【全ての働く人共感】人気バラエティ「プロフェッショナル 仕事の流儀」の見逃し動画を無料で見る

バラエティ「プロフェッショナル 仕事の流儀」最新回の動画を見る

U-NEXT

U-NEXT(ユーネクスト)では、NHKで放送されたバラエティ番組を多数配信!

31日間の無料トライアル期間中に解約した場合、完全無料で視聴することも可能です。

上記ボタンからU-NEXTに無料お試し登録すると、1,000円分のポイントをゲットできてとってもお得です!

おすすめポイント

  • NHKオンデマンドの番組をお得に見られる!
  • お得な見放題パックもあるので安心
  • NHK以外のドラマやアニメなども多数配信!

etc..

登録も数分であっという間です。

※配信されていない番組もありますので、ご了承ください。

無料見逃し動画を検索

■TVer / GYAO

TVerやGYAOでは「プロフェッショナル 仕事の流儀」の見逃し無料動画配信はありません。

■過去放送回〜最新回

U-NEXT

※配信されていない回もあるので、要確認

■動画共有サイト

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
上記動画共有サイトには公式で配信されている動画もありますが、なかには違法にアップロードされた動画もあるので注意が必要です。ウイルス感染のリスク等も否定できないので自己責任でのご利用をお願いします。

バラエティ「プロフェッショナル 仕事の流儀」とは?

仕事の流儀には、その人の生き方が現れる。 『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。

(出典:「プロフェッショナル 仕事の流儀」公式サイト

  • 放送局…NHK総合
  • 曜日…毎週火曜日(午後10時30分〜)

バラエティ「プロフェッショナル 仕事の流儀」視聴者の声

みどころ

30代男性
毎回その道のプロフェッショナルの人を紹介するこの番組を、毎週拝見させて頂き、自分の仕事観、また人生観の参考にさせて頂いています。仕事というのは、ここまでつきつめて自分の人生の一部にしてしまうと、ここまで素晴らしい仕事を超えた仕事が出来るのだなと教えてもらえる番組です。おすすめです。
40代女性
とにかく本格的な番組でついつい見てしまいます。色々な仕事のプロの方達が出て来ますが、その方達の仕事を徹底的に掘り下げて、嘘の無い本当のドキュメンタリーです。NHKだからこそのシンプルな番組ながら奥が深いです。
30代男性
普段なかなか日の当たらない、しかし極めて重要な仕事をされている方々の等身大の日常に密着しているところが、興味深い。仕事にプライドと喜びを感じながらも、上手くいかず苦悩する部分もある。そう!プロフェッショナルも一人の人間なんだ!と思え自分も仕事にプライドを持って頑張りたい、という気持ちを見ていて抱ける番組である。
20代男性
この番組の見所は、プロの人の生き方を番組で知ることができるので、仕事の自分の参考になります。結構生かせる部分が多く、それがすぐに結果に結びつくことがあるので好きです。また、30分番組でとても見やすいです。
40代女性
一見派手ではない仕事でも、世の中のいろいろなところでプライドを持って仕事をして成果を残している方々の姿を見られること。プロフェッショナルが語るこだわりや考え方は自分の仕事にも繋がりそうな点も多く勉強になります。
30代女性
さまざまな分野で活躍する人たちに密着して、その人の生い立ちや、成功して今に至るまでの失敗などを丁寧に紹介していく番組を見ていると、自然と(また明日から頑張ろう!)と思えてきます。今は、プロフェッショナルとして世間に認められている人にも失敗があったのだと思うと勇気づけられます。

感想

■2019年11月5日
プロフェッショナル 仕事の流儀「芸能プロ社長・渡辺万由美」

50代女性
今回は芸能プロダクションの社長の渡辺万由美さんでしたが、プロフェッショナルとは自分をまず知ることと言っていたことが自分に良く当てはまると思いました。渡辺さんが恥ずかしがり屋というのが意外でした。私によく似ていて、好感を持てました。
40代女性
スターを育てる事務所の社長さんのイメージが渡辺さんを見て変わりました。努力し続けることができる才能、数字を気にしない、こんな社長さん居ないと思います。少人数で家族の様に行ってらっしゃいと送り出して母親の様に見守る姿に、感動しました。

■2019年10月29日

30代女性
NHKが、発達障害のキャンペーンをやっているのは知っていましたが、見ていて辛くなるような番組だったら嫌だな…と見る前は少し緊張するような気持ちでしたが、本田秀夫さんの優しい表情と話し方で、私も何かの緊張からほどかれたような気がしました。
30代女性
発達障害を抱えた家族だけではなく、多くの人が、救われるような気持ちになる番組だったと思います。普通とは?その人にとっての幸せは?など、いろいろなことを考えさせてくれました。このような先生に出会えた人は幸せだろうと思いました。
30代女性
大きな病院では、先生がきちんと患者や患者の家族の話を聞いてくれないと言われていますが、本田秀夫先生は、とにかくゆっくりゆっくり患者のために時間を割いて、待ってくれる、とても良い先生だなと思いました。先生の笑顔を見ていると、救われるような気がします。
30代女性
番組を見るまでは、本田秀夫先生の存在を知りませんでしたが、最近の「プロフェッショナル 仕事の流儀」の中では、一番良かったと思います。医師としてというよりも、人間として本田秀夫先生のことがわかったような気がして、こんなに優しさにあふれた方がいるんだなとホッとしました。
50代女性
今回は精神科医の本田秀夫さんでしたが、発達障害を専門に診る医師で親戚にも発達障害ではないかと思える人がいるので興味深かったです。発達障害は個性の一部と考えているところが自分と共通していると思いました。

■2019年10月22日
幸せのひと皿母の覚悟ホテル総料理長・樋口宏江

50代女性
今回はホテルの総料理長の樋口宏江さんでしたが、樋口さんの言葉の「昨日よりも今日 今日よりも明日」が気に入りました。樋口さんは働くお母さんで私には到底及ばないのですが、女性だから出来る料理もあるのではないかと思いました。

■2019年10月15日
「家電の命、最後まで~電器店主・今井和美」

50代女性
今回は今井電子サービスの今井和美さんの話題でしたが、社会では自分の信念を貫くと空気が読めないと思われます。しかし、今井さんは自分の信念を貫いた人で、でも今は社会から必要とされる人になって良かったと思いました。
20代女性
仕事で上手くいっていない時に見ると、やる気がみなぎってきます。人それぞれ仕事に対する『熱意』は温度差が生じると思いますが、この番組を見ると、その『熱意』の温度差が自然と埋まってくれて、明日から1つでも心構えだったり目標を持って私らしく仕事をしていこうと思えるステキな番組です。

■2019年10月8日
「伝説の家政婦、再び~タサン志麻の新たな挑戦」

30代女性
家政婦のタサン志麻さんの仕事が減らないのは、未だに企業の「働き方改革」が進んでいないせいもあるのかなと思いました。何度かお願いするのは、志麻さんに料理を教わるという意味合いもあるのかもしれませんが、「働き方改革」がきっちり出来れば、時間にも今より余裕ができて、残業が減った分、残業代も減るので、志麻さんに頼める人は減ってしまうだろうと思います。
30代女性
生後間もない息子の育児をしながら、家でレシピ作りをしている志麻さんを見ていると、働く母親がいかに大変かわかった人も多いと思いますが、今の状態では、レシピ作りさえままならないなと思いました。志麻さんは、料理はプロの腕前でも、育児は人の手を借りたほうが良いのではないかと思いました。
30代女性
志麻さんは、家にずっといるような専業主婦はできないのだろうなと思いました。家政婦を頼める家は、それなりに収入がある家だと思うので、よほどの失態をしない限りは、クレームも少ないだろうし、とにかく誰かに認めてもらいたいという意識の強い人なのだろうと思いました。

■2019年10月1日
▽至高の“点”、ここに極まれり~料理人・米田肇

30代男性
三つ星を取った料理人なので、ポルシェにも乗れるんだなと思いましたが、水色のポルシェに乗っている人は始めて見ました。さすが大阪のセンスだなと思いましたが、地球をイメージしているとのことで、少し納得できましたが、それでも強烈だなと思いました。

30代男性
フライパンや鍋に食材を入れたまま、余熱で調理をするということは、私もよくやりますが、バットに移して、ラップをかけた状態で、ゆっくり火入れをするという調理方法があるんだなと思いました。プロにしかできない技だと思います。

30代男性
料理人の中には、たくさん美味しいものを食べているのだろうなと思ってしまうように、かなり太っている人もいますが、米田肇さんは、従業員を休憩させている間にジムで身体を鍛えていて、本当のプロだなと思いました。

30代男性
米田肇さんの料理は、化学の実験のようだなと思いました。料理をお客さんに届けるまでの時間や、そのお客さんが食べるスピードも考えて、温度管理を徹底していて、絶対においしいものを食べてもらいたいという気持ちが伝わってきました。

30代男性
仕事をしていて、今やっている作業の次にどんなことが起きるか?という想像力が働かない人が多いと感じますが、米田肇さんは、お客さんがお肉をどの方向から切って食べるか?ということも考えて、料理を提供するのは、本当のプロだなと思いました。
もっと感想を見る

■2019年9月24日
プロフェッショナル 仕事の流儀「命を削り、心を研ぐ~包丁研ぎ職人・坂下勝美」

30代女性
今は、セラミックなどで作られていて、研がなくてもよい包丁を使う人が増えてきていると思いますが、プロの職人さんたちにとっては、包丁を研いでくれる職人さんという存在は、とても大事なのだろうなと思いました。
30代女性
包丁研ぎと聞いても、初めは、その仕事の大切さをほとんど理解できていませんでしたが、番組をみているうちに、食材の繊細な味を引き出すためには、包丁のキレが良いことは、とても重要なのだろうと思うようになりました。
30代女性
よく研がれている包丁で切ったトマトは、その断面もとてもきれいで、みずみずしさがよりわかるのだろうと思いました。「繊維を乱さないことが一番大事」という言葉には説得力があり、なるほど…と納得させられました。
30代女性
「切る」と「切れる」は違う、と言われている言葉の意味が最初はわかりませんでしたが、番組を見ているうちに、少しわかったような気がしました。力を入れなくてもスッと「切れる」状態の包丁が良いのだろうなと思いました。
30代女性
大腸がんや脳梗塞などの病気を乗り越えて、今も腰の痛みに耐えながら、包丁を研ぎ続ける姿がかっこいいなと思いました。ネクタイをすることさえ許されないと感じるほど、軽んじられるような仕事ではないと思いますが、今も誇りを持って仕事にむかっている姿が良かったです。

■2019年9月3日
プロフェッショナル 仕事の流儀▽その人らしさを見つめて 認知症ケアのプロSP

30代女性
介護のプロフェッショナルの3人を追うという、いつもとは違う番組の作りで、どんな意図があるのだろうと楽しみにしていましたが、過去の放送を編集して、可能な場合は現在の様子を少し加えただけで、ネタ切れしたのかなと思いました。

■2019年8月27日
プロフェッショナル 仕事の流儀「内科医・天野惠子」

30代女性
大病院の有名な先生は、診療時間より前から診察をはじめてくれるなんていうことはないのかと思っていたら、『患者の話をたくさん聞くため」と早めに診てくれる先生がいることに感動しました。患者にとっては、こんな先生との出会いは本当に嬉しいなと思います。
30代女性
アメリカでは、男女別の治療がおこなわれているのに、日本ではそれが行なわれていないのは何故だろうと不思議だなと思いました。天野先生から始まって、女性外来がこれから全国にもっと増えていけば良いなと思います。
30代女性
初診の前に、これまでの病歴や症状などを、患者自身が先生にあてて、手紙のように書いて送っておくというのは良い方法だなと思いました。先生の言われるように「患者の主治医は、患者」というのは本当だなと思います。
30代女性
“慢性疲労症候群”という病名からは、あまり深刻な病気を想像することはできませんでしたが、何年もの間、ほぼ寝たきりで過ごしている方がいるとは、恐ろしい病気だなと思いました。まだ認知度の低い病気に立ち向かう天野先生は、患者の希望の光だなと思いました。
30代女性
天野先生ご自身も、体調がすぐれない時期があり、それを乗り越えての今なので、更年期障害に苦しむ女性の思いも、実感として理解してくださるのだろうと思います。いつか更年期障害という言葉もなくなるような時代がくれば良いなと思いました。

■2019年7月30日
プロフェッショナル 仕事の流儀「ジェラート職人・柴野大造」

40代女性
自分を天才だと思った事は1度もないと言い、日々緻密な計算のもと努力を続けるジェラート職人が紹介されていました。”砂糖を制する者がジェラートを制する”をモットーに10種類の砂糖を使い分けていると聞き、驚きました。
40代女性
パイン×セロリ×リンゴで勝ち取った世界一のジェラート職人である柴野大造さんが紹介されていました。石川県野々市市にあるお店で14種類のジェラートがありましたが、朝から県外ナンバーが続々と押し寄せていて、人気ぶりを感じました。
40代女性
ジェラート職人柴野大造さんが作る新作ジェラートの開発の様子を興味深く視聴しました。アスパラガスの繊細な甘みをいかせるよう試行錯誤している姿に、今まで何も考えずにジェラートを食べていたことを少し悔いました。
40代女性
生産者の顔を思い浮かべながら試行錯誤を繰り返してようやく完成したアスパラガスのジェラート。共に働く家族の正直かつ辛辣な意見を受け完成した瞬間と、生産者が”さすがですね”と口にした事が何より感動しました。

■2019年7月23日
プロフェッショナル 仕事の流儀「家電の命、最後まで~電器店主・今井和美~」

20代男性
毎回かっこいい人に出会い勇気と希望と刺激をたくさんいただける番組になっています。今回は電器店の店主の方のお話でした。電器店といえば古臭くて面倒でといった「イメージを持っていましたが見事に覆されました。

■2019年7月2日
プロフェッショナル 仕事の流儀▽世界一の掃除さらなる高みへ~清掃員・新津春子

40代女性
7月2日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、新津春子さんを取り上げていました。新津春子さんといえば清掃のプロ中のプロの清掃人。他の番組でも登場する有名なかたです。羽田空港を世界一きれいな空港にした立役者。清掃という地味な仕事を本当に真面目にコツコツこなされる姿が眩しかったです。これぞプロ!
30代女性
空港清掃員、新津春子さん。女性誌などでも良く目にしますが、実際どんな人か知りませんでした。番組の始まりの部分で「お久しぶりです?。」とスタッフに駆け寄りハグしているところを見て、とても明るい方だと好印象でした。仕事に対する姿勢は本当に素晴らしいです。中国孤児で辛いこともあっただろうに、あんなに笑顔で尊敬です。