連続テレビ小説『なつぞら』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程
2019年4月1日スタート
NHK総合 月〜土曜あさ8時から

連続テレビ小説『なつぞら』動画視聴方法

ロボットカマクラくん
2019年NHK朝ドラ『なつぞら』
NHK公式配信サービス「U-NEXT(NHKオンデマンド)」で
第1話から最新話までフル動画配信中でヤンス〜!!

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』の
トライアル期間を利用して”完全無料”で見放題♪

初回1ヶ月無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『U-NEXT(NHKオンデマンド)』おすすめポイント

★配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!

★ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!

★電子書籍のサービスも!『non・no』や『週プレ』など70冊以上の有名雑誌が読み放題!

★継続利用で『1200円分』のポイントが【無料】で貰える!
ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!

※月額1990円(税抜)かかります

●『U-NEXT』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『U-NEXT』ユーザー
U-NEXTを使う上で他の定額サービスよりも、利用者のプライベートに関しても考慮してくれている点があります。1つのアカウントを使用しているだけで、家族とはのアカウントを設定することが出来るので視聴履歴などを家族にバレずに見ることが出来るです。他の定額サービスにはこれがないので家族と同じサービスを利用している時は視聴したい動画内容を考えて見ないといけないのですが、U-NEXTはしっかりしてくれています。プライバシーの考慮って意外に大事なことですし。【20代・男性】

見逃し動画 検索

ロボットカマクラくん
<第1話>2019年4月1日 あさ8時放送〜
最新話までチェックしてみヨ〜〜!!
  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)

NHKの映像作品は基本見逃し配信は行っていない場合が多いです。

  • <第1話〜全話>をフル視聴!
U-NEXT(NHKオンデマンド)
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

連続テレビ小説「なつぞら」イントロダクション・キャスト情報

Introduction

連続テレビ小説100作目『なつぞら』は、日本アニメの草創期をまっすぐに生きた、奥原なつ(広瀬すず)の夢と冒険、愛と感動の物語。

戦争で両親を失った少女・奥原なつを癒し、たくましく育てたのは、北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれた強く、優しい大人たち。十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジする。“なつ”は素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽(吉沢亮)と出会い、天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられ、“絵が動く”夢のような世界があるのかと感動する。

■Cast

広瀬すず
松嶋菜々子
藤木直人
岡田将生
清原果耶
比嘉愛未
安田顕

ほか

■「なつぞら」公式SNS

NHK公式サイト Twitter Instagram LINE

連続テレビ小説「なつぞら」全体の感想・みどころ

ネタバレ注意

30代女性
戦争孤児となった主人公・なつが戦死した父親の友人に引き取られ、北海道で生活するところからストーリーが展開していきました。小さいながらに生きていこうと必死にもがいている姿に胸が熱くなり、なつを演じる子役の演技力に引き込まれました。頑固で多くを語らない草刈正雄さん演じる泰樹と牛の世話を通して言葉がなくとも心を通わせていく関係に血の繋がり以上のものを感じました。高校を卒業を機に絵の勉強をするため東京へ向かうなつですが、そのことで牧場を継いでくれると思っていた泰樹とぶつかり合うシーンが印象的で、最終的になつを東京へ送り出す泰樹の姿に二人の絆の深さを感じました。そこからイラストレーターになるまでのなつの苦労が見られましたが、苦労を苦労と思わない前に進み続けるなつの姿は、とても強くカッコよく感じました。小さいときに人よりも多く苦労を経験した分、人の弱さを知り優しさに溢れたなつの人物像はとても素敵でした。人に対する感謝や人との絆を感じられる素晴らしいドラマでした。
40代女性
なつぞらは「生ぬるいドラマ」だと思いました。戦争孤児となり引き取られた家の人たちが皆良い人たちで愛情いっぱいに育てられ、就職で上京した時も周囲の人たちが皆良い人たちで女性アニメーターとして第一人者に成長しました。職場結婚をした後も、周囲の人たちの協力によって育児と家事と仕事をこなしました。波乱万丈さが少なく、ほのぼのとしていました。BSではなつぞらの前におしんが放映されていましたが、おしんの耐え難い波乱万丈な人生模様を観た後になつぞらを観ると、退屈に感じました。放映期間中に京アニの放火事件が起きてショックを受けましたが、なつぞらでアニメーターの方々やアニメ制作会社が精一杯頑張っている様子を観て励まされることもありました。
30代男性
主人公奥寺なつは、序盤こそ十勝で農家として生活するが、中盤以降は東京でアニメーターとして活動する。本作の舞台は丁度TVアニメの黎明期にあたり、本作を見ていると当時のアニメ業界を見ることができる。その意味では朝ドラファンのみならず、アニメファンも楽しめる。この東京編に登場する人物は、高畑勲や宮崎駿など実在のアニメーターをモデルにした人が多い。放送当時、私はこの人物のモデルは誰かなどと考えたり、調べたりして大いに楽しませてもらった。また作中で登場するアニメ作品も現実のアニメ作品をモデルにしている。このあたりも調べると面白い。
50代男性
100作目記念ということで、とにかくキャストが豪華だった。その上、歴代のヒロインが次々と登場するという趣向もあった。いい味出してる役者さんが多かったように思う。例えば藤木直人さんは、気障な役が多かったように思うが、今作は違っていた。剛男は婿養子ということでじいちゃんに頭が上がらず、富士子の尻の下に敷かれてる感じで、普段は気が弱くて優しい感じ。でもなつが一久さんを十勝につれて行った時、じいちゃんはケチをつけたが、剛男は堂々と言い返していた。やる時はやるのである。この剛男役に藤木さんはピタリとはまっていたように思う。
50代女性
アニメーション制作の歴史、世界を詳しく知ることができました。北海道の自然の中で、素直に育っていく主人公が、受け継がれていた絵の才能と、東京への思いを合わせて、アニメーションの世界に入っていこうとする一生懸命な姿に、自分の夢を叶えようというすべての人が一度は経験する思いを重ね、色々な苦難を乗り越えていく様子に共感して、展開に目が離せなくなっていきます。ちょうど放映時期に京都アニメーション放火の惨事があり、多くの方々が亡くなられた情報の中で、アニメーションのファンでなくても、貴重な才能が一度に失われたことを実感できました。影響力のある素晴らしい作品を作り上げることと、北海道の大自然と生きることの2面的なストーリーがとても興味深い作品でした。
30代女性
幼いなつが兄恋しさに家出をし、それを叱りながらもその気持ちを理解し温かく受け止めるおじいちゃんのシーンは何度思い出しても感動します。言葉は少ないながら、そのしぐさや抱きしめるその腕で想いを伝えてくるところが心に響きました。北海道のなつの家族、柴田夕見子のなんでもはっきりと言ってしまう、快活としたキャラクターは朝から気持ちをすっきりさせてくれて大好きでした。嫌味のない言い分がとても良かったです。なつがアニメーターになってからの後半は、本当にこんなスムーズに事が進む?と疑問に感じてしまう部分もありましたが、いじめられたり、過度な苦労をしたりという所が無い分、安心して見ていられたように思います。
20代女性
なつぞらで一番好きなシーンはなつとゆみこちゃんの結婚式の回です。戦争孤児として北海道に引き取られ、じいちゃんに農業を教わりながら育ったなつと、勉強を頑張って割と強気だけど駆け落ちしたクズ男をじいちゃんが殴って一緒に北海道に帰ったゆみこ。形は違うかもしれないけどじいちゃんに愛されて大切に育てた2人の孫が綺麗な花嫁衣装を着ている姿は感動でした。結婚式当日牛舎になつがじいちゃんを迎えに行って、いままで育ててくれてありがとうと言うシーンは涙なしには見られません。家族の愛がたっぷり溢れる素敵な作品だと思います!
30代女性
観て良かった作品でした。きっかけは、広瀬すずさんが主演で観たいと思いました。主人公ナツの幼少期から大人になり、就職、結婚、仕事と子育てを両立することまで、細かに描かれています。養女になったナツ!幼い頃からおじいちゃんと牛のお世話をするシーン泣けました。おじいちゃんが夏に居場所を与えて、不器用にも家族として受け入れていく!!高校生になり、劇団部やいろんな人との出会いで
アニメーション制作を仕事にするナツ
生き別れた兄を探すナツ
今がどれほど、恵まれている世界であるか実感させられました。ナツの様な女性たちが頑張って仕事と子育ての両立してくれたので、今子育てしながら働ける環境があるのだと知る事ができました。
30代男性
前半、というか序盤の十勝編が素晴らしい。十勝に実際に行ってロケをしただけあって自然の美しさが印象的だ。登場人物で言うなら主人公奥寺なつの祖父的なポジションの柴田泰樹が特にいい。なつぞらの名言は大概この大樹が言っている。泰樹は草刈正雄さんが演じているのだが、時折真田丸の真田昌幸が顔を出す。真田丸ファンは思わずクスリとしてしまう場面が多い。もう一人注目するべき人物として山田天陽を挙げる。天陽は開拓者でもあり芸術家でもあるという独特のポジションを持つ人物だ。なつは絵に興味を持ち、漫画映画に魅せられ、アニメーターを目指すわけだが、なつがそうした道に進んだのは天陽の影響が大きかった。なつが東京に行ってからも様々な人に出会うが、なつに与えた影響を考えるとこの二人が物語の軸であることは間違いない。これから本作を見ようという人はこの二人に注目してみるとよいだろう。
30代女性
私が初めて見た朝ドラがなつぞらでした。吉沢亮くんがでるということで見始めましたが、キャストが豪華すぎて、朝から贅沢な時間を過ごさせてもらいました!なつ(広瀬すず)と天陽くん(吉沢亮)の好き同士なんだけど、親友のようでお互いを尊敬し合う関係が、なんとも尊いものでした。好きという言葉がなくても分かり合っているような。しかしなつが夢を追って東京に行く時に、天陽は待たないと言いました。なつも天陽もプライドが高く、寂しいとか行かないでとか言うことが出来ず、その辺りのシーンはもどかしく離れてしまう2人を見たくありませんでした。大人になってお互いいい人を見つけることができたけど、やっぱりなつと天陽は深いところで想いあっていて…切なくて美しい関係だと思いました。
40代女性
「なつぞら」は広瀬すずさんが主演で朝ドラ100作目ということで放送前から話題となっていて期待をしていました。放送1~2週目戦争孤児となってしまったなつが北海道の家族に引き取られたころの祖父の泰樹とのシーンは感動したのですが、見たいと思ったのはそこまででした。高校生になったなつはお姫様のようで子供の頃に苦労していたなつとは別人のようでした。上京してアニメーターの仕事もトントン拍子で上手くいき、結婚して子育てをするところも他人任せですごくわがままな女性に見えました。途中からいつかは面白くなると思い期待して見ていましたが最後まで見ていてイラッとするようなドラマでした。私の中では朝ドラで一番の不出来な作品だったと思います。
20代女性
主人公のなつを中心に展開しながらも、その周りの人達との出会いや関係性の変化がとても面白かったです。中でも、特に妹との再会は印象的でした。幼い頃から離れて暮らしていた妹と、再会した時はとても大きな壁があり見ていてもどかしかったですが、少しずつ妹も心をひらき、時間をかけて姉妹になっていく場面に感動しました。また、北海道の家族も大好きで、特におじいちゃんが、本当の孫と同様に、優しく厳しく接していたのが心温まりました。そして、てんようくんとのお別れはとても辛く寂しかったですが、なつにすごく影響を与えた大切な人だと思いました。
50代女性
なつは戦災孤児として育ちましたが、北海道の柴田家に預けられることによって、結果的に健やかに育つことができました。それでも最初の頃はお爺さんがかなりなつに冷たく当たっていたのが気になっていました。そんなお爺さんは北海道の開拓者一世で、新たな土地に一人で踏み込んでいくことの大変さを一番良く分かっていたように思います。なつが子供ながらに、周りに気を使っていましたが、そこから解き放たれ、感情を出して泣いた場面が印象に残っています。また、懐かしいアニメもたくさん登場して、それもこのドラマの楽しみとなっていました。
60代男性
終戦直後の混乱した時代に3人の兄妹が孤児になり、苦労しながらも生活していたが、主人公の(なつ)だけが、北海道にゆくことになる。実はなつのお父さんの戦友で、生きて日本に帰った時はあ、お互いの約束事として、子供を引き取って育てる約束を果たしたのです。此のことだけでも感動しているのに、さらに引き取られた家の、「おじいちゃん」の言葉が、場面場面で、彼女を励ます大事な言葉となって勇気を与え続ける。この言葉でなつが成長してゆくシーンが何とも言えないくらい感動していました。ドラマの終盤は、3人の兄妹がそれぞれの道で一人前になってハッピーエンドでしたが、人に勇気を与えるそんな物語であったと思います。
40代女性
広瀬すずさんが主役に抜擢、共演者の岡田将生さん、吉沢亮さん、中川大志さん、清原翔さんなど、イケメン俳優が勢ぞろいでしたが、今思い返してみると、広瀬さん演じる主人公なつの表情の動きが乏しかったように思います。なつの経験した戦争、親との死別、兄妹との離別のせいかもしれませんが、もっと、喜怒哀楽の表情が豊かだったら、もっとすばらしい作品になったと思いました。アニメ制作の裏側が描かれていたことは、とても興味深く、参考になる情報ばかりだったので、なつぞらの後でアニメを見るときには、エンドロールなどでのスタッフの名前などもきちんと見るようになりました。また、当時の衣装として、派手目な明るい衣装の着こなしや、ヘアスタイルなど、見ていて画面が華やいでいたと思います。子役の俳優さんの演技も素晴らしく、これからの演技にも注目したいと思わせてくれました。

連続テレビ小説「なつぞら」のみどころを募ってみた☆

20代女性
広瀬すずちゃんが前からファンなので朝ドラで見れて嬉しいです。お兄ちゃんが岡田将生ていうのも良いです。まだ戦争があってる頃からのストーリーで両親を亡くしたり、生き別れになったり今の自分よりも若い人たちもたくさん苦労してて、現代は問題は色々あれど平和なのだと改めて感じました。
40代女性
過去に朝ドラに出演していた松嶋菜々子さんや山口智子さんの登場は見どころです!内村さんのナレーターもすごく好きです。何と言っても朝ドラは出演者が豪華!吉沢亮さんや山田裕貴さんや工藤阿須加さんにも注目しています。なつがどんな大人になっていくのか今から楽しみで仕方ありません。

「なつぞら」出演者作品リンク

近日公開予定です。

<2019年夏・NHK関連作品リンク>

▶︎<土曜・夜21時〜>ドラマ『サギデカ』

▶︎<土曜・夜23:30〜>ドラマ『だから私は推しました』