NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程
2020年1月18日(土)から2月8日(土)放送
総合 よる9時から9時49分(毎週土曜日・全4回)

NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』動画視聴方法

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』の
トライアル期間を利用して”完全無料”で見放題♪

初回1ヶ月無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』おすすめポイント

★配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!

★ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!

★電子書籍のサービスも!『non・no』や『週プレ』など70冊以上の有名雑誌が読み放題!

★継続利用で『1200円分』のポイントが【無料】で貰える!
ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!※月額1990円(税抜)かかります

●『U-NEXT(NHKオンデマンド)』ユーザーからの耳より情報☆

最大の魅力はNHKのコンテンツである大河ドラマや朝ドラ、プロフェッショナル仕事の流儀などをU-NEXTで観れたこと。本家にもオンデマンドはありますが、一ヵ所に動画が集まっていた方が利用しやすいです。毎日のように動画を見ているので再生システムの方が落ち着きますしね。見逃しはもちろんですが、昔の作品を思い出しながらみています。コンテンツも多く見放題パックの月額料金は1000円以下のため、毎月貰えるポイントを使って払うことができます。
【30代男性】

NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』見逃し動画 検索

  • <公式>無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていない場合が多いです。

  • <第1話〜全話>をフル動画視聴!
U-NEXT(NHKオンデマンド)
  • 動画共有サイト
YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。

NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』イントロダクション・キャスト情報

Introduction

「傷つきにやさしい社会」の実現を願う精神科医・安克昌氏が懸命に生きた証を綴る
被災者の“心のケア”のパイオニアとして奮闘しつづけた精神科医のヒューマンドラマ(オリジナル)

阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安克昌(あん・かつまさ)氏。手探りながらも多くの被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々。震災後の心のケアの実践に道筋をつけ、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となりました。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描きます。
主人公の精神科医・安和隆を柄本佑さんが演じ、妻役に尾野真千子さん、親友役に濱田岳さん、兄役にはNHKドラマ初出演となる森山直太朗さんが決定しました。阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年に、人の心に寄り添い、心の絆を繊細に描くヒューマンドラマをお届けします。

■Cast

柄本佑・尾野真千子・濱田岳・森山直太朗(NHKドラマ初出演)・趙珉和(ちょうたみやす)・浅香航大・上川周作 / 濱田マリ・平岩紙 / 石橋凌・キムラ緑子・近藤正臣 他

■NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』公式SNS

公式HPなど公表されましたら更新します。

NHK番組PRページ

NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』の期待どころを募ってみた

30代女性
25年前という節目の年に、阪神淡路大震災当時のことを忘れないためにも、心に寄り添うケアに奔走して、志半ばで亡くなられたお医者さんがいたということを知るためにも、大胆な構成でオリジナルドラマに仕上げた物語を、演技派俳優である柄本佑さんの主演で見られるのはものすごく良いと思いました。柄本佑さんのコメントから役と一緒に生きていくように演技される感じが伝わってきて、すごく楽しみです。脇を固める俳優さんたちも演技派の俳優さんばかりで上質なドラマが見られると期待しています。森山直太朗さんが初めてNHKのドラマに出演するということで、どのような演技をするのかは、ものすごく気になっています。
40代女性
柄本佑さん、尾野真千子さん、濱田岳さん、森山直太朗さんなどの錚々たるキャスティング、制作統括があの「カーネーション」の城谷厚司さん、音楽が「べっぴんさん」の世武裕子さん、チーフ演出が「まんぷく」などの安達もじりさんと、大好きな作品に関わった方の名前ばかりが並んでいるので発表された時から楽しみで仕方ないドラマです。阪神大震災、そして在日朝鮮人の実在した方をモデルにしているそうですが、あの震災を経験した人も、そうでない人にも、きっとズシリと心にのしかかりつつ、何かを残してくれる作品になると確信しています。
50代女性
阪神淡路大震災の被害に遭った人たちの心のケアを行う精神科医の男性が主人公のドラマのようです。この震災は居間から25年も前になりましたが、いまだに苦しんでいる人たちがいるのだと思います。主人公は早くに亡くなってしまったのが残念ですが、この男性から心を救われた人たちは大勢いるのだと思います。日本はこの震災の後も、大きな自然災害を繰り返してきています。なので、他の災害で被害に遭った人たちも共感できる内容のドラマだと思いました。このドラマを観ることで、何か良い方向へ動いていくきっかけになることを期待したいです。
50代男性
震災での被災者の「心のケア」のパイオニアである精神科医の奮闘ぶりのヒューマンドラマである点については、大いに期待をしたいと感じます。何故なら、阪神・淡路大震災以降にいくつも私たちは、自然災害の怖さとこれだけ技術先進国の日本でありながら、都心はゲリラ豪雨に弱い等、昭和時代や平成前半に比べると、今の時代に合ったケアが重要であると考えるからです。こういったドラマを通して、これから先、自分に災難が降りかかった時の対処法の参考になる様な部分が含まれていることを期待しています。主人公の精神科医は在日韓国人ながら、こういった行動を行ない日本におけるPTSD研究の先駆者となったが、志半ばでこの世を去ってしまいました。険しい道を共に歩んでくれた妻との「夫婦の絆」や「人と人との絆」ということにも注目をして、ドラマへ期待をしています。
20代女性
柄本佑さん、濱田岳さんいつも演技が上手いなと思っている俳優さん二人が出演されるので、必ず観ると思います。あらすじを読み、阪神淡路大震災からもう25年も経つのだなと感じました。ストーリーはシリアスな内容のようですが、温かい気持ちになれそうなドラマかなと思いました。出演される女優さんもキムラ緑子さんや平岩紙さん尾野真千子さんと好きな女優さんばかりで楽しみです。また、森山直太朗さんが主人公のお兄さん役で出演されるようですが、シンガーソングライターのイメージがあり、俳優さんのイメージがあまりないので、どんな演技をされるのか楽しみです。
20代男性
このドラマで気になっていることは、阪神大震災という大きな災害の時にどのように主人公である精神科医が被災者に寄り添ってきたのかという物事の核心に迫ることをどのように描かれ、被災者にどのような効果をもたらしたのかを是非体感できるのを楽しみにしています。
30代男性
森山直太朗さんの演技に期待します。森山さんはNHKドラマには初出演となります。そんな森山さんが主演の柄本さん始め尾野真千子さん、濱田岳さんら名俳優の中でどのような演技を見せてくれるのか楽しみであり期待しています。
40代女性
トラウマや適応障害が『名医』の元で簡単に治るかのような表現はして欲しくない。心の傷は本人が思っているより深い事もあるし、治ったように見えて何度もぶり返すことの方が多い。カウンセラーの前でベラベラ自分のトラウマを語ってスッキリして先生に感謝のお手紙が届くような陳腐な表現はしてほしくない。
20代女性
ここ最近自然災害も多い中での、被災者の心のケアに奔走した精神科医の話、こんな原作があった事も知りませんでした、凄く気になるドラマだなと感じました。演技力が高い柄本佑さんなので、かなりリアリティのあるドラマになりそうだなと感じます。
50代女性
主演がドラマの「いだてん」に出ている柄本佑さん、妻役にドラマの「この世界の片隅に」に出ていた尾野真千子さん、親友役にドラマの「ノーサイドゲーム」に出ていた濱田岳さんなど、豪華だと思いました。また、ドラマの「あなたの番です」に出ていた浅香航大さんやドラマの「監察医朝顔」に出ている平岩紙さんも出るということで楽しみです。
40代女性
もともと災害が多い国とはいえ、最近の大災害の頻発は日本に住む者として自然に対する畏れと、日常生活が激変する不安を感じます。このタイミングで、災害によって傷ついた人たちに寄り添うドラマを描こうとするのは、NHKにとっての大きな役割なのかもしれません。また、何かと問題が取りざたされているこの時期に、敢えて実在した在日韓国人をモデルとしたドラマを作るというのもNHKらしいといえるでしょう。柄本佑さんや濱田岳さん、森山直太朗さんなど、キャストはとても魅力的ですが、在日韓国人にはこんな素晴らしい人がいるとアピールする狙いが透けて見えます。
50代女性
主人公の精神科医が震災に遭った人たちの心のケアをしていくドラマなのだと思いました。この医師によって心を救われ、回復していった人も多かったと思います。しかし、同時にこの医師が若くに亡くなってしまうのがとても残念な気がしました。病は気からとも言いますが、人の気持ちに寄り添うことが出来ても、自らの気持ちを救うことが出来なかったのではないかと思うと、やりきれない気持ちがしました。この若き医師にもメンターとなる人物が必要だったのではないかと思いました。自然災害が多い日本は災害で受けた心の傷を抱えている人がたくさんいると思います。このドラマで少しでも前に向けるようであれば良いと思いました。
40代女性
大地震や災害などの後に出るPTSDという症状を研究し、精神科医・安克昌さんという方の半生を描いたドラマには期待しています。災害の後に続く心の苦しみというのはあまり大体的に報じられてこなかったのでそこにスポットが当てられるのは珍しいのでしっかり見届けたいと思いました。阪神淡路大震災で被災しながら被災者に寄り添ってきた安さん役を柄本佑さん、奥さん役には尾野真千子さん、安さんの親友役を濱田岳さんと出演者も個性豊かな俳優さんが揃っており少し先ですがとても楽しみです。また、歌手の森山直太朗さんも出演されるということも楽しみの一つです。
30代女性
阪神淡路大震災の発生から、25年になる年に放送されるドラマとしてはとても良いと思います。この数年、日本では地震のほかにも、さまざまな天災が発生していて、被災者と呼ばれる人も増えています。そんな中で、阪神淡路大震災の発生した当時にはあまり知られていなかった言葉である「PTSD」の研究をした医師が、心に傷を負った人たちに寄り添いながら、自身はがんになってしまうというストーリーは悲しすぎますが、あれだけの大きな災害の中では、おそらく似たような人もいたのではないかと思います。いつどんな災害におそわれるかわからない日本に生きていく者として、静かな気持ちでじっくり見たいドラマだなと思います。
30代女性
真面目に生きてきた主人公が、愛する人と出会い、精神科医として出来ることとは何かを模索しながら生きていく…という始めのあらすじだけですでにもう面白そうで感動出来そうな話しだと感じました。そして、阪神大震災の被災者に寄り添うという内容で、少し今の災害が多い毎年のことを思い少し重いテーマでもあるな、と思いました。頑張って日々奮闘する中39歳でのがん発覚。そこから主人公はどう生きていくのか、妻の葛藤や覚悟もすごく気になります。キャスティングも演技派の柄本裕さんに尾野真千子さんという事で泣かされそうだな、と覚悟してみます。
20代女性
心の傷を癒すということは、被災者の心のケアのために奮闘した精神科医のお話ということなので、学べることも感動することもたくさんありそうだなととても期待しています。しかも、この精神科医は、自らが被災しながらも他の人のために働き続けたということなので、それだけでものすごい人物だなと感じました。心の傷というのは身体の傷と違ってなかなか治せるものじゃないから厄介だけど、その痛みにどうやって寄り添っていくのかが気になります。また、その活躍を支えた妻との夫婦の愛情についても描かれるそうなので、心温まるストーリーになることを期待しています。
40代女性
被災した方の心のケアを行う精神科医が主人公だと言うことで胸を締め付けられる思いがします。阪神・淡路大震災は当時、衝撃を受けた大きな災害だったはずなのに、近年は大きな災害が多く起きてしまって少し慣れてきたような感覚もありました。でも、実際に被災した方は大変な思いをしているはずなので、このドラマを見て少しでも思いが理解できたら良いなと思っています。実際の人物を描いていることがより身近に感じられると思うし、25年目という節目の年っていうのが考えさせられますね。主役の柄本佑さんと妻役と尾野真千子さんは過去にも共演したことがあるので夫婦役もぴったりだなって思いました。悲劇的なシーンもあるだろうけど、心優しいドラマになってくれることを期待しています。
40代女性
“このドラマはじっくりと見たい物語のようですね。
阪神・淡路大震災という大きな自然災害で心にたくさんの傷を負った被災者たちと接するうちに、精神科医である安和は、被災者の心のケアとは治療ではなく、治癒力を回復させる手助けをすることなのだと気づいていくのですね。
確かに寄り添い話を聞くことも、私は一つの治療だと思います。
しかし安和は、被災者とともに同じ気持ちになって悲しむことで、心を落ち着かせるといったことも大事だけれど、そこから一歩踏み出すためには、被災者である本人が自力でなんとかしなくてはならないと考えるようですね。
その事を被災者たちの話を聞くうちに感じていくのでしょうね。
そして一歩踏み出させるために、治癒力を回復させるための手助けの仕方を編み出していくのかな?と予想しています。
精神科医・安和がどのように治癒力を回復させるための手助けの仕方を編み出していくのか知りたいので、是非ドラマを見たいと思いました。”
40代女性
期待することは、まだまだ誤解や偏見が多い精神科の医療をどんな風に表現してくれるのかに期待しています。柄本さんは真面目な役柄が多いイメージがあるので、医師という役柄はピッタリだなと感じています。自分も被災しながらも、被災者に寄り添わなければならない辛さや大変さや、自分のことを優先させてほしいと感じたときのご家族の気持ちなどをどのような感じで表現されるかにも、期待しています。災害に遭う悲惨さだけを描いただけのドラマで終わってほしくないので、被災して周りの人の力を借りて復興して元気に生活している姿まで見れたらいいなと思います。
40代男性
傷つきにやさしい社会の実現を願う精神科医の物語のようで主役が柄本佑でヒューマンドラマのようで楽しみです。柄本佑はドラマで何本か出てるの見ましたが、深みがある演技をするなと思っていました。かなりの演技派俳優だなと感じました。他のキャストも妻役に尾野真千子、親友役に濱田岳、兄役に森山直太朗という豪華メンバーなんで期待しています。尾野真千子、濱田岳は沢山のドラマに出演していますし演技の上手さも理解しています。森山直太朗がドラマに出ているイメージが全くないんで注目しています。何本かは出てるようですが見たことないんで今回は楽しみです。
30代女性
25年前という節目の年に、阪神淡路大震災当時のことを忘れないためにも、心に寄り添うケアに奔走して、志半ばで亡くなられたお医者さんがいたということを知るためにも、大胆な構成でオリジナルドラマに仕上げた物語を、演技派俳優である柄本佑さんの主演で見られるのはものすごく良いと思いました。柄本佑さんのコメントから役と一緒に生きていくように演技される感じが伝わってきて、すごく楽しみです。脇を固める俳優さんたちも演技派の俳優さんばかりで上質なドラマが見られると期待しています。森山直太朗さんが初めてNHKのドラマに出演するということで、どのような演技をするのかは、ものすごく気になっています。
50代男性
阪神・淡路大震災後、被災地の心のケアに活躍した精神科医の奮闘を基に描く、オリジナルドラマで期待しています。私の友達も、阪神・淡路大震災に巻き込まれた友達の家族がいて、大都市の直下型地震としては、関西は、地震が少ないと言われいた中で起きて、余り地震の訓練もしてない状態で起きて、心の準備がない状態だったので、備えが全く無い状態でした。そのため、地震後何で、自分だけ生き残ったのか、自分を責める人もいて、失望感で生きる気持ちも持てない状態から、どう希望を持たせて行けるのかが大切です。やはり、地震後が、いかに重要なのか知ってほしい番組です。忘れないで、伝え続ける必要がいかにあるか実感できる番組にしてほしいです。
30代女性
柄本佑さん主演ということで期待大のドラマです。演技の上手い尾野真千子さんが相手役なのも嬉しいです。阪神淡路大震災のPTSDがテーマの今の時代誰もがなり得るもの、心の傷のデリケートな部分をどう演技していくのか気になります。みなが人に頼れるばかりではない状況でドラマでこのテーマを主題にした話はとても励みになると思いました。
両親が日本人ではないということで ある種のハンデを背負ったような主人公が島国日本で、人間の深い部分である心の傷にどう向かっていくのかそこの視点も気になりました。
前作で「夫婦茶碗」妻役の尾野真千子さんの演技も良かったので今度の夫を支える役も観たいです。