ドラマ25 「捨ててよ、安達さん。」を見逃し動画無料フル視聴!

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』動画

『捨ててよ、安達さん。』動画視聴

テレ東ドラマ『捨ててよ、安達さん。』はParavi(パラビ)で配信されると思われます。

「Paravi」はお試し期間があるので、完全無料での視聴も可能です!
無料お試し期間は30日間。もちろん解約違約金なども発生しないので安心です。
登録も簡単!


  1. テレ東のドラマだけじゃない!Paraviではテレ東のドラマやバラエティだけではなく、TBSやWOWOWなどの作品、さらには映画も多数配信。
  2. 豊富な特典も盛りだくさん!無料期間が終了してもParaviチケットをプレゼントされるので、課金が必要な作品もお得に視聴できます。
  3. デバイス(視聴機器)は最大5台まで登録可能!動画をダウンロードできるので、Wi-Fi環境がない電車の中などでも視聴可能です。
Paraviの良い点は月額1000円弱で500円分のレンタルチケットももれなく付いてくる点です。このチケットで最新の映画やレンタル作品などに使えるので、見放題プランでは観ることができない作品で使っています。それとTBS系やテレビ東京のドラマが多いため、この局のドラマ作品は好きなのでこれらの局のドラマに強いのがParaviなので個人的には大いに満足しています。それとボクシングが好きで、Paraviではボクシングの試合が沢山観ることができることも気に入っています。【40代男性】

ドラマ「捨ててよ、安達さん。」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル動画視聴(予想)

Paravi

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『捨ててよ、安達さん。』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi ◎(見放題) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.02.21

<ドラマ『捨ててよ、安達さん。』第1話>

2020年4月17日(金曜深夜24時12分頃)放送予定

TVer ネットもテレ東
第1話 ネタバレはここをクリック

近日更新予定です。

第1話 感想はここをクリック

近日更新予定です。

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』について

公式HP 公式Twitter 公式Instagram

イントロダクション

Introduction

ある日、安達さん(安達祐実)は女性誌の編集長から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに“毎号私物を一つ捨てる”という連載企画の相談を持ちかけられる。その夜、いつものように眠りについた安達さんの夢の中に謎の少女と「捨てられないモノ」たちが擬人化して次々に登場し、自分を捨ててほしいとお願いする。子であり母であり妻であり女優である安達祐実のリアルとフィクションが入り混じった、「安達さん」の心を紐解く物語。

『出典:ドラマ『捨ててよ、安達さん。』イントロダクション

■Cast

安達祐実
川上凛子 西村晋弥
臼田あさ美 梶原ひかり 片桐はいり 加藤諒 貫地谷しほり
北村匠海 早織 じろう(シソンヌ) 徳永えり 戸塚純貴
松本まりか YOU 渡辺大知 (五十音順)

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』への期待

50代男性
テレ東がまた従来にない、新しい企画ドラマを制作・放送するようで、タイトルは「捨ててよ、安達さん。」女優の安達祐美さん本人が出演し、毎回私物を捨て、いわゆる断舎利を行なっていく内容です。安達祐美さんというと1994年に放送されたドラマ「家なき子」の子役のイメージが強烈ですが、現在38歳ながら、すでに芸歴35年の経験を持つ女優さん。自分の役を演じるという特異な役柄をどういった脚本で、どういう立ち振る舞いで演じるのか現在まったく想像がつきません。ストーリーはフィクションということになっていますが、安達さん本人はどこからが自分で、どこからが作りものか分からないとコメントしていますから、相当本人に近い脚本がなされているのだろうと推測します。自分のことを演じるという特異なこのドラマ。放送の4月が今から超楽しみです!
30代男性
今までにない斬新な発想のドラマなので気になっています。安達祐実さんが本人役で出るというのも面白いし、モノ役の俳優さんたちが色々な方がいて楽しみです。美人系の女優さんもたくさん出てくる中、片桐はいりさんや加藤諒くんなど個性的な俳優さんが出演したり、芸人のシソンヌじろうさんが出てくるのが楽しみです。モノが自分を捨ててほしいと夢に出てくるみたいですが、どんな展開で捨ててほしいと思ったり捨てられたりするのかが想像できないので気になります。個人的に安達祐実さんが好きなので、久しぶりの主演ドラマで期待しています。
50代女性
演技派で年齢を重ねてもかわいい安達祐実さんの10年ぶりの連ドラ主演というだけで期待できるドラマだと思います。安達祐実さんが安達祐実さん本人を演じるってちょっと変わったドラマですね。タイトルが「捨ててよ。安達さん」ということで、捨てられないモノを捨てていくというストーリーみたいですが、ちょっとドラマを見てみないと理解できない感じがします。夢の中に出てきた擬人化したモノが自分を捨ててほしいとお願いするみたいですが、擬人化したモノを演じる俳優さんも毎回個性的な人ばかりで何だか面白そうなドラマにありそうですね。
50代男性
「捨ててよ、安達さん。」は安達祐実さんが安達祐実さん自身役で演じる珍しい設定のドラマですね。ですので、自分で自分を演じるという不思議な設定を楽しませてもらいたいので一番の見どころだと思います。また、地上波連ドラ10年ぶりという久しぶりの主演にも注目したいですね。さらに、「自分を捨てる」とはどういうことを示唆しているのかも気になるところです。過去の栄光にすがってはいけないということなのか、過去の慣習にとらわれずに殻を破れば成長できるということなのかなど、色々頭をめぐりますが、ドラマから私たちの人生に役立つ示唆をもらえればいいなとも思います。期待したいですね。
40代女性
安達祐実が自分自身を演じる、しかもセットとはいえ自分の家という設定で物を捨てまくるということで、楽しみです。
子供もいて、親との不和や離婚経験もある安達祐実ですから、バリエーション豊かなものが捨て候補として登場するのではないかと思い、ワクワクします。
また、最近では「断捨離」という言葉が当たり前のように聞かれ、それもただ良いことのように語られる方が多いですが…。
ドラマの中で「本当に捨てるのが良いことか」と、ものと語り合って悩み続けていく安達祐実を見ることで、自分自身の生活にも何かヒントがもらえるかな、などと思っています!
30代男性
安達祐実さんがドラマなのに本人役で出演するという設定がすごく面白そうです。手放すことで心地よく暮らすというのをテーマに、安達祐実が今まで捨てられなかった様々な物を捨てていくというストーリーは、現代社会で人気の高いミニマリストのようなイメージもあり、どんなものを捨てていってそして安達祐実さんが変わってくのかなど、とても期待のできるドラマだと思います。更にリアルなこととフィクションなことが入り混じっているというのもすごく気になります。毎回様々な豪華なゲスト俳優さんが登場するそうなので楽しみにしています。
20代男性
本人役を本人が演じるというのは時々ある企画ですが、安達祐実がやるとなるとやはり興味を惹かれますね。本人も言っているように、どこからどこまでが本当の安達祐実に近いのか、色々想像しながらみられそうです。また、擬人化したモノたちが「捨ててよ」とやってくるということですが、出演者たちからして、真面目なストーリーとは限らず、ギャグもありそうです。でも、これがどう安達祐実の心を紐解くことになっていくのでしょうか。捨てることですっきりするのか、捨てることがすべてではないという方向にもっていくのか。その辺がはっきりしていないので、話の展開が読めなくて楽しみです。
30代男性
安達祐実が安達祐実を演じるというとても新しい形のドラマでそれだけでもかなり興味深いですし、安達さん主演ドラマを見るのは久々なので彼女がどんな演技を見せてくれるかも凄い楽しみなんで絶対みる予定です。彼女の素に近い部分をドラマの中で見れるのでは?という部分もちょっと期待しております。このような内容であれば他の俳優さんバージョンでもみてみたくなります。安達さんバージョンでかなりヒットすればもしかしたら他の俳優さんバージョンというパート2もあるのかなって期待しております。ユーチューブでもドラマ撮影の一コマで流されておりました。
20代男性
子役の安達祐実さんからのイメージが最近抜け出して、母親の柔らかさと大人の女性のしっとり感が増して、本当に綺麗になったなと見とれてしまいます。
安達祐実さん本人を演じるなんて、この先無いのではないでしょうか。年齢を重ねて、余計な物を捨てていくことは自分の生き方そのものを見直せるきっかけになるので、シンプルでとても素敵だと思います。今回、豪華なゲストたちが物になるという斬新さが楽しみで見どころのひとつです。擬人化されているからこそ、物に宿る重いがより伝わるのだと感じます。安達祐実さんのプライベートを見られる感覚が嬉しいです。
30代男性
自分よりも年上でありながら、ついつい「家なき子」の時のイメージが強烈に頭にこびりついて離れず、いつまでも「少女」として見てしまう安達祐実のこれまでにないスタイルの役柄が、楽しみで仕方がありません。単純に「物を捨てられない女」のストーリーなのか、ミニマルな生活を目指すもすぐに挫折してしまう私には興味深々のテーマですが、きっとドラマの中でそこから発展していくであろうストーリーを想像しては、今からワクワクが止まりません。特に貫地谷しほりさんや、片桐はいりさんをはじめ、ゲスト俳優陣にも大注目です。新しいスタイルのドラマと安達さんに期待が膨らみます。