映画「天気の子」を見逃し動画無料フル視聴!

映画「天気の子」無料でフル動画視聴するには・・・

映画「天気の子」は『U-NEXT』にて配信決定!
☀️5月27日(水)より配信開始☀️

『U-NEXT』は日本最大級の動画作品数『最大14万本作品』公開中!
最新作映画も多数動画配信。
31日間無料トライアル特典でもらえる『600円』相当のポイントを利用すれば・・
映画「天気の子」を『無料』で動画視聴可能です!

★「U-NEXT」おすすめ3大ポイント

  1. 動画配信数は日本最大級!最大【14万本】が視聴可能!
  2. ドラマや映画はもちろんアニメ、ドキュメンタリー、LIVE映像などの多様な作品ジャンル!
  3. 継続利用で『毎月1200円分』のポイントが貰える!ポイントは電子書籍や、新作映画を購入可能!

●『U-NEXT』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『U-NEXT』ユーザー
気がついたらU-NEXTに入会していました。実は最近までやめていたのですが、電子書籍や昔の映画なんかも視聴できることを知ってまた入会してみようかなと思ったのがきっかけです。アニメも豊富で作品も見飽きないぐらいたくさん作品があるので退屈しないで済みそうです。とりあえずU-NEXTに入っておけば話題になっている映画なんかも見られるので得した気分になります。【30代・女性】

映画「天気の子」無料動画を検索

●第1話〜最終回まで全話フル動画視聴

U-NEXT

●動画共有サイト

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
上記動画共有サイトには公式で配信されている動画もありますが、なかには違法にアップロードされた動画もあるので注意が必要です。ウイルス感染のリスク等も否定できないので自己責任でのご利用をお願いします。

■『天気の子』動画配信サービス配信予定表
(2020年5月27日より配信スタート予定)

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi △(個別課金) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT △(個別課金) U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
Amazon Prime video △(個別課金) Amazon Prime video(準備中)

配信状況最終更新日 2020.05.22

映画『天気の子』をU-NEXTで無料視聴するには

新海誠の最新映画『天気の子』が各VOD配信サービスで配信が決定しました!(2020年5月27日配信予定)

  • U-NEXT
  • Paravi
  • Amazon Prime video

現在、上記この3つのVOD配信サービスが配信予定となっています。映画『天気の子』は最新作の作品になるので個別課金が必要です。

各VOD個別課金予定表
  • U-NEXT→440円
  • Paravi→400円
  • Amazon Prime video→SD(標準画質)2000円、HD(高画質)2500円

どのVOD配信サービスでも課金が必要となってくるのですが、このなかでもU-NEXTの場合、初回登録特典で「600円」相当のポイントが無料で貰えてしまいます。実はこの無料で貰えてしまうポイントで映画『天気の子』が無料視聴が可能です。他のVOD配信サービスだと個別に課金が必要になってしまうので注意が必要です!

無料で視聴できる方法として、ここでは「U-NEXT」で映画『天気の子』が無料視聴出来る方法をご説明致します。

他のVOD配信サービスだと個別課金が必要となってしまいますが「U-NEXT」だと初回登録特典で貰える「600」円相当のポイントで映画『天気の子』が無料で視聴出来てしまいます。

それではU-NEXTの登録と解約の方法を具体的にみていきましょう。

U-NEXTの無料トライアルに登録

●登録のやり方

登録はPCやスマホでの登録となります。先にアプリをダウンロードしておくとスムーズに動画視聴が可能です。

  1. U-NEXTのTOPページから 「まずは31日間無料体験」ボタンを押します。

    U-NEXT・TOPページ

  2. 「31日間無料体験」というページから「次へ」ボタンを押して進み、個人情報の入力をします(名前、メールアドレス、パスワードなどの入力をします)

    お客様情報入力ページ

  3. 決済情報の入力をし、完了ページになったら登録完了です。

●解約のやり方
パソコンやスマホで公式サイトにアクセスします(アプリでは解約は出来ません。)

  1. アカウントページから【設定・サポートボタン】を選択します。
  2. 下部に【契約内容の確認・変更】があるので選択。ページの一番下の方にあります。

    お客様サポートページ

  3. 契約内容の確認・変更ページへ移ります。『月額サービス』の欄にある [ 解約はこちら ] を選択(次のページで任意のアンケートが表示されます、回答なしでも大丈夫です。)

    契約内容の確認・変更ページ

  4. 解約をチェックし、「解約する」ボタンを押して完了です。(再登録も可能です)

映画「天気の子」関連作品

新海誠作品が多数配信中!

★新海誠監督作品

 

新海誠監督作品

  • 君の名は(個別課金)
  • 言の葉の庭
  • 秒速5センチメートル
  • 雲の向こう、約束の場所
  • 星を追う子ども
  • ほしのこえ(個別課金)
  • 彼女と彼女の猫 -Everything Flows-

上記の個別課金作品もU-NEXTのポイントで購入可能です。

★醍醐虎汰朗 出演作品

 

醍醐虎汰朗 出演作品

  • 舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~ヒートアップ~
  • 舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~
  • 舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~

★森七菜 出演作品

森七菜 出演作品

  • エール
  • 地獄少女
  • 東京喰種 トーキョーグール【S】
  • 最初の晩餐

映画「天気の子」<ABOUT>

公式HP 公式Twitter

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

(出典:映画「天気の子」日本公式サイト

キャスト

森七菜、 上白石萌音、 醍醐虎汰朗、 佐倉 綾音、 梶裕貴、 本田 翼

映画「天気の子」感想(ネタバレ含む)

40代男性
背景や情景がリアルでとても美しい世界観です。アニメーションを見るだけでも価値があると思います。舞台は雨の日が多く続くようになった東京で天気を操る力を手に入れた女子高生と離島から家出してきた男子校生が出会うことで展開していきます。局地的に晴れを起こすことが出来る陽菜の能力を活かして2人はウェブで『晴れ女』を売りに商売を始めますが、余りにも人気殺到しすぎたため休業することに。そして、警察に追われる帆高と児相から逃げる陽菜と弟の逃避行が始まります。その渦中陽菜の能力の代償を知ることになり話はクライマックスへと突き進んでいきます。感想としては思春期特有のの周りが見えなくなって、自分達さえ良ければいいというエゴイズムにモヤモヤしました。映像はとても美しいです。
40代女性
話題の新海誠監督の最新作ということでとても楽しみにしていた作品でしたが、実際に劇場で鑑賞してみて期待以上だったと感じました。ストーリー展開も起承転結がはっきしりていてわかりやすかったですが、作品ラストの内容には驚いてしまいました。帆高くんが陽菜ちゃんを助ける為に自ら法に手を染め、罰せられるようなことをしてでも守りたかった存在になったというのは、見ていて嬉しくも胸が締めつけられる想いでした。結果、陽菜ちゃんを無事に助け出すことは出来ましたが、それが世界を変えてしまうことになるなんてきっと帆高くんは想像もしていなかったと思います。そして陽菜ちゃんを助け出したことで世界からは雨が止まなくなってしまい、人間は雨と共に生活していく方法を作り出していったというのは、ある意味、環境汚染が続く未来の世界を予想したかのようなストーリーで衝撃を受けました。とても面白い作品でした。
20代男性
新海誠さんの作品ということだけあってとにかく作画が美しいてす。天気がテーマなので空のシーンがたくさん出てきます。空の青、雲の動きがとても素敵でそれも見るだけでも価値があると思います。そしてストーリーもとてもよく最初から最後まで飽きのこない展開となっています。新海さんの作品よく出てくるセリフがなく日常を音楽とアニメーションだけで過ごしていくシーンがとても爽快で印象的です。音楽を担当したRADWINPSの楽曲とてともマッチしていて見ていてキャラクターのやさが伝わってきてワクワクします。ラストの展開もとても好きで、中2病的な真っ直ぐさに泣かされました。
40代女性
この映画自体は壮大かつSFのような作品であり、観ているこちらも息を呑む映像や音楽に彩られています。雨粒1つから街全体までの繊細な映し方、場面場面に様々な姿を見せるオーケストラのような音楽など、芸術作品としてみても圧巻の域に達しています。ただ、この映画ではもっと小さな人間的な部分に強くフォーカスを当てています。それは、子供と大人の精神の対比です。世の中について何も知らないけれどもがむしゃらに前に進もうとする子供、世の中について多くを経験したからこそ立ち止まる大人、その姿が色濃く映し出されています。だからこそ、子供が観ても大人が観ても、心に刺さる作品になってるのだと思います。どんな世代でも何かしら感じることがある作品です。
40代男性
新海誠監督ということで、「君の名は。」からのこちらの映画はどうしても比較してしまいますが、新たな監督の才能と技術力を観たような気がします。そしてこちらの作品も結果的には前作を越える大ヒット。監督のコンセプトが今の時代にピッタリということの現れです。今回タイトルにもあるようにお天気に左右される運命の子、陽菜にあの透き通る可愛い声の森七菜さん。声優としてもご活躍とのことで、本当に陽菜役に相応しい声でした。そして、離島から東京にやって来た帆高と出会います。この二人と陽菜の三人で「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力がある陽菜と仕事をするというのですが、今時の子というスマホやパソコンを使い、SNSでささっと出来てしまう所に、現代アニメーションの流れを感じました。なんといっても見所はやはり、景色です。忠実に再現された街並みなどにはすごく拘り、苦労したとおっしゃっていた監督。ストーリーも勿論のこと、背景も楽しました。
20代女性
親子で拝見しましたが、大人も子供も楽しめるアニメーションは、なかなか無いと思う中、こちらは最初から最後まで、展開が読めずにドキドキが止まらない映画でした。こんなにときめくアニメーションの理由はと考えてみましたが、やはり新海誠監督マジックとでも言いましょうか。一度観たら十份という枠に収まらず、もう一回観たいと心残りを感じさせるリピート感があるからではと思われます。あそこのあの場面がもう一度観たいと思ったり、子供でも理解出来る展開こそまた観たくなったりします。まるで某遊園地のようです。その掻き立てられる心を作るのが新海誠監督の技だと思いました。
30代女性
新海誠監督の映画ということで、ワクワクして映画館へ観に行きました。感想は、とってもおもしろかったです。天気の子ということで、雨の描写が多い映画になっていますが、その描き方が繊細でとても綺麗でした。ひなさんが依頼された地域に晴れを訪れさせるために一生懸命がんばるシーンは、きっと祈れば祈るほどひなさんの命が削られてしまうのだろうな、、と予想できたので、見ていて辛くなりました。ひなさんがいなくなってしまった後、おかしくなったようにひなさんを探しまくる穂高の姿を見ていると、本当に涙が止まりませんでした。二人のピュアな恋心が素敵で、見入ってしまいました。音楽も映画とマッチしており、話の内容も分かりやすいため、どの年代の方も楽しめる映画になっていると思います。
30代男性
アニメーションと言えば、声優さんで決まるであろう映画の価値ですが、「君の名は。」の前作についで、素晴らしいキャスティングでした。主役の陽菜役にはブレイク中の女優であり声優もご経験の森七菜さん。我が儘かと思いきや、しっかり自分のビジョンを立てて弟と二人で暮らす少女役を担当されてましたが、台詞の強弱の弱の言い回しがとても可愛く、声でも美少女ぶりを発揮していました。また醍醐虎太朗さんは挙動不審ぶりをリアルに表現し、あたふたした時の息づかいまでも少年らしくて良かったです。そしてヒットアニメーションには必ず出演されている神木隆之介さんや花澤香菜さん、大御所野沢雅子さん、平泉成さんなどバラエティー豊かな声が見所です。
20代女性
私が映画「天気の子」の見どころだと思うポイントは、リアルな東京の描写に対し天気を題材にしファンタジー要素に恋愛要素が追体験できる所です。上京した主人公が東京でバイトをしながら生活を送るのは、見ている側に共感をもたらし、自然と応援したくなりヒロインとの交流で知る事になる天候を自在に操る能力の存在など刺激的な要素も多いです。主人公の恋心も年相応で不器用で無鉄砲な場面はありますが、ヒロインを追いかけるシーンはとても盛り上がります。前作「君の名は。」のキャラをゲスト出演するので見ていて「あ」と驚く可能性大です。
30代女性
一番の見所は陽菜が晴れを祈ったときに、ぱーっと太陽が現れるシーン。このシーンが本当に美しいし、RADWIMPSさんの歌も重なるとさらにすばらしいシーンとなる。異常気象が続く日本では少しの晴れでも嬉しくて、2人が始めた商売が大成功していくところが嬉しかった。でも、そう長くは続かず晴れにする能力には限界があって、どうなるんだろうとドキドキした。人柱として犠牲になることを選んだ陽菜とそれを許さない帆高。二人は天気を犠牲にして生きることを選んだ。そんな終わり方があるのかと斬新過ぎて驚いた。ラストには賛否両論もあると聞いたが、私はこのラストが好きだと思った。そして人々は、異常気象が続いてもそんな天気の中で楽しく生きていくのだと感じた。映画を見る前に友達に「晴れにする話」と聞いていたのだが、要約しすぎだと思っていた。だけど私も友達に聞かれるとそう答えてしまうかもしれないと映画を見て思った。