捜研ならではの視点から証拠を見つけたりして事件を解決するというのも面白かったのですが、広域サイバー捜査係といった新しい捜査方法で事件を解決していくようなストーリーも良かったですし、土門が警察学校に行ってしまい科捜研との絡みがなくなってしまう展開も驚きましたし、面白かったです。それでもやはり土門がいないのが続くと物足りなさを感じてしまったので復活して嬉しかったです。でも一番笑ったのは榊マリコの目力ビームを出しているシーンで、それが何度かあり最高でした。
40代女性
1年に渡っての科捜研の女の冬は、マリコがさらに色んなことにチャレンジしながら事件を解決していった様に思います。中でも面白かったのは、「マリコのネイルサロン」です。事件のキーワードとなるネイルサロンですが、マリコは鑑定一筋20年なのでお洒落には無頓着です。そんなマリコが事件の解決の鍵となるネイルサロンへ行き、実際にネイルを施してもらいます。事件解決の為だとは言え、犯人と思わしきネイリストの爪に付いてるパーツをそのまま施術せよ、というマリコの強引さ(マリコらしさ)は笑いを誘いました。マリコの面白い所は、真剣過ぎるので融通がきかない所なのですが、そのマリコの執着心は事件を解決していくので、お客さんだったら嫌だろうなと思いましたが、とても面白いシーンでした。また、科捜研チームが事件の解決とは言え、みんなでネイルを塗っていた所も笑いを誘いました。このシーズンもマリコはぶっちぎりに面白く、最終話に到るまで、どの回も楽しく見る事ができたので、とても良かったです。
40代男性
ネイルを巡る事件でしたが、昔の話を餌に脅し金を奪い取ろうとする手法はいつの世にもはびこっています。最期は親子の話にもっていった当たりがうまくできていると思いました。セカンドチャンスが重要だと感じました。日本は過去のことにばかり固執しすぎです。野球のドラフトのように最初ばかり重視しすぎの社会はいつか停滞することでしょう。それよりも今どうなっているのかが重要なのです。それはさておき、ネイルにもいろいろな種類があって面白かったです。科学的捜査がしやすい分野だったのでしょう。土門さんがネイルすればさらに面白かったと思うのですが…
50代男性
“継続は力なり”といいますが、とっても偉大で、なかなか簡単に出来ることでは無いと思います。それでて“温故知新”というか、すごく新鮮なドラマだと思います。沢口靖子さんの若さの秘訣って何なのだろう?とまで考えます。ストーリーも斬新で面白いところが大好きです。昨今、番組中に“ナビスコのCMが入りますが、これもまた本格的で楽しいです。鑑定の手順もバッチリだし、マジかあ•••と思う鑑定もあるし、千差万別な展開も嬉しい限りです。最近のストーリーでは、勉強になった事もありました。それは、人間の肋骨って、基本12対なんだという事です。余り気にした事なかったので、助かりました。何はともあれ、楽しく視聴しています。
30代女性
科捜研の女、ずっと見てきました。いつも安定した面白さですが、今回は予想外に初回からとてもハラハラドキドキさせられました。いきなり蒲原さんが死んでしまうのではないかと、次の週まで待ちきれず、ネットでいろいろな人の分析を見てしまったほどです。今回のシーズンは、予想外の展開が多く、20年目に相応しい面白いシーズンでした。土門さんがいなくなってしまうんじゃないか、別のレギュラーに中村俊介が入るのかなんて、いろいろ考えたりしましたが、最後はちゃんと安定の終わり方をしてくれてほっとしています。最終回のスペシャルも面白かったです。今のメンバー、みんなキャラが立ってて好きです。次も期待しています。
40代女性
科学の力で事件を解決する「科捜研の女」シリーズが、大好きです。女優「沢口靖子」さんの魅力であふれたドラマだと思います。女優として、すでにベテランの域に達し、もうアラフィフだというのに、信じられない美しさに、毎回、うっとりしながら拝見していました。歳を重ねても、いつもハツラツとして、若々しく、知的な雰囲気を漂わせている主人公の「マリコ」さんは、まさに、「沢口靖子」さんにピッタリな役柄ですよね。働く女性としても、尊敬できる理想の上司像でしょう。私のあこがれの方です。ぜひ、続編の新シリーズのスタートを期待しています。
40代女性
このシーズンは、1年というロングランでしたが、マリコのチャレンジが印象に残るシーズンだったと思います。料理やネット動画、そして女性なら普通だけどネイル(ネイルの硬化作用を科学で説明してしまう辺りはマリコらしかったです)など、そして、それらに挑戦するマリコの目がキラキラしていてまるで少女のような好奇心をもって取り組んでいる辺りが見ていて可愛いな、と思いました。風岡先生や土門刑事、蒲原刑事、そして科捜研メンバーの団結力はもう言わずもがな、安定です。風岡先生のお土産もひそかな楽しみでした。鑑定技術も新旧混じった感じで見ごたえのあるものでした。最終回でマリコと土門の仲が少し進んだかな、と思える結末も微笑ましいものだったと思います。
30代男性
いつも半年のスケジュールなのに今回は一年間というペースでやってきたのですごく長いシリーズだと感じました。沢口靖子さんと内藤剛志さんのコンビは見ているとやはり安心感がありますね。科捜研の女といえばこの二人だと自分の中で思っているのでこの2人のシーンはふつうにとても嬉しいです。話もいろいらと面白かったです。後妻業をやっている女が出てきたり染色家の男性の話があったりとかなりバラエティに富んでいたのではないでしょうか。この科捜研の女はいったいいつまでシリーズが続くのでしょうか。正直もう時期最終回が見てみたい気持ちになってきました。
40代女性
シリーズ20周年記念とテレビ朝日開局60周年記念のW記念で1年間放送されましたが、まだまだ見足りないです。毎週マリコが科学の力と、マリコ独特の視点で閃く発想力が面白くて、ついつい見てしまっていました。科捜研のいつものメンバーも安定に面白くて、宇佐美さんのお茶好きな所が凄いと思うし、亜美ちゃんの機械オタクも尊敬するし、呂太くんは出来る子なのに食いしん坊なのが可愛いし、所長がマリコに振り回されてご苦労さまって労いたいです。戦友のような土門さんが、警察学校へ行ってしまうのかとハラハラした時もありましたが最後まで登場してくれて安心しました。今回は部下の蒲原さんが凄く活躍していたように思います、土門さんの刑事魂を引き継いて立派になったのかなって思っていました。もう1年も見たんだから飽きてしまうかと思いましたが、早くも次のシーズンをやらないかなって期待しています。次は20シーズン目なので、ちょうど節目になると思うので豪華にスペシャルな感じでスタートしてくれる事を期待しています。
40代男性
榊マリコを中心とした科捜研メンバーならではの絶妙な視点から犯罪の証拠を見つけるというところは、今シーズンも面白かったですし、最高でした。シーズン途中で土門が現場から警察学校に行くことになり、驚きと淋しさがありましたがすぐに復帰することになりめちゃくちゃ嬉しかったです。このドラマには土門がいないと安定しないように感じるので、去ることなくずっといてほしいキャラクターだと改めて思いました。そして今シーズンのストーリーはいつもよりも主要キャラクターに関係のある人物が出てきたり、元科捜研のメンバーが出たりと嬉しい展開がいっぱいで見ていて面白かったです。
20代女性
「科捜研の女」の最終回で久しぶりにマリコの父親が登場したのが嬉しかったです。私はいつから「科捜研の女」を見始めたのか覚えていませんが、最終回には過去の若い頃のマリコが登場していて、20年前に科捜研で働き始めた頃のことが語られていました。長い間続いてきたドラマですが、時々過去に登場した人物が再登場するのがすごく嬉しいです。Season19は完結してしまいましたが、今後も「科捜研の女」シリーズが楽しみです。過去に登場した科捜研メンバーや事件に関わった人が再度登場するような話が増えるとさらに嬉しいです。
30代男性
節約の達人が殺された事件がすごく面白かったです。科捜研のメンバーたちがその節約の達人にはゴーストの存在がいることを掴んだりとどんどんと色々な事実が浮かび上がってくる展開に目が離せなくなりました。そのゴーストが犯人なんだろうと完全に思っていたので犯人は別の人物の可能性も出てきてすごく没頭してみることができて楽しかったです。やっぱり主人公のマリコの推理力がすごく的を射ていると感じました。これだけ長いシリーズですからかなりマンネリもしてくるでしょうが、こんなに面白い事件を作れるのだからこの先も安泰でしょうね。
50代男性
20時台に放送される標準的なテレビドラマとしては少々粗雑な感じでストーリーが進行して行くので、一般的には高評価を受けづらい作品かもしれませんが、細かな人物描写や感情表現を必要最小限にとどめ、事件の概要と解決の糸口となるエピソードを次々と、まるで一種の記号の様に軽快な音楽に乗せて並べて行くスピード感が、個人的には見ていてたまらなく気持ち良いです。特に主演の沢口靖子のやや軽めで感情表現に乏しい演技が、このドラマのスピーディーでドライなストーリー進行にぴったりとマッチしており、番組全体に不思議なパワーを与えている点は見逃せないと思います。
30代男性
昔から科捜研の女は気が向いた時に隔週で見ていました。ずっとテイストが変わらないこの素晴らしさはすごいですね。変わらないことでこんなにも顧客がいるのでシリーズ化できるのでしょう。事件が起きて死んだ死体を解剖して事件の犯人に迫っていくというやり方はすごくワクワクしました。やっぱり死体の身近な人物が犯人であることが多いと思います。なので全く別の角度から犯人が現れるという展開があるともっと科捜研の女はおもしろくなるとおもいます。科捜研にも新たな優秀な人材が欲しいですね。沢口さんに最後は頼ってしまっている感じがあるのでその部分もちょっと変えていって欲しいです。
60代男性
沢口さんはきれいになった、毎年あたらしい鑑定技術が紹介されて楽しみだわ、毎回ニュースに出てくるテーマをとらあげられていて、脚本家の魅力が出て面白い。心配なのは犯罪の参考にならなければいいのだが、たまに京都の風景が紹介されるのでいきたくなる、シリーズが長いのでマンネリにならないようにつっけてもらいたい。脇役の人たちも役割分担ぎはっきり分かれていて安心して見ていられた。片岡先生も魅力的な女性なので見ていて楽しみにしている、署長の登場が少ない気がするのでもう少し登場してもらいたい、時々脇役が変わるのは面白い。
50代女性
だれもが学生時代に経験した、理科の実験の面白さを、実際の社会でどのように役立てていくのかということを見せるドラマだと思う。現代の最新機器と技術で、刑事事件という人の命や人権に関わる物事の動かぬ証拠をつかめるということは、白黒つけがたいことが多い毎日の生活の中にいる私たちだからこそ、スカッとする。刑事物といえば、東京警視庁が多い中、このドラマは京都が舞台であることに、また身近さを覚えるも、それだけに、登場人物にだれひとり関西訛りの人がいないのは少々寂しく思う。しかし、科捜研という地道で表に出ることが少ない人達のチームの面々は、皆現実離れしすぎない個性を持っていて、いつ見ても爽やかな印象である。
40代男性
路上生活者とはいえ、犯罪行為を行ったのかと思いきや、脱税事件を告発しようとしたり、リストラの挙句そうなったのだとしたら、何だかやるせない気持ちになってくるし、社会全体でそういった人間を作り出している感じがして嫌気がさしてきました。人間関係よりも金銭を重視するとろくなことはないし、いつか痛い目を見る日が来るということをもっと知っておかなければならないとも思いました。20年近く前の事件を科学の力で捜査できる時代になったので、これを機に冤罪が減ってくれればなおいいのですが、それは警察に頑張っていただくしかありません。
40代女性
前シリーズに増して理系女子マリコさんのクォリティーとポジティブさがアップしているように感じます。また随所にAIやSNSなど光時代ならではの情報の取り方や証拠があって警察も進化していってるなぁと感じます。また科捜研メンバーの個性も前よりきちんと描かれてるのもいいですね。若手のロタくんやアミちゃんの個性も生きてるし、見ていてワンチーム感も感じます。それとなにより前シリーズ末にいったん警察学校に配属された土門さんが戻ってきたのが嬉しかったです。蒲原くんも新設されたサイバー課に配属になったりでどうなるかと思ったけど、めでたく一課に復帰したし。やっぱり土門&マリコがいいです。
20代女性
いろいろな事件が起こり、その事件の内容やどう解決に導いていくのかが毎回見どころになっています。犯行の仕方も毎度違くて、ハラハラドキドキするような展開を期待しています。そして、キャストも豪華なのでどんな人たちがどのような演技を見せてくれるかどうかも楽しみです。まりこさん率いるチームと土門さんたち刑事のコンビが協力し合えるところも面白いし、事件を解決するためのひらめきや発見も見入ってしまうことが多い内容が盛り沢山なので、これからも科捜研の女を見続けたいと思います。さらに、ずっとやり続けてほしいなと願っています。
50代男性
血痕のことを警察用語で「ゲソ痕」とは驚きました。アンティークショップの店員、夏夫は自分が小学生の時に二人組の男に誘拐された事件の関心を引こうと、現代に実際に起こった殺人事件とを結びつけます。しかし殺されたのが夏夫を誘拐した犯人の一人であり、事件は意外な方向へ進みます。ニーチェと名乗る哲学者風の男が被害者の後藤が所持していた古い10円玉の秘密を改名するシーンは面白かったです。「イデア」なんてセリフがこの頃のドラマで聞けるなんて驚きました。数年前に読んだ村上春樹の小説以来です。それにしても「科捜研の女」は長寿番組だけあって繊細で精密なつくりで毎回感心します。私の地元の京都っていうのも嬉しい限りです。草木染めなどの伝統工芸も紹介されますしね。
50代女性
このドラマはまだ放送中なので30話まで見ましたが、科学捜査に特化していて科学のことがよくわからなくても面白いです。また、途中で刑事の土門薫が警察学校の教官になったので、土門は交代なのかと思っていましたが、また戻ってきたので一時的だったんだと思いました。出演者の方がほぼ好きな人ばかりで特に蒲原勇樹役の石井一彰さんが好きです。また、主役の沢口靖子さんはドラマの「澪つくし」の時から見ているので成長を感じられます。それから、橋口呂太役の渡部秀さんはドラマの「仮面ライダーオーズ」の時から応援しています。今回はシリーズ20周年ということで1年間放送していますが、最後まで見たいです。
30代男性
土門役の復帰はとても大きい収穫だと視聴する一人として感じました。ここ最近他の仕事で忙しいのかあまりでなくなってたので気になってました。土門役が抜ける展開や蒲原役も異動という設定で刷新されて今後の展開にどう影響するのか心配がありましたが代役的な方もあり違う意味で見応えがあり楽しかったです。科捜研のドラマのみどころは論理的な推理があると思います。科学的な視点で犯人を追い詰めていくのが他のドラマとは違うので観る方も考えて推理を楽しめるのが良いところだと思います。マリコさん初め主要なメンバーの演技も昔から安定感に定評があるのでこのまま突っ走っていってほしいです。
40代男性
今年の科捜研の女は、1年間の放送というだけあって、安定しつつも1話ごとにインパクトを残していて、毎回楽しんで見ることができています。その中で衝撃的なのは、土門刑事が警察学校の教官に異動中、彼の代わりとしてサイバー犯罪対策課の堀切が登場し、蒲原刑事とのコンビでの活躍もバッチリで楽しめました。中村俊介さんが演じるだけあって、正面衝突する土門刑事とは一味違った魅力があり、事件のバックグラウンドをすべて把握してから行動し、突破口を見つけ出すタイプというのも面白かったです。堀切が事件解決のために改ざんして犯人を追い詰める反則技を使ってしまいますが、それでも正義を貫こうとした堀切の行動は、本当にかっこ良かったです。
40代女性
今回は通年放送という事で、事件よりも、各シーズン毎に繰り返される、土門刑事と蒲原刑事の「死ぬのか?!」「え?!異動!」と驚く展開で次週へ続くパターンで、二人の去就が注目され続けていると思う。死ぬ死ぬ詐欺、辞める辞める詐欺だと思っていても、翌週迄は一抹の不安を抱えながら放送を待つのが、科捜研の女ファンの醍醐味かもしれない。勿論、マリコさんのコスプレや変人じみた行動も毎回楽しめる。科捜研メンバーも安定して、個性を生かしつつチームワークもバッチリで安心して見ていられる。しかし、今回通年放送した事で、次の放送は1年後、しかも科捜研メンバー総入れ替えって事にでもなったら非常に悲しい。出来る事なら、このまま4月以降も継続して欲しい。
40代女性
科捜研の女は何と言っても鑑定技術が見所の一つだと思います。旧来の鑑定技術に加え、時々登場する最新技術がどんな技術か。このシーズンは被害者の足取りを追う事が多いように思っています。その度にいろんなことに科学という面から取り組むマリコが時に天然で時に頭脳明晰で面白いです。殺人、鑑定、捜査、犯人逮捕、という展開は毎回同じだけど、1時間の中に二転三転する展開があるのもいいです。警察学校から捜査一課に戻って来た土門刑事とマリコの仲が静かに深まっている気がするので、2人の関係も特にエンディングは微笑ましく見ています。
30代女性
科捜研の女シリーズが好きで毎回見ています。今回のシリーズで特にすきなのは20話のパン屋の店主が殺される事件です。前妻と現妻のどちらかと思っていましたがそのなぞはマリコさんたちが科学の力で解き明かしていきます。この回は今の妻が前妻の子供を取られたくなくて奔走する姿に涙が出そうでした。前妻も身分を隠して自分の子供がいじめられるところを助けたり人間関係が面白い会でした。結局犯人は二人のどちらでもないパン屋の従業員だったことに安心しました。いつも土門さんとマリコさんの二人とも思いやっているのに進展しない関係にドキドキしながら楽しませていただいています。
30代女性
シーズン19でも主人公であるマリコさんの暴走ぶりがとても面白いです。自分では無意識の間に同じ科捜研のメンバーや捜査一課のメンバー、さらには遺体を解剖する病院の先生まで、相手の気持ちや予定を全く考えずにいつも勝手に振り回してしまうマリコさんがとっても面白くていつも笑ってしまいます。それでもみんなから愛されているマリコさんはすごいんだなと思っています。シーズン19ではマリコさんの相棒と言ってもいい捜査一課の土門さんが一回移動になってしまってすごくあせりましたが、無事に戻ってくることが出来て安心しました。