金曜深夜ドラマ 「コタキ兄弟と四苦八苦」を見逃し動画無料フル視聴!

ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』動画

『コタキ兄弟と四苦八苦』動画視聴

テレ東ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』はParavi(パラビ)で配信されると思われます。

「Paravi」はお試し期間があるので、完全無料での視聴も可能です!
無料お試し期間は2週間。もちろん解約違約金なども発生しないので安心です。
登録も簡単!


  1. テレ東のドラマだけじゃない!Paraviではテレ東のドラマやバラエティだけではなく、TBSやWOWOWなどの作品、さらには映画も多数配信。
  2. 豊富な特典も盛りだくさん!無料期間が終了してもParaviチケットをプレゼントされるので、課金が必要な作品もお得に視聴できます。
  3. デバイス(視聴機器)は最大5台まで登録可能!動画をダウンロードできるので、Wi-Fi環境がない電車の中などでも視聴可能です。
まず、オフライン再生については可能だったので安心することができました。また、国内ドラマのラインナップに関してもしっかりと充実していたのでとても嬉しかったです。そして、ビジネス番組についても充実していたので良かったです。【30代男性】
凪のお暇を全話見たかったので、利用しました。ドラマはとてもおもしろかったので、放送回に追いつくまで一気に見ました。Google Chromeを介してパソコンではなくテレビにつないで見ることができ、テレビで視聴している感じで楽しくみれました。【40代女性】
TBSのドラマが大好きで今はグランメゾン東京を見ています。パラビ専門で本編とは別にサブストーリーのドラマが見れます。これがまた面白い。チョコチョコ本編の登場人物が出てきます。それ以外にも過去のドラマが見れてよい。大恋愛は大好きです。【40代男性】

ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル動画視聴

Paravi

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『コタキ兄弟と四苦八苦』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi ◎(見放題) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.04.09

<最終回・ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話>

2020年3月27日(金曜深夜24時頃)放送

TVer ネットもテレ東 GYAO!
公式 第12話あらすじ

織田と今川は和議を結ぶが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。自分の命がもう短いことを悟った信秀(高橋克典)は、信長(染谷将太)らを集めて織田家のこれからを話し合う会議を開く。そこで待っていたのは、重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村 了)に委ねるという言葉だった。失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶(川口春奈)は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。一方、美濃では、光秀(長谷川博己)が熙子(木村文乃)を妻に迎え、祝福ムードに包まれていた。

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話あらすじ

第12話 ネタバレはここをクリック
テレ東「コタキ兄弟と四苦八苦」第12話のネタバレあらすじとして、レンタル兄弟にミチルとのその後について、伝えたのである。ミチルは、受験には合格できました。しかし、さっちゃんとのことを両親に話したところ、そのことは、もう忘れなさいという結果であったのである。さっちゃんは、ミチルと一緒に住むことはできなかったのである。母の旅館を手伝うため、さっちゃんが喫茶シャバダバを辞めることになった。旅館で正社員で働くことを検討していたのである。突然の妹との別れに動揺を隠せないコタキ兄弟であった。一路と二路は、さっちゃんを自分たちの家に連れてくることにしたのである。妹ということで、3人は良い時間を過ごしたのである。
第12話 感想はここをクリック
30代男性
今回の話のオチが少し理解できませんでした。二路がすごいことに気がついたと言って、コタキ兄弟とさっちゃんの名前を紙に書くと一路と二路と五月になるので数字の三と四が無いのがおかしいと話すのですが、これは他にも兄弟がいるということを遠回しに言っているのでしょうか。それともさっちゃんは自分たちの妹ではなかったということでしょうか。少しモヤモヤしました。
40代女性
さっちゃんがコタキ家に来た時に、お兄ちゃんが欲しかったと言った時はドキッとしました。もうすでに目の前にいるわけですからすごく兄弟は複雑だったんでしょうね。その後、さっちゃんはレズの恋人と寄りを戻すために喫茶シャバダバを辞めてしまう展開には言い知れない寂しさがありました。最後のオチがさっちゃんの名前からコタキ一路と二路と五月で三と四がないことがおかしいことに気がつく展開には笑いました。
30代男性
今回で最終回だったので、すごく寂しい気持ちになりました。そこで物語は、さっちゃんをコタキ家に招いて一緒に闇鍋をする展開がすごくほのぼのとしてすごくいい雰囲気で最高の内容でした。やっぱりコタキ兄弟とさっちゃんの関係性がすごく良かったです。なかなか本当の妹だと言えないコタキ兄弟の姿がもどかしかったです。
40代女性
一路に、初のリピーターの依頼がきて良かったと思いました。リピーターの静子さんが、私文書偽造をやめて、協議離婚をしたのは、一路が言った言葉に共感したからだと思いました。依頼人の意向を無視して、説教してしまうこともある一路ですが、そんな一路のよさもあると思うので、これからリピーターが増えるといいなと思いました。再就職まで暫くは、レンタルおやじとして頑張ってほしいです。
50代女性
さっちゃんに、兄だと言えないコタキ兄弟でしたが、さっちゃんが古滝家に招待された時、ローマとお腹に書かれた、たぬきの置物をみつけて、コタキ兄弟と、幼い時に会っていたことに気づいて良かったと思いました。さっちゃんはコタキ兄弟のことを、兄のように慕っていると思うので、離れ離れになったとしても、古滝家にふらっと遊びにきてくれると思いました。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第11話>

2020年3月20日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第11話あらすじ

「十一、生苦」
レンタル兄弟おやじ、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)今回の依頼人は、なんとさっちゃん(芳根京子)が同棲していたという元彼女!復縁を迫りに来たミチル(北浦愛)だが、さっちゃんは突き放すような態度で「嫌い」と追い返してしまう。だが、そこには深い事情があったのだ…。ところが、一路は心無い言葉でさっちゃんを傷つけてしまう。一人じゃなくて二人の幸せ。二人の為に自分たちができることは何か。兄弟どうする!?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第11話あらすじ

第11話 ネタバレはここをクリック
レンタル兄弟おやじの二人が喫茶シャバダバで依頼人を待っていると、なんと、やって来たのはさっちゃんが昔同棲していたミチルだった。ミチルはずっとさっちゃんを探していて謝りたいことがあると。それは、二人が別れた理由がミチルの両親は娘がLGBTであることを認めたくなくてさっちゃんがその世界に引き込んだのだとキレられた結果二人は別れたのだ。しかし、さっちゃんはミチルを冷たくあしらうのだった。その後、一路と二路はさっちゃんに詳しい話を聞くとさっちゃんは別れたのは彼女の本意ではなくミチルの家庭のことを考えて敢えて別れを告げたのだと言う。彼女の話を聞いた一路はさっちゃんの気持ちも考えず余計なことを言ってさっちゃんを傷つけてしまった。もちろん悪気はないのだが。一路のLGBTへの理解不足が原因。その後、二路はひとりでミチルに会い話をして彼女の気持ちを確認する。一路はLGBTに関する本を読み理解を深めさっちゃんへ言ったことに後悔するのだった。そして、一路と二路はさっちゃんにLGBTである現実に誇りを持って生きろと言い試験を受けるミチルの元へ行くよう促すのだった。
第11話 感想はここをクリック
30代男性
コタキ兄弟のさっちゃんに兄弟と言わずに見守ろうとする姿が、素敵でした。二路はさっちゃんもミチルも幸せになるように考えて、ミチルの気もちをさっちゃんに伝え、一路は、必死で勉強してさっちゃんを理解しようとします。2人の今後はわかりませんが、コタキ兄弟のように理解し、祝福する人が増えるといいです。
40代女性
以前、レンタルおやじを依頼した「後藤」と会えなかった兄弟だったが、依頼者は喫茶シャバダバのオーナーのお爺ちゃんだった。今回、朝早くにさっちゃんを尋ねたから、お爺ちゃんが起きていた上にサングラスをかけて現れたから、やっとチラシの兄弟だと後藤さんが気付けた。こう言う所を回収してくれるから野木さんの脚本が好きなんだ。
30代男性
さっちゃんが、どうしてミチルと別れたのかが分かりました。レズビアンは、周囲からなかなか認められず2人の苦しんでいるのが良くわかりました。一路も初めは理解できませんでしたが、勉強して心の底からさっちゃんたちを理解し、「あなたたちらしく生きることを祝福する。」と言ってことが、とても素敵でした。
40代女性
父親のために、妹のためにとそれぞれの思いが交錯するいい機会だったんじゃないかと感じられる回で少し真剣な回にも思えましたが流れるBGMが微妙に合っていないような気がしました。父親は古き昭和を感じるような昔ながらの父でちょっと癖がありそうな雰囲気があってちょうどいい緊迫感みたいなものが垣間見れました。
50代女性
今回は二路が大活躍でした。一路は頭が固くて一路らしい同性愛を否定するアドバイスしかできず、ズレていたのが面白かったです。その後で本をたくさん読んで勉強し、恥ずかしくなって水を被るのも一路らしくて微笑ましかったです。さっちゃんの背中が押せて良かった。兄弟愛に溢れていてほっこりしました。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第10話>

2020年3月13日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第10話あらすじ

「十、老苦」
5年前、一路(古舘寛治)の元へ笹谷瑞樹(手塚理美)という女性が訪ねてきた。行方不明だったはずの父・零士(小林薫)の居場所を知らせにきたのだった。それから一路は度々零士のいる介護施設へ足を運んでいるという。父親らしいことを何一つしてくれず、浮気性で母を泣かせきりだったクズ親父に対して複雑な思いを隠せない二路(滝藤賢一)だったが、一路の誘いで父との再会を果たすことに…。兄と弟、そして父。内に秘めた思いが遂に語られる。

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第10話あらすじ

第10話 ネタバレはここをクリック
兄・一路は、5年前に家を訪ねてきた初老の女性・瑞樹について弟・二路に語り始める。瑞樹はコタキ兄弟の実父・零士とかつて同棲していた女性だった。零士はその後長年行方不明になっていたが、ある時警察に保護され、現在は千葉の施設で暮らしているという。零士との間には五月という娘がいて、その娘こそ、喫茶店シャバダバの看板ウエイトレスであるさっちゃんなのだという。一路は、さっちゃんに対して自分が兄だと名乗り出るつもりは全くないが、見守りたいという強い思いがあり、喫茶店に通っていたのだと言う。二路は、さっちゃんが腹違いの妹だということに衝撃を受ける。兄弟はその後、零士が世話になっている施設を訪ねるが、認知症が進んでおり、零士は辻褄があわない言動を繰り返すばかり。二路は、捨てられて悲嘆に暮れたまま他界した母の恨みを零士にぶつけるが、零士からの反応は虚しい。そして兄弟はさっちゃんに異母妹である事実を隠そうと心に決めたのだった。
第10話 感想はここをクリック
30代男性
最初から見ていた物語の意味が全然変わってしまう凄さ。今回はドラマに見入っていたら、いきなりエンディングテーマが流れてきたと思ったくらい、あっと言う間に一話が終わっちゃった。良いドラマは時間感覚がおかしくなっちゃう。
40代女性
これは神回だった。物語の展開も然り、役者陣の演技の素晴らしさ然り。最初から最後まで隅から隅まで、ずっしりびっしり。労苦。家族とのあり方を考えさせられるドラマだなと感じるし、これまでの話を振り返るとよりその思いが増す。
30代男性
1話から面白かったけど、終盤になって人間の深いところに連れていかれたなって感じることが多くて、逃げ恥と同じ、さすが同じ野木亜希子脚本。あんなゆるいオープニングとのギャップも今となっては「やられた!」って思う。
40代女性
確かにさっちゃんのお父さんは「船乗り」と言ってましたね。でも愛人の子だから中々会えないから「船乗り」って良い言い訳ですね。一路も二路も本妻の子なのに自由な父親で苦労していたんですね(特に一路)。でも一路が老人ホームに通っていたとは驚きました。
50代女性
ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」第10話の感想として、レンタルおやじである一路と二路が、おやじはボケていたとはいえ、おやじに会うことができたことは、とても良かったと思いました。一路がお父さんにひどいことを言われていたことについては、辛く感じられました。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第9話>

2020年3月06日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第9話あらすじ

「九、増上慢苦」
夫の様子がおかしいので調べてほしい…レンタル兄弟おやじの一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)は依頼人の夫が足繁く通う、年収650万のカリスマレンタルおじさま・ボブ(吉沢悠)が開催するセミナーを潜入捜査することに。大盛況で終わったセミナーだが、参加費で荒稼ぎするやり方が気に食わない兄弟は真のレンタルおやじセミナーを開催することに!ボブVS兄弟おやじ!一触即発のセミナーバトルの結末は!?更に、弟が見つけた兄の最大の秘密とは?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第9話あらすじ

第9話 ネタバレはここをクリック
コタキ兄弟のところへ、レンタルおやじの依頼者がやってきた。依頼者は夫が最近、ボブというレンタルおじさまのセミナーに通っていることに困っていたようだ。どうやらそのボブという人物に洗脳されているらしい。コタキ兄弟はそのセミナーに参加をして、潜入調査を行なった。明らかにセミナーでぼろ儲けをしていて、参加しているおやじたちは騙されているようだ。そこで、彼らは参加者の目を覚ますために、自分たちもセミナーを始めた。すると、予想以上に収入が増え、コタキ兄弟はぼろ儲けにハマっていった。しかし、その様子を知ったムラタはこれ以上続けたら登録解除すると言ってきた。その話を裏で聞いていたのはボブだった。ボブはコタキ兄弟にムラタとの関係を話し始めた。
第9話 感想はここをクリック
30代男性
前回、さっちゃんが子どものころ、コタキ兄弟の家に迷って来たことがあるとわかりましたが、まさか、兄弟の妹だったとは、衝撃でした。2人の父のことは、今まであまり触れられて来なかったので、次に明らかになるようです。今回の依頼は、レンタルおじさまのセミナーを探ることでした。初めは怪しい人と思われたボブでしたが、しおれたおじさんたちを元気にしたいという思いを持ってやっていることが分かりました。さらに、コタキ兄弟の欠点も見つけ、アドバイスまでして、いい人でした。レンタルおやじの元締めのムラタが信念をもって、健全なレンタルおやじを経営していることもわかりました。コタキ兄弟は今回は悪乗りしてしまったので、健全なおやじにもどって仕事を頑張ってもらいたいです。
40代女性
「こちらが止めたら、あちらが不等に儲かるだけです」と言った一路に対して「あちらはあちら。パイは1つではないです」と言ったムラタ。このパイはどのパイを例えていたのだろうか。俺はアップルパイが好きだけど、あいつらはチョコパイが好き。二路が例えたその意味なのだろうか。
30代男性
時給1000円の一路と二路のレンタル兄弟オヤジに対して、年収が650万円という高額なレンタルおじさまのボブという収益の激しい落差にはビックリ、セミナーでのボブはスーパースター扱いなのが可笑しく、参加者のほとんどがボブの父親世代なのがまた可笑しく、足拭きマット理論のわかるようでわからない話に乗せられ、参加者と一緒に興奮する古滝兄弟に爆笑した。
40代女性
「レンタルおじさま」と対抗してセミナーみたいなことをやる「レンタルおやじ達」。セミナー代を1時間1000円取ってボブと客を取り合う所が面白かったです。たまたま三河屋にもらったワカメが役に立ちましたね。でもボブって昔「レンタルおやじ」をやっていて小滝兄弟よりも1枚上手でした(笑)
50代女性
「レンタルおやじ」ならぬ「レンタルおじさま」(笑)ってとっても怪しいですね。セミナーまで開催していて「年収650万円!レンタルおじさまの伝道師・ボブがやってくる」っていかにも胡散臭い~。小滝兄弟も潜り込んだらやっぱり洗脳っぽかったですね。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第8話>

2020年2月28日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第8話あらすじ

「八、五蘊盛苦」
ある朝、レンタル兄弟おやじ一路(古舘寛治)が自宅で目を覚ますと事件発生!なんと一路と二路(滝藤賢一)が入れ替わってる!?外見はそのままに中身だけが入れ替わり、真面目な一路が混乱する一方、能天気な二路は入れ替わりを楽しんでいた。兄弟は喫茶シャバダバの看板娘・さっちゃん(芳根京子)と一緒に原因を探すが、さっちゃんも巻き込む大騒動に!?入れ替わりの秘訣は“増えるワカメ”!?徐々に明らかになるさっちゃんの過去とは?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第8話あらすじ

第8話 ネタバレはここをクリック
喫茶シャバダバではオーナーが三河屋に騙されて、乾燥ワカメを大量に購入してしまった。そこで、さっちゃんの提案でワカメフェアを行うことになった。あらゆるメニューにワカメが入っているが、決して美味しいとは言えない味だ。さっちゃんが父親が船乗りだったが、海の事故で彼女が幼少期に亡くなってしまった。喫茶シャバダバは彼女のお父さんが帰国した時に、よく来ていたお店だった。彼女はそれまで恋人と同棲をしていたが、別れてしまい、その後にこのお店にやってきた。その話をコタキ兄弟にすると、一路はかなり動揺していた。そして、さっちゃんお元同棲相手のことをいろいろと聞き出した。さっちゃんは自分がもし男だったら、三河屋にあんなことをされずに済むのにと言った。 
第8話 感想はここをクリック
30代男性
入れ替わってる時の演技がさすがだと思いました。一路さんの身体の二路さんも、二路さんの身体の一路さんもわかりやすくて面白かったです。さっちゃんと3人で入れ替わった時はもう頭の中がぐちゃぐちゃになってしまいましたが、とんでもない展開に笑ってしまいました。
40代女性
わかめフェアをやった理由が三河屋が増えるワカメを大量に押し売りしたからだというのに納得しました。2万分の増えるワカメなんて、かなりの量だしめちゃくちゃ悪質だと思います。さっちゃんが阻止するのに失敗してクソ!と言ってしまう気持ちがわかりました。
30代男性
こだわりすぎると余計に苦しくなるということだろう。さっちゃんが三河屋に乾物ワカメを詐欺まがいな感じで大量に買わされたことをきっかけに自分が男だったらこんなことにならなかったと思い始めたのだが、夢の中で一路の身体に代わってもどうも上手くいかないし、二路の身体になっても思うようにならない。何事も肩の力を抜いて生きた方が結局は良いという教えなのだろう。
40代女性
さっちゃんの恋人との同棲生活の過去を話の流れから知ってしまった、さっちゃんに想いを寄せる中年オヤジの一路がショックのあまりに、相手の男の素性を知りたがる行動はまるで父親のように見えてしまうのが可笑しく、一路の儚い恋だなとつくづく思う。
50代女性
3人で入れ替わって、この先どうなるんだろうと思っていたら、結局さっちゃんの夢だったんですね(でもワカメは本当でしたが)。ムラタさんの言った「苦しみから逃れる方法・あなたがあなたを認識したからあなたなんです」は「そのままでいい」って事かな、と受け取りました。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第7話>

2020年2月21日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第7話あらすじ

「七、病苦」
レンタル兄弟おやじ一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)、新たな依頼は「音信不通の女性の安否確認」。兄弟が家を訪ねるも、一向に返事がない。動く電気メーター、ポストには大量の郵便物…孤独死が一路の脳裏をよぎるが、開いていた扉を開けるとそこは足の踏み場もないごみ屋敷!ますます孤独死の恐れが高まる中、怖々ごみ屋敷を進み兄弟が見つけたのは“女の手”!?ごみに埋もれていた神野あかり(門脇麦)は何やら面倒くさい病の女で…?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第7話あらすじ

第7話 ネタバレはここをクリック
コタキ兄弟は依頼者から友人の生存確認をしてほしいと頼まれた。そこで、コタキ兄弟はその人が住んでいる部屋へやってきたが、そこはゴミが山積みになっている状態だった。住人はゴミに埋もれて眠っていた。そこの住人である若い情勢は何もしたくない、面倒くさい病にかかっていた。さらに彼女に影響を受けて、コタキ兄弟もそこで一緒に眠ってしまう。その後、彼女の臭いで目が覚めたコタキ兄弟は彼女を浴室へ連れていった。その間に彼らは部屋の掃除をした。依頼者は彼女の同郷の異性で、こちらに向かっていた。お風呂から上がった彼女は急に明るくなっていて、元の彼女に戻ったようだ。彼女の友人がやってきて、二人は外に出した大量のごみを再び部屋に入れ直した。
第7話 感想はここをクリック
30代男性
今回の依頼は、実際にありそうな、連絡が取れなくなった元看護の神野の安否確認です。2人は、死んでいるのではと心配しながら行きますが、神野はゴミの中で寝ていました。なぜ、このようになったのか、理由がありました。それは、とても忙しく余裕がないところに、さらにストレスになる出来事があり、みんながイライラしていき、神野がついに全てを投げ出してしまったのです。これも実際にありそうです。神野に幸いしたのは、心配してくれる友人がいたことと、コタキ兄弟が話を聞いて、同感してくれたことです。本当に、コタキ兄弟は、人の話をきちんと受けとめてくれます。それだけ、苦労もしていると言うことですが。最後は友人がかけつけ、解決しそうで良かったですが、一路が最後い言った言葉「孤独は人を死に至らしめる」は心に響きました。
40代女性
面白かったのが、あかりが話した「憂鬱な気持ちの感染」が段々と二路や一路にも移ってしまった事です。「何もしたくない」なんてまさにセルフネグレクト!「植物になりたい」と、3人でひたすらボーッとしてきた時はヤバいな、と思いました。
30代男性
あの女性は再びゴミを部屋に入れ直していました。後からやってきた同郷の異性の友人も一緒にその作業をしていました。二人がその後どうなったのかはコタキ兄弟が知るところではないですが、少なくとも彼女が無事だったのは良かったです。
40代女性
負の精神状態って伝染しますよね。いつも能天気な二路の方が先に移されたのは意外でした。すんでのところでコタキ兄弟が正気を取り戻して良かったです。そして、生きる気力を取り戻すのに恋心ほど強力なものはないと思います。あかりさんもきっとこの後は大丈夫でしょう。
50代女性
あかりが寝ている間にシャワーを掛けて、部屋を掃除してあげて・・。お風呂から出てきたあかりが別人の様に明るくなってる!さらに依頼人の中村が彼女と別れてあかりに会いに来て、何を言うかと思ったら「ゴミだらけでも好き」と!ありえない展開に驚きでした!なんて良い小滝兄弟!

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第6話>

2020年2月14日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第6話あらすじ

「六、世間縛苦」
レンタル兄弟おやじ、初めてのソロ活動!二路(滝藤賢一)はタワーマンションで開催されるホームパーティのゲストとしてレンタルされることに。ワインやごちそう、セレブたちからのもてなしに浮かれる二路だったが天国も束の間、そこへ現れたのは、離婚を言い渡された別居中の妻・有花(中村優子)だった!一方、一路(古舘寛治)の元に現れた依頼人・ハナ(川島鈴遥)は、高校生の女の子!子供が苦手な一路は接し方に戸惑うが…?ソロ活動は地獄絵図!兄弟おやじ、修羅場の結末は!?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第6話あらすじ

第6話 ネタバレはここをクリック
レンタル兄弟の二路が、タワーマンションで開催されるホームパーティのゲストとしてレンタルされることになった。パーティーでワインなどを飲み、幸せそうにしている中、離婚を言い渡された妻の有花に会ってしまうのである。パーティーで有花は、旦那のことについて、悪く言ってしまうのだが、二路は、奥様をほめており尊敬していたのである。二路自身が社会不適合者で職を転々としてしまって、家族に迷惑をかけていることを認めていたのである。また、娘の笑顔、家族の幸せについて語ることで、奥様に理解を得て頂くことができたのである。ニ路は、人生について考えていたところ、一路は二路に婚活について相談していたのである。
第6話 感想はここをクリック
30代男性
さっちゃんから「例の7万円」を返金された一路。レジを開ける度に、お金が増えていておかしいなと思っていたけれど、まさかお兄さんが足していたとは思わなかったと。そりゃそうだよ、さっちゃん。と思わず頷いた。
40代女性
「魔が差したのでは無くて良かった」と言う一路に「魔が差したら地獄に行くんですかね」と唐突に問い掛けたさっちゃん。彼女がそう言ったのは、ムラタから「地獄と極楽がわかる本」を貸して貰っていたからだ。「どんな本貸してんだよムラタさん」と、思わず心の中で突っ込んだ。
30代男性
レンタルおやじとして行った場所にジロウの妻であるユカがやってきた時にはかなりの気まずさでしたね。ああいう空気には絶対に耐えられません。どうして、変な空気が流れてしまうのかわかりませんがジロウは絶対に話しずらかったことでしょう。
40代女性
まさかハナがジロウの娘だったなんて思いもしませんでした。でもイチロウはジロウの娘にあったことなかったのでしょうか。完全に初対面の感じで話していましたから少し違和感でした。でもオチとしてはすごくインパクトがありました。
50代女性
ジロウが行ったタワーマンションの成金たちがとても嫌いです。あの余裕のある感じでジロウを見下して話しかけてくる姿がすごく嫌でした。なのでジロウが最後にそいつらを黙らせたことが嬉しかったです。もう絶対に関わって欲しくありません。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第5話>

2020年2月07日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第5話あらすじ

「五、愚慮弄苦」
無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)は喫茶シャバダバで依頼人・後藤を待っていたが一向に現れない。そんな中、一路はさっちゃん(芳根京子)がレジから3万円を盗む瞬間を目撃してしまう!混乱する一路がさっちゃんを改心させる為にとった“ある行動”が、今度は二路を混乱させて…。疑惑が疑惑を呼ぶ心理戦の行く末は!?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第5話あらすじ

第5話 ネタバレはここをクリック
喫茶シャバダバの常連客が喫茶店のオ-ナ-で、さっちやんはアルバイトであったことを知るコタキ兄弟だった。さっちやんがレジからお金を盗む姿を一路は見てしまい、二路におかしな発言をして注意をそらすが、オーナは3万円ないことに気づく。そんな状況から一路は銀行に走り、二路は一路がお金を盗んだと疑惑の目を向ける。一路は喫茶店に戻り、わざとコ-ヒ-カップを割りその隙にレジに3万円のお金を補充し満足気味、二路は一路の行動から二度もお金を盗んだと勘違いする。さっちゃんもお金が増えたことを不思議に思うがポケットにお金を入れ、一路は再び見てしまい二路は一路の財布からお金を盗みレジにお金を入れる。その後さっちやんはジャバダの通帳に入金、一路はオーナ-からお金は盗まれてないと知り、全財産をつぎ込んだことに後悔する。
第5話 感想はここをクリック
30代男性
一路が店を散らかしていたのがとても面白くてよかったです。一路が全然貯金がなかったのがとても可哀想でした。一路が割った物のお金を弁償していたのがビックリしました。一路がお金をレジに戻していたのがすごいと思います。
40代女性
さっちゃんがレジのお金をポケットに入れていたのがビックリしました。一路が銀行にお金を降ろしに行ったのがビックリしました。一路が警備員に止められていたのが笑えてよかったです。二路が一路がお金を取ったと思っていたのが笑えてよかったです。
30代男性
前回、一路が二路の奥さんとお店でご飯を食べている所を二路が目撃していたので(滝藤さんの凄い顔が忘れられません)今回はどうなるのかな、と思っていました。やっぱり今回は険悪な雰囲気での始まり方でしたね。いくら兄弟とは言え(二路は奥さんに追い出された身なので)一路と一緒にいたら嫌ですよね。しかも奥さんは一路が好きそうで・・。三角関係になってしまうんでしょうか?
40代女性
さっちゃんの登場と店主が面白かったです。さっちゃんの行動から一路、二路がそれぞれ一人で苦悩しまくっていて事態がどんどん変わっていって面白かったです。一路が一人財産を失ってしまっていました。来週も楽しみにしてます。
50代女性
一路がトイレットペーパーが無くて怒っていたのがとても面白くてよかったです。二路が六花に優しいのがとてもビックリしました。兄弟おやじの貼り紙があったのがとても笑えてよかったです。さっちゃんがハッキリと言う性格が笑えてよかったです。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第4話>

2020年1月31日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第4話あらすじ

「四、死苦」
無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)にまたもや「レンタルおやじ」の依頼が!今回の依頼は少し長期になるからと、依頼人・島須弥子(樋口可南子)との面談から始まったのだが、須弥子は「あと3か月したら世界が終わる」と言い出す。兄弟にあれこれ買い物を頼むなどまるで奴隷のように扱う須弥子に一路は不信感を抱くが、二路は「その分大金を稼げる」と大喜び。謎が多い須弥子の本当の依頼とは…?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第4話あらすじ

第4話 ネタバレはここをクリック
さっちゃんの喫茶店で、依頼主からの面談を受ける一路とニ路。彼女の名前は島須弥子と言い「特に取り柄も無く、ひとりひとりでは対応力に不安がある為に、セットでの登録になった」とムラタから聞いた為に「レンタル兄弟おやじ」を依頼したのだと言う。契約は週2回・月曜と金曜を3ヶ月間。3ヶ月後に何かあるの?との問いに「死ぬのよ。世界が終わるの」と真面目な顔で答える。契約が始まるが、カーディガン探しから始まり、世界の終わりが来るからと買い物三昧で2人を連れ回した。しかし、次の行き先はホスピスだった。彼女が終わると言ったのは、自分の世界であり、余命が3ヶ月だったのだ。この1か月で全てを整理したと言い、家族も居ないし友人には悪態をつきたくないから、どうでもいい2人を雇ったのだと告げる。彼女の望みは綺麗に逝く事だった。だから、最後は2人には会わずに逝ってしまった。
第4話 感想はここをクリック
30代男性
4話は死にまつわる話で、悲しい結末でしたが考えさせられるものがありました。依頼者の島須弥子は「あと3ヶ月したら世界が終わるから」という理由でコタキ兄弟をレンタルし気ままに使っていましたが、実は病気で余命3ヶ月という事が分かり最後は兄弟とも連絡を取らず亡くなりました。兄弟に誰にも言っていない秘密を話して仲良くなったのに、お別れもしないまま死んでしまったのは、すごく寂しいなと思いました。
40代女性
不覚にもコタキ兄弟で泣いてしまいました。今回ばかりはコタキ兄弟のレンタルが大正解だったんじゃないでしょうか。呼ばれたわけでもないのに「ナニナニブラザーズの世界の終わりを語るナイト」なんて時間外サービスをして、ちょっとズレてるけど優しさが心に沁みました。今までで一番感動した回でした。
30代男性
レンタルおやじを経営している代表のムラタが今回の依頼人である島須に古滝兄弟を紹介した内容が、古滝兄弟は何の取り柄もなくて1人では対応力が皆無なためにセット提供になるとの酷評を話していたのが可笑しくこういう所に本音が出る。
40代女性
「レンタルおやじ」の依頼者、島須弥子は病気があったんですね。「世界が終わる」=「自分の寿命が終わる」でした。3人でホスピス(?)で過ごしている姿が楽しそうでいいな、って思っていまいました。急に1か月後に亡くなったのが結構ショックでした。でも亡くなる前にちゃんと「イチロウとジロウ」と名前を呼んでましたね。
50代女性
相変わらずオープニングのダンスが格好いいですね。今回の依頼者の須弥子が「世界が終わるから」と、買い物三昧で兄弟を奴隷の様に扱っていて「嫌な感じ」でした。一路が影響を受けてネットで「世紀末」の事を調べまくっていたのがヤバい、と思いました(笑)

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第3話>

2020年1月24日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第3話あらすじ

「三、曠夫受苦」
無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)が始めたレンタル兄弟おやじに、ムラタ(宮藤官九郎)から新たなお仕事が。今回の依頼は、男子大学生からの恋愛相談!坂井君(望月歩)は、女性との初デートの場所に悩んでいた…A案は「水族館」、B案は「耳をすませば」!?迷える若者のため張り切る兄弟のアドバイスだが、モテない兄とモテる弟で意見は真っ二つ。さっちゃん(芳根京子)も巻き込む大騒動に?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第3話あらすじ

第3話 ネタバレはここをクリック
一路が、いつものように喫茶店に行きさっちゃんと話をしていると、二路が横から絡んででくる。彼は、一路と妻が隠れて食事をしているのを知って苛立ちが抑えらずにいた。そこにムラタからのレンタルおやじの依頼が来る。喫茶店で待っていると現れたのはサカイという大学生の男だった。依頼内容は恋愛相談で、初デートに行く場所をどこにするのか意見を聞きたいらしい。相手から2つの場所が提案され、1つ目は水族館2つ目は自宅でのDVD鑑賞というものだ。小滝兄弟の意見は分かれ、プレゼンをすることになった。それでも意見がまとまらず、一路がモテるかどうかとかモテない奴はダメとか兄弟ケンカに発展していく。最後はさっちゃんが、兄弟はモテようがモテまいが人生上手くいってないから真面目に取り合うなとサカイを諭す。彼は、さっちゃんに礼を言い喫茶店を出ていった。ケンカは収まったが、二路の頭には疑問が残っていた。二路は兄に妻と会っている理由を聞くが、妻に聞けと教えてくれない。妻に会いに行き理由を聞くと、娘の留学費用を兄から借金していたらしい。返済のために毎月あっていて、彼女に一路のような人と結婚すればよかったと言われてしまう。
第3話 感想はここをクリック
30代男性
坂井君が相談に持ってきた「A案・水族館」を一路が良いと言い、「B案・耳をすませばを家で見る」を二路が選んで、それぞれのプレゼン。その時にさっちゃんが「エアオビ」と言ったのが可愛かったですね(AorB)。結局坂井君は一路の様に「一人で生きます!」と言ってましたが・坂井君、それでいいの?です。あと個人的に、いつも喫茶店にいるおじいちゃんが気になります。
40代女性
レンタルおやじのお仕事は「恋の相談」でした。モテない一路とモテる二路で元々考えが違うのに、今回は険悪な雰囲気の中『A案・水族館』『B案・耳をすませばを見る』で大喧嘩になってしまいましたねぇ。でもさっちゃんが上手く坂井君にフォローして何とか喧嘩は収まりましたが・・二路を「エターナル無職」には笑ってしまいました(笑)
30代男性
前回、一路が二路の奥さんとお店でご飯を食べている所を二路が目撃していたので(滝藤さんの凄い顔が忘れられません)今回はどうなるのかな、と思っていました。やっぱり今回は険悪な雰囲気での始まり方でしたね。いくら兄弟とは言え(二路は奥さんに追い出された身なので)一路と一緒にいたら嫌ですよね。しかも奥さんは一路が好きそうで・・。三角関係になってしまうんでしょうか?
40代女性
今回、ムラタさんが持ってきた「レンタルおやじ」のお仕事は恋の相談で、依頼者は大学生の坂井君でした。でも普通「恋の相談」って見ず知らずの(しかもお金を払って)おじさんにする?って思いました。が、坂井君の「知らない人の方が話しやすい」に「そうかも」と納得です。ただ選択肢が2択しかないなら自分で決めても良さそうな気がしましたね。
50代女性
一路が二路を勘当した理由がドラマの中で明らかになりましたが、「一路の好物を二路が勝手に食べたこと」とわかり、そのような理由だけで勘当してしまうストーリーに少し衝撃を受けました。勘当しても常に2人1組のような感じで行動を共にしていますが、この先兄弟関係が修復するタイミングが訪れるのか待ち遠しいです。2人が通う喫茶店のさっちゃんがポイントと感じています。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第2話>

2020年1月17日(金曜深夜24時頃)放送

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第2話あらすじ

「二、求不得苦」
無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)にムラタ(宮藤官九郎)からきた「レンタルおやじ」の新たな依頼は…親戚のフリをして結婚式に参列すること!ただで飲み食いできる上にお金がもらえると弟が浮かれる一方、兄は偽って親戚をレンタルする新郎を怪しんでいた。しかも、新婦・手毬(岸井ゆきの)のお腹には新しい命が宿っており…疑惑だらけの結婚式。新郎から手毬と赤ちゃんを救うため、ダメ兄弟が立ち上がる!

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第2話あらすじ

第2話 ネタバレはここをクリック

さっちゃんの喫茶店に入り浸る一路と二路兄弟は、ムラタから日曜日に、お酒と食事も出来て1時間1000円で3時間の結婚式列席のレンタルおやじを依頼される。当日二人は礼装して会場に向かい、レンタルおやじの設定は新郎の親族とムラタからの連絡で知る。テーブルに着いた二人は親族を装い、新郎と新婦・手毬の姿を見ると妊婦姿であった。食事とお酒を堪能した二人は、新郎と手毬の側に行きお酒を注ぎに行く。一路は新郎にレンタルされたことを囁き説教が始まり、レンタルしたのは手毬で本物は手毬の両親と親族で、周りは全てレンタルであった。手毬はどうしても子供が生みたくて、相手は式場を予約して逃げられ、沖縄に住む親を安心させたかった。二路は離婚届を渡した妻に連絡を取るが会うのは断られ、一路と一緒の姿を見てしまう。

第2話 感想はここをクリック
30代男性
喫茶シャバダバのさっちゃんはいつのまにかコタキ兄弟と親しくなっている感じで、あの喫茶店で3人が話している空間はとてもいい雰囲気で大好きです。レンタルおやじの仕事も、あの喫茶店を拠点に活動していくのでしょうね。これからの展開がすごく楽しみです。
40代女性
新婦がお腹の子の相手に逃げられてしまい、レンタルを頼んでいて「こんな事もあるのか」と思いました。ですがご両親が喜んでいましたし、他のレンタルさんの「正論だけで幸せになれるなら私達は要らない」のセリフに、現実でもあるかもしれない、と感じてしまいましたね。
30代男性
新郎の親戚のフリして結婚式に参加しますが、兄が再び嘘をつくのはやめろと言ってしまい、レンタル親父の仕事を否定する展開が面白く、それによって巻き起こるドタバタ劇にはまってしまいました。そして、芳根京子がやっぱり可愛かったです。
40代女性
結婚式で『新郎の親戚役』でレンタルされた一路と二路ですが・・・まさか新郎も、そして新郎側すべてがレンタルされていたとは!新郎なんてプロの役者だし!一路と一緒に私まで驚いてしまいました。新婦が頼んでいたんですねぇ、ビックリしました。
50代女性
コタキ兄弟がレンタルおやじで出席した結婚式の新婦の生き方にジーンときました。今度は一路も応援するような言葉をかけてあげられて良かったです。そして最後のシーンで二路の奥さんと一路の仲の良さそうな様子にびっくり!このドラマではてっきり男女の話は無いと思ってました。この先、面白くなりそうです。

<ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第1話>

2020年1月10日(金曜深夜24時頃)放送予定

TVerとネットもテレ東とGYAO!は終了しました。

公式 第1話あらすじ

「一、怨憎会苦」
元予備校講師の兄・一路(古舘寛治)は、現在無職で独身。喫茶シャバダバの看板娘・さっちゃん(芳根京子)が気になる様子。そんなある日、8年前に勘当したはずの弟・二路(滝藤賢一)が家に転がりこんで来るが、来る途中に事故を起こしたという!慌てて現場に向かうと、倒れていたムラタという男(宮藤官九郎)に“レンタルおやじ”の代理を頼まれる…待ち受けていた美人依頼主(市川実日子)を見て絶句。その理由は…!?

出典:ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第1話あらすじ

第1話 ネタバレはここをクリック

現在無職の古滝一路は、喫茶シャバダバの店員のさっちゃんがお気に入りで話しかけようとするが中々上手くいかず、家に戻り喫茶店でのことを日記につけるのが楽しみの様子。ふと押し入れを開けると8年前に勘当した弟の二路が靴を持って隠れていたのだが見なかったふりをして戸を閉めたのだった。二路を問い詰めると家に来る前に事故を起こして逃げてきたとの事、慌てて現場に駆けつけると被害者の村田から代わりにレンタル親父として依頼者の話を聞いて欲しいと頼まれたのである。待ち合わせ場所にいた依頼者の顔を見て逃げる二路、たまらず駆け寄る一路が見た依頼者の顔はなんと血だらけだった。事情を聞くため喫茶シャバダバに入る3人。依頼者は夫と離婚したいらしくレンタル親父に保証人になって欲しく依頼してきたのだった。しかし、一路は夫のサインも偽造したものと見抜き罪に問われるからとかたくなに断るのだが、見かねた二路が代わりにサインしたのだった。これで離婚できると店を出て行く依頼者。ところが、二路も妻の有花に顔も見たくないと離婚届を突きつけられおり、呆れる一路だった。

第1話 感想はここをクリック
30代女性
コタキ兄弟の兄のほうは石橋を叩いても渡らないほどの、慎重すぎる性格のように見えました。元予備校講師ということもあり、知識はかなりあるようですが、融通が利かない感じがします。一方、弟は真逆の性格のようで、足して二で割ったらちょうど良いかもしれないと思いました。
40代女性
レンタルおやじ業が時給1000円で行うのは、安すぎるのではないかと思いました。特に今回は見ず知らずの人の離婚の保証人という仕事でした。顔半分が血だらけの女性には驚きましたが、事情を聞いて納得したからこそ、弟の方が保証人欄に名前を書いたのだと思いました。
50代女性
古舘寛治さんが真面目なお兄さん、滝藤賢一さんはちゃらんぽらんな弟と言う感じで、衣装や態度なども、そのままで、面白いドラマでした。
市川実和子さんはアンナチュラルというドラマでも存在感があり、ステキな女優さんだと思いましたが、このドラマでも、迫真の演技だと感じました。
40代女性
無職なのに1日のすべてがルーティーンによって縛られている一路と、事故が起こったのに何も確認せずに実家に帰れる二路の、対照的な性格がよくわかる話でした。そして、血を流したままの市川さんの登場は、かなりインパクトがありドラマへの期待が膨らみました。いよいよ次回からは、本格的にレンタルおやじを始めるようなので楽しみです。
50代女性
中年男性兄弟を中心に、ゆるーく進行していくドラマです。はっきり言って、最初はどんなドラマなのか分かりませんでした。ひょんなことからレンタルおやじの仕事に関わり、血みどろの依頼者から離婚届の保証人欄に署名を迫られるという、ちょっと怖い内容でした。でも古滝兄弟のやり取りと、喫茶店店員芳根京子さんの絡みが、とても面白かったです。なにより芳根京子さんがかわいいです。

ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』について

公式HP 公式Twitter
Introduction

兄・一路(いちろう)(古舘寛治)は、予備校の英語講師だったが、現在は無職でつつましい暮らしをしている。楽しみと言えば喫茶・シャバダバに通うこと。可愛いアルバイト店員のさっちゃんに、話しかけようと試みるが、いつもうまく行かず空振りに終わっている。そんなある日、兄の家に、突然転がり込んできた弟・二路(じろう)(滝藤賢一)。兄弟の再会は8年ぶりで、兄が弟に勘当を言い渡して以来のことだ。突然の来訪をいぶかる兄だが、弟が来る直前に事故を起こしていたことを知り、慌てて現場へ向かう。そこで出会った被害者の男・ムラタから、自分の代わりに待ち合わせ場所へ行ってほしいと頼まれる。待ち合わせ場所に現れた女を見て、兄弟は絶句する。その女は…!?

■Cast

古滝一路 役 ・・・ 古舘寛治

公式サイト 公式Twitter

古滝二路 役 ・・・ 滝藤賢一

ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』への期待

30代男性
真面目すぎるために生き辛い兄の一路と軽く生きすぎている二路の対照的な面白い兄弟の珍道中が続くとばかり思っていただけに、まさかの腹違いの妹がいてそれがさっちゃんだったとは驚愕な展開に驚くばかりだが、更に続けてさっちゃんの知られざる姿の同性愛者と露となる事で、昭和生まれの一路と二路の兄弟だけに古臭い考え方で理解し難くも多様性の時代だと認めようとする事で四苦八苦しながら、実はさっちゃんは自身の身の境遇をしていて、兄の一路がずっと前から見守っているのも気付いていて、兄の一路の事をもっと知りたいと考えて喫茶シャバダバにやって来ていたと発覚する、お互いを想い合う兄妹愛に包まれる物語を期待している。
50代女性
さっちゃんの元カノがレンタルおやじの依頼者のようです。彼女はさっちゃんとやり直したいようですが、さっちゃんの方はそれを拒んでいます。兄としてはさっちゃんの幸せを願いたいところですが、依頼者の要望も聞かなければなりません。果たして、コタキ兄弟はどのようなアドバイスをして、行動していくのかが気になります。そして、さっちゃんはコタキ兄弟が腹違いの兄とは知らないままで行くのかも気になるところです。このドラマは最後に意外な展開があるので、最終回でもそのような流れになるかもしれません。身近な話題をテーマにしたドラマで、リアルな感じが共感を呼びやすいと思います。
コメントをもっと読む
30代男性
シリアスな演技からコメディな演技までこなす演技派俳優の滝藤賢一が主演なので、期待が持てます。さらに脚本家もアンナチュラルや逃げるは恥だが役に立ちでも知られる野木亜紀子が携わっているので、ストーリーにも期待することができます。そして、最も期待しているのが、芳根京子の出演です。最近では色々な役を演じており、今回は滝藤賢一たちが常連になっている喫茶店の看板娘を演じています。喫茶店では滝藤賢一たちの会話を聞いては厳しくツッコむという可愛い顔とは裏腹なギャップもよく、毎回どんなツッコみを行うのか楽しみです。
30代男性
これまでのコタキ兄弟の話はほのぼの系の話が多かったりしたのですが、もっとハラハラするような展開の話が見たいです。レンタルおやじの実態というものはそういうものなのかもしれませんがドラマですから実際には起きないであろう事件にコタキ兄弟が巻き込まれてしまうみたいな感じだとかなり面白くなりそうです。やっぱりシャバダバからスタートする感じなのでそんな展開は難しいですかね。今までの話で一番好きだったのはコタキ兄弟が入れ替わってしまうみたいな話です。この時の俳優さんの演技力なやられてしまいました。最終回がどのようになるのかすごく楽しみです。
50代女性
前回、コタキ兄弟の父のことが分かりました。母も子どもも捨てた父は老人ホームに入り、少しボケていました。それでも、自分の思いをぶつけた二路は、父に似ている部分を認めながらも、幸せな家庭を作りたいと考えています。きっと、妻とやり直せるのではないかと思います。一路は、生きる道を模索中ですが、今は、実の妹のさっちゃんを見守りたいと考えています。そのさっちゃんは、以前恋人と別れたと言っていましたが、次回はその恋人、実は女性が訪ねてきて、レンタルおやじの依頼を一路と二路にします。やり直したいという彼女の希望をかなえようと努力する2人ですが、さっちゃんは受けいれません。なにか事情があるようですが、コタキ兄弟がきっと解決できるでしょう。さっちゃんは2人が兄だと言うことを知らずに、幸せになることを期待します。
40代女性
「コタキ兄弟と四苦八苦」が大好きでとてもハマっています。何と言っても演技派の古館寛治さんと滝藤賢一さんの面白い事!そして脚本が「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子さんのオリジナルなんです。毎回、「クスッ」と笑えるセンスの良い小ネタと、伏線が沢山入っていて感心しますね。この前、シャバダバで働いているさっちゃんが実は『妹』みたい、だったので、この先どんな展開になるのか楽しみです。さっちゃんに話してしまうのか、黙っているのか?野木さんの脚本で面白くしてくれると思います。後は喫茶店のオーナーの後藤さんにもう1回フューチャーして欲しいですね(笑)
40代女性
ゆるい空気感の中でも、中身は辛辣な感じのものも多く、なかなか考えさせられる内容だなあとも思います。後半になり、行きつけの喫茶店の店員の女の子がまさかの生き別れた妹ということが判明したりして、驚くことも多く面白いです。一路、二路が、チグハグな兄弟なのですが、なぜか息ピッタリという感じが、回数を重ねるごとに多くなってきていて、このまま兄弟は、離れずにいてほしいなあと期待しています。ニ路は、家族との関係がどうなるのか心配ではありますが、独特の家族の形で続いていってほしいなあと思っています。二人が、ひょんなことから始めることになったレンタルおやじも、もう少し続けてほしいです。
30代女性
コタキ兄弟にはこれからもレンタルオヤジとして活躍してほしいです。無職の兄と主夫だった弟にとって都合よく働ける環境だと思います。弟は奥さんとやり直し、主夫としてその合間で働いて、兄は独り身だから弟と一緒に働けたら安心だと思います。喫茶店を使うことであのお店も潰れず、生き別れかもしれない妹のさっちゃんとも一緒に過ごせるはずです。コタキ一家に家族が再び一緒になる時間を過ごしてほしいなぁと思います。それで、それぞれに変化が起きて、兄はポジティブに、弟は少しまじめに、さっちゃんは強くなって新しい人生を歩いてほしいなぁと思います。
50代女性
コタキ兄弟と喫茶シャバダバのさっちゃんが、実の兄妹の関係であることを知りました。さらに、一路は父親に時々会いに行っているようです。彼はある施設に入居しているようで、高齢なのでいろいろと心配です。ですが、浮気性で家にあまりいなかった父親のことを、特に二路は快く思っていないようです。ですが、月日は経ち、考え方も変わって行くのだと思います。さっちゃんに本当のことを伝えるのかも、今後も見どころの一つとなるでしょう。レンタルおやじの仕事の方はかなり板についてきたようです。今後の彼らはこの仕事を続けていくのかも気になります。
30代女性
どんなドラマに出ていても、たとえ主役でなくても目を引き付けられる名役者、古館寛治と滝藤賢一がW主演というだけでも面白そうなのに、その二人が「レンタルおやじ」を始めるというのだから、面白くないわけがないという気持ちです。真面目な兄とちゃらんぽらんな弟の二人が、どんな依頼を受けどのように人に接していくのか楽しみです。また、主演の二人が演技派だけあって、ゲストも名役者が多そう。深夜ドラマではありますが、ゆったりのんびり、気楽な気持ちで上質のコメディを楽しめるのではないでしょうか。このドラマは若い役者では出せない「枯れたおっさん」の魅力をたっぷり楽しめると思います。
40代女性
滝藤賢一さんが好きで、テレ東のドラマはなかなか渋めで面白いものがあるので、興味を持ちました。なんとなく日常にある事や、わかってるけど気づかないフリしてる事、指摘されると痛い事をコミカルに伝えてくれています。なんか考えさせられたり、みた後にちょっと心に残るそんなストーリーを、毎回楽しみにしています。えー!っていう設定も楽しいです。役者さんも楽しみで、各話のゲストもなかなかいいチョイスにおもいます。なんとも言えないこのドラマの空気感が好きです。古滝兄弟の今後も、さっちゃんが本当は悪い人??なのかも、今後も楽しみです。
オープニング、エンディングも素敵です。
30代男性
最近は原作がないドラマが多いですが、このドラマも原作が存在しないようなので最終的な展開が全く読めないです。自由気ままな兄弟がうまい具合に絡み合っていますが無職で好きなように生きているところにきっと意外性があり魅力を感じてしまうのかなと思いながら観ています。正直この二人が今後どうゆう道を選ぶのか全然分かりませんが最後は面白くも可笑しい結末を期待したいなと思います。この間はレンタルおやじを題材にしていてまさに今の時代のニーズにありそうな話題を作品の中に登場させているので今後も今時の題材をどんどん取り上げて面白く料理してほしいです。
50代女性
このドラマは7話まで見ましたが、どうなっていくのか最後のオチが楽しみで見ています。この古滝兄弟は物事を解決することはあまりないのですが、人が生きていくのにいろいろな苦があることが言いたいのかなと思いました。7話のゲストは俳優の門脇麦さんでしたが、毎回誰がゲストに出るのか楽しみです。8話は一路と二路の中身が入れ替わる話ですが、男性と女性の中身が入れ替わる話はあります。しかし、男性同士の中身が入れ替わる話は初めてだと思うので楽しみです。また、喫茶店の店員のさっちゃんの過去も次回でわかるそうなのでそれも楽しみです。
20代女性
最新話では、最近流行りの入れ替わりネタは見ていてあきませんね。おじさんと美女が入れ替わるのは美味しいなと思いました。芳根さんが大好きなので、演技も上手でかわいい姿が見れて良いですね。野木さんの脚本も大好きで、ストーリーにも期待できます。受賞の経歴がある監督や音楽も素晴らしいなと思いました。デコボコで、あんまり生きることに前向きではない登場人物がよくでてきますが、そのなんともいえないゆるい間隔がドラマのけだるさにあっていると思いました。ほのぼの脱落系のドラマなので、見ていてしんどくなることがなく気軽な気持ちで見れて楽しいです。
40代女性
まじめで固い長男の一路と、ふわふわと軽いながらも考えることはしっかり考えて生きている弟・二路のコントラストがとにかくシュールで、くだらないことを一生懸命突き進める二人の掛け合いが楽しみです。毎回出てくるゲストが個性的で、存在感が抜群なだけでなく、楽しく演じてられるんだろうなというのが画面から伝わってくるので、思いっきり美人の女優さんがダメダメな人を演じるのを、たくさん見たいです。「レンタルおじさん」が最終回にどんな方向に向かうのか、二人は働くのか、このままのらりくらりといくのか…どう着地するかが楽しみです。
50代女性
コタキ兄弟の事情や考えが、レンタルおやじの仕事を通してしだいにわかってきたので、今後の展開も楽しみです。一路は、まじめなために、予備校で仕事がやりにくくなり、今は仕事を探しながら婚活中です。性格も良いので、理解してくれる女性が現れると良いのですが。二路は愛する娘も妻もいるので幸せですが、いい加減な性格で働くことはできません。収入が無いというのは辛いことです。レンタルおやじの仕事で十分に生きていかれれば、2人には合っていると思いましが、世間の目はそんな2人には冷たいです。このドラマは、生きることや社会に適合することを考えさせるドラマだと思います。
30代女性
社会不適合者で、仕事続かなくても、娘の成長を見守る父親。この回がすごく印象に残っている。毎度毎度、笑えるドラマだけど、考えさせられるなと思ってはいたけど、こんなに強いメッセージ性があるとは思わなかった。どういう意図でこのシナリオを書いたのかが気になる。やっぱり常識にとらわれるのはおかしいとか、報道では扱われないような社会問題に関心がある人もいるのかなと思ったり。なんかこういう一風変わったドラマって、いろんなメッセージが込められていて好きだ。ゴールデンタイムの有名俳優が出るドラマよりも魅力を感じる。
50代女性
一路と二路のレンタルおじさんは一人ずつでなく二人でひとつのところがいいと思いました。頑固者で真面目な一路と少しいい加減なところがある弟の二路がレンタルされた先で出会う人たちとの色々な苦しみが一話終了する事に昇華されていくような最後には清々しい気持ちにもなったりします。ゲストも豪華で樋口可南子さんが出演と知ってとても驚きました。また5話では、舞台が喫茶店のみで一路がさっちゃんを二路が一路を、さっちゃんがオーナーのおじいさんを心配しておもんばかって起こした行動がすべてずれていてなのに最後はうまく収まっていてものすごく面白かったのでこの先もっと楽しくなるとおもいます。
30代女性
主演のお二人の味のある演技に期待しています。古舘寛治と滝藤賢一が主演ということに驚きを隠せません。脇役のイメージが強いからです。けれど、絶対面白い作品になると思います。なぜならこのお二人、名バイプレーヤーだからです。このどちらかが出ているドラマは安心して見ることが出来ます。安定した演技から、癖のある役まで何でもこなせる役者さん達だからです。なので、このお二人が主演のドラマは贅沢です。そして絶対面白くなるに決まっています。ストーリーも興味深いです。真面目な兄とチャランポランな弟。正反対な二人がどんな風に関わるのか楽しみです。
30代女性
脚本・野木亜紀子さん、キャスト・古舘寛治さん、滝藤賢一さんという情報を知り、ストーリー紹介を読まずに絶対に見ようと決めた作品です。野木さんは大好きな脚本家ですが、この個性の塊みたいな古舘さんと滝藤さんという名バイブレイヤー2人を相手にどのようにコメディを作り上げてくるのか、正直興味津々と共に若干の不安もあったのですが、もう最高です!回を重ねるごとにコタキ兄弟の救いようのない性格の違いが浮き彫りになって行くところは爆笑ものです。そんな正反対の兄弟ですが、人間の底辺に築かれているものはどこか共通していると見て感じています。樋口可南子さんがゲスト出演した第4話では、病で余命少ないキャリアウーマンに振り回されながらも、死に直面する恐怖や不条理に本音を漏らす彼女のために四苦八苦する姿には心打たれました。人間の孤独と死への恐怖を少しでも和らげるなんてこんな難しい仕事、2人で1000円は割に合わないです。でもこの回に関してはお金じゃなかったんでしょうね。レンチン食品を堂々とメニューに載せる天然で憎めないキャラの芳根京子さん、自転車事故が縁でレンタルおやじの仕事を依頼してくるようになった謎の男・宮藤官九郎さん、いつもお店の片隅で居眠りをしている老人(第5話でお店のオーナーと判明)と無駄な配役は一切無し!この無駄の無さが深夜ドラマクオリティなんでしょうね。兄弟がこれからどうなって行くのか楽しみながら温かく見守りたいと思います。
50代女性
主演の古舘寛治さんと滝藤賢一さんのそれぞれの味のある演技がドラマをより一層面白くしています。正直なところ最初はおじさん2人が主人公って地味じゃないかなと思いながら見始めましたが、けっこう面白くてハマりました。レンタルおやじを依頼する人の人生が様々で感動を呼びます。たいていはコタキ兄弟、特に兄の一路の反応がちょっとズレていて笑えるのですが、4話の余命宣告された婦人の話には不覚にも泣いてしまいました。毎回、依頼人としていろんなゲストの役者さんが出演するのも楽しみです。次はどんなストーリーを見せてくれるのかと大変期待しています。
30代女性
「コタキ兄弟と四苦八苦」には期待したいポイントが3つあります。1つ目は、脚本。本作の脚本家は野木亜紀子さんが担当しており、どんな方なのか調べてみると、過去に手掛けた作品は、映画「アイアムアヒーロー」ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」「獣になれない私たち」など、ヒット作ばかりです。どの作品も原作のメッセージや雰囲気、面白さはそのまま残しつつ、会話やセリフに妙なリアリティが加わっていて感情移入しやすい作品ばかりでした。本作にも期待したいです。次に2つ目はキャスト。主演のコタキ兄弟を演じる古舘寛治さんと滝藤賢一さんは名バイプレーヤーのイメージが強かったのですが、対照的な性格の兄弟役がバッチリハマっていて納得のキャスティングです。また、毎回個性豊かなゲストが登場するので、次は誰が出演するかも楽しみにしています。そして3つ目はオープニングテーマ。普段ラップはほとんど聞かないのですが、オープニングテーマを手掛けたCreepy Nutsと出演者達がゆるーく踊りながらパフォーマンスしている映像には謎の中毒性があり、ついつい見入ってしまいます。金曜深夜に1週間の疲れをいやしてくれる素敵な作品の今後に期待したいです。
30代女性
レンタルおじさんという題材がとても面白くていいなと思いました。実際にそういったお仕事があるというのは以前テレビか何かで見たことはあるのですが、どういうシステムなのかとかどうしておじさんをレンタルするのかとか、わからないことや気になることもたくさんあります。だからこそ、このドラマを通してレンタルおじさんについてもっと知れたら嬉しいですね。あとは、主人公二人のおじさんが仲が悪すぎるのも見どころです。これから物語が進むにつれて、このおじさん二人の関係性がどのように変わっていくのかも気になるし、楽しみにしています。
30代男性
コタキ兄弟の真面目な兄・一路とふざけた弟・二路の噛み合わない関係が面白いです。そんな2人と喫茶店で働くさっちゃんとが織りなすトークはセンスがあっていつまでも聞いていられる会話です。次回ではさっちゃんが喫茶店のレジのお金を盗む瞬間を一路が目撃してしまうということです。ここからドタバタコメディが始まるようで楽しみです。一路が二路に犯罪をする場面を見てしまったらどうすると質問したり好きなさっちゃんの悪事に困る一路が見ものだなと感じます。実際問題はさっちゃんが盗んだのも一路の勘違いだったという結末な感じもしますが楽しみです。
50代女性
頑固者で真面目な兄の一路といい加減だがおおらかで明るい弟の二路が今回のレンタルおじさんの仕事内容が世界が3か月後に終わるといい続けている終末論者のそのこと言われる女性でした。二人を買い物などで雑に振り回してこの世が終わるから扱いがひどいのかと思ったらそのこさんは自分の命が病により短く、身の回りの整理をするために二人をレンタルしていたことがわかって切なくなりました。事情を知った二人が夜に世界の終わりはあるとそのこさんに話したシーンは二人の優しさが表れているところだとおもいました。最後に仏教用語の苦しみを表す言葉があり今回は死苦、そのままの意味死ぬ苦しみという。毎回のテーマになっているので見ていても感心します。
50代女性
このドラマは3話まで見ましたが、最初から面白かったです。まず、小滝兄弟が普通でなくて、一路は真面目な方ですが、特に二路はちゃらんぽらんで変わりすぎています。その二人が結婚式の出席者や恋愛相談をするので、心配な面があって、こちらもハラハラします。また、主役の古館寬治さんと滝藤賢一さんは演技力があるので、それを面白おかしくやってくれます。共演者は何とNHKの朝ドラに出ていた芳根京子さんで、心配なく見られます。ゲストの人も市川実日子さんや岸井ゆきのさんなど、実力のある俳優さんが出ているのでこれからも期待しています。
30代女性
レンタルおやじを兄弟セットでやるというのは、なかなか面白い題材だと思いました。野木亜紀子さんのオリジナル脚本というのも期待しているポイントです。キャストでは脇役でよく見かけていて顔は覚えてるけど名前までは知らなかった古舘寛治さんが出ているのも興味深々です。頑固な一路はピッタリの役柄ではないかと思います。とても個性的な方なので、同じく個性派俳優の滝藤賢一さんが兄弟なのは納得です。滝藤賢一さんが演じるテキトーな男が私は大好きなので、無職でだらしない二路をどんな風に演じてくれるのかワクワクしています。
30代女性
はじめはあまり期待しないで何となくで流し見していたのですが、中年のゆるゆるな兄弟がいろいろな人達と出会って成長していく物語が真新しくはないが安心してみていられるドラマです。人材派遣のレンタルおやじという職業にも興味があります。コタキ弟の家庭のイザコザがどう動いていくのか、弟の奥さんとコタキ兄の関係性、コタキ兄の精神的な面がどう成長するのか、喫茶店のさっちゃんについてや常連の窓側にいつもいるおじいちゃんもいろいろ謎がまだまだ多く官九郎ワールドの引き込まれておりすべてがどうやってつながるのかが気になる今季一押しドラマです。
40代女性
既に何話か見ていますが、毎回おもしろいです!。なんと言っても「レンタルおやじ」ですから、これからももっとあちこちの依頼に行く事を期待したいですね!。今のところ一路も二路も、大した事を依頼者にしている訳ではないんですが、依頼者が勝手に感謝していくんですよねぇ。これが面白いんですが、二人が本当に困る様な依頼を受けて、兄弟で力を合わせて(今までは気が合わなかったので)「良かったね」と言えるような場面が見たいです。あと、二路の奥さんが果たして一路に乗り換えるのか・・。個人的にはそのままがいいので、二路が家に帰れるといいな、と思います。
30代男性
無職の兄弟の一路と二路にまたもレンタルおやじの依頼がきて、今回は島須弥子という女性との面談が始まり、あと3か月したら世界が終わると言い出し兄弟にあれこれ買い物を頼むなど奴隷のように扱われるそうで、その女性がどういう目的で、レンタルおやじを依頼してそういうことをしているのかが気になるし、一路のほうは今回の依頼に不信感を抱くけど、二路はその分お金が稼げると喜ぶそうで、何かやばいことになりそうなので楽しみです。今回出てくる須弥子が謎の多い人物だそうで、その役を樋口可南子さんが演じるそうなのでその演技も楽しみです。
30代女性
主演のお二人は演技派であり個性が強いイメージなので、見ごたえのあるドラマになりそうです。真面目な兄と、ちゃらんぽらんな弟という正反対なタイプの兄弟は、現実でも少なくないです。ドラマを見ていて、共感できる人も多いのではないかと思います。また、ヒロインのさっちゃんを演じられる芳根京子さんがいることで、ストーリー全体が強すぎず、爽やかな雰囲気になりそうです。主演のお二人が演じられる一路と二路が、さっちゃんとどのような風に関わってくるのかが楽しみです。見ていてホッとでき、クセになるようなストーリーになることを期待しています。
20代女性
とにかく癒されそうなドラマになると期待しています。主演が古舘寛治さんと滝藤賢一さんということで、癒しのおじさま二人がどんなドラマを起こしてくれるのかとても楽しみです。深夜ドラマで脚本が野木亜紀子さんということで、ほっこりとしたゆったりとしたドラマになるのではないかと思っています。さらに主演の二人は兄弟役で「レンタルおやじ」をするということで、どんな掛け合いをしてくれるのかがとても楽しみです。ほっこりした中に、とても心に刺さったり、考えさせられる言葉が溢れ出るドラマになる予感がしているので、本当に期待しています。
50代女性
冴えない中年兄弟が「レンタルおやじ」という仕事?を始めるようです。いろいろな事情のある家庭に訪問し、そこでさまざまな出会いがあるようです。もしかしたら、冴えない姉弟だからこそ出来る仕事なのかもしれません。もし、この兄弟が優秀で立派だったら、こういう草の根活動のようなことはできなかったかもしれません。主人公の俳優さんたちが個性的で、とても面白そうなドラマだと思いました。この兄弟は「レンタルおやじ」を通じで、何か人生が変わっていくのかどうかも気になるところです。ですが、名コンビという感じがするので、きっと良い仕事をしてくれると期待したいです。
40代男性
野木亜紀子さんが脚本を手掛けた作品ということでとても楽しみにしています。野木さんの作品は好きなものばかりなので、かなり期待しています。さらにその脚本を山下敦弘監督がどのように演出されるのかも気になっています。キャスティングも私の好きな役者さんが起用されているので期待しています。主演のお二人の演技にも期待しています。作り手も演者もすごく個性的な人たちが関わっているこのドラマは少し違った感覚なのかもしれません。何となく舞台を観に行っているような感じになりそうで緊張感を味わいながら楽しめる作品になりそうです。
30代女性
私の大好きな滝藤賢一さんと古舘寛治さんのW主演。しかも、脚本家さんも、これまた大好きだったアンナチュラルを手掛けた野木亜紀子さんが手掛けたとなればもうこれは見るっきゃない‼!って感じです。真面目なお兄ちゃんと適当な弟が「レンタルおじさん」になってどんな風に依頼者と、また周りの人と関わっていくのか。ユーモラスなドラマなのか、はたまたグッと来る感動系のドラマなのか。でこぼこ兄弟がどの様にして「レンタルおじさん」を始めようと思ったのかのきっかけ。など気になる要素が沢山!!毎回変わるキャストもどんな人が出てくるのか楽しみです。
30代女性
まずこのドラマはコメディであるので、絶対に面白いと思います!性格が全く正反対の兄弟が「レンタルおやじ」というよくわからない事業を始めます。おやじをレンタルするの?とビックリしました。発想が斬新で面白いなと感じました。一体おやじをレンタルして、何をするんだろう?と謎がいっぱいです!主演の2人がおじさんだから出来るストーリーだなあと思いました。そして、脚本家はアンナチュラルなどの有名な作品を手掛けている野木亜紀子さん。しかもオリジナル作品です!脚本家は間違いないので、ストーリーは絶対に面白いと思います。
40代女性
年明けからテレビ東京で『コタキ兄弟と四苦八苦』という新ドラマが始まることが発表されました。ある兄と弟を主役にして、彼らが出会う人間模様を描く作品です。このドラマで楽しみなのは、脚本を担当するのが野木亜紀子だということです。野木亜紀子はもともと小説や漫画からの脚本化を得意としてきました。2012年の『主に泣いてます』を皮切りに『空飛ぶ広報室』『重版出来!』『逃げるは恥だが役に立つ』など、原作ファンをうならせるような見事な作品を生み出してきました。2018年にはオリジナルの脚本で『アンナチュラル』『獣になれない私たち』『フェイクニュース』とたて続けにヒットを飛ばしました。『コタキ兄弟と四苦八苦』は約1年ぶりにテレビで放送される野木亜紀子脚本の映像化です。男性が主役の作品は野木脚本では珍しいと感じます。兄弟のやりとりが軸になると予想されるドラマで、野木亜紀子が今度はどんな世界を見せてくれるのがかが楽しみです。この脚本を映像化するのは、映画監督の山下敦弘です。長編映画では『どんでん生活』(1999年)に始まり、山田孝之主演の『ハード・コア』(2018年)まで、さまざまな作品を手がけています。テレビドラマでは『深夜食堂』『山田孝之の東京都北区赤羽』を演出しています。今度の『コタキ兄弟と四苦八苦』でも、役者陣の演技を生かす自然で密度の高い演出が期待できると思います。映画監督が手がけるテレビ東京のドラマと言えば、今年の冬に放送されたばかりの『フルーツ宅配便』(2019年)が記憶に新しいところです。深夜に働く女性たちの人生模様は見る人の心をゆさぶり、SNSでも放送後に盛り上がりを見せていました。『コタキ兄弟と四苦八苦』が放送されるのは、『フルーツ宅配便』と同じ放送枠(ドラマ24)です。テレビ東京の深夜枠から、またひとつ新たな名ドラマが生まれる予感がします。
50代女性
このドラマの前は「孤独のグルメ」で名バイプレーヤーの松重豊さんを主役に起用していて、面白かったので、次回のドラマも名バイプレーヤーの古館寬治さんと滝藤賢一さんを起用しようと思ったのかなと思いました。古館さんはドラマの「いだてん」や「時効警察はじめました」にも出ていて、コメディドラマが得意なのかなと思いました。今回もコメディドラマなので期待が持てます。滝藤賢一さんは「グッドワイフ」や「東京独身男子」に出ていて、シリアスや役からコミカルな役までこなせるので、滝藤さんも期待が持てます。テレビ東京は普段主役にならない人を主役に持ってくるので、冒険はしていますが、演技力はあるので安心して見られます。
30代女性
無職の兄弟がレンタルおやじの仕事をはじめる、というドラマのようです。コタキ兄弟はレンタルおやじの仕事の中で、どのような人たちに出会い、どのような四苦八苦をし、どんな反応をするのでしょうか。また、兄は弟を過去に勘当したようですが、二人の関係はいったいどのようなものなのでしょう。コタキ兄弟の兄を古舘寛治さん、弟を滝藤賢一さんが演じられます。渋かったり、コミカルだったりする役柄を、演じられることが多いお二人ですが、「コタキ兄弟と四苦八苦」は、台詞が多いドラマのようなので、どのような掛け合いを、どんなふうに演じられるのか、今から見るのが大変楽しみです。
20代女性
コタキ兄弟と四苦八苦は、ダメおやじ二人が主人公というところがとてもおもしろそうだなと思いました。しかも、このダメおやじ兄弟の性格が真反対というところがいいなと思いました。兄が真面目すぎて弟がちゃらんぽらんになるというのは結構ありがちな設定だと思うので、共感しながら楽しめるんじゃないかなと期待しています。二人はレンタルオヤジを始めるそうだけど、そこでいろんな人との出会いがあるんだろうなと思います。生きるのが下手くそな二人が、いろんな孤独の人たちと出会うことで、どんなことを思うのかに期待したいと思います。
40代女性
題名からは兄弟のドタバタな日常を面白おかしく描いた作品なのかと思いましたが、性格が正反対の兄弟で二人とも無職というリアルにいそうな設定なので、そういうことで四苦八苦するのかなって思いました。レンタルおやじと言うのも最近はそういう仕事もあるみたいで今の時代に会っている設定だと思いました。ここで出会う人達との交流と兄弟の間で色々あるんだろうなって想像できるので何が起きるのか楽しみです。12苦が裏テーマとの事なので人間として何か感じられる、何か考えさせられるドラマになって欲しいと思います。兄弟を演じる古舘寛治さんと滝藤賢一さんのおじさんコンビも一癖ありそうで、どんな仕上がりになるのか楽しみです。ヒューマンドラマのような教育テレビのような感じなので、夜中にゆるく見るには丁度良いドラマになると期待しています。
40代女性
“真面目すぎてうまく生きられない長男、反対にちゃらんぽらんすぎる弟。
どちらも無職というとこが笑えますね!
そんな二人が「レンタルおやじ」となって働こうとするところ、なかなか目のつけどころが良くて凄いなと私は思いました!
何でも一人で完結できてしまう時代だからこそ、反対に孤独になる人間もいて、、。
「レンタルおやじ」となった兄弟が、どんな孤独な依頼人たちと関わり、無茶な注文を受けていくのか楽しみですね!
そして依頼人たちと関わるうちに、兄弟たちは何に気づいていくのか?
とても気になりますね!ラストがとても感動的なような気がします!”
30代女性
古館寛治さんと滝藤賢一さんという演技派の二人が主演というだけで期待が高まります。真面目過ぎる兄とちゃらんぽらんな弟の兄弟という設定だけで興味をそそられますが、無職な二人が「レンタルおやじ」を始めるという突拍子もない内容から、コメディ要素を大いに含んだドラマであることを期待したいです。また、始めた「レンタルおやじ」に入ってくる依頼内容が癖のあるものばかりのようで、癖のある俳優二人がそれをどう面白く演じていくのか楽しみです。人間賛歌コメディなドラマのようで、面白いながらも生きていくことへの素晴らしさを感じられ、笑いの中からそれをどう表現していくのか期待が膨らむドラマです。
40代女性
じっくり味わいたい、なんとなく奥が深い内容のドラマになりそうな気がしています。演技派の古舘寛治さんと滝藤賢一さんが意気投合して3年もの月日を経て実現したプロジェクトだということなので、出演者たちの思い入れも深く、丁寧に作られていく作品なのではないかなあと思っています。また、脚本も話題作を次々に作り出している野木亜紀子さんでオリジナル作品というのもとても楽しみです。今まであまり見たことがないような内容にも注目しています。生きずらい世の中を、どのようにして生きていくのかという何かのヒントになればいいなあと思っています。
40代男性
古舘寛治と遠藤賢一が生きるのが下手な兄弟を演じる人間賛歌コメディということで、社会でうまくいってない人が苦しみながら生きていくドラマっていうのは味があり好きです。古舘寛治と遠藤憲一の2人がこのドラマの題材に合っていて楽しみなドラマです。成功者ドラマよりかは人間味があるドラマになりそうで期待したいです。真面目過ぎて生きづらい兄一路とちゃらんぽらんな弟二路がレンタルおやじを始めるというコメディっぽいところもありそうで楽しみですね。一路と二路と言う名前から既に軽い悪ふざけがはいってることからドラマの雰囲気も伝わって来ます。
30代女性
アシガールでその存在と実力を知った古舘寛治さんと、ここ最近引っ張りだこの滝藤賢一さんのW主演ドラマ、しかも兄弟設定という今までにないキャスティングで新しい楽しみがあるのではと、とても楽しみにしています。オヤジ2人の日常がどんなものか想像もできないので見たい気持ちが高まるのと、その中で起こるハプニングと対応もどんな内容か気になって仕方ありません。きっとオヤジ視点は自分とは全く違う視点で描かれていて、私では考えられないような内容になっていると思うので見てみたい気持ちが募ります。ありそうでなかったオヤジ2人のドラマを見届けたいです。
30代女性
びっくりしました。古舘寛治と滝藤賢一、二人とも私の大好きな俳優さんたちです。彼らがプライベートで意気投合し、ドラマの立ち上げを企画していたなんて、夢のような設定です。本当に名わき役の二人なので、大変味があり、ドラマが今までにないものになるのではないかと期待しています。生き辛さを抱えているおやじというのも好感度が高いです。年を取ってきて分かりますが、年齢を重ねても生きにくさは解消されないんですよね。そんな生きにくさを感じているおっさんおばさんの支援の一つにもなるのではないでしょうか。この味のある二人が、どんなふうに周囲の人間と絡み、自分たちなりの人生の答えを出していくのか楽しみです。
50代女性
冴えない中年兄弟が「レンタルおやじ」という仕事?を始めるようです。いろいろな事情のある家庭に訪問し、そこでさまざまな出会いがあるようです。もしかしたら、冴えない姉弟だからこそ出来る仕事なのかもしれません。もし、この兄弟が優秀で立派だったら、こういう草の根活動のようなことはできなかったかもしれません。主人公の俳優さんたちが個性的で、とても面白そうなドラマだと思いました。この兄弟は「レンタルおやじ」を通じで、何か人生が変わっていくのかどうかも気になるところです。ですが、名コンビという感じがするので、きっと良い仕事をしてくれると期待したいです。
40代男性
レンタルおやじという題材も興味が惹かれるもので、脚本が野木亜希子さんなので、期待しています。
主演の古舘寛治さん、滝藤賢一さんも好きな俳優さんなので、じっくり演技が見られるのも楽しみです。
2人の掛け合いもコミカルなのかシリアスなのか、見る視聴者によっては受け取り方も違う、ドラマになるのかなと思います。
また、マスコットガール的な位置付けの喫茶店店員を芳根京子さんが演じるようですが、彼女の声はとても聞きやすいと思っているので、顔もかわいいですし、演技が見られるのが楽しみなのと、どんな衣装を着るのかも気になっています。
50代女性
弟の方は8年前に勘当されて家を出て行ったようですが、そのいきさつが気になります。ですが、8年ぶりに弟が帰って来ましたが、今度は兄弟仲良くやれるのか心配です。兄が気になっている喫茶店の看板娘のさっちゃんはかなり若く、兄の子供くらいの年齢差がありそうです。彼女も今後、この兄弟と何らかの絡みが出てくるのかも気になるところです。「レンタルオヤジ」は代理を頼まれただけなので、1回だけで終わるのか、それとも今後も毎回続いていくのかも気になります。この兄弟はいたって真面目に取り組みそうですが、なぜか滑稽に見えてしまいそうな予感がします。

ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』を全話観た人の感想

40代女性
個人的に面白かった回は、門脇麦さんが出演された回です。男友達からの依頼で「レンタルおやじ」こと古滝兄弟が門脇麦さん演じる「アカリ」さんの家に行くんですが、そこが「ゴミ屋敷」で(笑)。しかも本人は全く悪びれる様子もなく、快適そうなんですよ。そして掃除させようとする古滝兄弟が徐々にアカリから影響を受けて取り込まれていき・・「植物になろう」に笑ってしまいました。結局、一路が目が覚めて二路と掃除をして、アカリはお風呂で気持ちまで綺麗になるんですが・・綺麗になったアカリこと門脇麦さんがキラキラしてるんですよ!演技派の3人の凄い回だったと思います。
50代女性
「コタキ兄弟と四苦八苦」は一路と二路のキャラ設定と台詞の言葉選びが笑えて面白かったです。さすが野木亜紀子さんの脚本でした。笑えるだけではなく、四苦八苦だけあってレンタルおやじに持ち込まれる依頼はけっこうヘビーで、時として考えさせられたり泣けてしまうこともありました。死苦の時の話は不覚にも涙が止まらず、強く印象に残っています。主役がおやじ2人なので華はありませんでしたが、古舘寛治さん、滝藤賢一さんという実力派の俳優さんが個性的な2人を演じ、かなり面白かったです。2人が入れ替わる回の時はお二人の演技力を堪能できました。最終回で三と四が名前につく兄弟がいるのではないかと言って終わっていたので、そのネタで続編をやるなら観たいと思いました。
コメントをもっと読む
40代男性
自分も同世代のオヤジとしてレンタルオヤジがどうなっていくのか注目していました。うまくいかない人生を歩んでしまった古滝兄弟ですが、レンタルオヤジをやる理由が自分には分かる気がします。今までの社会経験により一路も二路もしっかり働くことに怖さがあると思います。なので、自分達の自信をつけるために成功体験を積む、レンタルオヤジをやっているのでは無いでしょうか。中年男性であればいつリストラされるか分からず明日は我が身です。古滝兄弟にレンタルオヤジを頼んで、レンタルオヤジをどういうつもりでやっているのか聞いてみたいです。
50代女性
このドラマはコタキ兄弟が四苦八苦する場面が多いのですが、最後にさらに驚くような展開が待っています。コタキ兄弟がレンタルおやじの仕事を無事に終えたと思ったら、さらに何かあると言った感じで、二段階で驚きがやってくるのが、驚きの連続で面白いと思いました。最終回まで観た後で、再び、このドラマを観ると、結末が分かる分、違った見え方で観ることができます。観れば観るほど味わい深くて、なんだかスルメのような作品だと思いました。中でも一番驚いたのは、やはりコタキ兄弟とさっちゃんの関係性でした。また、キャラの強い依頼人が多いのも興味深かったです。
40代男性
コタキ兄弟にレンタルオヤジを依頼した人物で印象深いのは、4話の須弥子です。彼女の印象が強い理由を考えてみました。それは、須弥子が余命3ヶ月だったことと、コタキ兄弟に語った「小学生の時に水晶玉を盗んだエピソード」が切なかったからです。須弥子は、夕日に煌めいて美しかった水晶玉が盗んだ途端、美しくなくなったと言いました。そして、海に投げ捨てています。そして、須弥子は、亡くなりました。彼女の遺灰は海に撒かれます。この海洋散骨が、小学生の時に水晶玉を盗んだことに対する須弥子なりの罪滅ぼしだと感じて、胸が熱くなりました。なので、4話の須弥子が、全話を通して一番印象が強いです。
20代女性
主な舞台となっている「喫茶店シャバダバ」がすごく素敵で、昔ながらのセンスの良いお店で大好きです。そこで働く、芦根京子さん演じるアルバイトの女の子がとってもいいキャラしてました。古舘さんと滝藤さんの兄弟役が素敵でお二人とも個性にあふれていて人間らしかったのは言うまでもないのですが、お話の中で、弟役の滝藤さんと芦根京子さんの絡みが大好きでした。芦根さん演じる女の子は、あっけらかんとしていてとっても明るくさっぱりしていて発言がいつもツボでした(笑)滝藤さんの役も大雑把でおちゃらけていて優しくて楽しい人だったので、芦根さんと絡むと最強に面白かったです。
30代女性
ドラマ開始当初は失業中の兄弟がレンタルおやじ職を通じて描くドタバタコメディかと思ったのですが、途中からは現代社会での生き辛さや、心の傷や痛みにどう接していくのかすごく考えさせられました。派手でスリリングなハラハラドキドキ感は無いけれども、後で何とも言えずジワジワと余韻がいつまでも残る感じ。1話完結で伏線など無いと思われていたドラマでしたが、あの一路のさっちゃんへの執着が妹への思いだったとはびっくりでした。一路のさっちゃんに入れ込む姿がちょっとイタすぎると感じていたのですが、兄妹という事実が判明してからはそのイタさが感動へと変わりました。一路の隠し持っていたさっちゃんの写真を二路が見つけてしまったことから、さっちゃんが妹だった事実、父親との対面と急展開していく内容には思わず引き込まれました。認知症となった父親を挟んでこれまでの自分の思いをぶつけ合う兄弟のやり取りは圧巻。人間その立場になってみなければ分からないことってたくさんありますよね。この時、はじめて兄弟がお互いの立場を慮ったのではないでしょうか。さっちゃんが実家へ去り、二路も家族の元へ戻り、ひりぼっちになった一路が襖を開けて寂しそうに佇む姿はちょっと切なかったです。でも最後に二路が名前からあと2人の兄弟姉妹の存在がいることを示唆する件、これって続編への大きな伏線だと受け取っていいんですよね?さっちゃんのこともあるし、まさかのレンタルおやじ業のムラタさん(宮藤官九郎)だったりして!と勝手に想像して楽しんでいます。