木曜ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』を見逃し動画無料フル視聴!

放送日程
2019年7月11日(木)スタート!
【毎週木曜】よる9:00~放送

ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』動画視聴方法

ロボットカマクラくん
2019年夏ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』
『ビデオパス』で第1話から全話(最終話)まで
フル動画配信が決定です〜!!

『ビデオパス』の無料期間を利用すれば・・・
”完全無料”で見放題♪(一部課金作品あり)

初回30日間無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『ビデオパス』おすすめポイント

★業界最安級!月額料金『562円(税抜)』で見放題作品は多数!!

★テレビで見逃した作品を第1話から最終話まで、お好きなタイミングで視聴可能!
2019年最新ドラマの『東京独身男子』や『都立水商〜令和〜』『仮面ライダージオウ』『向かいのバズる家族』など配信中!

★見放題会員に毎月『ビデオコイン(540円分相当)』をプレゼント!
このビデオコインを使って最新映画などが視聴可能!タダで視聴ができてしまうので追加料金なしで楽しめる!

●『ビデオパス』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『ビデオパス』ユーザー
見逃しのドラマや見たかった洋画などをみられるのがいいです!仕事柄、連ドラを毎週みられないし、気になっている番組などもあるので、時間が出来たら確認したり、時々違うジャンルの物も観てみたりしています。探しやすく、好きそうな物をオススメもしてくれる。迷った時などにも重宝しています。【30代・女性】

ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』見逃し動画 検索

ロボットカマクラくん
<第1話>2019年7月11日(木曜)夜21時放送分
  • <第1話〜全話>をフル動画視聴!
ビデオパス
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

<最終回/第9話>『LAST FILE 真実のサイン』
2019年9月12日放送分

  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)
TVer テレ朝キャッチアップ動画 GYAO!
第9話 ネタバレはここをクリック
柚木らは景が保管していた証拠品を使って楓の犯行を裏付けようとする。裏に伊達の策略があると疑う柚木は彼の部屋に乗り込む。そして、千聖に異動命令が下り、高橋は戸惑う。そんな中、事件当日の監視カメラ映像を調べ直した柚木は不審な点に気づき、元鑑識官を訪ねる。柚木は、景にある場所に来てくれと言われ、行って見ると、柚木は死んでいた。景はショックを受ける。そして、伊達が解剖をしようとすると、景は柚木の遺体を盗み、解剖し、異物による窒息死と判断する。北見の時と同じであった。証拠の映像のデータが残っていた。柚木は自分が楓に薬を飲まされて、殺害されるのを分かっていたのか、解毒剤を飲もうとした時、楓にクッションで顔を押さえられ、窒息したのである。
第9話 感想コメントはここをクリック
30代女性
サイン-法医学者 柚木貴志の事件-で柚木先生の死はうっすら予感していたのですが、実際に亡くなってしまうとやっぱり悲しかったです。楓が柚木先生を毒とクッションで殺すシーンは痛ましくて、逮捕された楓が、地獄の底に叩き落とされたらいいなと思いました。
30代男性
まさかすぎました、なんと主人公が殺害されてしまう最終回なんて見た事がない衝撃の展開でした。命と引き換えに最悪の犯人である島崎遥を逮捕できたのは良かったですが、主人公が殺害された衝撃が強すぎました。最終的には助手が前向きに歩んでいく姿を見てよかったなと思いましたが非常に印象部会ドラマだったというのが感想です。
40代男性
今回のサイン-法医学者 柚木貴志の事件-は見応えありました。ストーリーがとても魅力的でした。まさか、柚木先生が自らの命までをかけて、島崎楓(森川葵)を逮捕に追い込むとは思いませんでした。驚きでした。でも、一番印象的だったシーンは、その彼女に逮捕状を突きつけた時の和泉千聖(松雪泰子)でした。めちゃくちゃ格好良かったです。最終回面白かったです。
30代女性
柚木の強い執念をまざまざと見せつけられた感の最終回でした。何としてでも島崎楓の罪を暴き出そうとする、強い信念が感じられました。それほどに、父親の権力で圧力をかけてくる島崎側は、本当に手強い相手でした。
40代女性
衝撃の展開でした。まさか主役である柚木先生が、命を落とすことになるとは思ってもみなかったです。最終的には犯人である楓が捕まったので良かったですが、もっと早くに捕まっていればと思いました。柚木先生が殺害される場面を関係者で見ているときは、とても胸が痛みました。ドラマとしては予想できない展開で、動画を見ながら面白かったです。

<第8話>『FILE 8 真犯人はここに』
2019年9月05日放送分

TVer・テレ朝キャッチアップ動画・GAYO!での無料動画配信は終了しました。

第8話 ネタバレはここをクリック
死亡した会田社長の解剖所見を曲げるよう伊達に圧力がかかる。柚木が助手を務め、伊達が執刀した解剖所見の結果は、会田の死亡推定時刻は19時頃、殴られた後に突き落とされたというものだった。伊達はその事実をネタに逆に議員秘書に圧力をかける。会田の死亡推定時刻、会田の死亡したホテルの防犯カメラに、楓が写っていた。和泉たちはそれをネットにリークし、楓の任意聴取にこぎつける。しかし、伊達は会見で、死亡推定時刻を23時だと発表する。楓の聴取は打ち切られる。法医研メンバーは伊達に異論を唱えるも、権力を盾に退けられる。その矢先、会田の妻から和泉に、会田の遺品から録音データが見つかったとの連絡が入る。データから、楓が北見を殺した凶器であるぬいぐるみをまだ隠し持っていることが明らかになる。楓に接触していた柚木はその報を受け、ぬいぐるみを確保する。北見の口に残されていた青い繊維を持って柚木の元に向かおうとする中園の前に、伊達が現れる。伊達は、中園の妹の命を助けるためのコネと引き換えに、証拠を渡せと迫る。
第8話 感想コメントはここをクリック
30代女性
サイン-法医学者 柚木貴志の事件-にて権力は怖い。いよいよ真相に近づいてきたと思うが、何らかのカギを握っていそうだった北見の事務所社長が死亡し、柚木と伊達が対立していたタッグを組んで解剖をする。てっきり協力関係になるのかと思ったら、死亡時刻をずらして発表する伊達。そんなに甘くなかったなと思った。今後、真犯人をどうやって追い詰めるのか、無事逮捕につながるのかを次回を楽しみにしたいと思います。
30代女性
楓が追い詰められた動画シーンでは、よしっ!と思いましたが、なんだかまだ裏がありそうで安心できません。伊達が中園に接触し、妹のことを引き合いに出して取り引きを持ちかけるにいたっては、やっぱりそうきたか…という感じでした。次回が気になります。

<第7話>
2019年8月29日放送分

第7話 ネタバレはここをクリック
柚木たちは、すんでのところで、無差別殺人を起こそうとした犯人を止めることができました。そして、柚木は法医研に戻ることになります。その矢先、北見殺しで服役していた女が、和泉宛てに、自分は殺していない、何もかもすべて話すと電話をかけてきました。ところが、彼女に会いに行った柚木に、自分がやったと証言を翻します。その姿はまるで何かに怯えているように見えました。その直後、清香が、刑務所のバスルームで頭から血を流して死んでいるのが発見されます。柚木の鑑定によれば、清香は感電死しているとのことが、原因が分かりません。仲のよかった囚人に、清香は本当のことを話していました。北見を殺した犯人は、北見の会社の社長だと清香は話していたのでした。証拠を見つけるため、柚木たちは動き出します。
第7話 感想コメントはここをクリック
40代男性
前回の金槌連続殺人の犯人が逮捕されましたが、もっといろんなストーリーがあると思いきやあっさり終わってしまいびっくりしました。今回から第一話で殺された北見の事件の解決に向けて柚木たちが動きそうなので、どんな展開か楽しみにしたいです。
40代男性
海浜シェルズパークにピエロの姿でナイフを持って5組のカップルを襲おうとしていた野田というもう一人の共犯者を無事に現行犯逮捕出来て、これでようやく景と被害者の妹の優が少しは報われたかなと感じました。犯人が逮捕されたのが聞こえたのか、一滴涙が優から溢れた場面は感動的な印象に残るシーンでした。
40代男性
第一話で北見が殺された事件の犯人が次の総理候補の島崎の娘の可能性があり、今回から改めて解決に向けて話が進みましたが権力による圧力で妨害されそうなのでどんな展開になるのか期待しています。伊達院長も悪い方に加担しているみたいなので柚木が院長の座を奪うぐらいの勢いで頑張ってほしいです。
30代男性
刑務所内の事件など真相を探るため法医学者たちのあらゆる捜査場面が魅力のある演技に迫力感やリアル感もあり、特定人物の行方や不審な点など、証拠を収集するシーンなど、創作意欲のあるドラマならではの楽しさもあり、続きが待ち遠しいくらいです。
40代男性
北見の殺害を無実だと訴えた清花が、大物議員の島崎藤一郎と秘書の佐々岡による企みで感電死させられましたが、北見を青酸カリで殺そうとして、結果窒息死させた犯人が事務所社長の会田と突き止めた千聖達に刑事の執念みたいなモノを感じて興味深く見られました。しかし、まだ北見殺しには元恋人で島崎の娘の楓が関わっていそうだなとも感じられ、これから本格的に事件の真相に柚木達が迫っていく雰囲気も伝わり、次回が楽しみになった7話でした。

<第6話>『FILE 6 殺人シナリオ』
2019年8月21日放送分

第6話 ネタバレはここをクリック
ある女性が金槌で殴られ死亡した事件の解剖を担当した中園は、その犯人の手口が、自分の妹を殺した犯人のものと同じだと気付く。中園は、捕まった容疑者に会わせてほしいと申し出る。しかし、容疑者には被害者の死亡推定時刻にネットカフェにいたというアリバイがあった。中園は、死亡推定時刻の再調査を始める。その頃、柚木は、捜査の場で、自らの法医学鑑定の結果を曲げたことを強く後悔していた。法医学研究院に戻るよう説得された柚木は、一度はその申し出を断るものの、中園が困っていることを聞かされ、中園の元へ向かう。それと同時に事情聴取が打ち切りになる。捜査の結果、容疑者が勤めていた会社で、過去に容疑者が人殺しゲームのシナリオを書いていたことが判明する。容疑者は、難易度ごとに死体にポイントをつけていた。ところが、逆に和泉が共犯者に襲われてしまう。容疑者は中園を呼ぶよう要求する。中園に罵倒された容疑者は中園に殴りかかる。容疑者と同級生だった野田が実行犯なのではないかという疑惑が持ち上がる。
第6話 感想コメントはここをクリック
60代男性
解剖医中園景と柚木解剖医の探索によって徐々に明らかになる闇サイトの殺人ゲームによる女子高生撲殺事件。1話ごとに事件がありその中に登場人物の複雑な過去、思いを絡めて、最終的には、最初のアイドル殺人事件の解明につなげていく構成。2重、3重に複雑に登場人物を絡め非常にスリリングなドラマになっている。犯人と思われる次期総裁の娘の犯行をどの様に立証するのか興味わきます。
40代女性
和泉も高橋の二人で落合を追い詰めたはずが、もう一人共犯者がいたことにビックリしました!しかし、これで落合に事件当時にアリバイが出来ていた理由がわかりましたね。もっと早くに落合の過去の経歴なども調べていたら、事件を最小限に押さえられたのにと思いました。
40代女性
中園が落合に対して冷静でいられないと判断した和泉から連絡を受け取り、中園の顔を見に行った柚木はカッコ良かったですね!解剖結果を捏造した自分は、法医学研究員ではいられないと去ったのに、中園が自分と同じように道を誤らないようにと見に来るところさすがだなぁと思いました!
40代女性
落合が中園に対して話す仕草、態度が狂気じみていて、絶対に犯人だと分かっているのに捕まえられないところに、見ている私も歯ぎしりする思いでした!中園が落合にアリバイが出来ないようにと、死亡推定時刻を書き換えようとするところではかなりハラハラしました。
30代男性
誰も殺していないとおちょくる容疑者の落合に、刑事の高橋が今日は証拠を掴んでいないが明日は覚悟しろと返した所が素晴らしいものの、やたらと自信のある落合の態度にイライラし、完全に落合自身が犯人だよと見せる行動に既に人間の感情は無くなっている気がした。

<第5話>『FILE 5 見えない毒』
2019年8月15日放送分

第5話 ネタバレはここをクリック
行方が分からなかった帝徳小笠原病院の元看護師が遺体となって発見された。2人の医師と同様に目立った外傷はなく解剖した柚木も心不全とういう診断を下すことしかできなかった。だが警視庁捜査一課の管理官、和泉は疑問を抱く。それは3人は死ぬ直前に小笠原院長に会っていたこともあり事件を怪しむ。そんな矢先、小笠原院長が医療ミスを犯した現場に3人も立ち会っていた事がわかったのだ。さらに追い打ちをかけるかのように医療ミスの現場に立ち会った門馬医師が亡くなってしまう。しかも門馬医師も亡くなる直前に小笠原院長に会っていたのだ。毒殺であることに間違いはないのだが証拠が見つからない。混迷を極める事態…。やがて、同じく25年前にこの世を去った柚木の父の死因が明らかになったのだ。柚木の父親は小笠原院長の医療ミスを隠そうとしている病院に納得が行かず話をしていたところ紅茶に入っていた毒によって意識が混濁しそのまま病院の非常階段から飛び降りたことが死因であることが明らかになり。自殺ではなく事故と言っていた兵藤元院長の嘘が分かってしまう。それを知ってしまった柚木は捜査会議の中で嘘をついてしまったのだ…
第5話 感想コメントはここをクリック
40代男性
兵藤元院長を善人だと思っていたのに過去に医療ミスを隠すのを手伝って解剖結果に嘘を書いていたことにショックを受けました。そしてそれを知った柚木も兵藤を守るために嘘を言ってしまう展開に驚きました。それが原因で退職願を提出した柚木がどうなるのか次が気になります。
50代女性
恩師の兵藤が自殺をしたのは、柚木の父が毒殺による解剖の捏造をしたためだった。しかし、柚木は法医研を守るために、嘘をついたのだ。小笠原は、釈放され、安本と会う。そして、二人とも毒入りのお茶を飲んで死んでしまう。そして、柚木の父の事件は解決する。柚木は、父の死の真相を知り、これからどうするのだろうか。
40代男性
過去の医療ミスの関係者がアンチモンの中毒で死んだというような展開に犯人がすぐにわかってしまうなと感じましたが、犯人の小笠原院長が逮捕されず過去の医療ミスで娘を亡くした父親に殺される展開に驚きました。こんなにもハッピーエンディング動画にならない話は少し悲しい気持ちにもなりました。
30代女性
殺された4人の遺体から、アンチモン(毒物)が見つかったのにもかかわらず油木(大森南朋)が、アンチモンの存在を認めつつも、心不全と決断をくだしたのはとても驚きました。そして最後に小笠原の院長室で小笠原院長としょうこの父が互いに毒物をいれあい2人いっぺんに死んだのは更に動画を見てて驚きました。
30代女性
先週の話で行方不明だった元看護士の女性が遺体で見つかり、同時に亡くなった医師2名と25年前に同じ手術に参加していたメンバーが次々に亡くなっていたことが判明。そして、残ったのはその時手術をした院長と外科部長で、その外科部長も亡くなった。解剖して、毒物検査をしても結果に出なかった水銀系の毒物だとわかり、事件も解決するかと思ったが、まさか柚木先生が兵藤元院長の名誉を守るために、死因を毒物としなかったのは衝撃だった。

<第4話>『FILE 4 法医研(そしき)の闇』
2019年8月08日放送分

第4話 ネタバレはここをクリック

“日本法医学研究院のホームページに慶徳小笠原病院で医療ミスがあり、日本法医学研究員が捏造したと書き込まれる。

兵藤の家を柚木と中園が訪れる。
ご飯を食べながら、中園は一枚の写真に目をやる。
そこには、兵藤と伊達らが写っていた。
昔は日本法医学研究院を作るために伊達も兵藤と一緒に尽力を尽くしていたのを中園は知る。
そこへ伊達から兵藤に電話がかかってくる。
伊達は、何者かに過去の捏造をネット上に書き込まれていること、この事を知って柚木が首を突っ込んできたら厄介だ、柚木の父親にも関わりがあるから、と兵藤にいうのだった。

路上で突然倒れた男性、レストランの階段で倒れて死んだ男性、二人が日本法医学研究院に運び込まれる。
どちらも心不全としか結果がでない。
何故殺人かも分からないうちから一課が動くのかを聞く柚木に、和泉は二人が同時刻に亡くなっていること、そして二人は同じ職場・慶徳小笠原病院の同僚だったことがわかる。

そして亡くなった柚木の父親も同じ慶徳小笠原病院の医者だったのだ!”

第4話 感想コメントはここをクリック
30代男性
過去の医療ミスや隠蔽の疑いを書いた手紙が柚木に届き、その事が柚木にどういう関係があるのかと思っていたら、恩師の兵藤が知っていることがあると思い柚木が兵藤のところへ行くと兵藤は自殺しているというショッキングな展開でした。個人的にはシーズンの後半に柚木を助けてくれるためにまた兵藤が出てくると思っていたので自殺してしまっていたことに驚きました。
40代男性
二人の男性が同じようなタイミングで亡くなり、しかも同じ病院で働いていることで何か複雑な事件かと期待していましたが、今回ではしっかり解明されてないので次が早く見たいです。そして自殺してしまった兵藤のこともどう絡んでくるのか期待しています。
40代女性
解剖医の恩師が首を吊っていた。解剖をしなくてはいけなくなり、メスを入れようとした時の柚木先生が怖い顔をしていて、結果が自殺だと思いたくなかっただろうが、自殺で間違いなかった。絶望と悲しみで心がいっぱいだろうなと思った。
20代男性
日本法医学研究院創設にからむ出来事や柚木(大南)の父の死にまつわることを、次回以降に紹介する感じの内容でした。真っ当で正義の人と思われた兵藤(西田)も伊達(仲村)と一緒に不正にかかわったと思わせる部分があり、自殺なのか他殺なのかよく分からない最期を迎えてしまいました。慶徳小笠原病院で過去に何があったのか、慶徳小笠原病院で死亡した患者について、解剖結果がねつ造されたのか、ドラマの結末に向かう展開局面として第4話は構成された印象が強く、一話完結のテーマはなかった感じでした。ただし、兵藤(西田)が亡くなってしまったので、生き証人が減ったことになり、どのようにして客観的事実にたどり着くのかを注視したいです。
30代男性
最後に、兵藤(西田敏行)が首をつって自殺している展開にとても驚きました。柚木(大森南朋)と中園(飯豊まりえ)達が、兵藤(西田敏行)の家に来る前に伊達(仲村トオル)と兵藤(西田敏行)が何を話したのかがとてもきになりました。

<第3話>『FILE 3 隠蔽されたサイン』
2019年8月01日放送分

第3話 ネタバレはここをクリック
都内で男性の射殺遺体が発見された。捜査の担当は一課ではなく何故か暴対の4課が行うことになる。遺体は法医学研究所で所長自ら指名した副所長が解剖を担当し、わずか30分で検餡を終え、殺害に使用された拳銃はトカレフとされ、容疑者も特定される。あまりに短時間で終わった死体検案に疑問を持った解剖医の柚木は副所長の検案書を見て事件の状況を調べ、犯人とされた人物以外に現場に第三者が居たのではないかと考える。同じころ捜査一課の若手捜査員も4課の捜査に疑問を抱き、独自捜査で容疑者とされる人間を探していたが、その容疑は腹部を撃たれすでに死亡していた。遺体は4課の刑事によりまた法医学研究所で司法解剖されることになるが、また事実が曲げられると感じた新人女性解剖医が柚木の電話による指導の下、病院で弾丸を摘出しスマートフォンで撮影、その画像を見た1課刑事は、弾丸はトカレフではなく、警察官が携帯している「ニューナンブ」用の弾丸と判断する。真犯人は容疑者とされた人間ではなく4課の現職警察官で、事件は反社と癒着していた警察官をかばい警察組織を守るために日本法医学研究所まで巻き込んで仕組まれたものだった。
第3話 感想コメントはここをクリック
30代女性
サイン-法医学者 柚木貴志の事件-はよくありがちな警察と暴力団の癒着、警察官の不祥事の隠蔽が今回の内容だったので、途中から先が読めてしまう感じでした。ビリヤードの玉が証拠っていうのもたまたま見つけた感があってちょっと内容が薄かったかなと思いました。次週は柚木先生の過去が分かるみたいなので、楽しみにしています。
40代女性
サイン-法医学者 柚木貴志の事件-の伊達明義の周辺がますます怪しくなってきました。解剖の行い方が、いつも動画を視聴してて胡散臭いです。警察幹部や、国家組織と繋がっていそうで、とても恐ろしいです。そんな中で権力にも負けず柚木には戦って欲しいです。そして、和泉や高橋も、上からの圧力に屈しないでもらいたいですね。
40代男性
“今回は、柚木のバディ・中園景が、自らの立場を顧みず、殺害された暴力団員・伊沢の司法解剖に挑み、真実を見つけ出そうとする動画のシーンが凛々しく感じました。
また、柚木が和泉とともに事件現場で証拠を探すと同時に、中園に電話で指示を送って遺体から銃弾を見つけるなど、コンビネーションも抜群で見応えがありました。”
30代男性
組織ぐるみで隠蔽とかひどいと思います。伊沢の死体を中園が解剖したのがとてもビックリしました。中園が柚木の指示のもと解剖してるのがとてもすごいと思います。警察が使う銃弾が伊沢から出てきたのがビックリしました。
30代男性
伊達と柚木が全然意見が合わないのが面白くてよかったです。和泉と高橋が黒川を取り調べしてるのがとてもビックリしました。柚木が5時までに証拠を持ってきたのがとてもすごいと思います。ボールにシリアルナンバーが残ったのがすごいと思います。

<第2話>『FILE2 都会の死体、田舎の死体』
2019年7月18日放送分

第2話 ネタバレはここをクリック
埼玉と東京で女性遺体の解剖が同時に行われ、柚木は、解剖の結果、自殺に見せかけた他殺だと判断する。伊達は自殺と判断した。その2遺体とも首にアザのような物がついていた。柚木の助手の景は納得いかずに現場を訪れた時に何者かに腕を捕まれてしまう。そこに柚木が現れて男を殴ると高橋刑事だった。しかし、彼も現場に出向いていただけであった。景は腕をつかんだのは違う人間だと思っていた。柚木は東京に帰り、千聖に遺体のことについて相談された。高橋と景は、タクシーに乗り合わせたが、高橋は途中で降り、景と運転手は二人きりになってしまう。千聖は、連続殺人犯は同級生を殺すために他の人も殺した。卒業アルバムから犯人を断定する。柚木はタクシードライバーだと思い、景に気がつかないふりをしろと命令するが、犯人にバレてしまい、捕まってしまう。そして、景は首を絞められて殺されてしまいそうになるが、柚木に助けられて景は助かる。景は泣きながら柚木に感謝する。伊達は柚木に東京に帰って来ないかと誘うが柚木は断った。
第2話 感想コメントはここをクリック
30代男性
中園の手を引っ張ったのが高橋じゃなかったのが驚きました。中園が柚木に邪魔扱いされてるのが面白くてよかったです。タクシーの運転手の須賀原が犯人とかとてもビックリしました。中園が須賀原のタクシーに乗っていたのがとても驚きました。
30代女性
犯人と一緒の車に乗っていて、犯人に殺されかけたのは、すごく緊張した。ストーカー事件、放火事件、殺人事件、どれも怖い犯罪です。逆恨み怖すぎます。さすが、柚木先生!という感じでした。田舎で器具がなくても、腕があれば解明できる。東京と違って地方は解剖はなかなかされない。私も地方に住んでいるので、都会と田舎の違いははっきりとしています。色々な意味で田舎は残念です。
40代男性
自殺と思われる遺体を解剖した柚木が他殺だと思い調べると、どんどん事件が大きくなって連続殺人までになっていく感じに驚きました。でも犯人が元々放火の容疑で聴取されていた人物で、しかもタクシードライバーでドラマの始めからよく出てきていていかにも怪しかったのでそこは少し残念でした。でも面白かったので次も楽しみです。
30代女性
放火のシーンから始まったので、今回は放火の話かと思ったら、女性の首つり遺体が見つかり、二つ別々の事件かと思いました。しかし、最初に自殺とされた事件も含め3件の連続殺人で、最終的には放火事件ともつながっていました。さらに、警察が放火事件で聴取していた人間が最終的には犯人で、犯人の運転するタクシーに中園が乗っていたりと、柚木たちの近くで事件が進んでいたので、何となく犯人はこのタクシー運転手加茂と思いつつも、ラストまでドキドキしながら見れました。中園は殺されないと思いつつも、ラストで殴られ、襲われるシーンはやはり恐怖感はありました。柚木に助けられましたが、殺害場所がメッキ工場と分かった時から中園がつかまっている場所を特定するスピードが早くて、どうやって特定したんだろうとつい考えてしまいました。
40代男性
いきなり左遷された状態で始まったので、先週とのつながりが「ん?」となりましたが、自殺に見せかけた連続殺人を解決に導くストーリーは面白くて、犯人を犯人だと思わないような見せ方にはすっかり騙されました。飯豊まりえさんの演技は惹きつけられます。

<第1話>『FILE 1 ゲームの始まり』

  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)
TVer テレ朝キャッチアップ動画 GYAO!
第1話 ネタバレはここをクリック
皆からはパワハラが酷いと不評の解剖医・柚木だが、確かな腕を持ち日本法医科学研究院の院長・兵頭からの信頼も厚い。
国民的人気歌手の北見がライブ会場の控え室で死んでいるのを発見される。
証拠と言えるようなものは何も無く、院長は柚木に遺体の解剖をさせようとしていた。
しかし何らかの力が加わったらしく、急遽国立大学の法医学教授・伊達が解剖することになった。
妙な動きをしている警察、急に担当を変えられたこと、それも権力者に媚びへつらう伊達に解剖させる点を不審に思い、柚木は自分の職を取り上げられるのを覚悟し、北見の遺体を持ち出して解剖しようと逃亡する。
一室にこもり施錠した柚木は、たまたま近くにいた新人解剖医の中園を従えて、北見の遺体を解剖し始めたのだった。
解剖結果を隠蔽するつもりだった伊達は、慌てて柚木の居場所を探るものの施錠されてしまって手も足も出ない。
「解剖したら、お前は終わりだ。」と部屋の外から呼びかけるものの柚木は意志を変えない。
部下にマスターキーを持ってこさせて、部屋を開けさせようとするが、それよりも先に証拠品となりそうな「青い繊維」を柚木は発見する。
第1話 感想コメントはここをクリック
30代男性
ライブ会場が最高潮に盛り上がりノリノリだった北見が突然亡くなった事で、捜査に訪れたチャラそうな刑事の高橋と管理官の和泉が、社長の会田に北見の評判を聞いておいて、最高の人物と会田に語らせた瞬間に、北見がとんでもない人物と記事を見せるやり方が、警察らしくイヤらしい。
40代女性
仲村トオルさんにあんな悪党の役はしてほしく有りませんでした。本当の所はまだ分かりませんが、ただ法医学研究所の所長の座を狙っているだけではなく、何かを探りたい為に院長になりたいのならそれを楽しみにしています。
30代男性
柚木先生がやるはずだった解剖を伊達に横取りされたことは警察をふくめて何かあると思いました。柚木先生は伊達に解剖される前に解決しようとメスを入れた。凄いと思いました。たまたまいた新人を使って解剖をして伊達さん達が来る前に必死だった。新人は良く手伝ったと思います。
40代女性
柚木の腕は確かな様ですが、あの態度は行き過ぎだと思います。それでも尊敬して食らい付いて来てくれる新人助手とは、SMの良い関係になって行くでしょう。所長・兵藤も何を言われたのか分かりませんが、柚木の為に院長の座を辞するとは、あっぱれでした。
30代男性
北見の死体を勝手に持ち出した柚木が面白くてよかったです。柚木が勝手に解剖したのがビックリしました。中園が解剖に手伝わされたのが面白くてよかったです。北見の死因が窒息死とか驚きました。柚木と中園がやりとりが面白くていいコンビだと思います。

ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」イントロダクション・キャスト情報

Introduction

法医学 vs. 絶対的権力
“真実”をめぐる
壮絶な戦いが開幕!!
衝撃のラストにあなたは必ず号泣する…

――真実は、勝たなければ“真実”にならない――

最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマ『サイン』を

大森南朋主演、松雪泰子、仲村トオルら強力キャストでリメイク。

どこまでも“真実”と“正義”に忠実に…

遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、

不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていきます!

今、ドラマ界で人気の“法医学”を軸にした

“真実”をめぐる巨悪との戦い――

一度見始めたら止まらない…! 息もつかせぬ激闘の火蓋がついに切られます。

■Cast

柚木 貴志(ゆずき・たかし)・・・大森 南朋

他キャストはこちらをクリック

和泉 千聖(いずみ・ちさと)・・・松雪 泰子

中園 景(なかぞの・けい)・・・飯豊 まりえ

高橋 紀理人(たかはし・きりと)・・・高杉 真宙

春日 美晴(かすが・みはる)・・・佐津川 愛美

橘 祐輔(たちばな・ゆうすけ)・・・淵上 泰史

松沢 大輝(まつざわ・だいき)・・・吉田 ウーロン太

四方田 隼斗(よもだ・はやと)・・・小久保 寿人

北見 永士(きたみ・えいじ)・・・横山 涼

宮島 清花(みやじま・さやか)・・・柳 美稀

会田 幹彦(あいだ・みきひこ)・・・猪野 学

島崎 楓(しまざき・かえで)・・・森川 葵

佐々岡 充(ささおか・みつる)・・・木下 ほうか

下山 益男(しもやま・ますお)・・・利重 剛

兵藤 邦昭(ひょうどう・くにあき)・・・西田 敏行(特別出演)

伊達 明義(だて・あきよし)・・・仲村 トオル

■「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」公式SNS

公式サイト Twitter Instagram

ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」の期待どころを募ってみた☆

30代男性
国家機関「日本法医学研究所」を舞台に偏屈だが凄腕の法医学者と権力側との静かだが熾烈な戦いが描かれるという事で興味深い。主役が大森南朋というのも「いかにもな曲者ぶり」を発揮してくれそうで楽しみ。
他の期待コメントはここをクリック
40代女性
大森南朋さんが主演の法医学ドラマ「サイン」は韓国で大ヒットしたドラマのリメイクだそうです。真実を追求する解剖医たちと巨大権力との闘いがテーマ。真っ直ぐに法医学と向き合う主役の大森さんの真摯な演技に期待しています。
40代女性
“韓国の大ヒットドラマのリメイクということでストーリーが楽しみです。国や権力との争いがえがかれるようで日本ではどのようになるのか期待しています。
サスペンス調になるかと思いますが、どんな秘密が隠されているのか、なぞときが楽しみです。”
20代女性
“韓国の大ヒットドラマのリメイクということなので、おもしろそうだなと思いました。しかも、松雪泰子さんが出演しているのでなおさら楽しみです。今ドラマでよく扱われる法医学がテーマということも期待できそうです。”
30代男性
「法医学VS絶対権力」「韓国ヒットドラマをリメイク」とキャプションも目を引くものがあります。この手のドラマには不可欠なヒリヒリした緊張感のなか、キャストに飯豊まりえさんのお名前を発見してひと安心。彼女の癒しのエッセンスがストーリーにどんな影響を与えるか楽しみです。
40代男性
韓国での人気ドラマのリメイクで、法医学と言う内容ですが、内容としてはよくある感じです。しかしながら、以前に韓国ドラマのリメイクだったシグナルも面白かったので期待しています。また、出演者も大森南朋さんの他、医療系で安定感のある松雪泰子さんや仲村トオルさんも出ているので、厚くシリアスな展開を期待します。
30代女性
昔から法医学ドラマが大好きなので、法医学テーマというだけで期待大ですが松雪泰子さんの演技にも期待してます。松雪さんが出ているだけでドラマに深みが出る気がします。大森さんは安定の主演といった感じで、安定感のあるドラマなのではないかなと想像してます。

[voice icon=”https://kamakura-movie.jp/wp-content/uploads/2019/06/woman_71.png” name=”40代男性” type=”l”]ファンである大森南朋さんの民放連続ドラマ初主演は嬉しい。天才解剖医として事実を隠蔽しようとする絶対的権力に立ち向かう大森南朋さん演じる無謀ともいえる勇敢な柚木高志の迫力ある熱演期待しています。架空の「日本法医学研究所」などの設定入れるなどリアルさ満載のドラマに実際の法医学現場を覗くようで興味あるます。[/voice]

40代男性
テレ朝お得意の事件・捜査ドラマなので、ストーリー全体としても、各話の内容としても見ごたえがある出来になると期待している。特に、法医学の知識をフル活用しつつ、如何にして難事件を解決して行くのか、その手腕を楽しみたい。個人的には、仲村トオル先生の悪の演技を期待したい。
30代男性
主演の大森南朋さんはじめ、松雪泰子さん、仲村トオルさん、西田敏行さんといったベテランの演技派の俳優陣ばかり揃っているので、すぐにドラマの世界観に入り込めると思うので、楽しみです!ストーリーも、声なき死者の最後のメッセージを聞く法医学がテーマということなので、推理シーンもあり見ごたえがありそうだなと思っています。
30代女性
キャストに期待しています。大森南朋さんも西田敏行さんも好きなので、どんな役柄なのかどんな演技なのか楽しみです。ストーリーは解剖するシーンも出てくると思うので、ゾクゾクっとするような怖い場面にはドキドキすると思いますが、夏の暑い日に見て、涼しくなれることも期待しています。
30代女性
まず最初に気になるのは韓国版とどう変わっているかと言うところです。韓国版は日本版の放送期間よりずっと長く、その分話の内容も深く重厚だったので、日本版では重要なところもサラッと流されてしまわないか心配です。主演の大森南朋さんは演技力もあるし、韓国版とイメージの差もあまりないので、そこは期待できます。

「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」関連作品リンク

次回番組▶︎ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~ 第6シーズン』を見逃し動画無料フル視聴!