アニメ「イエスタデイをうたって」を見逃し動画無料フル視聴!

 

アニメ『イエスタデイをうたって』動画

アニメ「イエスタデイをうたって」は
公式VOD配信サービス「FODプレミアム」で第1話から全話までフル動画配信が決定!

「FODプレミアム」は完全無料で視聴可能♪
初回は2週間無料!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

「FODプレミアム」おすすめポイント!

☆フジテレビ系列のドラマ・映画など【最大40,000本】配信中。FOD独占配信作品やオリジナル配信作品も多数!

☆人気のアニメ・バラエティ・海外ドラマのほか、ヤクルトスワローズの全試合を生配信!(ホーム試合)

☆毎月最大1300円相当のポイントをプレゼント!ポイントで漫画や雑誌が買える!課金制の最新映画も観れます♪
 ※無料期間後、継続料金で月々888円(税抜)かかりますが毎月最大1300ポイント貰えるのでお得です。

☆人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌から週刊誌、ビジネス、スポーツ雑誌まで幅広いラインナップ!

耳より情報☆
FODプレミアムは、月額料金では他の動画配信サービスと比べるとリーズナブルな部類に入ると思っています。色々ある動画配信サービスの中でこのFODプレミアムに加入しているのは、フジテレビのドラマを沢山観たいからです。今放送しているフジテレビのドラマももちろん観たいですが、それ以上に昔放送されていたフジテレビのドラマの作品の方をメインに観たいと思っています。懐かしいフジテレビのドラマを観ようと思ったらレンタルビデオ店に行くしかなかったため、FODプレミアムに加入したことで自宅で好きなだけ観ることができるので嬉しいです。これは自分の中ではベストば動画配信サービスだと思っています。【40代・男性】

アニメ『イエスタデイをうたって』見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル視聴

FODプレミアム

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『イエスタデイをうたって』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
AbemaTVプレミアム ◎(見放題) AbemaTV詳細(準備中)
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD ◎(見放題) FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.06.04

<アニメ『イエスタデイをうたって』第8話>
scene08「恋人たちの予感」
テレビ朝日 2020年5月23日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第8話あらすじ

陸生への気持ちの変化を意識し始めていたが、一歩踏み込めないでいる榀子。
同僚の杜田に悩みを打ち明け、背中を押される。
榀子との関係が進展し始めたにも関わらず、何故か心から喜べない陸生は写真スタジオの仕事に没頭していた。
二人の関係を知らない晴は、多忙な陸生に何とか会いに行こうとする。
そして陸生は写真スタジオの正社員に昇格、コンビニを辞め晴や榀子に会う機会が少なくなっていた。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第8話

第8話 ネタバレはここをクリック
しなこの告白の後自宅に行くことになる。勢いに乗りしなこの自宅まで来た睦生、玄関の直前にストッパーがかかり、あれやこれやと言い訳をしその場を後にする。その後二人の自宅では、それぞれの友達のを自宅に招き、反省会が始まっていた。しなこの反省会は友達がしなこの推しが弱かった事を指摘する。しなこ自身ももっともだと感じる。一方睦サイドは大学時代の友人と宅飲みをしている。チャンスを逃した睦生にだからモテないんだよと辛辣な評価を示す。一期一会の機会、それを逃せば二度とチャンスは訪れないかもしれない。そんなことを示すように睦生は仕事に追われ晴含め会えなくなる。ある日子なこと久しぶりにあう。ここから新たな展開を迎える。
第8話 感想はここをクリック
40代女性
榀子と陸生、2人から共通して感じたのは、関係を留ませる為に、わざと色んな理由を探して、距離感を保ったまま、嫌われること無く、恋をしていたいと言う雰囲気だ。2人の行く末を「大人の恋愛」と思うからイライラしてしまったけれど「学生時代の恋」と思ってみれば、歯痒く感じないのかも知れない。
40代男性
今回は晴の真似をしたり、ベッドでの転がるなど、普段はキリっとしている感じのしな子の素が描かれていて、やはり可愛いと思いました。思わせぶりな感じなど、性格には少々難がありますが、可愛いので、男ウケは良さそうだと思いました。
30代男性
森ノ目が陸生を自宅に誘っていたものの玄関前で躊躇ってしまうのは、陸生を好意的には考えている反面、異性としては見ていない都合のイイ人と深層心理に思っていると感じられるのがイヤらしく、森ノ目の本質が露になったように思える。
40代男性
前回の最後で意味深な感じで、上手くいきそうな雰囲気の陸生としな子が、やはりという感じで進展しなかったのが残念でした。やはり、この二人は結ばれないのかなと思います。陸生は強引に行けば結ばれたのかは、疑問でした。
40代男性
魚住は森ノ目との仲がおかしな事になってきた。森ノ目は魚住に相談してるうちに自分の気持ちが魚住にある事を杜田に相談するが、亡くなった元彼が美化しすぎてるとまで言われた。確かに亡くなった人と比べるのは無理な事だと思う。魚住も二度とないチャンスを逃したように思った。

<アニメ『イエスタデイをうたって』第7話>
scene07「恋人たちの予感」
テレビ朝日 2020年5月16日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第7話あらすじ

晴との食事の場で陸生は写真スタジオでのバイトに挑戦することを打ち明ける。
陸生が前向きになって行くことを喜ぶ晴。
一方、将来が見えず不安を抱える浪は、焦りから榀子に辛く当たってしまう。
浪との距離感を図れずにいた榀子は陸生に相談するが、思いがけない陸生の言葉に励まされ改めて浪と向き合おうとするのだった。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第7話

第7話 ネタバレはここをクリック
陸生は居候していた元カノの件で怒らせてしまった晴の機嫌を取るために、お好み焼きを食べに行っていたのである。そして、陸生はスタジオでのアルバイトに行ったり、友達の結婚式のカメラマンを頼まれたりとカメラに関わることが増えていたのである。一方亡くなった浪の兄のことを忘れられなくて引きずっているしな子は、浪のことを子供扱いしてしまい怒らせてしまうのである。そして、しな子は陸生のところに相談に行き、浪はそんなに子供ではないから、きちんと見るようにと助言されるのである。その後、しな子は浪のところに行き、ご飯を作ってあげるが、昔のことを思い出し泣き出してしまうのである。そして、しな子は今と向き合うために陸生と話すのである。
第7話 感想はここをクリック
40代女性
好みにもよりますが、やはり女子力などの総合得点は晴よりしな子の方が勝っていると思うので、陸生はしな子に告白されたらしな子の方に行くのだろうと思いました。そうすると晴が可愛そうですが、思いは通じていませんが、春と浪がお似合いだと思いました。
40代男性
陸生と一緒にお好み焼きを食べる晴ちゃんは、本当に無邪気な感じで天真爛漫で可愛いと思ったので、しな子と陸生が結ばれたら相当ショックを受けるだろうと思いました。誰かが幸せになれば、誰かが苦しむのかなと思いました。
30代男性
カメラマンになるというのは難しいとは思いますが、陸生は良い仕事を見つけられたような気がします。そして、浪としな子の関係は微妙だと思いました。二人の年齢差はもう少し年を重ねれば、そんなに感じなくなると思うので、今は微妙な年頃だと思いました。
40代男性
しな子が陸生を家に誘ったので、ついに二人が結ばれるのかなという感じがする内容だったと思います。そうすると陸生のことが大好きな晴が可哀想な感じがします。しかし、しな子はずるいほど可愛すぎると改めて思いました。
40代男性
恋というのは難しいと改めて感じた内容だったと思います。しな子も昔のことを引きずって辛いのはわかるので、いつ振り切れるのかなと思いました。しかし、いつも結局は陸生に頼っているので、やはり好きなのかなと思いました。

<アニメ『イエスタデイをうたって』第6話>
scene06「ユズハラという女」
テレビ朝日 2020年5月09日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第6話あらすじ

突然バイト先に現れた高校時代の彼女、柚原チカを家に泊めることになった陸生。
バイト先のギャラリーの専務から写真スタジオの仕事を勧められ、自分は本当にカメラマンになりたいのかを考え始めていた。
一方、陸生の優しさに甘え、都合のいいように利用しているのではないかと思い悩む榀子。
同僚たちとの飲み会の帰り道にコンビニで偶然晴と出会い、陸生が風邪で寝込んでいることを知った二人は家まで見舞いに行くが、出てきたのは柚原だった…。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第6話

第6話 ネタバレはここをクリック
陸生は昔の彼女の柚原チカと再会し、チカから頼まれて家に泊めてあげることになるのである。そして、一日だけの約束だったが、居座ってしまうのである。そして、陸生はアルバイト先のギャラリーからカメラスタジオのアルバイトを紹介され、悩んで風邪を引いて熱を出してしまうのである。チカはご飯を作ったりと陸生を看病し、昔の話などを話すのである。そして、陸生が寝ている時に晴としな子がお見舞いに来るが、チカを見て驚いて帰ってしまうのである。そして、陸生が回復したあとに晴がコンビニに来るが、怒って陸生にビールケースを投げつけるのである。そして、陸生はしな子も誤解をしていると思って会いに行くが冷たい態度を取られてしまうのである。
第6話 感想はここをクリック
40代女性
いきなり睦生の元カノ登場です。陸生もてすぎですね。うらやましすぎます。風邪で陸生が寝込んでいるため、お見舞いに来た晴としな子ですが、自宅にいた元カノと三人が接触しました。二人の反応が面白すぎました。その後の二人の睦生に対する反応も面白かったです。
40代男性
相変わらず背景の作画のレベルが高く見入ってしまい、セリフが頭に入ってこなくて困ります。コンビニの商品棚やたばこの棚やホットドリンク、家の畳の目や本棚、建物の壁や道路のシミなど、あげればキリがないですがどれも素晴らしい出来ですね。また、柚原役の喜多村英梨さんは安定の演技力でしたが、家を出て行ってしまったので今回だけの登場かと思いますが、とても残念ですね。
30代男性
訪ねて来た榀子と話した後、柚原が陸生の部屋から出て行った。色々思う所もあったんだろうけど、彼女の手紙に「やっぱり私はピアノが好きみたい」と書いてあったのでホッとした。柚原にも心の支えとなる物が見つかったんだなと。それなら大丈夫かな。
40代男性
ある夜野中が学生時代のクラスメイトと帰っているときに、ばったり魚住と出会うのですが、その時の、野中のやきもちの焼き方が可愛らしかったです。魚住も、女性と歩いていたのでお互いに気まずかったのでしょうね。
40代男性
魚住と野中とバイト先の後輩とでお好み焼きを食べに行く場面があるのですが、そこで後輩がカメラのことで色々と勝手なことを言い出す姿に腹が立ちました。あんな喧嘩腰な態度ではなく和やかに食事を楽しんで欲しいものです。

<アニメ『イエスタデイをうたって』第5話>
scene05「ミナトという男」
テレビ朝日 2020年5月02日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第5話あらすじ

カメラが趣味だった陸生は福田から紹介されたギャラリーでのバイトを始め、大学生の湊航一と出会う。
高校時代の同級生だった晴が想いを寄せる陸生に対し冷たく当たる湊。
年下ながら経験に勝る湊の態度に苛つく陸生。
そんなある日、湊が晴をバイト先から家に送る途中に、大学時代の友人達との飲み会から帰る陸生と榀子に遭遇する。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第5話

第5話 ネタバレはここをクリック
睦生は写真を撮る趣味があった。大学時代の知り合いの誘いにより、写真展でバイトをすることになった。仕事をしていると、そこでミナトという大学生に出会う。自己紹介をしているとお馴染みの晴が睦生のバイトに押しかける。二人がイチャイチャしているのを、ミナトが眺めている。どうやら晴を知っている様子だった。帰りの時に飲み会をしているとミナトは睦生に対抗意識を間接的に表す。後日晴にアプローチ、ミナトは晴の高校時代の同級生だった。そして彼女のことが好きだった。晴は睦生が好きであった。しかしそんな睦生はしな子が好きであった。正に揺れ動く、恋愛の関係性、各々いい感じに逸れていた。しかしミナトはそれを知っていて晴に告白し自らの作品を完成させたのであった。
第5話 感想はここをクリック
40代女性
魚住は野中と一体どうなりたいのだろうか。森ノ目ともどうなりたいのだろうか。アルバイトでギャラリーに来た湊に色々と指摘されてしまい、印象が良くない魚住だったが、その後にお互い偶然にも湊は野中を送り、魚住は森ノ目を送る所を見られてしまって面倒な事になって気の毒に思う。
40代男性
晴の魅力が引きたっていました。ミナミが惚れた理由もわからなくもないです。それにしても睦生きるは晴を振ってしな子を撮るなんて贅沢だなあと思いました。とにかく今回の主役はミナミでした。最後の思い出を絵に残したのはジンときました。
30代男性
背景の作画のレベルがかなり高く、つい見入ってしまいました。フローリングの木目の細かさ、展示室の写真の描写、道路の白線のかすれ具合、道路の隅の落ち葉、街灯の光の描写など、他にも挙げればきりがないですがどれもお見事です。もうストーリーが頭に入ってこないほどです(笑)。山下公園のシーンは、現地調査をしっかりしているのが分かりました。すばらしいですね。
40代男性
今回登場して、これからかき回して行くのかと思っていた湊航一だけど、あっさり晴に思いを伝えて、海外に旅立つことを選んだ。高校から忘れられなかった思いを、もう会えないと思っていたのに偶然出会えた高鳴る気持ちを、ただ真っ直ぐにぶつけたのだろうけど、陸生をヤキモキさせる存在として、もう少し出続けて欲しかったな。
40代男性
過去の恋人との思い出がたくさん詰まっていた今回はこういうことがあったからあんな風になっているのかあとより理解が深まりました。また、モテモテの先生に恋している弟君は自分の若いところとつい重ねながらみました。こういう無理ってわかっている恋愛に対して無理をするのがわかさだなと思いました。

<アニメ『イエスタデイをうたって』第4話>
scene04「川は流れて 榀子帰郷」
テレビ朝日 2020年4月25日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第4話あらすじ

美術大学合格を目指し美術予備校に通う浪は、周囲との技術や知識の差に焦りを感じていた。
亡き兄へのコンプレックスから、いつまでも自分を子供扱いする榀子に浪は思いの丈を伝えるが、榀子の気持ちは動かない。
予備校の帰りに陸生が働くコンビニに立ち寄った浪は晴と陸生の関係を知り、自分の心の葛藤を晴に話すことで思いを新たにする。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第4話

第4話 ネタバレはここをクリック
美術大学の合格を目指すには、やはり美術予備校に通う必要があり、夢を叶えるために奮闘する初登場のキャラ浪の話し。美術というのは如実に天性の才能というものが、現れる分野。その中で浪は露骨な周囲との劣等感を味わっていた。知識や技術が劣っていると自覚していたからだ。焦りを抱く中、睦生に相談を持ちかけてみる。その中には榀子との関係性のことも含まれていた。亡くなってしまった兄に対するコンプレックスを抱えており、いつまでも自分を子供扱いする態度を改めてもらいたいようだった。そこでたまたま予備校の帰りに寄れる店で働いている、睦生が彼女と関係があるということを知り、自分の葛藤の悩みを聞いてもらおうとしたのである。
第4話 感想はここをクリック
40代女性
このアニメは最初は何かが起こりそうなワクワク感がありましたが、回を重ねるごとに普通な感じになってしまっていると思いました。陸生と晴も、しな子と浪も、もうこれ以上の進展はないような倦怠感があると思いました。
40代男性
やはり恋は難しいと思いました。片方は好きでも、もう片方は全然その気持ちになれないというのはしょうがないことだと思います。浪はしな子のことを諦めて次に進んだほうが幸せになれるような気がします。しかし、安全ピンピアスはやめたほうが良いと思いました。
30代男性
今回は少し暗かったような感じがしました。ストーリーがしな子と浪を中心に進んでいるような感じで、いつものハッチャケ感がなく、少し物足りない感じがしました。やはり晴ちゃんに大活躍してもらって楽しませて欲しいと思いました。
40代男性
ストーリー重視の作品と思いますが、背景が美しく丁寧に描かれているのがいいですね。コーヒーの出前を届けるシーンで、事務所の書類や文房具、張り紙がリアルに描かれていますし、某メーカーのプロテインも描かれているのがいいですね。コンビニのシーンでも、特に陳列されているドリンク、タバコ、ホットスナックの描写が素晴らしいです。夜道を歩いているシーンの街路樹が、細かく丁寧に描かれておりとてもいいですね。
40代男性
晴ちゃんは品子(漢字が出ないので)先生に前回で宣戦布告したわりには陸生に色仕掛けするわけでもなく微妙な距離を保ち続けているのをいつも不思議に思っていましたが、今回でその理由の一端が分かったような気がします。それは晴ちゃんの家庭環境が複雑な状況になっているのがその一因でしょう。晴ちゃんの親権は母親の川島陽子が持っているようですが、晴ちゃんは父親の野中性を名乗っています。久々に帰ってきた実家で陽子の彼氏を紹介されていたときも渋々認める感じであまり気乗りしない様子でしたし、そもそも陽子は離婚してからは他の男性との関係が長続きしていないようなのです。実家がこんな状態じゃ居心地が悪くて別居するのも仕方がないのかと。他人と深く関わりたがらない晴ちゃんがいまいち恋愛のアクセルを踏み込めないのも品子先生を諦めきれない陸生と晴ちゃんのゆるい関係が壊れるほうを恐れているんだろうね。
「イエスタデイをうたって」はアニメには珍しい「行間を読む」感覚を思い出させてくれるのでとても楽しく拝見しています。

<アニメ『イエスタデイをうたって』第3話>
scene03「愛とはなんぞや」
テレビ朝日 2020年4月18日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第3話あらすじ

陸生への想いの強さとは逆に心のどこかに逃げ場を作る晴。
晴のアプローチに戸惑う陸生に対し、自ら一線を引いてしまう。
映画のチケットをもらったことを口実に陸生を誘うが、いつまで待っても待ち合わせ場所に現れない陸生。
陸生の身に何かあったと心配する晴であったが、その時陸生は…。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第3話

第3話 ネタバレはここをクリック
カクシは風邪をひいて寝込んでいて、そこにしな子が食事を差し入れに来るのである。晴も心配していたが、お見舞いには行けずにいたのである。そして、陸生は回復し、コンビニにバイトにいき、晴から映画にさせ割るのである。後日、陸生はしな子に差し入れの食器を返そうと電話をしたところ、今度はしな子が風で寝込んでいたのである。陸生は心配してお見舞いに行き、色々と世話をして、眠ってしまうのである。そして、起きて時間を見ると晴との約束の時間を過ぎていたのである。陸生は晴のところに行き謝るが、しな子のところに言っていたとバカ正直に言ってしまい、春を怒らせるのである。後日陸生はバイト中の晴を見かけて、もう一度謝るのである。
第3話 感想はここをクリック
40代女性
リクオにグイグイ迫るように会話をしているハルなのに、リクオの電話番号を聞いていなかったとはビックリ、木ノ下からリクオの電話番号を聞きかけてみようとしたものの、又聞きしたためにかけるのを止める心意気は素晴らしく、ハルのしっかりとした考え方がある所が気にいった。
40代男性
陸生が映画をすっぽかした時に怒った晴ちゃんが、本気に怒っていたのが可愛らしいと思いました。いつもはポーカーフェイスという感じが強いので意外でした。しかし、陸生はバカ正直だんと思いました。晴ちゃんの気持ちが本当にわからないのだなと思いました。
40代男性
病気の陸生の為に食事を持ってくるなど、相変わらずしな子は思わせぶりだなと思いました。本人に本当にその気がないのだとしたら、本当に小悪魔だと思いました。あんなことをされたら、好きになるに決まっていると思いました。
30代男性
デートのすっぽかしをくらったことで、さすがの晴も涙するシーンにはむね打たれるものがありました。優しい魚住が嘘をつけずに本当のことを言ったことで、晴が傷つくという構図は深い人間ドラマになっていて見ごたえがありました。
30代女性
時生が晴との映画デートに行くと返事をしたからワクワクしていたのに、まさかの目覚ましのかけ忘れで寝坊だなんて最低だなと思いました。晴がワクワクしてたのに、約束の時間になってもずっと待ち続けてシュンとなっている姿が切なかったです。

<アニメ『イエスタデイをうたって』第2話>
scene02「袋小路」
テレビ朝日 2020年4月11日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第2話あらすじ

桜の季節、赴任した高校の卒業式を控え髪を短く切った榀子。
幼馴染みの高校生 早川浪が転校してくることになり、金沢での過去の記憶が蘇る。
夜の公園で偶然榀子を見かけた陸生は、気まずいながらも声をかける。
陸生の告白を断った榀子であったが、陸生に以前と変わらずに友達でいてほしいと言う。
陸生に対して煮え切らない態度の榀子が気に入らない野中晴は榀子に会いに行く。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第2話

第2話 ネタバレはここをクリック
榀子は学校で、明日転校してく予定の男子生徒・浪に会う。彼は榀子を呼び捨てにする。榀子は飲み会の帰り、陸生に出くわす。そこに晴も来る。晴が去った後、陸生と榀子の様子を見る浪の姿が。後日、浪が陸生の働くコンビニに現れる。その頃、晴は榀子に会い陸生のことで勝負を持ち掛けていた。そんな晴に榀子は「好きな人がいる、でももういない」と話し始める。陸生も浪から榀子の過去について聞かされていた。陸生は榀子の幼馴染。榀子の好きな人とは浪の兄で、6年前に亡くなったという。榀子が家に帰ると、陸生が待っていた。榀子は陸生に、友達でいるのをやめようと話す。陸生もそれに同意するが、榀子への自分の思いを表す。榀子はホッとしている自分に、複雑な気持ちになる。
第2話 感想はここをクリック
40代女性
まずは、しな子が髪を短く切ったのが、気になりました。晴の意識しているのかなと思いました。そして、しな子の初恋の相手が亡くなっているというのは、可哀想だとは思います。しかし、立ち直っても良いのかなと思います。
40代男性
睦生とハレと榀子の三角関係を中心に物語が展開してきそうです。榀子は過去の思い人のことを忘れておらず、好きな人は過去にいるというもどうやら睦生にも思いがありそうです。これからの三人の関係がどうなるか期待です。
20代女性
前回はまさかの失恋スタートでしたが、降った彼女の方がショートカットになっているなんて思っても見ませんでした。日常系?な感じの展開でとても好きな作品。みんな幸せになればいいけどなあなんて思いながらみました。
30代女性
早川浪が陸生のライバルとして登場するのかとドキドキしたけど、そんな単純な話じゃなくて衝撃でした。榀子が好きな人がいるというのは薄々勘付いていたけど、まさか亡くなっていたなんてショックすぎます。だから陸生のこともふったのかと、悲しかったです。

<アニメ『イエスタデイをうたって』第1話>
scene01「社会のはみ出し者は自己変革を目指す」
テレビ朝日 2020年4月4日(土曜深夜24時30分〜)

<公式>第1話あらすじ

大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている魚住陸生。
特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きる陸生の前に、ある日カラスを連れたミステリアスな少女ハルが現れる。
ハルの破天荒な振る舞いに戸惑う陸生。
更に、かつて憧れていた大学の同期生森ノ目シナ子が東京に戻ってきたことを知らされる。

【出典:アニメ『イエスタデイをうたって』第1話

第1話 ネタバレはここをクリック
大学を卒業後、就職をしないでコンビニでアルバイトをしている魚住陸生は冴えない日々を送っていたのである。そして、廃棄の弁当をカラスに上げているところに、野中晴という女の子が現れて、自分にも弁当をくれるように言うのである。陸生は、本当は禁止されているので渋々弁当を上げるのである。その後、晴はコンビニに現れるようになるのである。その頃陸生の同窓会が行なわれることになるが、陸生は行かなかったが、なんとコンビニに同級生の森ノ目しな子が、差し入れを持ってくるのである。しな子は陸生がずっと好意を寄せていた女性だったのだ。その後、二人はファミレスで色々な話をするのである。数日後、陸生は思い切って告白するが、振られてしまうのである。
第1話 感想はここをクリック
40代女性
主人公の魚住は大学を卒業後もコンビニでアルバイトをしていた。
自分的にはもったいないと思うのだが、魚住にそれなりの考えがあるようだった。
そんな魚住の前にカラスにあげていた廃棄の弁当を野中という女の子も欲しいと言ってくる。
野中も訳アリの女の子のようで、今後はどうするのか、どうなっていくのか楽しみです。
40代男性
魚住はコンビニでアルバイトをする生活を送っていた。
しかし、魚住は大学を卒業しているのにコンビニでアルバイト。
何か理由があるのだろうと思った。
そんな時に2人の女性と再会する。
ただし、野中は以前に魚住と会っているという発言があったので、再会でいいと思う。
また、森ノ目は大学の同期である。
なぜこのタイミングで2人が魚住と再会するのか、今後も目が離せないと思う。
30代男性
アニメは全部読んだことがなかったですが、アニメ第一話を見てすごい引き込まれました。
各キャラクターもすごい自分好みですし、主人公と2人の女の子の今後もすごい気になりますね。
絵の描写も2000年代が舞台になっているとのことでどこか懐かしさも感じられますし、ハルのミステリアスなところも可愛く続きが気になりました。
名作の予感ですね。
30代男性
昨今たくさんファンタジーの作品がありますが、その中で現実世界で等身大な青年の青春を描くという点が一周回って珍しいと思いました。就活をせずにあえてフリーターを選び、それでも同窓会を前にしたらその立場をきにして参加できないという心情がリアルで共感できました。人間ドラマをメインにみせる方針も好きで、大変興味がわく一作となっていると思います。
40代男性
冴えないアルバイトが年下の不思議な美少女に告白されるなど、これからが楽しそうな展開が起きて面白かったと思います。そして、綺麗な幼馴染の登場など色々とありそうな感じがします。少し大人な感じの期待できる作品だと思います。

アニメ『イエスタデイをうたって』について

公式HP
Introduction

冬目景が18年に渡り描いた不朽の青春群像劇が待望のアニメ化。

新宿にほど近い私鉄沿線の小さな街で、
悩み、迷いながらも懸命に生きる4人の男女の姿を描いた、
人生と愛のストーリー。
ほんの少しの誤解がすれ違いを生み、それぞれの想いが錯綜する。

49%うしろ向き、
51%まえ向きに生きる、
日常のものがたり。

『イエスタデイをうたって』とは
1998年よりビジネスジャンプ〜グランドジャンプで連載、
2015年に完結した、冬目景 先生の漫画作品。
コミックスはシリーズ累計140万部を突破、現在もたくさんのファンに愛されている。

【出典:『イエスタデイをうたって』公式HP

■Cast

魚住陸生:小林親弘
野中晴:宮本侑芽
森ノ目榀子:花澤香菜
早川浪:花江夏樹
木ノ下:鈴木達央
狭山杏子:坂本真綾
柚原チカ:喜多村英梨
湊:小野友樹
杜田:名塚佳織
滝下克美:堀江瞬
福田タカノリ:寺島拓篤
福田梢:洲崎綾
カンスケ:前川涼子

ドラマ『イエスタデイをうたって』への期待

40代男性
この作品はどちらかと言うと暗い雰囲気の物語のように感じます。若者と呼ばれるのが終わりかけている主人公・リクオ。そんな彼の前に現れた独特の雰囲気を持つ少女ハル。序盤はこの2人を中心に物語は進んでいくようです。後ろ向きな事もあるけれど時には前向きに生きていこう。そんな流れでストーリーが動いていくようです。東京に戻ってきたリクオの大学の同級生だった榀子。リクオの片思いの相手ですが、彼女も生きることに必死なようで様々な思いを抱いているようです。日常ものと言うには独特でラブストーリーにとは言えない物語。なんとなくでも生きていることの大切さを感じられるような作品になることでしょう。
30代男性
青春群像劇として登場キャラがそれぞれ迷い、悩みながら生きていくという、現代社会をある意味リアルに表現しているようなところが特徴の作品だと思います。このアニメは作画が結構特徴的であり、情緒や温かみを感じさせるような雰囲気となっていて、それはキャラデザインなどにおいても同様だなと感じました。ネガティブな面とポジティブな面が両方描かれるストーリーも特徴と言え、最終的にどういう結末を迎えるのか?という部分が全く想像できないため、最後の最後まで楽しんで見ることができそうだなと思っていますし、そこが魅力だと思うのです。
コメントをもっと読む
30代女性
原作がジャンプ系列で連載されていたということもあり、大変期待している作品です。また、累計発行部数が140万部突破していて単行本も全11巻と完結していることから、ストーリー展開もしっかり決まっていて途中で打ち切りになるようなことがないと思うので物語がどのように進んでいくのか楽しみです。人生と愛のストーリーとあったので自分の生き方にもリンクしたり、共感できるものがあったら更に考えさせられ、自分にとっていい作品になるのではないかと思っています。恋愛漫画が好きなので、どのように物語が始まるのかも期待してます。また声優さんも花澤香菜さん、花江夏樹さんと知っている方も多かったのでとても楽しみにしています。
40代男性
カラスを連れた少女といえば『AIR』だし、現実離れしたエキセントリックな萌えヒロインと現実的な生々しさを持つ女性との間で揺れ動く男性の話といえば『true tears』だなあなどと、古き良きギャルゲーっぽさが感じられて懐かしい。原作が作中でまだカセットテープが出てくるような20年ぐらい前の漫画だが、それを下手に今風に改変せず、アナログっぽさを感じさせるような作りになっているのが、薄暗かった当時の空気をうまく思い出させることに成功していて、そこが何よりもポイントが高い。いまどき珍しい丁寧な恋愛アニメとして期待したい。
50代女性
このアニメは愛とは何かというテーマが基本になっているような気がしました。20代では特に考えるテーマだと思いますし、このアニメのキャストも、このことで悩み、いろいろなことを考え、経験していくのだと思いました。愛がテーマということで、普遍的なストーリーのような気がします。主人公のリクオはフリーターのようですが、カラスの少女に出会うことで、何かを見つけていくのかもしれません。霧に包まれているような、なんとなくノスタルジックな描写がこのアニメの雰囲気を上手く醸し出しているような気がしました。どんな展開になっていくのか楽しみにしたいと思います。
30代女性
大学卒業後、なんとなくコンビニのアルバイトをしている主人公、陸生。
ある日、カラスを連れた不思議な一途な少女ハルが現れ、すぐに懐かれる。
そんな時、大学の同級生の榀子が現れる。偶然にもハルのいた学校の先生だったり。
10代、20代の若者たちの日常と不安やモヤモヤ、そして恋愛のもどかしさ。
キャラクター達の背景が色んな人の想いが重なり、心地よく共感できるようなアニメ。
主人公がどう変わっていくかも楽しみですが、不思議キャラで素直なハルを演じる宮本侑芽さんが表現するかわいくもストレートなハルの姿を見ると、これからのアニメでのハルを応援したくなります。
20代女性
「愛とはなんぞや?」というテーマに対し、少し暗い世界観に惹かれました。原作を読んだことがなく、暗い日常系のストーリーを想像しているのですが、アニメ公式サイトに書かれている「51%まえ向きに生きる」様子が気になります。キャラクターで私が特に注目しているのは、この作品の主人公・リクオです。大学卒業後に定職に就かず、アルバイトを続けている理由が気になります。特に目標がないというところに繋がっているのかもしれませんが、自分と似ている部分があるなと思いました。私も、学生時代は特になりたい職業もなく、絶対に入社したいと思う会社もないまま就活を迎え、今は、なんとなくご縁があった会社にお世話になっています。もしリクオが将来に対して何か希望を見いだせたなら、私にも明るい未来が想像できる日がくるのかなと思いました。現時点でこの作品のストーリーは全く分かりませんが、最後は明るいエンディングを期待しています。
20代女性
主要な登場人物が男女4人の恋愛物語で、49%後ろ向き、51%前向きに生きるというフレーズがまさに現実の人間らしい恋愛の仕方、人生の生き方を表しているなと思った。落ち着いた印象を受けるが、ミステリアスな雰囲気を醸し出している作品でストーリー構成が非常に気になる作品である。愛とはなにかという永遠の問題をどのような意味で捉えているのか、どのように表現していくのかというところに期待している。視聴者側にとっても共感できるような、ありふれた小さな日常や、繊細な人の心の動き、表情、雰囲気があったらいいなと思う。
30代男性
今季に「イエスタデイをうたって」がアニメ化されると知り、とても驚いています。この作品は90年代から2015年至るまで実に15年以上もの長きに渡って連載され続けていた冬目景さんの代表作でで、に熱心な漫画愛好家たちから非常に高い評価を受けていました。、私の周りでもオタクと自称する人達の書棚には必ずこの作品があった記憶があります。 実は私自身はこの作品をきちんと初めから最後まで読んだことはなかったのですが、その分今回のアニメ化は道の状態から作品を堪能できるのでとても楽しみです。冬目さんの独特の空気感を持つ絵柄が、現代のアニメーション技術でどのように再現されるのかも非常に期待ができます。これほどまでに評価を受け続けてきた作品ならば、まずつまらないということはないでしょうから、ぜひともこれらも視聴していきたいと思っています。
40代男性
アニメなのに思ったより実写に近いレイアウトや声の芝居が新鮮に感じました。特に野中晴ちゃんの明るく振る舞っているけれどどこか孤独で影のある声のトーンがいいですね。この役を演じている宮本侑芽さんは前クール放送されたID:INVADEDの飛鳥井木記役で知ったのですが、自身の特殊能力に苦しむ影のある演技が印象に残っています。どことなくアニメの芝居っぽくない演技だなと思って経歴を調べてみたら吹き替えの方を中心に演じられているそうで、キャラクターの距離感を大事にするこのアニメに合っていますね。初回の印象ではとても丁寧に作られていて1クール12話完結だそうですが話をうまくまとめられそうだなと思いました。
30代女性
原作がビジネスジャンプで不定期連載されていて単行本が全11巻、累計発行部数が140万部を突破しているとあり大変期待している。完結から4年が経ちアニメ化されるとあって途中で打ち切りになったり、ストーリーの方向性の転換も心配なさそうなのでどのような感じの物語なのか期待している。人生と愛のストーリーとあるので作品を見て自分の人生にも少しリンクするところや共感できるものがあったらさらに楽しめるだろうなと思っている。人気声優の花江夏樹さんや花澤香菜さんも起用されていることから声優が好きな若い層の方にも親しみやすく楽しんでもらえることだろうと思います。
30代男性
どんな成り行きにしてもラジオパーソナリティが主人公というアニメは珍しいのでとても楽しみです。自分に起きた様々な出来事をラジオの電波に乗せて話していくという展開なのでしょうが、斬新ですごく楽しみですね。やっぱり口が達者でないとラジオパーソナリティは務まらないと思うので主人公には絶対にあっていると思います。それからスープカレーの店で働いていたという経歴もちょっと面白いのでラジオのネタにもなりそうな感じをプンプン感じます。物語の展開としてなんか宇宙人に遭遇したという話があるみたいなのでその話が早く聴きたいですね。
20代男性
私が集めている漫画の中で一番好きな作品です。進展しそうで進展しない、でも少しずつ変化するストーリーの雰囲気が大好きです。ジャンルとしては恋愛漫画になるでしょうが、恋愛だけでない微妙で繊細な人間ドラマが魅力の作品ですので、その部分をうまく表現してくれることを期待します。
登場キャラクターの中では、野中ハルが一番気に入っています。一見、天真爛漫な少女と言ったイメージを抱きますが、繊細で傷つきやすい側面もあり、明るいのにどこか影のある人物像のキャラクターです。ペットのカラス、カンスケも愛らしい動きをするキャラクターなので、ハルとの掛け合いが楽しみです。
30代男性
コムビニで働いている魚住の日常の一コマを切り取るみたいな感じの話ですかね。それだと何も事件みたいなものは起きずにほのぼのアニメとしてジャンルしてしまいそうなんですが、そこに野中という少女が入ることですごく謎めいた話に見えてきます。この二人がどのような関係に発展してどんな結末に向かうのかすごく楽しみです。やっぱり話が進んでいくにつれて親密になっていくのでしょうか。正直、安易に恋仲にしないで欲しいです。もっと深いところで繋がっているみたいな展開だったらかなり面白いアニメになると思います。とても楽しみです。
30代男性
コンビニで働く魚住という青年が野中という少女と出会って何か物話が進展していくみたいな予告でした。はっきり言って予告を見た限りではあまり内容はわかりませんでした。ですがなんとなくアニメ全体の雰囲気がいいなと感じました。すごく静かというか喧騒が全く聞こえてこない感じが、すごく面白そうです。この野中という少女がどのような感じで無気力な主人公の魚住を元気付けていくのかすごく気になります。なんとなくこの野中という少女が何か秘密を隠していてその謎が明らかになって話が進んでいくみたいな展開だったらかなり面白そうです。
50代女性
かなりオーソドックスな青春ラブストーリーのような感じがしました。このような作品はおそらく時代が変わっても、共通して人々を共感させるものがあると思います。アニメのタイトルの「イエスタディ」はビートルズの名曲のそれだと思います。なぜこのタイトルになったのかは、このアニメのストーリーを観ていくことで見えてくるのかもしれません。主人公のリクオは冴えないフリーターのようですが、彼の前に現れたカラスと一緒にいるハルの出現によって、彼の人生は動いていくようです。どことなく、ノスタルジックな雰囲気を醸し出している画にも注目していきたいです。 
20代男性
公式サイトで今回監督を務めた藤原佳幸さんのコメントが載っていて、化学変化のような掛け合いをしつつ、話している方にも話しながら心境の変化がある、と言った微妙な緊張感という表現をしておりました。アニメという動きがある中でこの辺りがどう表現されるのかが個人的には1番の楽しみです。漫画の時とは違ったスピード感が出て、全く同じものではなく、また違った視点から見れそうで、今の時点からワクワクが止まらないです。この作品はどの人物も1癖あって、映像に声がついた時にどのように表現されるのかも1つの注目ポイントだと思いますし、声優さんの腕の見せどころになるのかなと感じます。あと2週間待ち遠しいです。
20代女性
原作は読んでいないけど人気漫画だったので、気になっていた作品でした。内容は全く分からない状態なので、今からアニメの放送が楽しみ。早く見てみたいです。ヒューマンドラマストーリーだけではない予感もしますし、はたしてカラスはどこまでキーワードになってくるものなのか。謎です。声優の花澤香菜さんがしなこ役ということで、いっそう楽しみになりました。すこし暗い雰囲気というか、孤独感のあるこのアニメの世界観に声優さんたちがすごくぴったりだなと思いました。原作のタッチを表現しようとしているのもなんだか感じられます。
30代女性
イエスタデイをうたってというアニメに期待しているのは正統派な青春群像劇である点です。
青春群像劇を真面目にやるアニメが最近少なくなっていただけに正統派な青春群像劇をやってくれるのはすごく楽しみです。今の若い人たちのどういう気持ちの揺らぎを描いてくれるか等かなり期待しています。この手の作品は時代に合った登場人物にしないと受け入れられないのでそこもどのように描いてくれるかがすごく楽しみです。私は結構真面目な内容にアニメが好きなのでその意味でもかなり期待しています。きっと面白い作品になると思っています。
40代男性
原作は未読ですが、まずアニメのホームページのお洒落さ、美しさに目を奪われました。新海監督作品のような、少し影のある等身大の主人公と、彼のもとにあらわれる不思議な少女、という設定が、大人にも受け入れられるストーリーだと思いました。特に「49%後ろ向きで、51%前向き」という言葉が、恋愛も仕事も模索しつつ、なんとなくふわふわとした現代の20代の若者の心情やスタンスをよく表していると思いました。「とらドラ!」や「君に届け」にかかわっている藤原監督が監督、脚本・構成を担当されているとのことで、原作の雰囲気をそのままにアニメーションの良さを表現してくれるのだと期待しています。
40代男性
このアニメに期待しているのは、しっかりしたドラマです。深夜アニメでは、ギャグやお色気、猟奇的なシーンなどが目立つ作品も多いですが、このアニメの原作漫画には、そういった極端な要素がありません。そうなると少し地味に感じる人もいそうですが、この作品の魅力は、派手な要素を楽しむことではないように感じます。それよりも、じっくりと描かれる丁寧なドラマを追うことが重要になりそうです。そうした作品は個人的に好みなので、今からとても楽しみです。キャラクターデザインにも良い意味で大人しさを感じるため、静かな空気感が漂うアニメになることを期待します。
40代男性
原作はかなり不定期にビジネスジャンプなどに掲載されていた作品でしたが、とうとうアニメ化で視聴確定している。まったく育った環境の違う男女4人の人間模様を描いている作品で、すれ違いや考えの違いなどがあり、それぞれが思うようにならない4人の生活をそれぞれの視点で見ていく事が出来る。また恋愛関係も入ってくるのだが、これもなんだか思うようにならなかったりと、この4人はこの先一体どうなっていくのか、ハラハラさせられる事もあるのではないかと思う。しかし登場人物が主だって飛び出た能力があるわけでもなく、なんとなく自分に置き換えて見れるように思う。
30代女性
主人公のリクオは大学を卒業しても、フリーターとしてコンビニでバイトをしています。彼にはやりたいことがないのか、それとも単に定職に就きたくないだけなのか分かりません。そんな彼の前にカラスを連れたハルという不思議な症状が現れました。リクオはハルとの出会いをきっかけに何かが変わっていくような気がします。さらにリクオの大学の同級生のシナコが戻って来て、リクオの周りは何かといろいろとありそうな予感がします。リクオとシナコは元恋人同士だったのかと思いました。ハルはリクオのことが好きなようで、ここで三角関係になってしまうのかもしれません。青春アニメといった感じで良いと思いました。

SNSの反応【#イエスタデイをうたって】

懐かしい雰囲気の中でそれぞれの想いが交差していて、とても切ない物語ですね。夢を追いかけたり人を好きになったり、キラキラしていない青春の甘酸っぱさが、苦しくもあたたかい作品です。

もっと見る

https://twitter.com/kizunatobu2020/status/1260099520190283778

アニメ『イエスタデイをうたって』の見どころ

10代後半〜20代前半の若者4人の”四角関係”のじれったさが一番の見どころ。思ったことをストレートに言葉や行動にできないというモヤモヤした感情がなんともリアルです。そのもどかしさや曖昧さといった人間のどっちつかずな部分を、繊細にそして丁寧に描いている作品です。
ストーリーは決して衝撃的なものではなく、現実にも起こりそうな出来事が静かに積み重なります。実写ドラマのようなリアリティのある映像と、それに合わせたキャストの抑えめの演技が、現実に本当に彼らがいるかもしれないと思わせてくれます。
そして懐かしさを感じる時代背景。ブラウン管テレビやVHSビデオデッキなど、今では見なくなったものたちが描かれ、ノスタルジックな気持ちにさせられます。
懐かしくて繊細で、暖かくも切ない青春群像劇です。