映画「麻雀放浪記2020」の動画を無料でフル視聴!<2020年の【戦後】へ突入したギャンブラー>

映画「麻雀放浪記2020」無料でフル動画視聴するには・・・

映画「麻雀放浪記2020」は
『U-NEXT』にて2019年8月01日よりデジタル配信!

『U-NEXT』は日本最大級の動画作品数『最大14万本作品』公開中!
最新作映画も多数動画配信!!

新規会員特典でもらえる『600円』相当のポイントで
映画「麻雀放浪記2020」が無料視聴可能に!
さらに継続特典で1200円ポイントが毎月プレゼント!

無料動画を検索

■動画共有サイト

下記の動画共有サイトには公式で配信されている動画もありますが、なかには違法にアップロードされた動画もあるので注意が必要です。ウイルス感染のリスク等も否定できないので自己責任でのご利用をお願いします。
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU

映画「麻雀放浪記2020」<ABOUT>

1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、主人公が1945年から2020年にタイムスリップするという大胆なアレンジを加え、斎藤工主演&白石和彌監督で再映画化。新たな世界大戦の勃発により、東京オリンピックが中止となった2020年の東京。人口は大幅に減少し、AIに労働が取って代わられた結果、失業者と老人が街にあふれていた。そんな荒廃した東京に、坊や哲が1945年の戦後復興期の時代からタイムスリップしてやってくる。坊や哲が目にしたのは75年の時を経た、驚がくの世界だった。坊や哲は思わぬ状況で立ちはだかるゲーム「麻雀」で死闘を繰り広げていくが……。斎藤が主人公・坊や哲を演じるほか、竹中直人、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫らが顔をそろえる。

キャスト

斎藤工
もも(チャラン・ポ・ランタン) ベッキー
的場浩司 小松政夫 岡崎体育 / 竹中直人
監督:白石和彌   脚本:佐藤佐吉 渡部亮平 白石和彌

映画「麻雀放浪記2020」感想(ネタバレ含む)

40代男性
映画「麻雀放浪記2020」をちょうどNetflixで動画視聴したので感想です。麻雀だけじゃなく賭け事が好きな人が好む映画だと思います。勝ち負けと言うより、スリルに毒されているギャンブラーを上手く斎藤工さんが好演しています。笑える部分も多いので気楽に見れる映画です。面白かったです。
20代男性
ドラマのオープニング動画から目がひきつけられました。一瞬「え、自分、見る映画間違えたんかな。」と不安になるほど第一印象がとても頭の中に残ったままストーリへと展開していく形になっていました。2020年という言葉もキーワードになっているのでドキドキハラハラしながら見ることができるの間違いなしです。
40代男性
「麻雀放浪記」の主人公が2020年にタイムスリップしたという荒唐無稽なところについていけるかがポイントでした。退屈はしないのですが、やっぱりぶっとんでる設定なのでなかなかのめりこめなかったです。世相なども辛らつに皮肉ってはいますが、白石監督動画作品の中ではいまいちな感じがしました。
20代女性
麻雀が好きで映画館へ映画「麻雀放浪記2020」を見に行きましが、ストーリーも闘牌シーンもお粗末なものでした。特に麻雀のルールを無視したオチにはびっくりしました。
また下品な小ネタが多く、昔の麻雀放浪記が好きな人からすると不快に感じると思いました。
しかし、斉藤工がかっこいいのはもちろんもこと、ヒロイン役の女の子の熱演もよかったです。
40代男性
戦争で東京オリンピックが中止になった2020年という挑戦的な設定で、昭和からタイムスリップしてきた麻雀士の奮闘を描く荒唐無稽ムービー。昭和の泥臭い男が近未来で右往左往しつつ話が進んでいきますが、次第にストーリーなどどうでもよくなって、勝負師達の闘いの盛り上がりにすっかり乗せられてしまいました。ヒロインに扮するチャラン・ポ・ランタンのももさんの意外な好演も良かったです。