アニメ「イエスタデイをうたって」を見逃し動画無料フル視聴!

イエスタデイをうたって

アニメ『イエスタデイをうたって』動画

『イエスタデイをうたって』動画視聴

テレビ朝日アニメ『イエスタデイをうたって』は「AbemaTV」で独占先行配信予定。

AbemaTVプレミアムには31日間の無料お試し体験期間があります!
無料期間中でも有料会員と同じサービスが無料で試せることができます♪


  1. 初回登録に限り、AbemaTVプレミアムは1ヶ月無料期間あり!
  2. Abemaオリジナルドラマやアニメやバラエティ、ニュースなどが見放題に!
  3. 放送中のアニメやドラマを最初に戻し視聴することが可能!
近日更新予定です。【30代男性】

アニメ『イエスタデイをうたって』見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル視聴

→AbemaTVで独占先行配信決定!
2020年4月4日(土)毎週土曜日深夜1時30分~
<地上波同時・独占先行配信>
※配信限定エピソード(全6話)も本編終了後に独占先行配信

AbemaTV

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『イエスタデイをうたって』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
AbemaTVプレミアム ◎(見放題) AbemaTV詳細(準備中)
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.04.02

<アニメ『イエスタデイをうたって』第1話>
テレビ朝日 2020年4月4日(土曜深夜24時30分〜)

AbemaTVの先行独占配信は決定していますが、他にも無料配信サービスのTVerやテレ朝キャッチアアップ、GYAO!で配信の可能性があります。

第1話 ネタバレはここをクリック
近日更新予定です。
第1話 感想はここをクリック

放送終了後に更新します。

アニメ『イエスタデイをうたって』について

公式HP
Introduction

冬目景が18年に渡り描いた不朽の青春群像劇が待望のアニメ化。

新宿にほど近い私鉄沿線の小さな街で、
悩み、迷いながらも懸命に生きる4人の男女の姿を描いた、
人生と愛のストーリー。
ほんの少しの誤解がすれ違いを生み、それぞれの想いが錯綜する。

49%うしろ向き、
51%まえ向きに生きる、
日常のものがたり。

『イエスタデイをうたって』とは
1998年よりビジネスジャンプ〜グランドジャンプで連載、
2015年に完結した、冬目景 先生の漫画作品。
コミックスはシリーズ累計140万部を突破、現在もたくさんのファンに愛されている。

【出典:『イエスタデイをうたって』公式HP

■Cast

魚住陸生:小林親弘
野中晴:宮本侑芽
森ノ目榀子:花澤香菜
早川浪:花江夏樹
木ノ下:鈴木達央
狭山杏子:坂本真綾
柚原チカ:喜多村英梨
湊:小野友樹
杜田:名塚佳織
滝下克美:堀江瞬
福田タカノリ:寺島拓篤
福田梢:洲崎綾
カンスケ:前川涼子

ドラマ『イエスタデイをうたって』への期待

40代男性
この作品はどちらかと言うと暗い雰囲気の物語のように感じます。若者と呼ばれるのが終わりかけている主人公・リクオ。そんな彼の前に現れた独特の雰囲気を持つ少女ハル。序盤はこの2人を中心に物語は進んでいくようです。後ろ向きな事もあるけれど時には前向きに生きていこう。そんな流れでストーリーが動いていくようです。東京に戻ってきたリクオの大学の同級生だった榀子。リクオの片思いの相手ですが、彼女も生きることに必死なようで様々な思いを抱いているようです。日常ものと言うには独特でラブストーリーにとは言えない物語。なんとなくでも生きていることの大切さを感じられるような作品になることでしょう。
30代男性
青春群像劇として登場キャラがそれぞれ迷い、悩みながら生きていくという、現代社会をある意味リアルに表現しているようなところが特徴の作品だと思います。このアニメは作画が結構特徴的であり、情緒や温かみを感じさせるような雰囲気となっていて、それはキャラデザインなどにおいても同様だなと感じました。ネガティブな面とポジティブな面が両方描かれるストーリーも特徴と言え、最終的にどういう結末を迎えるのか?という部分が全く想像できないため、最後の最後まで楽しんで見ることができそうだなと思っていますし、そこが魅力だと思うのです。
コメントをもっと読む
20代男性
私が集めている漫画の中で一番好きな作品です。進展しそうで進展しない、でも少しずつ変化するストーリーの雰囲気が大好きです。ジャンルとしては恋愛漫画になるでしょうが、恋愛だけでない微妙で繊細な人間ドラマが魅力の作品ですので、その部分をうまく表現してくれることを期待します。
登場キャラクターの中では、野中ハルが一番気に入っています。一見、天真爛漫な少女と言ったイメージを抱きますが、繊細で傷つきやすい側面もあり、明るいのにどこか影のある人物像のキャラクターです。ペットのカラス、カンスケも愛らしい動きをするキャラクターなので、ハルとの掛け合いが楽しみです。
30代男性
コムビニで働いている魚住の日常の一コマを切り取るみたいな感じの話ですかね。それだと何も事件みたいなものは起きずにほのぼのアニメとしてジャンルしてしまいそうなんですが、そこに野中という少女が入ることですごく謎めいた話に見えてきます。この二人がどのような関係に発展してどんな結末に向かうのかすごく楽しみです。やっぱり話が進んでいくにつれて親密になっていくのでしょうか。正直、安易に恋仲にしないで欲しいです。もっと深いところで繋がっているみたいな展開だったらかなり面白いアニメになると思います。とても楽しみです。
30代男性
コンビニで働く魚住という青年が野中という少女と出会って何か物話が進展していくみたいな予告でした。はっきり言って予告を見た限りではあまり内容はわかりませんでした。ですがなんとなくアニメ全体の雰囲気がいいなと感じました。すごく静かというか喧騒が全く聞こえてこない感じが、すごく面白そうです。この野中という少女がどのような感じで無気力な主人公の魚住を元気付けていくのかすごく気になります。なんとなくこの野中という少女が何か秘密を隠していてその謎が明らかになって話が進んでいくみたいな展開だったらかなり面白そうです。
50代女性
かなりオーソドックスな青春ラブストーリーのような感じがしました。このような作品はおそらく時代が変わっても、共通して人々を共感させるものがあると思います。アニメのタイトルの「イエスタディ」はビートルズの名曲のそれだと思います。なぜこのタイトルになったのかは、このアニメのストーリーを観ていくことで見えてくるのかもしれません。主人公のリクオは冴えないフリーターのようですが、彼の前に現れたカラスと一緒にいるハルの出現によって、彼の人生は動いていくようです。どことなく、ノスタルジックな雰囲気を醸し出している画にも注目していきたいです。 
20代男性
公式サイトで今回監督を務めた藤原佳幸さんのコメントが載っていて、化学変化のような掛け合いをしつつ、話している方にも話しながら心境の変化がある、と言った微妙な緊張感という表現をしておりました。アニメという動きがある中でこの辺りがどう表現されるのかが個人的には1番の楽しみです。漫画の時とは違ったスピード感が出て、全く同じものではなく、また違った視点から見れそうで、今の時点からワクワクが止まらないです。この作品はどの人物も1癖あって、映像に声がついた時にどのように表現されるのかも1つの注目ポイントだと思いますし、声優さんの腕の見せどころになるのかなと感じます。あと2週間待ち遠しいです。
20代女性
原作は読んでいないけど人気漫画だったので、気になっていた作品でした。内容は全く分からない状態なので、今からアニメの放送が楽しみ。早く見てみたいです。ヒューマンドラマストーリーだけではない予感もしますし、はたしてカラスはどこまでキーワードになってくるものなのか。謎です。声優の花澤香菜さんがしなこ役ということで、いっそう楽しみになりました。すこし暗い雰囲気というか、孤独感のあるこのアニメの世界観に声優さんたちがすごくぴったりだなと思いました。原作のタッチを表現しようとしているのもなんだか感じられます。
30代女性
イエスタデイをうたってというアニメに期待しているのは正統派な青春群像劇である点です。
青春群像劇を真面目にやるアニメが最近少なくなっていただけに正統派な青春群像劇をやってくれるのはすごく楽しみです。今の若い人たちのどういう気持ちの揺らぎを描いてくれるか等かなり期待しています。この手の作品は時代に合った登場人物にしないと受け入れられないのでそこもどのように描いてくれるかがすごく楽しみです。私は結構真面目な内容にアニメが好きなのでその意味でもかなり期待しています。きっと面白い作品になると思っています。
40代男性
原作は未読ですが、まずアニメのホームページのお洒落さ、美しさに目を奪われました。新海監督作品のような、少し影のある等身大の主人公と、彼のもとにあらわれる不思議な少女、という設定が、大人にも受け入れられるストーリーだと思いました。特に「49%後ろ向きで、51%前向き」という言葉が、恋愛も仕事も模索しつつ、なんとなくふわふわとした現代の20代の若者の心情やスタンスをよく表していると思いました。「とらドラ!」や「君に届け」にかかわっている藤原監督が監督、脚本・構成を担当されているとのことで、原作の雰囲気をそのままにアニメーションの良さを表現してくれるのだと期待しています。
40代男性
このアニメに期待しているのは、しっかりしたドラマです。深夜アニメでは、ギャグやお色気、猟奇的なシーンなどが目立つ作品も多いですが、このアニメの原作漫画には、そういった極端な要素がありません。そうなると少し地味に感じる人もいそうですが、この作品の魅力は、派手な要素を楽しむことではないように感じます。それよりも、じっくりと描かれる丁寧なドラマを追うことが重要になりそうです。そうした作品は個人的に好みなので、今からとても楽しみです。キャラクターデザインにも良い意味で大人しさを感じるため、静かな空気感が漂うアニメになることを期待します。
40代男性
原作はかなり不定期にビジネスジャンプなどに掲載されていた作品でしたが、とうとうアニメ化で視聴確定している。まったく育った環境の違う男女4人の人間模様を描いている作品で、すれ違いや考えの違いなどがあり、それぞれが思うようにならない4人の生活をそれぞれの視点で見ていく事が出来る。また恋愛関係も入ってくるのだが、これもなんだか思うようにならなかったりと、この4人はこの先一体どうなっていくのか、ハラハラさせられる事もあるのではないかと思う。しかし登場人物が主だって飛び出た能力があるわけでもなく、なんとなく自分に置き換えて見れるように思う。
30代女性
主人公のリクオは大学を卒業しても、フリーターとしてコンビニでバイトをしています。彼にはやりたいことがないのか、それとも単に定職に就きたくないだけなのか分かりません。そんな彼の前にカラスを連れたハルという不思議な症状が現れました。リクオはハルとの出会いをきっかけに何かが変わっていくような気がします。さらにリクオの大学の同級生のシナコが戻って来て、リクオの周りは何かといろいろとありそうな予感がします。リクオとシナコは元恋人同士だったのかと思いました。ハルはリクオのことが好きなようで、ここで三角関係になってしまうのかもしれません。青春アニメといった感じで良いと思いました。