映画「翔んで埼玉」の動画を無料でフル視聴!<空前絶後のディスり合戦開幕!>

映画「翔んで埼玉」

映画「翔んで埼玉」無料でフル動画視聴するには・・・

映画「翔んで埼玉」は『U-NEXT』にて
2019年9月11日よりデジタル配信が決定!!

『U-NEXT』は日本最大級の動画作品数『最大14万本作品』公開中!
最新作映画も多数動画配信。
31日間無料トライアル特典でもらえる『600円』相当のポイントを利用すれば・・
映画「翔んで埼玉」を『無料』で動画視聴可能です!

さらに、継続特典でもらえる『1200円』相当のポイントを毎月タダでもらえる!

映画「翔んで埼玉」無料動画を検索

■動画共有サイト

YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
上記動画共有サイトには公式で配信されている動画もありますが、なかには違法にアップロードされた動画もあるので注意が必要です。ウイルス感染のリスク等も否定できないので自己責任でのご利用をお願いします。

映画「翔んで埼玉」<ABOUT>

埼玉県の農道を、1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、東京に向かって走っている。カーラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始める――。
その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。
東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、生徒会長として君臨していた。しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。
麗は実は隠れ埼玉県人で、通行手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。
2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線のリーダーであり、壇ノ浦家に仕える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、百美と麗は東京に立ち向かう。果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか――!?

(出典:映画「翔んで埼玉」公式サイト

キャスト

二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演) / 中尾彬 /
間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹

映画「翔んで埼玉」感想(ネタバレ含む)

40代男性
有名な埼玉ディスリ漫画「翔んで埼玉」を映画化したもの。やや誇張気味な衣装や言動を動画で、漫画の世界をよく伝えている。埼玉県出身の有名人のことをある程度知っていると、本編で登場する様々な遊び心が楽しめる。逆に、埼玉県について関心がない人が見ても面白さが伝わりにくいかもしれない。
他の映画「翔んで埼玉」感想はここをクリック
40代女性
“埼玉の自虐映画「翔んで埼玉」ですが、近隣の関東各県もディスられています。でも何となく納得できてしまうので悔しい。関東在住であれば笑える動画のシーンもたくさんあると思います。最初はGACKTに高校生役は無理だと思いましたが、違和感がなかったので驚きました。”
20代男性
映画「翔んで埼玉」はこれは、埼玉の住んでいる人もしくはそれらの人たちのあるあるネタをぶち込んだ会心に映画です。埼玉県人が東京に対する憧れ、もしくは、千葉などに対する考え方などをおもしろおかしく描いているので楽しめる作品だと思います。
40代女性
映画「翔んで埼玉」は東京人が一番上という設定動画自体が面白くて、埼玉の小ネタもあり楽しかったです。現在と過去(ラジオ)で交互に物語が進んでいくところも違う意味での面白さがあったと思います。埼玉と千葉の決戦はくだらない言い合い的な合戦が楽しかったです。
40代男性
“先ず、未完のまま「伝説の漫画」となっていた作品どう実写化するんだろう・・とかなり懐疑的には考えていたが、完成した作品を目の当たりにしてその完成度に驚いた。GACKTや二階堂などキャスティングも漫画の世界観をなんら損なうことなく、ファンタジー(都市伝説)パートと現実パートの巧みな融合、ギャグと適度な熱さの盛り込み具合もドラマを盛り上げていてまったく破綻がない。”
40代男性
映画「翔んで埼玉」は主役であるガクトと二階堂ふみの動画の演技が素晴らしかったです。ガクトは高校生の役を完璧にこなしており、ミュージシャンとしてだけでなく役者としても素晴らしいと思いました。埼玉県民開放のための運動はリアルで良かったです。
40代女性
くだらないストーリーだけど、出演者が豪華で本気で演じているので、めちゃくちゃ面白い映画でした。GACKTと伊勢谷さんのBL?ともとれるシーンには、ドキドキしてしまいました。イケメンだったからなおさらです。また動画見たいです。
30代女性
“この映画「翔んで埼玉」は埼玉に在住している人は一番楽しめると思います。パロディ要素の多い内容ではありますが、頷ける部分がとても多いです。海がないことの劣等感、都会への憧れ、ダサイタマと揶揄されることなど…。東京の隣にありながら他県への劣等感が強いのは埼玉県民ならではでないでしょうか。
埼玉県民以外の方でも他県と比較されることや人気の県に対する劣等感など、共感できることが多いと思いますしコミカルに描いていてとても面白い内容となっています。
原作と映画では多少内容が異なっています。映画ではより翔んで埼玉をリアルに感じることができるのではないでしょうか。若干BL要素がありますが、GACKTと二階堂ふみさんの演技は性別の垣根を超えた素晴らしい演技をされているので、苦手な方でもすんなり動画は観れると思います。
埼玉県民として一番の見所はエンディングでしょうか。はなわさんが歌うエンディングは埼玉県民はすごく共感できると思いますし、面白かったです。劇場に来ていた埼玉県民みんなが笑っていましたので、ぜひエンディングまで逃さず見て欲しいと思います。”
30代男性
見どころはなんと言っても埼玉県の軽快なディスりっぷりです。そして、原作漫画の再現度合いのクオリティです。この映画「翔んで埼玉」にGACKTが主演することに驚きましたが、きっちりと役を演じ切っていて素晴らしかったです。
40代女性
「埼玉県を徹底的にディスる!」兎に角この一言に尽きます。物語初めのGackt氏登場シーンでの数ヵ国語を流暢に喋る箇所、気絶してしまった二階堂ふみ氏を介抱し、後のキスシーン、白馬に乗る場面、マントを翻す姿、兎に角、Gackt氏が格好いい?これだけでも見る価値満点です。
40代男性
学園ラブコメかと思いきや、どんどん壮大になっていくストーリーの振り切れ方が素晴らしく、めちゃめちゃ楽しい暴走コメディでした。なんといっても、主人公の美少年二人を演じたGacktと二階堂ふみが素晴らしい!ふつうに考えたら、ボーイズラブの似合う美少年アイドルが演じそうなところを、この雰囲気、この演技力の二人に決めたキャスティングがいちばんの勝因だと思いました。
40代女性
「埼玉県を徹底的にディスる!」兎に角この一言に尽きます。物語初めのGackt氏登場シーンでの数ヵ国語を流暢に喋る箇所、気絶してしまった二階堂ふみ氏を介抱し、後のキスシーン、白馬に乗る動画の場面、マントを翻す姿、兎に角、Gackt氏が格好いい?これだけでも見る価値満点です。
40代女性
随分と経ってからの映画化ですが、魔夜峰央さんのぶっ飛んだ設定や動画の内容はかなり頑張って表現されているかと思います。年齢設定ガン無視でガクトが出てたり、二階堂ふみさんも男性役という面白さ。またもう一回見て埼玉県人ではないけど、ディスられっぷりに笑いたい作品です。
40代男性
原作に見られた埼玉県民への非人道的差別行為はさすがに映像化にあたって薄味になっていたが、主人公とヒロインの少し「ロミオとジュリエット」入った恋愛模様と周囲の人々のドタバタ具合が観客の心に響くものと言えます。
20代女性
なんといっても見所は東京都民の口から発せられる、埼玉を馬鹿にするセリフの豊富なバリエーションです。数ある名言の中でも、「そこら辺の草でも食わしておけ!埼玉県民ならそれで治る。」というセリフは、東京都民から埼玉県民に対する差別っぷりがすごく伝わるセリフで、この作品の代表するから名言だと思います。この映画では、言葉でも、情景描写でもかなり埼玉をディスっていますが、逆に埼玉への愛にも溢れている作品で、埼玉のこともよく知れる作品にになっているので、埼玉県民以外の人はもちろんですが、埼玉県民の人も面白く見れる作品だと思います。
30代女性
埼玉のディスり方のバリエーションがこんなにあるか!と思うくらいの埼玉ディスが飛び出します。埼玉だけでこんなにみんなで盛り上がれる、埼玉を見直してしまいました。二階堂ふみさんやGacktさんの美しさの素晴らしい無駄遣いが最高です!
20代女性
翔んで埼玉は旦那と観に行きました。最初は、「なにこれ、何が言いたいか全然伝わらない!」というところからはじまりました。二階堂ふみとGACKTのコンビにより、少しずつ世界観に引きずり込まれてって、しょーもないことを真面目にやってる姿に笑わされました。本当に都会人なのかと試された学校でのことや、埼玉と千葉の戦のやり方が有名人をつかってるとこ、GACKTがピーナッツを鼻に突っ込まれてるところは映画館内で笑いをこらえるのに必死でした。DVDレンタルして休日に旦那とまた動画を観たいなと思っています!
40代女性
出演者がみんなキャラクターにはまっていた。特にGacktさんは、漫画の世界を違和感なく演じられて、素晴らしかった。面白かったのは、格付けさながらの空気当てと、埼玉VS千葉の有名人垂れ幕のところだ。最後のはなわの歌がとどめを指した見事な作品だった。
40代女性
“理屈抜きでとても面白かった。特にガクトさんが、格付けさながらの都内空気当てや、埼玉VS千葉の、有名人垂れ幕合戦は大笑いした。自分は埼玉に住んでいるが、嫌な気どころか何だか誇らしい気持ちになった。最後のはなわの歌も最高だった。”
40代男性
“原作は読んでなかったが、まず「飛んで埼玉」というタイトルに惹かれ思わず見てしまった。埼玉県は、自分が住む県の隣だがご当地ネタが満載で笑いが止まらなかった。けっこう自分のツボにはまっていた。埼玉と千葉との対決、東京へのコンプレックスと見所満載だった。”