アニメ「LISTENERS リスナーズ」を見逃し動画無料フル視聴

LISTENERS リスナーズ

アニメ「LISTENERS リスナーズ」動画視聴方法

『LISTENERS リスナーズ』動画視聴

アニメ『LISTENERS リスナーズ』は
Amazonプライムビデオで独占配信予定です。

「Amazonプライム」には2週間の無料お試し期間があります♪「Amazonプライム」に登録すると動画だけでなく音楽や電子書籍の見放題コンテンツも楽しめます!Amazonで買い物した時の「お急ぎ便」も使えます。


  1. 「Amazonプライム」の無料お試し期間は2週間!
  2. 「Amazonプライム」に登録すると、ドラマやアニメ・映画などの動画配信だけでなく、音楽や電子書籍などもコンテンツも楽しめます。
  3. いつものAmazonでのお買い物に「お急ぎ便」を追加料金なしで利用できます♪
近日更新【20代女性】

アニメ「LISTENERS リスナーズ」 見逃し動画 検索

  • <第1話〜全話>をフル動画視聴!
U-NEXT
  • 動画共有サイト
YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■アニメ「LISTENERS リスナーズ」動画配信サービス配信予定表

サービス名 配信状況 詳細リンク
AbemaTVプレミアム × AbemaTV詳細(準備中)
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT ◎(見放題) U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu ◎(見放題) Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.06.03

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第9話>
TRACK09「フリーダム」FREEDOM
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年5月22日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第9話あらすじ

ロンディニウムの街を眩い閃光で照らし出す異形のイクイップメント、デュエルショウマン。その肩に乗るミュウの姿がかつてのジミの暴走と重なり、エコヲは衝撃を受ける。トミーの指揮によって大規模なミミナシ掃討作戦が動き出す中、エコヲはミュウとトミーを止めるため、ウォッチタワーへの潜入を決意する。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第9話あらすじ

第9話 ネタバレはここをクリック
10年前のフリーダムフェスティバルはジミをお取りにしたミミナシ掃討作戦だった。トミーはミュウを使って新たなフェスティバルを開催しようとしていた、子供達は街頭で演説をし、プレイヤーが世界から集まってきた。エコヲは壊れたコアパーツを見つめ街を歩いていた。ミュウは鏡の前に座ってジミと話をしていた、ミュウは記憶が無く、ジミは鏡を叩き割ったら世界が見えたと言った。トミーはノイズ三姉妹と会いもう必要ないと言う、アインは混沌は自我を蝕むと告げる。エコヲはニルと出会った、ミュウはミミナシで家族を奪った敵だと僕はやると言った。ニルを追ってエコヲも一緒に行く、パープルヘイズを見つけた所で見つかり地下へ投獄されてしまった。元帥はパープルヘイズをバラ撒く事に反対するとトミーに射殺されてしまった。リッチーとライドの友達に助けられニルは牢から脱出、エコヲも脱出してニルを追うとミュウの所に辿り着いた。しかしトミーに君の知っているミュウじゃない、ジミそのものになりミミナシと戦うと言った。そこにニルがイクイップメントに乗って来た、時刻は0時になるとミュウが動きだし、ミミナシとして話はじめた。10年前、ジミはミミナシの手を取り愛を語る。ミュウは燃やすのは生贄だとニルを攻撃する、エコヲが伝えたい事があると言うが覚えていなかった。エコヲはマーシャルに助けられたがゴミと一緒に集積場へと運ばれてしまった。
第9話 感想はここをクリック
30代男性
首都ロンディミニウムでの死闘が始まりました。トニーのミミナシ掃討作戦はかなりのフェイズまで進んでおり、ミュウを完全に手中に収めています。エコヲはミュウを救うことはできるのか、大変見応えがある回でした。
40代男性
エコヲがミュウを奪還しに行きました。途中で出会ったニルにも協力してもらい無事ミュウの元にたどり着きました。しかしかなり強力なイクイップメントを持つミュウになぎ倒されてしまいます。怒涛の展開で見応えがありました。
30代女性
トミーの暴走で操り人形のようになってしまっているミュウをエコヲが助けることができるのかドキドキしましたが、それでもミュウがジミと一体化しているようになっていく姿が圧倒的でミュウは元に戻り、ミミナシたちはどうなるのかこれからとても楽しみです。
40代女性
牢獄に入れられたエコヲだけに何もできないのかと思っていたら、スパナが何と2つも偶然に落ちているというラッキーさにはビックリ、強固な南京錠と感じさせていたのにあっさりと壊れてしまうとは予想以上のお粗末さに笑ってしまった。

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第8話>
TRACK08「リアル・ミー」The real me
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年5月22日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第8話あらすじ

ロズのもとから旅立ったエコヲたちの前に現れたのは、ミュウのことを「プリンセス」と呼ぶ青年将校。彼は、かつて世界の中心と称された街・ロンディニウムを統治するカウンシル部隊の隊長、トミー・ウォーカーだった。トミーからの指名で、ミュウは聖なる夜に披露される舞台の主演女優を務めることになるのだが……。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第8話あらすじ

第8話 ネタバレはここをクリック
ロンディミニアム、そこはミミナシとの戦いの最前線で多数のイクイップメントが存在していた。エコヲ達はトニーの誘導により街に入れられ、ミュウは劇の主演を演じることになる。この劇はこの街で数年前に、消えたジミを呼び起こす作戦という目的があり、ジミは総帥が現役の時代に、とある作戦の核として使われた。その際ミミナシの大群に突っ込んだジミは突如黒い影に覆われて姿を消すことになる。その情景を劇で再現することで、再びジミが戻るという算段であった。しかしトニーの真の目的はミュウを駒と使うことであった。見事に引っ掛かったミュウはミミナシとの戦いを仕向けられることになるのであった。しかしその強さは圧倒的で全盛期のジミを見ているようであった。
第8話 感想はここをクリック
30代男性
ミュウの事を迎えに来たとはわかるが突然ヘリコプターで表れて、手前にいたエコヲを完全に無視してミュウの目の前で膝まついてプリンスと呼ぶ行動をしたトミーは敬意というよりも、スマートな行動が出来る自分自身に酔いたいだけなイヤな奴としか思えない。
40代男性
伝説のプレイヤーであるジミがまだ生きてるかもしれないというストーリーにワクワクしました。そして、ジミーを取り戻すために計画にミュウが協力したにもかかわらず、実際は騙されていてミュウを新たなジミにしようとしていたことはショックでしたが面白かったです。
30代女性
朝食の作画のレベルが高くよかったですね。ベーコン、ソーセージ、目玉焼き、ミニトマトなどどれもリアルでうれしかったです。舞台の脇役を務める子供たちも演技がたどたどしくてよかったですね。前話の終わりでミュウの攻撃が衝撃でしたが、今回ではめられていたことがわかりましたが、次も気になる終わり方でいい構成だと思います。
40代女性
ミュウをプリンセスって呼ぶ男にロンディニウムに連れて来られて、ものすごく怪しいけど行く予定だった所だから良いのか。ジミの話も聞けたけどロズの話と違うから何を信じて良いのかな。ニル達から見た事件とミュウ達から見た事件は同じなのに全然違って見えるのが凄い、ミュウがせかっくやる気になってるのに騙して戦わせるなんて酷いです。エコヲも話をしようと良い感じなのに邪魔しないで欲しいわ。でもミュウがミミナシだって言うし孤独な理由も分かったって少し悲しいな。
40代女性
ニルが作っていたスプレーを吹き掛けられてしまったミュウは、ミミナシの国からこの世界にやって来た異邦人で、人間としてプレイヤーとして見い出されたミミナシなんだと言っていた。あれは本当のことなのか?それとも、スプレーによる錯覚なのか?

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第7話>
TRACK07「怒りの日」problems
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年5月15日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第7話あらすじ

鉛色の空が広がる荒廃した街・ロンディニウムで、修理工場の従業員として働く青年・ライドと幼なじみのリッチー。溜め込んだ鬱憤を晴らすこともできないまま日々の生活を送るふたりのもとに、ある日、やって来たひとりの客。
その出会いは、3人とこの街の運命を決定的に変えることになるのだった。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第7話あらすじ

第7話 ネタバレはここをクリック
冒頭ライドと幼なじみのリッチはミミナシに襲われるが、そこに現れた伝説のプレイヤー、ジミ・ストーンフリーに助けられる。ライドは絶望の毎日の中、希望を持つ。10年後ライドとリッチは同じ修理工場で働いていた。ライドは修理工場の売上を盗み解雇の危機に陥っていた。そこに現れたのは1人の客ニル、ヴィンテージアンプを直してほしいから辞めないでくれと言う。ライドは持ち前の機械いじりの腕前で直ぐに直してみせる。ニルはアンプの状態に満足し、ライドも乗せ飛行する。2人は店番をサボったリッチを発見し尾行する。店番をサボった事が社長にバレ、ライドとリッチは殴られる。社長はライドの大事な絵を破ろうとするが、客は止め取り返す。助けられたライドとリッチはニルを追いかけ3人は意気投合する。
第7話 感想はここをクリック
30代男性
「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~5月16日放送第6話」の感想です。(キーワード検索できなかったので違うアニメを指定しました) いよいよ選挙当日。白銀御行の人柄の素晴らしさが全て凝縮されていました。緊張している伊井野ミコを見事にフォロー、生徒会にも勧誘。寝込んでしまった四宮かぐやに対する優しさ。どれもステキでした。伊井野ミコをかげで支えてきた大仏こばちの語る回想シーンはとても切なくなりました。
40代男性
イクイップメントの整備をしていただけのライドが強い気持ちを解放すると、プレイヤーのジャックが腰に出現してイクイップメントに乗ることができたことは驚きましたし、面白かったです。でもライドとリッチーが街のために死んでしまったのは少し胸が痛くなりました。
30代女性
ニールと出会ったことでライドとリッチーが仕事を辞めて、イクイップメントの整備を張り切っているシーンは面白かったです。そしてリスナーズの世界はミミナシの存在によって人々が苦しんでるシーンが多く、ライドたちのような孤児のことなど考えさせられました。
20代男性
前半にニルたちの日常を描きつつ、いい感じの雰囲気を出していると思いきや、後半でいきなり前触れもなく、ミュウが闇落ちして、ミミナシの大群を率いて暴走していたので上げて落とされ大変驚きの気持ちになりました。
40代女性
今回はニルが主役で新鮮味かまありました。ライドとリッチを助けるシーンはかっこよかったです。感情を表に出さないニルがお金を投げつけるシーンは見物です。ニルが友達が出来たのですが最後は悲しすぎました。何故ミュウが居たのかも次回気になります。

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第6話>
TRACK06「グッバイ・ブルー・スカイ」Goodbye Blue Sky
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年5月08日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第6話あらすじ

10年前のフェス以来、行方不明となったジミ。傷ついた彼を連れて姿を消したというノームの民と会うべく、エコヲとミュウは海岸へと続く道を進む。だがその最中、高熱を出して倒れてしまうエコヲ。助けを求めるミュウの前に現れたのは、海の上に浮かぶ一本の道と巨大な壁。その壁に開いた扉こそ、ノームの国の入口だった。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第6話あらすじ

第6話 ネタバレはここをクリック
ミュウとエコオのジミを探す旅は引き続き続いた。10年前のフェス依頼行方不明になったジミ、曰く噂ではその時傷ついたジミを連れ去って姿を消したのが、ノームの民であった。海岸を歩いてそこに向かうと、途中で熱を出してエコオが倒れてしまう。そんなエコオを見てミュウは助けを求め周囲を見渡す。するとそこにあったのは巨大な壁でそれこそノームの街でした。一人の少女が現れてミュウとやりとりをする。曰く少女はミミナシは差別すべき対象ではないという、ゆえに祈手を嫌っていた。そこでミュウにより自らの祈手の権利を剥奪して、エコオを助けてもらうことになる。助けてもらったエコオはノーム民について聞く。そこに3人の祈手の魔の手が迫る。
第6話 感想はここをクリック
30代男性
今回のエコヲの音酔いがひどくなるんだったらプレイヤーを辞めると言ったミュウの優しさに感動しました。そしてエコヲたちが訪れた場所が昔はミミナシと人間が共存していたことに驚きました。これからエコヲとミュウが世界を変えることができたらミミナシと共存するようなこともあるのかなと楽しみになりました。
40代男性
ミュウが意外にも海を見たことがなかったのには驚きました。そしてエコヲが急に倒れて何が起きているのかと思ったらプレイヤーのそばにいることで起こる音酔いでびっくりしましたし、このまま症状が進行するとミミナシになってしまうという展開は少し怖くなりました。でも今回もめちゃくちゃ面白かったです。
30代女性
言いたい放題のワガママ娘なミュウながら何でも聞いてくれるエコヲを一番信頼しているからこそ、大切なプレイヤーをやめるとまで決意してエコヲを救おうとする行動には感動してしまったが、ミュウのお人好しは度がすぎているのが心配でならない。
40代女性
ミミナシを庇う街に訪れたミュウとエコオはその街の洗礼を受けました。そしてその後色々あったものの、結局は馴染みました。しかし祈手3人組の洗礼を受けました。これによりミミナシを操られてひどい惨事になりましたが、なんとか解決できそうで良かったです。
50代女性
ジミもいないしプレイヤーも止めたことを聞いたエコヲは、また騙されたんだよと言ってすっかり元気になっていた。音酔いでミミナシになる訳が無いとミュウには言ったけど、やっぱりなりそうだったんだな。コアパーツが光ってバリアが解け、この島(国)が現れたから、ここに来たのは必然的だったんだろう。

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第5話>
TRACK05「ビートに抱かれて」When Doves Cry
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年5月01日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第5話あらすじ

ジミの足跡を追って、殿下と呼ばれる祈手が統括する街「ペイズリー・パーク」へやって来たエコヲたち。しかし到着早々、ふたりは些細なことでケンカをしてしまう。とりあえずお金を稼ぐためにそれぞれアルバイトを始めるふたり。生まれて初めての都会の雰囲気に飲まれ気味のエコヲは、そこでキッドという名の男と出会う。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第5話あらすじ

第5話 ネタバレはここをクリック
ジミの手掛かりを求めて各地を飛び回る、エコオとミュウ。前回はフリークシーンアカデミーというジミが在籍していた、学校を通じて在籍記録を手に入れた。今回訪れた町は、ペイズリーパークだった。この街は殿下と呼ばれる祈手が統括する街で、同じ祈手として名高いジミの痕跡に非常にマッチしているという考えだった。今回二人は開始早々喧嘩をしてしまう。前回から少し相性が悪い兆候があった二人。学園で初めてのクラスに配属された中エコオはオタク傾向があり、ミュウは社交的な傾向があった。それが今回現れた。そしてまた別行動をとる二人。先ずは生活資金を集めるにはアルバイトが必要なため別々の職場であたらいていた。そこで謎の男キッドにエコオが出会うのであった。
第5話 感想はここをクリック
30代男性
どれだけいがみあっても結局引かれ合うミュウとエコヲがよかったですね。エコヲがバイト代を握りしめて意気込んで行った店で、ミュウとご対面するシーンには笑ってしまいました。シーソーをする二人も仲良しじゃないとできないですね。微笑ましかったです。エコヲのスライディング土下座もよかったですね。
40代男性
ガール6として働いていたミュウと、鉢合わせしてしまうボーイ9のエコヲ。別々に探したバイト先の部屋も隣になっちゃうし、とことん縁があるんだね。仲直りして戦いに挑んで勝利したけど、またミミナシがやって来た。殿下からジミを騙してしまったことを知らされ、また旅に出る2人。ミュウはジミの妹みたいだ。
30代女性
なんだか独特な雰囲気の回でした。今回現れたオーナーのクセが強すぎてシュールな笑いが起きました。しかし祈手の街ということもあり、ジミの痕跡がたくさん残されておりそれがいい感じに物語の展開を進めていたと思いました。
40代女性
殿下の怪しい雰囲気の会合から始まるだけに、主人公のエコヲとミュウが捕まったと思わされてトンでもない事態になったと思っていたら、単なるアルバイトの面接とは上手く構成を決めていてまんまと罠にかかった展開に笑ってしまった。
50代女性
エコヲとミュウが採用されてそれぞれを案内をしてくれた、ウェンディーとリサは正職員なのかと思っていたらまさかのバイトリーダーとその補佐とはビックリ、夢の世界を見せてくれるテーマパークとソックリなアルバイトが主体となった運営に、殿下の鶴の一声でデビューが決まるエコヲとミュウに苛立ちを募らせ勝負を挑むアルバイトのウェンディとリサの器の小ささには笑ってしまう。

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第4話>
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年4月24日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第4話あらすじ

「ティーン・スピリット」TEEN SPIRIT
トレモロ技研で得た情報をもとに、エコヲとミュウはジミの手掛かりを求め学園都市「フリーク・シーン・アカデミー」を訪れる。そこでふたりは学園長のキムに頼まれ、学園内に蔓延する「ティーン・スピリット」と呼ばれる怪しいスプレー缶の出所を調べることに。成功すれば、ジミの在籍時の記録を手に入れられるというが…。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第4話あらすじ

第4話 ネタバレはここをクリック
冒頭ニルは1人自分の生い立ちを語り出す。幼少の頃から周りから「ミミナシを呼び寄せる悪魔の子」と虐められていたが、生徒会長であるホールに会い1枚の写真を見せられそこから孤独では無くなったとニルは言う。エコヲとミュウはプレイヤー「ジミ・ストーンフリー」の情報とコアパーツの秘密を探すべくフリークシーン学園に潜入する。エコヲはかつて名プレイヤーも通っていたと興奮する。エコヲとミュウは学園長キムに謎のスプレー缶「ティーンスピリット」の調査と引き替えに「ジミ」の在籍記録を2人公開する事を約束する。さっそく調査を始める2人だったがミュウはホールに生徒会室に連れられて行ってしまう。ホールは「ティーンスピリット」の調査に協力すると約束する。別行動のエコヲは何者かに尾行されていると感じつきとめるがそれはニルだった。ニルはエコヲと仲良くなりたかったと話し屋上に案内する。エコヲはニルと「ジミ」のそれぞれの想いを共有し、友達になろうと持ちかける。一方ミュウとホールは学園内の部活を回るが手掛かりは見つからない。しかし図書室で「ティーンスピリット」の作り方を知っているという生徒に会う。動揺を隠せないホールだった。エコヲは友情の証としてニルにアンプを見せる。ニルは自分のこめかみにプラグを差し込むのだった。
第4話 感想はここをクリック
30代男性
二人とも始めての学校なんだ、まぁ田舎出身と記憶が無いんだからそりゃそうだよね。少しおちゃらけた感じの学校みたいで入りやすいな、学園長も良い人そうだし学校生活が楽しみだね。謎のスプレー缶の出処を探るために生徒会長がミュウを連れ回すけど、図書室で話を聞いた時にギクっとして怪しかったよね。エコヲはニル友達になるとか感動したよ、でも女の子だったとは驚いたな。生徒会長と悪い事してたから捕まっちゃうだろうけど逃げるのは良くないよね。またどこかで再登場して欲しいな。
40代男性
名門らしいフリーク・シーン学園は多くの名プレイヤーを排出したと大興奮のレックは何でもよく知っているなと感心したものの、学園敷地の馬鹿デカさと学園を取り囲む壁の異様な高さに描いた者自身は芸術と言い張りそうな纏まりのない絵と文字の羅列から、ミュウの感想である刑務所という言葉がピッタリで、生徒たちと学園長の頼りなさからヤバさしかなく、これだけの数の生徒がいれば奇跡的に稀な人物が出るのは当たり前だなと感じるだけに名門とは言い過ぎだろう。
30代女性
エコヲを隠れながら追いかけるニルがいじらしくてよかったです。黒幕がまさかのニルとポールだったとは。Aパートの終わりで、ニルが自分の頭の差込口にプラグを入れたのはびっくりしましたね。EDで踊っているやる気がないチアは、冒頭でも踊っていたチアですね。チアなのにやる気もなく元気もないのは、いい演出だと思います。
40代女性
エコヲたちが入った学校がミミナシたちとの戦いで親を失った孤児たちが通っていることに驚きました。そしてエコヲと友達になったニルがエコヲのアンプと繋がると、イクイップメントがミュウの時とまったく別の形になっていて面白かったです。プレイヤーで形が変わるイクイップメントという存在は見ていてワクワクしました。
50代女性
ジミ・ストーンフリーのことを調べるために学校に入ったミュウとエコヲが怪しいスプレー缶のことも調べることになる展開は面白かったです。そして今までのようなスクラップ街やミミナシとの戦闘シーンからのギャップも凄くて笑えました。

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第3話>
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年4月17日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第3話あらすじ

TRACK03

「ユー・メイド・ミー・リアライズ」You Made Me Realise
アイン、シュテュル、ツェンデの三姉妹の精神攻撃により窮地に陥ったエコヲたちを救ったのは、「真紅の麗人」の異名を持つ祈手、ビリンだった。彼女が副所長を務める「トレモロ技研」で目を覚ますエコヲ。一方のミュウは、三姉妹との戦いをきっかけに、エコヲと旅を続けることに迷いを感じ始める。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第3話あらすじ

第3話 ネタバレはここをクリック
第3話 感想はここをクリック
30代男性
エコヲが目覚めたときのシーンがよかったですね。ミュウのじーっと見てからのつっこみがいい。空中を漂うロボットがうねうねしてかわいいですね。まるでペットみたいでした。ロボのアクションシーンは迫力があり、レーザー光線の描写は特によかったですね。
40代男性
ミュウとエコヲはビリンに助けられ空飛ぶ研究所に連れて来られて良かったね、ミュウの事が狙いみたいだけど根は良い人みたいだから安心だよ。ケヴィンも引きこもりだけど凄く優秀なビルダーみたいだしエコヲのアンプも直してくれて良い人だ。結果、人生相談みたいな感じでお世話になったね、ミュウの事も少し分かったし、目指す先も決まったし良かったわ。
30代女性
イクイップメントがアンプと同じでボリュームやトーンなどを調整することで性能が変わるシーンがめちゃくちゃかっこよかったです。そしてエコヲが作ったボックスのアンプのイクイップメントが飛べるようにもなり、ミュウが前回失敗した必殺技のトップブーストも成功していて、とてもワクワクしました。
40代女性
ケヴィンがエコヲの持っていたジャンク部品から作り出したお手製アンプに感動していたのに対して、エコヲは憧れのケヴィンに出会って感動と同じ興奮から会話が弾み、それを見ていたミュウとビリンの女性2人が自分たちとの会話で見せない表情に嫉妬する姿が可愛らしく、短い時間で男女の違いを上手く描けているのがとてもいい。
50代女性
エコヲが憧れていた三姉妹が、突然現れた他のイクイップメントと戦っていて驚きました。そしてそのイクイップメントに乗っていたビリンに連れて行かれたエコヲとミュウがトレモロ技研という調査機関に拘束され、ミュウは少し困惑していて、エコヲは憧れてる人に会えてまたテンションが上がっているというギャップは面白かったです。

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第2話>
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年4月10日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第2話あらすじ

TRACK02

「半分人間」HALBER MENSCH
まるで逃げ出すようにリバチェスタの街を飛び出したエコヲとミュウ。ふたりを待っていたのは、無人の荒野とどこまでも続く線路だった。このまま平和な旅が続くのかと思いきや、突如現れたミミナシに襲われるエコヲたち。必死に応戦するも、森の中に放り出されてしまったふたり。さらにそこに、正体不明の祈手が襲いかかる。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第2話あらすじ

第2話 ネタバレはここをクリック
エコヲはミュウの記憶を見つけるために、ミュウと一緒に旅に出た。途中で野宿をすることになった。そこで、ミュウはエコヲが持っていたプレイヤー名鑑を眺めた。エコヲはプレイヤーが大好きで、その中身を全て覚えているようだった。ミュウはその名鑑に載っていない謎の存在だった。ミュウが眠ってしまった後、エコヲは山の中で、あるはずのないトイレを見つけてしまった。彼がそこで用を足していると、ベールを被った奇妙な3人の女性が登場した。どうやら彼女たちはノイズ三姉妹のようだ。エコヲはプレイヤー名鑑に載っていた彼女たちを見て、大興奮した様子だった。その後、ノイズ三姉妹はミュウを見つけ、ミミナシと無鉄砲な戦いをする彼女を非難した。 
第2話 感想はここをクリック
30代男性
なんだかんだと言いながら巨大過ぎるトイレに行ってしまうレックの行動と思いのチグハグさが可笑しく、その怪しい雰囲気が漂う巨大なトイレに登場するノイズ3姉妹が醜いと言葉を発するが、用を足していたレックの元にやって来るノイズ3姉妹こそ醜い行動だと感じられ笑ってしまった。
40代男性
エコヲが憧れるプレイヤーのノイズ三姉妹に出会ったときにエコヲがサインをくださいと言っていたのが面白かったです。そしてプレイヤーであるミュウが伝説のプレイヤーの遺児であることがわかったのでこれからどんな展開になるのかとても楽しみです。
30代女性
二人で逃げて来ちゃってエコヲは不安がってたけど綺麗な夕日を見て感動したのはホッとしたな。ミミナシが襲ってきた時はビックリしたけどノイズ三姉妹が操ってるとか何者なんだろう。ミュウがミミナシの王みたいな事言ってたけどどういう事なんだろう、パーツも欲しがってるし最終的には何がしたいんだろうね。もう一体登場したけどエコヲが知ってるみたいで凄く気になる、早く続きが見たいわ。
40代女性
3人組のプレイヤーとミュウがひたすら戦闘するシーンがなんとも印象深かった。敵プレイヤーからは、ミミナシが、プレイヤーになり損なった人間っていうのを教えられたり、王だのなんだのといろんな回想シーンにはミュウの過去が散りばめられているようで、これからの展開が気になる。
50代女性
ミミナシ、プレイヤー、そして人間の違いがようやく分かりました。ミミナシはある意味、妖怪みたいな存在なのかもしれないと思いました。ミュウ以外にも、新たなプレイヤーが登場し、これからの展開が非常に気になります。

<アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第1話>
MBS/TBS”アニメイズム”枠 2020年4月3日(金曜)25:55~26:25放送

<公式>第1話あらすじ

TRACK01

「リヴ・フォーエヴァー」 Live Forever
スクラップの山に取り囲まれたリバチェスタの街で、ゴミ漁りをしながら暮らす少年・エコヲ。ある日、彼が掘り出したのは、腰にジャック穴のついた正体不明の少女だった。記憶がないという彼女を、家に連れて帰るエコヲ。しかしそんな彼の行動が、街を揺るがす騒動に広がっていってしまう。

【出典;アニメ「LISTENERS リスナーズ」/第1話あらすじ

第1話 ネタバレはここをクリック
舞台はミミナシという、異星人に侵略された世界、そこではスクラップの廃棄が進んでいました。そんな世界で、唯一ミミナシに対抗しうるのが、祈手と呼ばれる、ロボットとの接続を可能にする人物達でした。主人公はあんまり強そうではなく、小さくひ弱な逆境タイプといったイメージの人物像です。そんな中で、普段通り、スクラップ山で採掘の肉体していると、謎の白髪の少女に出会います。その少女は記憶を失っていて、主人公があれこれその世界のことを教えて意気投合します。そこにミミナシ登場、ピンチに陥るも、彼女が祈手の力を発揮しミミナシと対峙することになります。凄まじい戦闘能力を発揮して迫力のあるバトルが繰り広げられ無事ミミナシを撃退、新たな冒険が始まりました、
第1話 感想はここをクリック
40代男性
ボックスのアンプがイクイップメントというメカになることには驚きましたし、めちゃくちゃかっこよかったです。そしてプレイヤーとミミナシとの戦闘シーンは思ってた以上に壮大で見ていて面白かったです。これから主役の二人がミミナシとの戦いをどうやって進めていくのか楽しみです。
50代男性
第一話では説明的な部分がほとんどであって面白いのかどうか見極めている段階。ミミナシという生命体がどのように生まれたのか、イクイップメントとは何なのかというのを今後の話で見えてきて、スクラップの街で働く少年の成長をwがいていき、面白くなっていくんじゃなかなと思う。
30代男性
ミュウは記憶喪失していたという設定ですが、にもかかわらずサバサバとしてて明るいのは見てて清々しくなりますね。主人公のエコヲは平凡を望む少年といったところから、ミュウとの出会いで変化が起き、彼の踏み出した最初の一歩には視聴者も何か始めた時の気持ちとでシンクロする部分もあるのかなとも感じました。ジャンク品の回収が趣味とのことですがプレイヤーのメカニック担当になるのでしょうかね。1話は戦闘シーンの紹介のような形でしたが、ここに音楽をどう絡ませていくのかが見物になるのではないでしょうか。
30代女性
設定が結構わかりずらいというか、把握するのに少し戸惑う部分があっていろいろ突っ込みたいところもあったけれど、アンプがロボットみたいになったり、絵の雰囲気とは違った印象を受け、これからの話の展開がどうなるのか楽しみ。
30代女性
エコヲからいい人オーラしか感じられず、そして、ミュウちゃんはナイスバディで可愛いし、とてもいいコンビだなと思いました。最後に街のシンボルを倒してしまったのには爆笑でした。ミュウの失った記憶にはどんな秘密があるんだろうかと気になります。

アニメ「LISTENERS リスナーズ」あらすじ・キャスト詳細

公式サイト 公式Twitter

■Introduction

Introduction

始まる、決して忘れられない「音」の旅路。
がれきの山で出会ったのは、腰にジャック穴のあいた少女──!?スクラップ拾いの少年・エコヲと、腰にインプットジャックの空いた記憶喪失の少女・ミュウ。二人は出会い、記憶をたどる旅に出る──。
『カゲロウプロジェクト』のクリエイター・じんと『交響詩篇エウレカセブン』の脚本家・佐藤大が放つ、新アニメ・プロジェクトが始動!音楽とテキストを巧みに織り交ぜる2大クリエイターが描くのは、ロックミュージックが持つ興奮と喜び、またその魂が渦巻くような、少年少女たちの青春シンフォニー。主題歌や劇伴の楽曲プロデュースもじんが手掛け、「ロック」をテーマに、視る者聴く者の魂を熱く揺さぶる―。アニメーションは、『亜人』の安藤裕章が監督、『ユーリ!!! on ICE』『ゾンビランドサガ』など数々のオリジナル作品を世に送り出してきたMAPPAが制作を務める。
豪華クリエイター陣が送る物語は、ロック史に残る伝説を自在に織り交ぜながら、 決して忘れられないふたりの旅を追いかける―。

【出典:アニメ「LISTENERS リスナーズ」Introduction】

■Cast

エコヲ・レック:村瀬歩
ミュウ:高橋李依
ニル:釘宮理恵
ロズ:花澤香菜
殿下:諏訪部順一
リッチー:上村祐翔
ライド:八代拓
ジャニス:上田麗奈
ロバート:銀河万丈
ホール:下野紘
キム:田中敦子
ウェンディ:本名陽子
リサ:ゆかな
レオ・マーシャル:千葉繁
アイン・ノイバウテン:大原さやか
シュテュル・ノイバウテン:日笠陽子
ツェンデ・ノイバウテン:黒沢ともよ
スエル・レック:佐藤利奈
マッギィ:チョー
サリー・シンプソン:島袋美由利
トミー・ウォーカー:中村悠一
エース元帥:大塚芳忠
ビリン・ヴァレンタイン:水樹奈々
ケヴィン・ヴァレンタイン:山寺宏一
ジミ・ストーンフリー:福山潤

アニメ「LISTENERS リスナーズ」の期待どころを募ってみた☆

40代男性
腰にジャック穴が開いた少女、それはもう人間ではなく、アンドロイドではないですか。設定としては、ミミナシに支配された世界を救うことができるのは、音楽の力のようで、その力を開放できるのは、能力者だけのようです。能力者の少女と彼女を見つけた少年とのタッグで、ミミナシを征伐できる音楽を求めての冒険物語が想像できます。かつての人気作マクロスのように、音楽が世界を救う的な価値観の下で展開されるアニメなのでしょうか。ただこの作品は、戦いや恋愛よりも、音楽性を重視しているようです。展開が読めないですが、従来にない新しい音の世界を生み出し、我々視聴者を興奮させる内容を期待します。
コメントをもっと読む
30代男性
サイトを見ると、まだ登場していないキャラクターが多くいると分かります。しかし、いずれのキャラクターも有名声優の方々が演じているので、各キャラクターが登場して活躍するのが楽しみです。主人公のエコヲとミュウの冒険の続きが気になります。まだまだ謎の残る世界観と設定が明らかになるのが楽しみです。オリジナルアニメなので、無限に可能性があります。その条件でどんな深みのあるシナリオが展開するのか、全てに期待できます。音楽家のじんさんが担当するBGMがとてもよいです。これからも場面にマッチしたすばらしい音楽が楽しめるよ良いです。
30代男性
記憶喪失のヒロインミュウを演じる高橋李依さんお声がとても好きです。彼女のお芝居がもっと見たいです。まだ明かされていないミュウの過去について言及するであろう今後の展開がきになります。絶対にキーパーソンとなるおは彼女なので、世界にどう関係するキャラクターなのかがしりたいところです。ミュウの腰にジャックがあり、ケーブルをつなぐとロボットが登場する設定がかなり奇抜なものとなっています。興味深い設定でした。今後もまだ出るであろうロボット達との迫力あるバトルシーンがみたいです。アクションパートも爽快なアニメだと思います。最後までたのしく見たいです。
30代男性
主人公エコヲのどじで天然っぷりなところがいいですね。倒れて足がピクピクしているシーンは好きですね。ストーリーも、ミュウに振り回され、尻に敷かれながら展開するのがおもしろいです。そしてたまにある、ミュウの絶叫、とてもいいですね。また、作画のレベルが高いので見ていて心地いいですね。OPがかっこよくセンスがあるのがわかりますし、建物がすごく細かく描かれているシーンやレーザー光線の描写が見入ってしまうほど見事でしたので、その点も注目したいと思います。ギャグ要素もあるのがいいですね。三人娘とのやり取りでは思わず笑ってしまうシーンがありました。空中を漂うウニョウニョ動くロボットもかわいかったです。作品としての完成度がとても高く、話もおもしろいので期待しています。
40代女性
思わずSFチックな物語なのかと思ったら、それだけではないようですね!記憶喪失の少女が出てくる辺りは、なんだかありきたりなのかと感じましたが、そこから記憶を探っていく旅に出ていくうちに、主人公のエコヲがたくさんのことを学んでいきそうな予感がしますね!伝説を残した祈手(プレイヤー)にスゴく憧れているエコヲが、どんな成長を見せてくれるのか楽しみです。記憶喪失の少女・ミュウと心が通い合う過程も気になりますし、なにより謎多き人物として描かれるジミがどんな人物なのか興味津々です!ミミナシに襲われながら、ミュウの記憶を甦らせることは出来るのかハラハラしそうですね!
20代男性
現時点での印象ですが、opがすごくかっこいいです。凄い盛り上がります。今季のopで一番好きです。話の内容に関してですが今のところはそこそこ面白いという印象です。ミミナシに襲われながらも、団結して成長している2人の姿に胸を打たれます。自分は人間同士の素晴らしいやりとりの描写が好きなのですが、ロボットが出現してしまうとどうも、微妙な気分になってしまいます。ということでまあまあという個人的な意見です。祈人も増えてきて事態はより面白い状態になってきました。このまま2人の絆が深まって幸せな展開を期待したいです。
30代男性
このリスナーズというアニメはすごく独特のテイストがあると感じました。主人公は典型的な機械好きの少年で初回からゴミ置場を色々漁っていたので物語の展開を何か暗示している感じでとても良かったです。そこで機械の女の子のミュウという子と出会うのですが、プレーヤーという腰のところにジャックがあるので見た目からして変わっています。この場面を見たときに自分の頭に真っ先に思い浮かんだのがマトリックスの世界でした。あれも確かジャックが頭の後ろについていたので、それとはおそらく意味合いは違うのでしょうが、すごくワクワクしました。
30代男性
このアニメのキャラクターデザインがジョジョっぽくてすごくいいです。ですが話の内容は初見だとかなりわかりづらい部類に入ってしまうと思います。プレーヤーだのフェスだのと専門用語のような言葉が飛び出してくるので少しだけしんどいです。ですが、その用語がわかったら結構物語に没入できるのでいいと思います。ジミという人物を追って旅立つのですがこの先の展開がすごく楽しみでワクワクします。やはり戦闘のシーンをたくさん見せてほしいですね。ミュウが戦っているところを見るのが好きなのでその場面をこれから後半にかけて盛り上がると嬉しいです。
20代女性
初めて「LISTENERS リスナーズ」のオープニングとエンディングの映像を見たとき、とても感動しました。オープニングはアップテンポで、映像もその曲調に合わせたスピード感のある描かれ方がされていて「曲も映像もかっこいい!!」と思いました。エンディングは高橋李依さんの歌声が曲調とピッタリ合っていて「もっとその歌声を聴きたい」と思うほど素敵でした。アニメの公式サイトを見ると、高橋李依さんは他にも数多くのエンディング曲を歌われるということが分かったので「次は一体どんな曲調の歌を聴くことが出来るのだろう」と今からとてもワクワクしています。
40代男性
アニメの舞台は、「ミミナシ」という謎の生物に人類が襲われている世界です。主人公のエコヲは、ミミナシを倒すことのできる存在、プレイヤーに憧れを抱きつつ、ゴミ捨て場でスクラップを拾う毎日を過ごしていましたが、プレイヤーである不思議な女の子と出会い、冒険の旅に出る、といった展開です。音楽とロボットものが融合したとても不思議な展開です。一風変わった作品ですがとてもポップなノリで楽しい作品です。最後は音楽の魅力により世界に平和が取り戻せるのか、といった感じの流れになるのでしょうか。今の社会も新型コロナウィルスの影響でなんとなく暗くなっていますが、こんな感じで明るくなればいいなと思います。
40代男性
MAPPA制作のアニメと知ってさっそく興味をそそられました。MAPPAといえば、いぬやしき、どろろ、残響のテロルなどハードな話題作が有名です。リスナーズというタイトルや謎の存在であるプレイヤーなど何かオーディオ機器を土台にした斬新なストーリーだと私は予想しています。本作のシリーズ構成の佐藤大は攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXや東のエデンの脚本もつとめているので、その実力は折り紙付きです。予告映像を見たかぎりですが、ディストピア感とハイセンスな音楽とキャラクターのスピード感が印象的でした。
40代男性
エウレカセブンが好きだったので、脚本家の佐藤大さんがスタッフということと、豪華な声優陣なので、かなり期待しています。とくにメインヒロインと思われる、声優の高橋李依さんが気になります。からかい上手の高木さんなど、好きなキャラの声が多いので。playとpray(祈り)をかけていると思われる、プレイヤー、祈手という言葉のセンスもいいと思います。絵柄もエウレカセブンに似ているので、好感が持てます。女の人の声も花澤香菜さんなど魅力的な人が多いですが、山寺宏一さんの、エヴァンゲリオンの加持リョウジ風のキャラが気になります。もしかしたら人気作になる可能性を持った作品だと思います。期待を持って見ます。
20代男性
カゲプロとエウレカの監督のコラボです。期待が高まります。pvを前に見て今季一番期待したい作品だったので、後数分で放送されるというのがなんとも言えない気分です。日常形とかゆるゆる形とか、スポーツ形とかでなく、こういう本格的な荒廃した世界での出来事を描いた話がすごい好きです。またキャラクターデザインがあらすじの話の雰囲気にすごいあっているなと思いました。一般人の少年が、謎の少女に出会って、困難に立ち向かっていく。想像だけでワクワクするシチュエーションです。声優さんも大変豪華でした。それじゃあ今から期待してた作品を味わってきます。
20代男性
一話を見てみたところロボットアニメでした。監督がエウレカの人だったので、まあ納得です。最近見たロボットアニメだと自分にとってはダリフラやグランベルムが印象に残っています。これらと比べると、キャラデザはゆるゆりキャラになっておらず、本格的なデザインになっていると思いました、またとにかく声優が豪華過ぎるので、これからの展開で出てくるキャラに期待がかかります。そんで今回見た一話では特に進展はなく、世界観が分かりずらかったので、引き続き次の話に期待したいところです。好きなシーンは主人公が溺れる表現のところでヒロインが手を差し伸べるところです。
50代女性
ミミナシを倒すためにはプレイヤーが必要ですが、そのミミナシさえ寄り付かなかった場所に、ミミナシがやってきました。しかし、エコヲが助けた記憶喪失のプレイヤーのミュウ(仮名)が、ミミナシを倒すことが出来て良かったです。エコヲは本当の自分をさらけ出すことができずにいました。ですが、自分が死ぬかもしれないとなった時に、今までの人生に降下していることに気付きました。そう感じさせてくれたのはミュウだったのでしょう。二人はこの街を抜けて旅に出ることにしました。果たして二人の冒険は何が待っているのかが興味深いです。そして、ミュウは記憶を取り戻すことが出来るのかも気になります。
50代女性
プレイヤーを嫌い、ミミナシさえも寄り付かなくなった今の街を守ろうとする町長さんが、あのまま倒れてきた石の下敷きになって無くなってしまったのかと思いました。しかし、その中から這い出て来たので、ほっとしました。さらに彼もまたプレイヤーとの思い出があるようで、その真相もこれから分かってくるのでしょう。毎日、ゴミ拾いだけの生活が良いと思っていたエコヲでしたが、ミュウとの出会いによって、彼は今後、大きく変わって行くのでしょう。このアニメのタイトルが「リスナーズ」ということなので、音楽や音、またはそれを聴く人たちに関係したストーリーなのだろうと想像しています。 
40代男性
一見スチームパンク風な世界観に見えますが、体に音声出力用のフォーンジャックがついていたり、ロボが出てきたりとどちらかというと、サイバーパンクな世界なのでしょうか。PVを見る限り、独特の世界観が表願されていて凄くそそられる感じです。世界観もいいんですが、もっと気になるのはメインのエコヲ・レック役の村瀬歩さん、ミュウ役の高橋李依はもとより、脇を固める声優さんが豪華ですね。すでに、公表されているキャストの方々を見ると、あまり声優さんには詳しくない私でも、ほとんどの方がわかるほどです。釘宮さんとか、花澤さんとか、もう見るしかないですよね。
30代男性
まずこのアニメの何が凄いかを考えた時に真っ先に思ったのが声優の豪華さですね。人気声優目白押しといった感じで絶対に制作費に響くであろう感じのベテランから若手のホープなど色々と出ていてちょっと恐ろしくなりました。山寺宏一さんがラインナップされていたのでまず驚いたのですがある意味ちょい役っぽいキャラにも有名声優さんを当てていたのでどういうつもりかと思いましたね。でもそれだけこのアニメが面白いということを証明してくれる材料にはなると思います。ミュウという女の子の腰のところにジャックが付いていてプレイヤーだというので彼女が戦うのでしょうね。この先の物語の展開がかなり楽しみです。
30代男性
声優陣を見た限りだとコードギアスの声優陣が結構出ているなという印象を持ちましたね。福山潤さんや大原さやかさんやゆかなさんなどキャストを見た瞬間とても嬉しい気持ちになりました。気になるキャラクターとしてはやはりメインヒロインであるミュウという少女がなぜゴミの中で発見されたのかその原因がとても気になります。彼女はプレーヤーだと話してジャック穴にコードを差し込んで覚醒していましたからすごく展開が面白そうに見えました。きっとバトルアニメなんでしょうね。敵が誰なのかもまだ分からない感じですが予告から感じる面白そう感はすごいので期待したいと思います。
30代男性
出演する声優さんが豪華なのが気になるところです。記憶喪失のヒロインを演じる高橋李依さんのお声が好きなので、キャラクターも含め彼女の活躍が見られるのが楽しみです。どこか荒廃した感じもする世界観が気になります。現代でなければ従来の異世界ファンタジー感でもない変わった世界だと思います。プレイヤーと呼ばれる肩書が一体どういうものかについては何からなにまで分かっている状態ではありません。物語を追っていく中で、真の謎がとけると良いです。主人公とヒロインとの間で恋愛模様を描く展開もあるのかと期待しています。バトル展開も激しく描かれるようで楽しみです。
30代男性
出演声優陣が豪華なので、皆さんの声の演技が聞けるのが楽しみです。このメンバーが集まるのも珍しいと思える出演者たちだと思えます。音楽をテーマにしたSFやファンタジーの要素が混じったような世界観は非常に興味深いです。音楽家のじんさんが楽曲面で関わっている点が気になります。彼の作る良質な音楽をアニメ本編の中で楽しめるとよいです。主人公とヒロインがメインのボーイミーツガールもののような展開なのが楽しみです。個人的には好きな導入です。オーディオ機器を擬人化したような突飛なキャラクターデザインが光って目立つと思います。
30代男性
声優陣が豪華すぎますね。声優陣に予算かけすぎて途中で作画崩壊したりしませんよね?製作はMAPPAなのでそれはないと思いますが・・。賭ケグルイが大好きだったので期待しています。今回はなにやらEDが毎回かわるとか。歌がうまい高橋李依さんですね。こちらもよさそうです。ジャンルとしては、ロックとロボ?ということはマクロスFみたいになるのか?腰とか頭にジャック穴があいているとか、どんな設定?PVも見ましたが、壮大なスケールっぽくて作画も良さそうですし、なによりアニメイズム枠ということで1話目から期待しています。
30代女性
音楽をテーマにしているアニメなんて珍しいですよね、特に音楽とバトルが絡み合うストーリーなんて、今まで見たことがありません。人だけではなく魔物も出てくるようですし、キャラクターたちも見た目が大変魅力的です。主人公は出会った少女と旅にでるストーリーになっているようですが、一体どんな旅をして、どんな登場人物と出会っていくのでしょうか。そして主人公たちの生きる世界も埃が買ったジャンクシティのようで、少し寂れた寂しい感じがするのも魅力的です。アクションあり、人情劇あり、ジャンクロボットあり、音楽ありって、面白要素多すぎませんか?期待大です。
20代男性
やはり音楽×アニメのコラボレーションということで、楽曲面の期待と、そこにアニメーションをどう絡ませるかに注目や期待をしています。エウレカシリーズの脚本家の方がプロジェクトに関わっているということで、エウレカを知る人からも関心を集めそうですね。深夜アニメ系の作品でロックミュージックを扱うのは少し珍しいと思うので、その挑戦的な切り口も楽しみです。また音楽アニメではありますが、少年少女が主役なので彼らによって展開される青春群像劇のような展開も予想されるのではと思います。人間サイドに対して明確な敵が展開されているようなので、ストーリーの流れとしてはわかりやすいところもあると思います。
30代男性
主人公がラジカセ見たいな機械からコードを取り出して女の子の腰のジャックの部分のところに刺した場面がすごく謎でした。あれをすることで女の子にどんな変化が生じるのでしょうすごく楽しみです。主人公とミュウというヒロイン以外にもたくさんキャラクターが出るみたいなのでそのキャラたちもすごく個性豊かで気になります。謎の三姉妹見たいな敵か味方かわからないキャラたちが予告に登場するのですが、それが一番気になりました。自分の願望では敵の方が面白くなりそうなのでその方向でいって欲しいですね。やはり主人公の成長が見れそうなのでワクワクします。
30代男性
予告を見た感じだとバトルもののアニメなんでしょうか。ゴミ山で見つけた少女は腰にジャックが付いていてそれにコードを差し込むと覚醒するみたいな感じでした。なぜか主人公はその女の子のことをプレイヤーと呼んでいたので勝手に音楽プレイヤーを想像してしまいましたが違うような気がします。まだ展開が未知数な感じではありますが、すごくワクワクする冒頭の展開だったので初回は必ず見たいと思います。キャラクターデザインも自分の好きな感じのテイストだったのでとても楽しみです。やっぱりなぜゴミ山の中に女の子が埋もれていたのか気になります。
20代女性
まず絵がいいなと思いました。今のアニメの綺麗な作り物のようなキャラクターではなく、漫画タッチなあじのあるキャラクターたちがたくさんいるので、見てみたいなという気持ちになりました。また、コンセプトが非常に面白いです。ロックミュージックが持つ興奮と喜び、またその魂が渦巻くような少年少女たちの青春シンフォニーとはどのようなストーリーなのかわくわくします。普段ロックを聴くことがないので、このアニメで新しいロックの味方や聴き方ができるといいなと思っています。どんな曲が使われるのか、また声優さんにも注目したいと思います。
50代女性
このアニメのストーリーは「聴く」ということがテーマのように思いました。「ミミナシ」という謎の生命体がこの世の中を恐怖に陥れようとしているようです。主人公の少年エコヲは記憶喪失になっている少女ミュウと出会い、二人で過去の記憶を辿るたびに出かける物語のようで、その展開がとても気になりました。非現実的なストーリーのような気もしますが、「聴く」ということの大切さを再確認できるような内容だと思います。最後は「ミミナシ」をやっつけることが出来るのか、そして世界は平和になるのか、さらにはミュウの記憶を取り戻すことが出来るのかがこの作品の見どころだと思いました。 
20代男性
これはオーラが凄いです。pvの時点で世界観に入れます。舞台はミミナシという謎の生物に支配された世界です。人類はこの生物に脅かされる生活を送ります。中々の終末を感じさせられるような話ですね。人々の平穏など、いともたやすく潰れてしまいます。そんな世界でミミナシに対抗しうるのが、戦闘メカです。プレイヤーという人種しか操縦できない特別な機械です。主人公はそんなプレイヤーに憧れを抱いた少年エコヲです。自分の予想だとこの主人公は今まで色んなアニメを見た経験上凄い強くなりそうです。そしてある日採掘場でミュウという少女と出会い物語がはじまります。絶対感動あり、泣きありで最高のアニメになる予感がします。楽しみです。
20代男性
音楽を主とした物語だそうで、今までの作品にはないような新しい感じがしますね。主人公のレックは、気弱な性格でありながらも、謎の生命体ミミナシと戦うプレイヤーに強い憧れを持っていて、この主人公がどんなふうに成長していくのかが見どころなのではないでしょうか。また、この作品には、主人公以外にもたくさんのキャラクターがいて、主人公と出会う記憶を失った少女ミュウ、などはなんとも興味深いキャラクターだと思うし、物語に大きく関わってきそうな気がします。その他にも個性豊かなキャラクターがたくさんいて、とても楽しみです。
20代女性
あの人気アニメである交響詩篇エウレカセブンの脚本家ということで、儚くも壮大なストーリー展開が期待できると思います。個人的にロックバンドやロック音楽が好きなので、それにスポットが当たっている点も興味がわきます。どこか謎めいた物語が、とても見ごたえありそうで面白そうだし、様々な設定がどれも自分好みです。主人公のバックグラウンドにある背景も魅力を感じます。音楽に特化しているので例えばフェスなどといった今、音楽業界で人気の要素も多数登場するのが予想できるし、ただ単にアニメファンだけでなく音楽ファンにも刺さるアニメになるのではないでしょうか。
20代女性
荒廃した世界でのボーイミーツガールもので、加えて音楽をテーマにしているという目立った点もあります。第一印象としてはかなり興味をひかれます。柔らかい感じのするキャラクターデザインは秀逸で、登場キャラクターが多いのも興味をひかれます。いずれのキャラクターも有名で演技力の高い声優の方が演じているのでお芝居の面でも期待が大きいです。ヒロインの腰にジャックがあり、そこにケーブルを差し込んで音楽を奏でるという設定はかなり奇抜だと思います。どんなお話が展開するのか見るまで分からない感じなので期待に胸が踊ります。じんさんが音楽を担当しているので、楽曲面でも楽しめそうだと期待します。
30代女性
「LISTENERS リスナーズ」は、人類への脅威に立ち向かうストーリーとなっていますが、その中には音楽の要素が入っているのです。したがって、ちょっと変わった設定のアニメと言えると思います。この作品では、特に祈手(プレイヤー)という存在が重要であり、人類にとって脅威となるミミナシに対抗できる唯一の存在となっています。この祈手として多くのキャラが登場し、実際に戦闘をしていくわけですけど、かなり個性的なキャラが登場します。見た目や性格の部分に特徴がある祈手が多く出てくるので、そういった面が特に注目だと思います。
20代女性
物語の舞台はスクラップの街リバチェスタ、物語はこの街で姉のスエルと暮らすエコヲ・レック、そして謎の少女のミュウを中心に展開されていきます。一方で、世界は謎の生命体ミミナシに支配されて人々は恐怖に怯えています。そんなミミナシに対抗できるのは祈手といった能力者のみ。エコヲはかつてミミナシとの戦いで伝説を残した祈手のジミに憧れを抱いています。人々の心の中にある音楽への想いを2人の若者の冒険で表現した新しい趣向のアニメです。果たしてエコヲはジミに会えることができるのか?そしてミュウの失われた記憶は取り戻せるのか?2人が生命体していく姿にも期待したいです。

細かいところまですごい演出!しかしこれに気づいた方もすごいです!