アニメ「波よ聞いてくれ」を見逃し動画無料フル視聴

波よ聞いてくれ

アニメ「波よ聞いてくれ」動画視聴方法

動画配信情報

アニメ「波よ聞いてくれ」は「U-NEXT」で
第1話から全話までフル動画配信予定です。

31日間の無料トライアル特典『600円相当』のポイントが無料でもらえる!

★「U-NEXT」おすすめ3大ポイント

  1. 動画配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!
  2. ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!
  3. 継続利用で『毎月1200円分』のポイントが貰える!ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!

●『U-NEXT』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『U-NEXT』ユーザー
主に映画やアニメなどを観るのですが作品数も多くHuluやNetflix、Amazon primeでは配信されてない作品もあり良かったです。見放題で見れない作品でもその場で購入して観れる点や毎月継続のポイントがつく点も良かったです。自分はAmazonのFire TVを使ってU-NEXTを見ていますが視聴した作品の関連作品やシリーズの検索も簡単にできるので使いやすいです。贅沢を言えば音声検索もできたらもっと使いやすいなと思いました。【30代・男性】

アニメ「波よ聞いてくれ」 見逃し動画 検索

  • <第1話〜全話>をフル動画視聴!
U-NEXT
  • 動画共有サイト
YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■アニメ「波よ聞いてくれ」動画配信サービス配信予定表

サービス名 配信状況 詳細リンク
AbemaTVプレミアム × AbemaTV詳細(準備中)
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT ◎(見放題) U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu ◎(見放題) Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.04.02

<アニメ「波よ聞いてくれ」/第1話>
MBS/TBS 2020年4月放送

第1話 ネタバレはここをクリック
近日更新予定です。
第1話 感想はここをクリック
近日更新予定です。

アニメ「波よ聞いてくれ」あらすじ・キャスト詳細

公式サイト 公式Twitter

■Introduction

Introduction

「いやあ~~~~ッ、25過ぎてから男と別れるってキツいですね!」

札幌在住、スープカレー屋で働く鼓田ミナレは、酒場で知り合った
地元FM局のディレクター・麻藤兼嗣に失恋トークを炸裂させていた。

翌日、いつものように仕事をしていると、店内でかけていたラジオから元カレを罵倒するミナレの声が……!
麻藤はミナレの愚痴を密録し、生放送で流していたのだ。
激昂してラジオ局へ乗り込むミナレ。しかし、麻藤は悪びれもせずに告げる。

「お姐さん、止めるからにはアンタが間を持たせるんだぜ?」

ミナレは全力の弁解トークをアドリブで披露する羽目に。
この放送は反響を呼び、やがて麻藤からラジオパーソナリティにスカウトされる。

「お前、冠番組を持ってみる気ないか?」

タイトルは『波よ聞いてくれ』。北海道の深夜3時半、そしてミナレは覚醒するッ!

『無限の住人』の沙村広明氏が描く最新作を、『機動戦士ガンダム』『ラブライブ!』を手がけるサンライズが制作!
予測不可能な無軌道ストーリーがいよいよTVアニメで開幕する!

【出典:アニメ「波よ聞いてくれ」Introduction

■Cast

鼓田ミナレ(コダミナレ):杉山里穂
麻藤兼嗣(マトウカネツグ):藤真秀
南波瑞穂(ナンバミズホ):石見舞菜香
久連木克三(クレコカツミ):山路和弘
茅代まどか(チシロマドカ):大原さやか
甲本龍丞(コウモトリュウスケ):石川界人
中原忠也(ナカハラチュウヤ):矢野正明
城華マキエ(タチバナマキエ):能登麻美子
宝田嘉樹(タカラダヨシキ):島田敏
須賀光雄(スガミツオ):浪川大輔
沖 進次:内山昂輝

アニメ「波よ聞いてくれ」の期待どころを募ってみた☆

40代男性
タイトルの波は、海の波ではなくて、ラジオの電波の波なわけですね。ラジオパーソナリティーをテーマにしたアニメとか、珍しいです。最近、ラジオは元気がないですが、ラジオの可能性を感じさせてくれるような内容を期待したいです。ラジオの命は、フリートークと音楽だと思いますが、主人公は、これら2つの要素をどのようにミックスさせていくのでしょうか。全くど素人のパーソナリティーと、それを支えつつ成長を促すディレクターとの関係性が、このアニメの最大の見どころでしょう。さらに、ラジオのリスナーをどのように取り込んで、ラジオ番組をどういう方向に成長させていくのか、その過程も楽しみです。
20代男性
北海道に住む独身女性が主人公のラジオ業界での活躍、という物語でしょうか。なかなか今までに聞いたことのないような物語のような気がしますね。主人公の失恋をきっかけに、ラジオ業界へ足を踏み入れていくというのはとても面白い出会いなのではないでしょうか。ラジオって聞くと、数人の人、もしくはひとりで喋っているだけのような印象を持っているのですが、もしかしてラジオっていうのは想像よりも難しいもので才能を持った人がする仕事なのかもしれないと思わされる作品であったらいいなと思っていますね。身近にあるラジオという存在に焦点を置いた作品に注目です。
コメントをもっと読む
30代男性
主人公はラジオパーソナリティの女性です。その女性がなぜか山奥でヒグマと出会ってしまって動けないみたいな内容らしいです。これを聞いた時点ですごく面白い要素が詰まっていて作者はどうしてこんなに面白い状況を思いついたのか脳の構造がどうなっているのか知りたいぐらいです。やはりヒグマですから死んだふりとかしそうでちょっと心配です。これは実は迷信らしいのでこのアニメでは違う対処法を提示して欲しいです。主人公の女性がラジオパーソナリティという職業なことが斬新だと思いました。今までそんな漫画見たことありませんでした。
30代男性
原作が無限の住人の方なので内容は折り紙つきだと思います。予告を見る感じだと既に予告の段階で面白いですね。なぜか主人公の女性が山奥でヒグマと対峙していて動けない状態なのにそこでラジオを配信してしまうみたいな感じでした。一体どういう状態だったのか謎でしかありませんが、初回を必ず見ようと思わせる何かを感じました。結局あの女性はヒグマから逃げられたのかすごく気になりますね。彼女の職業はラジオパーソナリティだそうなのですごく面白そうです。きっとあのヒグマと対峙していた出来事を面白く語ってくれるのでしょう。
30代女性
原作漫画のファンなので、アニメ化が決まった時はとても嬉しく、現在放送が待ち遠しいです。ストーリーも主人公のミナレの言動も、予想できないキテレツなもので、作品には独特のテンポ感があります。また、ラジオが題材の作品なので、台詞量もとにかく多いです。そういった原作のカラーを活かした映像化をしてくれると良いなぁと思います。原作漫画のどこまでをアニメ化するのかも気になるところですね。アニメ公式サイトでキービジュアルもPVも観ましたが、絵も声も声優さんも演技も全く違和感が無く、放送に向けてより期待が高まりました。
50代女性
主人公のミナレは酒場で知り合った客に、自分の失恋話をしたことがきっかけで、彼女は地元FM局のパソナリティーになっていくようです。話をした相手がFM局のディレクターで、彼がミナレの未知の才能を見抜いたのだと思いました。いきなりラジオで話をすると言っても、ド素人にミナレにはかなりハードルが高いことだと思います。しかし、彼女の中で眠っていた才能が覚醒し、彼女はおそらく人気パーソナリティーになっていくと言うストーリーのような気がします。彼女の成長ぶりを、ラジオの前に居るような気分で見守って行きたいと思っています。 
30代女性
漫画を読むときには絵の雰囲気から入ることが多いのに対して、この原作漫画は珍しく職場の人にすすめられて読んだ漫画だったけれど、絵の雰囲気の割に、結構内容もハマり気味で、面白いとは違う感じの楽しさがあった気がする。アニメになるにあたって、声がいい、という理由でのラジオパーソナリティへの起用っていう部分では、どんな声の声優さんが主人公を担当することになるんだろう?と、ワクワクドキドキで無駄に期待が高まる。普段からラジオを聴かない人も、特に若者の中では多い気もするから、そういう意味ではラジオ利用人口が少し増えたりするのかな?って思ったりもしている。
30代男性
原作がとても好きなのでアニメにも期待している。スープカレー屋で働く主人公鼓田ミナレがひょんなことからラジオパーソナリティーとなって奮闘する青春群像ドタバタコメディーで、地方ラジオ局の番組制作とそれにまつわる放送業界のアレコレといったニッチなテーマを扱う。それだけ聞くとあまりストーリーも広がらず地味な話になりそうだがそこは流石沙村広明、ミナレのとんでもなく強烈なキャラクターを一癖も二癖もあるディレクターや構成作家といったキャラ達と絡ませる事で読者が息をつく暇が無いくらいガンガンストーリーを展開していく。その痛快なスピード感と勢いがアニメでも上手く表現することができたら原作よりさらに面白さがアップすると思うので今からワクワクしている。
20代女性
この「波よ聞いてくれ」というアニメはもともと青年漫画として出版されていたようです。舞台は北海道でそこでラジオパーソナリティーとして、デビューするなかで奮闘する物語のようです。アニメやドラマの世界でラジオパーソナリティーを主人公にするような内容の物はあまりないので、どのような話の話の内容になっているか気になります。また、舞台hあ北海道ということです。最近のアニメはイラストが本当にキレイなので、北海道ならではの綺麗で広大な自然が描かれているのではないと思います。イラストの描き方と物語の進み方に注目したいです。
20代女性
主人公のミナレが酒場で知り合った男性に失恋話をしていたのがそのままラジオで流れてしまいました。彼女はまさか自分が何も考えずにしゃべったことが、多くの人に聞かれてしまうとは思っていなかったでしょう。ですが、彼女はそれをきっかけに、ラジオの世界に入っていくことになるようです。たいていの場合はラジオが好きで、そこからこの業界に入ることが多いですが、ミナレの場合は特殊だと思いました。彼女に目を付けたFM放送局の麻藤の着眼点も凄いのかもしれません。ミナレが冠番組を持つ深夜放送がどんな内容になるのかが気になりますし、面白そうです。
30代女性
このアニメは、登場人物が社会人ばかりで構成されている点に魅力を感じます。アニメは少年少女が主人公になるものも多いため、大人ばかりのアニメは貴重です。まったくないわけではありませんが、明らかに少数派だと思っているので、この作品にはとても期待しています。『機動警察パトレイバー』や『逮捕しちゃうぞ』など、大人が主役になるアニメには名作が多く、どれも楽しく見ることができました。この作品も、社会人キャラの魅力がたっぷり詰まった良質なアニメになる予感がします。原作者は『無限の住人』と同じですが、この作品はコメディのようなので、肩の力を抜いて視聴できそうなことも、楽しみなポイントです。
20代女性
波よ聞いてくれというアニメに期待しているのは怒涛のギャグ展開が多くありそうな点です。一見してかなりぶっ飛んだ内容のアニメだと思いますがそれでも1人の女性のリアルな悩みを描いているような作風にはかなり期待しています。内容自体はかなり現実離れしていると思いますがここまで現実離れした内容という事になるとギャグをどれだけ面白くできるかで面白いかどうかが決まるのでどれだけギャグの表現を面白くできるかをかなり期待しています。そこが上手くいけば新しいギャグアニメとしてかなり面白い作品になると思います。
なのでそこを期待します。
50代女性
春からのアニメ作品を確認していると、この作品はどんな感じかと見てみると、破天荒な事から札幌にあるスープカレー屋で働く鼓田ミナレが主人公であった。ただのスープカレー屋の店員であったミナレが、彼氏と別れた事を知り合いに愚痴った事を録音されてしまい、それを地元のラジオ局から生放送で流されてしまった事から人生が大きく変わってしまう。もうこの地点で面白そうだと思ってしまった。流されている自分の愚痴の録音を止める為にラジオ局に乗り込むミナレだが、それを止める為にアドリブでミナレがラジオの放送をする事になるのだが、もうおかしすぎてどんな展開になるのか楽しみになってきた。