月9ドラマ「シャーロック」を見逃し動画無料フル視聴!

シャーロック

ドラマ『シャーロック』動画

ドラマ『シャーロック』動画配信情報

ドラマ「シャーロック」は
フジテレビ公式「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信中!

「FODプレミアム」は完全無料で視聴可能♪
無料期間中に解約しても解約金は発生しません。

  1. 初回は1ヶ月間無料!
  2. 過去から最新のフジテレビ系列のドラマ含め、最新映画など【最大40,000本】動画を配信中。FOD独占配信作品やオリジナル配信作品多数!
  3. 月額888円で、毎月最大1300円相当のポイントをプレゼント!ポイントで漫画や雑誌が買えて課金制の最新映画も観れます♪

ドラマ『シャーロック』見逃し動画 検索

  • 第1話〜全話までフル動画視聴(放送終了後に配信)
FODプレミアム
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
  • <検索>動画共有サイト

YouTube

▼最新話

<ドラマ『シャーロック』特別編>
2019年12月23日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

特別編 ネタバレはここをクリック
獅子男と守谷の遺体がいつまでも見つからない中、若宮は門司かれんという女性ジャーナリストの相手をする事に。彼女は獅子男の知り合いらしく、彼の行方と近況を知りたがっていた。若宮と門司はそれぞれ過去の事件の関係者のもとを訪ねて回り、獅子男の手がかりや彼についての印象を伺っていく。しかし誰の所にも獅子男は姿を見せていなかった。そして江藤から「獅子男のコートが引き上げられた」という報せが入り、そのポケットに入っていた彼の遺言書を読む事になる若宮。「自分の事は忘れてくれ」という獅子男からのメッセージに涙する若宮だったが、いつまでも立ち止まっていてはいけないとも考え、獅子男が消えた海に花束を投げながら「前に進む」と誓った。が、3年後に獅子男の真似事をして殺人事件の推理をしていた若宮の前に、その獅子男があっさりと登場。何故か鑑識に化けていた彼はそれを脱ぎ、若宮の推理にダメ出しをし始めた。あの劇的な別れからの3年ぶりの再会だというのに何の説明もない獅子男だったが、それでも若宮と江藤は彼とまた会えた喜びをかみしめるのだった。/su_spoiler]
特別編 感想はここをクリック
40代男性
私は、かれんが面会したときに、市川が舌をかみ切るシーンが印象的でした。市川は、精神が不安定なのだと感じました。ドラマ後半で、江藤は「捜査は打ち切られた」と言いましたが、若宮は残念だったと思いました。若宮が手紙を見て泣くシーンは、あきらめと悲しみでいっぱいだったと思いました。
30代女性
今までの事件の総復習のようでした。獅子雄がどんな人物だったか、犯人や関係者の目線で考えるのは新鮮でした。ちびっこシャーロックは相変わらず可愛かったです。獅子雄はやっぱり生きててよかったけど、3年もの間、なにをやっていたんだろうと不思議なラストでした。スペシャルか何かを期待します。
30代男性
若宮が獅子雄のマネをしていたのがとても面白くてよかったです。若宮が白衣をきていたのがとても面白くてよかったです。獅子雄が生きていたのがとてもビックリしました。獅子雄が現れて江藤と若宮が泣いていたのが笑えてよかったです。
40代男性
私は、ラストシーンが気になりました。誉が鑑識官として姿を現したので、意外な展開だと思いました。視聴者は、誉が現れたので安心したと思います。今後、誉と若宮は、江藤たちが持ってくる事件を解決していくのだなと感じました。
40代男性
これまでの事件を振り返る総集編でしたが手が込んでいてこういった演出方法もありだなとしみじみ感じていました。出演者があらためて誉を語ると言うちょっと斬新な内容は事件のトリックをあらためて思い出すと共に良かった回とダメだった回をあらためて比較できました。しかし本編と同様ラストは酷いと感じます。これは無しでしょう。
<ドラマ『シャーロック』第11話>
#11「最終回!最強バディが下す決断・・・愛する者を守れるか?この冬最も胸を熱くするラスト」
2019年12月16日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第11話 ネタバレはここをクリック
市川利枝子たち4人は、拘置所から脱走してしまう。誉は、セキュリティーの厳しい拘置所なので、内部に協力者がいると推測していた。誉と若宮がいる喫茶店に江藤がやってくる。誉は、警察の情報を伝えなかったことに不満だった。誉と江藤の関係性がおかしくなる。誉は、若宮に医者に変装して看守が入院している病院へ潜入するように指示をした。看守がいる病室の前には警官たちが待機していたが、若宮は入室することに成功した。誉の兄が監禁されるという事件が起きる。誉たちは、兄を探すことにした。そして、ある建物に入った。すると、市川利枝子が建物内から出てくる。市川と誉の会話が続き、外で待機していた江藤たちが入ってくる。江藤は、市川に銃口を向けた。
第11話 感想はここをクリック
40代女性
第11話は、ゲスト俳優としてかたせ梨乃さんが出演していました。波藤園美という役柄でしたが、若宮・誉とのシーンは、自然体で軽快な印象でした。江藤の相棒の小暮は、的確な仕事のやり方だったので、好感が持てました。
20代男性
江藤が乱心した理由がいまいちよくわかりませんでしたが、守谷を逮捕することに闘志を燃やしていたのに、結局会うこともできなかったのはちょっと不憫でした。でも、一番辛かったのは、やはり獅子雄に黙って消えられた若宮だったような気がします。彼を巻き添えにしないための優しさだったかもしれませんが、こんな未練の残る別れ方にはちょっとモヤモヤしてしまいました。
40代男性
展開が忙し過ぎて今までのストーリーより入り込めなかったのが少し残念でしたし、本当に最終回なのかなと感じで続編がないと完結できないように思えました。それでも守谷という存在は政治家ですら操ることができるぐらいの巨悪だったので、獅子雄が命を懸けて葬ったのはかっこよかったです。
50代女性
獅子雄のお兄さんがさらわれたのがとてもビックリしました。守谷のところに辿りついた獅子雄がとてもすごいと思います。守谷と獅子雄が海に落ちたのがとてもビックリしました。若宮が獅子雄のことを心配しているのが可哀想でした。
40代男性
やっと守谷との対決が始まったと思っていたらあっさり二人で海に落ちて行方不明になって終わるという展開が意外過ぎて驚きました。でも守谷という人物が莫大な資産などを利用して政治家などを操っていたことは面白かったですし、悪事を働く動機が退屈だからというのは思っていたより壊れた人物だったことで笑えました。
<ドラマ『シャーロック』第10話>
#10「最終章 都知事長男誘拐事件! そして彼が覚醒する」
2019年12月09日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第10話 ネタバレはここをクリック
江藤刑事が獅子雄に珍しく頭を下げ、事件解決依頼をする。その内容は、都知事の息子誘拐事件の解明、解決だ。さっそく獅子雄と若宮は都知事の息子の通う高校の寮とバスケ部へ調査へ向かう。明らかにバスケ部員への態度が厳しすぎるコーチに不信感を抱いた獅子雄たちは、バスケ部員に体罰の有無について口を割らせようとする。並行して江藤刑事と獅子雄は都知事に息子(リョウスケ)の誘拐事件について聞き込みをする。聞き込み後、都知事は独断で息子誘拐事件について公表(記者会見)してしまう。そんな中、バスケ部の大会があり、ピッキングを覚えた若宮が隙をみて学校に侵入しバスケ部の体罰シーンを録画したパソコンを見つける。明らかな体罰の証拠となる動画である。そこで、この誘拐事件は体罰を行うバスケ部の灰田コーチを解任したいバスケ部員の思惑かと思われた。しかし、事態はそう単純ではなかった。都知事の第一秘書津崎が計画したの自作自演の誘拐だったのだ。津崎は低迷する都知事の支持率をアップさせるために息子誘拐事件をでっち上げ、都知事に同情をひく会見をさせたのだ。しかし、誘拐事件を計画したのは津崎であったが、実際に誘拐事件を実行したのリョウスケ本人だった。こうして自作自演の誘拐事件だということが獅子雄によって解明された。リョウスケの動機は灰田を陥れるため、そして親を含めた大人たちへの復讐だったのだ。
第10話 感想はここをクリック
40代女性
都知事の長男が誘拐されたと、都知事のメールに写メ付きでくる。ようすけの友人が、第2秘書で、ようすけの義理の兄と計画的誘拐を計画を考えて、やっていたが、義理の兄は都知事に、支持率をあげるにはどうしたらいいか、考えろと言われ、この計画を考える。ようすけは、友人のメールをみて自分が誘拐される計画を知り、自ら誘拐し、隠れて、大人達を困らせたくて、実行する。バスケのメンバーとも息があわず、先生のパワハラがひどくて。どうしょもない大人が子供に起こさせてしまった。とてもかわいそう。
20代男性
都知事の長男誘拐事件がおこり、最初はバスケットボール部のコーチが疑われていましたが、最終的には自分で隠れていたという展開でびっくりしました。それと、いなくなったことを利用して都知事が自分の好感度を上げていたのが最低だと思いました。
40代男性
都知事の支持率を上げるために都知事の息子を誘拐して支持率を回復させようと秘書が計画しますが、実際は都知事が秘書を巧みに操り計画を実行させようとしていたことがわかり驚きました。保身のために自分の子供も利用するなんて怖いなと感じましたが二転三転するストーリーは面白かったです。
50代女性
都知事の鵜飼の息子のヨウスケが誘拐されてしまったが、実は本人がバスケ部の顧問の灰田のパワハラに耐えられずに、父の鵜飼に相談したが、聞いてくれなかったために自作自演で自分を誘拐したのだった。現代的な事件だと思った。獅子雄はは若宮に一人でやっていけるなと意味深な発言をしたのが気になっている。守谷とはどんな人物なのか?
40代男性
今回のテーマはマジシャンズセレクト。冒頭に出てきた事が結末につながる事の多いドラマですので見事な流れでした。誉はアメリカ帰りという設定なのでバスケットボールにも詳しいのは意外な後付ですね。事件は穏やかに終わりました。しかし守谷との決着をつけるべく誉が動き出しました。守谷とは誰なのか最後で明かされるのかすらまだ分かりません。
<ドラマ『シャーロック』第9話>
#9「最終章へ・・・別れの予感!最後の晩餐は密室殺人レストラン」
2019年12月02日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第9話 ネタバレはここをクリック
グレの誕生日ディナーに予約の取れない人気店に行くのだ。誉は遅れてくるのだ。味が落ちたと騒ぐ客はグルメライターだ。その謎を推理する一行は殺人が起きたのだというのだ。刑事は殺人かもと言いだしグレは食事を辞めて捜査の手配に行く。ディナーが済むまで動くなと言いつける誉だ。イヤリングをなくしてしまった結婚記念日の婦人がいた。探すを手伝いを申し出てお手洗いでみつけてあげる誉だ。騒いでいる女性を同じテーブルに招き一緒に飲むのだ。彼女はすっぽかされたのだというのだ。デザートの時間になり、殺人をあかし、捜査をすると言い出す誉だ。その場で警察ですという刑事だ。遺体はシェフの新井だ。味についての感想を皆に聞く意見がバラバラだ。自白したのはオーナーシェフだ。だが真犯人は給仕の加藤だった。夫婦は知っていてディナーを最後まで過ごす為死体を動かしたのだった。
第9話 感想はここをクリック
30代女性
レストランでお客さん、従業員が集められての謎解きはコナンみたいで新鮮でした。いつものバイオリンがなくて寂しかったけど。事件は前科がある人が犯罪をおかしてしまうのは切ないですね。お仕事頑張ってきたのに…と思ってしまった。モリヤさんのお話は進まなかったので来週に期待ですかね。
40代女性
前回で守谷のことも出てきていて、関係のありそうな安蘭の死など宿敵との対決が始まるのかなと期待していましたが、今回は全く別の事件で少し残念に思いました。それでも出てくる人物が全員怪しくて、推理小説を読んでいるような気持ちになり面白かったです。
40代女性
レストランで起きた殺人に偶然遭遇してしまった誉達ですが、誉がいる以上はすぐに発覚してしまいます。江藤さんもいますので警察の手配も万全。逮捕に至るまでの過程は探偵物の王道で見ごたえがありました。客の中にもそれぞれの生き方があり、その中で起きた殺人事件が悲しいながらもうまく表現されていました。これまでとはちょっと趣が違いましたがかなり面白く感じました。
40代女性
獅子雄・若宮コンビと江藤達が一緒に食事をしている姿が、ちょっとシュールに見えました。しかも、みんなコース料理を頼んでいるのに、獅子雄だけ自分の好きなアラカルトを頼むとか、空気読まなさすぎで笑ってしまいました。でも一番ツボだったのは、シリアスなシーンなのに江藤が刑事だと名乗る件が、飛行機の中で「この中にお医者様いませんか?」に似ていてコントのように見えたことです。
40代女性
レストランで食べていると、すでに殺人が起こっていて獅子雄が掃除用具入れで死体を見つけました。メインディッシュが終わるまで推理をしながら店の人を出さないようにするという展開になったのですが、よく人が殺されてる店で食べれるなと思いました。
<ドラマ『シャーロック』第8話>
#8「遺書の暗号は殺しの招待状」
2019年11月25日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第8話 ネタバレはここをクリック
ある男性2人が亡くなっているのが発見された。1人は経産省のエリートで遺体のそばには謎のメッセージとライオンの絵葉書があった。さっそく誉に依頼する江藤だったが、誉はすぐに暗号を解いてしまう。暗号はサットンビジネススクールとその校長である安蘭世津子の存在だった。さっそくビジネススクールを訪れるが、どうも怪しかった。死亡した男性の同期の女性は男性達を知らないという、そんな時に誉は兄に出会う。兄はビジネススクールの裏の顔を教えてくれる。校長の安蘭世津子を尾曳だし全ての謎を明らかにしたところで、安蘭世津子は自殺を図った。安蘭世津子は守屋に仕えていた過去に犯罪を犯した女性だった過去の事件今回の事件の真相を闇の中に頬むるために自殺した後味の悪さと守屋の謎が深まり話は終わった。
第8話 感想はここをクリック
30代男性
江藤が勝手に部屋に入ってくるのがとても面白くてよかったです。若宮の料理がとても美味しそうでよかったです。獅子雄のお兄さんが若宮の部屋にきたのがとてもビックリしました。獅子雄がチョコレートを食べようとしていたのがビックリしました。
40代男性
案外簡単に人を殺したり自分の命を絶ったりするなぁという印象です。こういう物語は人死にが多いのは仕方がないけれどそれにしても安易ではないでしょうか。安蘭世津子にマインドコントロールを受けていた北山だから「身元を教えてもらえなかったし、男の恋人を持っていた、つまり自分は裏切られた」というくらいの理由でも青酸カリ入りのチョコレートを食べさせたとするなら、もう少し北山の心情や執着を独特に描くべきです。よく飲みに行っていて仲良しだったくらいで殺人までするか?と思わざるを得ません。ディーンフジオカはジェレミー・ブレットのホームズを参考にしているのでしょうか。手の仕草やセリフの抑揚のつけ方が似ています。でもそこで独自の雰囲気を出さねば原作サー・アーサー・コナンドイルのテロップが泣くというものです。
30代男性
経産省の人間がサットンビジネススクールの不正を調べるために潜入していたという展開はかなり面白かったです。でもそれを知ったビジネススクールの校長の安蘭世津子が秘書を操り口封じのために毒入りチョコを持って行かせたことに秘書の女性がかわいそうだなと感じました。でも一番の動機は自分に振り向いてもらえなかった嫉妬心だったようなので仕方ないのかなと考えさせられるストーリーで面白かったです。
30代女性
暗号を安蘭が作ったのがとてもビックリしました。安蘭が食べたチョコレートに毒が入っていたのがとてもビックリしました。三崎と柴田ができていたのがとてもビックリしました。柴田が食べたチョコレートを三崎が食べたのが驚きました。
40代女性
チョコレートを食べて、口の中がチョコレートの色から血の赤色になったところが毒の怖さがとても伝わり、恐ろしかったです。裏切り、嘘を私も許さないほうなので少しだけ今回の事件が起きた事を理解出来ました。先生は強そうで弱かったと感じました。
<ドラマ『シャーロック』第7話>
2019年11月18日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第7話 ネタバレはここをクリック
まず物語は一人の虎夫と言う少年が訪ねてくる。そして自分の祖父を探して欲しいと二人に頼む。そして居なくなった当日に介護施設に出かけた事を手掛かりに獅子雄と虎夫は向うが担当の人間に歩いて帰ったと言われ、その後に虎夫の母親から家に帰っていると言われ自宅に帰るが、どうやら寅二郎には認知症の症状が出ているらしく何を言われても答えられない状況になっていた。後日獅子雄の元に虎次郎が訪ねて来て、どうやら大きな秘密を抱えているらしくその為に演技をしなければいけなかった事を打ち明ける。突然誰かに襲われ車で運ばれその後に目隠しを取るとその目の前に金庫があり金庫を開けろと言う文字が書かれている。どうやら過去に須磨寅の大鼠と言われる有名な
泥棒として二人は名前が売れていたらしく、そして獅子雄達はもう一人の相棒が犯人では無いかと推理するようになり、そして金庫の手掛かりを知っているんじゃないかと推理するようになる。
第7話 感想はここをクリック
30代女性
今回は人が殺されなくて良かったです。いつものパターンが崩されていて新鮮でした。野原の中でのバイオリンもシュールでした。なんでじいちゃんを襲ったのかわからなかったけど、介護士がお金を欲しがったからとは。。でも介護はたいへんだったんだろうからちゃんとした手順でもらえば良かったのにと考えてしまった。子役の子がかわいかったです。
40代男性
少年シャーロックの登場ということでその少年が周囲を混乱させる展開を予想していました。少年は確かに重要な人物でしたが、今回は古典探偵物である探偵と泥棒。この脚本は見事です。事件もそれなりに面白かったのですが、人間関係のうまさが絶妙でした。予想は良い意味で外れましたがかなりうまくドラマができていたので良しとします。
40代女性
ものが見つからないと、すぐ人のせいにして盗まれたと思ってしまう心理はかなりリアリティがありました。獅子雄は子供の頃から理屈っぽくてちょっと笑ってしまいましたが、深く考えずに泥棒がいると決めつけてしまう担任は、人間としてとても薄っぺらいと思いました。
40代男性
今回も若宮がワトソンらしく捜査に積極的でなおかつ、なかなか冴えているところもありましたが、若宮の推理が実際は見当違いだったところは面白かったです。行方不明の
おじいちゃんを探す依頼から、まさか過去に盗まれた金庫が見つかり、しかも当時で4000万円が入ってるなんて驚きました。
40代女性
羽佐間虎夫という少年が訪ねてきた。行方不明になったおじいちゃんを探して欲しいと。河川敷で、寅二郎探し。持ち歩いていた小袋を発見していた。寅二郎は危険人物かもしれないと。発見場所へ案内するよう促す。そこには、3人分の足跡が残されていた。途中タイヤのあともあることから、2人組に襲われ車で連れ去られたと推測。当日に出かけたデイサービスの介護施設へ向かう。調べるうちに、いつの間におじいちゃんが自宅に帰ってきていた。監禁されたところを聞きだし、まさかのデイサービスの車庫とは。金庫破りだったおじいちゃんを鍵をあけさせなかみを頂こうというこんたんだった。金庫破りの相方はなくなっちゃったけど、捕まって良かった。
<ドラマ『シャーロック』第6話>
#6「前世で犯した殺人?古いビデオテープが語る真相」
2019年11月11日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第6話 ネタバレはここをクリック
今回はある家族を襲った不快な事件が発生した。まず、娘は誕生日の日に記憶を呼び起こしてある場所に死体があると証言し、警察はその言葉を言われるままに死体を探すとなんと死体が。そして、その子を犯人と考えていたが、その子が生まれる前に殺されていることがわかる。記憶操作をされているということが判明。その手がかりになるのが精神科の先生だった。その娘の母とは学生の時に知り合ったことがあり、さらには告白までしていた。しかしながら、フラれる上にストーカー扱いされる酷い被害を受けた。そして、大人となり患者と先生という立場を利用して娘を使って学生の時の思いを蘇るように。
第6話 感想はここをクリック
40代男性
前世で殺人をしたという女子高生の告白による不思議な事件をめぐって、小さな捜査、発見を一つずつ積み重ねて考えていき、真犯人である准教授の宇井にたどりついたのはさすが獅子雄だな!と感心しました。予想のできないストーリー展開にドキドキハラハラで、面白かったです!
50代女性
前世殺人というキーワードは斬新でしたが、結局はストーカー医師の記憶操作だったという結末がちょっとチープな感じがしました。自分の恋が報われなかった腹いせに、その相手の娘をおもちゃにするとか、宇井は相当なゲス男だと思いました。
20代男性
大人びて見える子供でも、親の愛情を感じられなくて、寂しい思いをしていたんだなということがわかる良いストーリーだったと思います。子供の立場では、共感できただろうし、親の立場から見れば、もっと子供とちゃんと向き合わなければ…と考えさせられる内容だったと思います。
40代女性
人には、色々な過去があると思いますが、医者と患者という関係で再会するということもあり得るので、今日のストーリーはとても面白かったです。PTSDとまではいかなくても、言われたほうは覚えていても、言ったほうは覚えていない、ということはよくあるので、程度の差はあれ、多くの人に似たようは経験があるだろうなと思いました。
50代女性
冒頭の家族が誕生日を祝うシーンで、蝋燭の火を全て吹き消す直線に母親が電気をつけて、いそいそと仕事に向かおうとする態度が衝撃でした。また、他の家族もどこか忙しそうに所々冷めてる感じが痛く伝わってきて悲しくなりました。こんな虚しい祝い方があるのかと腹が立ち、思わず物語にのめり込んでいきました。娘が抱える寂しさが、家族への怒りや苛立ちへ転じるのは仕方がないと思えました。
<ドラマ『シャーロック』第5話>
2019年11月04日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第5話 ネタバレはここをクリック
今回の事件は、彼氏の留守中に部屋に入った女性が110番通報。
警察が駆けつけると、室内には大量の血液が。しかし、被害者がどこにも見当たらない。
現場に残されたシャツには、町田と同じ会社で働く乾貴之のイニシャルが残されていた。
貴之は2日前から行方不明で、家族から捜索願も出されていた。
その後の調べで、現場の血液は貴之のものだと判明するのだった。
江藤は貴之の母・千沙子に話を聞いていた。
「息子は町田のパワハラを受けていた」
と千沙子は江藤に涙ながらに話す。
その晩、町田が何者かにバッドで襲われる事件が発生するのだった。
その後、獅子雄と若宮は千沙子を訪ねる。
そこで千沙子は息子・貴之が町田から陰湿なイジメにあっていたことを話す。
その後、貴之の同僚が町田をバッドで襲っていた犯人だったことが判明。
その同僚はかつて町田からイジメを受けていたのだった。
数日後、獅子雄と江藤は再び千沙子の家へ。
「息子さんの居場所がわかりました」
獅子雄は千沙子の家の物置を指差す。
実は貴之はコンペで負けた翌日、部屋で首吊り自殺していた。
その遺体を発見した千沙子は町田に復讐のために貴之の遺体から血液を抜き町田の部屋にぶちまけたのだ。
実は貴之はどこかで自分に異常なまでに干渉してくる千沙子から解放されたいと願っていたのだった。
そのことを知った千沙子は貴之の遺体を前に「ごめんなさい」と涙を流すのだった。
第5話 感想はここをクリック
40代男性
第5話では、誰が犯人なのかを推理しながら見ていたので、集中してしまいました。千沙子は、貴之がパワハラを受けていたことを、明らかにしたかったのではと思いました。誉がクリスマスツリーに異変を感じたシーンですが、感覚が鋭い人物だと思いました。
50代女性
今回のストーリーは、頑張って会社で働いていた息子が、上司のパワハラに耐えられずに、死を選んでしまった息子を思い、母がパワハラした上司に復讐するという悲しい結末であった。自分も同じ立場だったら、どうするだろうとおもった。
20代男性
会社でいじめられていた人の血だけが上司の家にぶちまけられていて死体がなかったという話だったのですが、結局いじめられていた人は自殺していて、その人の母親が血液を抜き取って上司の家にぶちまけていてびっくりしました。内容的に結構ショッキングだったし実際にはないことだと思いますが、いじめで自殺というのは少し考えさせられました。
40代女性
今回のシャーロックは犯人が分かりやすかったです。なかなかに悲しい母の愛です。私も同じ年頃の母なのでものすごく気持ちがわかりました。母からも解放されたかったのかもしれないけど、やはり自殺の直接の原因はパワハラの方だと思うな。つらいお話でした。
50代女性
若宮の「人の心臓を刺したら血が出る。人の心を刺しても血は出ない。でも、それは同じこと」という台詞がとても深かったです。いじめている方は自覚がなくても、受ける方の気持ちは何倍も深刻だということがよくわかりました。でも、一番近くにいた母親がそれをわからなかったというのが最も皮肉だと思いました。
<ドラマ『シャーロック』第4話>
2019年10月28日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの見逃し無料配信は終了しました。

第4話 ネタバレはここをクリック
近日更新予定です。
第4話 感想はここをクリック
20代女性
元TBSアナウンサーで、今はフリーのアナウンサーをしている安東弘樹さんが、ボクシングの実況担当のアナウンサーとして出演していて、男性のフリーアナウンサーがこんな形で自分の出身の局以外でドラマに出演するのは珍しいなと思いました。でも、あまりに自然すぎて、気づいてもらえなかったのではないかと思いました。
30代女性
若宮が優子の家にオレンジの傘を見つけたり、今回はお手柄だなと思ったら、獅子雄がその間にちゃっかり潤くんに会いに行ってきていて、若宮よりも良い情報を仕入れていておもしろかったです。まさに二度手間だし、いいように転がされてるなと爆笑でした。
30代男性
傘を取りに行くと言っていなくなったのがとてもビックリしました。獅子雄が傘をさしているのが面白くてよかったです。江藤が自転車で梶山を追っているのが面白くてよかったです。潤が梶山の子供だったのがとてもビックリしました。
30代男性
獅子雄のボクシングへの熱狂が物凄く暑苦しく、ボクサーたちが死闘を繰り広げたあとで勝つ姿が見たいのではなく、リングに沈む姿が見たいと興奮気味に語る姿は理解し難く、側で助手をさせられている若宮の大変さがよくわかる。
30代男性
一時期は、月9の枠でのドラマの放送は終わってしまうのではないか…と心配になるような、つまらないドラマが続いていましたが、最近の月9はちゃんと力を入れていることが伝わる面白い作品が増えてきたなと思いました。出演者にお金を使うだけでなく、脚本もしっかりしているので、良いと思います。
<ドラマ『シャーロック』第3話>
#3「地面師詐欺という闇!死者の伝言は3本の小枝・・・」
2019年10月21日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの配信は終了しています。

第3話 ネタバレはここをクリック
東京、渋谷の空き家で身元不明の老人の遺体が見つかった。獅子雄と若宮は江藤から5年前の地面師詐欺事件の舞台で、事件後詐欺被害にあった建設会社の社長が自殺した家だと聞く。獅子雄は古田の契約に同行するという。捜査二課の利枝子のことを獅子雄はつけていた。しかし、利枝子は、自分の邪魔だけはしないように忠告する。獅子雄は遺体の手の部分にある3本の木の枝に気がつく。遺体が地面師事件の犯人の一人吉野と判明する。吉野を殺した犯人は利枝子だと獅子雄は指摘する。木彫りの小物入れの中に利枝子の写真が入っていた。利枝子に首を絞められとき、まだ吉野は息があったようだ。利枝子は、口を割らなかった。獅子雄は森谷という男に興味があるようだった。
第3話 感想はここをクリック
30代女性
獅子雄が開発した嘘発見器の実験台になってしまう若宮がふて腐れた表情が語るように今回の出来はイマイチのようで、若宮が感情を高ぶらせるような質問ばかりで実験の意味がなく、おそらく獅子雄自身も開発した嘘発見器の性能の悪さに気付いているものの、天才を自称しているだけに認めたくないのだろう。
30代女性
嘘発見器で獅子雄が遊んでいるのが面白くてよかったです。詐欺師の吉野が殺されたのがとてもビックリしました。吉野が細川に謝りにきていたのがとてもビックリしました。獅子雄が疑うのが趣味と言ったのが面白くてよかったです。
30代女性
1話には中尾明慶さん、2話には菅野美穂さんをゲストとして迎えて、3話は伊藤歩さんというのは、だんだん予算を絞ってきたかな?と思いましたが、2話の菅野美穂さんで、このドラマの視聴習慣がしっかりつかてもらおうと考えてのことなら、うまいやり方だなと動画を見ながら思いました。
30代女性
シャーロックにて遺体の見つかった大豪邸が21億円もするとは驚きしかなく、貸して入ればいいのにと言った若宮の考えに同感だったが、刑事の江藤が売ったり貸したりすると税金が高くなるとの説明には驚き、この国に空き家が多くなっている理由がそこにあるのかと教えてもらうとは予想外で動画で笑ってしまった。
30代女性
シャーロックでディーン・フジオカさんのようにカッコいい人が、お花を配達してくれたら、私が山村紅葉さんだったら絶対に忘れないと思いました。しかも、黙ってお花を受け取るだけではなく「あら、あなたイイ男ね?」と言ってしまうだろうと思いました。
<ドラマ『シャーロック』第2話>
#2「新宿駅替え玉遺体の女の謎!都会の闇に埋もれた女達」
2019年10月14日(毎週月曜)21:00放送

TVer、FOD無料見逃しでの配信は終了しています。

第2話 ネタバレはここをクリック
多くの人を救った女弁護士青木藍子(菅野美穂)は、冷酷な別の顔を持っていた。自殺願望を持っていた母親を放置して死なせた罪の意識から人助けのために弁護士になったことを見透かしたように高橋博美から「偽物」呼ばわりされて依頼人であった彼女を殺害。彼女の戸籍をある殺人犯の妹に与え、別人にするという罪を犯す。その戸籍をもらった女性は、殺人犯の妹・山下さわ子であり、マスコミから追い回されて苦しんでいた。その彼女が新宿駅から落ちて死んでしまい、そこから青木弁護士に誉獅子雄の関心の目が行くようになる。助手の若宮は、事務所の女性と親しくなり、その女性から青木弁護士が嘘をついていることを教えてもらうことになるが、今度は彼女が青木の手にかかろうとしている。そこへギリギリで駆け付ける獅子雄と若宮。「私は人を助けていない。助かろうと思えば自分でなんとかするしかない」と本音を言う青木藍子に、今が一番綺麗な顔しているという獅子雄。江藤警部はまた手柄を横取りして表彰された。「俺はここでいったい何をしているのだろう」と若宮は思った。
第2話 感想はここをクリック
50代女性
今回もスカした誉と若宮コンビがカッコ良かったです。久々に見た菅野美穂は影のある美人でした。また出演して欲しいです。人は表の顔と裏の顔があるというけれど、必ずしも裏は悪ではない、そうしないと生きられない事はあると思いました。ボイスチェンジャー欲しいです。
30代女性
警察関係者ではないはずなのに、違和感なく捜査を行っている誉が不思議でなりません。なぜ、事件の関係者たちは誉に対してきちんと証言してくれるのか⁇ただ、あまりにも流れるように推理していくので、気が付いた時には事件が解決しているという印象しかないです。
40代女性
替え玉遺体の真相が弁護士による戸籍の偽造サポートだったとか、かなり闇が深いと思いました。佐和子という女性が一番不幸だったのは、戸籍の持ち主の素性がとんでもない性悪女だったことだと思います。でも、それを知っていて自分の犯罪を闇に葬るために、佐和子を博美に仕立て上げた藍子がやはり一番恐ろしかったです。
40代男性
ディーン・フジオカのシャーロック感はいいのですが岩田演じる若宮のワトソン的な要素が弱く新しいキャラクターになってるように感じるのでそこは面白いのかなと思いました。それと事件の内容は複雑なのに犯人が予想通りに進んでしまうところは少し残念でした。次に期待したいです。
50代男性
列車にひかれて死んだ高橋博美は別人だという。獅子雄は成り代わりの謎を追う。過去に博美を弁護士した藍子だという。そして、免許証の写真は藍子の事務所のアルバイトの美紗の友人の佐和子だった。そして、本物の高橋博美は、藍子を偽物とののしったために、藍子は博美を殺していたのだったのだ。しかし、獅子雄は、藍子を責めることはなかった。たくさんの人を救ってきたからだった。今回のゲストの菅野さんの悪女ぶりが素晴らしかったと思う。面白かった。
<ドラマ『シャーロック』第1話>
#1『 世界一有名なミステリーが蘇る!天才探偵と精神科医が運命の出会い!医師変死の謎を解け』
2019年10月07日(毎週月曜)21:00放送(初回30分拡大)

TVer、FOD無料見逃しの配信は終了しました。

第1話 ネタバレはここをクリック
消化器内科の赤羽栄光が謎の転落死を遂げた事件は赤羽の自殺で、赤羽は過去に不正をして医師になった経歴があり、そのことで同級生に脅されていた。ある日、赤羽の妻の汀子がその同級生を栄光の船に乗せ、同級生に熱湯をかけた。そして、栄光に同級生を消化器で殺すように言い、栄光は同級生を殺してしまった。そして、二人で船から死体を落としてしまった。栄光が助けを求めて、自殺したのは演技で別の同級生の若宮潤一から追われているように演技をして、屋上から飛び降りた。そして、若宮に罪をかぶせようとした。最後も汀子は若宮に睡眠薬の入った飲み物を飲ませ、眠らせ、犯罪のコンサルタントの誉獅子雄に熱湯をかけて殺そうとしたが、誉がよけたために若宮に熱湯がかかって、起きてしまった。
第1話 感想はここをクリック
30代男性
刑事の江藤が医者の赤羽が転落した場所を屋上から眺めて広がった血痕を見て地図のようだと笑っている所が面白く、本当の刑事もこんな現場を何度も見ていると不謹慎だがなれてくる感じになるんだろうなと想像してしまった。
30代男性
転落死した赤羽の事件を捜査している捜査一課の係長の江藤と部下のクミコが赤羽の自宅を張り込んでいるのに、睡魔に襲われた江藤がちょっとだけと言って眠るもののドンドン時間が長くなっていく、だらしなさには呆れるばかりでクミコの大変さがよくわかる。
30代男性
看護師の水野の証言の言葉の端々におかしな点を次々と指摘していく獅子雄の鋭さには驚くばかりで、聞いていた刑事の江藤とクミコが本当に捜査一課にいていいのかと思ってしまう程に何一つ聞き出せていないのが悲しく思えた。
30代女性
ディーンやっぱりかっこ良い。バイオリン弾いて、事件を振り返る姿、本当に引き込まれるほどカッコ良いです。しかも岩ちゃん思ったよりかなり演技上手い。クオリティ高いです。佐々木蔵之介はやっぱりベテラン的な存在感ありです。それにしても豪華すぎる俳優人。かなり目の保養になりますよ。週始まりの月曜日ありがたきしあわせなドラマの始まりですよね。1話から見逃さず最終回まで観てやるー。って気持ち強いドラマでした。1話からどハマり。誰が犯人?って展開も気になりますが、ディーン観てるだけでも幸せです。何をしてもカッコ良すぎる。
40代女性
ディーンさんがシャーロックを見事に演じていました。被害者やその周辺人物の癖や日常を鋭く観察し、攻めていて本当にかっこよかったです。被害者の奥様の存在感もものすごいものがありました。特に後半は、残酷なことを言ったりしたり、鬼気迫るものがありひとときも目が離せずにいました。

ドラマ「シャーロック」詳細

■ドラマ「シャーロック」Introduction

2019年10月期の月9ドラマでは、世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメント『シャーロック』を放送することが決定しました。名探偵・シャーロックと医師・ワトソンがバディを組んで難事件を解決していく古典ミステリーの傑作は、誕生から130年が経った今なお世界中で愛され続けています。このたび、 月9ドラマ『シャーロック』では満を持して、“令和の東京”を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化。アーサー・コナン・ドイルが生んだ原作の魅力をそのままに、令和で“外見最強、内面最狂!?”のバディが数々の難事件に立ち向かいます!

■Cast

ディーン・フジオカ、岩田剛典、佐々木蔵之介、山田真歩ほか

■「シャーロック」公式SNS

公式サイト Twitter

ドラマ「シャーロック」感想・みどころ

ネタバレ含む

40代女性
原作がとても有名なので、それに負けてしまうのではないかと心配していたのですが、舞台を東京に移して繰り広げられる様々な事件は、見飽きることなく、テンポも良くて見ごたえもありました。誉役のディーンフジオカさんは、はまり役といってもいいのではないでしょうか。頭が切れる感じ、身のこなし、完璧な登場人物を見事に演じていたと思いました。ドラマ後半に向けて、大がかりな展開となり、どうなるのかヒヤヒヤしながら観ていました。誉が、犯人と海に落ちたシーンは衝撃的で、とても印象に残っています。これで誉を見ることができなくなるのかと残念に思っていたら、ラストに何食わぬ感じで登場した誉を見て、とてもうれしかったです。続編も期待したいです。
30代女性
主役の獅子雄がとにかくスマートで格好良かったです。少し子供っぽかったり他人を見下したような雰囲気がある話し方や立ち振る舞いがまさにシャーロック・ホームズという感じで、視聴前までディーン・フジオカさんは顔を知ってる程度だったのですが、思わずファンになってしまいそうでした。ストーリーも、バイオリンやボクシングなど原典の小説が好きな人間の心をくすぐる小ネタも差し挟みつつ、あえて完全オリジナルのエピソードにしたのが非常に良かったと思います。欲を言えば、モリアーティ教授に該当する人物は存在を匂わせるにとどめてくれたほうが良かったかなと思いました。
40代女性
オープニングが凝っている割には、映像全体はさほど凝っていなくオーソドックス。シャーロックホームズものというと、ホームズのオリジナル小説をベースにパスティッシュにはしりがちなところを、宿敵モリアーティとバディものというところをだけを踏襲。ディーン藤岡がホームズで、さりげなく推理をみせる。本家ホームズでもスコットランドヤードの刑事と仲良くしていうのだが、こちらは警視庁。ホームズと仲良くする警部とその部下の関係がなかなかおもしろく、ホームズとワトソンの関係よりもコミカルだった。ホームズの衣装や、ワトソンと済むことになった部屋がおしゃれだった。
20代女性
強引で傲慢な誉獅子雄に対して若宮くんとちょっとイライラしたりハラハラしたりしながら観るのが楽しかったです。特にディーンフジオカさんのアンダーなオープニング曲と、獅子雄や若宮くんがドラマのタイトルである「シャーロック」とカメラに向かって書くところはとてもカッコよく、毎話バージョンが変わるのが凝ってて良かったです。最終話で守谷と海に落ち、消息不明になってしまっていた獅子雄ですが、本編シリーズ後の特別編の最後に、若宮が獅子雄の真似をした風貌や口調で事件を推理している際、鑑識の格好でしれっと推理に口を挟んできたのはとても面白かったです。
20代女性
探偵役のディーンフジオカさんと、アシスタント役の岩田剛典のかけあいが面白かった。でも、岩田さんの使い方がもったいないとも思ってしまった。もう少し、スマートな役のほうが似合うのではないかと思う。内容は1話完結で、毎回の事件の構造が複雑になっていてとても面白かった。特に、地面師の詐欺の回はどんでん返しがすごいと思った。そこから、どんどん面白くなっていったと思う。ただ、最終回でシシオがどこかへ消えて、次の週にスペシャルで全員出演させるという演出は少し謎だったと思う。もっとすごい最終のドンでん返しがほしかったなと感じた。
30代女性
一言で言うと、現代日本の探偵ドラマです。名探偵シャーロックを演じるディーンフジオカと、相棒ワトソンを演じる三代目 J Soul Brothersの岩田剛典。刑事役の佐々木蔵之介も登場し、異なるタイプのイケメン俳優を堪能できるドラマです。
「シャーロック・ホームズ」のリメイク版ですが、原作を知らなくても充分に楽しめますし、1話完結型でドラマの雰囲気も重々しくなく、気軽に観られます。岩田剛典のナレーションもイケメンボイスでテレビから離れられません。推理考察の場面や、犯人とのやり取りも見応えがあります。ドラマの回を追うごとに変化する、シャーロック(誉獅子雄)とワトソン(若宮潤一)の関係性も見所です。
20代女性
スタイリッシュな音楽と、魅せ方にこだわった画、そして正統派ミステリーチックなストーリーに惹かれたので、最初は面白く視聴していました。しかし、3話、4話と話が進むにつれ、ストーリーから真新しさとセンセーショナルさが減っていき、だんだん惰性で視聴するようになりました。それでも、1話が面白かったので、最終的に盛り返してくれたらなと期待していたのですが、最終話が1番つまらなかったです。特に、黒幕である守谷の小物感!問わず語りに話し始めた思想もあいまいで、何人もの人間を犯罪者に仕立て上げたカリスマ性が感じられず、ぽかんとしていたらドラマが終わってしまいました。最終的に「面白くなかった」という気持ちが残りましたが、1話が良かったので評価は「あまり面白くない」にとどめます。
40代男性
主役の誉が自由気ままに好き勝手するのが見ていて爽快に感じていました。古畑任三郎を彷彿とさせる自分勝手な行動は見ていてこんな態度取れる奴いないだろと感じました。第7話で出演した羽佐間虎夫が天才少年ということで1番印象に残る存在でした。全てを悟っている雰囲気で子供版・誉獅子雄という感じが出ていました。若宮より推理が上で完全に翻弄されてるシーンが見ていて面白かったです。この回では祖父・寅二郞がわざと認知症のフリをしているという設定も面白いです。色々と伏線があったり最後の謎解きも秀逸で1番面白かったのが第7話です。
40代女性
コナンドイルの原作が好きで、久々に放送前から楽しみにしてたドラマでした。主人公の誉獅子雄が原作のホームズに似ていたかと言えば、あまり似ているようには思えなかったが、演じるディーンフジオカが単純に格好良かったので、別物の探偵ドラマと思えば十分に楽しめた。とは言いながらも色んな登場人物が出る度に、あそこは違う・この雰囲気は似てる等と比較しながら見るのもそれなりに楽しかった。モリアーティに関しては変に拘り過ぎて最終回が拍子抜けした気がする。最後まで佐々木蔵之介演じる警部の胡散臭さが良かったので、いっそ彼が犯人だったら納得できたかも。
30代女性
これまで、ディーン・フジオカさんが主演を務めたドラマは、どれもいかにディーン・フジオカさんをかっこよく見せるかということに一番、力を注いでいて、ストーリーや脇役の描き方などには、あまり力を入れていないと感じていましたが、「シャーロック」はストーリーだけでも十分に面白いドラマでした。その中でも、佐々木蔵之介さんとの関係も面白かったし、岩田剛典さんのちょっとぬけた感じの男性というのも、魅力的でした。3人もイケメンが出ていれば、ほとんどのシーンの画面が美しいというのは、月曜という週のはじめの夜に見るにはとても良かったと思います。
20代男性
最近のドラマは医療物や恋愛物が多い中、1話完結の推理もののドラマということで期待して見ていました。しかしながら、主演を演じるディーンフジオカさんの演技があまり好みではありませんでした。全部棒読みに聞こえ(そういう風な役作りかもしれませんが)毎回の謎のトリックはよく考えられていて夢中になりそうになると棒読みのような演技で現実に戻される印象です。更に言うと主題歌をディーンフジオカさんが歌っているのも違和感でした。ジャニーズ等のグループ活動をしている1人が出演しているため楽曲を使うこともあるので今回のような起用もわかるのですが、自分が3ヶ国語を使えるからと言って1曲の中に3ヶ国語を織り混ぜるのは違うと思いました。3ヶ国各国の方々も部分的にしか歌詞の意味が伝わらないし、ただのアピールのような感じがしました。前述したようにトリックや悪役の徹底振りが強く見ていて面白い点も多かっただけに残念でした。
30代男性
イケメンを毎週見られて、素敵な時間でした。犯罪コンサルタントの誉獅子男(デーンフジオカさん)、病院の精神科医の若宮潤一(岩田剛典さん)、捜査1課の係長・江藤礼二(佐々木蔵之介さん)。獅子男と若宮の名コンビは本当に最後でした。七話に出てくる子役の男の子が獅子男の真似をするシーンが可愛らしくて好きです。かつての友と交わした約束…ボケたふりを続けることで守れるもの!獅子男は見抜いていて、口を閉ざす。男の秘密素敵でした。最終話は、若宮が獅子男に対する、友情!獅子男はどこかで生きていると信じる。一緒に暮らしていた事で、友人より家族的な絆が2人を強く結びつけていた。
素敵な男同士の絆と名推理は愉快でした。
30代女性
DEANフジオカさんが台湾のドラマに出ているときからのファンで毎回かかさず見ておりました。私がシャーロックホームズで好きだった回は菅野美穂さんが出演したシーンが好きでした。あの回では、誉と若宮が事件を追うときには2人でセット、友情が生まれた様なシーンがあり若宮がヘルメットを誉に投げ、キャッチしてバイクの後ろに誉乗るシーンが好きでした。また、時々見せる誉の笑った表情や、初めは探偵の仕事なんて興味を示さなかった若宮が後半は変わり一緒に事件解決に向け、精神科医の経験をいかし解決していく姿に最終回まで、あっという間に見終わってしまいました。
30代女性
ドラマのオープニングやエンディングがスタイリッシュなドラマでした。主演がディーンフジオカ氏で、楽曲もディーン氏のものなので、全面的にディーン氏を感じられます。ディーン氏演じる主人公獅子雄の雰囲気が高貴な感じのディーン氏と良くあっており、ディーンフジオカの正しい使い方をしたドラマでした。基本的には毎回1話で謎解きは明らかとなるので、気軽に見ることが出しました。最終回で獅子雄は死んだと思われ、結末が少し悲しいドラマだと思いましたが、その後の特別編の最後で、結局獅子雄は生きており、仲間たちの元に戻ってきたのでホッとしました。
30代女性
ひたすらディーンさんのかっこいい姿を見られるドラマです。岩ちゃんがかすむほどのかっこよさで毎回びっくりしていました。ディーンさんはマルチな方なので、こういう役柄はとても合っているなと感じましたね。毎回ストーリーも変わるので、飽きずに最後まで見られてよかったと思います。守谷が一体なんなのかよくわからずじまいだったのですが、ディーンさんがとにかくかっこよかったので良しですね。ドラマのオープニングも毎回オシャレでかっこよかったですね。SNSでも話題になっていました。また続編シリーズが見られるとうれしいなと思います。

ドラマ「シャーロック」期待の声

50代女性
コナンドイルの名作を現代日本に置き換えて描かれたこのドラマは、スマートフォンなどの現代機器を取り入れながら、ホームズ物の雰囲気が良く取り入れられていると感じました。要因はシャーロックホームズを演じたディーンフジオカさんの博識で頭脳明晰なのに傍若無人な様子が、ホームズのイメージに合っていたからだと思います。起きた事件もコナンドイルの原作をアレンジした内容が多く、ホームズ物が好きな方も嬉しいのではないでしょうか。私は今シリーズの中では、菅野美穂さんが弁護士を演じた回と、若村麻由美さんが息子の恨みを晴らそうとする母親を演じた回が強く印象に残りました。続編を期待しています。
30代女性
主役のディーンフジオカと岩田剛典がメインという事なので、その2人がどのように事件に立ち向かうかが、すごく楽しみです。また、ディーンフジオカさんがシャーロックとして華麗に推理をといていくのが、早くみたいです。
30代女性
シャーロックホームズの原作が好きで、各メディアミックス作品を見てきたので楽しみです。原作とは時代も国も違っているので、登場人物の名前やエピソードなどにどうそれっぽさを取り入れるのか、物語をどう構成するのか今から楽しみです。
20代女性
主演の方々のファンでとてもカッコいいかたたちなのでどんなかっこよさで難事件を解決してくれるかがとても楽しみです。あと、ディーンフジオカさんと岩田剛典さんの絡みもすごく楽しみです。どんな事件が起きるかってゆうのもたのしみです。
他の期待コメントはここをクリック
20代男性
コナンドイルのシャーロックホームズが大好きです。実写版がイギリスでドラマ化されており、そちらも個人的にはハマりました。本ドラマはそれの日本版という事でとても楽しみにしています。シャーロックホームズ役をディーンフジオカさんが演じており、どんなホームズを見せてくれるのか期待しています。またジョンワトソン役を3代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典さんが演じており、ホームズとワトソンの掛け合いをこの2人がどのように表現するのかも期待したいです。またホームズの宿敵であるジェームズモリアーティとの関わりも注目したいです。
50代男性
独特な空気感、雰囲気がある興味深いドラマだったと思います。ディーンフジオカさんは獅子雄という役にピッタリハマったと思います。更に、岩田剛典さんの若宮役もめちゃめちゃ合っていたと思います。更に、更に、佐々木蔵之介さんの江藤刑事役もめちゃめちゃハマっていたと思います。私が楽しみだったのは、江藤刑事が獅子雄と若宮を訪ねて来て、事件捜査を依頼する時の、何とか引き受けさせようと必死に事件をアピールするシーンは面白かったです。あとは、事件捜査に関して、獅子雄の独特な眼の付けどころには、めちゃめちゃ興味をそそられました。それから、回が進行するとともに、3人の息が合ってくるのが心地よかったです。
30代女性
シャーロックの見どころはなんといっても、ディーン・フジオカのカッコよさ!おディーン様と呼ばれているのが納得というくらいイケメンでした。それこそ岩ちゃんが薄れてしまうくらいに…。シャーロックホームズらしく名推理をするが、その推理中にヴァイオリンを弾くというちょっと珍しいカタチ。でもディーンさんだと違和感なく、素敵な音楽と共に入ってくるのが不思議です。ワトソン役の岩田さんもボケボケで頼りないけど、ディーンさんとの絆が見え隠れして、その絶妙な距離感が好きでした。がっちり絆が見えるわけでないけど、確実に信頼し合っているのがとても良かった。
30代女性
今までの月9のドラマは面白いです。年々、月9ドラマへの期待のハードルが上がっていると思います。ディーンフジオカと岩田剛典のホームズとワトソンのかけあいも楽しみ。しかし、出演者だけでなくミステリーの謎解きを私は、とても楽しみにしています。
ミステリアスな雰囲気がある、ディーン・フジオカさんが探偵の役、色気がかなり増すのではないでしょうか、気になります。セクシーな男性が、物事をスッキリ解決する作品でしたら、見ていてとても面白そうな気がします。
30代女性
出演者が豪華すぎて期待しています。ディーンフジオさんと岩田剛典さんという誰が見てもかっこいいとしか言いようがないお二人が共演なさるという事なのでとても楽しみです。シャーロックということなので、ミステリー要素もありそうなのでとても期待しています。
30代女性
正直いうと、どういう感じになるのか気になります。シャーロックを題材にした海外のドラマがいくつかあるなかやってしまうという、海外の本場でやっていることを日本でできるとは思いません。名前がそのままシャーロックだったり、ワトソンだったりしたら萎えてしまう気がします。なんで刑事の名前が日本名なのかは意味不明でした。シャーロックを和製版にしてくれたらちょっとは面白いのかなと思いますが、どうなるのかなあ。ただのミステリーものだったら死ぬほど作品があります。それを超えられるのかが楽しみですね!
30代女性
岩田剛典さんは、ご自身が医者の家に生まれたということで、精神科医という役もなんとなくつかみやすいのではないかなと思います。俳優としても、経験を積んできているので、ディーン・フジオカさんの独特のオーラにのまれることなく、演じてくれることを期待しています。
30代女性
シャーロックホームズは、今までも映画になったりもしている話なので、内容・演技・俳優さん全てにおいて期待値が初めから高くなってしまうと思います。が、ディーンフジオカさんと、岩田剛典さんという、今まで見たことのない組み合わせがすごく新鮮で、新しいものを見せてもらえるのではと思っています。どういった事件が起きるのかも気になりますが、お二人の絡みもとても楽しみです。
40代女性
イギリスで放送された「SHERLOCK」のリメイクではなく、あくまでも原作はシャーロックホームズだそうなので、日本人が作る現代版シャーロックホームズがどうなるのか楽しみです。たくさんある話の中でどれをドラマ化されるのかがとても気になります。
30代女性
ディーン・フジオカさんが久しぶりにドラマ主演を務めるのが、月9の枠なので、これは責任重大だなと思います。自分に厳しい方というイメージなので、シャーロック・ホームズをしっかり読み直して、自分なりの役作りをしたうえで、撮影に臨まれると思うので、かっこいいシャーロックを期待しています。
40代男性
お待ちしておりましたディーン・フジオカさん、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の五代さんが大好きでした。ミュージシャンよりも俳優のディーン・フジオカさんの方がオーラがきらめいてると思います。「きらきらひかる」「緊急取調室」の脚本を書いた井上由美子さんにも期待しております。
40代女性
原作のシャーロック・ホームズは小学生の頃から好きだったので、主演がディーン・フジオカさんと聞いて、和製シャーロックをどう演じてくれるのか楽しみです。探偵でありながら、犯罪者スレスレの危ない性格という設定なので、モンテクリスト伯の時のような狂気に満ちたディーンさんの怪演にも期待しています。
40代男性
題材がシャーロックホームズで、なのに舞台は現代ということがとても気になります。また、ディーン・フジオカさんというミステリアスなイケメンがシャーロックホームズ役も惹かれます。少なくとも初回放送は見てみたいと思います。
30代男性
数々映像化されてきたシャーロックホームズの物語が、日本でどのように映像化されるか楽しみ。今回は割と危ないシャーロックという設定になっているようなので、暴走を止めるのか、振り回されるのか、ワトソンの役どころも気になるところ。海外のものに負けないような、骨太のストーリー、映像に期待したい。
30代女性
年あらゆる媒体でやり尽くされた感のある、シャーロック・ホームズという題材を、現代の東京を舞台にどうアレンジされるのか楽しみです。現代の人々の心の闇というか、現代ならではの掘り下げ方をしてくれると見応えあるんじゃないかなと思います。出演者が格好いいので、それだけにならないストーリーを期待しています。
40代男性
ディーンさんは、モンテクリスト伯に引き続き、海外名作の主役、貫録的にはぴったりだと思います。ズバリ、彼には自信に満ち溢れたシャーロックを期待します。あのルックスなので超カッコ良いシャーロックになるとは思いますが、雄弁で、頭が切れて、周りを唖然とさせるような推理を待っています。岩田さんはワトソン役にはイケメン過ぎるかも、とは思いますが、こんなイケメンペアが謎を解いてくれるなら依頼したくなりますね。シャーロックは、世間と少しかけ離れた存在の人になるかと思います。ワトソンはそんな世間とシャーロックを繋ぐ重要な役割?岩田さんの魅力全開で、新たなワトソンを作って欲しいです。最近の月9は、事件物が多く今回もその路線。一話完結らしいのですが、毎回見ていたらもっと楽しめる、という要素も入れて欲しいです。
20代女性
シャーロックは、一つ一つの事件の真相がとてもディープなところがおもしろかったです。また、そんな細かいことによく気づいたなと思えるようなことから獅子雄が推理を広げていく様子も見ていてドキドキしました。獅子雄から醸し出される普通の人とは違う独特なオーラもカッコ良かったし、なによりディーン・フジオカさんがかっこよすぎました。そして、守谷というラスボスが、最後の最後まで容姿を表さなかったというところも良かったなと思います。得体の知れない感じにものすごく好奇心をそそられたし、本物だったのかもわからない結末で心を濁される感じがおもしろかったです。
ロボットカマクラくん
最近公開された予告動画の感想も聞いてみたよ〜!

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント1

40代男性
動画を見ましたが、ディーン・フジオカが自信ありそうには見えましたね。結構役になり切れるタイプと思うし、ディーン・フジオカがシャーロックホームズでの異端な役柄を作れたら良いドラマになるんじゃないかと思えました。期待しています。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント2

50代男性
月9ドラマシャーロック主演のディーン・フジオカさん、誉獅子雄さん、岩田剛典さん、佐々木蔵之介さんかなり親しそうで和気あいあい感がとても良く伝わってきます。ADさんやスタッフさんとのやり取りも何か穏やかで思いやり感が溢れています。楽しい雰囲気のドラマを予感させてくれます。かなり楽しみです。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント3

20代男性
ドラマの話しの内容を少しでも漏らすわけにはいかないので、言葉を選びながら話しているというのが彼の話しぶりからよく分かります。しかし、どうしてドラマの内容を彼は語ろううとしないのでしょうか。少しくらいサービスがあってもいいと私は思います。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント4

30代女性
動画を見てディーンフジオカがただただカッコいい。知的さ、ミステリアスなイメージがドラマにピッタリだと思います。一話完結作品だと思われるので、非常に見やすく楽しみやすい作品になるのではないでしょうか。視聴者もびっくりするようなトリックが解明されることを期待します。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント5

40代女性
落ち着いた話し方で聞きやすかったです。ディーンフジオカの出演作は観たことがなかったので、「シャーロック」の主演を演じるイメージはなかったし、正直合わないと思っていましたが、真面目そうな語り口だったので好感が持てました。ドラマを観るのが一層楽しみになりました。
他の感想はここをクリック

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント6

30代女性
ディーンフジオカさんの髪型と服装がすでにシャーロック風でとってもカッコ良かったです。ちょこっと裏話的なのも聞けて嬉しいです。岩ちゃんとのイケメンコンビ、ドラマが凄く楽しみです。2人一緒の予告動画を見てみたいです!

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント7

40代男性
ディーン・フジオカさんはどことなくミステリアスな雰囲気を持っているので、シャーロック役にはぴったりなんじゃないかと思いました。後、個人的に好きな佐々木蔵之介さんが出ているのがポイント高いです。推理ミステリーのドラマは大好きなので期待しています。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント8

40代女性
「シャーロック」というタイトルから、おそらく世界で一番有名な探偵、シャーロック・ホームズを題材にしたドラマだと思うのでかなり注目度高いですが、ディーンさんの淡々とした口調からは、あまりワクワクを感じ取れませんでした。キャストから想像すると、流行りの女性向けな感じのテイストに仕上がるのかな?ワトソンを振り回すホームズ、色々とオリジナルの要素も交えつつ、原作の「謎解き」の面白さが見られることを期待します。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント9

50代女性
英国紳士である「シャーロック・ホームズ」とドラマ「モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−」のイメージとかけあわせて、スーツを着こなしたカッコいいディーン・フジオカさんを想像していたのですが、ドラマのPR動画のディーンさんは渋めでカジュアルな装いだったので、そのギャップにいい意味でとても驚きました。今回のシャーロックのスタッフは、以前のモンテ・クリスト伯とほぼ同じということで、謎解きとミステリアスな展開に期待しています。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント10

30代女性
ディーンフジオカさんがかっこいいし、シャーロックの姿が似合ってます!EXILEの岩ちゃんもでるなんてイケメンだらけですね!監督やキャスト同士も仲がいいのがコメントから伝わってくるので、その雰囲気から良い作品が生まれると期待したいです!

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント11

40代女性
シャーロックホームズを現在の東京に置き換えたドラマということですが、ディーン・フジオカさんなら、上品で佇まいが美しいので、違和感なく主人公を演じられると思います。実力派の佐々木蔵之介さんとの対決がありそうで楽しみです。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント12

50代女性
天才的なな探偵、獅子雄をディーンフジオカ、その相棒若宮に岩田剛典、捜査一課の警部に佐々木蔵之介、このイケメン3人にミステリーが加わったら、もう観るしかありません。毎週起こる事件の謎を解決してくれる獅子雄に期待しています。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント13

30代女性
まずディーンフジオカさんと岩田剛典さんが共演というだけで豪華です。そこに佐々木蔵之介さんも入ってるので、キャストだけで期待大です。内容は名作シャーロックに基づいたストーリーだと思うのですが、このキャストだからこそ出来る展開に期待しています。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント14

40代男性
最初にパッと感じたのはスタイリッシュな雰囲気で格好いいドラマなりそうだなと感じましたね。渋いドラマになりそうで期待しています。佐々木蔵之介も結構歳いってるのにずっと格好いいなぁと思いました。良いドラマになりそうな予感はしました。

ドラマ『シャーロック』の予告動画視聴者からのコメント15

30代女性
シャーロックということはあの有名な探偵の話をモデルとしているんだろうなあと思いました。公式サイトによるとオリンピック開催を翌年に控えた東京が舞台とのことで、どのようなストーリーが展開してくのか楽しみです。動画自体もテンポが良くてよかったです。