ドラマイズム「死にたい夜にかぎって」を見逃し動画無料フル視聴!

ドラマ『死にたい夜にかぎって』動画

『死にたい夜にかぎって』動画視聴

TBS(MBS)ドラマ『死にたい夜にかぎって』は「TSUTAYAプレミアム」で独占配信中!

TSUTAYAプレミアムには31日間の無料お試し体験期間があります!
無料期間でもポイントがプレゼントされるのでお得にコンテンツを楽しめます♪


  1. 初回登録に限り、TSUTAYAプレミアムは31日間の無料期間
  2. 新作も旧作も楽しめる!最大1000タイトル以上の作品が動画見放題に!
  3. 毎月プレゼントされる動画ポイント(1,100pt)を利用して新作や話題作が無料視聴可能!
近日更新予定です。【30代男性】

ドラマ「死にたい夜にかぎって」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル視聴

TSUTAYAプレミアム

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『死にたい夜にかぎって』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
TSUTAYAプレミアム ◎独占見放題 TSUTAYAプレミアム詳細(準備中)
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.06.02

<ドラマ『死にたい夜にかぎって』第5話>

MBS…2020年3月22日(日曜深夜0:50~)放送
TBS…2020年3月24日(火曜深夜1:28~)放送

TVer、MBS動画イズムでの配信は終了しました。

公式 第5話あらすじ

2011年。アスカ(山本舞香)は体調の良い日が増え、作曲活動に熱中する一方、浮気も変わらず続いていた。アスカとの生活がマンネリ化してきているなと感じ始めていた浩史(賀来賢人)に、ラッパーの部下がペットを飼うように勧める。浩史は小学生の時に「乱歩」と名付けたあさりを飼っていたことを思い出し、再びあさりを飼い始めることに。
浩史があさりに夢中になっている最中、アスカは営業の押しに負けて新聞を契約してしまったと打ち明ける。ある朝、浩史は出来心から、新聞が投函される瞬間に新聞を引き抜くイタズラを仕掛ける。突然のことに驚く配達員・紺野さん(堀田真由)に必死に謝る浩史だったが、このイタズラをきっかけに、浩史の密かなる“早朝1分間の恋”が始まった―。

【引用:『死にたい夜にかぎって』第5話あらすじより

第5話 ネタバレはここをクリック

アスカはハイペースで作曲活動を続け、作った曲を昼夜問わずに浩史に聞かせて感想を求めていた。浩史は口ではアスカを褒めるものも、内心は良さが全く理解できずにいた。浩史も学生時代に音楽にハマり、音楽を通じて父親とコミュニケーションをとっていたことを思い出す。そんな中、アスカは音楽仲間に自分の曲を褒めてもらったことを浩史に話す。そのことに驚いた浩史は、ラッパーである部下たちにアスカの作った曲を聞いてもらう。部下たちは誰もアスカの曲を褒めず、浩史は自分が感じていることを伝えるべきだと言われてしまう。決心して帰宅した浩史は、アスカに自分の思っている正直な気持ちを伝える。浩史に音楽の天才ではないと言われたアスカは大暴れするが、音楽をやめないと言い放つ。

第5話 感想はここをクリック
30代女性
アスカは他人には理解できないような曲を何曲も何曲も作り、相変わらず浮気もしているようで、アスカがもう少し落ち着けたらいいな。なんて思いました。アスカに本当の気持ちを伝えることができずに、長年なんとなく逃げていた浩史ですが、正直に気持ちを伝え、アスカと結婚をしたいと前向きに思えて安心しました。が、この物語は最初から浩史とアスカの別れが分かっています。一見、うまくいっていたかのように見える二人にどんなことがあったのか次回の最終回がより気になりました。
30代女性
まさか3.11の地震に繋がっているとはびっくりでした。ラブラブから倦怠期、うつ病、浮気などを乗り越えて、言いたい事を言って、大げんかして、少し持ち直してきたかのように見えたヒロシとアスカ。東日本大震災がきっかけで別れてしまうの?別れる事は分かっていたけど、きっかけがどんなものなのか次回が最終回という事で気になります。
30代男性
アスカの作り上げていた作詞作曲は誰が聴いても良いと評価するわけがなく、浩史の部下の黒田が話していた通りにハッキリとアスカに伝えるべきではあったとは思うものの、浩史が天狗になっていいわけがない上に、アスカが作る作詞に関しては異様だけれども曲調は良いと浩史自身が話していただけに才能が無いと断言するのも行き過ぎているとしか思えず、浩史の人の意見を受け入れし過ぎる問題点がある。
30代男性
ヒロシの会社の社員たちが的確で面白いです。初めはラッパーの集まりで仲良くなれないだろうなと思っていたけど、今ではみんな仲良し感がすごいのだ。アスカとの接し方にアドバイスまでしてくれる。その普通感が好きです。見た目とのギャップがまた素敵ですね。あとあと、アスカに対しての、ヒロシの無理してる感が見ていて痛々しい。何とかして欲しい!
40代女性
浩史が毎回通っている風俗店ですが、どこにあるのでしょうか。あんなに客の要求を忠実に守ってくれる店は、なかなかないと思います。浩史にとっては、アスカよりも店の方が確実に癒される場所となっています。ただ、家族の思い出話を聞かされたり演技を要求されたりする彼女たちの立場になると、浩史のような客は絶対断りたいでしょう。お金を払っているとはいえ、浩史は彼女たちに対して感謝の気持ちをもっと持つべきです。

<ドラマ『死にたい夜にかぎって』第4話>

MBS…2020年3月15日(日曜深夜0:50~)放送
TBS…2020年3月17日(火曜深夜1:28~)放送

TVer、MBS動画イズムでの配信は終了しました。

公式 第4話あらすじ

2011年。アスカ(山本舞香)は体調の良い日が増え、作曲活動に熱中する一方、浮気も変わらず続いていた。アスカとの生活がマンネリ化してきているなと感じ始めていた浩史(賀来賢人)に、ラッパーの部下がペットを飼うように勧める。浩史は小学生の時に「乱歩」と名付けたあさりを飼っていたことを思い出し、再びあさりを飼い始めることに。
浩史があさりに夢中になっている最中、アスカは営業の押しに負けて新聞を契約してしまったと打ち明ける。ある朝、浩史は出来心から、新聞が投函される瞬間に新聞を引き抜くイタズラを仕掛ける。突然のことに驚く配達員・紺野さん(堀田真由)に必死に謝る浩史だったが、このイタズラをきっかけに、浩史の密かなる“早朝1分間の恋”が始まった―。

【引用:『死にたい夜にかぎって』第4話あらすじより

第4話 ネタバレはここをクリック

アスカの浮気を知る浩史は風俗店へ通う。職場でペットを飼うことを勧められた浩史は、幼少時の父とのことを思い出し、アサリを飼い始める。ある夜、アスカに首を絞められ目覚めると、アスカが新聞の契約をしたことを聞く。朝、新聞が投函された時に、配達員の女性・紺野を驚かせてしまった浩史。それからふたりは朝のひと時、親しく話すようになる。ある日、仕事を辞め地元に帰るという紺野に、浩史はアスカのことを大事にするよう言われる。大人になって、子供の頃に不思議に感じたことを父に聞いたことを思い出す浩史。父はその時、死のうと思ったという。浩史が激しく何かをたたく音に目覚めると、アスカが料理をしていた。それに、飼っていたアサリが使われていると気付いた浩史は激怒し、アスカが泣き始めるも、部屋を出ていってしまう。戻ると、アスカは薬を飲んで寝ていた。起きたアスカと浩史は互いに謝り合い、やがて笑顔になるのだった。

第4話 感想はここをクリック
30代女性
アスカは可愛い。だけど、自由奔放すぎてついていくのが大変だなとつくづく思った回でした。なんでこんな大変な子と一緒にいるんだろうと考えました。大切にペットとして飼っていたアサリを勝手に料理してるし、食べてるし、ジャリジャリして美味しくなかったって言うし、普通の人間だったら理解不能だなと思いますよね。どんどんアスカの株が下がっていく。
30代女性
アスカともう5年だなんて、びっくりでした。もう熟年カップルですね。そりゃ浮気問題もあるのかもと思いました。心に癒しを求めて、新聞屋さんの女の子へ淡い恋心を抱くヒロシが可愛く見えました。あれくらいだったら、可愛いもんですよね。新聞屋さんの女の子もすごくすごく可愛いらしくてきゅんとしてしまいました。あの格好で可愛いのは反則ですね。
30代男性
岡田さんが浩史に本気だったことも、浩史が岡田さんのことを好きなのもびっくりしました。浩史はアスカのことしか見てないのだと思っていました。夜中に大きい音楽を流してダンスを踊っているのも首を絞められるのも浩史からしたらストレスも溜まることだと思うけど、アスカのことを愛し抜いてほしいなと思います。最後のシーンでアスカにキレてしまった浩史だけど一緒に踊っててほっこりしました。
30代男性
今回もひろしのだらしなさというか浮気性な部分が前面に出た回でした。でもその浮気心わからないはないというか、新聞配達の女の子といい感じになっていくのがちょっとかわいい雰囲気だなと思ってしまいました。しかしそこはうまくいかないのがひろしでちょっとほっとしました。振られたショックからでペットのあさりを料理したアスカにキレてしまうけど、最後は優しく許すひろしがいいなぁと思いました。ひろしとアスカ、不毛な感じがするけどいい二人だなと思いました。この心が少し痛い感じがするこのドラマ毎週楽しみです。
40代女性
ペットのアサリを朝食の準備で料理と称して茹でてしまっていることに突然激怒するシーンでは、そんなことで声荒げなくてもいいんじゃないか?と思ったりもしたけれど、いろいろ余裕なかったら荒げたくなくても何か些細なことがきっかけで怒鳴ってしまうようなこともあるよな、と思いつつ、アサリとかがきっかけで別れるとかにならなくて良かったなと。

<ドラマ『死にたい夜にかぎって』第3話>

MBS…2020年3月08日(日曜深夜0:50~)放送
TBS…2020年3月10日(火曜深夜1:28~)放送

TVer、MBS動画イズムでの配信は終了しました。

公式 第3話あらすじ

浩史(青木柚)が初恋をしたのは、中学3年生の時。初恋相手・吉野さん(中村里帆)とは学校で毎日のようにゲームボーイで対戦していた。勝つと小さく万歳をし、負けると唇を噛む可愛らしい姿に心を奪われていた浩史。そんな吉野さんを久しぶりに見かけたのは、彼女が駅の駐輪場で、浩史の自転車を盗もうとしている時だった―。
編集長になった浩史(賀来賢人)の風俗通いは続いていた。深夜にアスカ(山本舞香)から浮気相手に送るはずのメールが間違って浩史に届き、おあいこだと割り切るため風俗に頼る生活。そんな中、編集部では、部下の岡田(小西桜子)から浩史への“猛アタック”が日々続いていた。これまでずっと、アスカのために懸命に尽くし、アスカを許容してきた浩史だったが、その気持ちに変化が訪れる―。

【引用:『死にたい夜にかぎって』第3話あらすじより

第3話 ネタバレはここをクリック

冒頭いきなり高校時代の話から始まり浩史の自転車がヤンキー風の女に盗まれそうになっていた。この人物は元クラスメイトで初恋の人で自分の自転車を他人のものと偽って鍵を開けてしまう。そんな夢を見た浩史は会社で目を覚まし家路につく。その後、浩史は会社で同僚の岡田に告白されるがそれとなく断る。それから浩史はなぜか岡田の誕生日にエアガンを贈って引かれてしまう。それ以降、岡田は浩史に何のアプローチもしてこなくなった。ある夜、浩史は眠っているアスカのことを見計らって岡田がいるクラブに遊び行ってしまう。そこで、なぜか浩史は岡田に告白するがもう遅いと言って振られてしまう。家に帰った浩史はアスカに当たってしまい大ゲンカするのだった。

第3話 感想はここをクリック
50代女性
浩史がアスカに不満をぶつけて、結果的にふたりの仲が和んで良かったです。やっぱり、相手に気を遣うあまりにどちらかが我慢というのは続かないですよね。そのストレスもあって、浩史は好意を向ける岡田に傾いてしまったのかな。結果、こっぴどく振られたのはちょっとかわいそうけど、それで良かったのかも。アスカの病状も少しずつ良くなるのでしょうか。
30代女性
アスカしか見えていないように感じていた浩史に、気持ちの変化が訪れてきたことは驚きました。しかし、最終的にフラれてしまうのは浩史らしいなと思いました。浩史とアスカが言い争いになったときに、浩史が踊りだしたシーンはシュールで笑ってしまいました。もう関係修復は難しいのかと思っていましたが、この二人の様子を見ていると心が温まりました。
40代男性
浩史の周りに現れる女性には、普通の人はいないようです。初恋の人に自転車を盗まれる経験をした人なんていないでしょう。ただ、岡田に関しては浩史が悪いです。彼は、アスカがいるから付き合うつもりはなかったはずです。しかし、いなくなると寂しいと思ったのかの引き戻すための告白は、相手が岡田とはいえ失礼でしょう。あのくらいの罵倒は仕方ないと思います。
30代女性
今回の放送を見て浩史にも多少身勝手なところはあるのかな?と思い安心しました。今まではアスカばかりそうだと思っていたのですが、浩史も岡田に告白をして「アスカとは別れるつもりでいる」と言ったのには驚きました。でも結局振られてそのショックでアスカに苛立って怒鳴りつけていたのを見て「それが普通だよ」と思いました。怒り方も独特過ぎてちょっと面白かったです。でも最終的にはアスカと仲直りして幸せそうだったので良かったなと思いました。
40代女性
アスカちゃんが踊っていダイエットをしているのは、岡田さんとの話を繋げるための設定だったのかなと思いました。アスカちゃんが精神的に病んでいるのに、岡田さんに告白をしていたので、告白をしたときになんで今あのタイミング何だろうと思いました。アスカちゃんがいるのに、岡田さんに告白なんてしないでと思いました。

<ドラマ『死にたい夜にかぎって』第2話>

MBS…2020年3月01日(日曜深夜0:50~)放送
TBS…2020年3月03日(火曜深夜1:28~)放送

TVer、MBS動画イズムでの配信は終了しました。

公式 第2話あらすじ

漫画喫茶でバイトをしていると嘘をつき、変態に唾を売る仕事を続けているアスカ(山本舞香)。どうにかアスカを唾業界から抜け出させようと、浩史(賀来賢人)は安月給のバイトを辞め、ライター見習いとして編集社へ転職することに。
仕事にも慣れ、同棲生活も落ち着いてきたある日、ご飯に手を付けないアスカが、元気のない様子で「仕事を休む」と言い出す。心配した浩史がアスカを連れて病院へいくと、「鬱・不安障害・不眠障害」という精神病だと告げられる。診断を聞いて落ち込むアスカに、浩史は、これまで隠し続けていたある事実を打ち明け始めた―。
編集社へ転職して2年が経った頃、社長から突然、編集長になるよう辞令をうけた浩史。戸惑いながらも新しい編集部へ向かうと…そこは、部下が全員ラッパーという個性派揃いの部署だった。一方、家では、アスカが薬漬けの日々から抜け出すために、断薬をすると言い出し、薬を減らし始めたのだが…。

【引用:『死にたい夜にかぎって』第2話あらすじより

第2話 ネタバレはここをクリック

安定した仕事を探していた浩史はメールマガジンのライターをすることに。アスカは医療研究所で働くと言いだす。浩史が仕事に向かうアスカの後をつけると、彼女は確かに言った通りの場所に入っていった。後日、アスカの鬱病など心の病が発覚する。落ち込むアスカを励ます浩史。数か月後、アスカの面倒を見る浩史は彼女に、父により閉所恐怖症になったことを明かす。アスカに問われ、父を恨んでいないと言う浩史。一年後、浩史は編集長になり、職場には新しい人材が複数入ってくる。アスカと引っ越しもし、アスカは絶薬を決意する。しかし、それがうまくいかず、浩史が目覚めるとアスカに首を絞められていた。それを繰り返されながらも、浩史は前向きに考える。ある日、浩史は職場で悩む岡田に、アスカのアフターピルを渡す。すると岡田に、それを飲ませてと言われるのだった。

第2話 感想はここをクリック
30代女性
ヒロシ君が子供のときに、お父さんから悪いことをしたせいで焼却炉に閉じ込めれてしまって、やりすぎだろうと思いました。昔も今も虐待は止まらないです。同じ病院で薬をもらい始めていましたが、アスカちゃんが気がくるってしまっていて薬を飲んだから悪くなってしまったわけではないとも思いました。ヒロシ君のアスカちゃんへの愛を感じました。
30代女性
そんなに簡単に、仕事辞めてしまっていいのかなと思いました。ひろし君は大丈夫なのかなとも思いました。仕事を変えてアスカちゃんのために頑張っているのは、カッコいいです。私ももっと頑張らないとと思いました。また、アスカちゃんがどうして適応障害になってしまったのか最初のときに比べて暗くなっていました。このアスカちゃんを演じている子が演技が上手くて見入ってしまいます。
30代女性
落ち込むアスカに、自分自身の病気のことも打ち明けていた浩史に優しさを感じました。しかし、感情の起伏が激しいアスカが心配です。断薬を試みるアスカが悪化していっても、ポジティブな考えに変換していた浩史はすごいなと思いました。編集長に就任した浩史の部下は、キャラクターが個性的で笑ってしまいました。浩史にも良い刺激を与えそうなので、これからの展開がより楽しみになりました。
30代女性
まずびっくりしたのは、賀来賢人さん演じる主人公が1話目よりもカッコよくなってるということです。初回は良いところがまったく見えないダサ男だったはずなのに、アスカのおかげか男らしくなって少しですが、頼れる男になっていました。アスカが鬱になってしまい、支えあって生きていく感じが良かったです。心がぎゅっとする回でした。
30代女性
浩史が閉所恐怖症だとは思いませんでした。誰にも言えなかった秘密をアスカにだけ教えることで、鬱病に悩むアスカと同じ立場に立って、一緒に病気を克服出来たらいいなと思ったんだろうなと思います。それにしても、焼却炉に閉じ込める親だなんて聞いただけでかなり怖いです。小さい浩史にとっては本当に怖かったと思います。

<ドラマ『死にたい夜にかぎって』第1話>

MBS…2020年2月23日(日曜深夜0:50~)放送
TBS…2020年2月25日(火曜深夜1:28~)放送

TVer、MBS動画イズムでの配信は終了しました。

公式 第1話あらすじ

1995年-高校生の浩史(青木柚)は、ある日、学校で1番かわいい女の子・山村さん(玉城ティナ)から、こっそり屋上に呼び出された。もしかして…という期待が心の中でちらつきながらも、緊張の面持ちで向かうと、そこには彼女が一人で待ち構えていた。浩史を見るやいなや、彼女は「君の顔のダニを殺してあげるね」と衝撃の一言を発する…。そして、この日を境に、山村さんと浩史の奇妙な日課が始まった─。
2005年-大人になった浩史(賀来賢人)は、深夜に音楽系のチャットルームに入室するのが日々の楽しみとなっていた。目的は、“アスカ”(山本舞香)とのネット上での会話。アスカとは自然と波長が合い、彼女がオススメする曲は全てダウンロードするほど、彼女から影響を受けるようになっていた。話の流れから、直接会うことになった2人。このアスカとの出会いが、浩史の運命を大きく左右することとなる─。

【引用:『死にたい夜にかぎって』第1話あらすじより

第1話 ネタバレはここをクリック

ある朝、浩史は約6年間を一緒に過ごしてきた彼女であるアスカから突然別れを切り出されていた。浩史は高校生の頃に学校一の美少女・山村から屋上に呼び出され、顔にダニがいることを理由にビンタをされ、そのことが日々の習慣になる生活を送っていた。大人になった浩史は、音楽系のチャットルームで出会ったアスカとの会話が日々の楽しみだった。そしてアスカに実際に会うことになった浩史は、アスカが送ってくれた歌声を聞きながら待ち合わせ場所に向かう。アスカに会った浩史はアスカの仕事内容に衝撃を受けるが、夢のために頑張っているアスカを尊敬していると伝える。さらに浩史はアスカに告白をして一緒に暮らしたいという思いを伝え、アスカも浩史のことが好きだと答える。

第1話 感想はここをクリック
40代男性
主役の小野浩史が学生時代に「笑った顔が虫の裏側に似てる」と言われ、あまりの言葉に衝撃的でした。そしてそこからクラスメイトの女の子に顔にダニがたくさんいてそうだから殺してあげるとビンタされるシーンになりめちゃくちゃ驚きました。でも演じているのが賀来賢人で男前なので少し違和感がありました。それでもストーリーはとても面白くて無茶苦茶な展開でありながらも人間味が感じれるので、まだ1話見ただけですがハマりました。
40代女性
初めて会った日に浩史から一緒に暮らそうと言われて同居を始めた2人でしたが、結局アスカはツバを売る仕事をやめないまま浩史には漫画喫茶でアルバイトしていると嘘をついていたので、やっぱり女性は怖いものだなと思いました。嘘だという事が分かっても、それを黙ってそのまま受け入れてしまう浩史の愛情はかなり歪んでいるように見えて、もの悲しくなりました。
40代女性
1話を見ていて思ったのはアスカが明るくて元気いっぱいで、夢のために自分なりに一生懸命頑張っているのはいいと思いますが、仕事として自分のツバを売るなんてかなり衝撃的で驚きました。しかもそれを隠すことなくメールでのやり取りはしていたものの初めて会った浩史に堂々と言ってしまうアスカは、何か闇を抱えていそうでスゴく気になりました。
40代女性
高校生の浩史が学校で一番可愛い女の子である山村さんに呼び出されて、まさか告白でもされるの?と思ったら、顔ダニが多そうだから退治してあげるという理由でひっぱたかれて、最終的には飽きたからもう来なくていいなんて、可愛いから何をしても許されると思っているとんでもない女だなと思いました。でもその状態をまぁいいかなと受け入れてしまう浩史もちょっとおかしな人だと思います。
40代女性
賀来賢人さんと山本舞香さんが出演すると聞きどんなお話なのか興味があり見ました。なんだか、不思議な世界観で今まであまり触れてこなかったようなお話で見終わったあとも不思議な余韻が続いてました。賀来賢人さん演じるヒロシが変態なんだけど、変態過ぎない感じがとても面白かったです。初めて山本舞香さんの歌声を聞いたのですが、可もなく不可もなくなあの感じがまたドラマの役どころとあっていていいなぁと思いました。

ドラマ『死にたい夜にかぎって』について

公式HP 公式Twitter 公式Instagram
Introduction

女性に振り回され続けた、どうしようもない男の“実録”半生
賀来賢人主演で実写ドラマ化!

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」 ── 憧れのクラスメイトにそう指摘された少年は、この日を境にうまく笑えなくなった。
本作は、原作者・爪切男本人のまさかの実体験のエピソード。幼くして母に捨てられた男、小野浩史(おの・ひろし)が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、ときにぶつかり合い、たまに逃げたりしながら、少しずつ笑顔を取り戻していくという、もの悲しくもユーモアあふれる物語だ。
初恋の相手は自転車泥棒、初体験の相手は車椅子の女性。そして浩史が人生で一番愛した女性・アスカは、変態に唾を売って生計を立てていた。
そんなどうしようもない男が、人生最愛女性アスカと過ごした6年間を中心に、過激な女性たちに振り回された、ろくでもない半生を描く。

【出典;ドラマ『死にたい夜にかぎって』】

■Cast

賀来賢人
山本舞香 戸塚純貴 今井隆文 青木柚 櫻井健人
玉城ティナ 小西桜子 中村里帆 / 安達祐実  光石研

ドラマ『死にたい夜にかぎって』への期待

30代男性
コメディ俳優として注目されている賀来賢人の主演ドラマというだけで期待できます。近年のコミカルな演技は非常によく、このドラマでもどんな風な演技をするのか楽しみです。また、ほかのキャストにも注目の若手女優の玉城ティナや山本舞香が出演しているのも注目しています。特に玉城ティナのファンで、制服姿での登場らしいので楽しみです。そして、山本舞香も唾液を売って生計を立てるという何とも衝撃的な女性を演じる点も色んな意味で期待し、様々な女性に翻弄される賀来賢人が最後にはどうなるのかストーリーの展開にも期待しています。
コメントをもっと読む
50代女性
賀来賢人さんが面白そうな役を演じる予感がして期待しているドラマです。高校時代に笑顔がカナブンの裏側みたいと言われたことでうまく笑えなくなった主役の小野浩史を賀来賢人さんがどう演技するのかが見どころと思います。母親に幼い頃捨てられた経験を持つ浩史は、女性に対してトラウマがあるのか、付き合う相手も変わった女性ばかりで、その女性達に興味が湧きます。一番は、唾を売って生活しているアスカが気になっています。浩史は編集部部長として働くことになるけど、編集部の俳優さんがとても個性的で面白そうな感じです。今までにはない感じのドラマで見てみたいと思うドラマです。
30代女性
私が鬱病を患っているので、ドラマですがとてもリアルで生々しいドラマに感じています。主演の二人、特に賀来賢人さんの演技が本当上手くて、ドキュメンタリーを見ているかの様に感じます。私自身の体験と重ねてフラッシュバックを起こす程です。自分の体験が重なる会話では、自分もいっぱいいっぱいで、彼氏もいっぱいいっぱい。どうしようもない空気、どこにぶつける事も出来ないジレンマ。とても苦しくなりました。ときに優しく、ときに厳しく。我慢の限界が近く雰囲気がとても伝わってきます。私は鬱病などメンタルヘルス系のドラマはどうも苦手で一切見ないのですが、俳優賀来賢人さんが好きなので見続けていられています。最終回は正直想像もしたくないくらい恐い見たくない。でも俳優賀来賢人さんの演技を最後まで見届けたい。期待しています。
20代女性
賀来賢人さんが出演しているドラマは、コメディーからシリアスなものまで幅広いので好きですし、今回はどのように演じられるのか楽しみです。原作者の方はTwitterで見かけたことがあって、文章が面白かったり時にはなるほどと思うツイートをされているのが印象的でした。本を出版したことも知っていましたが、まさかのドラマ化ということで驚きました。内容はざっくりとしか知らないので、あえて予習せずに見てみたいです。結構ぐだぐだで見ているとハラハラしそうな一方で、心を打ちそうな内容なので期待しています。初恋の女の子めっちゃ悪意ありそうだなと同性なら思いますし。
20代女性
なかなか刺激的で、過激なストーリーで、それが実話というところがびっくりで、どんな半生だったんだろうと興味を持ってしまいました。いろいろな女性との関係、壮絶な体験など、自分には想像できないようなことがたくさんあるんじゃないのかなと思います。そんな方が笑顔を取り戻していくストーリーということで、複雑な気分になりながらも、前向きな気持ちにさせてくれるんじゃないのかなと期待しています。かなり複雑で、切なさや悲しさすら感じてしまいそうなストーリーを、どのように賀来賢人さんが演じられるのかも楽しみです。難しそうなお話ですが、賀来さんならしっくり演じてくれると期待しています。
30代女性
昔、地味だった人の急成長が楽しみです。賀来賢人さんの演技がこんなにも上手いとは思っていなかったです。お互いに心の病気を抱えながらのカップルですがヒロシくんの閉鎖恐怖症よりも、アスカちゃんの睡眠障害の方が酷くなってきています。アスカちゃんの心の支えをどうやってしていくかヒロシ君の行動が気になります。心の病気になっても恋人が理解をしてくれる人もいると思いますが、精神的に病んでも前に進んでいくアスカちゃんが頑張ってほしいです。また、歌ももう一度だけでもいいので歌えるようになってほしいです。ヒロシ君に頑張ってほしいです。
30代女性
仕事を変えて会社の社長さんになってしまいましたが、それでもアスカちゃんが寝ているときに絞めて来たりしても頑張ってくれているヒロシ君に優しい男性だなと思います。睡眠障害について知っていくうちに大変な心の病だとわかります。恋愛も大切ですが、仕事も大切な大変な時期を過ごしています。そういうときに誰かが寄り添ってきてしまうと人って駄目になってしまうことがわかります。会社の子にだけは手を出さないでと思いましたが、そうとうストレスでやられてしまっているようで応援したくなります。睡眠障害になってしまうとアスカちゃんのようになってしまうと思うと私ももっとしっかりと寝ないとと思いました。
30代男性
ヒロシのキャラがすごく面白いです。この前見た話で自分の自転車が盗まれそうになっていてそれを自分の自転車だと言えずに手放した話がなんとも言えない気持ちにされてくれました。でもあの場面で実話自分の自転車なんだと言える人がどのくらいいるのでしょうか。自分があの立場だったら言えていなかったと思います。このドラマはそんな感じのシュールな一面が色々と見えるのですごくハマって見ています。やはりヒロシの同棲している彼女がおかしすぎます。つばを売って金を稼いでいるというのは全くもって変態ですね。でも先が気になるので今後に期待したいです。
20代女性
このドラマの主人公の人生は正直うらやましいものではありません。変な女性に出会ったり仕事がうまくいかなかったりと、他のドラマに比べてひどすぎて感情移入が逆にできないように思います。そんな作品ですが主人公が一生懸命生きていたり、ダメな道に進んでいくのが人間臭くて面白いと思います。自分のまわりにはこのような人はいませんが、逆に人間のリアルな一面を描いているのが新しいです。今後主人公がどのような人と出会いどのように生きていくのか注目したいです。
30代男性
はじめこのドラマを見たときはちゃんとしたラブストーリーのドラマなんだと思っていたらかなり中身は変態ちっくな内容のオンパレードで面白かったです。会社でヒロシはある社員から好意を寄せられて断りますがその後、惜しいことをしたと気がついたヒロシは逆に告白しに行ってしまう展開には呆れ返るばかりでした。しかもそこで振られて帰ってきて同棲中の彼女に八つ当たりするのは理不尽の極みです。ダメ人間の典型を見ている気分になってかなり面白かったです。この先の展開が全く予想できませんがきっと面白いオチが待っていると思うので楽しみにしたいです。
30代女性
賀来賢人さんがまたまた面白い役をすると思いました。内容を見るとなんてひどい目にあっているんだと思いました。それが実話を元にした作品だなんて、憧れの女性に虫の裏側みたいな笑い方と言われてから上手く笑えなくなる。そりゃそうでしょ。ひどい、ひどすぎる。虫の裏側みたいな笑顔って、よく思いついたなと思いました。母には捨てられ、女性嫌いになってもおかしくないのに、人生で一番愛した女性がいるんですね。アスカというまたひと癖も二癖もありそうな女性。生きていくために変態に唾液を売って生活している。そんな仕事があるのかと驚きましたが、私の知らない世界を、裏側を見せてくれそうなドラマだと思いました。コメディ俳優のイメージが強い賀来賢人さんですが、どんな演技を見せてくれるのか今から楽しみです。
30代男性
一癖も二癖もある女性たちが毎回登場して振り回される小野浩史の姿が少しコミカルな感じで描かれ、コメディ俳優としての地位が定着している賀来賢人が小野浩史を演じているので、期待が持てます。また、出演女性も玉城ティナや山本舞香といった注目の若手女優が多いのも注目しています。特に山本舞香は唾液を売って生計を立てている女性で、どんな風な演技をするのか楽しみです。そして、様々な女性と出会って少しずつ人間として成長していく主人公の小野浩史の姿にも注目し、最後にはどんな選択をしていくのかストーリーにも期待しています
20代女性
幼くして母親に捨てられてそれから女性に振り回される人生が実話をもとに作られたと知ってすごく驚きました。浩史が出会った最愛の女性アスカは明るいけどうつ病と不安障害を抱えているという役で山本舞香さんは少し過激な雰囲気を持っていて暗い過去を抱えた女性の役を演じるのが上手なので今回の役もすごく上手に演じてくれると思います。博史役の賀来賢人さんはコミカルな役からシリアスな役まで演じきれるので今回の暗い役もすごく合っていて演技に凄く期待しています。高校で一番の美少女役が玉城ティナさんなのですごく納得しました。
20代女性
3話まで見ましたが、賀来賢人の演技に驚きました。おとなしいというか、ずれているというか、少しづつ変なところも見えてきたのでこれからの演技にも期待しています。なによりストーリーがこの後どうなっていくのか楽しみです。30分のドラマなのですごく短く感じるし、でもその中でストーリーが進んでいるので、飽きることなく見ることができています。男女の付き合い方、気持ちの感覚など現実でもありそうで、すごくリアルに感じることができます。思わずふっと笑ってしまうようなところや、出演者が演技ではなく素で笑っているように見えるところなど、見所がたくさんあるので、最終回まで楽しみながら見ようと思います。
30代女性
はじめは、とても違和感があった賀来賢人さんのメガネ姿と冴えないオトコという感じが、今では(本当はこんな男性なのかも…)と感じてしまうほど、自然に見えてきました。部下が全員ラッパーというメンバーの中で編集長を務めなければいけないということになり、仕事でのストレスもあるので、そういう時に男性は風俗に通って、現実逃避したくなるものなのかな…と、ちょっと賀来賢人さんの気持ちが分からないわけではないのですが、山本舞香さんの裏切りから目を背けるのではなくて、しっかり話し合ってほしいなと思います。葛藤する賀来賢人さんのことを応援しながら見たいです。
30代女性
賀来賢人さんといえば「今日から俺は‼︎」に出演されてから、一気にドラマで見るようになりましたね。前回も刑事役で見事な一匹狼キャラを演じていました。賀来賢人さんは俳優さんとしてとても個性的なので、普通とは違う少し変わったキャラクターが似合いますね。このドラマもなかなか一風変った男の人を演じています。もしかしたら男の人自体は普通なのかもしれませんが、関わる女性たちがかなり個性的でちょっとダークな面もあるので、気になります。賀来賢人さん演じる主人公の彼女は唾を売っている、という設定からしてかなりマニアックなドラマになりそうですね。
30代女性
「死にたい夜にかぎって」という、なかなかインパクトのある題名にまず興味を持ちました。なんとなく、暗い話しなのかな?あまり暗いのは嫌だな~と思ったのですが、このドラマは女性に振り回され続けたどうしようもない男の実録半生らしいので、どのような内容なのか気になりました。もの悲しくもユーモアあふれる物語ということなので、最終的にハッピーエンドになればいいかなと思います。そして、賀来賢人さんが普段と違って冴えない感じをどのように演じているのか凄く楽しみです。ホームページを見る限り、見た目の役作りは上手に出来ている感じがしました。
30代女性
ネットでの出会いも悪くはないのですが、ネットでの出会いは気を付けないといけないと思いました。ですが、ヒロシくんが恋愛をしているときにイキイキとしていました。また、アスカちゃんが明るくて可愛いです。明るい女の子との出会いでヒロシがどう変わるのか見ていきたいです。また、高校時代に受けたビンタがされていた子がアスカちゃんなのかなとも思いましたが、違うようにも感じました。どんなふうにアスカちゃんとの関係を築いていくのか、気になります。でも、アスカちゃんが最初のところでヒロシ、別れよと言っていたのが気になります。
30代女性
昔やっていた「Nのために」のスタッフが集結とのことでとても楽しみにしていました。内容的にはちょっと奇抜かなと思いますが、深夜枠で楽しませてくれるに違いないと思います。女性に振り回され続けた男役に賀来賢人さんで、今まで個性的な役が多かったですが今回は地味で冴えない男役です。これは演技力なのでしょうか。本当にパッとしない男性に見えるのです。かっこよさのカケラも見えないほどに。すごいですね。これに引き換え、愛した女性役の山本舞香さん演じるアスカがすごくキラキラして見えます。これが可愛いんですよね。男を振りまわす役にぴったりです。このお話は実話とのことなので、話の展開に注目して見ていきたいです。
50代男性
ドラマ「死にたい夜にかぎって」は、女性に対し屈折したコンプレックスを持つ男の6年間の半生を描いたストーリーで、初回冒頭は6年後の最後の日(だろうと思われる)の朝から始まりました。演出・脚本家は意外な結末を用意することが多いので、冒頭部分を明るい雰囲気にした演出は、主人公がかなりの痛手を負ってきた経緯を多く描く展開になるだろうと推測。やはりまずは高校時代、女子からありえない言動をされた過去の描写がありました。それに加えて幼少期、母親から捨てられたことも歪んだ性格形成に関係したと考えられます。主人公はネットで知り合った女性と親密になり、同棲を始めます。ちょっと展開が早すぎてありえないとも感じましたが、逆に限られた放送回数で、この女性との数多くエピソード・トラブルなどが描かれるのだろうと思ったことも事実ですので、第2話以降の展開を楽しみにすることにします。今回は主人公と相手女性の出会ったときの生活環境の紹介がメインで、タイトルの死にたい夜の予感には、まだまだまだ遠いという感じでした。
30代女性
実在の男性の半生が元になっているということで、作り話ではない点に興味を覚えます。かなり波乱万丈な半生のようですが、詳しく知りたいという興味が湧きました。アスカとの生活の話が主なようですが、そこまでに出会った女性とのことも気になります。悲惨な半生の中でも主人公が幸せに感じたことや安らぎを覚えたことに注目したいと思いました。また同じ女性としてアスカにも強い興味があります。なぜ変態に唾液を売って生計を立てるというそんな生活になったのか知りたいと思いました。というか、それで生計が立てれることに驚きです。自分の知らないことがたくさん知れそうなドラマだと感じています。
20代女性
この「死にたい夜にかぎって」というドラマは内容がかなりシリアスなように思います。主人公は中学生の頃に学年で一番かわいい女の子に「笑った顔が虫みたい」と言われてしまい、そのことをトラウマに生きている男性のようです。恋愛遍歴も泥棒と付き合っていたりと癖の強い男性が主人公のようです。この作品はもともと小説で主人公は実在する人ということなので、この男性がどんな人生を送ってきたのか描かれているのが面白そうだと思います。また主役を演じるのは賀来賢人さんです。賀来賢人さんはコメディ系のドラマや映画、CMに出演されていることが多いので、シリアスな役をどう演じるのかも注目したいです。
30代女性
元々単行本だった死にたい夜にかぎってがついにドラマ化!前に友達が読んでて、単行本も借りて読んだ事があっただけに名前を聞いた時はもしかして?と思ってHPにアクセスしてみたら本当にドラマ化。深夜枠での放送になるみたいだから、仕事が終わって家に帰って来てゆっくりと見れたらいいな。キャストさんはHPでチェックしてみたけど、あんまり有名な人じゃない?私の知らない人ばっかりだった。でも、玉城ティナちゃんも出演するみたいだから、ちょっぴり期待!単行本読んだ事ある人も多いと思うから、期待を裏切らないような各キャストさんの演技力が見られればいいな。
30代女性
賀来賢人さん主演のドラマ「死にたい夜に限って」は爪切男さん原作の作品で、絶対に内容的に面白い作品なのでそこをどう賀来賢人さんが演じるのか期待している作品です。この作品は爪切男さんの実体験に基づく物語のようでもあるので、そこも注目しています。女性にトラウマのある男性が、一人の女性に惹かれて恋をした6年間の心の移り変わりなど、切ないけどユーモアもある物語にとても興味があります。主人公が恋する女性は山本舞香さんが演じ、天真爛漫な女性をどう山本さんが演じるのかも気になります。これまでも個性的な役の多かった賀来賢人さんが、どうしようもない男性をどのように演じるのか4月が楽しみです。
40代男性
女性に翻弄される若者の人生模様が描かれているドラマですけども、そのような内容のものを見たい人ならかなり楽しめるものかと思います。あとは、賀来賢人君ファンの方だったら見逃せないドラマかとおもいます。今までやってないような役ですけどもイメージとしては彼にぴったりな役ですし、眼鏡姿もとっても似合ってるのでハマり役になるはずです。賀来君は今後も数多くのドラマにでるでしょうけども、このドラマは賀来君の代表作にあげる人もでてくるかもしれません。まあまだドラマは始まってないけどもそういう予感がするんです。それだけ楽しみなんです。
30代女性
爪切男さん原作小説を初ドラマ化。登場人物が全員問題ありで、実話とは思えないエピソードが満載。さらに変態シーンも出てくるため、どのように映像化されるのかがかなり楽しみ。深夜枠を活かした表現がされることを願っている。賀来賢人さんが普段のイメージとは想像できない見た目に変化し、冴えない主人公をどのように演じていくのかも興味深い。追加キャストで光石研さん、安達祐実さんも発表され、どのように主役を盛り上げていくかも見もの。エンディンテーマがBishのアイナ・ジ・エンドさんのソロ曲。爪切男さんとの対談や文庫版の解説までしている彼女がどのように楽曲で表現しているかも大変楽しみ。
40代女性
浩史には痛々しさがあるかもですが、本来繊細で優しいがゆえに、女性に振り回されてしまうのでしょうか。浩史や、彼が関わる女性たちの複雑な事情を含め、その触れ合いがどう描かれるのか楽しみです。アスカの存在が謎めいていますが、浩史にとってどんな魅力があるのか、ふたりはどうなっていくのかも面白そうですね。はた目からはどう見えるとしても、登場人物たちはそれぞれ自分なりに必死に生きているんでしょうね。きっとみんな愛すべき人たちなのかも。そんな彼らが、どんな小さな幸せでも、ひとつずつ見つけていく展開を期待しています。
40代女性
日本の俳優界にはいったい何人の有望な俳優がいるのだろうかと思ってしまうほど、次々に期待の若手俳優さんが表舞台に登場してきます。MBSが制作、2月から放送する「死にたい夜にかぎって」は誰もが一度は思い悩む題材を扱い、賀来賢人さんが主演、準主役の相手女性は山本舞香さんが抜擢されています。ホームページを確認するとサブタイトルがあり、愛が欲しくて、愛に振り回された男の6年間の半生を描いたストーリーとのことですから、視聴年齢層によっては若かった当時を思い出し苦しく、あるいは現在の自分を重ね合わせる若者が共感を持ちつつ、というドラマとなるのでしょう。近年の深夜に放送されるドラマにはいいものがたくさんあり、本ドラマもそうなる予感があります。
50代女性
幼くして母親に捨てられるというのは、かなり強烈なエピソードだと思います。心臓が締め付けられる思いがします。よくぞその時代を心が殺されずに生き抜いてきた、とまずは称賛したいです。ということは、彼は心が強い人だと思うので、その強さを軸に6年で精神面の回復がなされたのかなと思います。母親に捨てられたこととによるトラウマが、高校時代の同級生の悪口をノコギリのように悪化させてしまったと考えられるので、彼の傷つきは半端ではなかったと思います。そこから、彼が経験していく女性遍歴がどんな形で彼の精神を助けていったのか、彼の心にどんなエピソードとして残るのか大変気になります。
30代女性
賀来賢人さん主演のこのドラマは、原作が爪切男さんの実体験を書いた同名の小説です。主人公の小野浩史は、決して幸せな半生ではありません。子どもの頃は悪口を言われ、実母には捨てられ、大人になっても様々な女性に翻弄されます。そして、チャットルームで出会ったアスカを好きになり、一緒に過ごすようになります。心の病を持っていて、問題行動を起こすアスカを演じるのは山本舞香さんで、難しい役に挑みます。監督は村尾嘉昭さんで、賀来さんや山本さんとは以前の作品で一緒にやっていて、気心が分かっているので、より良い作品作りができると思います。

ドラマ『死にたい夜にかぎって』を全話観た人の感想

30代女性
面白かったシーンはなぜかアサリを昔飼っていたからといって水槽に飼い始めてしまったところです。さすがにアサリは飼うものではないのにヒロシ君にとってはスーパーや海にいるから身近に感じて可愛いのかなと思いました。アサリを料理してしまうシーンは面白かったです。食べないと腐ってしまうのですが、大事にしていたのは寂しさからくるものだと思いました。けっこうヒロシ君もアスカちゃんの睡眠障害にやられてしまっているんだと思いました。アスカちゃんの精神病は考えられないくらい酷いほうだと思います。アスカちゃんに話掛けてほしいのに心が持たなさそうでした。
30代男性
アスカという少女がヒロシという主人公と出会って同棲していくとい話なんですがこのアスカが自分の唾液を売って生計を立てているというかなりぶっ飛んだ設定で初めて見た時はかなり戸惑いました。ですが、ヒロシと同棲してその仕事からは足を洗ってくれていたと思ったらしばらくは続けていたとわかった時のヒロシの残念そうな姿が忘れられません。家に帰ってもそのことを咎めたりはしなかったのでヒロシはかなりできた彼氏だと思いました。自分だったら絶対に問い詰めてしまっていたと思うのですごいなと思いました。あとやはりアスカは無邪気で可愛いですね。
コメントをもっと読む
30代男性
会社でヒロシに告白してきた女の子がすごく可愛らしかったのですが、その子にヒロシはモデルガンをプレゼントしてしまいドン引きされる展開には笑いました。その後、彼女からの好意が途切れたので今度はヒロシの方から告白してしまう展開にはかなりのクズだなと感じました。しかもフラれたことでアスカに八つ当たりしてしまう展開には本当のクズでどうしようもないダメ人間だなと感じました。でもそれがヒロシらしいと思い憎めないですね。それからアスカには音楽の才能はないと思います。作る曲全てがなんかダサいですね。でもヒロシが甘やかすからちょっとモヤモヤします。
30代男性
唾液で生計を立てるという女性には驚きましたが、その女性を演じたのが山本舞香というのにも意外性を感じました。ちょっと強い女性というイメージを持っていましたが、イメージとは違う役どころで演技もよかったから結構ハマってしまいました。さらに1話で登場した玉城ティナが可愛かったのもよかったです。そして、主演には賀来賢人が出演していましたが、コメディ俳優という言われているだけであって非常に難しい役を演じていました。また、ストーリーも意外にも色々と考えさせられるストーリーもよく、最後に賀来賢人が多くの女性と出会ったから最後に出す答えも意外性があってよかったです。
40代男性
普通の恋人同士に見える浩史とアスカですが、浩史はあさりをペットにするような変わり者でアスカとセックスレスの期間の時には、あっさり風俗で妄想プレイを楽しんでしまうキレたところも面白かったです。そしてアスカも元々変態に唾を売って生活費を稼いでいた変人で精神の病気を患ってからは情緒の不安定が激しく一緒に寝ている浩史をはっきり理由もなく首を絞めるというキャラクターの濃さは考えさせられながらも笑えました。それでもこんなにキャラクターの濃い二人がお互いのために優しくしたり、純粋に好きな気持ちをぶつけ合うようなところはとても感動的でした。続編を期待しています。
50代女性
女性に対してトラウマを抱えていた浩史がアスカと出会ったことで変わって行くの姿が楽しめました。
浩史がアスカを唾業界から抜けさせるために、編集者に転職するシーンが好きで彼がアスカのことを本当に好きなんだと感じられ好感を持てました。
二人の別れがあっけない感じがしましたが、アスカにとっては地震の時に一人にされてしまったことが別れようと決めたのかもしれないと思いました。
恋愛ドラマでありながら、不思議な世界観を感じることが出来るドラマになっていたと思います。
不思議な感覚で楽しみながら見る事が出来たドラマです。
30代女性
実話を元にしてあるためか、終始リアルな重い独特の空気が流れていました。笑った顔が虫の裏側に似ているなんて独特の言葉をトラウマに抱いて育ち、唾を売って稼いでいる女性との関わりとわがままで自由奔放な女性に尽くしていく姿、関係性は愛ではなく男と女の名もない関係性を描いているようで、それが生生しいのです。決して共感できるような男女を描いていないのに、なぜか引き込まれる世界観がある、これは世界観を堪能する為のドラマなのだと思いながも最後には2人を待ち受ける結末にほろりと涙がこぼれました。愛ってなんだろう、好きというのはどのようなことなのか、考えさせられます。
30代男性
浩史がお母さんに捨てられたのがとてもビックリしました。女性にトラウマを抱える浩史がとても可哀想でした。浩史がアスカと出会ったのがとても面白くてよかったです。アスカが変態達に唾を売って生活していたのがとてもビックリしました。浩史とアスカが一緒に暮らしていたのがとても面白くてよかったです。アスカが浩史のクビを締めていたのがとてもビックリしました。アスカと浩史が仲良しだったのがとても面白くてよかったです。アスカに好きな人ができたのがとてもビックリしました。浩史が外で寝ていたのがとても面白くてよかったです。浩史が仕事で出世していたのがビックリしました。
30代女性
ヒロシ君がだんだんと精神的に参ってきているのが良くわかります。アスカちゃんもそれに甘えてしまっているので早く自立してほしいと思いました。新聞屋さんの恋は一瞬でしたが1番ヒロシ君が自然体でいたようにも感じました。恋愛をしているドキドキ感も雰囲気に出ていました。新聞屋さんの子が可愛いのでアスカちゃんに内緒でくっついてほしいと思いましたが新聞を注文したのはアスカちゃんなのでそれはアスカちゃんがいる限り出来なさそうでした。良い感じでしたが引っ越しをしてしまうのは、そういうときってなかなか恋も実りにくいと思いました。
30代男性
アスカが自分のツバを売っていたのがすごいと思います。浩史とアスカがとても仲良しなのがとても面白くてよかったです。浩史がアスカに首を絞められていたのがとてもビックリしました。アスカの歌がとても変だったのがとても面白くてよかったです。浩史がアスカにすごく優しいのがすごいと思います。浩史が外で寝ていたのがとても可哀想だと思います。アスカに好きな人ができたのがとてもビックリしました。浩史がホームレスと話していたのがとても面白くてよかったです。浩史がアスカの胸を揉んでいたのがとても面白くてよかったです。アスカが地震が嫌いなのが驚きました。
40代女性
とても男性目線で作られたドラマだなと思った。ひどい仕打ちを受けながらも、主人公は彼女のことを好きだったようだが、どうして好きだと思っていられるのか全然理解できなかった。彼女の方も彼にまったく気持ちがなく浮気ばっかりしていたのに。そんな状態で6年も同棲していたとは。。私からしてみると、時間を無駄にしているようにしか思えなかった。そんな感じでも、主人公と一緒に働く編集部の人達が個性的だったのでおもしろいと感じ、ドラマを見続けることができた。自分の恋愛事情を会社の人に逐一話すというのも理解しがたいが、それをおもしろくいじってくれる周りの人がいることで主人公も救われていたのかもしれない。
40代男性
普通であれば、浩史とアスカの恋愛はお互いをダメにしてしまう悪い見本となるものです。しかし、それほど拒絶感を持つことはありませんでした。理由として考えられるのは、浩史の恋愛遍歴でしょう。彼の歴代の女性と比べて、アスカがとんでもなく悪い女には見えなかったのだと思います。アスカは自分が浮気を続けているのに、浩史が新聞配達の女性と良い雰囲気になったのを感じて嫉妬して怒ります。そんな彼女の身勝手ささえ、可愛く見えてしまうのです。どうしても嫌いにはなれない彼女の愛嬌のある性格を見事に演じきった山本さんの演技は、本当に素晴らしいものでした。モデルやタレントとしての印象が強かったですが、これからは俳優としての活躍を期待します。