ドラマ「KING OF DANCE」を見逃し動画無料フル視聴!

KING OF DANCE

ドラマ『KING OF DANCE』動画

『KING OF DANCE』動画視聴

日本テレビドラマ『KING OF DANCE』はHuluで配信されると思われます。

「Hulu」には2週間の無料お試し体験があります♪
Huluはすべての作品が見放題!無料体験中でも配信されている全作品が視聴できます。


  1. Huluの無料体験は2週間!
  2. 日テレ作品(ドラマ・アニメ・バラエティなど)はもちろん、海外ドラマや最新映画なども多数配信中!
  3. 配信されている全ての作品が「見放題」♪追加課金が必要なコンテンツはありません!
Huluを使用するのにたくさんの機種を使うことができるのが魅力の1つです。我が家ではPS4とPC、スマートフォン、タブレットなど使う場所によって使用方法を帰ることができるのでかなり重宝しています。
外出先でもダウンロードしておけば、どこでも動画を見ることができるのはかなり魅力の1つだと思います。
子供がぐずった時や、病院の待ち時間などなかなか時間の長い時にはとても良いです。ダウンロードしておけば、外出先でもギガ数が減らないのも魅力です。【40代女性】

ドラマ「KING OF DANCE」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル視聴

Hulu

●無料動画共有サイト

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『KING OF DANCE』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu ◎(見放題) Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.05.28

<ドラマ『KING OF DANCE』最終回・第6話>
2020年5月23日(土曜)放送

TVer
<公式>第6話あらすじ

真城からD2へ引き抜きの話が来ていることを知ったDrawing Back。D2が思い悩む姿から、空はDrawing Back内での模擬戦を提案した。D2と付き合いの長いHIDEは、手加減なしのダンスバトルに覚悟ができずに悩んでいた。D2の存続を懸けた、駆・D2 VS 空・HIDEとのダンスバトルがはじまった。そして時本の“公平なジャッジ”により、ついにある決断がくだされた‥。

D2を引き抜こうとする真城を信じることができなくなってしまった海斗。
海斗と真城の距離はさらに遠ざかってしまった…。

強敵のRED=RUM戦を目の前に、集中できないDrawing Backのメンバーに一度出直すよう命じた時本。

街中で海斗を見かけた空。空と海斗は、昔の思いを打ち明け合った。

グループステージA総当たり戦は、ついに後半戦へ突入!!。
準備万端のRED=RUMとは対照的に、ばらばらとなってしまうDrawing BackとWORLD_M。
もう悩んでいる暇はない!明日はいよいよRED=RUM戦。
優勝へ近づくのは、果たして?!

【出典:ドラマ『KING OF DANCE』第6話あらすじ

第6話 ネタバレはここをクリック
空は、自分のせいで起こった事故のせいで、ダンスを辞めた兄とその時の思いを話すことになる。兄は、既に次のステップに進んでいて、家業を継ぐタイミングだったと考えていて、空を応援する。兄は、父の会社を成功させることを目標にしていたのだ。また、父も空を応援してくれていると。それを聞いた空は、KING OF DANCEのグループステージに立ち向かおうとする。D2がチームを脱退後、RED=RUM戦に惨敗。Drawing Backは、ダンスも気持ちもバラバラになってしまったのだが、最終戦では、D2が加入した三浦海斗率いるWORLD Mを倒さねばならない。各チームで壮絶なバトルが繰り広げられるのだが、果たして、グループステージを突破することが出来るのか?
第6話 感想はここをクリック
40代女性
空の兄の晴彦は前向きな気持ちで、今の仕事を頑張っていたので安心しました。兄にケガを負わせてしまったことをずっと気にしていた空のことも心配だったので、晴彦の気持ちを聞くことができて良かったです。晴彦が空のことを大切に想っていることが伝わってきて、心が温まりました。
40代女性
空たちの指導者で振り付け師の時本が山に行きますという書き置きをして姿を眩ましたまでは理解できたが、さすがにダンスバトルのために帰って来て激しい指導をしていたと思っていたのに当日に帰って来るとはビックリだったが、空たちの繋がりが予想以上に密になっている所を見ると時本の狙いはここにあったのかと感じた。
40代女性
負けが決まってしまっているYOHEIたちが突然食べ物を片手に持ってキレキレな躍りを魅せながら現れて、空たちの危機的な状況下であるとわざわざ教えに来るという優しさだろうと思う反面、もう少し素直な忠告をできないものかとひねくれ具合には呆れてしまった。
30代女性
空とHIDEがモヤモヤしていた気持ちに区切りをつけた事で表情がイキイキと変わり歩み始めたのがとても良かったが、そのことに来生がリーダーの如く振る舞う自然な流れに思えたがよく考えると3人の中で来生がダンスの経験歴は1番のペーペーなのが可笑しくて堪らない。
40代女性
もっと見ていたかった…6話じゃ全然足りない。もう終わりなの?って感じで寂しくなる。回を追うごとにダンスがどんどん上手くなるし、迫力が凄かったから舞台で見れたらいいな。踊っている時の笑顔何!?好きなんだけど。

<ドラマ『KING OF DANCE』第5話>
2020年5月16日(土曜)放送

TVerでの配信は終了しました。

<公式>第5話あらすじ

真城からD2へ引き抜きの話が来ていることを知ったDrawing Back。D2が思い悩む姿から、空はDrawing Back内での模擬戦を提案した。D2と付き合いの長いHIDEは、手加減なしのダンスバトルに覚悟ができずに悩んでいた。D2の存続を懸けた、駆・D2 VS 空・HIDEとのダンスバトルがはじまった。そして時本の“公平なジャッジ”により、ついにある決断がくだされた‥。

D2を引き抜こうとする真城を信じることができなくなってしまった海斗。
海斗と真城の距離はさらに遠ざかってしまった…。

強敵のRED=RUM戦を目の前に、集中できないDrawing Backのメンバーに一度出直すよう命じた時本。

街中で海斗を見かけた空。空と海斗は、昔の思いを打ち明け合った。

グループステージA総当たり戦は、ついに後半戦へ突入!!。
準備万端のRED=RUMとは対照的に、ばらばらとなってしまうDrawing BackとWORLD_M。
もう悩んでいる暇はない!明日はいよいよRED=RUM戦。
優勝へ近づくのは、果たして?!

【出典:ドラマ『KING OF DANCE』第5話あらすじ

第5話 ネタバレはここをクリック
模擬戦に勝利したことによりWORLD_Mに移籍することにしたD2。残った3人で練習を続けるDrawing backだが、集中出来ていない様子に時本から頭を冷やすように言われる。一方WORLD_MもD2が移籍してきた事実により、海斗が練習場を飛び出す。それにより偶然出会った空と海斗。最初は今まで通り、空に突っかかっていた海斗だったが、お互いがお互いをうらやましいと思っていたことを打ち明けることで、少し打ち解けた様子の2人だった。そんな中、空は海斗をダンスバトルに誘う。踊り終えると、海斗は吹っ切れたように練習場に戻っていった。そのバトルの様子をRED=RUMの赤井が撮っていた。迎えたRED=RUMとの対戦。Drawing backが3人体制になってから初の実戦だったが、空と海斗のダンスバトル動画やD2の移籍を利用した挑発により、敗北してしまう。その上お互いに不信感を募らせ、チームがバラバラになってしまう。
第5話 感想はここをクリック
40代女性
今回の話では、晴彦の過去について詳しく知ることができましたね。まさかそんな理由で怪我してしまったのかと驚きましたが、ダンスへの熱い思いはやはり持っているのかなと改めて思いました。来週は最終戦なので、期待です。
40代女性
海斗くんが少し楽しそうにダンスしてて、ちょっと安心した第5話だった。新生WORLD_Mが楽しみ。反面ドロバ、、、つらい。来週最終回なんですかって感じで早くて寂しくなる。最終回での舞台めっちゃ気になる。
40代女性
今回の第06話は、登場人物それぞれが抱えた屈折した思いが複雑に絡み合う人間関係の描写に力点が置かれた作品のように感じました。その中で空(高野洸)の持つ優しさや素直さが光っていましたね。ダンスシーンは相変わらずスタイリッシュで非常に良かったと思います。
30代女性
ダンスはもともと好きなのですが、こういうバトルに参戦する意気込みというか熱い熱を感じるドラマです。空が若いけど、考え方がしっかりしていて、これからチームでの活躍が楽しみです。KODはどのチームが勝つのか。人間関係にも興味があります。
40代女性
真城からD2に引き抜きの話が来ていたのがとてもビックリしました。D2が悩んでいたのがとてもビックリしました。ダンスバトルがとても迫力があってよかったです。海斗と真城との心の距離が離れていっていたのがとても驚きました。

<ドラマ『KING OF DANCE』第4話>
2020年5月02日(土曜)放送

TVerでの配信は終了しました。

<公式>第4話あらすじ

グループステージA初戦Drawing Back VS KIZAMI戦は、崖っぷちからの大逆転、まさに「カウンターパンチ」を決めたDrawing Backの勝利で終わった。初戦突破に喜ぶDrawing Back。
その喜びも束の間、空にある男が近づく…。その名は、RED=RUMの赤井。空の兄・晴彦と同じBLACK/WAVEに所属していた男である。「てめえだけは許さねえ」そう空に言い残した赤井は、KODのステージへと向かった。

グループステージAもう一つの初戦、WORLD_M VS RED=RUMが始まった。
RED=RUMとの初戦を終えた海斗は、行き場のない苛立ちを真城へとぶつけてしまう。そんな海斗に真城は海斗をKODに誘った想いをぶつけた。その裏で、真城とD2の関係を知った男がひっそりと動き始めた…。
一方、WORLD_Mのダイナミックなニュージャックスウィングに圧倒されたDrawing Backのメンバー。強敵2チームの攻防を目の当たりにした4人に、時本はきたるRED=RUM戦を勝ち抜くための新たな課題を突き付けた。2回戦に向け練習を始めたDrawing Back。細部に渡る時本の教えに、メンバーたちの体力と精神は限界まで追いつめられていった。

グループステージA:Drawing Back、WORLD_M、KIZAMI、RED=RUM。

忍び寄る不穏な空気の行方とは?
それぞれの思いが揺れ動く中、目指す頂点はただ一つ。

【出典:ドラマ『KING OF DANCE』第4話あらすじ

第4話 ネタバレはここをクリック
ダンス大会「KING OF DANCE」のグループステージで、大逆転勝利を果たしたDRAWING BACK。そんな喜びもつかの間、他チームのレベルの高さを知り、このままでは優勝できないと焦り始める。そこで振付師の時本は、DRAWING BACKの4人にはグルーヴ感が足りないと、2人ずつ2チームに分けるよう指示。これを機にメンバー各自が抱いていた理想や不満をぶつけあうようになっていく。そんな中、D2がライバルチームWORLD_Mから引き抜かれそうになっていることが判明。さまざまな意見が交錯する中、空は2対2のダンスバトルで決着を付けようと提案する。一方、WORLD_Mの海斗もまた、D2を引き抜こうとする真城と意見が合わず、不信感を募らせていた。
第4話 感想はここをクリック
40代女性
ダンスしている姿が少しづつ見れるようになってきましたが、もう少し上手なクオリティーのダンスが見たかったです。DJ KOさんが出演されたシーンはとても驚きましした。まさかの本人登場です。ダンスバトルのシーンは良かったです。
40代女性
前回の話では、まさかの大逆転劇がありましたね。Drawing Backがまさかカウンターパンチに成功するとは思ってもいませんでした。そして今回、新たな強敵が現れましたね。Worldmのメンバーはかなりレベルが高くて、大丈夫なのかと心配になりましたが、どうやって攻略していくのか楽しみです。
40代女性
とても面白かったです。相変わらずすべてが熱いドラマでした。今回は主に人間関係に焦点を当てたストーリーが展開されており、その中で登場人物それぞれのキャラクターの違いがしっかりと描写されているのが大変良かったと思います。いつもながらダンスシーンは非常に迫力がありますね。
30代女性
来生のヤル気からすぐに熱くなりやすいのは元プロボクサーだからとは思うものの、ダンスコンビを組むことになった津田の意見を聞こうとせずに、来生の考える事ばかりを押し付けようとする協調性の無さは心配でしかなく、振り付け師の時本の言う通り来生が津田に合わせるべきだろう。
40代女性
D2は確かにチームの中で、なんとなく浮いていると言うか違和感を覚えていました。なので、彼がこのチームを去ってもおかしくはないのかもしれないと思いました。やはり自分のダンスが出来るところで、実力を発揮していってほしいです。 

<ドラマ『KING OF DANCE』第3話>
2020年4月25日(土曜)放送

TVerでの配信は終了しました。

<公式>第3話あらすじ

元Drawing BackのメンバーだったYOHEIが、稽古場を奪いにKIZAMIのメンバーと共に稽古場へ乗り込んできた。稽古場を懸けたKIZAMI VS Drawing Backのダンスバトルは、時本の“独断と偏見”によるジャッジによって引き分けに終わった。結果に納得のいかない両者だったが、KODグループステージAの組み合わせが発表され、KOD1回戦での再戦が決まった!

打倒KIZAMIを目標に、空、駆、HIDEは、仕事で抜けていたD2に振りを教えていた。だがそのD2はどこか元気がない様子。そんなD2を心配するHIDEだが、D2にはメンバーにも言えないあることがあった…。
仕事終わりD2はお世話になっているWORLD_Mの真城から、引き抜きの話を持ち掛けられた。突然の真城の提案に、海斗は納得がいかない。真城の言葉にD2の心は少し揺らぎ始めた…。
大会の日も迫り、ショーケースの振付が始まったDrawing Back。YOHEIがいた時代の4人の動画を見て振り起こしを始めた。そこには楽しそうに踊るYOHEIと3人の姿があった…。

いよいよKOD1回戦の日が近づく、ついに初戦を迎えるDrawing Back。
次こそは“公平なジャッジ”のもと、
ダンサーNo.1の称号を懸けたダンスバトルの幕が上がった!

【出典:ドラマ『KING OF DANCE』第3話あらすじ

第3話 ネタバレはここをクリック
ダンスチーム『KAZAMI』を率いるYOHEIが、空たちの前に現れた。YOHEIの父親は、空たちのダンスチーム『DRAWING BACK』が練習をしている建物のオーナーであった。滞納家賃を払えなければ出て行け!とYOHEI。しかし、KOD大会でYOHEIに勝てば、ダンスの練習は続けられることになった。そして、KOD大会当日ー。空たちは『SHOWCASE』対決で負けてしまう。敗因は、空の踊りであった。彼は、YOHEIのダンスを過剰に意識したのだ。しかし、次の『DANCE BATTLE』で空たちは、『KAZAMI』に逆転勝ちをする。バトルが終わって、浮かれる空。男が「久しぶりだな」と近づいた。空が「赤井さん・・・」と呟く。赤井は「兄貴を怪我させて、ブラックウェーブを解散させておいて、よく戻ってくれたな?」と敵意を剥き出しにした。
第3話 感想はここをクリック
40代女性
ひやひやとハラハラとドキドキで泣きながら眠りました みなさん仰っていますが、焼き鳥のシーンが 心が和んで好きですね。よーへいさん、過去も好きだし今も好き。レベチのアクロはやっぱりコピーできませんね、空くん。
40代女性
大会に向けた入念な準備が抜け目ない感じな演出がなかなか男気のようなものを感じましたが、ショーケースの振付が始まった際のYOHEIがいる4人バージョンの振り起こしはちょっと嫌みな印象もあるので実際どうなのかなと思えました。
40代女性
レッスンシーンから口論のシーンまで、全ての登場人物がとにかく徹頭徹尾青春してるのが非常に印象的ですね。熱さを感じました。K.O.Dでのダンスシーン、特にダンスバトルのシーンは非常に迫力があったと思います。
30代女性
D2は2話で真城さんから自分たちのチームに入らないかと勧誘されていたので、もしかしたら3話ではDRAWING BACKを抜けているかもしれないと思っていました。でも、ちゃんとこのチームにいて4人で踊っていたので安心しました。D2は本当の自分を押し殺して踊るよりも、もっと激しく、うるさく、派手に自分を表現するダンスの方が合っているのかもしれません。D2もそれがわかっているから、真城さんにハッキリと断ることができないし、少し惹かれてしまっているのだと思います。でもやっぱりDRAWING BACKを応援している私としてはこれからも4人での最高のダンスを見せてほしいですし、この4人で優勝してほしいなと思ってしまいます。
40代女性
元BLACK WAVEの赤井さんに、いくら事故とはいえ、晴彦に怪我をさせてダンスができない体にしたこと、そしてそのせいでBLACK WAVEを解散させたことを空が責められていて、とても悲しくなりました。確かに、元BLACK WAVEのメンバーからしたら、4人でダンスを続けたかったでしょうし、優勝したかったと思います。だから、空を恨む気持ちもよくわかります。でも、空だって平気で、何も考えないでまたダンスを始めたわけではありません。今はライバル関係であるとはいっても、ダンスの世界の仲間として受け入れて、切磋琢磨していく方が気持ちよく戦えますし、お互いに良い成長ができるのではないかと思いました。これからも空はいろいろな人に辛く当たられるかもしれませんが、負けずに頑張ってほしいです。

<ドラマ『KING OF DANCE』第2話>
2020年4月18日(土曜)放送

TVerでの配信は終了しました。

<公式>第2話あらすじ

空(高野洸)にとって、兄であり憧れのダンサーでもあった晴彦(和田琢磨)。空が引き起こした事故による怪我で、晴彦がダンス界から引退してしまったことを忘れられずにいた。それでもなお、ダンスを捨てきれていない空のダンスを目の当たりにしたDrawing Backのメンバーは、空をチームへと誘う。思いが1つとなった空、駆(丞威)、HIDE(蒼木陣)、D2(福澤侑)は、KOD優勝を目指すことを固く誓った。(1話振り返り)

ブランクを取り戻そうと自分を追い込む海斗(和田雅成)だが、思い通りに踊れていない自分に苛立っていた。そんな海斗を優しく見守る真城(丘山晴己)。するとKODの出場者情報が発表される―。
一方、鏡に向かうDrawing Backの駆、HIDE、D2そして空。4人は高いレベルを求める時本(荒木宏文)の指導のもと、必死で練習をしていた。その中でも急遽チーム入りすることとなった空は、周りに追いつくため精一杯だった。だがそんな空に対し「お前のダンスは俺の振付を殺しまくっている」と時本は厳しい言葉を言い放つ。「このままじゃ外れてもらうからな」と言い残し時本は稽古場を去る。動揺する空を気にかけるHIDE。
するとそこへ「帰ってきたんだよ、俺たちの思い出の場所に」そう言いながらYOHEI(本田礼生)率いるKIZAMIのSHOWTA(眞嶋秀斗)、E-G(滝澤諒)たちが稽古場へと乗り込んできた…

稽古場へやってきたKIZAMIたちの目的とは?
果たして空はDrawing Backに残れるのか⁈
KOD優勝を目指す男たちの熱いダンスバトルが今始まる‼

【出典:ドラマ『KING OF DANCE』第2話あらすじ

第2話 ネタバレはここをクリック
Drawing Backに参加することになった空は、他のメンバーに追いつこうと必死で練習をしていた。しかし、そんな空のダンスを見た時本は厳しいダメ出しの連続だった。空は何とか食らいつきながら、必死で頑張っていたが、俺の振り付けを殺していると言われ、かなりショックを受けた。このままだとメンバーを外れてもらうと時本は言いながら去って行った。そんな彼をHIDEは励ました。そこへYOHEIたちが稽古場にやってきた。この場所で踊る権利がないから出ていけと彼らは言った。そこへ時本が大音量の音楽を鳴らしながら戻ってきた。時本の提案でダンスバトルで勝負を付けることになった。勝敗は時本が独断で行うこととなった。
第2話 感想はここをクリック
40代女性
劇団出身のHIDEはムードメーカー的存在だと思いました。駆は元ボクサーらしく、熱い感じが滲み出ています。そんな二人と一緒に組んだ空は何とかやっていけそうな気がしました。空はダンスバトルでようやく自分らしさが出てきたように思います。
40代女性
空は途中から参加したということもあり、なかなかうまく踊れずにいました。時本のスパルタ指導は凄かったです。さすがに空は途中で諦めそうになりましたが、何とか続けられそうで良かったです。ダンスで勝負を決めると言うところがさすがです。
40代女性
DRAWINGBACKのメンバーで元ボクサーの来生駆が実はダンスがすごく上手いことに改めて気づきました!KIZAMIとのダンスバトルで魅せたダンスはすごくカッコ良かったです!いつもはおちゃらけてばかりですが、やるときはやるんですね!
30代女性
KIZAMIのYOHEIがなぜDRAWINGBACKを脱退したのか気になります!あんなにキレキレダンスを踊れるのにもったいないです。でもそのおかげで高山空が加入できたんだけど、、時本修武が高山空をメンバーに誘うように促したようですが、ずっと弟のように思って心配で見守っていたのかなと思います。
40代女性
引き分けって言われたあとHIDEくんに駆け寄った駆ほんと仲間想いでいいと思う。みんなの人間性が見えてきてより熱くなってきた!ドロバとKIZAMIの掛け合いからのダンスバトル繰り返し見ちゃう。あとHIDEくん可愛い。

<ドラマ『KING OF DANCE』第1話>
2020年4月11日(土曜)放送

TVerでの配信は終了しました。

<公式>第1話あらすじ

時は大ダンス時代。誰もがダンスを嗜み、ダンスパフォーマンスにおける地位は最高潮を迎える。
そんな時代にあって実力のあるダンサーたちが目指す一つのタイトルがあった。
その名は「KING OF DANCE」!
5年の空白を経て開催されるその大会を目指し、全国のダンスの実力者たちがしのぎを削っていた―。

主人公・高山空(高野洸)は都内のフィットネスジムのダンスクラスで講師をしている。過去のとある事故をきっかけにダンスの第一線から退いてはいたがダンスに関わる日々を過ごしていた。

中年男性・石井(バッファロー吾郎A)をマンツーマン指導していたある日、突然「元ボクサー」だと言う見知らぬ青年・来生駆(丞威)が現れ、強引に職場から連れ去られる。

駆に連れて来られた場所は薄暗いリサイクルショップ。
そこで待っていたのはHIDE(蒼木陣)とD2(福澤侑)。そこで空は彼らにダンスバトルをけしかけられる。帰ろうとする空だったが、「踊らなきゃ帰れないからね!」という三人からのプレッシャーに渋々踊り始める。そこに時本修武(荒木宏文)が登場し…。

時を同じくして、偉大な父の死をきっかけにダンスを辞めた三浦海斗(和田雅成)も真城博一(丘山晴己)とともに、再びダンスと向き合おうとしていた…。

それぞれの葛藤によりダンスから離れていた2人が、『KING OF DANCE』5年ぶりの開催をきっかけに、再びダンスへの想いを熱く燃やしはじめる―!

【出典:ドラマ『KING OF DANCE』第1話あらすじ

第1話 ネタバレはここをクリック
主人公、高山空はフィトネスジムでダンスインストラクターとして働いている。そんなある日、マンツーマン指導をしていた中年男性の生徒がking of danceの大会に出場すると伝えられるが動揺する空。空には実の兄、ダンスで名をはせていた晴彦が居たが、空が引き起こした過去の事故で兄は足を怪我し、後遺症からダンスが出来ない体となりダンスの世界から去ることになった心のトラウマを持っていたのだ。元ボクサーだと名乗る青年に一緒にダンスをしてKODを目指そうと誘われるが乗り気になれず断る。兄のダンス友人であった時本が現れ、いつまで踊らないんだと叱咤激励される。そんな時本に本当は踊りたいという気持ちが溢れ本音をこぼすのであった。
第1話 感想はここをクリック
40代女性
なんだかマイケルジャクソンを思い出しちゃいました。物語はそれぞれの理由でダンスを止めた空と海斗がまたダンスに向き合うことになるのですが、最初はそれなりに納得して今の環境に生きてたのでしょうけれど、やっぱりやりたいことをやってないと目がくすんでますよね。空がレッスン中に連れ去られたのはびっくりでしたが、いいきっかけにはなったので良かったと思いました。海斗は父親の死がきっかけなので事故した空より状況はいいと思うんですが、最近の男子はメンタルが弱いなぁ。
40代女性
思いがけず自分のダンスに対する気持ちに向き合い昔のダンス仲間と一緒にチームで大会を目指すことにした空。めでたし、めでたしなのですが、途中のバッファロー五郎さん(中年男性)を教えるシーン必要?とか思っちゃいました。なんか虚しさを表現してるのかもですが他の男子たちが若くてイケメン揃いだったので出演自体が浮いてました。海斗の方もだいぶこじれてそうだけど、真城さんいるから大丈夫かな。父親が偉大なのもツライですね。
40代女性
空が引き起こした事故で兄がケガしたのかぁとしみじみ思っちゃいました。自分がケガしたとかなら封印しないだろうけどそういう複雑なのだと罪悪感がありますよね。でもダンスの講師をするくらいなら兄の分も背負えばいいのにと思います。レッスン中に連れ去られた時は驚きましたが、連れてこられたところに知り合いの子たちがいて良かったです。きっと気に掛けてたんでしょうね、踊るまで帰らせないよ?と3人に言われちゃさすがにやるしかないでしょ。最後は空をチームに誘ってKOD優勝を目指すことになったので頑張ってね。
30代女性
男子のアイドル学園ミステリー?、ドラマ「チョコレート戦争」みたいだなぁと思っていましたが、誰かが殺害されるとかはなさそうなのでこっちは安心して見れそうです。ダンスを引退して講師をしている空が元ボクサーと名乗る青年に連れ去られた時は事件発生?と思っちゃいましたが。事故があったので仕方がないですが、冴えない?中年男性をマンツーマン指導はもったいないですよね。同じタイミングで偉大な父を失くしてダンスから遠のいていた三浦がダンスに向き合うことになり、それぞれの物語がこれからどう交差していくのかが気になります。
40代女性
今回の放送を見て個人的に気になったのは空が幼い頃、MIURA DANCE STUDIOで出会った海斗でした。ちょっと只者ではない雰囲気と「何も知らないくせに簡単にKODとか言うな!」と空に言う姿は迫力があって驚きました。

ドラマ『KING OF DANCE』について

公式HP 公式Twitter 公式Instagram
Introduction

時は大ダンス時代。
誰もがダンスを嗜み、ダンスパフォーマンスにおける地位は最高潮を迎える。
そんな時代にあって実力のあるダンサーたちが目指す一つのタイトルがあったー

その名は「KING OF DANCE」。

5年の空白を経て開催されるその大会を目指し、全国から実力者たちが集まる―。

ダンスの才能に恵まれながらも、ある事故をきっかけにダンスの表舞台から姿を消していた主人公・“空(そら)”。
ダンスを完全に捨てきることは出来ずにいた空を半ば強引にチームへと引き入れる仲間たち。
世界的なダンサーである父の死 をきっかけにダンスをやめていた“海斗(かいと)”。

仲間たちとの出会い、再び思い切り踊ることの楽しさを思い出した空が、
メンバーとの確執や過去の重く辛い出来事を乗り越え、KODの頂点を目指していく!

仲間やライバルなど、個性豊かなキャラクターたちが全力で踊って魅せる、
今年一番熱いダンスストーリー!

【出典;ドラマ『KING OF DANCE』イントロダクション

■Cast

高野洸、和田雅成、丘山晴己、蒼木陣、丞威、福澤侑
本田礼生、眞嶋秀斗、滝澤諒、野島良太、RYUICHI
和田琢磨、バッファロー吾郎A / 荒木宏文

ドラマ『KING OF DANCE』への期待

20代女性
物語のあらすじを読んだ限りだと結構ベタなストーリーだなと思いました。主人公が挫折していてそのライバルも父親の死をきっかけにダンスを辞めていたが二人とも表舞台に帰ってきて切磋琢磨してダンスの大会を盛り上げていくというお馴染みの展開のような感じがすごくします。ですが、そのベタな展開が自分は大好きなのですごく今の段階では期待しています。やはりヒロイン的なポジションのキャラクターが欲しいですね。そうすればドラマ全体に華が出て一層ドラマを楽しめると思います。最終回には絶対主人公に優勝してもらいたいと思います。
コメントをもっと読む
30代男性
このドラマは誰一人として有名な俳優さんが出ていない変わったドラマですけど自分は今後大成するかも知れないダイヤの原石を探すために見ています。内容は至って普通というかダンスチームがいくつかあってその中で一番うまいダンサーは誰かみたいなのを決める内容です。でもダンス内容がブレイクダンスだったらかなり白熱したと思うのですがヒップホップダンスみたいなのでちょっと残念でした。ですが今のところ自分は期待していて主役の高野さんがいい演技をしていると勝手に思っています。なのでどんどんドラマの中で活躍させて人気が出て欲しいです。
30代男性
ドローイングバックのメンバーたちが正統派のいいものみたいな立ち位置だったのでもっと尖っている奴が仲間にいたらもっと興味が湧いたのにとは思いました。キャラクターたちの性格はドラマの中においてはとても大事だと思います。主人公は見た目通りのいいやつでダンスをこよなく愛している感じをひしひしと感じるので見ていてすごく気持ちがいいです。若干気になった事なんですが、初回を見た限りだと話の展開が少し遅いように感じました。もっとポンポン展開していかないと見ている方も飽きてくると思います。なのでダンスバトルのシーンをたくさん見たいです。
30代男性
なんとなくキングオブダンスの称号はドローイングバックが勝ち取ると思います。なぜなら主人公が所属しているチームだからです。こういうドラマでは、この展開はお決まりなのでそうなるでしょう。でも自分はそういうベタな感じが好きなので結末はそれでいいと思います。ダンスシーンなんですが迫力のあるようにカメラワークには凝って欲しいですね。それぞれのチームの演技がダイナミックに見えるような手法があると思うのでその方法を使って欲しいです。連続ドラマですから、次回への持って行きかたも大事になっていくのでそこを楽しみにしていきたいと思います。
30代女性
『KING OF DANCE』まずこのワードが耳に入ってワクワクした人は多かったはず、小学校でも必須科目になっているダンス、ヒップホップ・ロック・ブレイクetc今や日本の立派な文化となっている。その中の王様を決めようというのだ、しかもダンスの実力はもちろんあってなおイケメン!!イケメンたちが頑張っているだけでも胸が熱くなるのに、その中で各々の葛藤があって。あらすじを読んでいるだけで見応えを感じています、そこにダンスのシーンがどのように入ってくるのかも楽しみです。さらに舞台化がすでに決まっていて、ドラマで盛り上がった気持ちのまま、その世界をすぐ生で観られるなんて、なんて素晴らしい企画なんだ!!男の子たちの情熱が本当に楽しみです。
20代男性
あまり他の作品では目にしないテーマで描かれていて面白そうな作品です。「ダンス」がテーマの作品。ダンスといってもヒップホップ系。今はヒップホップ流行っていますからね。キレッキレで踊れると、それはもう教室でも駅前でも羨望の雨あられな昨今、ダンス好きな方々はこのドラマが楽しみで仕方がないのではないでしょうか。本作の売りは私が思いますにそのキャスト陣。びっくりするほどのイケメンぞろい!あまり女性キャストが目立たないにもかかわらず、ある意味「男ばっかり」なキャストチョイスでありながらもしっかりと「華がある」。これは「ドラマ」としても攻めた演出になるのではないでしょうか。その辺も含めまして期待してます。
30代女性
キングオブダンスは復活したようでそれに参加をするには、年齢が関係ないところが幅広く挑戦出来てイキイキ出来ると思いました。男同士の熱い感じが良いです。ダンスが踊れる人って運動が好きな人が多いと思います。けっこう俳優さんがイケメンぞろいだったのでカッコいいダンスが見られると思いました。本気でダンスをしているところは、ようやく本気を出したなと思いました。でも、KODに出ないと言っていてもったいないと感じました。彼がどうやったらコンテストに出てくれるのか気持ちの問題だと思います。同じ仲間が悩んでいるときの支えって大事だと思いました。
40代女性
キングオブダンスというものの頂点を目指す成り上がりストーリーみたいですが、この手のドラマは結構パターンがあるので見る前から何となく話の展開は想像がつきます。ですが初回を見てみないとわからないので期待したいと思います。主人公の空はある事故をきっかけにダンスの表舞台から退いてしまったらしいのですがそこからまた這い上がっていく感じをドラマの中で爆発させて欲しいです。絶対に途中でダンスバトルがあると思うのですが、そこで主人公が覚醒するシーンは必ずあると思います。そうなった場合はとてもワクワクすると思うので楽しみです。
30代男性
KING OF DANCEの期待している点といたしましては、主演が高野洸さんと和田雅成さんという点です。高野さんに関しましては、アイドルをもともとされていてすごく可愛らしかったのですが、とてもかっこよく成長をしていてびっくりしました。どんな演技をされるのが楽しみなのですごく期待しています。また、ストーリーに関しましては、ダンスがテーマなのですが、主人公はダンスの才能に恵まれながらもあるきっかけでダンスから離れた少年の役なのですが、ダンスをテーマにするというのが斬新で楽しみです。また、どんなダンスなのかもすごく気になります。
20代女性
私は昔からダンスをやっており、見ることも自分が踊ることも大好きなので、ダンスがテーマのドラマが今まであまりなかったのでとても楽しみにしています。誰もがダンスをしている世の中のストーリーということでたくさんダンスシーンが見られるのがとても楽しみです。どのくらい上手いダンサーさんが出てくるのか、どんなジャンルがメインなのか、いろいろなジャンルのダンスを見ることができるのか、期待していることがいっぱいです。チーム同士のバトルなども見ることができそうなので、バトルを見ることがとても好きな私からしたら本当に楽しみがいっぱいです。

SNSの反応【#KING OF DANCE】

https://twitter.com/Cazuca1995/status/1258400672304644098

ドラマ『KING OF DANCE』の見どころ

見どころ①〈主演・高野洸の成長ぶり〉
高野洸はNHK教育テレビ『天才てれびくんMAX』から誕生したDream5の元メンバーです。Dream5といえば、一世を風靡したアニメ『妖怪ウォッチ』の主題歌、『ようかい体操第一』で大ブレイクしたダンス&ボーカルユニット。グループ唯一の男性メンバーとして活躍していましたが、活動終了後はソロでの歌手活動や舞台やドラマなどでの俳優業をしています。Dream5時代は活発であどけない少年だった彼も現在では22歳に。今回は主演として、ドラマの中でも、そして撮影現場でも周りを引っ張る立場となった高野洸の成長ぶりに注目です。

出演者関連作品リンク

高野洸

ドラマ『テレビ演劇 サクセス荘』
→2.5次元俳優たちによるテレビ演劇を『おっさんずラブ』の脚本家・徳尾浩司が手がける!