ドラマ「特捜9 season3」を見逃し動画無料フル視聴!

最新情報

第5話以降のドラマ『特捜9 season3』の放送が延期となりました。放送再開するまで過去の傑作選を放送予定です。

ドラマ『特捜9 season3』動画

『特捜9 season3』動画視聴

テレ朝ドラマ『特捜9 season3』はU-NEXTで配信されると思われます。

U-NEXT(ユーネクスト)には31日間の無料お試し体験期間があります!
無料期間でもポイントがプレゼントされるのでお得にコンテンツを楽しめます♪


  1. U-NEXTの無料期間は31日間(初回登録ユーザー限定!)
  2. 無料登録完了と同時に600円分のポイントをプレゼント!課金コンテンツも視聴できます。
  3. 解約違約金などももちろんないので、安心して動画や電子書籍も楽しめます!
様々なVODサービスがある中で料金もそこそこの安さで色々な番組を見られるので満足している。私の場合は好きなテレビがHuluに割りと集約されており、地方に在住のためリアルタイムで見ることができないテレビも見られる。個人的に海外ドラマやアニメ、洋画などをいつも多く見るが、種類もたくさんあってとても重宝している。いつもとは違う物を見たいなと思ったらHuluオリジナルのドラマなどもあるので、良い息抜きになる。【20代女性】

ドラマ「特捜9 season3」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル動画視聴

U-NEXT

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『特捜9 season3』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi × Paravi詳細(準備中)
U-NEXT △(個別課金) U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.06.03

<ドラマ『特捜9 season3』第4話>
「殺人の城」
2020年4月29日(水曜)夜21時00分

TVer テレ朝キャッチアップ GYAO!
【公式】第4話あらすじ

警視庁捜査一課特捜班のメンバー・新藤亮(山田裕貴)が休日、ネットの生配信番組「マジシャンズ・ライ~マジシャンのトリック見抜いて100万円~」の観覧に出かける。番組はマジシャンがその場で披露するマジックを、挑戦者の一般人が見破るという内容だった。
先週、トリックを見破られたミステリオ遠野(渋江譲二)と、遠野を追い詰めた江上秀平(池内万作)の対決が始まった直後、事件が起きる。本番中、マジックのネタとなる古文書に触れていた江上が突然せき込み、スタッフが差し出した水を飲んだ途端、のどをかきむしりながら転倒。その直後、口から煙を吐き出している様子が全世界に配信されてしまう。
現場に駆け付けた浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、番組プロデューサー兼司会の磯山真司(水橋研二)らに聞き込みを行うなど、捜査を開始。すると、本番前に江上の楽屋から飛び出してきた少年がいることがわかり、水に毒を入れた可能性が浮上する。
青柳靖(吹越満)が遠野を怪しむ一方、小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)はマジックのネタを明かす「マジシャンズ・ライ」に抗議文を送っていたマジシャンの組合を訪ねる。志保たちはそこで、江上の過去にまつわる驚きの事実を知ることに。
江上の楽屋から飛び出した少年を探す直樹と新藤はやがて、高校を中退して働く志倉登(小原唯和)にたどり着く。しかし、登は直樹らを見た途端に逃げてしまい…。

【出典:「特捜9 season3」第4話あらすじ

第4話 ネタバレはここをクリック
特捜の新藤刑事は、休日にネット生配信「マジシャンのトリック見抜いて100万円」の観覧に出かけた際、舞台上で出演者の江上が咳き込みだし、水を飲んだ後倒れ込んだ。新藤刑事が側によると口から白い煙を吐いていた。亡くなった原因は生石灰で水を飲んだときに反応して煙が発生し喉が焼けたものだった。捜査をはじめた特捜メンバーは、江上の楽屋から若い男性が飛び出してきたという証言がわかり、江上と幼い頃関係があった志賀登の名前がわかった。江上がマジシャン時代、登を公園に連れていった時に木から落ち肩を複雑骨折し野球を諦めていた。その後、江上は姿を消していた。ネットで江上を見つけ賞金を貰おうと思い会いに行ったものだった。楽屋から帰るときに女性にぶつかりのど飴を落としていた事を聞いたことで、のど飴に生石灰が仕込まれていたことがわかった。女性にのど飴を持って行かせトイレに捨てた犯人はプロデューサーの磯山だった。今の何十倍も稼げるチャンスを逃したくなかったのが理由だった。
第4話 感想はここをクリック
30代女性
マジックのたねをバラすなんて言語道断で、江南さんは元マジシャンということも分かって、何かしら裏があると言うことが明らかにわかるけど、誰なのか分からない。ミステリアス遠野は元マジシャンと言うことがわからずに対決させられて怒り狂ってたらしいから怪しい。
30代男性
江上が窒息死で死んだのがとてもビックリしました。江上が元マジシャンだったのがとてもビックリしました。遠野が江上をすごく恨んでいたのがとても面白くてよかったです。青柳達が遠野につきまとっていたのが笑えてよかったです。
30代男性
喉が焼きたたれて窒息死してしまったらしくて、喉が水を飲んだだけでただれるなんて怖い。
マジシャンのミステリアス遠野を犯人と言った瞬間に新藤がそんなわけはないと言う反応をしていて、それがすごく面白かった。
30代男性
このドラマの中で奇術組合という団体が出てくるのですがそんな組合があったなんて初耳でした。やっぱりテレビでマジックの種明かしをされたらたまったものではないのでしょうね。でもマジックのタネを明かしてくれた方が番組の視聴率は上がりそうだと思いました。
30代男性
警備員の江上にトリックを見破られたというマジシャンのミステリオ遠野の因縁の対決と銘打ったイベントを多くの観客が見に来ているのが可笑しく、金儲けならば何でも利用するプロデューサーの磯山のイヤらしさが感じられ、出演者を道具としか思っていないクズだろう。

<ドラマ『特捜9 season3』第3話>
「殺しのオムライス」
2020年4月22日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました。

【公式】第3話あらすじ

フレンチレストランのオーナー・栗原俊也(斉藤悠)が店内で撲殺されているのが見つかる。特捜班メンバーが臨場すると、凶器は見つかっておらず、レジから売上金が盗まれていた。第一発見者となった従業員の青山香織(佐藤玲)は、栗原の横暴な仕事ぶりに反感を持っていたと告白しつつ、犯行推定時刻、ヘッドスパに行っていたと告げる。
現場でどこか風景の写っている写真の切れ端を見つけ、不審に思った浅輪直樹(井ノ原快彦)は鑑識の佐久間朗(宮近海斗)に解析を依頼。その後、香織のアリバイを確かめるため、ヘッドスパの店を訪ねる。
ヘッドスパリストの江藤ゆり子(真飛聖)は香織の話した通りの時間、施術をしていたと証言。香織は施術料が高額にも関わらず、ゆり子の店に足しげく通っていたようで、ゆり子は、顧客たちが頭のマッサージを受けるだけでなく、さまざまな悩みを打ち明けているのだと話す。
数日後、直樹が栗原の店で見つけた風景写真の切れ端に写っていた場所を訪ねていると、近くの一軒家から悲鳴が聞こえてくる。会社役員をしている篠田浩一(緋田康人)が頭から血を流し、死んでいるのを外出先から帰宅した妻の絵美子(山口香緒里)が発見したのだ。
ふたつの事件は同一犯によるものなのか? 特捜班が捜査を進めると、ゆり子、香織、絵美子の3人の、幼い頃の壮絶な体験が明らかになり…。

【出典:「特捜9 season3」第3話あらすじ

第3話 ネタバレはここをクリック
フレンチレストランで撲殺された遺体が見つかった。被害者は、オーナーの栗原俊也。第一発見者は、従業員の青山香織。犯行推定時刻は、ヘッドスパに行っていたと話す。現場を立ち去る際、風景写真の切れ端を見つけた浅輪直樹。その後、香織のアリバイ確認にヘッドスパ店を訪ねた。ヘッドスパリスト・江藤ゆり子は、犯行推定時刻は香織の施術をしていたと証言。栗原の店で発見した風景写真の場所が判明し、数日後、直樹はその場所を訪ねた。すると突然、悲鳴が聞こえた。近くの一軒家から、助けを求め女性が飛び出して来た。自宅で死んでいる夫を発見した、妻の絵美子であった。関係がないと思われた2つの事件。特捜班が捜査を進めると、香織・ゆり子・絵美子の3人は、虐待を受けていたことが分かった。ゆり子は、顧客の施術をする他に悩みも聞き、相手の心に入り込むことが得意だった。そして、自分が虐待する父親を殺したように、香織と絵美子に憎い相手を消すことを持ち掛けた。完璧なアリバイを作るために仕組まれた、交換殺人事件であったのだ。
第3話 感想はここをクリック
30代女性
新藤が値段が高いと言っていたのがとても面白くてよかったです。新藤が頭をマッサージ受けていたのがとてもビックリしました。香織が何回もマッサージに通っていたのがとてもビックリしました。香織にアリバイがあったのが驚きました。
30代男性
フレンチレストランのレジで事件というのがリアリティ過ぎて私は怖くて顔から火が出そうだったです。仕事ぶりに反感を持たれていたというのもびっくりするくらい怖いです。まさか自分も狙われるのではないかという恐怖感に襲われてしまいました。
30代男性
新班長・国木田って必要?って思えて来ました。鑑識に頼むのを控えろとかちょいちょい細かいこと言うだけであとは定時で帰るし。前班長と違って可愛げがないんですけど~。事件はなかなか高度な作りになっていて面白かったです。タイトルが「殺しのオムライス」だったのでオムライスを食べて殺害されるのかと思ってたけど、殺しの動機だったんですね。
30代男性
1話もそうでしたが、最後は思わず(!?)泣きました。警察も誰も信じられず殺人鬼になり果てるなんて、悲しすぎます。あと、実行犯は予想とちょっと違って、交換殺人だったんだ!と思いました。あんな弱弱しい奥さんが見ず知らずの屈強な男を殺せるなんて、ちょっと失敗してましたけど・・・恐っ!て。
30代男性
殺害事件の現場となったレストランの厨房で矢沢はちゃんと捜索しているのに、チャラい青柳は鍋を持ってバッティングのように振り回すおふざけに呆れてしまい、どちらも刑事という立場でもここまで違う動きをみせるとは十人十色とはよく言ったものだ。

<ドラマ『特捜9 season3』第2話>
「妻の死体を運んだ男」
2020年4月15日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました。

【公式】第2話あらすじ

警視庁捜査一課特捜班の浅輪直樹(井ノ原快彦)と新藤亮(山田裕貴)は、たまたま「目を離したすきにスーツケースを盗まれた」と主張する男性・八田義和(永井大)に遭遇。一緒に彼の荷物を探していた。
そこへ、特捜班メンバー・村瀬健吾(津田寛治)から連絡が入り、造船所に遺棄されたスーツケースの中から週刊誌記者・柴山里美(雛形あきこ)の遺体が発見されたと知る。状況を聞いた直樹は、驚愕…! 遺体が入っていたスーツケースと八田が盗まれたと主張するものの特徴が、一致したのだ。しかも、殺害された里美は八田の元妻だとわかる。
八田によると前夜、里美から「話がある」と自宅に呼び出されたものの、彼女は留守で室内にはスーツケースだけが置いてあったという。以前も、急な出張が決まった里美に頼まれて荷物をホテルまで運んだ経験があった八田は、まさか中に遺体が入っているとは思わず、気を利かせたつもりでスーツケースをホテルまで運ぶことにしたのだと話す。しかし、あまりに重かったため道の脇に置いてタクシーを探しに行ったところ、その間にスーツケースが消えていた、と振り返る。八田はまた、里美とは彼女の浮気が原因で別れたが、離婚後も友人のような関係が続いていたとも打ち明ける…。
すぐに捜査に乗り出した、特捜班。里美が勤務する週刊誌の編集長・門倉哲夫(松田賢二)によれば、里美はエース級の記者で敵も多かった模様。最近も人気俳優・加賀美涼平(町井祥真)のスキャンダルをスクープしたばかりで、その違約金は2億円ともいわれていた。さらに里美は、国会議員・海藤誠一郎(徳山秀典)の秘書・牧村祐二(矢島健一)の名刺を所持していた。しかも、里美の自宅からはノートパソコンやファイルなどが持ち出されていることが判明。犯人の狙いは、里美の取材データだったのか…!? それとも記事にされた者が、逆恨みで殺害に及んだのか…!?
元夫の八田、里美の浮気相手・寺川秀介(金井勇太)、俳優・加賀美、議員秘書の牧村を手分けして調べていく特捜班メンバーたち。捜査を進めるうち、里美が握っていた情報が見えてきて…?

【出典:「特捜9 season3」第2話あらすじ

第2話 ネタバレはここをクリック
主人公の浅輪刑事と部下の進藤刑事がスーツケースを失くしたというスポーツインストラクターに対応していると、浅輪刑事に、別の場所でスーツケースに入った女性の遺体が発見されたという電話がかかってくる。被害者は彼らが応対していたスポーツインストラクターの元妻で週刊誌記者の女性だった。すぐに彼が容疑者となり取り調べを受けるが彼女の浮気相手(と彼が勘違いしていた)男の話をして釈放され、彼女の周りの容疑者として他に議員と俳優が挙がり、特捜班はいつものように3手に分かれて捜査を進める。その過程で被害者が議員と浮気相手だと思われていた男の勤めていた会社の収賄事件を追っていたことがわかり、さらに捜査を進めていくとその男が犯人だとわかる。後日、浅輪刑事は、被害者の元夫に会いに行ったところで事件の話は終わり、最後に新しい主任が特捜班にやってきたところで、話は終わる。
第2話 感想はここをクリック
30代女性
ラストが意外と衝撃的な展開でした。中村梅雀が1話から登場していましたが、まさかの新しい係長に就任するとは思いませんでした。しかも定時には帰り、捜査はしないという宣言も面白く、中々のキャラぶりにも注目してしまいました。
30代男性
自分本意な犯人に対して、イノッチが怒って犯人につかみかかっていた。普段はトッポイ感じだが、情熱を秘めた男である。まあ、犯人は、スポーツ選手をバカにしすぎだな、確かに筋肉脳で、単純ではあるが、それは別の話だよ。最後に登場した管理職のおっさん、典型的なことなかれ上司だな。
30代男性
特捜班は、浅輪さんを中心として、ますますチームワークが良くなりました。今回の事件は、記者をしていた奥さんが殺され、殺人の疑いがかけられた八田が中心でした。犯人は、国会議員の贈賄事件の情報を渡した人でしたが、浅輪が奥さんの本当の気持ちを八田に知らせたことがとても良かったです。愛し合っていてやり直そうとしていたのです。特捜の刑事たちは、事件を解決するだけでなく、関係した人たちに寄り添うところがとても好きです。きっと今までの班長が温かい人だったからだと思います。だから次の班長がとても気になっていたのですが、中村梅雀さんが演じる国木田が就任しました。捜査はしないと断言していたので、みんなとうまくやっていけるのか心配ですが、活躍を期待したいです。
30代男性
スーツケースが無くなった男性と浅輪刑事が会っている時に、その中に女の人が入っていたと電話が入って、浅輪刑事の驚いた様子がとても分かった。殺された女性は恨みをかられていたらしく誰が殺したのか気になるところ。
スーツケースに入ってた遺体は、無くなったと被害を届けた男性の元奥さんだったことが発覚し、この人が殺したのでは無いかと思うけどどうなんだろう。元奥さんの家に入って勝手にスーツケースを取り出したのは変な話。
30代男性
直樹と新藤がスーツケースを探していたのがとても面白くてよかったです。遺体がスーツケースに入っていたのがとてもビックリしました。遺体が八田の元妻だったのがとてもビックリしました。八田が事情を聞かれていたのが笑えてよかったです。

<ドラマ『特捜9 season3』第1話>

2020年4月8日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信は終了しました

【公式】第1話あらすじ
前班長が去ってから9カ月…。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班のもとには、捜査一課からの応援要請が来なくなり、メンバーは警備など地道な仕事にばかり駆り出されていた。組織内には、特捜班への遺恨を持ったまま警視庁を追われた元刑事部長・三原達朗(飯田基祐)の影響力が、いまだに残っていたのだ…。
そんなある日、特捜班が多摩川の河川敷で防犯イベントの警備に当たっていたところ、市長の挨拶を橋上で見学していた市民が突如、銃撃される事件が発生! 直樹はすぐさま倒れた男性のもとに駆けつけるが、すでに絶命していた。しかも、現場は東京都と神奈川県の境にあたり、どちらの管轄になるか両警察が互いにけん制しあう微妙な空気に…。
だが、そこに颯爽と現れたのは、あの三原だった。降格人事で警察庁に戻され、刑事局広域捜査担当審議官に就任した三原は、この事件を現在捜査中の連続殺人の3件目として捜査すると宣言する。
その連続殺人事件とは――1件目は池袋で中華料理チェーンの経営者が、2件目は横浜でイベント企画会社の社長が同じライフル銃で射殺されたというもの。被害者2人につながりはなく、捜査本部は無差別連続殺人と考えていた。そして特捜班が居合わせた3件目の事件の被害者は、退職したばかりの元刑事・北村龍一(モロ師岡)と判明。確かに殺された3人には接点はなさそうだが、本当に無差別殺人と断定してよいのだろうか…!? 疑問を抱いた直樹は無要請にもかかわらず、特捜班のメンバーと手分けして捜査を開始する…!

【出典:「特捜9 season3」第1話あらすじ

第1話 ネタバレはここをクリック
前班長が去ってから9ヶ月が経ち、井ノ原快彦さん演じる浅輪直樹達特捜班のもとには、捜査一課からの要請がなくなり、メンバー達は警備など地味な仕事ばかり駆り出されていまのだ。組織内には特捜班への遺恨を持ったまま警視庁を追われた元刑事部長の三原の影響が残っていたのである。そんなある日、多摩川の河川敷で防犯イベントの警備に当たっていたメンバー達の目の前で市長の挨拶を橋上で見ていた市民が突如銃撃される事件が発生したのだ。浅輪直樹はすぐに被害者のもとへ駆けつけるがすでに絶命していたのだ。現場は東京都と神奈川県の境にあり、どちらの管轄になるか両警察が互いにけん刺し合うなんともいえない空気だったのだ。しかもそこに現れたのは元刑事部長の三原だったのだ。
第1話 感想はここをクリック
30代女性
新藤以外の特捜班の制服姿を初めて見たのでとても新鮮でした。特に青柳さんの制服姿が似合ってなさすぎて笑ってしまいました。レアな姿が見られて、特捜9のファンとしては嬉しかったです。みんななんだかコスプレ感があるのがなんだか可笑しかったです。
30代男性
やっぱり羽田さんの演技はすごく好きですね。捜査会議する場面でも羽田さんの意見はすごく的確だと思うので絶対に殉職とかそんな展開にはしないで欲しいです。あと渡瀬さんの意思を継いでみんなで事件解決に勤しんで欲しいです。
30代男性
特捜ナインは好きなドラマなんですが、このドラマを見るたんびにいつも渡瀬さんのことを思い出して辛くなってしまうので、正直渡瀬さんが亡くなったところで綺麗に終わらせて欲しかったです。井ノ原さんが主演だとイマイチ締まりが無いと思います。
30代男性
みんなで捜査をしていたのがとても面白くてよかったです。浅輪が新藤の話を聞いてなかったのがとても笑えてよかったです。浅輪がお店の荷物を運んでいたのがとても優しいなと思います。青柳と矢沢がとても仲良しで面白くよかったです。
30代男性
ライフル銃で遠距離から射殺された元警察官の北村の経歴は絵に描いたような出世コースを示していて資料を読んでいた志保が思わず相当な優秀者と呟いた事に、相棒の村瀬が敏感に反応して志保の方を睨むように見てしまう姿が可笑しく、早く出世して愛しい志保を振り向かせるぐらいに村瀬もなって欲しいモノだ。

<ドラマ『特捜9 season3』傑作選>
「警視庁捜査一課9係 season1」第1話「偽証の連鎖」
2020年5月6日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信はありません。

【公式】あらすじ

新米刑事の浅輪直樹(井ノ原快彦)が異動先の警視庁捜査一課9係に向かっている途中、ケーキを手に走ってきた女性と衝突し、新調したジャケットがケーキまみれに。その後、近くの公園から女性の悲鳴と遠ざかるヒールの音が聞こえてくる。現場に駆け付けた直樹だったが、倒れた男の足を発見した直後、背後から鉄パイプで殴られ、その場に倒れてしまう。
数時間後、意識を取り戻した直樹は胸を刺されて死んでいる男性と、背中を刺されて死んでいる女性を発見。さらに近くの石段の下には、頭から血を流している男性も。直樹が携帯で連絡を入れると、9係の刑事、小宮山志保(羽田美智子)、村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)がやって来るが…。

【出典:「特捜9 傑作選」あらすじ

ネタバレ感想はここをクリック

ネタバレ▼大洋テクノロジーに勤めている増田と料理研究家・恵理子が殺害された。そして、もう一人の若い男性Aも被害に遭っていた。直樹と倫太郎は、その男性Aがいる病院へ向かった。そして、病室で取り調べを始める。倫太郎は、オオオナモミの実を男性Aに見せて、反応を見た。警察では、村瀬たちが恵理子の夫に事情を聴いていた。青柳たちは、大洋テクノロジーへ行って職員たちに事情を聴く。直樹は、病院から出て行った男性Aを尾行する。病室に戻った男性Aは、事件当日のことを直樹たちにに話し始める。その現場には、武藤代議士の秘書がいたのだ。警察は、秘書に対して事情聴取を始めた。秘書は、現場にいたことを認めた。秘書は、武藤に頼まれて行動を監視していたのだ。死亡した二人の携帯電話を持ち去ったのは、秘書だった。

■感想

30代女性
井ノ原快彦さんが、「みんな若いっ!」と言っていたので、期待して見ていたら、本当に若くて、特に井ノ原快彦さんは、まだおにいちゃんという感じに見えました。羽田美智子さんも、とても若くて、キラキラしているなと思いました。
30代男性
テレ朝「特捜9 傑作選」 season1「偽証の連鎖」(2020.05.06放送分)の感想として、近くの公園から女性の悲鳴と遠ざかるヒールの音により、現場に駆け付けた直樹だったが、倒れた男の足を発見した直後、背後から鉄パイプで殴られ、その場に倒れてしまった事件は、とても大変だと思いました。ドラマを観ていて、犯人を捕まえたいと思いました。
30代男性
浅輪が係長に驚いていたのがとても面白くてよかったです。浅輪が係長と捜査していたのがとても面白くてよかったです。係長が勝手に荷物をいじっていたのが笑えてよかったです。係長がすごく細かく事情を聞いていたのが笑えてよかったです。
30代男性
やっぱり渡瀬さんが主演でいてくれるとすごく面白いです。あの物腰の柔らかいしょベリ方を聞くとすごく懐かしい気持ちになります。聞き込みのシーンもすごくいいですね。とても和んでしまいました。今回の事件もすごく面白いです。
30代男性
最初青柳は村瀬に乱暴だけど敬語使ってたのね仲間になれたって事かしら。みんなが若すぎて特捜の歴史を感じてしまう。初めて最初の方を見たので、見ていて興奮させられる。久しぶりに係長を見らことができて、すごく嬉しい。

「警視庁捜査一課9係 season1」第2話「殺人生録画」
2020年5月13日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信はありません。

【公式】あらすじ

警視庁の上層部が集まった会議室に呼び出された加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、公園で起きた殺人事件の捜査から手を引くよう命じられる。お得意のとぼけた調子で返事をごまかす倫太郎だったが、言うことをきかなければ部下にまで影響が及ぶと脅され従うほかない。
とはいえ、何の理由もなく手を引けと言われて9係のメンバーが素直に従うはずがない。浅輪直樹(井ノ原快彦)もそんな命令は聞けない、と言うが、当の倫太郎は「俺、君たちには命令してないよ」としれっとしている。
その矢先、青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)が手足を縛られた状態で発見されたという連絡が入る。どうやら倫太郎に捜査を止めるよう命じたその裏には、公安が何かしら関与しているようで、青柳たちの拉致も、公安の仕業の可能性が高い。
捜査をストップしろと上層部から言われた今、うかつに動くことはできないが、肝心の倫太郎からは命じられてはいない。そこで9係の面々は、捜査を続行することにする。やがて青柳と矢沢が行方を追っていた男が、戸籍が確定できない架空の人物であることが判明する。この人物の背景にも、公安の存在が見え隠れして…。

【出典:「特捜9 傑作選」あらすじ

ネタバレ感想はここをクリック

ネタバレ▼警視庁の上層部による会議が行われている中、加納倫太郎が呼び出され、公園で起きた殺人事件から手を引くように命じられる。倫太郎は捜査を続けたら部下にまで処分が下されると脅され、仕方なく従うことになる。同じ頃、9係の刑事・青柳靖と矢沢英明が手足を縛られた状態で発見され、無事に解放される。その裏には公安が事件に関与していると睨む。捜査から手を引くように釘を刺された9係だが、倫太郎は部下には一切捜査をするなと命令を下していないため、9係のメンバーは独自の捜査で事件を追い、青柳と矢沢が追跡した男性は、戸籍上では架空の人物であると同時に、公安との繋がりがあると推測する。そして、事件は真相にたどり着き、杉村の恋人・近藤雪乃が、増田と武藤恵理子を殺害し、その雪乃に、杉村殺害のビデオテープを送った張本人・磯崎は海外逃亡の前に、9係に逮捕されたのだった。

■感想

30代女性
青柳さんと矢沢さんが何とか生きててよかった。青柳さんが何かを隠していて、仲間割れが発生していて昔からこういうことをしていたんだなと笑ってしまう。公安が出てきていて、事件に関わって欲しくないからだろうなと思う。
30代男性
井ノ原快彦さんと、羽田美智子さんは、今とは違って、やっぱりまだ垢抜けない感じがしますが、吹越満さんは、体型も髪型もまったく変わっていなくて、すごいなと思いました。トレーニングなどをして、若さを保っているんだろうと思いました。
30代男性
青柳さんたちが電気ショックで気絶させられて、どうしたのか怖いなと思った。警察っておかしいことが多いと話していて、確かに事件を見ているとそうだなとつくづく思う。矢沢から連絡がないと奥さんが来て、こういう奥さんなんだなと初めて知った。
30代男性
羽田美智子さんが、取り調べ中に、随分カリカリと感情的な女性の役を演じているなと思ったら、「だから女はなめられる。夫婦げんかでもしたの?」と取り調べ中の女性に言われていて、羽田美智子さんにはかわいそうだけど、その通りだなと思いました。
30代男性
私は部下が傷つけられたら黙っていませんよの係長の言葉が印象出来で、かっこよかったです。今は亡き渡瀬恒彦さんが懐かしいです。公安警察がからんで事件が複雑になってきてましたが、加納係長が言葉少なに部下を誘導しているところや、ほかの刑事のコミカルな掛け合い。上昇志向の高い主任など今の9係のベースとなるものがすべて盛り込まれていて、興味深かったです。

「警視庁捜査一課9係 season1」第1話「一万年の殺人」
2020年5月20日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信はありません。

【公式】あらすじ

拳銃を手に宝石店を襲撃、逃走した2人組の強盗犯を追う浅輪直樹(井ノ原快彦)。現在の肩書は渋谷中央警察署刑事課主任だ。走る直樹は目の前に突然若い男が現れ、接触し倒れてしまう。男は直樹を羨望の眼差しで見返すと新宿中央署の新藤亮(山田裕貴)と自己紹介し、直樹と一緒に追跡を開始。その後、ショッピングモールに逃げ込んだ強盗犯の身柄を直樹が見事に確保する。
翌日、直樹に人事から呼び出しの電話が入る。警視総監室に向かった直樹は、神田川警視総監(里見浩太朗)から、しがらみに左右されず初動捜査から送検まで一手に行うチーム「特別捜査班」の立ち上げを聞かされ、班長に任命された宗方朔太郎(寺尾聰)と対面する。
「特捜班」は現状、宗方と直樹の2人きり…。宗方から「特捜班」のメンバーを集めるように言われた直樹だが、小宮山志保(羽田美智子)や村瀬健吾(津田寛治)には相手にされず、話を聞いてくれたのは矢沢英明(田口浩正)だけだった。更に矢沢によると、青柳靖(吹越満)は退職しているという。直樹は矢沢とともに青柳に直談判をしに行くが、「戻っても同じ事の繰り返しだろ?」と言われてしまう。
そんな中、東中野署に配属されている村瀬から「特捜班」へ“出動要請”が入る。縄文土器の発掘現場で女性大学講師の遺体が発見され、状況証拠から自殺と判断されていたが、村瀬は他殺を疑っていて…?

【出典:「特捜9 傑作選」あらすじ

ネタバレ感想はここをクリック

ネタバレ▼新宿の宝石店で強盗があり、浅輪と新藤が2人の犯人を捕まえる。宗方が逮捕に協力し浅輪が礼を言う。警視総監が宗方が特別捜査班を任せると言う。浅輪は解散された9係と同じ運命にならないか心配すると、浅輪は班長の宗方からメンバーを集めろと言われ、小宮山は断る。大学に泥棒が入り村瀬が捜査する。青柳にも断わられる。矢澤は協力すると言う。縄文土器の発掘現場で大学講師の美穂の遺体が見つかり青酸カリ入りの瓶が落ちていた。浅輪が現場に行く。服毒自殺が疑われたが遺体に、もがき苦しんだ形跡がない。小宮山は美穂が足が悪いのを覚えていた。村瀬と小宮山が捜査班に来る。美穂は変形性膝関節症で妊娠していたと早瀬川が言う。下足痕から誰かが美穂の靴を履いた疑いがある。高森大臣から柴崎刑事部長に自殺で処理するように言われた様だが警視総監は柴崎に捜査をしろと言う。井出教授の本が美穂の部屋にあった。ハート型土偶がなくなっていた。井出の作った10個の土偶の一つだ。猪狩がバラバラの土偶を復元した。美穂の子供の父は井出だった。妊娠すると美穂を大学から追い出そうとした。美穂が夜、土偶を持って井出に会うと美穂は井出と争って倒れる。井出の部下が美穂を運んで自殺に見せ掛け、井出が壊れた土偶をゼミの部屋に他の壊した土偶と混ぜ泥棒の仕業に偽装した。井出は高森大臣が盟友だと言うが、浅輪は逮捕する。小宮山と村瀬と青柳が班に入る。浅輪が主任になる。

■感想

30代女性
矢沢が青柳に怒られていたのがとても面白くてよかったです。青柳が警察を辞めたことを話してなかったのがとてもビックリしました。矢沢が入ってくれることになったのがよかったです。村瀬が上から目線なのが笑えてよかったです。
30代男性
独身街道まっしぐらな特捜班の紅一点の小宮山が本屋ですぐに手に取った一冊が幸せのための男の選び方という、小宮山の心の中を完全に暴いたようなタイトルが可笑しく、その本を見始める表情の真剣さには爆笑してしまったが、婚カツの熱心さはわかるものの立ち読みはよくないと教えたい。
30代男性
以前のメンバーの話を聞いて回っている井ノ原快彦さんを見ていると、警察組織というのは、想像以上に、かなり強いしがらみがあって、大変そうだなと思いました。一度、失敗したと認識されたら、それから先の警察人生は、ますます大変になるのだろうと思いました。
30代男性
羽田美智子さんが、真っ赤なルージュに、赤のブラウスがよく似合っていて、ツヤツヤしているなと思いました。素の羽田美智子さんは、結構、抜けているところがあり、お茶目な女性だと思いますが、デキる女風の役も似合うなと思いました。
30代男性
朝食に妻が焼いたクロワッサンを食べる家庭は、日本にどれくらいあるんだろう?と思いました。井ノ原快彦さんは、実際の家庭の食卓で食べているより、もしかしたら、ドラマの中でのほうが朝食らしい朝食を食べているのではないかなと思いました。

「警視庁捜査一課9係 season1」第4話「床下の白骨死体」
2020年5月27日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信はありません。

【公式】あらすじ

リフォーム中の一軒家の床下から白骨遺体が見つかり、浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班のメンバーが現場に駆けつける。遺体は男性で、死後5年以上が経過していると判明。さらにこの家の関係者に元警察官がいることや、この人物が直樹たちに近しい人と関わりがあることまでわかる。
監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)の鑑定の結果、白骨遺体の死因は撲殺と判明。小宮山志保(羽田美智子)、村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)は遺体とともに見つかった遺留品から身元を探るべく捜査を進める。
その矢先、思いもしない人物が、「犯人は自分だ」と殺人を告白するのだが…!?

【出典:「特捜9 傑作選」あらすじ

ネタバレ感想はここをクリック

ネタバレ▼の床下からリフォーム工事に際して発見された白骨遺体。現場に駆けつけた浅輪直樹たちだったが、家の主である三好加奈子は関与を否定した。調べたところ、遺体は男性で、死後5年以上が経過していた。三好加奈子の母は既に亡くなっていて、父三好泰三は元警察官で、現在はグループホームに入居している。三好泰三と同僚して面識のあった鑑識課の猪狩哲治と共に浅輪直樹は、三好泰三を訪ねたものの、認知症を患っていて、事件に関する聞き取りは困難だった。そんな中、遺体の身元も判明し、脅迫の前科を持つ中原という男と分かった。中原はシロアリ駆除業者を騙って7年前、三好家に出入りしていたのだ。その中原は、三好加奈子を駆け落ちに誘っていた事実も判明した。複雑な人間関係が明らかとなってゆく中、三好泰三は猪狩哲治を突然呼び出して、「自分がやった」と殺人を告白。捜査が混迷を深める中、事件解決の鍵となったのは、三好泰三の亡き妻が残した「リフォームはしないことと」とした書き置きだった。

■感想

30代女性
の床下からリフォーム工事に際して発見された白骨遺体。現場に駆けつけた浅輪直樹たちだったが、家の主である三好加奈子は関与を否定した。調べたところ、遺体は男性で、死後5年以上が経過していた。三好加奈子の母は既に亡くなっていて、父三好泰三は元警察官で、現在はグループホームに入居している。三好泰三と同僚して面識のあった鑑識課の猪狩哲治と共に浅輪直樹は、三好泰三を訪ねたものの、認知症を患っていて、事件に関する聞き取りは困難だった。そんな中、遺体の身元も判明し、脅迫の前科を持つ中原という男と分かった。中原はシロアリ駆除業者を騙って7年前、三好家に出入りしていたのだ。その中原は、三好加奈子を駆け落ちに誘っていた事実も判明した。複雑な人間関係が明らかとなってゆく中、三好泰三は猪狩哲治を突然呼び出して、「自分がやった」と殺人を告白。捜査が混迷を深める中、事件解決の鍵となったのは、三好泰三の亡き妻が残した「リフォームはしないことと」とした書き置きだった。
30代男性
対馬さんに対しては救いがあるようなないようなエンドで、娘さんと親方にとっては救いのあるエンド。
村瀬と小宮山さんが新しい2人の門出を見守るの深いなと思う。人形師のおば様が被害者回や!
青柳さんと矢沢さんがちびっ子に振り回される回や!
30代男性
さすが傑作選!老いと家族。人間の哀しさ。でも最後に残った小さな希望。そして事件を解く鍵も皆、面白かったー♪何より伊東四朗さんと小松政夫さんが並んでたのが胸アツだったし、伊東四朗さんと羽田美智子さんも別の2サス感あって満足3倍だったー。
30代男性
いつか、浅輪「そうか!あの頃はみんなマスクをしていたから気付かれずに犯行現場を離れることができたんだ・・・!」とか、テレワークを利用したアリバイトリックとか、この苦境をもドラマの糧にしてくれるって信じてるよ、特捜班。
30代男性
以前見たはずの内容でしたが、忘れている部分も多く楽しんで見ることができました。震災時の計画停電が事件解決のヒントとなるなど、現実に起こった出来事とドラマの内容がリンクしている点は良かったと思います。伊東四朗さんと小松政夫さんの二人が並んでいる姿がとても印象的でした。

「警視庁捜査一課9係 season1」第5話「殺人ハーモニカ」
2020年6月3日(水曜)夜21時00分

TVer、テレ朝キャッチアップ、GAYO!での見逃し無料配信はありません。

【公式】あらすじ

高名な女性人形師の殴殺死体が自宅の工房で見つかる。第一発見者は近くで野球をしていた小学生で、ボールを探すため工房に入ったところ、偶然、遺体を発見したという。被害者は近所で“子ども嫌い”として知られ、日頃から子どもたちに厳しく接していた人物だった。
現場に駆けつけた浅輪直樹(井ノ原快彦)は、遺体の手のひらに残された謎の圧迫痕が気にかかる。監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)の見立てでは死の直前、何かを強く握った痕と思われたが、現場にあった人形制作の道具とはどれも一致しなかった。
捜査を開始した直樹と新藤亮(山田裕貴)は事件の1週間前、被害者がある人物と偶然、再会していた事実をつかむ。さらに14年前、被害者の夫が不審な転落事故で亡くなり、その目撃者が驚きの人物だとわかる。

【出典:「特捜9 傑作選」あらすじ

ネタバレ感想はここをクリック

ネタバレ▼数年前に人形作家の三橋貴志が階段から落ちて亡くなってしまう。死ぬ直前に保育園の先生が接触していたことがわかり色々と事情を聞くと「大丈夫だ」と言っていたので救急車を呼ばなかったため亡くなってしまったことがわかる。それから月日が流れ三橋の妻であるりょう子が自宅で亡くなっているのが発見される。そこには指紋のない五月人形があり捜査が開始される。その後、ダイゴという青年が三橋家に出入りしていたことがわかり子供時代、ゲーム欲しさに高価な五月人形を盗んでしまい過去に三橋先生を階段から突き落としてしまったことが判明する。事件の真相はりょう子を殺したのはダイゴの母親で過去にダイゴが三橋貴志を階段から突き落とした場面を目撃していた。そして、りょう子とダイゴの母親が親子問題について口論になったことがきっかけで殺してしまったことが明らかになり、殺人を犯した時の服が自宅の庭から証拠として発見されるのだった。

■感想

30代男性
班長のマイペースな雰囲気が大好きです。重大な局面の時だけ前に出てくる姿勢がすごくかっこいいですね。それから今回の話は話がちょっとややこしい感じがしました。過去の事件と色々と繋がっていて考えるのに苦労しました。
30代男性
遺体を発見した小学校の啓太とまだ幼い子供だけに捜査を担当する特捜班の中で唯一の女性である志保が話を聞くだろうなと思っていたのに、子どもから見れば一番怪しい大人に思えてしまう印象しかない青柳が話を聞くとはビックリ、啓太が素直に話してしまうのは青柳の優しさが伝わったからか怖さからとも、どちらにも受け取れるように感じるのが面白い。
20代女性
考えさせられる話だった。殺された怖いおばちゃんは、本当は優しい面もあって旦那さん想いだったんだなと思うと、人柄がしっかりしていてよかったと思う。実際にあんなおばちゃんがいたら近づきたくはないと思った。
30代女性
特捜班の班長のである宗方が殺害された人形作りの職人だった涼子が制作中だった日本人形を作り上げてしまう行動にはビックリさせられ、青柳の勝手な事と指摘した言葉がピッタリなのに、全く悪気なく自身の考えを遠回しに淡々と伝える宗方の自由さに爆笑してしまった。
20代女性
青柳さんの少年に対してぐいぐい行くけど、なんか気取っているのに、かっこいい感じが好き。傑作選を観ていると、「コンビ」強調新藤くんの言葉がちゃんと現実味を帯びて浅輪主任とのタッグに繋がってるって感じられる。

ドラマ『特捜9 season3』について

公式HP 公式Twitter
Introduction

あの個性派刑事たちが帰ってくる!『season3』はメンバーの個性が更に光る!!
2018年4月――井ノ原快彦主演で新たな歴史を歩みはじめた『特捜9』は、視聴者の高い支持を集め、平均視聴率14.0%を記録しました。その翌年の4月期にお送りした『season2』では、レギュラー放送初回直前にオンエアした『特捜9スペシャル』が13.0%の高視聴率をマーク。第1話も15.2%を獲得し、全11回平均で13.0%という好成績を収め、人気シリーズの座を確立しました(※視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。関東地区)。
そしていよいよこの春、『season3』が開幕します! 『特捜9 season3』では、個性が強すぎるゆえにぶつかり合いながらも事件解決に挑む特捜班メンバーが更に全力疾走で事件の真相にせまっていきます! ひとりひとりの個性=ポテンシャルを最大限に引き出すストーリー展開で、ほかに類を見ない、『特捜9』ならではの“複眼捜査”の面白さを今まで以上に骨太に描きだしていきます。
折しも2020年は、オリンピック・パラリンピックイヤー。自身の可能性を信じて努力を重ね、大舞台に挑むアスリートのごとく、特捜班刑事たちが新たなステージへと全力で疾走していきます!

【出典:ドラマ『特捜9 season3』イントロダクション

■Cast

浅輪直樹・・・井ノ原快彦

小宮山志保・・・羽田美智子
村瀬健吾・・・津田寛治
青柳 靖・・・吹越満
矢沢英明・・・田口浩正
新藤 亮・・・山田裕貴
佐久間朗・・・宮近海斗〈ジャニーズJr. / Travis Japan〉
浅輪倫子・・・中越典子
早瀬川真澄・・・原沙知絵
国木田誠二・・・中村梅雀

ドラマ『特捜9 season3』への期待

20代女性
ツイッターでまた新シリーズが発表されることを知ってとても楽しみにしています。安心して視聴ができるという気持ちでいっぱいなのですが、前班長が去ってしまいちょっと寂しいなと思った最後の前回のシーズンなのですが、また新たな気持ちで駆けて行って欲しいです。
コメントをもっと読む
20代女性
特捜9のシリーズは毎回観ているので、今回もどんな事件が起きてどんな展開になるのか楽しみにしています。season3は特捜班の班長が新しい人になるので、特捜班のメンバーと班長との関係性がどうなっていくのかも気になります。特捜班のメンバーはみんな演技が上手な人たちなので、観ているだけでその世界観に引き込まれるし、リアルに起こっていることのように錯覚することができます。特に主演の井ノ原快彦さんの優しさがにじみ出た演技が好きで、今回の作品も井ノ原さんの人柄が感じられる演技を楽しみにしています。特捜9らしい偶然の連続で奇跡的に事件を解決させる展開を楽しみにしています。
20代女性
サスペンス物のドラマの中で、登場人物たちの仲の良さなどがとても感じられますので、とても好きな作品です。多くのシリーズが作られている作品にも関わらず、全体を通してのストーリーや、事件一つ一つのクオリティーが落ちることがない印象があり、長い間楽しん観ることができています。出演している俳優陣も、個性豊かなそれぞれのキャラクターを自然に演じていて、メインの登場人物たちの人間関係なども、毎回興味深く拝見しています。ほのぼのするやり取りの中に、熱い人情もののようなシーンも多く、新しいシリーズから出演する中村梅雀さんが、どのような変化をも取らしてくれるのかも楽しみなところです。
50代女性
これまで「特捜9」は、ときどき見るくらいであまり見ていませんでした。今回、season3が始まって、1回目・2回目と続けて見て、これは刑事ものと言うよりは人間観察ドラマだなと感じています。まず特捜班の9人のキャラクターの濃いこと!全員がクセモノ揃いで、会話を聞いているだけでもワクワクします。言ってみれば主任の浅輪がいちばん普通の人なわけで、そこはイノッチのほんわかとした雰囲気でうまくまとめられています。各回で繰り広げられる殺人事件の陰にも、さまざまな人間のドラマが丁寧に描いてあり、犯人探しだけでない楽しみがありました。新たに特捜班の班長になった国木田も、かなりのクセモノっぽいですね。これからどんな人間模様が描かれるのか、期待しています。
40代男性
前作で寺尾聡さんがいなくなり、実質のリーダーとなった井ノ原快彦さんのさらなる活躍に期待をしています。捜査9係のメンバーの主要メンバーはそのままですのでマンネリ化するのではなく更にチームワークと息のあった演技をしてくれることを期待しています。特に朝ドラ出演を経て大きく成長している山田裕貴さんの活躍を楽しみにしています。今作、新たに加入したのが中村梅雀さんで、敵なのか味方なのか話が進むにつれて明らかになってくるかと思いますが、渡瀬恒彦さん、寺尾聡さんのベテラン俳優さんのように新しい風を起こしてドラマを盛り上げてくれればと思っています。
30代女性
シーズンごとに成長し、今や主任として特捜班を引っ張る浅輪くん。彼と個性的な仲間たちのお陰でシリアスな場面も暗くなりすぎず、毎回の放送を楽しんで観ています。特捜班のメンバーは、いつも喧嘩しているようだけれどちゃんと認め合っていて、バラバラな操作が一つに繋がっていく様子が面白いです。内容は違っても、どの回も愛や絆の大切さを考えさせてくれるので、温かく切ない気持ちで観られる刑事ドラマです。毎回少しだけ登場する倫子ちゃんと浅輪くんの仲の良いやり取りがとても微笑ましく、これがなくちゃと楽しみにしています。今シーズンは新班長として中村梅雀さん演じる国木田誠二が加わり、これからどんな関係性を築いていくのか、ワクワクしています。
50代男性
強烈な個性なキャラクターの刑事達は一人一人を見ていてもとても楽しくて面白いのですが、コンビを組むとより面白さが増す気がします。しばらくこのドラマを見ていないので今回はどうなっているのかわからないのですが以前見ていた時は小宮山・村瀬のコンビと、青柳・矢沢のコンビが名コンビぶりを発揮していたので今回もこの2組のコンビが活躍するところを見てみたいです。小宮山・村瀬組はまるで夫婦なのかと思えるほどお互いを思い合い息も合っていましたしもしかしていつか本当に結婚してしまうのではないかと秘かに期待はしています。青柳・矢沢組はかなり性格も違うのですが不思議と息が合っていますし9班には欠かせないコンビなのでこのコンビの活躍からも目が離せません。
50代女性
個性的すぎる特別捜査班メンバーが見れると思うと嬉しいです。班長の席が9ヶ月空いていることで、村瀬警部補が班長になりたいのか昇進試験の準備をしてたけど、広報課の国木田警部が班長に就任してがっかりしたんじゃ無いかなと思います。国木田班長は、就任1発目に自分は捜査はしないって言ってたから、特別捜査班のメンバーとの関係性が今後の見どころの一つになるのかなと思います。村瀬刑事と青柳刑事の出し抜きあいも楽しみです。大人げない感じの2人に付き合っているバディの井沢刑事と小宮山刑事の苦労がわかる感じがします。でも、事件解決・犯人逮捕は特捜メンバーみんなのベクトルがあっているところがいいと思います。
40代男性
毎回楽しんで見ていたシリーズの第3シリーズ!個性豊かなメンバーをイノッチが取り仕切る!新メンバーも登場する様なので楽しみが増えます!実は私は出演する女優陣が大好きです。特に原沙知恵さんの大ファンで、強気で超美人な監察医をメインにした話を作って欲しいです。もっと活躍シーンを増やして欲しいです。でも、特捜9といえば、どうしても渡瀬恒彦さんを語らずに入られません。強く飄々として鋭く易しい、渡瀬恒彦さんの姿がよみがえって来ます。渡瀬魂を持ち、事件解決に挑む、特捜メンバーの活躍をこの春の楽しみにしたいと思います。
40代女性
最新話が見逃し配信していて、アンケートに答えれば無料で視聴できるところがすごく良いと思います。Webサイトを見ると、次回の予告も途中までのあらすじが細かく書かれていて興味をひかれます。番組公式グッズが発売されていて、ファンにとってはたまらないと思います。番組公式グッズはもっと種類が増えたら良いなと感じます。『season3』では中村梅雀さんが新しく登場して、警視庁総務部広報課の国木田誠二役をやるそうで、Webサイトで井ノ原くんが梅雀さんの加入により空気が変わったと話しているのを読んで、面白くなりそうで期待します!
30代男性
やっぱりこのドラマには渡瀬恒彦さんが必要だと改めて思ってしまいます。いつもみているのですが、妙にスカスカ感があり物語にイマイチ没入できません。なので、渡瀬さんではなくてもいいので大御所を中心に据えて欲しいですね。井ノ原さんでは力不足感が半端ではありません。事件の真相にたどり着くのも渡瀬さんの頃とはちょっとテイストが違うように感じてしまうので違和感です。結構博打かもしれませんが羽田さんを真ん中に据えてみるというのはいかがでしょうか。案外ハマるかもしれませんよ。一度でいいのでそのバージョンも見てみたいですね。
30代男性
この先のドラマの展開なんですがコロナウイルスの影響で色々と問題が起きてきそうですごく不安です。恐らくなんですが、ドラマは中止になると思います。ですが、事件は完結ものなのであまり影響はないと思いますが少しだけモヤモヤするのでしょうね。自分はこの特捜ナインの中で一番羽田さんが好きなのでもっと活躍している場面を見てみたいです。必ず彼女なら事件解決に尽力してくれると思います。あと井ノ原さんの演技が初めのシーズンに比べて結構良くなってきました。表情の作り方が自然にできるようになってきたのでこれからの展開に期待が持てます。
30代女性
とにかく個性派俳優と知的美女が集まっているドラマのシーズン3とあって、とても期待しているドラマです。
井ノ原快彦さん演じる浅輪直樹と、山田裕貴さん演じる進藤亮の関係性がどんな風に変わっていくのか、信頼できる関係となってからの2人のやり取りにも注目して見て行きたいと思います。
何よりも、浅輪のような上司がいれば、と思わせられるキャラクターにとても癒され、熱い思いに感動します。
メンバーそれぞれの個性が光る演技がとても見応えがあり、謎を解いていく展開の中でも人情味に溢れていて、気持ちが暖かくなるドラマだと思うので、楽しみです。

SNSの反応【#特捜9】

もっと見る

ドラマ『特捜9 season3』の見どころ

〈『警視庁捜査一課9係』から続くキャストの関係性〉
2006年から2017年まで続いた『警視庁捜査一課9係』の続きであるこの作品。9係シリーズは主演の渡瀬恒彦の逝去によって終了し、その後井ノ原快彦が主演を引き継ぐ形となりました。そんな悲しみをともに共有しているからこそ、キャストの絆は強く、それがそのままドラマの登場人物にも現れています。一見個性が強い警視庁捜査一課特別捜査班のメンバーですが、事件となれば一致団結。新入りだった山田裕貴もseason3ともなればすっかり馴染んできました。ドラマの歴史とともに成長する登場人物たちが、どんどん結束を増して事件解決していく姿が見どころです。

出演者関連作品

羽田美智子

ドラマ『隕石家族』
→隕石が来るからなんでもOK⁉︎ 家族を捨て学生時代の憧れの人を選ぶ母が、家族にビッグバンを巻き起こす!

津田寛治

ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 – 贖罪の奏鳴曲 -』
→かつて凶悪犯罪を犯した元少年Aである弁護士・御子柴礼司。そんな御子柴が過去の罪と向き合う苦悩をスリリングに描いたヒューマン法廷ミステリー!

山田裕貴

ドラマ『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』
→VR空間内で世代間バトルが繰り広げられる!ゆとり世代な山田裕貴に注目!