『麒麟がくる』(NHK2020大河ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴

麒麟がくる

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』動画視聴方法

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』の
トライアル期間を利用して”完全無料”で見放題♪

初回1ヶ月無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』おすすめポイント

★配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!

★ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!

★電子書籍のサービスも!『non・no』や『週プレ』など70冊以上の有名雑誌が読み放題!

★継続利用で『1200円分』のポイントが【無料】で貰える!
ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!※月額1990円(税抜)かかります

●『U-NEXT(NHKオンデマンド)』ユーザーからの耳より情報☆

日本最大級のビデオ・オン・デマンドサービスであるU-NEXTは映画や書籍・音楽などを楽しめるサービスです。そんなU-NEXTのおすすめポイントの1つは、毎月1200円分のポイントがチャージされ、好きな最新作や本・マンガなどを購入したり映画の割引利用することができるということが挙げられます。これによって見放題でない有料レンタルもポイントで見ることが可能です。U-NEXTは1契約で4つのアカウントが作れ、それぞれで見たいものが見られるようになっています。ファミリーでそれぞれ楽しめるのでおすすめです。ダウンロードしておけばデータ量を気にすることなく視聴できるので、外出先で見ることもできます。13万本以上もの作品があるので好みに合うものが見つかるはずです。【40代男性】

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』見逃し動画 検索

  • <第1話〜最終回まで全話>をフル動画視聴!
U-NEXT(NHKオンデマンド)
  • 動画共有サイト
YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第21話>
第二十一回「決戦!桶狭間」
2020年6月07日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第21話あらすじ

今川から元康(風間俊介)を離反させる工作は失敗に終わった。信長(染谷将太)は、父・信秀の教えを思い出し、今川が本当にうわさされるような2万もの大軍であることを疑い、前線へ出陣する。局地戦を展開して義元(片岡愛之助)自ら率いる本隊から徐々に兵を引き離す作戦を決行する。一方の元康は三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否。そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は桶狭間山での立ち往生を余儀なくされる。そこに織田の軍勢が襲いかかる。

出典:『麒麟がくる』第21話あらすじ

第21話 ネタバレはここをクリック

今川の大軍が迫る清洲城は宿老達が議論に終始していた。それを見て信長は籠城と宣言。だがこれは内通者に用心した奇襲の為の策だった。これに先立ち各砦を放棄させたのは戦力となる兵を一点に集中させる為だ。今川の大軍が次の城に移動中休憩可能な地点は桶狭間のみ。綿密に策を立て自らの手勢の数から逆算し大軍の兵力を分散させるのに成功した信長。とはいえ危険な賭けに違いはない。腹を括った信長は自分が死んだら後を頼むと言って、帰蝶に側室が産んでいた長男、奇妙丸を託した。一方元康は冷静に情勢を分析、現時点での寝返りを断念した直後、今川からの再三の理不尽な要求に遂に出撃拒否をする。信長と帰蝶の策はここに実った。折からの雨は接近した兵馬の音を消し、今川の油断した兵が一気に崩壊した。義元の首を挙げ凱旋する信長の前に光秀が現れる。水を所望した信長は晴れやかに微笑みながら、「これで父上や母上は褒めてくださるだろうか?」と語り始める。褒めて欲しい人からずっと褒められたかったと。子供のように純真であまりに哀しい言葉に「帰蝶様は?」と聞く光秀に「帰蝶はわしが何をやっても褒めてくれる。…あれは…わしの『母』じゃ。」微笑を見せる信長に次の望みを尋ねる光秀。脳裏には道三の最期の言葉があった。美濃を手に入れる、そうすればきっと帰蝶が喜ぶだろうから、と答える信長。その先は、との問いかけには答えず、信長は夕陽に向かい帰城して行った。

第21話 感想はここをクリック
40代男性
信長の天下統一の転機となった桶狭間の戦いの時に、明智光秀も秀吉もいなかったと言うのは、驚きだと思いました。その後は、この二人も加わり織田軍は快進撃を続けますが、二人はある意味勝者に乗っかっただけのような気がしました。
20代女性
桶狭間の戦いを描く回で、とても楽しみにしていました。これまで桶狭間は、上洛しようとしていた今川義元、途中休憩していたところを信長に襲われて討ち死に…という感じが多かったですが、本作では上洛途中ではなく、信長が来る情報も直前で入っていたようで、新しい描き方だなと大変興味深かったです。毛利新介が義元を討ち取った際、「今川義元、討ち取ったり~!」と叫んだのが、まるで店内アナウンスのように敵味方に響き渡ったのは、聞こえるわけないでしょと何だか笑ってしまいました。ここから信長がどんどん目立っていくというところで放送休止は残念ですが、再開を心待ちにしています。
30代女性
織田信長にとって、そして光秀にとっても大きな起点になるだろう桶狭間の戦いがメインの回で、終始ドキドキがおさまりませんでした。今川義元の圧倒的な軍勢を前に、家康を味方につけることも失敗し、信長は追い詰められます。その中で、何とか活路を見出す知略と判断力、思い切りの良さが、大逆転の奇跡を呼び込んだのだと思います。運をも味方につけたのは、信長自身が投げやりになることなく、自ら突き進もうとした結果だとも思いました。一方で、いまだに両親からの愛情に飢えた面を見せるなど、不安定さもあります。従来とは異なるイメージの信長が、とても興味深いです。今後、その信長に仕えることになる光秀がどうなっていくのか、気になって仕方ないです。信長こそが大きな国、麒麟のくる国をつくると、光秀が信じてついていくのであれば、2人の関係性は大きな注目ポイントだと思います。これから先の展開が楽しみで、ワクワクしています。
40代女性
光秀が主人公の大河ドラマながら、光秀が映る場面は馬に跨がり信長の居城に向かうなどの移動ばかりと極端なほどに少なく、信長と家康が苦境の中で覚悟を決めるという場面が多くなり、主人公の逆転現象にはビックリさせられた。
20代女性
今川義元を演じた片岡愛之助さんがハマってます。弓の名手と言われている武将なのに、大軍を率いる総大将でありながら戦場に輿で移動する。そこはかとなく漂う優雅さが愛之助さんにぴったり。愛之助さんしか考えられないほど自然でした。面白かったです。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第20話>
第二十回「家康への文」
2020年5月31日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第20話あらすじ

駿河の今川義元(片岡愛之助)が再び尾張への侵攻を開始。かつての人質で、成人した松平元康(旧名・竹千代/風間俊介)が、その先鋒を任されることになる。そのことに目を付けた光秀(長谷川博己)は、この戦を回避させるべく、帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)に元康の母・於大(松本若菜)と伯父・水野信元(横田栄司)と接触をするように仕向ける。

出典:『麒麟がくる』第20話あらすじ

第20話 ネタバレはここをクリック

越前の朝倉義景に滞在を許された明智十兵衛は子どもたちに学問を教えて暮らしていたが、その生活は厳しいものだった。そんな時、今川義元が尾張に進行を開始することを知った明智十兵衛は、その先鋒を松平元康がつとめると考えた。そして、信長の妻・帰蝶に知恵を授ける。その内容は尾張にいる元康の母・於大と伯父・水野信元に接触し、元康が今川から離反し、戦を止めることを説得するものだった。そして、幼いころに離ればなれになった実の母からの手紙を受け取った元康は、戦を止めてほしいという母の願いを知る。それは母だけではなく、今川の支配下から離れたいと思う三河の者すべての願いでもあった。一方、明智十兵衛は越前の朝倉義景への仕官を考えるが、蹴鞠に興ずる義景の姿を見て仕官の考えを捨て、尾張の信長の元へと走るのであった。

第20話 感想はここをクリック
40代男性
今川軍の尾張侵攻が間近に迫り緊張感がどちらの陣営にも漂っていました。まだ幼さを残す年齢の松平元康には先陣を任されることになります。ドラマ内においてはおそらく元康が重要な役割を担うことになるのでしょう。光秀も一応絡ませましたが目立たなくて当然です。今川義元と織田信長双方の運命を決める戦いがいよいよ始まろうとしていました。
20代女性
桶狭間の戦いが迫る中で、主人公の明智光秀がどんな思いを抱いていたのかは、余り見た事が無かったエピソードだったので、光秀目線での織田信長と今川義元との戦いの駆け引きが個人的に新鮮だなァと感じながら楽しく見られました。
30代女性
門脇麦さんの表情の演技を見ていると自分だけでしょうか。すごく不安になってきます。彼女自身すごくいい女優さんだと思いますが、表情の演技だけがすごく苦手です。もう少し表情豊かに演じてくれると魅力的に映ると思いました。
40代女性
長らく会うことも叶わなかった母・於大の方(松本若菜)からの文に、今川軍の先陣として、尾張との戦を覚悟していた松平元康(風間俊介)は激しく動揺します。愛しい母への深い想いは、時として戦国武将の決意さえも変えてしまいかねない物なのだ、ということを認識させられたシーンでした。
20代女性
米も味噌も尾張に攻めこむ大きな戦のために買い占められてしまうなんて、市場から品物の多くが消えてしまい、民衆も困ってしまいますよね。戦ばかりの戦国時代は、武士も民衆も生活が大変なんだと、あらためて考えさせられました。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第19話>
第十九回「信長を暗殺せよ」
2020年5月24日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第19話あらすじ

道三の死から二年、越前でつつましい生活を送っていた光秀(長谷川博己)は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に呼び出され、将軍・義輝(向井 理)が戻った京の様子を探りに行くように命じられる。京では、尾張を手中に収めようとする斎藤義龍(伊藤英明)の一派が、これから上洛してくる信長の命を狙っているという不穏なうわさを耳にする。松永久秀(吉田鋼太郎)の力を借りてそれを未然に阻止する光秀。再会を果たしたかつての友に、義龍は再び自分と手を組み美濃を大きく豊かな国にしようと持ち掛けるが…。

出典:『麒麟がくる』第19話あらすじ

第19話 ネタバレはここをクリック

土田御前は信勝の遺体に泣きすがる。信長は申し訳ないというが、土田御前は信長が惨いと言う。信長は母を喜ばそうとしても遠ざけられたと言う。信長は大切な物を壊したと土田御前は怒る。熙子が妊娠した。永禄元年、道三が亡くなり3年が経ち義輝は三好と和睦して京に戻る。浪人暮らしの光秀は朝倉義景の命で鷹を義輝に献上する為、京に行くと三淵らに会うと信長が上洛すると言う。義輝とは9年ぶりの再会だ。高政も来る。細川藤孝は光秀に信長を高政が殺すと言う。光秀は信長を死なせたくないというと、久秀に相談せよと細川が言う。光秀は久秀に11年ぶりに会い、光秀は久秀に頼み事をする。久秀は高政に将軍家の要職に就くので信長を守れと言う。弟、父を殺し後悔していると言う高政に光秀が会うと信長を討ち尾張を治めると言い自分に仕えろと言うが光秀は断る。光秀は道三の夢だった大きな国をつくると言う。2年後に高政は病死する。信長が義輝に会い、今川が高政と組んで尾張を攻めるのをやめさせて欲しいと言う。義輝は判ったと言い今川より上の官位を与えると言う。5年ぶりに京に戻ったが自分にはそれ位しかできないと言う。信長は光秀に今川が尾張に出城を作ろうとしていると言う。久秀に信長が尾張と摂津を交換したいと言う。久秀は摂津は三好の領地で無理だ、信長は、ただのうつけではないと言う。光秀は京は三好が抑えていると言うと、久秀は再び戦になるかも知れないと言う。

第19話 感想はここをクリック
40代男性
足利義輝の威光が薄れていて、信長が上洛した理由に今川義元を攻めさせないように頼みにきたというのがあったのですが、どうもダメそうだなというのが、本人を前にして顔に出てた感じが、織田信長って正直すぎるんだなと思いました。
20代女性
生き延びた光秀たち一行ではあったもののトンでもない邸宅を与えられ大丈夫なのかと思っていたら、すっかり馴染んだ生活ぶりを見せる所が面白く、近くに住んでいる子供たちに読み書きを教える様子は真面目な光秀だけに良い教師に感じてしまう。
30代女性
毎回同じく、衣装の鮮やかさが綺麗で見入ってしまいました。
煕子が懐妊し十兵衛が喜ぶ様子が、とてもささやかな幸せの様子で微笑ましかったです。
信長が狙われていることを知り、十兵衛が考え手を打つところなど、十兵衛の賢さに感心しました。
40代女性
平穏に越前で暮らしていた十兵衛達の姿には安心しました。そして、子どもが生まれることにもこれからの展開に大きな希望が持てて楽しみになりました。京へ行った十兵衛が義龍の信長に対する不穏な動きにより、悩む十兵衛でしたが、懐かしい面々と久しぶりに会うシーンにはほっこりとしました。義龍と対面するシーンはゆっくりと自分の心の内を話す十兵衛、義龍の二人のセリフひとつひとつがとても深いものであるなと感じました。
20代女性
将軍・義輝が再び京に戻り都が騒がしくなります。多くの大名が訪れる事となり様々な駆け引きが繰り広げられる事となりました。久々に登場した人物も多くでましたが印象に残ったのはやはり義龍と光秀の会談。気まずさもありましたが幼い頃からの友人としての親しみが勝ったような感じでした。後々のことを考えれば光秀にとっても心残りの会談になったように思います。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第18話>
第十八回「越前へ」
2020年5月17日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第18話あらすじ

高政軍の追手から、命からがら美濃を脱出する光秀(長谷川博己)たち。帰蝶(川口春奈)の取り計らいで現れた伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれ、隣国・越前の地へたどりつく。領主・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見し、明智家をかくまってもらえないかと交渉する太夫に、義景は値踏みをするように光秀を見つめ、渋々ながら了承する。

出典:『麒麟がくる』第18話あらすじ

第18話 ネタバレはここをクリック

光安に逃れて明智家を残す為に生きろと言われた十兵衛は家族と逃げる。光安は城の最後を見届けると左馬助に言った。そして駒と菊丸が警備が手薄な北に向かえと言う。そんな時に伊呂波太夫が帰蝶から助けるように命じられたと現れる。越前に逃れるように言われる。煕子はどうして駒は自分達を助けてくれるのかと聞く。駒は明智家の人に火事から助けてもらったことを話した。それを聞いた牧は夫から火事にあった女の子を助けた事を聞いたと教えてくれた。その後も駒のことを探していたと言い、亡くなったことを聞いて駒は泣く。そして明智家一行は越前に到着する。そして朝倉義景に会う。太夫は明智家とかくまって欲しいと伝える。義景はいいと言う。米もやろうと言われるが十兵衛は断る。住処の空き家に行くがボロボロだった。十兵衛は修繕の為に父の形見の数珠を質にいれると言う。しかし内緒で煕子が自分の帯を質にいれた。駒と太夫は無事を見届けて帰って行った。一方、尾張では信長と信勝の争いが再び起きる。帰蝶は信勝に一度会うとよいと言う。信長は病と噓をついて信勝と会う。信勝は毒入りの水を持ってきた。信長はそれを信勝に飲むように命じる。そして信勝は亡くなる。

第18話 感想はここをクリック
40代男性
いよいよ明智光秀の逃避行が始まり、どうやってこれから成り上がっていくのかとワクワクしながら見ました。朝倉義景という大名と初めて出会ったシーンは、歴史上有名な人物同士の対面シーンでもあったので、興奮しながら楽しく見られた回でした。
20代女性
駒が光秀に情報を渡したのがすごいと思います。城が燃えていたのがとてもビックリしました。みんなで森を歩いていたのがとてもビックリしました。敵が森にいたのがとてもビックリしました。越前に逃げることにしたのが驚きました。
30代女性
明智光秀の真面目な性格が際立たせてしまうからか帰蝶のおかげで生き延びれる可能性が出てきたのに、今度の主君となる朝倉義景の見た目からして胡散臭さが漂わせ方が凄く、争いが盛んな世の中だからとはいえもう少しまともな人はいないのかと思えてしまった。
40代女性
越前主・朝倉義景は、光秀のことはあまりよく思っていない感じがありありします。捉えどころがなく、なぜ光秀を、かくまったのか謎に思われれます。細川藤孝の書状もあったかなとも思えますが、使えるものは使おうかというか、面倒なことは光秀に押し付けようという感覚ですかね。いずれにしても光秀の第二幕が開けます。義景や将軍・足利義昭そして信長のからみが今からワクワクします。
20代女性
帰蝶は考察力、行動力があって、ほんと舌を巻きます。光秀らは、帰蝶の手引きで越前の朝倉義景の元を頼ることになる。親父さん、道三も救いたかったのだろうなと心から思います。信長は、後ろ盾の道三が亡くなったことで意気消沈するが、代わりに帰蝶がいるのだ思ってしまいます。信長の助言は恐ろし結果となりました。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第17話>
第十七回「長良川の対決」
2020年5月10日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第17話あらすじ

尾張では、道三(本木雅弘)が越前へ落ち延びられるよう取り計らったにもかかわらず、それを拒んだとして帰蝶(川口春奈)が憤っていた。道三が劣勢であることを聞いた信長(染谷将太)は、いてもたってもいられず兵を引き連れて飛び出していく。光秀(長谷川博己)は、明智荘を守るべく、光安(西村まさ彦)と共に道三に味方することを決める。
ついに長良川を挟んだ戦いが始まった。一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せていった高政(伊藤英明)により、次第に道三軍の敗色が濃厚になってゆく。

出典:『麒麟がくる』第17話あらすじ

第17話 ネタバレはここをクリック

尾張において、道三が越前に逃れる取り計らいをしていたのに、道三がそれを拒否したことから帰蝶は憤っている。その横にいた信長は劣勢の道三を支援すべく兵を率いて飛び出した。美濃では高政と道三の戦、すなわち長良川の戦いが勃発。戦力で劣る道三軍は苦戦。この戦いで光秀は叔父光安を追って道三軍として参戦。光安は負傷していた。高政と道三の直接対決で、敗色濃厚な道三は高政に対して思いを声にした。高政に向かっていく道三は一兵卒に槍で刺され落命。その後光秀が高政に話しかけ、高政の下に仕えるつもりはないことを告げ、道三の遺体に向かって敬意を示す。そのころ駒は駿河を脱出し菊丸とともに美濃に向かっていた。尾張では道三の死を聞いた帰蝶は悲しむが、その後伊呂波太夫に美濃での光秀脱出計画を依頼。さて、明智荘に戻った光秀は叔父の光安から明智家を守るために家督を継いだうえで逃亡してほしいと言われた。自邸に戻った光秀は一部の家来や住人たちに別れの言葉を交わした。母の牧はこの地に残ると言ったが、伝吾の説得もあり、明智家を守るためには逃亡に同行することもやむを得ないと決心。家来や領民から慕われている光秀は将来の再興と再会を誓いつつ、敵高政軍が迫るなか、家族とともに逃亡する。

第17話 感想はここをクリック
40代男性
明智光秀はなんだかんだ言って道三のことを尊敬していたんだなと思いました。道三が勝っていれば良かったなと思いました。 そしたら岐阜はどうなっていたんだろうと思います。 明智光秀も故郷を離れなくて良かったんだなと思います。
20代女性
尾張の帰蝶は道三が越前に逃げるよう取り計らったが、道三はそれを拒んだとして憤った。長良川の戦いが始まろうとすると帰蝶は『愚かモノ』と叫んだ。一方、高政との一騎打ちに敗れた道三も、高政の心境を知り、これもまた『愚かモノ』と叫んで、最期を迎えた。この戦はまさに『愚かモノ』の戦いだったのかと感じた。
30代女性
帰蝶は本当に心が強いなと思いました。 彼女にはもう母親がいません。 そして弟を父親を 兄に殺されてしまって家族がいない 状態になってよく冷静になれるなと思いました。 本当に彼女は 父親以上に心が強いというような気がします。
40代女性
信長も帰蝶も気にしていた道三と高政の戦。信長は援軍に行ったけど間に合わなくて残念でしたが、せめて道三の最後の罠?、高政は親殺しの汚名は被ることになったので良かったと言うしかないでしょうね。みんなの前で一騎打ちに来た道三の覚悟、周りに言っていた言葉に感動しちゃいました。光秀も色々言っていたけど、尊敬してたみたいだったので最後に亡骸に礼をして去って行っていたのが健気だなぁと思いました。
20代女性
ついに戦いを始めた、斎藤道三と高政の親子。一騎打ちの場で、あくまでも父は土岐頼芸だと言い張る高政と、自分が父だと言う道三。どこですれ違ってしまったのか、この二人の修復できない溝が長良川とリンクして、討たれる道三の姿とともに哀しみを誘いました。光秀の道三に対する尊敬、そしてこれまで今ひとつ頼りなかった光秀の叔父・光安の、最後の決心があまりにも辛い。戦いは誰も幸せにしない…それをまざまざと感じさせられる回でした。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第16話>
第十六回「大きな国」
2020年5月03日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第16話あらすじ

高政(伊藤英明)を討つべく出陣する道三(本木雅弘)。国を二分する戦に、明智家はどちらにつくべきか光安(西村まさ彦)は思い悩む。一方、光秀(長谷川博己)は戦を回避すべく、尾張の信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)の元へ向かった。道三に肩入れして戦に手出しをしないこと、その代わりに織田との同盟を破棄せんとする高政を一命をかけて押しとどめると訴える光秀。しかし弟・孫四郎(長谷川 純)に手を貸さず死に追いやったとして光秀に対する不信感が拭えない帰蝶は、光秀を厳しく突き放す。

出典:『麒麟がくる』第16話あらすじ

第16話 ネタバレはここをクリック

斎藤道三は次男・三男を殺した長男(以降、高政)と戦することを決意する。戦が始まれば道三派と高政派で美濃の国衆たちが二分され、結果的には兵の数で圧倒され道三は敗戦することを明智十兵衛は案じ、戦を止めることに奔走する。十兵衛は道三と直接話す機会を得た。その際に道三から戦の意義・高政へ家督を継いだ真の理由・信長の可能性を聞く。結果、十兵衛の説得むなしく戦は始まった。十兵衛の叔父は道三派につき、十兵衛もどちらの味方をするかの決断を迫られる。家臣に聞かれた際、一度は「どちらの味方もせず、戦には参加しない」ことを決心する。だがこれまでの道三との会話を鉄砲をきっかけに振り返り、結果道三派につく覚悟を決めた。

第16話 感想はここをクリック
40代男性
子役の徳川家康が大きくなっていて驚きました。菊丸が駒ちゃんにここから連れ出してって手を握られて頼まれていたけど、手を握り返して約束してたから、菊丸は駒ちゃんがやっぱり好きなんだなと思いました。駒ちゃんから頼まれたら断れないんだと思いました。
20代女性
道三のトップに立つ者に必要な事として正直であることを言い、光秀は常にトップに立つ道三であろうと考えていることを告げる素直さがあり、おそらく高政や帰蝶の子どもたちにでさえ話していなかった、亡き父親が道三に託した夢の大国作りを赤の他人の光秀に託したのは本物の力量を感じられたからだろう。
30代女性
光秀が、高政には幼い頃の思い出もあるし、以前「そなたの望みは何でも聞く。」と言ってしまったこともあるから、裏切ることが出来ない気持ちが切なかったです。道三と叔父上にも恩がある光秀は、どっちにもつかないという決断を下そうとしたところは、共感しました。高政が道三を恨む気持ちもわかるけれど、どこかやりたい放題な場面は見ていて複雑でした。
40代女性
孫四郎を殺されて、怒り狂う道三。帰蝶は、光秀にどうして高政側についているのかを問い詰めるところは、さすがまむしの娘だと思った。そして、高政側につくか、道三側につくか、迷った光秀が最後に道三のほうについた時、ほっとしたような安心感だった。次回の親子対決どちらに軍配が上がるのか、楽しみである。
20代女性
本木雅弘さんの斎藤道三が迫力があって最高です。道三の生き様の前で主役の明智光秀が霞むのもやむなしと言ったところでしょう。もうすぐ死んでしまいその姿を見られなくなるのが残念です。素晴らしい存在感の道三を演じた本木さんに拍手を贈りたいです。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第15話>
第十五回「道三、わが父に非(あら)ず」
2020年4月26日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第15話あらすじ

道三(本木雅弘)は仏門に入り、ついに高政(伊藤英明)が家督を継ぎ、美濃の守護代の座を得る。そんなある日、道三の正妻の子・孫四郎(長谷川 純)が帰蝶(川口春奈)の命を受け、光秀(長谷川博己)を訪ねてくる。高政はいずれ信長(染谷将太)と敵対し、国を間違った方向に進めると皆が心配しているので、どうにか高政に退いてもらう道をさぐりたい、明智家にその先陣に立ってもらえないかと、孫四郎は光秀に懇願する。光秀が高政のもとを訪ねると、帰蝶に会いに行き孫四郎との妙なやりとりをやめさせてこいと言われる。さらに信長との盟約を見直すことや、信長と敵対する織田彦五郎(梅垣義明)との関係をほのめかす高政を、光秀は不安に思う。

出典:『麒麟がくる』第15話あらすじ

第15話 ネタバレはここをクリック

高政の母が亡くなり、悲しむ道三。家督を譲るように迫る高政に承諾する。やっと自分の時代と思っていた高政だが、腹違いの弟、孫四郎たちが帰蝶を通じて信長との和睦を続けようとしているのを知り、面白くない。一方、信長は尾張を手中におさめたようだ。今川の軍師、雪斎もいよいよ尾張との戦を仕掛けようとしていた。秀吉は字を習って仕官したいと駒に懇願していた。今川より織田側が優勢だと思っているのか習ったら尾張へ行くと言う。薬屋に身を置く菊丸も思うところが色々あるようだ。そんな中、高政が病に倒れたと孫四郎たちは知らされる。見舞いに行ったのだが、実は嘘で殺害されてしまう。亡骸は道三の元に運ばれ、誰の仕業かももう理解しているようだった。悲しみ怒り狂う道三、高政と戦うため準備をし始めた。次週へ。

第15話 感想はここをクリック
40代男性
明智家は、 そして明智光秀は 、本当に難しい立場にいるなあと改めて思いました。 高政と帰蝶、どちらとも親しい仲なので、つらいという気がします。 明智家で分裂が起き てしまうのではないかという気が、今しています。
20代女性
戦国時代は、後継ぎ問題も大変だったようです。織田家も斎藤家もこの問題が無ければ、違っていたかもしれません。道三は隠居し、高政が継ぎましたが、弟の孫四郎が高政を追い出そうとするとは思いませんでした。影に帰蝶がいて、光秀が調整役になり、重圧がかかり、大変だと思いました。
30代女性
道三から家督を譲られた高政。代替わりすればすぐに内紛となるのはこの時代の常とも言えます。一族間での政争はは後々まで遺恨を残す事が多いですが、自分の足元を速く固めなければ追い落とされる恐怖を持っているのも事実です。尾張、美濃の血なまぐさい政争は見ごたえがありました。道三の最期が近くなってきましたがどんなシーンとなるのか期待ができます。
40代女性
とにかく主役であるはずの明智光秀(長谷川博己)がまったく目立たず、登場シーンも少ない、というか今回はまったく活躍していない。逆に、脇役であるはずの斉藤道三(本木雅弘)、織田信長(染谷将太)、帰蝶(川口春奈)は光秀より出番も多く、キャラも立っている。今のところ、主人公に感情移入がしにくい状態でドラマが進行している気がする。
20代女性
悲しく落ち込んだ道三が家督を側室の子供ではあるものの高政に譲る事を示すための頭を丸めた仏門入りだったものの、高政のやり方が強引過ぎて家臣たちの心の中にモヤモヤしたものを抱かせるのは当たり前だけに、高政も感情任せに動くのではなく、光秀のように知略を生かす方法を取れなかったのかと残念でならない。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第14話>
第十四回「聖徳寺の会見」
2020年4月19日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第14話あらすじ

道三(本木雅弘)との会見の場に、おびただしい数の鉄砲隊を引き連れて現れる信長(染谷将太)。正直者で先見の明があり、自分の若き日に似ている信長を道三は大いに気に入る。その姿に安堵(あんど)する光秀(長谷川博己)。そんな折、太原雪斎(伊吹吾郎)に率いられた今川軍が、再び尾張に攻め入ってくる。援軍を申し出てきた信長に道三は即座に応えるが、高政(伊藤英明)は、相談もなしに、美濃を危険な立場にさらすこの大事な判断を下した道三に憤りを隠せない。

出典:『麒麟がくる』第14話あらすじ

第14話 ネタバレはここをクリック

道三との会見のために夥しい人数の鉄砲隊を引き連れて聖徳寺に向かう信長。武将らしからぬ奇抜で派手な姿も含め、道三も光秀も驚く。会見の場で道三は長く待たされる。そして正装で現れた信長は帰蝶に勧められた服の着替えに時間がかかったことから話し始め、鉄砲隊も帰蝶の案であることを正直に話す。道三は成り上がりで築いた斎藤家や織田家の共通点や戦のやり方の革新などについて忌憚なく話す信長を気に入ってしまう。会見が終わって安堵する光秀は帰蝶との親しさを指摘されちょっと戸惑う。駿河に行った駒と東庵。駒は薬屋で菊丸に再会し、その直後2人は縄張り料を払わなかったことで殴られる藤吉郎に再会する。一方東庵は今川家軍師でもある僧の雪斎を治療中に、信長を油断ならぬと評価する今川家としては織田を滅ぼしたいとの意向を聞く。今川は尾張に侵攻。信長からの支援要請に道三は応じるが、高政は異議を唱え憤る。結局信長は美濃勢が尾張を防備する支援も得て、村木砦で今川勢に勝利する。美濃では深芳野が死去し、道三と高政は悲しむが、高政は家督を譲るよう道三に主張する。

第14話 感想はここをクリック
40代男性
斎藤道三と会った織田信長が、服装のことなどで帰蝶に操られていると言っていたのは、正直すぎて、あまりにも今までのイメージとは違うと思いました。しかし、信長のことをあんなに気に入っていたというのは意外すぎたと思います。
20代女性
染谷さんの織田信長の不気味な感じがなんともよかったです。本木さんの怪しい雰囲気を上回る怪しい感じですごいなと思いました。信長は、本当に天才的なんだなと思いました。草履売りの佐々木蔵之介さんが豊臣秀吉にどう成り上がっていくのか、すごく楽しみです。
30代女性
織田信長が斎藤道三と面会しているとき、自分の衣装も帰蝶の指示といい、なんでも帰蝶からの指示で自分は尾張一のたわけだと言ってたけど、織田信長の作戦なのかなと思った。心の中が見えない人だと感じました。織田信長の話を聞いていた斎藤道三の目がわらってなくて怖かったです。
40代女性
信長と道三の初対面‥ピリッとした緊迫感、すごいなー。立派な大広間、いい味出してるー。父上の前で帰蝶、帰蝶と嫁の名前を出すのはどういう意図か?食うか食われるかのこの時代、肝が座ってないと親父殿の前でこれだけの大演説はできないよね。すごい気迫、かっこいい!
20代女性
織田家も斎藤家も成り上がりものだったので、似たものどうしで気が合ったのだと思いました。「これからの戦は変わる。」と言った信長がとても立派に見えました。道三と息子との争いは悲しかったです。駒と藤吉郎がまた会い、菊丸も出てきて、コミカルでこのような場面があってよかったです。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第13話>
第十三回「帰蝶のはかりごと」
2020年4月12日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第13話あらすじ

暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)を攻めると息巻く道三(本木雅弘)。高政(伊藤英明)は、戦になったときには実の父と慕う頼芸側につくと明言し、光秀(長谷川博己)にも決断を迫る。道三を訪ね、この戦は身内同士が殺し合う、国をほろぼす戦になると訴える光秀。すると道三は、本当は戦をするつもりはなく、頼芸は追い出すが、あくまでもこれは国衆にカツを入れるための芝居だったと白状する。その一方、頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城に集まる高政らの目前で、頼芸は恐れをなして早々に逃げ出してしまう。

出典:『麒麟がくる』第13話あらすじ

第13話 ネタバレはここをクリック

斎藤道三は、自らを暗殺しようとした土岐頼芸を成敗しようと意気込む。そんな中、高政は明智光秀の前で、実の父と慕っている頼芸に加勢すると宣言し、光秀に協力を迫られる。光秀は道三の元を訪れ、道三と頼芸の戦は、決して美濃のためにはならないと説き、戦を止めさせようと懇願する。道三も戦を起こさないことを伝えるが、頼芸には美濃から出て行ってもらうことを望んでおり、同時に、今後の鉄砲の指南役を光秀に任命しようと考えている。一方の頼芸の元に高政が訪れ、頼芸に加勢することを伝えるが、恐れをなして逃亡し、見捨てられた高政は道三と口論を起こしてしまう。織田家では、信長の元に道三からの手紙が届き、道三を警戒する信長に、帰蝶は道三に会わせるよう説得する。光秀は道三に呼ばれ、信長が大軍勢を率いている姿を見て脅威を感じるのだった。

第13話 感想はここをクリック
40代男性
駒は結局、美濃へは寄らずに駿河へ向かうようです。途中で、藤吉郎に出会います。この時はまさか天下を取るとは思っていないようですが、この出会いも今後、何らかの影響があるのかもしれません。藤吉郎が猿と言われた理由が少し分かりました。
20代女性
昔はDNA鑑定なんてできないからねー。誰の子なんて白も黒もつけられないよね。それにしてもマムシと呼ばれた男の長男としてはなんとも心細い。そんなか弱い男に戦乱の世は渡っていけないだろうな。世襲はこれだから嫌だ。
30代女性
道三は最初から頼芸と戦うつもりはなく、ここから出ていくように仕向けたのだと思いました。息子の高政は自分の本当の父親は頼芸だと思っているようですが、本当のところは分かりません。その事実は母親だけが知っていることです。 
40代女性
これまで圧倒的な存在感を見せ付けてきた斎藤道三。美濃守護の土岐頼芸を策謀だけで追放に持っていく手腕は恐ろしいまでの迫力を感じます。今回がドラマ内での道三絶頂期だと思うと少し残念に思えてしまいます。有名な信長との対面となりますが帰蝶を絡ませた演出もかなり良かったです。秀吉も登場しさらに話が動いていくのが面白く感じます。
20代女性
光秀が嘘をついたのがビックリしました。光秀がすごく悩んでいたのがビックリしました。光秀が殿と戦うと言ったのが驚きました。光秀が殿のことを嫌いと言ったのがとても面白くてよかったです。光秀が殿にご恩を感じていたのが偉いと思います。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第12話>
第十二回「十兵衛の嫁」
2020年4月05日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第12話あらすじ

織田と今川は和議を結ぶが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。自分の命がもう短いことを悟った信秀(高橋克典)は、信長(染谷将太)らを集めて織田家のこれからを話し合う会議を開く。そこで待っていたのは、重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村 了)に委ねるという言葉だった。失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶(川口春奈)は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。一方、美濃では、光秀(長谷川博己)が熙子(木村文乃)を妻に迎え、祝福ムードに包まれていた。

出典:『麒麟がくる』第12話あらすじ

第12話 ネタバレはここをクリック

将軍の仲介で今川と織田が和議がなんとか成功しひと段落の光秀。嫁取りもし叔父の光安や母の牧たちは感慨深い。一方、尾張では信長の父、信秀が終焉の時を迎えていた。家臣を集めて信秀は重要な城と家臣を弟に与えるという。納得のいかない信長は母親が病床の父に取り入ったのでは疑う。泣きながら悔しがる信長を案じ帰蝶は直接、信秀に真意を尋ねる。床に伏せながらも想いを伝える信秀。最初は口を閉ざしていたが、自分に似た信長を愛し期待していた。真意を聞いた帰蝶は信長に伝えふたりは無言で微笑む。京から東庵を呼び対面したが命が尽きていた信秀。いよいよ信長時代突入か?!、そんな中、美濃では土岐頼芸から道三に鷹が送られたのだが、鷹の爪には毒が仕込まれていた。幸い道三は部下に助けられ事なきを得たが、部下は亡くなり狙われたことを確信した道三は土岐家と一戦交えると宣言。家臣一同に異存がないかを確認するが、息子の高政は帰り際に光秀を呼び止め自分は土岐家に味方をすると言う。光秀も誘われるが・・・。次週へ。

第12話 感想はここをクリック
40代男性
歴史が大きく転換しつつある回でした。まず織田家は信長が跡目争いに敗れてしまいました。そこでの帰蝶の立ち回りは立派でした。史実とは違うのかもしれませんが、器量の大きな帰蝶、濃姫は戦国時代の中でも重要人物であったでしょう。十兵衛が妻を迎えるということがタイトルでしたが、話メインは完全に帰蝶だったと思います。
20代女性
男性はいくつになっても、子供のようなところがあると思いますが、染谷将太さんは、父親の高橋克典さんの言葉を、川口春奈さんから、伝聞形で聞いただけで、十分に力が湧いてきたようで、単純だなと思ってしまいました。でも、裏を返せば、それほど父親から認められたことがなかったということでもあり、複雑な親子関係だなと思いました。
30代女性
戦国時代に、嫁の立場で、病に臥せっている義理の父親の枕元で話すというのは、本当は実現不可能なことだったのではないかなと思いました。特に、可愛がられていたというわけでもないので、川口春奈さんが高橋克典さんに対してとった行動は、難しいことだっただろうと思います。でも、高橋克典さんの顔はツヤツヤしていて、ちょっとリアリティに欠けるなと思いました。
40代女性
跡目に指名されなかった信長。染谷さんが演じる信長はどこか親しみがありつつも狂気を併せ持つ感じですが、従来の信長像と同じような狂気を感じました。怖さとでも言えるかもしれません。事の真相を尋ねる帰蝶は良い奥さんになりましたね。この頃の戦国時代のやり取りは想像するだけでも楽しいところごあります。十兵衛が良き伴侶を得るのが今日のハイライトですかね。
20代女性
今川と織田の戦に協力出来ないと伝えに行かされる十兵衛がパシリ…?いや、道三からの信頼を得ている証なのか?と色々考えてしまいました。
織田信長と帰蝶は前に比べると夫婦感が出てきたなぁ…という印象でした。ハマり役になってきたのかな?って思います。
また、題名が「将軍の涙」と言うことでワクワクしていましたが、将軍の出番少なかったので残念…でも印象に残る演技だったと思います。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第11話>
第十一回「将軍の涙」
2020年3月29日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第11話あらすじ

再び今川が尾張に攻め入り、次々と織田方の南部の領地を制圧していく。ついに非力ぶりを露呈した信秀(高橋克典)は、道三(本木雅弘)に援軍を頼むが、高政(伊藤英明)や稲葉(村田雄浩)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾しており、美濃は一枚岩ではなかった。兵が出せない由を尾張に伝えにいく光秀(長谷川博己)。このままでは人質同然の帰蝶(川口春奈)が犠牲になってしまうことを恐れていると、ふと信長(染谷将太)が、かつて京の将軍家の取りなしで美濃の内紛が収まった話を思い出す。光秀は道三に将軍家への取りなしを依頼しに戻るも、金がかかると難色を示される。そこで、高政の取りなしで守護の土岐頼芸(尾美としのり)のもとを訪ねるが、道三をよく思わない頼芸はその願いを突っぱねる。

出典:『麒麟がくる』第11話あらすじ

第11話 ネタバレはここをクリック

今川に人質になっている信長の兄と、竹千代が交換されることになった。自分の子供たちが当てにならない上、自らの健康状態も良くない信秀は、今川との戦いに勝つため、尾張に援軍を頼んだが道三以外は誰も協力しようとはしなかった。そこで、道三は尾張に援軍を贈れないことを伝えた。光秀は今川と尾張の戦を止め、和議をしてもらうために、間に将軍様に入ってもらうことにした。しかし、その為には多額のお金がかかる。光秀は道三に頼んだがすぐに却下された。そこで、光秀は頼芸に頼むことにした。すると、道三の息子と頼芸は思わぬ約束を取り交わし、そのことによって将軍様に手紙を書いてもらうことができた。光秀は将軍様に会い、和議の件を了承してもらう。

第11話 感想はここをクリック
30代女性
織田と今川の戦いが始まり、とうとう知多半島まで攻め込まれてしまいました。熱田までもう少しのところまで来ているのに、信長は相撲に明け暮れていましたね。どうしようもないにしでも、危機感を持つふりぐらいしてほしいものです。そりゃ、信秀も自分が死んだ後はどうなってしまうか心配しますよ。歯痒いでしょうね。それにひきかえ竹千代は大人ですね。義元の意図を読み取り三河を取られると感じ、悔しそうな顔をしていましたね。竹千代の応援をしたくなります。
20代女性
美濃で戦いをしないために、あちこち奔走して何とか今川と織田との戦いを止めようとする十兵衛は、周囲からとても信頼されているのだなと感じました。一見、冷酷とも思える利政の考える心の内が本当はどんなものなのかが気になりました。信長が帰蝶と仲良くしているシーンは微笑ましくて、帰蝶が笑っていて良かったなと思えました。義輝が十兵衛に麒麟がくると言ったシーンは、義輝の力強い将軍としての姿がものすごくインパクトがあり、今回のストーリーで一番、心に残りました。今後の義輝が将軍としてどのように生きていくのかなというのがこれから注目したいなと思います!
50代男性
着物の色が鮮やかで、きれいな色彩が辛い場面でも少しだけ明るくしてくれるから不思議です。長谷川博己さんが、一生懸命に奔走しているときも、織田信長役の染谷さんは相撲などして遊んでいる風にしていましたが、実は深く物事を考えていて、平和的解決に向かわせていこうと考えていて素晴らしいなと思いましたが、本木さんのずるさとせこさにも驚きます。
30代女性
染谷さん演じる織田信長は、相撲などして遊んでいるふりをしていて、実は深く物事を考えていて、平和的解決を考えたりしていてすごくカッコいいなと思いました。川口春奈さんにひざ枕をしてもらいながら、考えを巡らせているところも素敵でした。仲のよい夫婦になっているところも安心しました長谷川さんも気まずそうには二人を見ていましたが、きっと安心しただろうと思います。
50代女性
織田と今川の三河を巡る戦いは今川方の優勢で事が進みます。美濃からは援軍を出さないという方針となり織田としては窮地に立たされました。完全に不利な状況を悟った信長が調停案を提示。それをまとめるべく光秀が奔走しました。これまでいろいろなところを巡ってきた光秀は自然と人脈が出来ています。それを使っての問題解決が当面は続くのでしょうね。今回は将軍・義輝に和議をまとめてもらいました。快挙ともいえるこの結果は光秀の足固めとなるでしょう。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第10話>
第十回「ひとりぼっちの若君」
2020年3月15日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第10話あらすじ

京を訪れていた旅芸人の一座の元で、駒(門脇 麦)は戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)と再会する。その年の末、今川義元(片岡愛之助)が尾張の国境に侵攻してくる。信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)の引き渡し要求に、道三(本木雅弘)は広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚える。光秀(長谷川博己)は帰蝶(川口春奈)を通して動向を探るべく那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太)と出会う。

出典:『麒麟がくる』第10話あらすじ

第10話 ネタバレはここをクリック

駒は5年ぶりに京都に帰ってきた伊呂波太夫に再会する。元気のない駒は好きな人が手の届かないところへ行ってしまったと太夫に打ち明ける。そして昔、駒を火事から助けてくれたお侍はききょうの紋だったと教えられる。駒は明智家の御紋だったと知る。明智家の人間が自分の命の恩人だと知り泣き崩れる。そんな折、三河に今川が攻め込み織田の人間が捕らえられた。開放の条件として竹千代と交換しろと言ってきた。そして道三は尾張の様子を光秀に見てこいと言われる。信長は竹千代を渡すことに反対する。光秀は帰蝶に味噌を届ける名目で尾張に偵察にいく。その時、信長が帰ってきた。光秀は信長と茶を飲みながら話をする。そしてそこに竹千代がやってきた。竹千代は周りが竹千代の父を信長が殺したことを気にしているなら無用の気遣いだとはっきりと言う。竹千代は今川の懐に入るために人質に行ってもよいと信長に伝えた。

第10話 感想はここをクリック
30代女性
美濃から帰ってから、ずっと塞ぎ込んでいたコマがかわいそうでしたね。恋しく思っていた人と、離ればなれになってしまって、なかなか立ち直れないようでした。明智光秀のことが、よっぽど好きだったんですね。結ばれない恋はツラいですよね。
20代女性
悲しい思いの中にいた駒に太夫が良いことを思い出すように話した流れで、幼い頃に駒が助けられた侍の原点が美濃にあるとわかった話から、侍の家紋が桔梗紋だったと思い出した事から駒の想い人の光秀の家紋と繋がり運命的過ぎる内容にビックリさせられた。
50代男性
駒の様子がおかしい事はよく理解できている人生経験豊かな東庵なのに、今までに起こった出来事を間近でよく見ていたはずのその心理を読み取れないとは、博打には勘が働くものの、恋愛関係には疎すぎるのかもしれない所が東庵らしい。
30代女性
伊呂波太夫が、とても美しかったです。コマと二人でお団子を食べている様子が、ほのぼのしていて微笑ましかったです。懐かしい太夫と再会できてよかったですね。コマの元気がないことを心配して、やさしいお姉さんみたいでした。
50代女性
門脇麦さんが元気がないのでこちらまで元気がでないので早く元気になってほしいなと思いました。門脇麦さんを助けてくれたのは、長谷川博己さんかもしれないとわかって切なくもなりましたが、良かったねとも思いました。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第9話>
第九回「信長の失敗」
2020年3月15日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第9話あらすじ

輿(こし)入れしたものの祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)は、ようやく翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と顔を合わせる。奇妙な出で立ちだが、領民のことを思いやる姿、そして素直に前日の不在をわびる信長に興味をもつ。婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)と土田御前(檀れい)だが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。父にも母にも愛されない孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら自分も父がときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添う。一方、美濃の光秀(長谷川博己)はのちの正妻となる熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たしていた。

出典:『麒麟がくる』第9話あらすじ

第9話 ネタバレはここをクリック

人質となっている竹千代(後の徳川家康)の父が何者かに襲われて、命を奪われてしまった。帰蝶との祝言をすっぽかした信長は翌朝帰ってきた。帰蝶は信長の話を聞き、彼の領民への想いを知った。信長は父、信秀にある土産を持参していた。しかし、それを見た信秀は激怒した。中には飛んでも無いものが入っていた。信長は父親に喜んでもらえなかったことを悔しく思い、鉄砲打ちで憂さを晴らした。そこへ、帰蝶がやってきて、彼女も鉄砲を初めて打ってみたが、面白かったようだ。一方、光秀は叔父と母親の計らいにより、幼い時に出会った熙子と久しぶりの再会を果たしていた。叔父と母親は2人を夫婦にしようと計画しているようだ。照子は光秀に幼少期に言われたことを話した。照子の父親に酒を勧められた光秀は、ほろ酔い気分で帰宅した。

第9話 感想はここをクリック
30代女性
遅れに遅れて帰ってきた信長に対して怪訝そうな表情を見せた帰蝶ではあったものの、変わり種ではある行動の中にも優しさと思い遣りを感じとり微かに微笑む表情を見せた事にホッとさせられ、ここから固い繋がりになっていくのが楽しみになった。
20代女性
いよいよ信長が本格的に登場です。光秀にとって信長との確執がドラマのカギになるだけに二人の心の動きがどのように描かれるのかが注目です。祝言を放り出して化け物退治で一夜を過ごし腹の足しにと懐から干しタコを出し帰蝶と分け合うなど始まりから破天荒なシーンが連続し、それまでの概念を吹き飛ばしてくれた染谷信長ですが、良かれと思って差し出した首を父親に拒否され悔しく思うなど、意外に繊細な部分もありそうです。これから天下を光秀らと天下を取るレースが楽しみです
50代男性
いよいよ織田信長のもとに帰蝶が嫁ぎ、うつけと言われた織田信長の行動が明らかになってきた。奔放な信長、人質となっている竹千代、明智光秀の今後はどのように展開していくのか。今川と織田の関係が変わり、これからの展開が楽しみです。
30代女性
木村文乃さんは、かなり積極的な女性だなと思いました。長谷川博己さんも忘れていたような「大きくなったら結婚しよう」という子どもの頃の言葉を、わざわざ本人に言うというのは、自信がなければ言えないだろうと思いました。
50代女性
長谷川博己さんと、木村文乃さんの再会のシーンが、美しすぎて、ちょっと嫉妬してしまいました。こんな風に、女優さんがきれいに見えるシーンを見るたびに、沢尻エリカさんは降板してよかったのかもしれないなと思います。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第8話>
第八回「同盟のゆくえ」
2020年3月08日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第8話あらすじ

尾張の海辺で、漁師たちから慕われている奇妙な出で立ちの織田信長(染谷将太)を目の当たりにした光秀(長谷川博己)。この男に帰蝶(川口春奈)を嫁がせていいものかと葛藤する光秀だが、母・牧(石川さゆり)は美濃国の行く末のことを一番に考えることが大事だと告げる。光秀が自分の気持ちにこたえることがないと分かった帰蝶は、光秀の口から「尾張に行って美濃にない海を見るべきだと、背中を押してほしい」と条件をつける。

出典:『麒麟がくる』第8話あらすじ

第8話 ネタバレはここをクリック

和議のため尾張に嫁ぐよう言われた帰蝶。ただ相手の信長の人柄を知りたいと帰蝶は光秀を尾張に偵察に行かせる。尾張の市や海を見て美濃にはない活気に感慨深げな光秀。そして浜辺でお目当ての信長にも出会う。言葉を交わしただけだが、釣って来た魚を切り売りする信長はやはり変わり者ではありそうだ。少なからず帰蝶を想う光秀は美濃に戻ったのに館に帰らず畑で思案していた。そこへ母が現れ父親との思い出話をする。命は消えるし、想っても同時に消えること出来ない、何より大切なのは国との言葉で光秀は帰蝶に尾張行きを薦める。光秀のことをよく知る帰蝶はあえて尾張行を薦める気持ちを汲み覚悟を決めるのだった。帰蝶が尾張行を決めたのを喜ぶ道三だが、反対していた息子の高政たちは裏切られたと感じてさらに道三への不満を募らせる。土岐家にも何かと報告しているようだが、結局、頼芸は帰蝶の性格では信長とは長続きしないと読み高政たちをていよくあしらう。尾張と美濃の和議を知った今川義元。今が尾張へ攻め込む時と息巻いている様子。次週へ。

第8話 感想はここをクリック
30代女性
今回は帰蝶と駒の光秀(十兵衛)への想いが切なく描かれていたと思います。国を広げる為に結婚する時代。好きな人と結婚できない、想いも伝えられない。今この時代に生まれて幸せだと強く感じました。個人的には駒を応援しており、光秀に想いが届けばいいなぁと願っています。今後の展開が楽しみです。
20代女性
若き明智光秀を想うコマの姿が、切なかったです。どう考えても、結ばれるはずのない二人ですが、コマも分かっていながら、自分の内に恋心を潜めていたのでしょうね。別れを告げて、一人で旅立っていった後ろ姿が寂しげでした。
50代男性
見どころたくさんの放送回だったと思います。帰蝶に信長の元へ行くよう伝える十兵衛。京都へ帰る駒を見送る十兵衛。どちらもとても切ないシーンでしたね。信長のイメージも新鮮でした。良い人でした。光秀との関係が深まるにつれ、これが変わってくるのでしょう。
30代女性
織田家と和議するため、帰蝶を説得するよう道三から言われた光秀。本当は手放したくない心情が伝わってくるようだった。帰蝶もまた行くなと言って欲しかったのかも知れない。信長と光秀が運命の出会いをしたシーンは印象的だったと思う。これから楽しみである。
50代女性
十兵衛、帰蝶、駒の三人三用の遂げられぬ想いが交錯する情感溢れるやり取りに引き込まれてしまいました。特に帰蝶と駒が十兵衛への気持ちを互いに認め合う場面では年甲斐もなくキュンと音が聞こえました。そして信長へ嫁入りした帰蝶が濃の方としてどんな展開に持っていくの?また駒はどうなる?次回から登場の十兵衛の妻はどんな人物か?等々、女性の動静にこれから益々注目です。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第7話>
第七回「帰蝶の願い」
2020年3月01日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第7話あらすじ

駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。そのために、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。
旅から明智荘に帰った光秀(長谷川博己)を、帰蝶が待ち構えていた。幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿(こし)入れを止めてほしいと頼む。一方、道三からは、口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる。

出典:『麒麟がくる』第7話あらすじ

7話 ネタバレはここをクリック

京から戻った光秀と駒。帰蝶と駒も再会し束の間楽しいひと時。しかし、帰蝶を嫁がせることが条件の尾張との和議の件で場内の意見は分かれていた。道三は海のある豊かな尾張と和議を結ぶことが美濃を豊かにすると思っているが、息子の高政や古参の家臣たちは反対していた。両方から頼りにされている光秀。館に戻って帰蝶に話があると言うと、光秀が信長との縁談のことを聞く前に自分の想いを語り始める。武将の娘として冷静に縁談相手の信長のことを知りたいと言い、尾張に出向いてどんな人物か見て来て欲しいと言われ美濃を旅立つことにする。商人の姿をして美濃に向かい、信長の噂をさっそく聞きつけ、浜辺へ向かうと戻ってくる船に信長が。うつけ者と言われる信長だがはたしてどんな人物なのか、次週へ。

第7話 感想はここをクリック
30代女性
戦をしていたのがとても迫力があってよかったです。美濃を味方につけようとしていたのがとてもすごいと思います。光秀が母親と会えて喜んでいたのがよかったです。光秀のことを母親が心配していたのがとても優しいなと思います。
20代女性
明智光秀さん大人気ですね、斎藤道三からは帰蝶の説得を頼まれるは、帰蝶からは縁談に反対するように頼まれるは、斎藤義龍からも縁談に反対するように迫られるはで、斎藤家の人々はどれだけ明智光秀を頼りにしているのか。重大な縁談について光秀はどう答えるのか楽しみです。最後にちらっと出てきた信長も気になりますね。
50代男性
帰蝶の出番の多い回で、代役として注目度の高い帰蝶役川口春奈さんの持つ雰囲気を楽しめる展開でした。まだまだ演技力や知名度は発展途上ですが、このドラマ出演をきっかけに将来成長してほしいと応援したくなります。朝ドラのヒロインのようなイメージもあり、大河ドラマの視聴率のカギを握っているような気もします。清潔感をはじめとして、好感度の高い存在です。ただ、大河ドラマファンとしては、やはり本木雅弘さんの怪演が爽快です。奥深い演技で、重量感さえあります。今回、ラストシーンでほんのちょっとだけ信長が登場しますが、これこそ戦国ものドラマの軸となる人物ですので、今後どんな信長像を作っていくのか楽しみです。今までの時代劇にはなかった信長イメージが描かれることは歓迎です。光秀にとっては運命の人ですから、次回の段階で信長を観察するというストーリーは興味深いです。
30代女性
来週が気になる~。今回の最後に信長が登場。縁談が持ち上がった帰蝶が光秀に見に行くように言うけれど、帰蝶も一緒に行けば良かったかも~。光秀は帰蝶のことどう思っているのかも気になっています。あまり感情を表に出さないタイプなので、駒ちゃんが想いを寄せいているのもきっと気づいてないんでしょうね。けっこう道三が真剣に国のことを想っているのが分かるシーンもあり見応えがありました。
50代女性
このドラマは大枠は歴史に沿ってのドラマ展開だが、ナインティナインの岡本の旅の行商人の役は、フィクションであるが、ドラマの展開を進めるには、格好の役どころである。脚本の三谷幸喜のアイデアであるが、配役の岡本もいい味を出していて、ドラマにも楽しさを吹き込んでいる。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第6話>
第六回「三好長慶襲撃計画」
2020年2月23日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第6話あらすじ

将軍・足利義輝(向井 理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)による松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画があることを光秀(長谷川博己)は知る。京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵(谷原章介)と藤孝(眞島秀和)らと協力して、松永らを救うことに。そこで傷を負った光秀は、東庵(堺 正章)の診療所へ運び込まれ、駒(門脇 麦)とひさしぶりの再会を果たす。

出典:『麒麟がくる』第6話あらすじ

第6話 ネタバレはここをクリック

明智光秀は伊平次に鉄砲をばらさせて、仕組みを理解しようとするのである。そこで、伊平次が松永久秀と三好長慶の襲撃を計画しているという情報を聞いたと打ち明けるのである。光秀は色々とお世話になったこともあり、松永を救出しようとするのである。そこで、将軍足利義輝に仕えている三淵を訪ねていき、松永たちの救出に協力して欲しいと頼むのである。三淵は難色を見せるが、奥で聞いていた義輝の命により、協力することになるのだ。そして、間一髪というところで松永たちを救うのである。その時に光秀は肩に傷を受け、東庵を頼ることになるのである。そして、駒の献身的な看病のおかげで体調を回復させるが、美濃で戦が起こっていると聞き、駒をお供にして、美濃に帰ることになるのである。

第6話 感想はここをクリック
30代女性
出演者の衣装が、いつもとてもきれいな色だなと思います。空の青さと、それぞれの衣装の色の対比が、とても映えるなと思います。そして、今回は紅葉が地面に落ちて、真っ赤な絨毯のように見えるシーンもあり、スタジオでの撮影のようでしたが、とてもきれいでした。
20代女性
吉田鋼太郎さんは、やはり圧倒的な存在感があるなと思いました。顔の濃さやインパクトもすごいですが、やはりお腹の底から出る声は、ほかの俳優さんとは比べものになりません。同じく舞台出身ということで、石丸幹二さんも出演してくれたら良いのになと思いました。
50代男性
私は、『麒麟がくる』は、去年の「いだてん」よりも、断然、面白く見ていますが、初回からだんだん視聴率が下がってきているのは、若いジャニーズ事務所所属のタレントが出演していないからかなと思いました。snowManとかS ixTONESのメンバーから出しても良いのかも…と思いました。
30代女性
今週も、市川海老蔵さんの少し抑え気味の優しい声で始まりましたが、このところ、市川團十郎白猿の襲名前で、地方巡業中ということもあり、これまでの大河ドラマよりも、ナレーションが少ないので、ちょっと物足りないなと思いました。もっと海老蔵さんの声を聞きたいです。
50代女性
争いに巻き込まれてしまった十兵衛ですそこで怪我をしてしまった時はやばいっと思うような描写でした。歴史上そこでやられるわけではないとわかっているものの。その後東庵と駒に無事再会したときは視聴者はほっとしたかと思います。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第5話>
第五回「伊平次を探せ」
2020年2月16日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第5話あらすじ

道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しやってきた本能寺で、将軍・足利義輝(向井 理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会をする。将軍家も伊平次を探しているが忽然(こつぜん)と姿を消したという。三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。

出典:『麒麟がくる』第5話あらすじ

第5話 ネタバレはここをクリック

戦では手間が掛かりすぎる鉄砲を何故将軍家が作らせているのか、その理由を知りたいと道三は光秀に言う。近くに居た酒癖の悪い伊平次が国友村で鉄砲を製作しているといううわさがあり、光秀は伊平次を訪ねていく。国友村に伊平次はおらず、京に移ったと聞く。京を訪れた光秀は、そこで、細川藤孝、将軍足利義輝に出会う。そして、三淵藤英とともに光秀は松永久秀を訪ねる。鉄砲を揃えるかどうかを議論する二人。将軍家は何故、鉄砲を揃えようとしているのかがわからない。弓矢や刀は交わせるが、鉄砲の玉は交わせないと久秀は言う。鉄砲で戦の在り方が変わってくると。光秀と久秀は伊平次に会いに行くことにする。伊平次は光秀の知り合いで、光秀は伊平次の命を助けたことがあったのだった。鉄砲をバラバラにして一から作れないかを尋ね、伊平次は応じる。そして、久秀は光秀から伊平次に鉄砲製作を頼んでくれと言い、姿をくらます。

第5話 感想はここをクリック
30代女性
この時代は、鉄砲が入ったばかりで、とても貴重だったので、鉄砲の重要性に道三や光秀がいち早く気付いたのはさすがだと思いました。驚いたのは、将軍家とその家臣の三淵藤英や細川藤孝たちが、懸命に立て直そうとしていたことでした。この時代の様々なことが分かりました。
20代女性
信長上洛以前の京の様子を描いたものは少ないです。戦国大河でも貴重な展開ですね。13代将軍足利義輝や細川藤考など歴史で有名な人物の登場は豪勢に感じます。さらに松永久秀の再登場にちょっと興奮しました。若き日の光秀がこんな風な人脈を得る事はなかったでしょうがドラマならではの豪華な登場人物に驚嘆しました。
50代男性
光秀と松永の二人の場面は、舞台みたいで見ごたえありました。松永久秀は悪名高い人物のイメージですが、吉田鋼太郎さんの演技から、とても魅力的なキャラクターだと思いました。野心と人懐っこさがあって、私が光秀なら頼み事を聞いてしまいそうでした。
30代女性
鉄砲の研究に励む明智光秀がステキでした。首が痛い菊丸と駒のやり取りは、相変わらず笑えました。せっかく光秀に会いに行ったのに、留守で残念でしたね。とてもがっかりしていましたね。戦を嫌う駒の寂しそうな表情も印象的でした。
50代女性
光秀が京都で手にいれた鉄砲は、何をどうしたら武器になるのかを記した説明書などをもらっていなかったために、光秀は義龍共に何度も思考錯誤をして弾丸を放てるまでになったように思われ、2人の努力の結晶が道三でも簡単に撃てるようになり、的にも当たったのだろう。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第4話>
第四回「尾張潜入指令」
2020年2月09日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第4話あらすじ
今川との戦いで尾張の信秀(高橋克典)は瀕死の重傷を負う。その知らせを受けた道三(本木雅弘)は、妻の治療を終え今度は尾張へ向かうという東庵(堺 正章)に、天敵・信秀の容態を秘密裏に探るように命じた。その目付け役に任命される光秀(長谷川博己)。菊丸(岡村隆史)もお供に加わり、三人は尾張・古渡城へ潜入。信秀の情報をうまく聞き出すことに成功するが…。

出典:『麒麟がくる』第4話あらすじ

第4話 ネタバレはここをクリック
斎藤道三の奥方の治療を一通り終えた、医師東庵、堺正章は、斎藤道三に本木雅弘に別れの挨拶を告げるが、斎藤道三に京に帰るのではなく尾張の織田信秀、高橋克典に会いに行くのだろうと、見透かされてしまう。斎藤道三は東庵に命が欲しくば、織田信秀の先の傷の様子を見てくるようにめいじる。そして明智光秀、長谷川博己に尾張に行き東庵より織田信秀の情報を得てくるようにめいじる。明智光秀は、菊丸、岡村隆史さんと薬草集めの農民兄弟に扮して尾張に潜入する。東庵は織田信秀と面会して織田信秀の傷が深く重傷である事を明智光秀に告げる。織田信秀は明智光秀らに追っ手を放ち捕まえるようにめいじる。なんとか追っ手から逃れ美濃に帰った明智光秀は斎藤道三に織田信秀は思いの他重傷である事を伝える、斎藤道三はこれは機会と尾張攻略に乗り出します。
第4話 感想はここをクリック
30代女性
長谷川さんと岡村さんの兄弟のふりがすごく面白かったです。どうみても、長谷川さんの方が弟に見えましたし、お着物がお揃いのようで可愛らしかったです。竹千代が、お母さんに一目会いたいという気持ち、それを諭す長谷川さんの優しさが素敵でした。
20代女性
堺まちゃあきが、複数の大名の病気を見る医者の役をしております。胡散臭い雰囲気を醸し出せるベテラン芸能人として妥当な選定でしょう。そして、芸人岡村の登場だ。今回は、敵国への潜入捜査を通じて、見た目通りの足軽的な役割を立派に果たしております。これで、芸人から役者へのステップアップを図り、本格派俳優への道を歩むのでしょうか。
50代男性
戦国時代の医師だと医療機器がなく戦で負ってしまった傷の治療は困難を極めているだろうから遊んでいる暇はないと思っていたのに、光秀が連れてきた医師の東庵はギャンブルが大好きで稼いだ金を使い果たしていたとは、いつの世も人間の本質は変わらないものだと思ってしまった。
30代女性
川口春奈さんは、沢尻エリカさんの降板を受けて、急きょ、キャスティングされた女優さんですが、こうやって見ると、沢尻エリカさんが、あの役を演じていたら、確かに綺麗だっただろうとは思いますが、存在感がありすぎて、全体を見ると、邪魔になるかもしれないなと思いました。結果的に、川口春奈さんで良かったのかも…と思います。
50代女性
十兵衛と岡村隆史が薬草売りをする兄弟姿になっていたのが面白かった。二人の身長差も大きくて、岡村さんの田舎姿が未だに笑えます。また、家康の幼いシーンも描かれていてとても興味深かったです。今後、家康と光秀がどのような関係を築いていくのかも楽しみにしたいと思います。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第3話>
第三回「美濃の国」
2020年2月02日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第3話あらすじ
夫を亡くした帰蝶(川口春奈)は明智荘を訪ね、光秀(長谷川博己)や駒(門脇 麦)らとつかの間の気の置けないひとときを過ごし、笑顔を取り戻す。一方、道三(本木雅弘)は、より操りやすい土岐頼芸(尾美としのり)を美濃の新しい守護として擁立しようとする。内心、道三のことを嫌う頼芸は、高政(伊藤英明)に自分が実の父親であるかのようにほのめかす。

出典:『麒麟がくる』第3話あらすじ

第3話 ネタバレはここをクリック
明智光秀は戦で負傷した家臣の代わりに、畑仕事をしていたのである。そこに、以前野盗に捕らえられていた菊丸がお礼にやって来るのだ。菊丸は薬草をたくさん持っていて、それを見た駒は感激し、薬草の場所を教えて欲しいと頼むのである。その後、帰蝶が光秀を訪ねてくる。帰蝶は夫である土岐頼純が道三殺されていて、ショックを受けていたのだ。道三は息子の高政とともに土岐頼芸を訪ねていて、戦で荒れ果てた田畑などの復興に協力して欲しいと頼むのである。その後、頼芸は高政に本当の父親は自分で、期待していると唆すのである。そして、高政は光秀と鉄砲の試し打ちをし、その時に道三を見限っていると打ち明けるのである。その後、戦がまた始まるのである
第3話 感想はここをクリック
30代女性
歴史もののドラマは大好きなので、大河ドラマの時だけはとてもストレスが発散されます。家族が何と言おうとこのドラマは内容に興味があるので、最終回まで主人公の活躍を見届けたいと思います。いつかこのドラマのロケ地巡りもしてみたいです。
20代女性
齋藤道三と高政親子の関係に確執があることが、はっきりと分かる内容で、今後の二人の関係と髙政と昔からの友人である光秀が、そこにどう関わっていくのか気になります。一農民として登場している菊丸も、今後どのような役割を果たしていくのか気になる存在です。また、ドラマ終盤で初登場した今川義元にとても存在感があり、今後の展開がますます楽しみです!
50代男性
桔梗と光秀お関係が幼馴染以上に感情が動いていると感じた。光秀が鉄砲の扱いを斎藤高正に指導しているときに、高正から、道三に対する謀反の計画を打ち明けられる。謀反が成功した後に、一緒に国造りを!との誘いを受け、光秀は、「麒麟が来る国を創る」と言い出「た。ドラマのキーになる麒麟の来る国造りが始まる予感がします。
30代女性
斎藤道山の息子の高政が明智に対して火縄銃を渡して、道山は興味がないから自分が使用してみるのが嫌なのでと明智にためしてくれと頼むシーンがあって、明智が激光するシーンがありました。道山が鉄砲に興味がなかったということに驚きました。
50代女性
道三の娘の帰蝶の夫が頼純が亡くなってしまい、元気がなかったが、駒らの気遣いで元気を取り戻すが、これが元であの織田信長の妻になるんだなと思った。光秀が堺で買ってきた鉄砲がいつか戦で使われる日がやってくるのだろうなとワクワクした。次回も楽しみにしている。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第2話>
第二回「道三の罠(わな)」
2020年1月26日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第2話あらすじ
光秀(長谷川博己)に心を開いた望月東庵(堺 正章)と駒(門脇 麦)は、ともに美濃に向かうことになる。しかしその行く手には、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典)の大軍が迫っていた。多勢に無勢の中、籠城を決め込む斎藤道三(本木雅弘)。光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明)は反対するが、それは敵を欺く道三の作戦だった。

出典:『麒麟がくる』第2話あらすじ

第2話 ネタバレはここをクリック
美濃に織田信秀が攻めてきた。美濃の軍勢は4千に対し尾張は2万。十兵衛は戦の備えをする。道三には堺に行ったお金はあくまで貸してやったものなので返せと言われた。十兵衛が困っていると、敵の侍大将の首を2つ取ってきたら許してやると言われる。いよいよ戦いが始まった。美濃の軍勢は奮闘するがしだいに押し込まれていく。道三の命令で一旦城に引き上げで籠城することに決まるが、家臣達は不満を抱く。しかし、織田軍が油断しているとみるといなや風のように音も無く織田軍に襲いかかった。織田軍はなす術なく総崩れとなり、有力な家臣達を失ってしまう。十兵衛は侍大将の首を取ったものの、命を奪うことをためらってしまう。その葛藤を東庵に話す。東庵はそれでよいのではと受け止めてくれた。その後、道三は織田軍に通じていた帰蝶の夫を毒殺してしまう。
第2話 感想はここをクリック
40代女性
道三の勝手な言い分で借金を背負う事になった光秀は戦で必死に侍大将の首を狙わなければならい姿が辛く、目の前にくるのが急遽雇われた下っ端ばかりで本当に侍大将までたどり着けるのかとハラハラしたが、やっと見つけた侍大将にホッとしたがいざ切りかかるとその顔が父親代わりに光安に見えた時には驚きしかなく、光秀の心の優しさが見せた幻影だったのかと感じた。
40代女性
光秀が戦で敵の首を取りますが、その敵が叔父の顔に似ていたために首を取るのを躊躇ったことを悔いているシーンが印象的でした。
斬らなければ自分が斬られてしまうから戦がある限りは、戦い続けなければいけない辛さを語るシーンが光秀の優しさを感じました。
斎藤道三役の本木さんの演技も、迫力がありとても素敵だったと思います。
30代女性
若さゆえの利発だが、まだ猪武者ぶりか垣間見える光秀。それに対し、さすがの年の功。これぞ戦国武将という感じの老獪な斎藤道三。
とにかく斎藤道三のかっこよさが際立つ回だった。
道三軍に敗れ、敗走する織田信秀はあの信長の父親とは思えないとぼけた印象を受けた。弟や、古参の将の戦士を嘆いていたと思ったら、ぱっと「城に帰って寝るか」と、思いもよらないスイッチの切り替えの速さには笑わさせられた。
30代女性
堺から帰って来た十兵衛。しかし、道三は堺まで行く為のお金はあくまで貸したものだと言って返せと言ってきました。なんてがめつい人なんでしょう。返せないなら侍大将の首を取って来いとの無茶振り。そりゃ必死で戦いますよね。しかし、敵を油断させておいて一気に攻めに転じたり、織田軍に通じていた帰蝶の夫を茶に毒を入れて毒殺したりと恐ろしい人ですね。その賢さと非情さが後々にあだとなったんだなぁと感じました。時代背景もしっかりと描かれていて面白いです。
30代女性
光秀を呼び出した帰蝶が病になって床にずっと伏せている母親のために医者を連れてきてくれた感謝を伝える所が素晴らしく、あの腹黒く礼儀を知らない道三が本当に父親なのかと疑いたくなる程なのが可笑しく、帰ったばかりの光秀に侍大将の首を2つを撃ち取る無理難題を言い放たれ苛立つ心を、帰蝶の武運を祈ると言ってくれた事で少しは落ち着けただろう。

<NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第1話>
第一回「光秀、西へ」

2020年1月19日放送分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていません。

公式 第1話あらすじ
領地を荒らす野盗を撃退した際、明智光秀(長谷川博己)は、その頭領が持っていた「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、鉄砲がどういうものか探る旅に出る。堺ではひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られる。次に向かった京では、名医と名高い望月東庵(堺 正章)と出会うが、大のばくち好きで、本当に名医なのかヤブ医者なのかわからない。そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になる。

出典:『麒麟がくる』第1話あらすじ

第1話 ネタバレはここをクリック
室松時代の末期、美濃の明智の領地に頻繁に野盗がくるようになっていたのである。
明智光秀は仲間と野党を追い返そうと戦い、なんとか追い返すことに成功するのである。
しかし、作物は取られ、畑を燃やされていたのだ。
そして、光秀は野盗の頭がなぞの武器を持っていることに気づき、野盗に捕らえられていたという男に鉄砲であることを聴くのだ。
光秀は鉄砲が堺で売られていることを知り、領主の斎藤道山に名医を探してくるとして、旅の許しを得て、旅に出るのである。
堺に着き、松永秀久という人物の協力もあり、光秀は鉄砲を手に入れることに成功する。
そして、京の都に向かい、名医を探し名医に会うが、火事に遭遇するのである。
光秀は火事で巻き込まれた女の子を救い、名医を美濃に連れて行くことにするのである
第1話 感想はここをクリック
40代女性
前回のせせこましくガチャガチャしたごった煮みたいな現代史にはないゆったり感。見ていて安心できますよね。セリフもたっぷり聞かせ俳優さんは皆魅力的で力技で押すのではなくほんとの技量を持った人ばかり。いやー楽しいわ。
40代女性
豪華だねー。衣装もカツラも馬もセットもほんとに豪華絢爛。大河ドラマの魅力だよね。田園風景も見事!あんなに素晴らしい田園はCGだろうか。日本にまだあんな土地が残っているのだろうか。このスケールの大きさにワクワクが止まらない。
30代女性
長谷川博己さんが、強い中にも優しさを持ち合わせた青年を演じていて、すごく素敵でした。母親役の石川さゆりさんにみせたかわいらしい部分もすごく可愛らしかったです。また、侍や村人たちが着ているお着物が色鮮やかで素敵でした。
30代女性
まだ、我が家は4Kテレビではないのですが、とてもきれいな映像が多く、(4Kテレビを買っちゃおうかな)とNHKの策略に負けてしまいそうになります。アップになっても、きれいな本木雅弘さんには見とれてしまいました。イケメンぞろいの出演者で、目の保養ができます。
30代女性
まず映像がとても綺麗でした。大河ドラマというか時代劇は映像が黒いイメージがありますが、黒澤和子さんのカラフルな衣装が映像にもマッチしていてよかったです。ネットを見ると農民があんな綺麗な色の服は着ていなかった、おかしくないか的が書き込みがありましたが、ドラマ何だし、どう見せるかなのだからこれはこれでいいと思いました。火事のシーンも迫力あったし、武将たちが個性的で面白い。個人的には1年間完走するつもりです。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』イントロダクション・キャスト情報

Introduction

記念すべき2回目の東京オリンピックが行われる2020年──
21世紀の日本にとって大きな節目を迎える年です。
そのメモリアル・イヤーに、大河ドラマで最も人気の高い「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影、従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く、まさしく「大河新時代」の幕開けともいえる作品が第59作「麒麟がくる」です。

「麒麟がくる」は、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」です。

■Cast

長谷川博己/明智光秀
門脇麦/駒
岡村隆史/菊丸
石川さゆり/牧
西村まさ彦/明智光安
高橋克典/織田信秀

ほか

■NHK大河ドラマ『麒麟がくる』公式HP・SNS

公式HP 公式Twitter

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』への期待

30代女性
長谷川博己さんが大河ドラマに出演されるという事でとても期待しています。今まではあまり注目されることがなかった明智光秀という人が本当はどういう人物で、どのように成長していくのかが気になる人物だったのでとても楽しみです。また、出演者の方々が着ているお着物の色彩がすごくきれいなので、そういう所もすごく注目しているところでもあります。また、岡村隆史さんが大河ドラマに出演しているところもすごく新鮮なので、いつもと違う岡村さんが見ることができるのですごく楽しみにしています。明智光秀が、どのようにして歴史を動かしていくのか、これからも楽しみです。
コメントをもっと読む
30代女性
本能寺の変というワードを聞いたことがあるものの、実はあまり良く知らないため、このドラマを通じて明智光秀の生涯を描くスペクタルなドラマというだけでも、歴史が苦手な人でも聞いたことがある歴史の一ページを描かれているところに魅力を感じます。スペクタルなドラマなだけあり、キャストの豪華さも目を引きます。様々な困難を乗り越えて作られているという、ドラマそのもののストーリーだけではなくドラマ作りにおいての背景も話題となった麒麟がくるですので、豪華キャストの熱演にも期待が膨らむところで、様々な人間ドラマが堪能できることを楽しみにしています。
50代男性
斎藤道三と娘の帰蝶の戦いに期待している。先週の場面では、信長の為に帰蝶の知っている道三の性格などを、全て信長に伝授し、道三が信長を隙あらば打ち取る考え方に対する心構えを伝授し、道三との会見に送り出した。蝮の娘が考え出す行動や、それに対する信長の受け入れに興味が湧きます。次に興味があるのは、秀吉です。信長と秀吉と家康との繋がりで戦国時代を終焉の道に導いた大御所の登場となります。今回の物語は、自分の考えているストリーから外れる内容ばかりなので、秀吉の行動考え方についても、今までと違った物語の展開になりそうでワクワクしています。
40代男性
前半のクライマックスである桶狭間の戦いが今から楽しみだ。第13話までの時点では、織田信長の立場は、かなり悪いものとなっている。信秀亡き後の織田家は、母親を始め、多くの家臣が弟の信勝を推しており、隣国との関係でも今川に征服されかかっている。頼みの綱の斎藤道三は、信勝の手の者から裏切りを提案されている。この状況から信長はどうやって回復して行くのだろう。妻である帰蝶の内助の功は素晴らしい。ただのお嬢様ではなく、政治的な駆け引きに長けている。まずは、信長が織田家の実権をどうやって握るかが楽しみになる。その後の桶狭間だ。有名な話であるが、戦力がはるかに劣る織田が今川をどうやってだまして勝利に持っていくのか、その手腕、過程を楽しみにしたい。
40代男性
道三と信長の聖徳寺の会見が行われここから美濃、尾張の勢力争いの流れが大きく動きます。道三と高政の対立は激化し光秀は心を痛めながらも必死に動くことになるでしょう。美濃に君臨した蝮の最期は光秀にとって失う物が多すぎる結果になるのは間違いありません。その後はしばらく放浪する事になりますがこれまでの出会いと鉄砲の知識で何とか乗り越えていくはずです。いずれは信長に使える事になりますが、なぜ遠回りをしなければいけなかったのかは気になるところです。信長も尾張での敵対勢力を排除していくわけですがやがて弟の信勝との対立が決定的なものとなります。一族内での悲しき主導権争いの結末がどう描かれるのか。戦国大河の大きな見所となります。
50代男性
今まで謎の部分だった明智光秀の若い頃からの事が、フィクションにしても面白い角度からの物語に仕上がっていると思います。今までは織田信長、秀吉の側から見た明智は、一般的な通説で表わされていますが、明智側から見た、足利将軍との縁、信長との確執、秀吉との競い合い、徳川家康との付き合い方などの切り口が楽しみです。明智が、信長を討とうとした過程で室町幕府の存続、土岐氏との関係、謀反を扇動した影人物がいたのかを どのようにして物語にしていくのか今までと違った伏線があるのではないかと池端さんの脚本に期待しています。
50代男性
歴史は勝利者によって書き換えられることも多く、テレビやネットもなかった戦国時代の真実を目撃することはできません。このことから、明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」は従来の戦国武将イメージを大きく変えるドラマとして興味深く視聴しています。まだ放映開始から日が浅く、その醍醐味を味わえるのはもっと先になるでしょうが、現段階でも斎藤道三や織田信長など従来のイメージを大きく転換させた表現を面白く感じています。いまのところ冷酷で短気で英雄的な信長ではありません。当面「麒麟を連れてくる人」の候補者は恐らく信長を指すように展開するでしょうが、恐らく信長が変貌し、光秀から見て「結局信長は麒麟を連れてくる人ではなかった」ということから、世に安定をもたらすためには本能寺の変を起こさざるを得なかったというストーリーになるような気がしているのですが、光秀をその死後の徳川幕府による平和な時代を築いた功労者として描くのでしょうか。今後の展開を楽しみにしています。俳優陣としては信長を演じる染谷将太さんの雰囲気の斬新さ、また川口春奈さんの成長も興味深いです。
20代女性
当初は、ヒロイン役の沢尻エリカを期待しており、代役が川口春奈になったと決まった時少々がっかりしました。川口春奈は、清純派過ぎて合わないのでは、無いかと思いましたが、初々しい姫役が意外と合っていました。川口春奈と染谷将太夫婦の今後の成長も大きな見所です。織田信長の染谷将太は、元来のイメージからすると頼りないですが何も考えていなそうに見えて内に秘めたる物を感じます。逆に恐怖を感じるので意外と合っています。本木雅弘は、若干格好良すぎる気がしますが、何を考えているか分からないあれくれものとして、なかなかだと思います。また、向井理の凛々しさが素晴らしいと思います。若く希望に満ちた将軍といった感じです。
50代男性
第9話までを見た限り、今まで自分が見てきた時代劇では想像のつかない光秀像が描き出されており、いささか時代劇に飽きてきていた自分にとって新鮮な感じのするドラマとなっているので見ていて楽しい。特に信長と帰蝶の関係は、近づかず離れず程よい距離感がどこまで持つのか?、桶狭間の戦いまで両者のモチベーションがどのように維持して展開してゆくのか楽しみです。また光秀は今川と織田の和睦を成功させたのち煕子と結婚するが、その後何処へ行ってどの様に生活をしながら足利将軍の家来になるのかについても見どころの一つだと思っています(多分道三へお暇をいたをいて旅立つと思うのですが)。道三の息子との関係も気になる所です。
50代男性
大河ドラマでは初登場である。知名度のわりに印象は良くはない。とりわけ江戸と戦前戦中には、忠君愛国が国是であったため、なおさらである。やはり見どころは本能寺の変における変心ぶりであろう。古来より、この変節の原因は何か。と問われるのだが、同事件の前後における光秀のお粗末ぶりには、かなりのギャップがある。よもや中国攻めに行っていた秀吉が、毛利と和睦を結び、俗に中国大返しと言われる素早さで、主君の仇討にやってくるとは、考えていなかったか、あるいはやってくるとしても、当分先の事と判断していたのだろう。一番邪魔な信長と嫡男信忠を葬った後で親子の生死確定に気を取られていのかもしれない(両者共に、死体は発見されず)。そこら辺も見どころの一つである。
30代男性
楽しみにしていた大河ドラマだったのに諸般の事情で急遽、撮り直しをすることになってしまって残念ですが、代役としていきなり帰蝶役に抜擢された川口春奈さんの演技がとても良かったです。いきなりの出演で準備期間もあまりなかったと思いますが、最初から川口春奈さんを起用しておけば良かったのになと思いました。今回の大河ドラマは久しぶりの戦国時代の話で主人公は明智光秀という事でこれまであまりメインとして扱われる事の少なかった人物を主人公として扱っている所が興味深いと思いました。どちらかと言うと織田信長を裏切った卑怯者として描かれる事が多かったので今回の大河ドラマではそのイメージが変わるのではないかと期待します。
40代男性
織田信長の登場でかなり空気が変わりました。今後は光秀が道三だけでなく信長の用事もこなすことになるかもしれません。京、美濃、尾張で起こる出来事に光秀が関わり情勢が動いていく様子がうかがえます。また鉄砲の製造や入手ルートなども注目されるでしょう。初回から登場した鉄砲が量産しつつある中で数を集めていく有力者達の動向が気になります。そして光秀の最大のライバルとなる秀吉がそろそろ登場する頃でしょう。少なくとも序盤最後の山場であろう桶狭間の戦いまでには出てくると思います。秀吉と光秀がどういった出会いのするのかも楽しみな要素です。
50代女性
明智光秀の生涯を描いたドラマ。明智光秀がどのようにしてあの織田信長と出会ったのかが、知りたかったので、このドラマで知ることが出来てとても勉強になります。そして、豊臣秀吉と徳川家康も出てくるので、明智光秀との接点も注目しています。主演の長谷川さんの光秀は、真面目でとても良い人だと思います。信長に気に入られて家臣になっていくのだと思いました。しかし、何がきっかけで、敵になっていくのか、これから見物になりますので、期待しています。それから様々なキャストさんの活躍に期待しています。これから、日曜日が楽しみです。
50代女性
『麒麟がくる』は明智光秀が主役です。私が一番好きな武将は地元名古屋の誇る織田信長ですが、その織田信長を本能寺の変で打った明智光秀側の視点で大河ドラマが作られるとはかなり新鮮でした。このドラマの最後は悲劇で終わるのかと思うと不思議な感じがします。クセのある登場人物の中で長谷川さん演じる明智十兵衛はとても素直な普通の若者です。周りにいる人のクセが強すぎて爽やかで好印象だけど、今のところちょっと主役にしては影が薄いかと思います。でもその分親近感が湧き、感情移入しやすくもあります。この時代の主要人物がだいたい出揃い、これからますます面白くなりそうです。さすが大河ドラマ、俳優陣が豪華で眩いばかりです。染谷将太さんの織田信長はちょっと今までの織田信長像と印象が違って面白いです。明智光秀との絡みもどんどん増えるでしょうからとても楽しみです。
40代男性
歴史において重要人物として必ず名前が挙がるのが織田信長。ということはその織田信長を討った明智光秀も重要人物でしょう。どちらかといえば悪者として描かれることが多い明智光秀を主役に据えるということで、その生い立ちや本能寺の変へ至るまでの内面を丁寧に見せてもらえればと思います。今のところ光秀の非凡さはよく表現されていますが、これから信長との関わりがどのように強くなっていくのかが気になります。歴史の結末は動かしようがないことなので、少々気持ちが重くなりますが光秀の正義が納得いく形で表現かれたら良いと思います。
50代男性
1582年6月2日早暁に本能寺の変で明智光秀が織田信長を討ったのはどうしてなのか?本当に明智光秀1人の仕業なのか?織田信長は本当に亡くなったのか?等々、未だに色々な仮説が飛び交う歴史上の大事件の真相に新たな解釈で見せてくれるとの内容に非常に好奇心を擽られ大変楽しみに見ています。明智光秀がどんな歴史上の人物と出会い、どんな思いを張り巡らせて本能寺の変を迎えたのか等も新たな演出で思い切った脚色で見せてくれるのではないかなと楽しみにしています。個人的にはやがて歴史の表舞台から姿を消してしまう帰蝶こと濃姫の行く末についても新たな発想で見たいなと期待しています。
50代女性
川口春奈ちゃんが演じる帰蝶が織田信長に嫁入りしたけど、なんだかいい雰囲気でしたね。このまま帰蝶は織田信長のことを好きになりそうな気がしました。政略結婚で女性は物のように扱われて好き嫌い関係なく婚姻になってしまう時代だけど、帰蝶が幸せになることに期待したいです。また、菊丸が竹千代を守る隠密みたいですね。確かに軽い身のこなしだったから、なんかあると思っていたけど、菊丸の今後の活躍も気になっています。大好きな岡村隆史さんにピッタリの役で、もっと出演時間が増えるといいなと思っています。十兵衛が帰蝶の事が好きだったみたいで、今後、織田信長との関係がどうなっていくのかが見どころになるのかなと思います。
30代女性
いよいよ尾野万千子さんの登場で、華やかさを加えてくれることが楽しみです。これまで、川口春奈さんや、門脇麦さんのほか木村文乃さんなど、主な女性陣は若手が多かったので、尾野万千子さんが出てくると、ピリッとしまると思います。そして、戦のほうもだんだん緊迫感が増してきて、高橋克典さんや片岡愛之助さんのシーンが増えてくるのが楽しみです。そして、最初から一貫して、本当は戦はしたくない、と考えている長谷川博己さんの葛藤もどんな風に描かれているのか楽しみです。実際のところはわかりませんが、好きで戦をしていた武士ばかりではないというように描かれていると良いなと思います。
50代女性
大河ドラマについて、歴史に疎い私は、出演者・タイトルで視聴を決めることがあります。そして引っかかったのが「麒麟」って何?と気になっていました。第1回放送で駒さんのセリフにもありましたが、それがどうつながるのか?元々明智光秀については知らなことばかり、知っているキーワードは「織田信長」「本能寺の変」だけ。生い立ち、家族、結婚は?妻は?子供?などプライベートや織田信長に仕えるまで、そして信長暗殺後、どうなったのか?ならば長谷川博己さんに教えてもらおうとなりました。それから帰蝶さんや駒の存在。そして菊丸は何者?ただの農民ではないはず。菊丸役の岡村隆史さんは大河の撮影風景をラジオで話しています。そうするとますます見たくなります。いま、帰蝶さんがお嫁入りして光秀も恋の予感がはじまったくらいなのでこれから恋の行方と世の中の行方を毎週見ていきたいです。
30代女性
大河ドラマを作るうえで大切なことは色々あると思います。今回の出演者は若い子にも知っている方が多いです。日本の歴史はより深いけれども、若い俳優さんが出演していると見やすくなると思います。歴史が苦手な学生さんはこのドラマを見て歴史を学ぶことに繋がると思います。私自身も歴史を学ぶことが出来ました。明智家の関係も様々でした。昔の嫁入りはそうとうな儀式だったことがわかります。城を奪われてしまった人間の恨みは恐いです。戦はそうゆう理由もあることがわかります。戦のシーンが凄かったので興行成績が上がってくれることを期待しています。
50代女性
菊丸が竹千代を守る忍者だとは思わなかった。過去のドラマを見るとその様な雰囲気を醸し出していなかったが、今から考え直してみると、明智の里で野武士に捕らわれて、光秀に助けられた場面や、光秀の鉄砲の話にすぐに反応して教えていたり、信長の屋敷に忍び込むときも、いとも簡単に竹千代の傍に隠れたりするシーンをお思い浮かべました。この様な演出をしていることから、今後の番組の期待点が高まり、過去のことに捕らわれない工夫が成されていることを実感します。次の驚きのキャスターは駒か又は、東庵先生か?光秀の青年時代については、あまり知られていないことが多いので、期待してみていたい。
40代女性
現代劇であった「いだてん」、幕末ものであった「西郷どん」、それぞれ面白く拝見していましたが、やっぱり戦国ものは理屈抜きでわくわくします!明智光秀というと、主君殺しの裏切り者、本能寺の変…といったイメージがあり、これまでの大河ドラマでも何回も登場してきましたが、今回は主役としてどのように人物像を掘り下げていかれるのか、非常に楽しみです。細川藤孝との友情や、足利将軍家との関わりも楽しみですが、一番注目しているのは信長との関係。どういう経緯で仕えることになり、信長に対してどのような気持ちで働き、そして何故裏切るに至ったのか…。特に本能寺の変を起こすという決意についてはいろいろな説がありますが、一年という長い期間をかけて伏線を張り巡らせてほしい。そして(このドラマでは)「ああ、だから信長を討ったのね」と視聴者を納得させるような描き方をしてほしいと期待しています。
30代男性
本能寺の変を起こした動機や生涯などの謎が多い人物とされる明智光秀を題材としている点で興味深いです。特に織田信長と出会う前のエピソードは史実にも残っていないので、織田信長と出会う前にはどんな歴史的な人物と出会い、どんな生活をしていたのかがどう描かれているのか期待しています。さらにファッションもこれまでの戦国時代の大河ドラマに比べると鮮やかで華やかな色使いが行われており、甲冑や着物を男女問わずに見る楽しみがあります。そして、冒頭から農民役として登場する岡村隆史にも注目しています。頻繁にいろいろな場所に光秀と出会うので、いったい何者なのか気になります。
30代女性
明智光秀は有名なので知っているけど織田信長との関係やどういう人物なのかなど詳細を知らないのでこれからの展開が楽しみです。また明智光秀の最後も本能寺の変のあとは色々な説があるのでどんな結末になるのかも楽しみです。役者さんもとても豪華なのでそこも期待しているところです。ドラマではあまり見かけないナイティナインの岡村さんや石川さゆりさんの演技や、ベテランの堺正章さんなどどんな風に出来上がっていくのかが楽しみです。またナレーターが市川海老蔵さんなのにはビックリしました。NHKの大河はいつも個性的な演技をされるかたが多いのでこれからに期待大です。
50代男性
帰蝶を演じる川口春奈に注目している。沢尻エリカの後釜として急遽抜擢されたが、最初のうちは何となくおどおどして居た様な気がしていましたが、ここにきてやっと本領を発揮し始めたように見えます。彼女は時代劇映画は初めてと言っていますが、顔立ちや物腰を見ていると、昔の日本のキリっとした女性のはまりやく役になるのではないかと思えるくらい堂々として綺麗に見える。今後信長の奥方としての才覚を発揮する場面での彼女がどの様な演技をするのかに期待したいと思います。一方信長お演じる染谷将太にも注目したい。此の個性的な顔立ちと演技を見ていて、もしかしたら今までの信長像を覆す演技が見られるかもしれないと期待を抱かせるスタートとなっていると思います。
30代女性
戦国を舞台にした大河ドラマなので、史実に沿って話がどんどん進んでいったり、合戦シーンが多いのかと思っていましたが、登場人物の心の揺れや葛藤などが丁寧に描かれているので、現代の私たちも感情移入しやすく観られると思っています。今後、理想を持ち悩みながらも、自分の意見をはっきり言う主人公の明智光秀が、多くの武将達との出会いを通して、何を感じ、どのように進めべき道を探っていくのか人間ドラマの部分が、とても楽しみです。女性陣も魅力的に描かれているので、女性達が戦国の時代で、どのように思い生きていくのかも注目しています。
30代女性
6話まで見てますが、色彩がとても鮮やかで画面が華やかです。特に戦場での配色がいいので見易いですが、反面町人の衣装が小綺麗で新品に見えてしまうところが残念です。着物の色が鮮やかなことでかえってそれ以外の印象がなくなり、主人公の顔が思い出せなくなってしまう位です(笑)ストーリーはまだ主人公が10代なので、少年漫画みたいですけれど、これから歳を重ねる事に違った側面等が出てくるのが楽しみです。また、主人公が中央に近いところにいるので、ストーリーが大きく動くというところが最近の他の主人公と違った楽しみでもあります。来週は帰蝶のお話なので、いよいよ織田信長が出てくるのでしょうか?楽しみです。
30代女性
出演者の降板により予定より2週間遅れてスタート切ったドラマですが、主演の長谷川博己さんのかっこよさや誠実さが滲みでおり、またその脇を固める吉田剛さんや谷原章介さん等豪華俳優陣が癖のある演技や迫力満点の立ち回りシーン等で、視聴者を楽しくしております。明智光秀の反省といえば謎が多い人物です、特に出生から20代ぐらいまではあまり表舞台にでてきてない為資料があまり残っていません。その部分をどうやって長谷川博己さんが演じていくのか、また歴史上の人物とどういった絡みになるのかが楽しみな部分でもあります。最後の方にむかうにつれて「本能寺の変」を起こすまえの光秀の苦悩は楽しみです。
30代男性
久しぶりの戦国大河ということでやはり期待値が上がってしまう。また主人公が明智光秀というビッグネームなのも期待に拍車をかける。しかも光秀はあれほどよく知られているにも関わらず、前半生が謎に包まれていてミステリアスだ。この光秀をどう料理するか、監督・脚本・俳優の腕の見せ所だろう。現在6話まで視聴したが、信長が上洛する遥か前の混沌とした京の情勢を描いている。今のところ物語の中心にいるのは、三好長慶や松永久秀といった面子だ。名前は聞いたことがあるが、何をしていた人物かはよく知らない。馴染みがない時代ゆえに理解するのが大変でもあるが面白い。
40代女性
これが王道の大河ドラマなんだろう。始まった時はドキドキしたし重厚感にさすが!とも思ったけど、今はトーンダウンしてしまった‥。それは私が歴史に疎いからなんだとは思うけど、登場人物が多くて感情移入できる場面が少ないのよね。少年時代の話なんだと思うけど少年っぽさが全然ないしさ。お駒ちゃんが全然可愛くないからキュンキュンもしない。淡い初恋ぐらい青臭く10代の役者で見せてほしい。そういう思い出は誰しも共通だからいいじゃない?史実を入れなきゃいけないのは分かるけど、誰が誰を殺したとかあんまり興味ないから心情に寄り添える作品を作ってほしいです。
40代女性
明智光秀は「織田信長を殺した人」、そしてその後殺された人…という認識程度だったのですが、回が進むにつれて色んな戦国大名の名前が出てきて、どう絡んでどう進んでいくのかがとてもワクワクします。最終的に本能寺の変のシーンはあると思うので、そこまでに光秀がどんな風に人生をたどったのか、心の変化とともに緻密に描かれていくであろうストーリー運びとともに、恋愛模様もたっぷりあると嬉しいなと期待しています。田んぼの緑や空の青など、画面の色がとにかく鮮明で、見ているだけで美しいドラマというのも珍しいので、鮮やかな世界観をもっと楽しみたいです。
50代男性
明智光秀が織田信長に謀反をして本能寺で信長を打ち取りその後秀吉に打ち取られてしまうストーリーの展開だと思うのですが、何せ明智光秀の生涯を小説にした本を一度も見ていない私としては、光秀の幼少から青年時代までの物語が知りたいと思っています。特に戦国の時代なので、自分が生き延びるための人生観をどのような人物に教えられて、人格を形成していったのかを知りたい。「麒麟が来る」の物語を第4回まで見て判り始めたのは、主君を欺いて謀反を図り、領地を我が物にするのが当たり前の時代であったということです。この事実を踏まえながら、光秀の行動を注視してみていたいと思います。又、光秀が死んだといわれていますが、本当に死んでいたのか?家康の傍で天海和尚として仕えた説が、なかったのかについても(多分に、噂だと思いますが)期待して見てみたい。
40代男性
光秀の運命とも言うべき信長との出会いがどのような形で行われるのかが楽しみです。帰蝶が嫁ぐ時についていくこともありえますね。また桶狭間の合戦の時には光秀がどのような役割を与えられているのかも気になるところでしょう。道三が存命のうちは美濃にいるでしょうから道三と信長の対面の時などはかなり重要なことを任される事は想像できます。しばらくは美濃周辺へのお使いが主な役割ですのでそこで登場する人物との出会いも見所となるでしょう。一時朝倉家に仕えることがありますのでその経緯についても面白く描いてくれると思います。また鉄砲関連の話も充実していますので交易なども取り上げられていくでしょう。
30代女性
やっぱり大河ドラマは戦国時代ですよね。主役は明智光秀です。すっごくいい時代ですよね。面白い時代です。今年は大河らしい大河を見られるのではないかとすごくワクワクしています。今までは描かれなかった明智光秀の若い時代から物語は始まるので、1年間は長いですが、光秀の晩年にあたるあの本能寺の変までじっくりと描かれるので期待大です。さらに今までの大河よりの色彩豊かでとても鮮やかなのです。見ているだけでも心が潤いそうですね。結末がわかっているのに楽しめるのは歴史ものの醍醐味です。長谷川博己さんの明智光秀がどのように仕上がるのか興味しんしんです。
30代男性
戦国時代で避けて通れない本能寺の変。未だに原因が解明されていない、この変の張本人とされる明智光秀。さらに、この明智光秀の前半生も謎に包まれており、光秀の従者の秀満や、親戚にあたる濃姫なども、正確な資料が残されておらず、謎に包まれている登場人物達が、どのように乱世を生き抜いたかを、魅力溢れる俳優陣による今年の大河ドラマ「麒麟がくる」、本当に楽しみでなりません。光秀が信長に出会うまでのストーリーがどう描かれるか、本能寺の変を起こした経緯がなんであったのか。そして、天下の悪逆人として、人知れず山中で命を失った光秀の最後。2020年目が離せないドラマです。
20代女性
ドラマがスタートする直前に沢尻エリカ容疑者の逮捕などで違う意味で話題となってしまいましたが、明智光秀という、名前は知っていてもその半生を知らない人が多い人物にスポットを当てて丁寧に描写するドラマは今まであまりなかったと思うので、今後、どんな展開になっていくのか、今から期待しています。
大河ドラマには珍しい、鮮やかな色を使った演出も個人的にはとても気に入っています。
今後、キャストも随時発表されていき、豪華俳優・女優陣が勢ぞろいして1つの物語を作り上げていく様子は圧巻です。
一年という長いスパンでのドラマなので、これ以上はスキャンダルなどが起こらないことを祈っています!
30代男性
これまでは光秀が美濃以外の世界を知り、戦乱を終わらせたいと漠然と願うストーリーでしたが、3話目からは美濃を取り巻く環境が再び美濃を狙う尾張の織田や上洛しようとする駿河の今川など戦国時代らしい刻一刻と状況が変化する展開に今後、光秀がどう動いていくのか楽しみです。また、伊藤英明演じる義龍との関係や足利義昭、織田信長との出会いどう描かれているのかにも注目しています。さらにストーリーだけでなく戦のシーンも楽しみです。戦闘のシーンが多く、ダイナミックに描かれているのでこれから有名な合戦も多く登場するため、殺陣などの戦闘も期待しています。
50代男性
これまでの明智光秀像というものは、主君織田信長への裏切り行為を行い、その結果で本能寺の変を起こしたと伝わるものが多く描かれていましたが、この作品で明智光秀がいかに地元に貢献し、民衆本位の政を行った人物なのかを描いて頂きたいと思います。また豪華キャスト陣にも期待しています。とりわけ斎藤道三役の本木雅弘さんには、以前の大河ドラマ徳川慶喜で素晴らしい演技をされていたので、今回も視聴者を魅了される演技に期待しています。戦国を駆け抜けた美濃の大名、豪傑で名高い斉藤道三を本木さんがどう演じ切るか、大変見ものです。
30代女性
本木雅弘さんは、他人に対してとても厳しく、それは身内であっても、その姿勢を崩さないという感じですが、既に弱っている高橋克典さんに対してさらに追い打ちをかけるようなことを虎視眈々と計画しているのだろうなと思うと、本当に恐ろしい男だなと思います。でも、そこに向かわせた長谷川博己さんと堺正章さん、岡村隆史さんの3人は、これまでの緊迫した雰囲気を少し和らげてくれるような珍道中を見せてくれるのではないかなと思います。過去には、孫悟空を演じていた堺正章さんと、本当の猿のような岡村隆史さんに囲まれて、長谷川博己さんがますますかっこよく見えることにも期待しています。
30代女性
織田信長を本能寺で討つも、豊臣秀吉に攻められたのち、落ち延びようとしている所を農民に竹やりで殺されてしまう裏切り者の明智光秀。私たちが歴史で知っている明智光秀のイメージをこの大河ドラマはどのように変えていくのだろうと始まる前からわくわくしていました。あまり知られていない半生を、そして誰もが知っている武将としての人生を長谷川博己さんがどのように演じていくのか期待しています。そして脚本は太平記の池畑俊策。脇を固める俳優陣も豪華とくれば、期待値はどんどんあがります。去年、一昨日と近代を舞台にした大河ドラマだったので、久しぶりの戦国が舞台というのも楽しみです。
50代男性
明智光秀というと、織田信長につかえるようになってからのことが有名で若い頃のことはあまり知られていません。
このドラマでは、明智光秀の若い頃の話も描かれているので今まで持っていた光秀のイメージを大きく変えてくれました。
明智光秀を演じる長谷川さんの演技がとても素敵で、とくに立ち居振る舞いがすごくいいと思います。
また斎藤道三を演じる、本木さんもまさにまむしと呼ばれた斎藤道三を怪演しており今後の展開が楽しみです。
実在しなかった駒などが登場していることで、庶民の目線もしっかりと入っており楽しむことが出来る作品です。
50代女性
やっぱり戦国時代のドラマはNHK大河という感じでいいですね。今回は「明智光秀」が主役で、明智光秀が主役になるドラマを見たことがないので、どんなストーリーになるのか興味がとてもあります。歴史的にみれば、織田信長を討った悪者感があるのですが、まだまだ知らないエピソード等ありそうでとても楽しみに見ています。斎藤道三役の本木雅弘さんの演技が非常にうまくいですね。さすがです。斎藤道三が、主君であり濃姫の嫁ぎ先でもある土岐頼純を毒殺しましたが、家来にさせるのではなく、自ら手を汚すのも凄いと思った。今後の斎藤道三の言動に要注意な感じがありますね。次回が楽しみです。
40代女性
出自の詳細がわからず、しかも最期がどうなったかがあまりにも有名なので、大河ドラマにはなりにくいだろうと言われていた明智光秀。どのような人生を過ごし、どんな考えであの結末に至ったのか、その過程がどのように表現されていくかがドラマとして楽しみです。大勢の武将がそれぞれどのような思惑で乱世を生き抜いていくのか、一般の人々がどのような生活を送っていたか、そういうところもどのように描かれるかも期待があります。演じる役者さん方も魅力的な方が多く、主人公だけでなくちょっとした脇役の方々も魅力的です。今までの放送2回分を見て、大河ドラマはやはり戦国時代が一番面白いと感じています。今年は引き続き見ていきたいです。
50代男性
歴史にさほど詳しくなくても明智光秀の名前は知っている人が多い反面、出生地すら特定できない事に代表されるようにどういう人生を送ってきたかは非常に謎が多くまだまだわからないことだらけということで、これまでなかなかドラマや映画の主役になりにくかっただけに、明智を中心にした待望のドラマという気がしますし、この大河ドラマで果たしてこの後明智の人生がどう描かれていき展開されていくのかが非常に注目されますし明智光秀という人物像のこれまでのイメージが見事に引っ繰り返るぐらいのエピソードが出てくるのではないかという期待も持てます。
時代的にも室町と江戸の間という混乱期でややこしい時期でもあるのでこの時代に何が起こっていたのかを知る絶好の機会だとも思っています。
40代女性
織田信長ではなく、明智光秀の物語、「麒麟が来る」とても楽しみにしています。
明智光秀といえば、誰もが知っている「本能寺の変」。
これだけ有名なのに、何故光秀が信長を討ったのか、その謎は諸説あり、未だに解明されていません。
今回の大河では、この部分がどのように描かれるのか、光秀の心情はどのようなものか、オンエアが楽しみです。
長谷川博己さんが演じる光秀は、教科書で習ったイメージとは異なり、真っ直ぐな性格で、民の為に働く好人物。母親役の石川さゆりさん、帰蝶役の川口春奈さん、農民役の岡村隆史さんにも期待しています。
特に川口春奈さんは、急遽決まった代役で、稽古期間が短いにも関わらず、堂々とした演技で好感が持てました。
確かに、少し現代劇っぽい印象も受けましたが、短期間の稽古で、元木雅弘さんや西村まさ彦さんのような演技ができるわけがなく、(それができてたら、他のベテラン俳優さんたちの立場ないでしょう、、、)それも視聴者は理解しているので、そこで頑張っている川口春奈さんの若々しさや、初々しさが、とても魅力的です。
ストーリーにも、出演者にも、大河ドラマ「麒麟が来る」にとても期待しています。
50代女性
明智光秀が主人公ということで、今までとはちょっと違った目線で戦国時代を観ることが出来ると思います。戦国時代の有名な武将が次々と登場すると思いますが、過去の作品と比べて観るのも興味深いところです。戦闘シーンが多いと思いますが、それ以上にそれぞれの登場人物の心の内面を知ることが出来ればよいと思っています。明智光秀というと、娘の細川ガラシャも有名ですが、彼女の生き方にも注目していきたいです。今年は例年よりも2週間遅れのスタートとなりますが、その分待つ時間が長いので、いろいろと勉強しながら、ドラマがスタートするのを待ちたいと思います。
30代女性
明智光秀が主人公ということで、あまり知られていない前半生がどのようにドラマの中で描かれるのかを期待しています。「麒麟がくる」というタイトルも、どのような意味を持つのか興味を引きます。また、織田信長をはじめ、名だたる戦国の武将達との関わり合いも気になります。未だ謎が多い「本能寺の変」に至るまでの、明智光秀の心の動き、主君信長との関係がどのように変化していくのかも注目したいです。明智光秀というと「本能寺の変」のイメージが強いので、それ以外の人物像やその魅力などを知りたいと思っています。久しぶりの戦国時代を舞台にした大河なので、合戦シーンなどのスケールや迫力の大きさも楽しみです。
50代男性
明智光秀の生涯の物語だということでという事ですが、光秀の立場から作ったの物語を見るのは初めてです。なぜ、信長を裏切らなければいけなかったのか、光秀のf側に立った立場でで物語が展開すると思いますので、非常に興味があります。光秀が育た環境や、影響した人物像を通して、光秀の心が信長に対して何時ごろから敵意を持ち始めたのか、その心の変化はどの様に変化したのか?周囲の家老職を含めた人材登用は、女性の影響は、など様々な観点から物語が展開すると思うので、彼らの心の動きも注意しながら見ていたいと思います。最後に何故タイトルが「麒麟が来た」になったのか?についてもドラマを通して理解を深めたい思います。
30代女性
明智光秀を主役としたストーリーで、歴史上で最も有名であろう本能寺の変を光秀側からの視点で見られることに期待が膨らみます。これまでは織田信長の視点で描かれることが多く、謀反を起こした光秀が悪のように描かれることが多かったように思います。光秀側の視点によりなぜ謀反を起こすまでに至ったのかなど、細かな心情が見れることで、これまでの本能寺の変に対する自分の見方が変わるのではないかと期待しています。また、出演者の逮捕により、取り直しの必要性など連日テレビで放送されていますが、その代役となった川口春奈さんにより良い方向へドラマが表情を変えると期待しています。
50代男性
今まで天下統一に邁進していた織田信長を京都の本能寺で弑逆した反逆者という暗いイメージで語られることの多い明智光秀ですが、その悪いイメージばかりが独り歩きして肥大化しているように思います。実際には家族を大事にして非常に部下思いの人物であったといわれています。明智光秀の前半生に関しては不明な部分が多いようですが、織田家に仕官してからのトントン拍子の出世などから判断するとやはり大変優秀な人物だったのだろうと思います。それだけ優秀な人物がなぜ本能寺の変を引き起こしたのか、そこに至る経緯がどのように描かれるのかとても期待しています。
30代女性
まずは逮捕されてしまった沢尻エリカさんの代役を務める川口春奈さんの演技に期待しています。普通は、役を貰ってから時間があると思うのですが、今回は代役で、しかも撮影期間もないということなので、限られた時間の中で川口春奈さんがどのような演技を見せてくれるのかというところに注目したいと思っています。そして、取り直しが結構あるようなので、話の流れがおかしくなっていないかなどにも注目していきたいと思います。そして、主演の長谷川博己さんの演技にも期待しています。今回の主役は明智光秀という役で、とても有名な人物であるので、みんなの明智光秀像をどのように演じていくのかに注目しています。
50代女性
帰蝶役が川口春菜ちゃんにきまって、同郷のよしみでより楽しみになりした。時代劇・大河初出演でスタートまで2ヶ月しかないので春菜ちゃんにはぜひ頑張ってほしいです。応援してます。とにかく出演キャストが豪華すぎて見る価値がすごくありますね。徳川家康役で、まさかジャニーズの風間俊介くんがでるとは!驚きました。岡村さんの農民にも期待です。好きな役者さんたちが沢山でるのでどんな大河になるのかとても楽しみです。語りが海老蔵さんということで、落ち着いた低音の声がきけてとても贅沢な日曜日の夜になる予感。大河的にもしまりが出て良さそうと思いました。
40代女性
今まで数多くの大河ドラマに登場をしてきた明智光秀が主役ということなので、それだけでも十分期待をしています。
明智光秀自体、謎が多い人物ということがあるので、どういう描かれ方をするのか楽しみです。
当然、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康との関係性も描かれると思います。
どんな明智像になるのか、気になっています。

演じるのが長谷川博己さんということもあるので、肖像画などで見る明智とはちょっと雰囲気が違うんじゃないかなと思います。
スタイリッシュな雰囲気の明智になるんじゃないかな、という点も期待をするところだと思います。

30代女性
今年の大河ドラマ「いだてん」は記録を塗り替えてしまうほどの低視聴率にあえいでいるので、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」は、これまでの大河ドラマの時代ものを踏襲して、長谷川博己さんが演じる明智光秀が主役に据えるということで、それだけでも落ち着きます。他にも、大河ドラマらしく、豪華俳優陣がたくさん出演するようで、その中でも佐々木蔵之介さんや、吉田鋼太郎さんは大好きな俳優さんなので、とても楽しみです。そして、何より楽しみにしているのは、語りを担当するのが市川海老蔵さんだということです。来年は、市川海老蔵さんから市川團十郎白猿を襲名されるので、途中からお名前も変わり、そういう意味でも、とても記念すべき作品になるだろうと思います。
50代女性
ここ数年幕末物が続いていたので、久しぶりの戦国物で嬉しいです!主人公の明智光秀は出自についても謎が多く、死亡後も大陸に渡ったとか天海僧正になったなどミステリアスな要素があり、最も有名なエピソードである本能寺の変に関してもその理由は下克上説ではなく四国説など最近でも色々な説が語られています。一方城主として勤めていた坂本付近では今でも評判が高いとか…。謎が多い分脚本がどのように描かれるのか、主演の長谷川博己さんがどんな光秀を演じるのかにも幅を出す余地があると思うので、心から期待しています。物語の舞台となる坂本にも行ったことが無いので、ぜひ訪ねてみたいです。
20代女性
麒麟がくるは、明智光秀が主人公ということなので、歴史好きとしてはとても興味深くて楽しみにしています。しかも、その明智光秀を長谷川博己さんが演じるなんて、なんだかぴったりな配役でドキドキします。明智光秀といえば、織田信長のことを裏切った本能寺の変が有名だけど、その裏切りの理由には諸説あると思います。このドラマの中ではその裏切りの理由がどんなふうに描かれるのかに期待したいなと思いました。明智光秀を主人公とするくらいだから、壮絶なストーリーの後に本能寺の変を描いてくれるんだろうなととても楽しみにしています。
40代女性
大河ドラマはやっぱりスケールの大きい時代劇が良いですよね、最近は時代劇ドラマをやってくれるのはNHKさんだけなのでありがたく思っています。時は戦国時代で主役は明智光秀なので戦乱の世のど真ん中なので期待度はさらに膨らみます。戦いのシーンはスケールの大きいセットやCCなどを使って迫力あるものに仕上げてくれると信じています。さらに、新解釈を反映した人物像ということなので今までとは違う一面も観れることに期待感と知識欲がうずうずします。新しい明智光秀を長谷川博己さんだそうですが、あまり時代劇でみたことがないような気がするので期待しています。波乱の人生を送っている明智光秀をどう演じてくれるのかも楽しみですし、共演者に岡村隆史さんや石川さゆりさんなど異色な出演者も決定しているので面白そうです。
40代女性
“ドラマ「麒麟が来る」では、明智光秀にスポットライトを当てたドラマに仕上がっているようですね。
時は下剋上の時代。
明智光秀は織田信長の盟友となり、多くの大将たちと天下をめぐり戦ってきた智将ですね。
ただ明智光秀にまつわる物語はたくさんあるものの、実際はなかなか謎の多い人物でもありますね。
果たしてこの物語では明智光秀をどのように描いていくのか?と、とても気になります。
タイトルでもある「麒麟」は、王が仁のある政治を行うときに必ず現れる聖なる獣として、扱っているようなので、誰のもとに「麒麟」が現れるのかも見どころで、楽しみです!”
40代女性
明智光秀と言えば、歴史上人気のある織田信長を討ち取ったものの、直後に豊臣秀吉に倒されたということで、「卑怯者」「悪者」の印象が強い人物です。実際、豊臣秀吉や徳川家康を描いた大河ドラマは何度も見たことがありますが、明智光秀が主人公のもの見たことがありません!その明智光秀をどのように描くのか、それだけでも楽しみなのに、キャストの豪華さにはさらに期待が高まります!なんといっても主演に長谷川博己さんを起用したことが、私の中では一番のポイントで、今まで「家政婦のミタ」「まんぷく」などで、一風変わった性格の持ち主を見事に演じきったその演技力の高さには期待が持てます。長谷川博己さんが、日本の歴史では「敗者」のイメージにある明智光秀を、どのように味わい深く演じてくれるのか、今から楽しみでなりません。
30代男性
2020年の大河ドラマの麒麟が来る。非常に楽しみにしています。元々、織田信長?幕末終わりまでの時代が好きという理由もありますが今まで本能寺の変で織田信長を殺した逆賊の明智光秀というイメージしかなかった明智光秀のストーリーというのも楽しみです。生い立ちや成り上がり方、どのような経緯で織田信長を裏切り殺す事になったのか。そして豊臣秀吉にどのように殺されて行くのかという点が今から期待しております。大河ドラマは毎回ら出演キャストが豪華なのも嬉しいです。個人的に長谷川博己さんが好きなので長谷川さんがどのように明智光秀を演じるか、また周りの人物を演じる俳優さん達も豪華な方々が出演なさるのでそれもたのしみです。
40代男性
麒麟がくるでの注目はナインティナインの岡村隆史が出演してるのが楽しみです。映画、ドラマはそれなりには出ていますが、NHK大河ドラマに出演するというのには驚かされました。菊丸役ということで蒼々たるメンバーの中で岡村隆史がどんな演技を見せてくれるのかが1番の楽しみです。明智光秀役が長谷川博己ということでこの人の演技は素晴らしいなと思っていて楽しみです。ストーリー的にも明智光秀が何故裏切ったのか、織田信長を本能寺の変で倒したことについても詳しくドラマでやってくれそうなんで期待したいです。来年1月ですが楽しみです。
40代男性
明智光秀を題材として大河ドラマなので戦国時代の有名な武将なども出て来ることを考えると豪華な俳優・女優陣の出演が期待できるドラマだと思います。主要なキャストはすでに発表されていますが、話しが進むにつれて登場する人物などを増えて来ると考えられるので、意外な人に出てもらっても面白いかなと密かに期待しています。個人的にはナインティナインの岡村隆史に期待しています。できれば、シリアスな場面でコミカルの動きをアドリブでぜひ入れてもらえたらと思っています。通行人役などで相方の矢部浩之にも出てもらっても面白いのかなと思いますが、NHKがそこまで挑戦するかどうかも期待しています。
50代女性
明智光秀の生涯の物語だということでという事ですが、光秀の立場から作ったの物語を見るのは初めてです。なぜ、信長を裏切らなければいけなかったのか、光秀のf側に立った立場でで物語が展開すると思いますので、非常に興味があります。光秀が育た環境や、影響した人物像を通して、光秀の心が信長に対して何時ごろから敵意を持ち始めたのか、その心の変化はどの様に変化したのか?周囲の家老職を含めた人材登用は、女性の影響は、など様々な観点から物語が展開すると思うので、彼らの心の動きも注意しながら見ていたいと思います。最後に何故タイトルが「麒麟が来た」になったのか?についてもドラマを通して理解を深めたい思います。
50代女性
織田信長を本能寺の変で殺した男として知られる明智光秀の生涯を描くドラマ。信長は気性の激しい武将として知られるが、その家臣として忠実に尽くした真面目な武将であり、三日天下で終わったと伝えられている。優しい光秀を怒らせてしまったその真意とはいかなるものだったのか?明智光秀の物語をドラマで拝見出来て、楽しみが増えました。歴史好きの私としては、この大河ドラマは絶対観たいと思っています。主演の長谷川さんがどんな光秀を演じてくれるのか、とても楽しみにしています。19日からの大河ドラマは欠かさず観ようと思っています。
30代女性
昨年の沢尻エリカさんの逮捕により、それまでに撮影していた部分を撮り直して、遅れてスタートするので、いろいろな意味でとても注目しています。代役として、川口春奈さんが抜擢されていますが、沢尻エリカさんと比べると随分、見劣りがしてしまうというのも事実なので、その分、ほかの共演者も頑張ろうという気持ちは高まっていると思います。そして、何より明智光秀の衣装をつけたときの長谷川博己さんが思っていた以上に凛々しくてかっこいいので、大河ドラマにありがちな子供時代は、すっ飛ばしていきなり成人した長谷川博己さんのシーンから見たいなと思います。

SNSの反応【#麒麟がくる】

もっと見る

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の見どころ

見どころポイント①〈勇猛果敢な明智光秀〉
人気の高い織田信長を裏切り、本能寺の変を起こした明智光秀は、これまでは“悪役”として描かれることが多かった人物。しかし光秀は生誕年が不明であり、信長に仕えるまで何をしていたのかわからないなど、その前半生は謎に包まれた部分が多く残っています。歴史的資料では、頭はいいが陰湿で神経質なほど繊細な男と語られていますが、それは周りの人物から見た光秀であり、あくまでも客観的視点に過ぎません。そんな光秀像を、今回脚本の池端俊策は白紙にして考えたそう「謀反人」としてではなく、ひとりの青年として、じっくりと見つめ直された明智光秀に注目です。
見どころポイント①〈川口春奈演じる蝮の娘・帰蝶〉
蝮と呼ばれた斎藤道三の娘で織田信長の妻・帰蝶。しなやかさと真っ直ぐさを持ったたくましい女性です。帰蝶を演じる川口春奈は時代劇初出演で、突然の代役にも関わらず圧巻の演技。当初は幼すぎるなどの声もありましたが、そのあどけなさが返って策略好きな帰蝶をより際立たせています。可愛らしい笑顔でするりと懐に入って毒を吹き込む姿はまさに蝮の娘。プレッシャーを跳ね除けた川口春奈の演技に注目です。そして信長に対する歯に衣着せぬ物言いも見どころ。2人とも頭が良く画策するのが好きですが、2人でいるときの会話を見ていると、とても可愛らしい夫婦だなと思わされます。

関連作品リンク

関連時代劇

特別企画ドラマ「桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~」
→明智光秀が裏切った相手・織田信長が大逆転劇を起こした“桶狭間の戦い”を題材とした本格時代劇

染谷将太

ドラマ『浦安鉄筋家族』
→はちゃめちゃすぎる大沢木家を中心とした浦安の個性的すぎる人々が見どころ!