シンドラ「正しいロックバンドの作り方」を見逃し動画無料フル視聴!

正しいロックバンドの作り方

ドラマ『正しいロックバンドの作り方』動画

『正しいロックバンドの作り方』動画視聴

日本テレビドラマ『正しいロックバンドの作り方』はHuluで配信されると思われます。

「Hulu」には2週間の無料お試し体験があります♪
Huluはすべての作品が見放題!無料体験中でも配信されている全作品が視聴できます。


  1. Huluの無料体験は2週間!
  2. 日テレ作品(ドラマ・アニメ・バラエティなど)はもちろん、海外ドラマや最新映画なども多数配信中!
  3. 配信されている全ての作品が「見放題」♪追加課金が必要なコンテンツはありません!
俳優や女優の名前ごとで検索ができ、視聴中の動画で気になった俳優、女優には、説明欄から他の出演作品も検索できるところ。ホーム画面からは話題の動画や動画のランキングが見れ、特に見たい作品がなくても気になった作品を調べることができる。海外ドラマや番組も多く配信されており、英語字幕や日本語字幕も付けられるので、英語を楽しみながら勉強するのには最適だと思う。追加料金がなく一定料金なのであれは見れないこれは見れないとかのストレスが溜まらない。【40代女性】

ドラマ「正しいロックバンドの作り方」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル視聴

Hulu

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『正しいロックバンドの作り方』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu ◎(見放題) Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.06.03

<ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第7話>
2020年6月01日(月曜夜24時59分)放送

TVer 日テレ無料TADA
<公式>第7話あらすじ

無事に「電撃ロックFes」の一次審査を通過した”悲しみの向こう側”の4人。二次審査のお題は、「朝焼け」をテーマに曲を作るというもの。締め切りは1週間後だが、作曲やレコーディングの時間も考えると、歌詞作りにかけられる時間はたった1日……。バンドの作詞担当であるシズマは、「朝焼けが一望できる場所に行かなきゃ、イメージ沸いてこない」と我儘を言う。そんな彼をメンバーが連れて行ったのは、オギノの自宅だった。

畑の中にポツンと佇むアパートに着いた一行。「なんか違うんだよな」と不満を言うシズマをなだめ、早速、作詞に入ると思いきや!4人はいつの間にか気を失っていた。目を覚ますとまる1日が経過していた!果たして、何が起きたのか!?そして、空白の1日に一体何があったのか?

いよいよ歌詞の完成を急がなければいけない状況にもかかわらず、「歌詞の神様が降臨しない」と、アロマを炊いたり、シャワーを浴びたりと、やりたい放題のシズマ。しかし、何をしても歌詞は出てこない。なんとかヒントを得るため、メンバー各人が「一番印象に残っている朝焼けエピソード」を順番に話していくことに…
果たしてシズマに歌詞の神様は微笑むのか?二次審査へのエントリーは間に合うのか?

【出典:ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第7話あらすじ

第7話 ネタバレあらすじはここをクリック
電撃ロックFesの二次審査のお題が朝焼けをテーマにした曲を作る事と発表された。締め切りは1週間後。作曲レコーディングの時間を考えると歌詞作りは1日だけ。慌てるメンバー4人。特に作詞担当のシズマは朝焼けがイメージできるとこに行かないと詞が降りてこないと言い何故か4人オギノ宅へ。まずは朝焼けを見ない事には始まらないとそれまでの間と称して宴が始まる。するとシズマ、テツ、コバが正気に戻った時には丸1日が経過していた。オギノはまだ寝袋で爆睡中。慌ててなんとか歌詞を書こうとシズマは優しくもっと俺を追い込んでくれと2人に懇願。テツとコバで膝裏鎖骨をくすぐったりテントの中に籠ったりするが一向に詩は浮かばず。すると寝ていたオギノが起き出し朝焼けに関するエピソードを話始めた。それはベースとの出会いやシズマとの出会いセッションをした後に見た朝焼けの光景。この話を聞いたシズマは見事に詞を完成させる。
第7話 感想はここをクリック
40代男性
相変わらずよい仲間です。朝焼け見るためにお泊りしてそれでも見れなくて、朝焼けエピソード語り合って、結局怖い思いをしたら歌詞が出てくるなんて、面白いリーダーです。そのリーダーがオギノくんの人生変えたのもわかったし結果それが歌詞に反映できたのだからよかったです。
20代女性
二次審査で出されたお題からの楽曲作り。こういうのって楽しそうだなぁと思いました。作る方は大変でしょうけどね、しかも今回はコンテストなので1日しか時間がなかったし。それでも作詞担当のシズマはテーマとなった朝焼けを見て作りたいと言うあたりアーティストだなぁと思いました。一望できるオギノのアパートについてさっそく制作かと思いきや思わぬハプニングがあって今回もドタバタでしたが面白かったです。
40代男性
二次審査のテーマ「朝焼け」で曲作りすることになったメンバーたち。シズマが一望できる場所に行きたいというのでメンバーたちはオギノの自宅に連れて行ってましたが、アパートで気が付いたら1日過ごしてたって最悪です。時間が1日しかないのに何があったの?と思っちゃいました。いつもハプニングが起こるのが面白いのですが、今回はタイムリミットがあるのでほんとハラハラしました。それにしても畑の中にたたずむアパート、昭和感があってなかなか良かったです。
40代男性
なよす!シズマは熱いし真っ直ぐすぎるけど、それに負けないくらい素直で仲間思いの素敵なリーダーだなって。テツくんが木にぶつかるところ可愛かったな。あとコバの回し上手いしスルーされ続けたムネーク好きだなぁ笑通過おめでとう。
40代男性
第2審査を突破するためのお題に沿った作詞をするためにオギノが住んでいる辺境の地にあるアパートまでやって来たのに、リーダーシズマが持参したのが巨大なペットボトルに入った酒というのがずっと気になっていた通りに飲み明かした挙げ句、ぐっすりと眠って1日を無駄にするシズマのいい寡言さに呆れ、朝焼けなんて見ないで歌詞の神様からのお告げ歌詞だった儀式をするシズマの姿に爆笑、全てはいい加減にやっていたとわかり可笑しくならなかった。

<ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第6話>
2020年5月25日(月曜夜24時59分)放送

TVer、日テレ無料TADA!での配信は終了しました。

<公式>第6話あらすじ

ロックバンド”悲しみの向こう側”のメンバーは、「電撃ロックFes」一次審査の途中経過を注視していた。この審査は、サイト上でオリジナル楽曲を公開し、一般からの投票数で競うというもの。通過できるのは上位50組だが、”悲しみの向こう側”は現在52位。

「俺等の知名度が高けりゃ、この投票数も増えんのかな」と、知名度の上げ方を模索するコバ(吉田健悟)たち。だがシズマ(藤井流星)は「俺たちの曲で勝負しなきゃダメだろ?」と正論を吐き部屋を出ていこうとするが、ドアをうまく開けられず激突してしまう!そんな様子を見て、テツ(神山智洋)・オギノ(栗原類)・コバの3人が思いついたのは…

「ハロー!YouVideo!!」
なんと、シズマのリアクションの良さに賭け、ドッキリを仕掛けてWEB上に投稿し、バンドの知名度を上げる作戦!!ドッキリの舞台は喫茶店。マスター・大迫(信太昌之)に協力してもらい、店内に大量のカメラを設置。モニター越しにシズマを観察しながら、3人はノリノリでドッキリ撮影を開始する。
ガムシロップだと思って入れたら塩水?何度も〇〇されるアイスコーヒー!…そして、謎の新作メニュースープパスタ〇〇〇!?ドッキリはどんどんエスカレートしていく。
果たして、シズマの良いリアクションは撮れるのか?
”悲しみの向こう側”の知名度は上がり、投票数は伸びるのか?
ついに、「電撃ロックFes」一次審査の結果が発表される!

【出典:ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第6話あらすじ

第6話 ネタバレあらすじはここをクリック
電撃ロックFesの一次審査の途中経過を確認した「悲しみの向こう側」のメンバーは、現在52位だということに焦りを感じる。一次審査を通過するには上位50組以内に入らなければならないため、コバたちは知名度を上げることが必要だと考える。しかし、曲で勝負をしたいシズマはその意見に反対し、部屋を出て行こうとするがドアに衝突してしまう。普段からリアクションの大きいシズマを見ていた他の3人のメンバーは、バンドの知名度を上げるためにもシズマにドッキリを仕掛けた動画をWEB上に投稿することを思いつく。喫茶店でドッキリを仕掛けることを決めた3人はマスターの大迫にも協力してもらい、店内にカメラを設置する。そしていよいよ喫茶店にやってきたシズマを、3人はモニター越しに観察する。
第6話 感想はここをクリック
40代男性
コン秋の放送を見ていて思わず笑ってしまったのは、シズマの天然な行動っぷりでした。バンドについてメンバーとちょっとした言い争いになって、部屋から出て行くときに引いて開けるドアを何回も押して開けようとした上に「もしかして閉じ込められた?」と心配してしまう姿が可愛らしかったです。
20代女性
私は、シズマにドッキリを仕掛けるという展開が面白かったです。知名度を上げたいというバンドメンバーたちの思いが伝わりました。ドッキリ料理の「スープパスタおでん」は、とても辛そうだと思いました。夢に向かって試行錯誤しているバンドメンバーは、楽しそうでした。
40代男性
シズマの天然っぷりが面白かったです。内開きのドアを一生懸命に押して「開かない!」と叫ぶところが、地味に笑えました。そして、そのシズマの天然っぷりを動画にあげれば、バンドの知名度があがると考えたコバは天才ではないでしょうか。シズマがマスターにアイスコーヒーをこぼされたり、ハバネロ入りの『スープパスタおでん』を食べさせられたところが可笑しかったです。ただ、そんな酷い扱いを受けても、シズマは、マスターを叱るどころか体調を心配するという神対応を見せました。それを目の当たりにしたコバたちバンドメンバーが、リーダーはやっぱりシズマしかいないと見直したラストシーンが良かったですね。
40代男性
一次審査を通過する為の手段について意見が別れたシズマと他3人だったけどお互いバンドを思っての事なのでどちらも間違いじゃない気がしますね。それとシズマのどっきりには大笑いしました。どんだけ人が良いんだよと思ったけどマスターに怒らない理由は別にあったんですね。前日バンドのメンバーとケンカして嫌な思いをさせたからもう人に嫌な思いをさせたくないと。シズマ格好良いですね。
40代男性
コバたちが仕掛けたドッキリでシズマが頼んだアイスコーヒーについているガムシロップに大量の塩を入れてあるというドッキリ番組の定番、シズマの反応は驚いたものの自分自身の味覚がおかしいのかと考えてコーヒーを飲み干して、最後にガムシロップでわかっても店に教えるだけで責めない心意気に感動、シズマが最高にカッコ良かった。

<ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第5話>
2020年5月18日(月曜夜24時59分)放送

TVer、日テレ無料TADA!での配信は終了しました。

<公式>第5話あらすじ

バンド“悲しみの向こう側”のメンバー4人は、シズマ(藤井流星)・テツ(神山智洋)が暮らす赤川家のシズマの部屋で、「電撃ロックFes」一次審査の結果を待ちながら、話し合いをしていた。
「あなたにとってバンドとは何ですか?」
有名になった時のシミュレーションだと、メンバーにインタビューを始めたシズマに対し、テツは「なんでもいい」とスマホを触りながら答える。心ここにあらずといったテツの態度に、シズマが怒り始めたその時……。
「大変よ大変!!!」
とシズマとテツの母・麦子(ふせえり)が大慌てで入ってくる。

麦子によれば、テツが大切にしていたロボットのおもちゃがなくなったという。20万円はするという年代物のロボット。居間を掃除する際に、落としたら大変だと思い、一度縁側に置いたはずが、気付いた時にはロボットが消えてなくなっていたという。
その日、家にいたのは、”悲しみの向こう側”の4人と、麦子の彼氏である幸野(小市慢太郎)だけ。
麦子に疑われたオギノ(栗原類)とコバ(吉田健悟)は、無実を主張するがどこか怪しい…
シズマの部屋を何度か離れた際、お腹が痛くてトイレに行ったと主張するコバだが、何故かトイレットペーパーは使われていなかった?
電話をしに部屋を外したはずのオギノが庭で爆笑していた?
果たして2人は無実を証明できるのか!?
そして麦子の彼氏・幸野にも疑惑が……。

麦子が家を出た空白の20分間の間に、幸野が「泥棒みたいに部屋の中を物色していた」姿をオギノが目撃したという!
一体、犯人は誰なのか?そして、ロボットはどこへ消えたのか?
幸野の不可思議な行動に秘められた驚きの真実とは?

【出典:ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第5話あらすじ

第5話 ネタバレあらすじはここをクリック
シズマの部屋で、テツ・オギhノ・コバの4人でDENGEKIからの第一次審過の連絡まち。シズマはやる気のないテツに怒り、喧嘩になりそうになるが、母親が慌てて入ってくる。居間で4人を集めて、掃除をしているときにテツが大事にしていたロボットを怖さないように、粗大ごみと一緒によけていたが、気がつくとロボットがなくなっていた。で、まずコバに容疑がかかる。はじめはトイレと言っていたが、牛乳が飲みたくなり勝手に冷蔵庫を開けて3本飲んだことがわかりアリバイ成立。次のオギノは携帯がなり席を外すがシズマの卒業写真を見て大笑いをしていてアリバイ成立。で、一旦帰った母親の彼氏が戻され疑われる。が時間には春巻きを作っていたのでアリバイ成立。かと思いきや、居間を物色していたのでまた疑惑が。そのとき柱にもたれてスマホをいじっていたテツが、押し入れの中からロボットを出してくる。父親との大事な思い出だったっが、たんすと障子の間から見つけた指輪を見つけて許す気になり、自分は父親のことを封印しようとして、粗大ごみで捨てようとするが、捨てられずに押し入れにかくした。テツは彼氏に指輪を渡し、彼氏母親にプロポーズ。一瞬一件落着にみえたが、オギノの疑問の彼氏の居間での物色について。なぜか春巻きに指輪を隠そうとしたらしかった。
4人のテーマは、テツの言った「家族」にきまり。
第5話 感想はここをクリック
40代男性
日テレ「正しいロックバンドの作り方」第05話(2020.05.18放送分)の感想として、バンドのメンバーが、一次審査の結果を待つ間に、「あなたにとってバンドとは何ですか?」ということを考えることは、貴重なことだと感じられました。
20代女性
シズマとテツのお母さん幸野さんと言う良い人を旦那さんに出来て良かったですね。オギノ君が見た幸野さんが部屋を物色していた光景は無くした指輪を探していたんですね。春巻きに入れてプロポーズしようとは幸野さんなりに考えていたんですね。テツの幸野さんへの気遣いからちょっとした大騒動になっちゃったけど今回は誰も悪くないです。
40代男性
ロックフェスに出場できるかどうかまだわからないにも関わらず、既に気分はロックスター並みになってしまっているように思えるリーダーのシズマがインタビューで聞かれそうな質問の「バントとは何ですか」に対してシズマは青春という定番、コバは無敵、オギノはミステリー、テツは何でもいいと見事にバラバラと個性派の集合体バントと感じられ、まさにロック魂全開に思える所が可笑しくてならなかった。
40代男性
テツの泣いてるシーンでもうもらい泣きしたよね。なんか今までで辛かった時に流せなかった涙も昨日で流れた気がするな。シズマとテツの兄弟感えぐいなと思う。
ほんとに毎回中身のあるとてもいいお話をほんとにありがとう。
40代男性
やっぱり小市慢太郎さんの声はすごく素敵ですね。聞いていてとても心地よいです。ふせえりさんとの関係性もすごくほのぼのしていて癒されました。プロポーズも、うまくいって今後いい関係を築いていくのでしょうね。

<ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第4話>
2020年5月11日(月曜夜24時59分)放送

TVer、日テレ無料TADA!での配信は終了しました。

<公式>第4話あらすじ

前回、コバの恋愛大作戦で一致団結した4人。共に「電撃ロックFES」のエントリーボタンを押そうとした矢先、またもやバンドの存続を脅かす大ピンチが判明する。
なんと、バンドの作曲も担当するオギノ(栗原類)が、バイト先の正社員登用の面接を受けるという。正社員になった場合、バンド活動は禁止。つまり、バンドを辞めることに……。
「どっちを選ぶかは、オギノくんに任せるよ。俺たち、信じてるから」とオギノを見送るシズマ(藤井流星)だが、結局、じっとしていられずテツ(神山智洋)やコバ(吉田健悟)と共に店へ偵察に行くことに。

バイト先の居酒屋で面接をするオギノと社員の大林(兒玉宣勝)。奥の席でその様子を見つめながら3人は、オギノとの思い出を語りはじめる。シズマとの出会い。高校時代のオギノの奇行の数々。謎に包まれたその生態が次第に明かされていく……。

一方、遠目には面接は楽しそうに進んでいく。共に笑い、握手、ハグをする2人。しまいには大林が差し出した書類にサインまでしてしまうオギノ。
果たして彼は、正社員?バンド?どっちをとるのか?
”悲しみの向こう側”の未来はどうなる?

【出典:ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第4話あらすじ

第4話 ネタバレあらすじはここをクリック
ライブを終えたオギノ君は以前メンバーにも言ってたバイト先の居酒屋の社員登用面接を受けに行く。事前に社員とバイトの掛け持ちは禁止と聞いていたシズマは気が気でない。面接の様子をのぞきに行ったコバとテツ。信じて待つと言ってたシズマも2人と一緒に面接場所であるバイト先の居酒屋へ。離れた席で面接の様子を見守る3人。オギノ君と社員大林の面接では笑顔に溢れ握手とハグまでする始末でいかにも順調そう。それを見た3人はオギノ君がバンドを辞める事を予測した。そして面接は終了。オギノ君は3人が同じ店内にいた事に気づく。遠回しに面接の状況を聞く3人。するとテツが大林に平日社員休日バンドの二刀流はダメかと打診。すると大林はオギノ君からバンドに集中したいからと断られたと。しかし大林はテツの提案に賛同し改めて給料等の待遇を改善するからと言うも拒否。最初はもったいないと思うバンドメンバーだったが実は劣悪な環境のブラック企業だった。テツがスマホで過去に働いて人たちの口コミを見ていたらひどい会社だったのだ。オギノ君に社員拒否された大林はもう来なくて良いと言うが生活に困るから明日からもバイトでお願いしますと。バンドメンバーあぜん。帰り際オギノ君から実は面接を受けに行く途中まで悩んでいたと。ただ会場に行く道中にあるお地蔵様に納豆が供えてあったのでバンドに残る事にしたと。その理由を聞いた3人はまたオギノ君が謎だらけに見えた。
第4話 感想はここをクリック
40代男性
いつもクールな行動と発言をしているオギノだけに社員登用される面接に挑む時にもクールに挑んでいくものと思っていたら、服を裏表が逆な上に前と後ろも逆という奇跡的な間違いをしてしまうとは面白く、初めて慌てている普通の人間らしさのある心理に親しみを感じた。
20代女性
オギノくんと店長のアフレコがすごく面白くて、モグラ叩きで給料を決めるのって斬新だと思いました!夢があるって素晴らしい!夢があるからバイトも頑張れますよね!私ももっと学生時代にやりたいことを無茶でもやれば良かったと思いました。
40代男性
オギノ君のあの面接の光景を見ていたら誰だって正社員になるんだろうなと思いますよね。シズマ達同様自分も騙されましたね。あの握手とハグは社員大林の場を和ます為だったとは。でもオギノ君お地蔵様に供えてあった納豆で決めたって言ってたけどそれは何故なんだろう。そこだけは謎でしたね。
40代男性
相変わらずストーリーは面白いけど、フェスに出るまでがだらだら長いと思った。笑えるところはたくさんあるけど、中身はないなと感じた。次から見るか見ないか迷ってしまう。ワンパターンというか、最近のドラマにありがちな演出。
40代男性
今回はオギノにフォーカスされた内容でありながらもバンドマンとしてはきってもきれない関係性のある種銭のためでもあるアルバイトが題材になっていてとても分かりやすく夢に向かう真っ直ぐなところが伝わる、かつ周りを大切に思う姿が観れて良かったです。

<ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第3話>
2020年5月日(月曜夜24時59分)放送

TVer、日テレ無料TADA!での配信は終了しました。

<公式>第3話あらすじ

ロックバンド”悲しみの向こう側”は、日本最大級の音楽フェス「電撃ロックFes」の公募枠に挑戦するべく、4人で同時にエントリーボタンを押そうと集まっていた。が、メンバーの1人・コバ(吉田健悟)が来ない。苛立つシズマ(藤井流星)のもとに、コバが入院したと連絡が入る。急いで病院へ向かうと、足を骨折し車椅子に座るコバの姿が……。

実家の蕎麦屋でバイト中に寸胴鍋を落とし、足を骨折したと説明するコバ。そこに、偶然コバの元カノで看護師のメグ(藤松祥子)が通りかかる。聞けばメグは最近、彼氏と別れたばかりだという。奇跡的な再会に運命を感じるコバ。しかし、お笑い芸人だという元カレと別れた理由が、「売れてもいないのに、夢ばかり語る」「実家暮らしで、スネ齧り」など自身の境遇とあまりにも重なり、「今、何してるの?」と問われたコバは、とっさに「サラリーマン」と嘘をついてしまう。

「何故嘘をつくのか」「バンドが恥ずかしいのか」とコバを責めるメンバーたち。だが、コバの真剣な思い、そして、隠されていた骨折の真相を聞き、一転、メグとデートできるよう協力することに。恋愛ゲームが大好物だというテツ(神山智洋)がアイデアを出し、コバは世界を飛び回る敏腕商社マンという設定に。今、”悲しみの向こう側”全面協力の恋愛大作戦が始まる!

コバの恋の行方は?
そして、メンバーは無事に心を一つにエントリーはできるのか?

【出典:ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第3話あらすじ

第3話 ネタバレあらすじはここをクリック
電撃ロックフェスに全員揃って応募しようとしたのにコバだけ来ない。するとシズマの元にコバが骨折したと連絡が。病院に行くメンバー3人。コバは車椅子に乗っていた。骨折の理由を聞くと実家の蕎麦屋の寸胴鍋を足に落としたと。そこに偶然コバの元カノメグが通りかかる。メグは病院の看護師をしていた。コバは慌ててメグに声をかける。メグはコバにとって中学の時に初めて交際した彼女だった。久しぶりの再会に喜ぶ2人。お互いの近況を話すとメグは彼氏と別れたばかりだった。その理由が夢ばかり語る、良い歳して実家暮らし、親のスネかじってる。コバはそんな話を聞きつい自分は今サラリーマンと嘘を言ってしまう。近くでその話を聞いていたメンバー3人は後からなぜバンドやってると言わなかったのかコバに聞く。するとコバはメグと別れた事を引きずっていたのだ。シズマはもっと自分の1番を大事にしろよとコバに詰め寄る。そんな時書類を届けにメグが4人の前に現れる。サラリーマンらしくない服装に疑念を持つメグに結局コバに協力する形で会社の同僚と紹介される。そして4人はメグを病院の屋上に呼び出しコバはメグにデートを申し込みOKをもらう。メグは別れた元カレについて語り出すがコバにはそれがシズマと重なりつい大きな声が出てしまった。一緒に夢を追いかける仲間がいるって事は凄い事だよと。元カレの事まだ引きずっているんだろうと元カレのもとに行くよう促す。
第3話 感想はここをクリック
40代男性
電撃ロックフェスエントリーを目前にしてのコバの骨折は痛いですね。でも骨折の理由を聞くと4人でお揃いの靴を履くために内緒で工事現場でバイトしていたとか。パーカッションしか出来ないのを負い目にもっとバンドの力になりたかったらしいけどコバのそんな優しい気持ちが好きですね。最初はコバの気持ちを理解していなかったシズマもコバに謝罪した事でより一層バンドとしての絆も深まったのではないでしょうか。
20代女性
今回はコバの恋愛相談の話でしたが、見ていると昔の青春時代を思い出し、胸がキュンと切なくなりました。好きな人が幸せになるためなら、自分が幸せでなくても良いという選択肢を選んだコバは素晴らしい判断をしたなと感動しました。
40代男性
コバが、バンドに対して、恥ずかしいと思うことなく、メグと自信を持ってお付き合いしてほしいと思いました。職業に自信がないということは、とてもわかるなぁと思いました。
40代男性
コバの一途な恋愛成功のために音楽とはほとんど関係のないところでバンド仲間が協力し合えるところ絆の強さを感じられました。ただテツのアイデアはどこか楽しんでいるようで危なっかしい雰囲気もあって面白かったです。
40代男性
商社マンだって嘘までついたのに、結局復縁を勧めているところに笑った。コバは優しすぎだと思う。来週は荻野の話みたいだけど、夢を叶えて成功しているバンドなんて、ほんの少しなんだろうなと改めて思った。成功しているバンドよりも多く夢を諦めたバンドがあるんだろうな。

<ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第2話>
2020年4月27日(月曜夜24時59分)放送

TVer、日テレ無料TADA!での配信は終了しました。

<公式>第2話あらすじ

日本最大級の音楽フェスティバル「電撃ロックFes」の公募枠に挑戦することを決めたロックバンド”悲しみの向こう側”の4人。
彼らは手始めに、エントリーに必要なバンドの宣材写真を撮ることにした。

リーダーのシズマが見つけたのは、若き天才カメラマンYURIKOX(ユリコック)(川面千晶)。ネットの情報によれば、YURIKOXは「デビュー前の無名なバンドも撮影。バンドの魅力を引き出す天才」だと言う。しかし同時に、10組に1組しか撮影しないという不穏な口コミも…。

「右手が青!」
撮影当日、なぜかツイスターゲームをするシズマたち。「撮る側と、撮られる側、両者がベストで分かりあわないと」といい、次々と難題をふっかけるYURIKOX。フラフープ、組体操、ブリッジ、およそロックバンドには相応しくない要求にも、必死で食らいつくメンバーだが、YURIKOXは何枚撮っても浮かぬ顔…。モニターに映った写真を見て、「堂々とFesにエントリー出来る」と喜ぶ4人を他所目に、「どうしても掴めない」と冷徹に、アシスタントの最上(芋生悠)に写真の消去を命じるのだった。

「バンド名って『悲しみの向こう側』だったよね。『悲しみ』を感じれば、イメージを掴めるかも」
納得のいく写真を撮るため、YURIKOXの提案で、4人が今までで一番悲しかったエピソードを話しはじめるが…

果たしてメンバーは、ベストな宣材写真を撮ることはできるのか?
そしてバンド名“悲しみの向こう側”に隠された驚きの秘密とは?

【出典:ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第2話あらすじ

第2話 ネタバレあらすじはここをクリック
宣材写真をとりたいと考え、人気フォトグラファーYURIKOXに依頼した。しかしYURIKOXには10組に1組しか撮影しない、厳しい選考基準があった。一度は撮影を断られたが、幸い撮影をしてもらえることになる。しかし満足するものが撮れずに、撮影と消去の繰り返し。メンバー達は嫌がらせではないかと思い始めるが、アシスタントから意外な話を聞く。YURIKOXが撮影と消去を繰り返すのはバンドの魅力を引き出すためで、それについていけない人たちは途中で断って帰っていってしまう。10組に1組しか撮影しないのではなく、断られていた。バンド名には、悲しみの向こう側にある幸せや喜びを感じてほしいという意味がある。その話を聞いたYURIKOXが自分との認識の差を知り、新たなイメージがわいたYURIKOXは撮影を再開した。ついに納得のいく写真が撮れると思ったが、またしてもすべて消去。そしてその後も撮影は続くのだった。
第2話 感想はここをクリック
40代男性
撮影してもらうには難しそうな有名な女性カメラマンのYURIKOXとシズマたちが撮影所にいるとはビックリ、変なゲームに不満タラタラなメンバーたちYURIKOXが爆発して撮影無しとはガッカリ、しかし、オノギの拘っていた名前の呼び方がYURIKOXの拘りに繋がっていたとは予想外、知らぬ間にYURIKOXの心の的を射るとはオノギは幸運もたらす秘めた力を持っているのだろう。
20代女性
シズマが宣材写真の撮影に有名らしいYURIKOXを選んだ事を雑誌で見せられて、YURIKOXという名前の表記を見てYURIKOとXを別に読まない所をやたらと疑問視して、日本の名前で五右衛門の右を読まない事と似ていると解説を詳細に始めてしまう真面目な人柄が爆笑を誘うとは面白過ぎる。
40代男性
悲しみの向こう側をメジャーにするためにリーダーのシズマが考え出したのは宣材写真という意外としっかりしたモノで、YURIKOXという有名女性カメラマンを選び出し無名でも撮影するトントン拍子に物事が進み出しそうに思えてしまったのに、無名は10組に1組と狭き門とわかった瞬間に諦めるシズマの極端な小心者が現れるとは呆れすぎて何も言えない無の境地に至ってしまった。
40代男性
ジャニーズwestの二人も、栗原類も、演技が上手くて驚いた。「悲しみの向こう側」ってバンド名は、悲しみを表してるのかと思ったのに、幸せになってほしいって由来が意外だった。ロックバンドだから、クールに哀愁漂う名前にしたのかと思った。
40代男性
神ちゃんのキャラがかっこよすぎるし、流星くんの黒髪姿がかっこよすぎるし、健悟さんのLEDみたいなキャラがすごく好きだし、類さんのべギーえの愛がすごいくてもうみんな最高で、面白すぎる。「証拠」は何回聞いてもいい。

<ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第1話>

2020年4月20日(月曜夜24時59分)放送

TVer、日テレ無料TADA!での配信は終了しました。

<公式>第1話あらすじ

結成半年のロックバンド、“悲しみの向こう側”。彼らはこの日もイマイチ盛り上がらないライブが終わった後、楽屋であーでもない、こーでもないとくだを巻いていた。
メンバーは、バンドを愛する心配性のリーダー「シズマ」(藤井流星)
夢も目標も特にない、イマドキ大学生「テツ」(神山智洋)
天才かもしれない不思議くん「オギノ」(栗原類)
とにかく明るいムードメーカー「コバ」(吉田健悟)の4人。
彼らの目標は、日本最大級の音楽フェス「電撃ロックフェス」に出場すること。しかし、今はまだ何をやるにもバラバラで、その夢ははるか彼方にかすんでいた…
そんな中、「新メンバーを入れれば売れる!」と自身満々に語るシズマの発案で、募集した新メンバー候補と喫茶店で待ち合わせをすることに。その名前は、「スネーク」。いかにもロックっぽいカッコよさそうな名前に、心おどる4人だったが、そこに現れたのは、どうにもミュージシャンには見えない…ダサい格好の中年男性(じろう・シソンヌ)だった。しかも、スネークは、個性的なハワイアン楽器しか演奏出来ないという。困惑した4人は、なんとか、スネークを傷つけずに自らバンド加入を辞退してもらおうと、次々と奇策を繰り出すが……

【出典:ドラマ『正しいロックバンドの作り方』第1話あらすじ

第1話 ネタバレあらすじはここをクリック
悲しみの向こう側のロックバンドを結成した4人は、目標は日本最大の音楽フェス「電撃ロックフェス」に出場することであった。新メンバ-に一人だけ応募したスネ-クに会うことした。ところがスネ-クはロックにはふさわしいと思えない風貌でダサく、名前のスネ-クはすね毛がクネクネで、前にやっていたバンドはハワイアンバンドであった。4人はスネ-クから辞退してもらうつもりで、あの手この手を使って戦略を立てるが、スネ-クは全く気づくこともなく真剣に対処してしまう。次第にスネ-クを4人は新メンバ-に加えることにした。しかしスネ-クは4人の姿にハワイアンと向き合うことを決意して、辞退をしてしまう。そして4人は電撃ロックフェスに向けて走り出す。
第1話 感想はここをクリック
40代男性
ロックバンドの話のはずですが、音楽についての話題は全く出てきませんでした。純粋にコメディとして楽しむドラマのようです。そう考えると、メンバーそれぞれのキャラクターも明確で寿司会話のテンポの心地よくとても見やすいです。話が進むにつれ、彼らの会話だけで1話ができるぐらい4人の関係がもっと深くなることを期待します。
20代女性
正直あまり面白くなかったです。スネークが登場する意味があったのかよく分からなかったのですが、今後の重要人物になるのでしょうか。4人が今後電撃ロックフェスに参加できるのか、新メンバー候補が現れるのか楽しみです。
40代男性
テンポのいいドラマで分かりやすく良かったです。スネークの登場に困惑する4人が面白かったです。シソンヌのじろうさん演技が良かったです。栗原類さんのタピオカ詐欺も笑いました。最後はほっこりした結末で来週も気になる展開でした。
40代男性
じろう・シソンヌ演じるスネークこと中年男性のキャラクターと服装の感じが普通にその辺りにいそうな雰囲気があり、明らかに周りのメンバーて差異があって面白いギャップでした。まあ美形ばかりで固めるよりも一人くらい個性が強かったりお笑い担当みたいな人がいてもいいんじゃないかなあと思えるところはありました。
40代男性
メンバーは、顔を白塗りにしてバンドをやっていますが、アメリカのバンド・「KISS」に影響を受けているのではと思いました。とてもインパクトがあるバンドだと思いました。バンド名・「悲しみの向こう側」の名前の由来が気になりました。

ドラマ『正しいロックバンドの作り方』について

公式HP 公式Twitter 公式Instagram
Introduction

4月スタート!シンドラ第12弾 『正しいロックバンドの作り方』
主演を務めるジャニーズWESTの藤井流星、神山智洋からメッセージが到着!
このドラマに対する意気込みを正しく!ロックに!お届けします。

思わず胸にクゥ~とくる!懐かしさが新しい!ダメダメだけど愛すべき奴らの人情喜劇!
“夢に一生を捧げられるほど、技術もなければ自信もない”
それでも夢を追い続ける、不器用でまっすぐな青年たちが、
日本最大級の音楽フェス【電撃ロックフェス】出場を目指す。
バンドを愛する心配性のリーダー シズマ(26)
夢も目標も特になし、イマドキ大学生 テツ(21)
天才かもしれない不思議くん オギノ(26)
とにかく明るいムードメーカー コバ(26)
奴らのバンド、その名も… “悲しみの向こう側”。

笑って笑ってちょっぴり泣ける!ダメダメ男4人の成長物語。
《僕らの人生、間違ってませんよね?》

『出典:ドラマ「正しいロックバンドの作り方」イントロダクション

■Cast

藤井 流星(ジャニーズWEST)・神山 智洋(ジャニーズWEST)・栗原 類・吉田 健悟 ほか

ドラマ『正しいロックバンドの作り方』への期待

30代女性
ダメな男たちが4人揃ってロックバンドを組むという、情熱に溢れるドラマなのではないでしょうか。何事にも一生懸命に、時には周りとのズレに悩みながらも、ロック魂をこれでもかというくらいに見せつけられそうな気がします。4人がそれぞれに個性が異なるようなので、すれ違いと葛藤をしながら、それでもロックバンドに向ける気持ちは一つという新たな熱いドラマを楽しめそうです。ロックバンドが主題なので、オリジナルのテーマソング的なものが生み出されるのではないでしょうか。4人の仲良しの雰囲気も感じ取れたらいいなと思います。
コメントをもっと読む
20代女性
第1話のあらすじを読むとシソンヌのじろうさんが出演するので絶対に面白そうだなと思いました。スネークという名前で新メンバーに立候補してハワイアンの楽器しか弾けないという役をじろうさんがどう演じるのかすごく気になります。不器用なバンドメンバーたちが夢を追いかけるストーリーは見ていて元気や勇気がもらえそうだなと思いました。バンドメンバーたちの個性が強そうなので面白そうだなと思いました。シズマの元カノのアトちゃんは物語で出てくるのかすごく気になります。同い年の藤井さんと神山さんが5つ離れた兄弟役をどう表現するのかも楽しみです。
20代女性
「正しいロックバンドの作り方」という春の新作ドラマですが、藤井流星さん、神山智洋さん、栗原類さん、吉田健悟さんという今大人気の俳優さん、モデルさん、ジャニーズの方が起用されているということで、そのキャストさんたちの豪華さにとっても期待しています。日本最大級の音楽フェスに出場することを夢見ているおとこのこたちのドラマなので、ドラマ中でのライブ活動の様子や、実際の音源などにも関心があります。実際にこのキャストのみなさんは楽器の練習をしっかりされたと思うので、どんな出来になっているかもわくわくが止まらないです。
50代男性
音楽やバンドに興味がある人は、4月20日から放送される日本テレビ系のドラマ、「正しいロックバンドの作り方」の放映を非常に楽しみにしていることでしょう。私も制作・放送されることが決定して以来、どのような内容になるのか大変楽しみで、番組案内HPを定期的に確認するなどしてきました。ドラマ内で結成されるバンドメンバーは早々と発表されましたが、肝心の音がまだ聞えてきません。案内動画ではアメリカのバンド、KISSのようなメイクをした姿が出ましたので、7、80年代の激しいロックを目指すのかと想像していますが果たしてどうなるのでしょう?このあたりは実際にドラマが始まってから徐々に形になっていく部分ということで、あえて発表しないのかもしれません。ということで、初回の放送まで楽しみにしておこうと思います!
40代女性
サイトを見ました!なんだか冴えない男の子4人が、バンドを組んで「日本最大級のフェス・『電撃ロックフェス』」の出場を目指すそうです。でも見ると、主人公のボーカル・シズマは見た目と違って心配性だし、弟のテツは今どきで冷めているし。しかも不思議で協調性のないオギノや能天気でなにも考えてないコバも一癖も二癖もありそうです(笑)バンドの名前が「悲しみの向こう側」ってどうなの?って気もしますし。でも、ダメダメな4人が頑張って成長する姿を、コメディーとノスタルジックを合わせて見られるそうなんで楽しみになっています。
40代男性
バンドをこよなく愛するリーダーのシズマ以外はとりあえず誘われたからやってみたという感じのバンド”悲しみの向こう側”の他のメンバー。夢は日本最大のロックフェス「電撃ロックフェス」に出場する事ですがはるか遠くにありすぎて全くどうでもいいようです。いつものように盛り上がらなかったライブの反省会を繰り返すのがお約束。やることなすことバラバラでどうしようもない奴らです。予想外のトラブルばかりで活動すらおぼつかない彼らの行く先はどうなっていくのか。何となくの彼らだからこそ感情移入しやすい要素もあると思います。”悲しみの向こう側”のメンバー達それぞれがどう成長していくのかを見守っていくドラマなのでしょう。
20代女性
まず主演がジャニーズWESTの藤井流星さんと神山智洋さんという豪華な組み合わせにとにかく期待しています。個人的に、神山智洋さんの大ファンなので、毎週大画面でその姿が見られるというところを想像するだけでわくわくが止まりません!不器用な男の子たちが夢を追い続け、個々の問題に向き合いながら、フェス出場に向けて奮闘するさまを描くという設定自体もすごく楽しみなので、いったいどんな展開がみられるのか待ちきれないです。ドラマの中でも衣装や音楽も、注目していきたいなと思っています。
40代男性
自分自身の見る夢にすら合理性を求めてしまうような空気すら感じてしまう昨今の世知辛い情勢の中、ロックバンドに夢を抱く若者像の泥臭さや暑苦しさを描くドラマにこそ大きな意義があると思います。特にウイルス感染の影響下でやり玉に挙げられるライブハウスの不遇に少しでも癒しや励ましの力となってくれることに心から期待をしています。もしかすると“こんな状況でバンドやライブの描写を盛り込んだドラマなんて不謹慎だ”と言いだす人がいたら今一度、表現の自由について考え直していただきたいです。そのような大意は含んでいなかったとしても人の持つ情熱や熱意は忘れたくないものだと自分自身に置き換えてドラマを楽しみたいです。
30代女性
シンガーソングライターもいいですが、バンドにはバンドにしかない良さがあります。同じような曲にしても、バンドによって雰囲気が変わったりするし、メンバーで作り上げていくものだと思います。その過程ではぶつかり合いもあるだろうし、馬鹿げたことも起こると思うので、バンドが軌道になるまでのドラマってすごくおもしろそうです。ジャニーズWESTの面々はかっこいいですし、栗原類さんはクール系、吉田さんは外し系でしょうか。見た感じはありのバンドだと思いました。また、第1回のゲスト、シソンヌのじろうさんにも期待です。やっぱ、コント師を入れると格段に面白くなると思います。放送が楽しみです。
30代男性
ジャンルとしては青春コメディドラマになるのでしょうか。登場人物4人のキャラもそれぞれ個性を放っているので、面白い展開が期待できそうです。特に主演を演じる藤井流星さんのビジュアルがインパクトが凄いです。その容姿はロッカーそのもので、性格的にもかなり熱い男というのが予想できます。ストーリーは日本で最大級のフェスに出演するという、とても今時っぽい設定になっています。一昔前だったらこれが紅白だったでしょう。しかしロックバンドの夢としてはバンドマンなら共感できるのではないでしょうか。私自身、ロックが好きなので演奏される音楽にも注目して見てみたいと思いました。
30代女性
新メンバー「スネーク」の加入に期待で胸を膨らます4人だったが、現れたのはまさかのダサい中年男性にメンバー一同ガックリ。しかもハワイアン楽器しか演奏できないということに、いったいなぜこのロックバンドに!?とツッコミたくなります。なんとか彼を傷つけずに自ら辞退してもらおうと、4人があみだした奇策とは、いったいどんなものなのか期待が高まります。果たして彼らは無事に?スネークに辞退してもらえるのか?はたまた、新メンバーとして加入してしまうのか、どっちの結末に物語が運ばれるのか楽しみです。スネークを演じるシソンヌのじろうさんの、ミュージシャンに似合わぬダサいおじさんの役柄にも期待しています。
20代男性
お互い考えている方向性がバラバラで個性が豊かすぎるバンドメンバー達がみんな良いキャラをしてるので、全員の面白いエピソードが用意されていることに期待しています。その中でも特に栗原類さんの役柄に期待しています。栗原さんが演じるのはバンドメンバーの中でも特に変わり者で、実は天才かもしれないという設定なので、後半ではその能力が覚醒するかもしれません。売れないバンドを続けている彼らは何をモチベーションにしているのか、そして新メンバーを迎えてどう変化していくのかという部分についても注目して見ていきたいと思います。
20代女性
あらすじを読んですごくおもしろそうなドラマだなと思いました。第1話にシソンヌのじろうさんが新メンバーの候補役で出演するので絶対面白くなると期待しています。ジャニーズWESTの藤井さんと神山さんが主演を務めるのはファンとしてはすごくうれしいです。同い年の二人が兄弟役を演じるのでどんな感じになるのかすごく楽しみです。月曜日に夢に向かって一生懸命なバンドメンバーたちの物語を見たら一週間頑張れそうな気がします。バンドメンバーのキャラも個性的なので皆さんどんな演技をするのかすごく楽しみです。シズマの元カノのアトちゃんは物語が進むにつれて登場するのかすごく気になります。
50代男性
4月20日の放送がまちどおしい「正しいロックバンドの作り方」の予告編が解禁され、初回のストーリーとともにバンドの方向性が見えてきたよう。70年代か80年代のハードロックを思わせるいでたちでしたので、バンドはその路線で、KISSを彷彿とさせる化粧もほどこしてあります。有名なロックフェスに出演するためのロックバンド結成ですが、メンバー4人はどうやらより目立つため?に現状打破をすべく新メンバー加入を目論むよう。しかしそのメンバー候補は期待していた雰囲気とは異なったため、自ら辞退する雰囲気を作るため色々な画策を図るようです。考えられるのは音楽性が異なることを理解してもらうことですが、このあたりは説明がないので推測すると、あえて難解で演奏が難しいパートをやらせるとかでしょうか?ちょっと初回のオンエアを見ないと展開が分かりませんが、メンバーが実際に演奏する場面が見れそうで、期待感倍増!ドラマがますます楽しみになってきました!
20代女性
解禁されたストーリーを読んでシソンヌのじろうさんが第1話に出演すると知って絶対に面白いドラマになると思いました。新メンバー候補で来るスネークがどんなキャラクターなのかすごく気になります。バンドメンバーたちは辞退させるためにどんな解決策を出すのか凄く気になります。シズマの元カノのアトちゃんはこの物語に登場するのかも気になりました。夢はあるもののメンバーみんながバラバラな状態から音楽フェスへの出場までを描いたドラマを見るとすごく元気が貰えそうだなと思いました。バンドメンバーのそれぞれがキャラが豊かなので面白くなりそうだなと思いました。
30代女性
ダメダメな青年たちの”夢に一生を捧げられるほど、技術もなければ自信もない”だけど、夢を追いかける物語が月曜深夜にピッタリだなと思いました。特殊能力を持っているような特別な人物ではなく、みんなと同じように過ごしていくなかで夢や仲間との向き合い方を懐かしく思えたら嬉しいです。企画、脚本監修、演出が話題作を手掛けるクリエイターたちなので、人情味あふれるコメディーでスタイリッシュな作品になっているのではないかと期待しています。青年たちをユルく気楽に応援できるようなドラマで少し憂鬱な1週間の始まりの日にを少しだけ元気をもらえるといいなと思います。
50代男性
流星と神ちゃんとの共演が楽しみです。Jr.時代苦楽を共にしてきた二人だからこそできる作品が出来ると思う。個性が違うそれぞれのキャラクターがどのように関わり合い、成長する物語をどう演じるのか期待してます。努力や挑戦、悔しさ、悲しさ、嬉しさ、夢を追って頑張っている人だから出来る表現を期待しています。流星はシゲのようなキャラクターなのでいつもとは、違う流星が見れること期待してます。関西出身ならではの面白さを期待しています。彼らなりの人生の正しさを見つけるという物語なので、それぞれの人生のあり方を見つけて欲しいです。
20代女性
藤井流星さんをドラマで久しぶりに見るので嬉しいです。藤井流星さんはなんだか独特のオーラがあり、一度見るともう一度見たくなってしまうようなタレントさんです。今回は金髪でロッカーの役ということで、どんな破天荒ぶりを見せてくれるのかわくわくします。また、同じジャニーズWESTのメンバーも出演するということで、素晴らしいコンビネーションを見せてくれるのではないかと思っています。またバンドメンバーも個性豊かなようです。栗原類さんは俳優さんとしても面白く、今回もきっとものすごい存在感を出してくれるのではないかと期待しています。
20代女性
月曜日の深夜に音楽フェスへの出場を夢見るバンドメンバーたちの成長を見たら勇気や元気をもらえると思うのですごく期待しています。ジャニーズWESTの藤井さんと神山さんがドラマで共演するのは初めてなのでそれぞれどんなキャラクターを演じるのかすごく楽しみです。普段同い年の二人が5つ離れた兄弟役を演じるのでそこも注目したいです。栗原類さんがバンドメンバーの役を演じるのはすごく意外だなと思いました。キャラクター設定を読むとすごく栗原さんに合った役柄だなと思いました。吉田健吾さんはこの作品で初めて見るのでどんな演技をするのかすごく期待しています。
30代女性
もう撮影が始まってるみたいで、みんな楽しそうに撮ってる様子がTwitterで見れてほっこりしてます。流星がロックバンドのメンバーなんて考えたこともなかったけど、めちゃくちゃ似合っててたまにKAT-TUNの上田くんと見間違えるほど、ロッカーになってきたなと思います。神ちゃんは安定のいい人役で、やっぱり現場でも金八先生のマネをしていて、類くんがはまってしまったらしいです。正直どんなドラマになるのか、いまいち想像しずらいですが、若者独特の迷いや「このままでいいのか?」という不安も描いてくれそうで、楽しみです。ロックバンドがこれきっかけで流行ってくれたらと思っています。
20代女性
藤井流星さんが主演を務めるということで楽しみにしています。色々な奴を見てきましたが、今回は金髪。一体どんなキャラクターを演じられるのでしょうか。またジャニーズウェストをあまりテレビでみる機会がないので、このドラマを機に躍進してもらいたいなと思きます。ストーリーも面白そうです。バンドものの物語は最近見ないので、青春を思いっきり満喫している清々しいドラマであることを期待します。そして是非実際に演奏してもらいたいなと思います。また栗原類さんが出演されることも楽しみです。どのようなキャラクターを演じられるのでしょうか。強烈な印象を残してもらいたいです。
30代女性
藤井君はミスパイロットで演技を見たことがあり、その時はチャラい感じの役でキレイな顔立ちなのでハマっていましたが、今回は長め金髪ですが、どんな風に演じるのか楽しみです。神山君もジュニア時代から知っていましたが、演技をしっかり見るのは初めてです。藤井君より年下に見えるので、そこも活かして欲しいです。他のメンバーのことを言うのもなんですが、ジャニーズWESTの重岡君が知らなくていいコトの怪演で話題になっているので、2人にも期待しています。栗原君もネガティブなイケメンモデルで話題になった頃や最近のドラマへの出演時に注目していたので、このドラマに出ることを知って、楽しみになりました。
20代女性
音楽が大好きで、色々なバンドの曲を聴くのが大好きなのでロックバンドの事を描いたドラマはすごく興味があります。ストーリーももちろんですが、ドラマの中に出てくる楽曲がどんな曲なのか気になるし、悲しみの向こう側のメンバーが実際の音楽番組にロックバンドとして出演してドラマの中で歌っている楽曲を演奏してくれたらより楽しそうだなと思いました。自分たちのやりたい事と、現実とで苦しむメンバーの頑張りを見て本当に自分がやりたい事について考えるきっかけになったり、新しいことを始めるきっかけになったりいろんな人に勇気をくれるどらまになりそうだと思いました。
20代男性
正しいロックバンドの作り方の期待が持てる点といたしましては、ジャニーズウエストのメンバーが主演を務めているという点です。ジャニーズウエストのメンバーの中でもあまり目立たないメンバーなので逆にどんな演技をしてくれるのか非常に楽しみです。また、ストーリーに関しましては、売れないバンドがロックフェスへの出場を目指すというストーリーなのですが、ストーリーがとても斬新で夢を追いかけているような青年を描いているのでその点が期待できます。夢を持っている人に是非ドラマを見てもらいたいなと思いました。面白そうです。
30代男性
ある若者四人が日本最大級の音楽フェスを目指すという展開がかなりワクワクさせてくれます。この枠は大体ジャニーズ枠なんて言われていてはじめのうちはちょっと毛嫌いしていたのですが、ドラマ自体はものすごく丁寧な作品が多くて面白いので大好きになってきました。このドラマも設定からしてロックバンドの物語のようで仲間たちが集まって切磋琢磨して時には喧嘩をして別れてしまい仲直りして復活してを繰り返して音楽フェスに臨んで大団円という大まかの展開はなんとなくわかるのですが、やっぱり期待せずにはいられません。きっと面白いはずです。
30代女性
バンドで食べていくのは難しいとは内心わかってはいながらも、それでも夢を追いかけている男たちのお話ですごく面白そうだなと思いました。フェスに出場するために頑張っている姿は、すごく勇気がもらえそうだなと思いました。就職活動を始めたりするメンバーもいながらも、それでも夢を叶えようとする姿はとびきりかっこいいだろうなと思います。西田柾史さんが脚本を手掛けるみたいにたいなので、すごく楽しみです。西田さんの作品は、毎回すごく人情的で、すごくコミカルな作品が多いので、すごく期待しています。出演される方もすごく豪華なメンバーなので楽しみです。
50代女性
まずは出演者が個性的で面白くなりそう。ジャニーズWESTの二人ともドラマ出演作を見ると難しい設定でも演技が上手いので、今回も楽しみです。他の二人はあまりドラマで見かけたことがないのでどんな演技で物語が進んでいくのか楽しみです。ロックバンドのストーリーなので演奏シーンなどもあると思いますが、それぞれ楽器の演奏経験があるのかわかりませんが、かなり練習して撮影すると思うのでその辺も期待して観たいです。オリジナル曲とか配信できるくらいのものになったらいいですね。シンドラは住んでる地域では残年ながら観れません。ネット配信サービスで観たいと思います。
30代女性
4人組ロックバンドの成長物語ということで、まあよくありそうなドラマの題材ではあるとは思いますが、いろんな曲が聴けるのでしょうか、それは楽しみにしたいと思います。私が注目したいのは栗原類くんです。私が類くんの演技しているところをみたのは「ルパンの娘」でしたが、ほとんどセリフのない中、独特のオーラで演じるキャラの内面を表現していたのですごいんだな、と思っていました。そんな類くんが今回はバンドマンということで、どんなキャラになってくれるのかは楽しみです。個人的にはちょっとボーっとしつつも音楽のことになると熱くなる、そんなキャラだといいなと思います。
50代女性
日本最大級の音楽フェスの出場を目指す若者の物語です。4人組のバンド名は「悲しみの向こう側」。懐かしさを感じる名前です。この4人は一緒に夢を追うことになりますが、不器用で、技術もなく、あるのは情熱です。性格も全く違うので、トラブルも多くあります。それでも、問題を乗り越えて、4人は成長していくのです。このドラマはバンドの話ですが、夢を追いかける楽しさや、仲間と一緒にがんばる充実感を見せてくれるので、学生も大人もどんな職業の人でも、共感できると思います。主なキャストは、勢いのあるジャニーズWESTの藤井流星さんと神山智洋さん、栗原類さん、吉田健悟さんです。個性的な4人の体当たりの演技を期待しています。
50代男性
ジャニヲタには大きな贈り物のようなドラマです。ジャニーズのタレントさんが、歌番組とか、コンサートで歌ったり、楽器を演奏したりっていうのは当たり前の光景。ですが、ドラマで歌ったり、楽器演奏したりっていうのは、大ボーナスを見るようなものなのです。ファンにとっては、物凄く嬉しい巨大なプレゼントなのです。ジャニーズWESTの藤井流星くんと神山智洋くんがロックバンド組んで、成功していく・・・というストーリーにはもう期待しかありません。2人とも関西ジュニア出身ですから、コミカルで面白いという部分も凄く楽しみです。
30代女性
ジャニーズWESTの2人を含む異色の出演者4人がバンドを組んで、電撃ロックフェス出場を目指すというストーリーが面白そうです。出演者を見る限り、どちらかと言えばあまりロックバンドというイメージはないので、ドラマの中でどういうバンドになっていくのか楽しみです。バンドを結成しながらも不器用でどこかズレているメンバーばかりなので、彼らが目指すフェスに出場するまでに、かなり問題がありそうです。技術もなければ自信もない4人が、ドラマが終わるまでに自分たちが追う夢にたどり着くことができるのか、期待しています。
50代女性
ロックバンドを目指す青年4人の物語のようです。夢に向かって頑張っていく4人ですが、そこには様々な困難があるのでしょう。そもそも正しいロックバンドというものが何なのかよくわかりまんが、このドラマを観ることで何かが見えてくるのかもしれません。日本最大級の音楽フェス【電撃ロックフェス】出場を目指し、彼らが頑張っていく様子をドラマを観ながら応援したいと思います。4人のキャラはそれぞれ個性的ですが、その点もこのドラマの魅力かもしれません。春に季節に相応しい、元気が出るようなドラマだと思うので、今から始まるのが楽しみです。
50代男性
日テレが4月から制作・放映予定の「正しいロックバンドの作り方」は、音楽好きなら誰でも憧れるロックフェスへ出場する過程を描いたドラマです。4人の仲間が集結し、バンド活動を通した現代の若者が抱える悩みや苦労を乗り越えていくストーリーとなると予想、音楽活動やバンド結成を夢見る人は必見となるドラマとなるでしょう。音楽の好みは人それぞれで、バンドを組んだからといっても決して趣向が同じとは限らなく、音楽的な主導権争いや、ときにはパーソナルな部分でのいがみ合いも発生します。そのあたりも含めてドラマは展開されるものと考えられます。ジャニーズのメンバー2人と芸術・俳優の分野からの2人が構成メンバー。さて、どのような化学反応が起き音楽やドラマで表現されるのか!あるいは核分裂して暴発してしまうのか!今から非常に楽しみにしています。
50代女性
シンドラの大ファンなので、楽しみにしています!ジャニオタというのもありますが、30分で見やすいですし、大抵の場合内容がありきたりなものではなくて、凄く面白いので!12弾となる今回は藤井流星くんと神山智洋くんがロックフェスを目指す青年達を演じるなんて、もう最高です。想像しただけで、ワクワクする内容です。ドラマで彼らがバンドで歌ってる姿が見れるのは、ジャニオタにとっては大ボーナスです。嬉しすぎます。特に、やはり関西ジュニア出身者は基本、面白いですから、笑わせてくれるという部分にも大きく期待しています。イケメンが面白いと、最高です!
30代女性
いつの間にか忘れてしまった夢を持つ気持ちや、前向きに毎日を楽しんでいた若いころを思い出せそうなドラマだなと感じています。若いころ友達にも元カレにもバンドマンがいたので、凄く懐かしい気持ちになりました。思い出に浸りながらこのドラマを見たいなと思っています。また、ドラマの中の彼らを応援する気持ちで温かく見守りたいなとも思いました。ジャニーズのかっこいい面々の演技にも期待したいです。実際楽器を演奏するシーンもあるのかと期待しています。楽器を演奏する男性の姿はかっこいいと思っているので、そういったシーンが楽しみです。
20代女性
大好きなアイドルグループ「ジャニーズWEST」のメンバー、藤井流星くんと神山智洋くんが主演するこのドラマとても期待しています。ジャニーズWESTのメンバーがシンドラ枠に出演するのはなんと3度目。しかも藤井流星くんは、シンドラ枠でのメンバー共演が濵田崇裕くんに次いで2度目。着実に俳優としての階段を上っています。グループ内では高身長を生かし、モデル業にも励んでいるものの天然っぽい発言が話題に。また、W主演の神山くんは数々のドラマ・映画に出演。グループ内でもマルチな才能を持ち、しっかり者のイメージが定着している彼が目標も夢も見当たらない、いまどきの大学生を演じます。2人の化学反応が垣間見れるのはこのドラマならではじゃないかと思います。
30代男性
人情喜劇という謳い文句がちょっと気になっています。バンドというから全部アイドルでくるかなって思ってたら栗原類さんがいたりと少し異色ドラマを匂わす感じが何か期待感があります。予告コメントを聞いてみてもまだストーリーの流れがあまり読めないのでとりあえず観てから判断しようと思いますが明快な印象をコメントから受けたのできっと笑いあり感動ありなドラマな予感がします。それにしても藤井さんの髪の色が気になって仕方ありません。以前はもう少し黒くて大人びた雰囲気だったのでそっちで攻めてほしかったのですがおそらく役に入り込むためだと思うのでバンドマンらしい痛快な演技を期待しています。
30代女性
ジャニーズWESTの藤井流星さんと神山智洋さんが出演されるのでファンとしてはとても楽しみです。ロックの話なので、普段とは違う演技や歌声が聞けるのではないかと期待しています。共演者も栗原類さん、吉田健悟さんといった演技力のある方々なので演技力にも期待できます。特に藤井流星さんは今まで役者としても出演経験があるため演技力には期待しています。笑って泣ける青春ストーリーに期待しています。また主題歌はジャニーズWESTが歌うのか、メインキャストで歌うのかというのも楽しみにしています。他のキャスト発表も楽しみです
30代女性
ジャニーWESTの神山君と藤井君のドラマでの久しぶりの共演しかも兄弟役ということでとても楽しみにしています。普段はどちらかというと神山君がしっかりしていてお兄さんな感じがあるのですが、今回は藤井君がお兄さん役ということなので、二人がお芝居でどんな兄弟感を見せてくれるかが期待されます。特に神山君はドラマで見ることがあまりないので、久しぶりのドラマで活躍してくれればいいなと思います。主題歌もジャニーWESTと言うことなのですが、ドラマのテーマがバンドなので、主題歌もちょっとバンド感のある曲なのかも気になるところです。
50代女性
決してキラキラした成功物語ではないところが面白そうだなと思っています。バンドという仲間がいろいろな問題に直面しながらどう乗り越えたりしていくのか見てみたいなあという気持ちでいっぱいです。出演者に栗原類さんがいて、かなり個性的で役どころも不思議な感じみたいなので、どんなキャラクターになっているのか楽しみです。ジャニーズWESTの藤井流星さん、神山智洋さんもどんなお芝居をするのかとても楽しみです。若いからこそ味わえる感情を画面を通じて感じたいなあと思っています。4人で演奏しているシーンやどんな歌を歌うのかも楽しみだなあと思っています。
40代女性
ジャニーズWEST藤井流星さん、神山智洋さんが出演されることでファンとしとは、二人の歌声や演技力に期待しています。ロックということなので、いつもとは違う歌声が聞けるのではないかと楽しみです。共演者も栗原類さん、吉田健悟さんといった方々で個性的なメンバーなので、どんなロックバンドになるのか楽しみです。夢を追い続ける不器用な青年達がロックフェスに出ることを目指すストーリーなので、親近感が湧く設定なので家族で見れると思います。特に藤井流星さんは今までいくつかのドラマに出演されているので演技力も期待できると思います。
30代女性
ジャニーズの二人を含む4人がバンドを結成し涙と苦悩を経験しながら成長し電撃ロックフェスを目指していく物語ですけども4人ともとても個性的な人物像になっており3人が26歳で一人は21歳というアベコベな4人になっております。性格もバラバラな設定になっており特にオギノはかなりのマイペース人間でありつつ常に冷静で客観視できる貴重な存在になってようです。ですのでこのドラマをより面白くしてくれてそうなのはこのオギノかもしれませんのでオギノに私は一番注目しております。みなさん誰に注目してるかはそれぞれ違うと思いますけども、とにかく楽しみです。
20代女性
近年、新感覚の番組作りに意欲的な日テレが、これまでありそうでなかったドラマを制作・放送します。その名も「正しいロックバンドの作り方」。4月からオンエアされる予定で、概要は著名なロックフェスティバルに出場するため20代の若い男子が結集、悪戦苦闘するストーリーです。例によってジャニーズのグループメンバーが出演しますが、ジャニーズWESTの藤井流星・神山智洋両名は、ちょっとジャニーズっぽくなくロックテイストがあり、個人的には好感を持っています。それから吉田健悟さん栗原類さんが加わり、この合計4名がロックバンドメンバーとなります。キーポイントは特異な雰囲気を持つ栗原類さんではないかと私は密かに思っています。彼の中世的ななんとも言えないたたずまいや振る舞いは、ある意味特殊な魅力が必要なバンド、あるいは番組には有効で、他のドラマとはちょっと違うよねという印象を持ってもらうときに有効だと考えます。そのあたりに注目・期待し視聴したいと思っています。

SNSの反応【#正しいロックバンドの作り方】

 

もっと見る

ドラマ『正しいロックバンドの作り方』の見どころ

見どころポイント①〈個性的なキャラクター〉
悲しみの向こう側のメンバーは皆個性的。特に個性が強いのは栗原類演じるオギノ。オギノは一人称も「オギノ」。栗原類本人もバラエティなどで活躍し、独特な世界観を持っていてはまり役です。特に変なことは言っていないのに、口調と雰囲気でオギノの独特さを表現しています。しかし、バンドの変なメイクに反対していたことに関してはまともな意見を述べ、変人ながらも冷静に物事を見る目も持っているキャラクターです。
見どころポイント①〈ほぼワンシチュエーションなのに飽きない展開!〉
深夜ドラマは予算がないため、派手な演出は出来ません。しかしこのドラマは派手なことは起きないのに30分飽きずに楽しめます。カフェ、写真スタジオ、病院、と毎回ほとんど一つの場所から動かない「ワンシチュエーション」なのにどんどん展開が進んでいきます。
メイン4人のばかばかしさと、そこにゲストが加わって話はおかしな方向へ。そのゲストたちがなかなかの曲者揃いで、簡単に思うようにはいきません。ときには警察のように問題を解決する4人ですが、その過程で仲間の大切さやバンドへの想いが高まっていきます。キャラの濃い出演者たちによって、コロコロ転がっていくストーリに注目です!

出演者関連作品リンク

栗原類

ドラマ『ルパンの娘』
→変人泥棒一家の中でもかなり変人な引きこもりハッカーを演じる栗原類に注目!

神山智洋

ドラマ『CHEAT チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(第2話ゲスト出演)
→人の心を見抜く主人公が、詐欺師を騙し返し摘発する集団「チート」のメンバーとなり、詐欺師たちを懲らしめる!