【気になる名前】人気バラエティ「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」の見逃し動画を無料で見る

バラエティ「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」最新回の動画を見る

U-NEXT

U-NEXT(ユーネクスト)では、NHKで放送されたバラエティ番組を多数配信!

31日間の無料トライアル期間中に解約した場合、完全無料で視聴することも可能です。

上記ボタンからU-NEXTに無料お試し登録すると、1,000円分のポイントをゲットできてとってもお得です!

おすすめポイント

  • NHKオンデマンドの番組をお得に見られる!
  • お得な見放題パックもあるので安心
  • NHK以外のドラマやアニメなども多数配信!

etc..

登録も数分であっという間です。

※配信されていない番組もありますので、ご了承ください。

無料見逃し動画を検索

■TVer / GYAO

TVerやGYAOでは「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」の見逃し無料動画配信はありません。

■過去放送回〜最新回

U-NEXT

※配信されていない回もあるので、要確認

■動画共有サイト

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
上記動画共有サイトには公式で配信されている動画もありますが、なかには違法にアップロードされた動画もあるので注意が必要です。ウイルス感染のリスク等も否定できないので自己責任でのご利用をお願いします。

バラエティ「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」とは?

日本人の名前にまつわる事柄を紹介するバラエティ番組。苗字の由来や成り立ちを繙き、そこに隠された真意を紹介したり、日本全国に実在する珍しい苗字を取り上げるなどまさに日本人の名前に関することならなんでもテーマにする。司会は古舘伊知郎。

  • 放送局…NHK総合
  • 曜日…毎週木曜日(午後7時57分〜)

バラエティ「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」視聴者の声

みどころ

30代男性
名前が付けられた由来とはどんなものなのかを、時代風景やその土地の風習など、ありとあらゆる視点から見て一番合っているものを伝えてくれる内容で堅苦しくなりそうな所を、伝説的な実況を数々成し遂げたフリーアナウンサーの古舘伊知郎が軽快な話で和ませつつ正確に教えてくれる画期的な番組。
30代男性
巷の雑談の中では良く出てくるものの一つであるにもかかわらず、名字に着目したコーナーさえほとんど見たことがなかった。
それをレギュラー番組として成立させてしまうとはNHKならではと思った。
この番組を見ると、次の日からその名字を持つ身近な人の見方が少し変わったり、初対面の人との話題としても適切なため、毎回興味深く見れますし、実際日常に役立つ番組の一つだと思っています。

また普段名字を意識しない名前で呼ばれがちな人も、この人の名字ってそういえば・・と再認識することがあり、面白い。

20代男性
普段気にすることのない、モノの名前の意味や由来などを教えてくれるバラエティー番組。単純に意味だけを教えてくれるのではなく、そういう名前が生まれた背景には何があったのか、どういう人物が絡んでいるのか、様々な物が見えてきます。名前に絡んだ日本の歴史を紐解く番組としても楽しむ事ができ、若者から大人まで興味を持って見ることの出来るいい番組だと思います。
30代男性
名前のルーツをなかなか知ることは生きていてないので、勉強になります。自分名前のルーツや周りの方の名前のルーツ、芸能人の方の名前のルーツなど毎回教えてくれるので面白いです。ついつい話したくなるような雑学で好きです。
20代女性
“PandoraやDailimotion、9TSUでみようかと思いましたが動画がありませんでした。過去に放送された内容の中で特に印象に残ったのは珍しい苗字の特集です。私もその中にいるので思わず共感してしまいましたが苦労ばかりを不必要にさせられているのでとっととこの今の名字を終わらせて解放されたいと願うばかりです。”
20代女性
“以前にこの番組では珍しい名字の方の由来について特集していました。
正直なところ私はそのような内容がとても大嫌いです。
私自身珍しい名字の部類に入るのではっきり言って見世物にされてまたバカにされそうで嫌な気持ちになります。”
50代男性
私はいろいろなものの名前に興味があるので、うってつけの番組。最近は、人名だけでなく、地名などにも範囲を広げ、現地調査、インタビューなどして、生き生きとその名前の由来や歴史などを教えてくれ、毎回楽しみに見ています。
20代女性
“朝ドラを通してなんでこの呼び方になったのかを調査するコーナーは好きです。
以前ならまんぷくの時がそうでした。
イカすの由来や東京タワーの由来など知れば楽しくなるような内容なのでこれからは珍しい名字を取り上げないでもらいたいです。”

感想

■2020年3月26日

40代女性
今夜の『ネーミングバラエティー にほんのおなまえっ!』はお休みです。以前みて「面白いな」と思ったのは、外国人から見た日本で使っている名前です。例えば『カツオのたたき』などは、そのまま疑問も持たずに過ごしていたので逆に驚きました。勉強になりましたね~
30代女性
今まで気にしたことがなかった名前の由来というか、そういうのの背景にあるものだったり歴史だったりも交えての企画をやってくれるから、自分が知らなかったことだったりが知ることができたりするので観ていて楽しいなと思う。
20代男性
この番組は日本人なら是非とも見てほしい番組ですね。おそらく多くの人が自分の名前に込められた意味を考えたことないと思います。でも本当はそこにさまざまなメッセージが込められているのです。気になっている方は是非とも見てほしいですね。
40代女性
先日放送された麒麟がくるに関するお名前が面白かったです。明智光秀に関することは知られていない事が多いし謀反者とされていた為、子孫は苗字を代えているそうです。明智光秀が河川を整えた話も感心しました。西村まさ彦さんもゲストに登場され盛り上がりました。又、お名前目線の麒麟がくるシリーズの放送をしてほしいです。是非見たいです。
20代女性
印象に残っているのが、子連れ出勤して良い会社の特集。人の一番のストレスは“人から”それは愛しいはずの我が子からでも変わらない。だから虐待がある。
そのケアを会社でできるなんて本当に素敵だなとつくづく思う。
30代男性
名前にはいろんな説があってとても面白くていいです。みんなで話しあっているのがとても面白くていいと思います。たくさんの名字の人がたくさんいてすごいと思います。織田とか明智とかも名前に関係していたのがとてもビックリしました。
50代女性
名前は地域や職業などから決まる事が多いと聞いています。珍しい名前の由来も説明を聞くと納得出来て面白いです。最近では物の名前など思いがけない成り立ちを見ることで納得したり驚いたりします。今度、洋食の名前の特集がある様で楽しみにしています。
30代男性
都道府県の名前の由来を探りつつ、その地域で多い名前や特産品や農作物などを紹介しながら、その地域出身者のタレントをゲスト出演させてその地域の魅力を語らせて、面白く学べる上に活性化に繋がる企画を全国に放送されるNHKだからこそしてもらいたい。
30代女性
今年は、新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、桜が咲いても花見ができないので、桜の名前や、そのほかの春の花の名前と、その主な産地や歴史を見てみたいです。卒業式が中止になり、花の需要も減っているそうなので、少しでも需要喚起になればと思います。
30代男性
地名・人名・商品名を始めとした、あらゆる名前について考察する番組で、毎回知らないことだらけでとても刺激があります。今後は、明治初期に行われた国民全員が名字を付けた際の法令や、その際のエピソードについて特集を組んで欲しいと思います。

■2020年3月19日

40代女性
今日の「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ」はお休みです。面白かった企画は、この前やった外国人の人からの「おなまえ疑問」です。「カツオのたたきは『叩いてる?』」など、日本人として当たり前に使っている名前が外国人には不思議なんですね。またやって欲しいです。
20代男性
今後、この番組で取り上げて欲しいなまえは変わった海洋生物の名前を特集して欲しいです。魚の中にはおじさんと呼ばれている魚があるそうなんですが、なぜそのように呼ばれているかなど色々と調べて欲しいと思います。
20代女性
子連れ出勤して良い会社で、人の一番のストレスは“人から”それは愛しいはずの我が子からでも変わらないから虐待がある。
そのケアを会社でできるなんて本当に素敵で、これと同じことはできないけど何か繋がるようなことをやりたい。
30代男性
名前にはいろんな理由があってすごく勉強になっていいと思います。光秀がどこの出身なのかわからないのはとてもビックリしました。いろんな歴史のこととかがすごくわかっていい番組だと思います。変わった苗字とかもたくさんいてビックリしました。
40代男性
この番組で取り上げられる名前に関する雑学は、すぐに人に話したくなるような興味深いものばかりですね。最近の放送だと珍しい地名の特集が印象深かったです。志布志市志布志町志布志なんてまるで早口言葉みたいで面白いですよね。
30代女性
歌舞伎と言えば3月の公演は中止、5月の襲名もどうなることやら…。親の名前を引き継ぐというのは、誇りに思うのと同時に、プレッシャーも多いだろう。歌舞伎のことは全く知らないので、これを機会に覚えていきたい。
30代女性
今、新型コロナウイルスが世界中で感染拡大しているので、病気や薬の名前について、特集をしてほしいです。日本では、こう呼ばれているが、世界では、こんな名前で呼ばれているとか、病気や薬の名前がそれを発見した博士の名前だったら、その発見に至るまでの苦労なども知りたいです。
50代女性
最近は日本人の名前に限らず色々なジャンルの名前にまつわる事を放映しているので楽しいです。出世魚のぶりには幼魚から名前がどんどん変化していく事はもちろん知っていましたが、14個も名前があるとは思いもよらず凄く勉強になりました。
30代男性
日本人なら誰しもが興味のある名前について探求する番組ですが、私は地理について大学で学んでいたので、地名の由来にとても関心があります。今後は、北海道や沖縄の難読地名の特集を組んでもらえると嬉しく思います。
30代男性
この番組が始まった当初は人の名前の由来などを深く解明していたものの、最近では食品の新しい名前に迫るなど面白さなどに幅を広げた所を利用するように、今度は都道府県別ごとにその地域に密着した名前の由来を面白く伝える事ができたならば、地方地域の活性化に繋がり景気を少しでも上向きに変えられる気がするので試して欲しい。

■2020年3月12日
【「麒麟がくる」のおなまえ】※再放送

40代女性
今日の「「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」は、今回『麒麟が来る』のお名前(再放送)です。前回見た時に「ちょっとドラマの宣伝っぽいなぁ」と思いながら見ていました。明智光秀と豊臣秀吉を名前で比べていたのは面白かったですね。
30代男性
モノマネが得意な芸能人の松村邦洋が織田信長のモノマネをしながらラジオ番組をしたらという斬新な試みをやっていたのが可笑しく、織田信長がどんな声をしていてどのような話し方をしていたかは、今の時代の人間には全くわからないものの、そうだろうなと思わせる技術は素晴らしくもう少し聞いていたかった。
30代男性
土岐氏のルーツがすごく面白かったです。こんなに明智光秀と深く関わりがあるとは思いませんでした。スタジオにいた尾美さんがかなり歴史に詳しくてすごく話がわかりやすかったです。戦国時代はお名前ブランドが凄かったこともわかりとても楽しめました。
50代女性
最近のネーミングバラエティは幅広い題材を扱っています。大河ドラマの明智光秀の明智を深掘りして行く。性格などは知られているが、土地の名前から明智を取ったようで驚きです。福知山も光秀が堤防を作り都市の基盤を作ったようで今まで知っている悪者と言われる光秀とは全く違う事がよく分かりました。
40代男性
今回は一年間の放送内容をランキング形式で紹介する総集編の回でしたね。特に視聴者の反響が大きかった企画を集めただけあってどれも面白かったですが、特にラグビー日本代表の田中選手の子供達が雪だるまが喋りだした時のリアクションが可愛くて良かったです。後は、竹内涼真にあった時の素人の女の子が興奮してずっと飛び跳ねている姿も印象的で面白かったですね。
50代男性
関西では「なにわDEおかん大感謝祭」の放送でした。小籔千豊さんのMCでしたがもうそれだけで面白かったです。おかんって関西独特のお母さんの呼び方ですね。全国的にも母親の呼び名って色々あると思います。「ネーミングバラエティ」でもおかんのみならず全国の母親の呼び名を特集してもらいたいです。逆にどう母親が呼ばれたいのか、新しい名前を番組で作っても面白いかも知れませんね、よろしくお願いいたします。
30代女性
新型コロナウイルスのニュースばかりで、ちょっと現実逃避をしたくなっている時だったので、大河ドラマ“麒麟がくる』にちなんだ特集というのは、ありがたかったです。ただ、松村さんのワケのわからないモノマネから始まるのは、ちょっと余計だったかなと思いました。
50代女性
明智光秀を徹底分析しました。明智と言う名前は、名君を表し、治水を進めた国にとって大切な人でした。ルーツの土岐氏は清和天皇の流れで、美濃の守護となったブランド一族だったので、光秀は、土岐氏の流れが大事だったと考えられます。この時代は、どの姓を名のるかが大切だったとわかりました。だから名前を変えているのです。豊臣の名前は天皇からもらった名前だそうです。
40代女性
今回は、大好きな「明智光秀」を特集してくれて嬉しかったです。「明智」の名字のルーツが、興味深かったです。ドラマ「麒麟がくる」に登場する「明智荘」って、平安時代から実在していた場所だったのですね。勉強になりました。
30代男性
麒麟がくるがとても人気なのがすごいと思います。松村が歴史が好きだったのが笑えてよかったです。若い光秀が戦略家だったのが驚きました。新しい光秀を描いているのがすごいと思います。光秀の産まれた場所が5つもあったのが驚きました。

■2020年3月5日
【日本のオナマエッて変デスネ】

50代女性
外国人が不思議に思う日本のお名前の秘密を、教えてくれました。江戸時代に初めて作られたパンは、固い非常食でした。その後、菓子パンが作られ、主食のパン、つまり食パンが作られたのです。なるほどと思いました。山手線は、「やまのて線」が正式ですが、昔は「やまて線」と言っていました。それが間違いでした。初めて知りました。
30代男性
食パンを日本に広めたパン屋を取材した厚切りジェイソンの指摘していた、イングリッシュパンという名前は英語のイングリッシュと、パンというポルトガル語を合わせているのかは全くの謎で、行きがかり仕方がないという話では何となく意味がない話だなと思ってしまった
30代女性
食パンの名前の意味なんて、正直気にしたことがなかったから、どうしてそんなことが気になるんだろう?って思ってしまった。江戸時代のパンを復元したパンが乾パンの硬さを越えていてすごい。兵糧としてはちょっと無理があるのでは…
40代女性
江戸時代のパンはカチカチでまるで石の音でした。見よう見マネで作ったとしても、なぜあんなに固く作れるのでしょうか。食パンは主食パン。知らべてみると名前を辿って歴史がみえて来ますね。いつもとても興味深く見ています。面白い番組だと思います。
50代女性
今日は人名ではなくて外国人の疑問に答える企画で日本人でも知らない名前の由来が多くてためになります。ゲストの厚切りジェーソンとパン協会の会長のやりとりも説明が面白くわかりやすいです。少しチコちゃんの番組を思わせる様な感じがします。
30代男性
ボビーがとても面白くてよかったです。厚切りジェイソンが怒っていたのがとても面白くてよかったです。食パンの食の意味を考えたこともなかったです。江戸時代のパンが出てきたのがとてもビックリしました。すごく硬いのが驚きました。
30代女性
言われてみれば、本当に『食パン』の『食』には、どんな意味があるのだろう?と思います。これは、『チコちゃんに叱られる』で、問題として出されても、私はチコちゃんに叱られてしまうくらい、理由がわからず、疑問にも思わずに、ただ使ってきていたなと思いました。目の付けどころが、さすがだなと思いました。
30代女性
この手の話は山ほどあって、どれが正解かなんていちいち気にしていないが、デッサン経験者の私には、消しパンと区別するためって言うのが一番しっくりくるかな。食用とデッサン用、間違えようがないけどね。わからない人にはわからないか。
30代男性
食パンの名前のことをちゃんと知ることができて嬉しかったです。前々からなんで食パンと名前が付いているのかずっと疑問だったのでスッキリしました。彦太郎という人が名付けたなんて初耳でした。その当時の新聞も見せてもらえたのでかなり興味深かったです。
40代女性
今夜の「ネーミングバラエティー にほんのおなまえっ!」は、厚切りジェイソンさんなどをゲストに迎え『日本のオナマエッて変デスネ』です。面白いのは「バッタもんの『バッタ』は昆虫?元々は『偽物』の意味じゃなかった?」です。外国の方達から見たら確かに不思議な名前ですね。

■2020年2月27日
【健康長寿!山梨のおなまえ】

30代男性
全身にガンが転移している民代が乳ガンを発症した莉子に愛しい男性を10秒間目をじっと見つめると簡単に落とせてしまうという話から、すぐさま莉子は研修医の結城にじっと眼差しを向けて実践するのが可笑しく、想いが通じるかと期待したが全く効果無しという結末はわかっていたものの、とても悔しい思いになった。
30代男性
プロレスラーの武藤敬司と元女子プロサッカー選手で日本代表にまで上り詰めた丸山桂里奈の2人の面白さが際立っていて、レギュラーでコメディアンの澤部佑が培ってきた笑いの腕前が鈍って見えてしまい、スポーツを極めただけあって面白い感覚も優れているのかもしれない。
30代男性
山梨県が日本全国で一番長生きをするご長寿の地域だとは知らなかったが、山梨県の名物がほうとうである事は元々知っていた上に、同じNHKの番組で放送されている鶴瓶の家族に乾杯でタレントの藤井隆が食べたいと言っていたのが山梨県の名物のほうとうだったのを思い出し、撮影隊が1度で2つの番組を撮影したと感じられるのが残念でならず、天下のNHKにはやってほしくなかった。
40代男性
山梨県にまつわる名前の特集で。健康長寿、元気の秘密か名前にあるとのこと。一見健康と名前の繋がりは思い浮かびません。社会活動の参加が大事いうことでした。名前については風習についてのゆかりということでした。
30代女性
山梨に渡辺さんが多いのは知りませんでした。血縁関係がなくても団結して「渡辺一家」というお墓を作る文化が山梨にはあるみたいですよ。何かあった時に団結して助け合うことが意味それているそうです。そして渡辺さんというのは鬼を倒した伝説の人の苗字らしいです。凄く面白いなと思いました。最近の放送の中で一番面白いです。
30代男性
健康寿命ナンバーワンの山梨県のおなまえについて特集していました。山梨県の皆さんは、高齢になっても活動的(無尽や講)であったり畑を耕したりしている方が多いので、健康につながっているのでないかと思いました。
30代男性
健康長寿が山梨県だったのがとてもビックリしました。老人がみんな元気で健康そうなのがすごいと思います。山梨県が渡辺の名字が多いのがとても驚きました。経営者がたくさん集まっていたのが驚きました。無尽がとてもいいサークルだと思います。
50代女性
山梨県は健康長寿上位だけれど、お名前となんの関係があるのか疑問でした。社会活動をすると健康になるらしいが、それが姓と関係があるようです。昔から渡辺姓がとても多いが、その人たちが一致団結して行動していたようです。それが今も無尽会として集まってストレスを解消しているようです。番組のこじつけかと始め思いましたが名前と少し関係していました。
50代女性
元気なお年寄りが多い山梨県の秘密を、名前から探りました。富士吉田市の下吉田地区は、3人に1人が渡辺さんだそうで、同じ姓が一家衆として、団結していたそうです。これが社会活動につながります。また、「無尽」と言う様々な集まりがあり、お店などでよく集まるそうです。そのため、お年寄りが元気なのです。山梨は、地名に「垈(ぬた)」がつくところが多くあります。そこは、豊富な水、つまり田んぼと温泉があるそうです。それを外の人に知らせないためにこの字を使ったそうです。オアシスで、人々は健康になることがわかりました。
40代女性
今夜のネーミングバラエティー 日本のおなまえっ!」は「ご当地おなまえシリーズ第6弾」で『山梨県』を取り上げました。健康寿命ランキングが男性1位・女性3位との事ですが、それと「名字」「地名」「郷土料理の名前」が関わっているのが不思議だと思いました。

■2020年2月20日
【ややこしい食べ物】

30代女性
魚のブリが、その成育期によって、呼び名が変わることは知っていましたが、すぐに言えるのは、「ハマチ」と「ブリ」くらいしかなかったので、13種類もあるとは、驚きました。これをすべて覚えているのは、さかなクンくらいではないかなと思いました。
40代女性
ぶりって出世魚ですが、実は名前が14種類もあるそうです。しかも魚の研究をしている方のお名前が「虫明さん」って面白いですね。ぶりの名前が変わっていくのは『武士が出世すると名前を変える』からあやかって『縁起良く』との事でした。
30代男性
ややこしい食べ物の名前を特集していて、最初は焼肉の部位について探っていました。ホルモンは、カタカナ名称(センマイ・ギアラ・マルチョウなど)がたくさんあってややこしすぎるので、あまり食べない人はちんぷんかんぷんだと思いました。
50代女性
今日は珍しく食べ物の名前です。ぶりは出世魚と言われているけど、14つも名前があるなんて驚きです。地方によっても呼び方が違います。地元の呼び名しか知らなかったのて勉強になります。ウインナーやソーセージもいつも使っているけれど、根本的にはわかっていませんでした。
40代男性
今回は食べ物のややこしい名前に関するテーマでしたが、今回の放送で知らなかった知識を色々と知ることが出来、勉強になりました。特にチャーハンとピラフの調理法の違いは興味深かったですし、レバニラ炒めが、元々中国から伝わった時はニラレバだったのにバカボンのパパの影響でレバニラになったという話は面白かったです。
30代男性
ブリとホルモンの名前がたくさんあったのがとてもビックリしました。虫明の名字がビックリしました。ブリが武士になっていたのが驚きました。秀吉を例にしていたのがわかりやすくてよかったです。ブリの成長が早いのがとても驚きました。
30代女性
最近、日本人の名前から外れたテーマばかりで、他のバラエティーと差別化できていない。ブリにウインナーにフランクフルト…。覚える気がないから、何回聞いても覚えられない。美味しければそれで良い。今日、買って来れば良かったな。
40代女性
今回の「ネーミングバラエティー 日本のおなまえっ!」は『ややこしい食べ物の名前がスッキリ!』です。「ぶりってなんで名前が沢山あるの?」って、確かにぶりは出世魚で、大きくなるにつれて名前が変わっていきますよね。不思議な謎が解けました。
30代女性
ブリっていくつも名前があったということで知りませんでした。ブリの名前がいくつもあるのはややこしいですが、秀吉は名前を変えることが縁起が良いと言われていたそうです。ブリの成長するスピードが早いことも名前が何種類も出来ることと関係しているそうです。
30代男性
言われてみればソックリなのに違う名前がついているモノが多く、説明を求められると適切な答えが見つからないという不思議なモノに溢れた中でよくへっちゃらで生きていたなと改めて感じてしまい、海外から日本にくるとより際立って見えてしまうだろう。

■2020年2月13日
【焼き肉で焼きニックネーム】

30代女性
焼き肉の名前でおいしさがアップするというのに驚き。ロースの焼き方が普通の焼き肉と同じ焼き方だと旨味が出てしまうから、お肉を巻いてから焼いて食べるというのは通でもなければなかなか知る機会もないのでは…?と思った。
30代男性
肉の部位の番組内容に、アメリカ育ちで駄洒落を言わせたら右に出る者はいないといわれるデーブ・スペクターが出演しているだけにオモシロトークが炸裂させてくれ、今回は肉のうま味と冴え渡るトークの両方が堪能できる神回だ。
30代女性
デーブ・スペクターさんのダジャレが止まらなくて、番組を見ていると、なんだか私までうつってしまいそうな気がしてきました。でも、今日の特集に合わせて『焼き肉』で30〜40個もダジャレをネタ帳に書いていることがバラされてしまい、意外と真面目な一面もあるんだなと思いました。
30代女性
何が凄いって、肉のスペシャリストが集結していました。世の中にはこんなに焼肉・肉に詳しい人がいるのかと思いました。
私にとってはかなりハイレベルな話でついて行けませんでした。凄くマニアックなトークです。
肉のスペシャリストたちが焼いてくれた肉を食べてみたいものです。
30代女性
焼き肉の名前と言えば、(もうわざわざ特集をしてくれなくてもわかる!)と思う人も多いかもしれませんが、そんな人も映像を見るだけでも、満足できる特集だなと思います。今週末は、焼き肉を食べに行こう!と思いました。
30代男性
デーブが肉でダジャレをいっていたのが笑えてよかったです。ロースが背中のお肉だったのが初めて知りました。ロースをロールしていたのがとてもビックリしました。濱口がロースの焼き方で怒られていたのがとても笑えてよかったです。
30代女性
焼肉のお名前、いつかやりそうだと思っていました。私はあまり名前に詳しくないので為になります。カルビくらいしか知らないのですが、こんなにたくさんの名前があるなんて知りませんでした。焼きニックネームとはなかなかうまいこと言ったなあと思います。
40代女性
「焼きニックネーム」というネーミングがかわいいですね。焼き肉が肉のおなまえで、美味しく焼けるなんて面白い発想です。私も焼き肉が大好きなので、興味深く拝見しました。四人の肉の賢人たちの会議を見ていたら、焼き肉が食べたくなりました。ロースをロールするのは、なかなかのアイデアですね。
30代男性
肉というのは総称であって覚えている部位の名前は数種類くらいしかないのと、肉の部位の名前は知っているものの一体どの辺りにあるのかはハッキリとわかっていないので、今回の放送で見ながら誰に聞かれても答えられるくらい確実に覚えておきたい。
40代女性
今夜の「ネーミングバラエティー日本のおなまえ!」は、焼肉のおなまえ、との事で最初は「一体焼肉の名前とは?」と不思議でした。でも見たら焼き方の事で、「ロース」は「ロ~っと焼いてすーっと箸を上げる、だそうです。これで焦げ焦げともおさらばですね!

■2020年2月6日
【松!杉!柳!樹木のつく名字】

30代男性
柳の漢字が名前に入った芸能人として選ばれてレポーターとなった俳優の柳沢慎吾の冒頭からの面白い1人コントには爆笑させられ、名前の由来を調べる番組というのを忘れてしまい、人を楽しませようとする心意気が伝わる素晴らしい行動に感心した。
30代男性
名字に木の名前がついているワケについて特集していて、名字専門家の方曰く、良い意味で付けられている事がわかりました。私の周囲にも何人か木が名字に付いている人がいますが、杉が付く人が特に多い印象があります。
30代男性
杉の漢字が入ったゲストとしてチャラい国会議員だった杉村太蔵が出演しているが、何一つ考えていなさそうなしゃべり方がいまだに胡散臭い印象しかないためにこの番組に出演させるのがもったいなく、できればレポーターとして出演していたスギちゃんがスタジオだった方が良かった。
50代女性
樹木がつく名字を特集しました。樹木が大事でそのなまえになったそうです。松、藤、杉がベスト3とのことで考えたら身のまわりにも結構います。杉の木は日本人の生活に欠かせない木とし杉で作った桶で酒や味噌などが美味しくできるそうです。こうしてその土地に根付く場所から杉山、杉田などの名前ができたそうです。
30代男性
名字に樹木の名前がつくのが多いのがとてもビックリしました。杉の名字が多いのがビックリしました。スギちゃんが出てきたのが面白くてよかったです。杉の桶を作っていたのがビックリしました。ツボがすごく重かったのが笑えてよかったです。
30代女性
日本には、700種類もの樹木の名前がつく名字があるということにも驚きましたが、世界的にも珍しいということも、興味深いなと思いました。でも、よく考えてみると、日本以外の国では、名前がどういう意味を持つのか知らないなと思います。
40代男性
今日のテーマは「松!杉!柳!樹木のつく名字」でした。杉や漆が昔から便利に使われてきたのは何となく想像がつきましたが、松がこんなに様々なことに使われてきたのには驚きました。海岸によく植えられているのは知ってましたが、明かりとして古代から使われていたとは…。松脂という言葉は知ってても、松明がその脂で燃えやすく長持ちするからというのは気づきませんでした。さらに炭にすると高温を維持できて、日本刀を鍛えるのに欠かせないとか。「松」の字がつく名字が日本で一番多いというのも納得です。
30代女性
樹木のつく苗字にかぎらず、名前の由来とかそういったものを今まで考えたことがなかったのでこういった番組は新鮮に観られていいと思った。杉田さんの、議員時代に「奥多摩の杉林を伐採しろ!」という声に自分が切られる思いだったという話は興味深い。
30代男性
木にまつわる名前という、日本のどこの地域にも必ず住んでいる樹木の漢字が名前に入った人は多くいるのに由来が何処にあるのか全くわからない所に目をつけた番組スタッフのセンスの良さには感心させられどんな事がわかるのか楽しみだ。
40代女性
今回は「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえ・選」との事で、再放送なんですね。杉山さん・柳沢さん・松村さんなどが何故多いのか、と調べていました。昔から日本は樹木を大切にしていて、それを苗字にしていたんですね。

■2020年1月30日
【ご当地SP!大阪のおなまえ】

30代女性
大阪には、かに道楽などで有名な動く看板がたくさんありますが、それは、道頓堀周辺の芝居小屋にあった絵看板が発展したものだということを初めて知りました。人々が楽しく集まる町を作りたいという流れは、昔から変わっていないなと思いました。
30代男性
道頓堀川の道頓に心斎橋の心斎と大阪の街で金儲けをした豪商が資財を使って街並みを整備するという素晴らしい行動には感心させられたものの、あまりにも持ち上げ出来すぎた内容だけに引いてしまう感じを受けたのがもったいない。
30代女性
大阪の道頓堀川を一度、船で渡ってみたいと思っていたので、船に乗った目線でカメラでの映像が見られて良かったです。あまり観光客が多くないように見えましたが、いつ収録したのかなと気になりました。そして、今年は新型コロナウイルスのせいで、春節の期間中も、人が少なめだったのかなと思いました。
30代女性
道頓堀の由来である道頓というのは人のお名前だったようで石碑もあるようです。
成安道頓というのが本名であり、あの町を発展させることになったきっかけになった人物のようです。
彼の子孫たちはみんなを楽しませようと芝居小屋をいくつも作ったようです。
50代女性
大阪の道頓堀の「道頓」は、成安道頓という人の名前からとりました。道頓は運河を作る途中の大阪夏の陣で、道頓は大阪側につき、死んでしまいました。その後、徳川側が堀に道頓の名前を付けたそうです。まさにノーサイドの精神だったようです。名前を調べると面白いです。
30代女性
今日は、大阪スペシャルなので、大阪出身の和田アキ子さんを回答者として呼んでいましたが、紅白歌合戦に出場しなくなって久しいので、和田アキ子さんの中にNHKへのわだかまりのようなものはないのかな?と気になってしまいました。
30代男性
道頓堀の道頓が名前だったのがとてもビックリしました。船の名前がドウトンだったのがとても面白くてよかったです。負けた名前を川につけたのがとてもビックリしました。道頓堀に人とたくさんいて店が多いのが驚きました。
30代女性
ご当地シリーズ第5弾として大阪が京都や東京を抜いてインバウンド観光客訪問ランキング第1位で、人気第1位の道頓堀の名前のが人名だったことを初めて知った。それも戦死した道頓の名前が後世に残るように、という理由なのがなんとも粋だなと思った。
30代男性
2025年に万博が開催されることが決まった大阪ですが、和田アキ子さん・陣内智則さんらをゲストに招いて大阪トークをしていました。スタッフが、浪速・道頓といった大阪で有名な地名を調査していて、道頓堀は観光客が訪れるナンバーワン名所である事を初めて知りました。
30代男性
道頓堀川に人が飛び込むようになったのはプロ野球チームのタイガースが優勝したときからではなく、歌手の和田アキ子がケンカで人を投げ込んだからというNHKらしさを無くした内容に爆笑させられ、大物だと何でもアリになったのがよくわかった。

■2020年1月23日
【「麒麟がくる」のおなまえ】

30代男性
松村さんがとても面白くてよかったです。家康が名前を使い分けていたのがとてもビックリしました。本能寺の変にいろんな説があるのがとても面白くてよかったです。本能寺のほうの漢字が違ったのがとてもビックリしました。
30代男性
明智光秀の大河ドラマが始まったことで、明智光秀・織田信長・豊臣秀吉などの戦国武将について取り上げていました。豊臣秀吉の直前の名字は羽柴でしたが、羽柴という名字は他の有名大名2人の名字が由来だった事を専門家が言っていたので、この情報は初めて知りました。
50代女性
名字が土地の名や川の名を取るというのは洋の東西を問わずよくあることだろう。今ほど流動的ではなかった時代だから地域に密着していてもおかしくない。番組で出てきた名前で「可児川」が特に気になった。珍しい読みだと思う。というのも岐阜以外に見当たらない名前だからだ。谷川彰英氏によると「掃部(かもん)」を「蟹守」と書いていたこともあり、それが合体して「可児」になったという。しかしそれで「かに」にこの漢字二文字を当てたわけはよくわからなかった。江戸時代以前の人はよく名前を変える。豊臣秀吉はこの番組にもあるように「木下」→「羽柴」→「豊臣」と少なくとも3回は変えている。だいたいの時代で特権階級は幼名と元服後の名前があるし、戦国時代を扱った小説を読むと「あなたから一字いただきます」などしょっちゅう名前が変わるので、下手したら「これ誰だったろう?」ということすらある。名前は変わらないものと考えているのは現代人で、その現代でも女性は結婚すると名字が変わったりする。時には仕える主を変えていった戦国時代だから、名前は変化して当然だ。それでも一種のアイデンティティを表現するものでもあるから、出世の戦略としてネーミングを最大限生かしたのだろう。ところで名前とは関係ないが、明智光秀の1576年(49歳?)の大病が気にかかる。何の病気だったかは定かではないのだが、死に瀕するほどの病を患えば、人は何かが変化する。人生観かもしれないし、回復後の健康不安かもしれない。夏目漱石を学べば必ず修善寺の大患に行き当たり、その前後で文学の流れが変わったのは作品から明らかである。光秀も何かが変わったのではないかと思うのだ。
30代男性
大河ドラマが大好きなモノマネコメディアンの松村邦洋が今回は麒麟が来るの光秀を中心にしたお名前の由来だけに熱中してしまい、お得意のモノマネを封印した形で真剣に見ている姿が新鮮でコメントを松村自身で語り出す所に笑ってしまった。
30代女性
去年、大苦戦した『いだてん』よりも、やはり歴史物の大河ドラマの『麒麟がくる』のほうが魅力があるなと思いました。まだ、始まったばかりなので、岐阜県や京都市の福知山市などを訪れて、明智光秀に関係のある土地を巡ってみたくなりました。
30代男性
信長を討つと決めた時に光秀が読んだ句の頭にあった「とき」とは時期ではなく、土岐氏からきていた可能性があるとは意味合いが全く変わってしまい、今までの専門家たちは上っ面ばかりを研究し調べていたのかと残念な人ばかりに思えてしまい、独自性ある研究をしてほしいして欲しい。
30代女性
私の知り合いには、『明地』さんならいますが、『明智』という人はいません。でも、「ひらけた土地」イコール『明地』から『明智』になったそうで、私の知り合いの『明地』さんの出身地を尋ねてみたくなりました。岐阜県可児市だったらすごいなと思いました。
30代男性
明智光秀の麒麟が来るが先日から始まりましたが、明智姓に関するルーツについて番組が取材していました。岐阜県内に多くの関連地域があるようですが、若い頃の絶対的な史料があればもっと明智光秀の事を知れただろうと思いました。
30代男性
明智のことがすごくわかってよかったです。秀吉が関白になったのがとてもすごいと思います。豊臣がだんだん増えてきたのがすごいと思います。秀吉がいろいろ考えていたのがすごいと思います。明智と秀吉のおなまえ戦略が勉強になってよかったです。
30代女性
日曜日を待たずに、また大河ドラマ「麒麟がくる」の長谷川博己さんのカッコいい姿が見られて、大満足です。NHKをあげて、もっとピーアールの番組を増やしてくれると良いなと思います。強いて言うなら、スタジオのゲストが、もっと違う人だったら良かったなと思いました。

■2020年1月16日
【おなまえの悩み解決SP】

30代男性
「甘庶」と書いて「かんじゃ」と読むという女性の働いている仕事場が病院とは、駄洒落としか思えず、間違えられるというよりも言われた相手の方がからかわれているのかと思ってしまう、ご本人は全く悪くないのに何とも困った名前だなと笑ってしまった。
30代男性
遂に出た名字が何と「神」とはとっても激レアなだけに聞いただけで初日の出のように神々しく感じられ有り難い気持ちになる所が面白く、ファミレスでの呼ばれる時の「神様」は他の席を待ちをする客を楽しく驚かせ、ストレスを払拭する効果があるかもしれないのでまさに神様だなと思う。
30代男性
一文字の名字があるのは知っていたが読み方も一文字があるとはビックリ「井」「酢」「野」「伊」と集まってみると女性が3人に男性が1人と結婚して名前が変わるという事に抵抗感が物凄くあったと「酢」さんが話すと女性陣が強く頷く姿が面白く、肩身の狭いたった1人「野」さんの様子に笑ってしまった。
30代女性
一文字の名前という人を紹介している中で、『井』さんと『野』さんは、実際に私の知り合いにいますが、『酢』さんという名前があるのは、びっくりしました。一文字の名前というのでも、結構、珍しいことなのに、『酢』とは、初対面でもすぐに名前を覚えられそうだなと思いました。
30代女性
今日は、人の名前について紹介していて、そもそもこの番組は『ネーミングバラエティ 日本人のおなまえっ!』というくらいなので、原点に戻るという意味でも、今日のように人の名前にターゲットを絞るのが、面白いと思いました。
30代女性
「結婚する前から『野口』という名前の人は嫌いだった」と言っていた女性は、よりによって『野口』という名前の人と結婚してしまい、とうとう『野口英世」さんになってしまったのが面白かったです。結婚するときに、どれくらい考えたのか、それとも迷いがなかったのか、聞きたいなと思いました。
30代女性
“再放送だったようですが、初見なので面白く拝見しました。
病院で働いているかんじゃさんという苗字の方、神という神様のような苗字の人が出てきたのが面白かったです。
苗字が1文字だけの人、こんなにいるとは思いませんでした。”
30代女性
“最初に出てきたさすがさんと言う苗字の人、さすがという苗字でからかわれるのが嫌と言っていましたが、サザエさんのタラちゃんの声優さんもさすがさんだからあまり気にしないで欲しいなと思いました。
中川翔子さんのしようこさんの話は有名ですが、マッサージに登録してはうこと書かれてしまったけど「這う子」だからそれでいいじゃんという突っ込みは面白かったです。”
30代女性
“今回の放送は苗字の特集で面白かったです。
野口英世さんという女性が出てきたのはびっくりしましたね。
1文字苗字の人たちが出ていましたが、最後までルーツが分からなかったのでそこまで放送しなかったことは残念でした。
最後に出てきたききまくんと言う苗字の子。
この子は凄く自分の苗字を真剣に知りたいと思っていましたし、将来頭がよなると思います。”
50代女性
知り合いに「目瞳」さんがいる。「さっかひとみ」と読む。この苗字にこの名前を当てた親御さんの勇気に驚いた。でも変わった名前は覚えてもらえるので自己紹介のつかみに使うのがいいと思う。親戚にとても珍しい漢字三文字の一家があるが、実は困るのはシャチハタや三文判を作る時いちいち特注になってしまって高くつくということ。一般的に売ってないのだ。名字が大量発生したとしたら明治8年の『平民苗字必称義務令』だろう。たくさんの人が上の名を持ったわけで、どうやって決めたのか。古くから続く珍名もあれば明治に生まれた珍名もあるはず。案外明治の時はそこに住んでいた場所から由来したりして、気軽に決めていたかもしれないなと思った。口癖から決めたとなると落語だが。最近何かにサインするときタブレットに指でというケースが増えているので、珍しくなくても画数が多いと大変だろうといつも思う。私は二文字合わせて11画しかないので楽なのだが。ところで韓国の「李」さんは「イ」さんの場合、北朝鮮でないとやはり「I」というローマ字になるようだ。李さんもFacebook登録できない問題に悩んでいるかもしれないな。

■2019年12月12日
【ヒットソングのおなまえ】

30代男性
『自分の名前』が『どういう感じ』でそうなったのかが分かる番組をやってくれるのは『古館さん』でないと成り立たないのでこの番組をやってくれて『ありがた気持ち』を持ちながら思って観ています!これからも出来るとこまで頑張ってこの番組を『古館さん』でやっていってほしいです!

■2019年11月28日
【ストレスの原因?単位のお名前】

50代男性
“普段よく使いますが、時間単位【分】は、明治時代に始まった西洋式時間の採用ということを少しは知っていましたが、
福沢諭吉が関わっていたことは知りませんでした。
【カロリー】という言葉が広まったのが弘田三枝子さんの著作本であったというのは意外でしたし、
【点】を付けての試験評価を伊藤博文が初めて採用したというのも初めて知り、その経緯とかとても面白かったです。
しかし【犯人】の例えは、NHKにしては些か拙かったのではとも思いました。”

■2019年10月10日
【おなまえスター列伝】

20代女性
“この番組は変わっている名字の人をいちいち見世物にする傾向があると思いました。
本当に不愉快ですし可哀想だと思わないのかなと思ってしまいました。
私はまさに名字が変わっているので絶対にそんな扱いはされたくないです。”

■2019年9月5日
【珍地名大特集】

50代男性
鹿児島県の志布志市が「志布志市 志布志町 志布志」というとんでもない名前になっているのには唖然としました。如何に天智天皇から頂いた有り難いお名前とはいえ長すぎです。地元の方は売りにしたいらしいですがやはり平成の大合併は大間違いです。あれで何が何だか解らなくなってしまっている場所が多いです。岐阜県の高山市などは東京23区以上の面積がありながら人口は10万人にも満たないというおかしなことが全国各地に続出しています。地名はその地域の歴史や文化を表すものなので、鬼怒川・川治・湯西川地区が日光市なのも本来はありえないことです。

■2019年7月18日
【 鉄道のおなまえ 】

40代女性
ゲスト出演されていた鉄道オタクの松井玲奈さんと土屋礼央さんがいわゆる○○鉄なのか?のエピソードが独特すぎて面白かったです。説明に熱くなりすぎた松井さんは『(700系は)ブスなのに速い』など、つい口悪くなりながら興奮する姿が印象的でした。
40代女性
「鉄道大国ニッポン」という事で鉄オタゲストを招いて様々な鉄道話で盛り上がる中、○○鉄についてのエピソードに注目しました。撮り鉄や乗り鉄、音鉄に駅弁鉄などなど…定番から知らない”鉄”に人の底知れない欲求と奥深さを感じました。
20代女性
“普段は当たり前にありすぎて全然気づかなかったのにこの番組を見て思ったのが、名前には改めてちゃんとした意味があったんだなと思えたことです。
私は名字が変わっているので本気で変えたくてたまりませんが変わるまで待ちたいと思いました。”
40代女性
ゲスト出演されていた松井玲奈さんは”車両鉄と顔鉄”、土屋礼央さんは”企業努力鉄”というあまりにマニアックな鉄道オタクぶりのエピソードに笑いながらも鉄道への愛が半端ではないと思いました。鉄道用語の語源も知れて勉強になりました。