ドラマ『リモートドラマ Living』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程

第1夜 5月30日(土) 総合 よる11時30分~11時45分
第2夜 5月30日(土) 総合 よる11時45分~午前0時
第3夜 6月06日(土) 総合 よる11時30分~11時45分
第4夜 6月06日(土) 総合 よる11時45分~午前0時

ドラマ『リモートドラマ Living』動画視聴方法

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』の
トライアル期間を利用して”完全無料”で見放題♪

初回1ヶ月無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』おすすめポイント

★配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!

★ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!

★電子書籍のサービスも!『non・no』や『週プレ』など70冊以上の有名雑誌が読み放題!

★継続利用で『1200円分』のポイントが【無料】で貰える!
ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!※月額1990円(税抜)かかります

●『U-NEXT(NHKオンデマンド)』ユーザーからの耳より情報☆

NHKの過去の膨大なライブラリーがたのしめます。NHKファンには垂涎モノだとおもいます。歴史を遡ってかなり古い作品も楽しめます。現在放送している新しいものももちろん見れます。気に入っているのは過去の連続ドラマ小説が見れることです。これらはレンタルビデオショップには並んでないものも多く、販売しているものでももう買えない作品もあります。形にこだわらず、映像だけを見て楽しみたい人にはおすすめです。見放題プランはお得で、買ったり借りたいするよりも絶対に安く上がります。【30代男性】

ドラマ『リモートドラマ Living』見逃し動画 検索

  • <第1話〜全話>をフル動画視聴!
U-NEXT(NHKオンデマンド)
  • 動画共有サイト
YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。

<『リモートドラマ Living』見逃し動画 第2話>
2020年05月30日(土)23時45分〜00時00分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていない場合が多いです。

第2話 公式あらすじ

【出演】永山瑛太×永山絢斗  壇蜜(声)/阿部サダヲ

舞台は近未来の日本。 “過去にはやった料理”を作ることを生業(なりわい)とする兄弟のもとに、ある朝、1通の手紙が届いて…。

【出典:『リモートドラマ Living』見逃し動画 第2話あらすじ

第2話 ネタバレはここをクリック
近未来の日本のとある家で「過去にはやった料理」に挑戦している兄弟がいた。弟のライは今回の料理に使うパン粉と呼ばれているものが見つかったことを伝え、兄のハクはひき肉やジャガイモを使用する今回の料理「コロッケ」についての調理工程を説明する。この謎の食べ物が本当に美味しいのか不安を感じるが、二人はライが好意を寄せている管理人さんの話をしながら料理を始める。戦争が再び始まる手紙を貰った二人は戦争が始まったきっかけや、元々同じ国だったのに国境が出来たことにより兄弟でも国が違うことについて話す。ハクは下ごしらえが済んだ食材を揚げ始めるが、そんな時に管理さんが訪ねてくる。ハクは玄関に行ったライに対して管理人さん好きだと言ったかを確認するが、ライは悲しそうに微笑みながら管理人さんが一人ではなかったことを伝える。
第2話 感想はここをクリック
40代女性
今回はイケメン二人の兄弟出演だったのでさらに新鮮でした。やりとりも自然でしたが、何よりキッチンにふたりで立っている姿が良かったです。なかなか見れないショットですよね。エプロン姿にふたりとも眼鏡って地味なのになんだか味わいがありました。全話に絡む阿部サダヲさんと声出演の壇密さんも毎回楽しみです。小説の中のひとこまという形なので今回もある通知がふたりの元に来るという設定から話が広がって面白かったです。
30代女性
過去に流行した料理というあまりにも幅広く抽象的な表現にしているのが少し気になりましたが兄弟設定がとても自然すぎるせいかもう少し長い時間において二人の関係性や会話を観ていきたいなと思えてしまう部分がありました。
30代女性
1話と違って画面を分割した映像じゃなかったのがすごく良かったです。初回のやつは分割画面でどの画面を見たらいいのか混乱する感じだったので今回はすごく物語がすんなり入ってきてよかったです。次回も楽しみですね。
30代女性
2人が兄弟というのにも関わらずお互いに、あんたって呼び合っているというなぞ設定が妙に違和感ありつつもちょっとしっくりしてくるという不思議な感覚。ラストで作家が書く人間の毒が毒でなくなってきてしまった、という言葉にはなるほどなと思える。
40代女性
永山兄弟は年の差があり、昭和生まれと平成生まれで、その差がドラマのネタになっていたのが笑えました。。とりあえずの発音や道徳の教科書の内容の違いに触れていました。料理をしながら二人共、凄く笑顔で会話しているので日常も仲が良さそうと思いました。
[/voice]

<『リモートドラマ Living』見逃し動画 第1話>
2020年05月30日(土)23時30分〜23時45分

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていない場合が多いです。

第1話 公式あらすじ

<出演>広瀬アリス × 広瀬すず

一緒に暮らしている仲良し姉妹。 はた目には平凡な生活を送っているように見える
彼女たちだったが、実は誰にも見せない“裏の顔”があり…

【出典:『リモートドラマ Living』見逃し動画 第1話あらすじ

第1話 ネタバレはここをクリック
作家が散らかった部屋の中で締切に追われていると、机の上に転がっていたドングリが話しかけてくる。作家がドングリに「部屋を開けて一歩外に出たら人類は既に滅んでいるんじゃないか、もうこの世に私しか存在してないんじゃないか」と告げたことから、ドングリは「あなた達人類は地球にいいこと何一つなさってない…人間の長所とは何でしょう?」そこで作家は人間の長所について想い巡らせながら執筆に取りかかる内容が物語へとつながる。それはホモサピエンス派の姉(25才・魚座)とネアンデルタール人派の妹(21才・獅子座)が登場、姉妹に共通する特技は鼻でハーモニカが吹けること。姉妹はホモサピエンスの男性とネアンデルタールの男性の違いについて、互いの議論を始めるのだがネアンデルタール人は絶滅。の結末を迎え、気づけば締切時間の呼びかけで第一話は終了となる。
第1話 感想はここをクリック
40代女性
広瀬姉妹、永山兄弟がそれぞれ共演ということで期待して視聴した。阿部サダヲが出てきたのは予想外だったが、ストーリーテラー的な存在で、彼の創作の世界だというのが初めはわからなかった。それとそれぞれの世界観、広瀬姉妹は絶滅寸前の存在、永山兄弟は未来の存在、それぞれ別の話だったが、2話続けてみたので、時間軸がごっちゃになってしまいそうだった。試みとしては面白かったし、姉妹・兄弟共演が興味深かったが、内容がわかりづらかった。
30代女性
阿部サダヲの空想として描かれる世界という形がとても面白かった。いきなり生ハムを切る広瀬すずには驚いたが話が進み、姉妹の恋バナについてのやり取りがドラマ以上の雰囲気が出ていてとても楽しかった。姉妹の言う通り、ホモサピエンスでは「ちょっと悪いのにちょっと可愛い男性」はかなりモテると思う。
40代女性
凄く新鮮ですね。姉妹が揃って同じ部屋にいると、日常の二人の会話はこうなのかと錯覚してしまいました。間違いなくファンは喜びそうです。面白いです。リモートドラマはどのように収録されているのでしょうか。気になります。
40代女性
なんだかんだと『ホモサピエンス』の文句を言いながらも、妹が『ホモサピエンス』の男の子とお出かけする事になったのを喜ぶ姉が良いな、って思いました。『ネアンデルタール人』だけど、現代人(ホモサピエンス)と混じって暮らす、って実は大変なのかもしれないですね。
40代女性
自分たちが『ネアンデルタール人』だという事を誇りに思っているのに、現代人の『ホモサピエンス』とうまくやろうとしているクコ、そしてそれを突っ込むシイが面白いですね。脚本が坂元さんなので、会話も次から次へと繋がって、姉妹の仲の良い感じがぴったりと当てはまりました。
[/voice]

ドラマ『リモートドラマ Living』イントロダクション・キャスト情報

Introduction

リモートドラマの新作・制作決定!
“家族”を演じるのは、家族。
作・坂元裕二×豪華キャストで贈る、スペシャルファンタジー!

コロナ禍の今だからこそ、最高のエンターテインメントをお届けしたい―
坂元裕二の新作ドラマに豪華キャストが集結。15分×4本のオムニバスに出演するのは姉妹・兄弟・夫婦として日常を共にする俳優陣の皆様。とある奇才・小説家の想像の世界として描かれる4つの家庭は、それぞれ奇想天外な秘密を抱えていて…。米国でも活躍するアニメーション会社によるCGキャラ「ドングリ」を交え、不思議な物語の世界が始まります。リモートドラマの新しい可能性に挑戦した至極のファンタジー。ぜひご覧ください!

■リモートドラマ Living
「締め切り60分前です。急いでください!」 ―物語を紡ごうと頭を悩ます、小説家(阿部サダヲ)に声をかけたのは、なんと机の上に置いてあるドングリ…!(声:壇蜜) 喋るドングリから叱咤(しった)激励を受けつつ、小説家は想像を膨らませていく。 それは4組の家族模様を映し出し…

【出典:ドラマ『リモートドラマ Living』イントロダクション

■Cast

第1話 <出演>広瀬アリス × 広瀬すず

第2話 <出演>永山瑛太 × 永山絢斗

第3話 <出演>中尾明慶 × 仲里依紗

第4話 <出演>青木崇高 × 優香(声)

第1~4話 全話出演
【作家】阿部サダヲ 【ドングリ】壇蜜(声)

■ドラマ「リモートドラマ Living」公式SNS

ドラマ公式HPはありませんでした。ドラマの詳細情報はNHKドラマの公式Twitter、もしくはNHKのお知らせトピックスをご覧ください。

NHKドラマトピックス NHKドラマTwitter

ドラマ「リモートドラマ Living」の期待どころを募ってみた

30代女性
リモートドラマなんて見たことがないので、どんなドラマになるのかとても興味をそそります。出演者も、本当の兄弟や夫婦が出演ということで今までない企画で話題性があると思います。また、キャクターのドングリがほんわかと癒やされる雰囲気がしてとてもかわいいと思いました。ピクサーでアニメーションディレクターを務めた経歴を持つ堤大輔さんとロバート・コンドウさんが立ち上げたアニメーションスタジオが担当しているいうことで、キャラクダーのドングリ達の動きなど見てみたいと思っています。15分と短いドラマのようですがとても楽しめるドラマになると期待しています。
40代女性
カルテットから、坂元裕二さんの脚本の大ファンなのでまず新作が見られる!という嬉しさがありました。出演者の方もこれまでの坂元さんの作品とご縁のある方が多く、リモートでもあの独特の雰囲気を出してくれるのではないかと期待しています。また、出演者の方はそれぞれ兄弟や夫婦といった関係性なので、同じ空間?で息の合ったコンビネーションを見せてくれるだろうな、とワクワクしています!個人的には、永山瑛太さん・絢斗さんの回に瑛太さんの奥さんの木村カエラさんがサプライズで出てくれないかなぁ…なんて思っていたりします(笑)
20代女性
コロナ禍の現在、このようなリモート作品が次々に生まれていますが、このドラマには特に興味をそそられました。ある小説家の想像の世界の家族を、本当の家族が演じるというコンセプトがとても面白そうだと思ったからです。どの俳優さんも人気者なので、なかなか揃ってドラマに出演することはないと思いますが、本当の兄弟・姉妹・夫婦を一緒に見られるというのが楽しみです。1話15分という短い作品ですが、それぞれのペアがどのような話を繰り広げるのか気になります。可能であれば、少しだけ事実を入れこんでくれると、もっと面白いだろうなと期待しています。
30代女性
出演する俳優陣の豪華さに驚いたのだけではなく、撮影延期のドラマが続出している中でどうやって撮影するんだろう?という、疑問と不安が入り混じったような期待感。最初はドラマタイトルには気にもならなかったけれどホームページのドラマ説明を読んで、リモート撮影なのかな?と思ったり、だから出演する俳優陣が普段では観ることが出来ないような姉妹や兄弟での共演なのかな?など、始まる前からいろいろと考えや想像が膨らむ。第4回の放送での出演が優香が出るというのは某バラエティを卒業してから観る機会が減った分、彼女が観られるというのも楽しみだし、この二人夫婦だったんだ?と思った分の期待もある。
30代女性
一番最初に思ったのは、リモートドラマとは何だろう?ということだった。実際の姉妹・兄弟がおなじ役を演じることで家で撮影もできることが今のこの社会で見出せた新しいドラマの形なのかと思うと、わくわくした。広瀬姉妹のインスタライブなどは観ていて、仲の良い様子が伝わってくるのでそれがドラマとなるとどんな作品になるのか楽しみだ。そして永山兄弟は兄弟で何かに出演しているところは見たことがないが、二人とも高い演技力を持っている。その演技と、兄弟が組み合わさるとどんな風になるのかすごく面白そうだと思う。本当の家族がドラマで家族役を演じる。ファンにとっては自然な演技が見れるのではないかと期待している。