ドラマ「ボイス 110緊急指令室」を見逃し動画無料フル視聴!

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』動画視聴方法

ロボットカマクラくん
2019年夏ドラマ『ボイス 110緊急指令室』
日テレ公式配信「Hulu」で
第1話から全話(最終話)まで
フル動画配信予定でヤンス〜!!

Hulu』は完全無料で、
好きなドラマも完全見放題♪

初回2週間無料!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

Huluおすすめポイント

★コスパ最強!月額933円(税抜)!
★個別課金一切ナシ!
全配信作品が『完全見放題!』
★最大『50,000本以上』のドラマが見放題!
人気ドラマのスピンオフも独占配信!
★”いつでもどこでも”場所や時間を選ばずに好きなだけ視聴可能!

●『Hulu』ユーザーに”耳寄り情報”聴いてみた!

『Hulu』ユーザー
初めはスターウォーズ作品全作配信されているときに入会し、無料期間で見て解約しようと思っていました。実際利用してみると、新作映画の公開に合わせて関連作品が配信されたり、日本のドラマは放送直後からHuluで見れるようになったりとすごく便利で、解約せず継続して利用するようになりました。日本のテレビ番組やアニメ、バラエティ、洋画、海外ドラマなどジャンルも豊富にあるので、飽きることなく利用できます。また、アプリも使いやすく途中から再生もできるので通勤の間なども重宝しています。【20代・女性】

見逃し動画 検索

ロボットカマクラくん
<第1話>2019年7月13日(土曜)夜22時放送分
  • <第1話〜全話>をフル視聴!
Hulu
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
<最終回・第10話>
2019年9月21日放送分

  • 公式無料視聴(配信期間は放送後〜1週間後の放送開始前まで)
TVer 日テレ無料TADA!
第10話 ネタバレはここをクリック
雫の別荘に到着した樋口は血痕を発見し石川が中にいると確信する。ひかりが下からの音に気づき地下室があることが判明し樋口は地下室へと向かう。石川は雫に鉄球でも殴られ続け血まみれの状態で倒れていた。雫は侵入してきた樋口に気づき別荘に閉じ込める。地下室に到着した樋口は倒れている石川に気づき駆け寄るが後ろから雫に狙撃で襲われる。銃での撃ち合いになり雫は明かりを落とす。揉み合いになりながらもなんとか雫を追い詰めた樋口は雫に銃を向ける。応援が到着しひかりもそれを止めるが樋口は引き金を引いてしまう。しかし空撃ちになり結果雫を殺すことは出来なかった。雫は病院に搬送されるが本郷の指示があり協力者の院長により死亡したと見せかけ車に乗り込み逃走を成功してしまう。本郷の元へとやってきた雫は韓国に逃亡しろと告げるが雫はそれを承諾しなかった。ひかりは署長に署長室に来るよう指示を受け向かうとそこには雫が待ち構えていた。雫から殺害予告の入電を受けたECUだったがそこにひかりを人質にとった雫が現れる。ECUのメンバーを追い出した雫はひかりに馬乗りになり鉄球を振り上げる。その瞬間樋口が現れ雫の腕を狙撃する。雫に馬乗りになった樋口は鉄球を振り上げるが雫には振り落とさなかった。雫に生きろと告げた樋口は無事雫を逮捕する。本郷は雫に短刀を突き刺し地獄で会おうと告げそして自らにも突き刺した。ECUは認められ正式に活動を開始する。
第10話 感想はここをクリック
20代女性
しずくが捕まり、警察の内部も会長もみんな動き出して世の中が怖い。その人のせいで30人も死んでしまったのにもかかわらずに反省もせずに、笑っているのが憎たらしい。そして、協力者がいっぱいいることに腹が立つ。
30代女性
唐沢と伊勢谷がやり合うシーンは迫力がありすぎて心臓がドキドキでした。やるかやられるか、目が離せないシーン満載で見ごたえがありました。納得できる終わり方だったのでいい印象です。続編も期待したい作品でした。
20代女性
石川を躊躇なく殴り続ける雫が人でなしでとても恐怖でした。樋口が雫を追い詰め皆が制止する中銃を下ろさず引き金を引いてしまった気持ちが痛いほど伝わってきました。妻を惨殺され石川もズタボロにされ、殺してやりたいという気持ちが溢れ出ていてその気持ちは共感できてしまうなと思ってしまいました。あの怪物は生かしておくべきではないと思います。しかし本郷が雫のためならなんでもすると言っていてやはりいかれている親子だなと思いました。雫がまさかECUに入ってくるなんて大胆な行動をするとは驚きました。樋口に何度も撃たれてもなお笑い続ける雫は正真正銘の怪物です。樋口が雫を殺すのではなく生かすことで罰を与えると告げていてなるほど深いなと思いました。本郷が雫を殺害しに来て更には自殺もしていてやはり狂った親子だなと最後まで感じました。きっと本郷は雫を殺して救ってやりたかったのかなと思いました。もっと普通の親子だったらこんな結末ではなかっただろうにと悲しかったです。
40代男性
井上があの状態で何とか命を取り留めたのは無茶でしょう。アッパーがもろに入ったのはちょっと壮快でした。樋口と雫のプロレス的対決はかなり盛り上がりました。持っている銃にさはありましたが刑事ドラマでは関係ないですから。問題はその後です。橘がやっぱり足手まといなのはいいとしてその後の展開が個人的には納得がいかない。せめて拳で殴り合ってから最後の決着をつけて欲しかった。雫はいい悪役キャラでしたがラストにはじけきれなかった感があったのが残念です。このドラマは久しぶりにアクションに見ごたえが遭ったので時々はこういったドラマを制作してもらいたいです。
30代女性
ようやく本郷雫を追い詰め、逮捕したと思ったら、父親の手引きで逃亡に成功し、すんなり解決しないのかとハラハラでした。そして、雫は橘を殺すために警察へ乗り込みますが、逃亡した犯人がすんなり警察の内部に入っていけるのがあり得ないと思いながら見てしまいました。
<第9話>
2019年9月14日放送分

TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。

第9話 ネタバレはここをクリック
樋口たちは、トンネル崩落事故現場に駆け付けた。早速、中に入ろうとしていた。ひかりの能力を利用して、被害者の居場所を特定しようとしていた。しかし、ガスが漏れている可能性があり、慎重に進んでいった。ひかりの指摘は的確だった。天井が崩落することを把握していた。ひかりのアシストによって、樋口たちは危機を脱出できた。被害者の救出が進む中、ガス漏れの度合いが増していた。被害者を助け出した瞬間に、爆発してしまった。その後、無事に全員を救出できた。樋口は、被害者に「事故がどうして起きたのか」を聞く。樋口とひかりは、未希が残したボイスレコーダーを調べ始めた。分析を進めると、海の音が確認できた。樋口は、石川が内通者なのではと考えていた。樋口は、石川に直接聞くことにした。
第9話 感想はここをクリック
40代男性
序盤の展開が予想よりとんでもない展開で非常に見ごたえがありました。ある程度は筋が分かっているのですがトンネル内での制限された状況の中、ひたすら救出に向かう樋口達一行の姿に感服しました。消防の仕事ですがあえてそれは気にしないこととして橘のとんでもない能力とあわせて盛り上がりました。後半はこのドラマのクライマックスに向けて怒涛のネタバレでした。全体像はほぼ見えましたがあとひとつ謎は残されています。次で決着がつきますがどのようなドラマとなるのかすごく期待しています。
20代女性
シズクが怪物になってしまった原因は本郷会長だったとは。父親が人を殺している場面を見てしまい、母は自殺してしまう。たしかにそんな状況になったら人格が破綻してしまったり、精神が崩壊してしまうのかもしれません。だからといって、大量殺人をしていいわけではないですが。会長がシズクには強く言えなかったり隠蔽工作をする理由が分かった気がしました。
40代女性
“警察官でありながら、犯罪に手を染める石川の苦悩が切ないですね。実は沖原さんと同じ立場だったという。
殺され方も一緒にならない事を祈るばかりです。
それにしても、署長はじめ、内通者多数の警察署っていやですね。”
20代女性
透は完全にはめられてしまったんですね。お父さんの事故は映像を見る限り、本当は元々死んでいたようですし。それを知らずに、ずっと脅されていて、仲間を裏切る行為をさせられていた透は不憫で仕方ありません。そして、シズクの手にかけられてしまうなんて。なんとか助かって欲しいです。
20代女性
今回改めて、樋口とトオルの信頼関係というかアニキ・弟の絆を見られた気がしました。増田くんのアニキに対して自分の弱さを涙ながらに伝えるシーンの迫真の演技は素晴らしかったです。それを受け止めて、弱さに勝てと伝える唐沢さんの魂の演技はさすがの一言につきます。
<第8話>
2019年9月06日放送分

TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。

第8話 ネタバレはここをクリック
渉が自分を裏切ると気づいた雫は渉を殺害する。渉が残したカバンの中から真犯人の証拠だけ紛失していたことから、カバンを運んだ人物である透が内通者だとひかりは考える。しかし、樋口はそれを否定する。ひかりの家に雫が現れる。雫が3年前の消えた音声を再生すると、ひかりは現行犯で捕まえるチャンスだと部屋の外へ出てしまう。雫は超音波でひかりの耳を攻め、ひかりを襲おうとするが、そこへ樋口が駆けつけてきたので逃げて行った。雫が警察署を訪れる、ひかりと樋口と対面する。ひかりは声を聞いてすぐ、雫が真犯人だと気づいた。それを聞いた樋口は、雫に摑みかかる。その時、地下鉄駅の拡張工事現場で暴動が発生していると入電がある。それは本郷ホールディングスが管理しているものだった。樋口とひかりが現場に向かうと、トンネル内で地鳴り音がし、崩落事故が起こってしまう。
第8話 感想はここをクリック
30代女性
今クールの日テレのドラマは、明らかに日曜の「あなたの番です。」に力を入れていて、土曜の「ボイス」には予算もあまり割けない状況なのかなと思いますが、せっかく唐沢寿明さんが体を張った演技をしているのに、もったいないなと思います。真木よう子さんがネックになっているのだろうと思います。
30代女性
真木よう子さんの演技がワンバターンなので、面白みに欠けると思います。検察庁が動いたことで、伊武雅刀さんからの指示は明らかだと思い、上司に抗議をしているのだと思いますが、似たような役が多いせいもあるのかもしれませんが、目を見開いて低い声で怒り口調の演技ばかりだなと思います。
30代女性
真木よう子さんの演技が不甲斐ない分、伊勢谷友介さんの演技が上手いのが際立つなと思いました。それも、黒のパーカーを着ていて、顔が全部は見えない状態なのに、目だけで恐怖のどん底に突き落とすような演技は秀逸だと思いました。
40代男性
臨場感とスリル感が凄く強烈でした。特に、ひかり(真木よう子)の自宅に鉄球のような物を持った何者かが近づいて来て、ドアスコープを覗くシーンは超絶のスリル感で一杯でした。内通者ははっきりとはならなかったものの、余りにも、まさかの人物で???驚きでした。とにもかくにも、画面から眼が離せない、あっという間の1時間でした。見応えがありました。雫の声を聞き、すぐに真犯人だと気付いたひかりは流石です。凄い???。早く次回が視聴したい???。
30代男性
ひかりの父親が殺害された時の音声データの消された部分を、顎をカチカチ鳴らし鉄球で殺害をしている本郷雫が持っていて、あえて被害者家族のひかりに聞かせる悪質性が気持ち悪く、雫の中には人間の心は存在しないのだろう。

<第7話>
2019年8月31日放送分

※TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『Hulu』で 動画視聴ください。

第7話 ネタバレはここをクリック
樋口は、ひかりからの電話で沖原が殺害されたことを聞く。沖原の殺害現場に駆け付けた樋口は、遺体と対面する。樋口は、犯人は別にいると推測をする。沖原を殺害した本郷雫は、殺害で使った凶器をガラスケースに入れていた。そのケースには、数々の凶器がコレクションされていた。新たな事件が起きる。人質と一緒に飛び降りようとしている男からの電話がECUに入る。樋口たちは、現場に駆け付ける。樋口は男を説得するが、情緒不安定であった。ギリギリのところで男を取り押さえる。しかし、説得していた会社側の人間の態度に疑問を感じていた。樋口たちは、男が入院している病院に事情を聴きに行く。場面は変わり、「カチカチ男」から電話があった。交換条件を提示してきて、樋口と会おうとしていた。
第7話 感想はここをクリック
30代女性
黒幕?の伊勢谷友介がほくそ笑みながら、血まみれの凶器をたくさんディスプレイしているところと、兄弟の壮絶な食事シーンが恐ろしかったです。唐沢寿明はついに一人で対決場所に乗り込んでいってしまいました。今週も息もつかせね展開の連続でした。
40代男性
アクションシーンは多くありましたが今回はどちらかというと無茶な展開でそうはならないだろうという所が目立ちました。同期の沖原が殺されたのに現場捜査もほどほどに切り上げるのはらしくないなあといった感じです。室長がまた単独行動をしていましたが今回は何事もありませんでした。しかし次はそうは行かないでしょう。
20代女性
前回の回で死亡フラグは立っていましたがやはり沖原は殺されてしまっていて悲しいです。真犯人である雫が殺した人間の血が付いたままの鉄球をコレクションしていてかなりヤバイやつだなと感じました。しかも自分の兄にもアキレス腱を切り、罪をなすりつけようと自分と同じように顎の骨が鳴るように金槌を思い切り振り落としていて本当に狂っています。食事をしようという時に涼しい顔をしながら上杉の手をフォークでぶっ刺すシーンもありとても恐ろしいです。樋口とひかりが裏切り者を警戒する気持ちもすごく分かりますがECUのメンバーが信用されていないことを感じ少しショックを受けていて可哀想に思いました。見ているこっちもモヤモヤしますし早く裏切り者を見つけだして欲しいなと思います。いつかは殺されてしまうのだろうなと思いましたが今回のラストで上杉もやはり殺されてしまっていて容赦ないなと思いました。色々な謎がまだたくさん残っているので早く解き明かして欲しいです。
30代女性
カチカチ野郎と本郷の兄弟の関係が複雑すぎて、この二人は一体過去にどんなことがあって、こうなったのか気になります。兄のアキレス腱を切ったり、顎の骨を折ったり、弟がやる行動がすごい怖かったです。兄は弟の言うことを今でも聞いているので二人の関係が気になります。
30代女性
奥さんの事件にカチカチ野郎が絡んでいることが分かり、彼女がなぜ殺されることになったのかとても気になります。カチカチ野郎と彼女の関係も気になるし、夫を裏切る行為をしていたのか、夫を愛しているので、そんな風に見えないので余計に気になりました。

<第6話>
2019年8月16日放送分

※TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『Hulu』で 動画視聴ください。

第6話 ネタバレはここをクリック
情報屋に連れて行かれた場所で電話をしていた樋口が襲撃され、通話口にいたひかりが状況を察し、GPS情報から近くの交番と石川に緊急出動の命令を下す。状況を聞いた沖原は、強行犯係も現場に向かわせます。集団で暴行を受けた樋口は、廃工場に監禁され、三年前に妻を殺したカチカチと顎を鳴らす男と対面する。男の部下たちに吊るされた樋口は、諦めずに戦い続け、カチカチ野郎を追い詰める。男の側近に狙われた樋口を救出にきた沖原たち強行犯係の援護射撃で、カチカチ野郎たちが逃亡する。三度犯人を取り逃がした沖原に樋口は、お互い刑事として恥ずかしい生き方は辞めようなと意味深な言葉を投げかける。犯人と対面した樋口は、事件の真相を解明すべく情報屋に再度接触し、沖原が脅されていたことを知る。一方、本郷ホールディングの会長に海外逃亡を指示されたカチカチ野郎は、樋口への復讐のために掃除屋を雇い樋口の息子を襲撃させるが、面会を終えて帰る石川が異変を察して危機を回避する。
第6話 感想はここをクリック
50代女性
この事件の真犯人は、上杉だと思っていたが、実は、弟がいたとはショックをうけてしまった。沖原は、娘を殺すと脅され、協力していただけであった。犯人でなくて良かったが、弟のハンマーの一撃で殺されてしまったのだろうか?早く、この悲惨な事件が解決して樋口とひかりが安心して過ごせるといいなと思う。
30代男性
6話の始まりは班長が襲われて、公務執行妨害事件が発生、監禁事件から幕が上がりました。そこで、ついに奥さんを殺したカチカチ野郎=真犯人と、初対面しました。6話で1体1の直接対決することで、緊張感が生まれました。これからは、黒幕や内通者など、場外乱闘部分が多く描かれて、最終決戦へ進んでいくのだと思います。また、強行犯の係長沖原は班長を助けたように見せかせ、犯人を逃してしまいました。そして、黒幕から沖原が脅されているシーンもあったので、沖原なりの葛藤があることも、同情の余地が生まれました。しかし、脅されている内容が美人局の動画というのは、急に安いドラマになってしまった印象をうけて、少し残念でした。そのような男のプライドのためだけに、捜査妨害したというのは理由が弱いと思いました。娘の命が危ないとか、臓器移植待ちなど、誰もが同情できる内容の方が良かったと思います。急に生まれ変わったように、捜査に乗り出して、単身でイリュージュまで行くのは、振れ幅がすごかったですそこから、最後は真犯人を思わせるジュニアが登場し、沖原を殴り殺すのは衝撃の展開でした。
40代男性
同時進行で複数の事件が起こるのがこのドラマの見所ですが今回はあんまりでしょう。同時にいろんなことが起きすぎて把握するのが難しかったです。しかしこれまでの中でも特に派手なアクションシーンが多数ありましたので面白さは十分ありました。時間経過の設定をうまく生かしているとは言いがたいですが、試みは評価できます。
30代女性
回を重ねるごとに怪しい人物が出てきて、真相に近づきそうになるとカギとなりそうな人が殺されてしまうので、毎週見逃せません。警察内部にも真犯人とつながっている人がまだまだいそうなので、これからの展開が気になるところです。
40代女性
“班長が捕まってどうなるかと思いましたが、みごと縄をとぎましたね。カッコ良かったです。そしてついに奥さんを殺した犯人がカチカチ野郎だとわかったのですが、実際はカチカチ野郎の弟がやっていたのを、血のつながらない兄が尻拭いをしていたとゆうことでしょうか。
沖原は無事であることを、祈ります。”

<第5話>
2019年8月10日放送分

※TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『Hulu』で 動画視聴ください。

第5話 ネタバレはここをクリック
母親から包丁で刺されたと通報があり、すぐに樋口刑事たちを現場に向わせ、その間にその子の情報を聞き出し、なんとか助けようとする。
あゆむ君は海に行こうといわれ、殺されると分かっていたため拒否すると包丁で刺されてしまいなんとか逃げ出すも外ではなく、洗濯機の中に隠れ緊急指令室に通報。。あゆむ君の話と周りの音からなんとかアパートの部屋を見つけだすもあゆむ君は既に何者かに連れ去られ家にはおらず、母親に尋ねるも教えてくれず、しかし橘室長の話を樋口刑事の観察力でアパートの管理人が犯人だと分かり、なんとか逮捕する。あゆむ君も一面を取り止め、橘室長にお礼と母親を助けてほしいと懇願。
かならず助けると約束する。
一方樋口刑事は橘室長の父親の事件である男の正体をつけ止めるもヤクザのような人たちに囲まれてしまう。
第5話 感想はここをクリック
20代女性
ボイス 110緊急指令室で6歳の男の子あゆむくんが、ママに刺されたと言って警察に通報してきた。話を聞いていると、海に行くと言ってお兄ちゃんやお姉ちゃんも帰ってこなかったということで怖さしかなかった。あゆむくんが可哀想でみてられなかった。
30代男性
あゆむくんがママにお風呂場で刺されて、なんとか洗濯機の中に隠れて警察に電話できたのに、携帯を落としてしまい物音でママに居場所がバレてしまい、その時のママが言った「見つけた」の顔が怖くてどんなにあゆむくんは怖かったんだろうなと思って心が痛んだ。
20代女性
ボイス 110緊急指令室にてあの真犯人と警察上層部との関係が凄く気になる。今回はとても胸が締め付けられる内容だったが、虐待されても母親を思う歩には涙がでた。助かって本当に良かったなとどっぷりドラマに入り込んだ。今回もおもしろかったし次回も楽しみ。
30代男性
血の付いた包丁を片手に息子を血眼で探している母親がとても恐怖でした。歩を見つけた時のみぃつけたという表情がとんでもなく怖かったです。言うことを聞かない子供を包丁で脅し更には刺してしまうだなんて人としてあってはならないことです。団地であんな事件が起こってしまうと他にも似たような家庭があり見つけ出すのが困難になってしまうのだなと思いました。お腹を刺されて、髪を掴まれ、首を絞められてもごめんなさいと謝り続ける歩が本当に可哀想でたまりませんでした。足音で年齢と性別までを判別できるとはかなり驚きました。まさかの人物が犯人だったので人は見かけによらないなと改めて動画を見て感じました。樋口の判断力の凄さも改めて感じられて歩を無事助けられてホッとしました。
20代女性
カチカチ野郎の正体がわかった動画の回でしたね!社長さんらしいですが、これは確実に警察と繋がっていますね。元社員さん、確実に殺されしまった気がしますし。あの暴力団の人たち、警察に頼まれて来た感じですよね、こわい。

<第4話>
2019年8月3日放送分

※TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『Hulu』で 動画視聴ください。

第4話 ネタバレはここをクリック
新田らを逃してしまった樋口だが、その場で埋められていた橘を助けることに成功する。警察に居場所を気づかれた新田はその場を去り、葵の始末を予定よりも早めに行おうとする。新田が作戦を前倒しにしてまでも葵を狙う理由は新田の過去に関係があった。新田は過去に母親が担任と不倫したことの怒りから実家を放火しており母親は焼死。そして、不倫した担任の先生は葵らの父親だった。父親はその後離婚して葵らの前から姿を消していて、父親の子である葵が目をつけられた。葵が監禁されている廃校に到着した樋口らは監禁されていた場所に到達したが、葵の姿はなく新田の共犯者の死体のみだった。その後橘の耳を頼りにまだ廃校内にいる葵を見つけることに成功するが、なんと校内には爆弾が…爆弾を避けながらも葵を救出することに成功し、樋口は新田を追跡して確保することに成功する。新田は無事に逮捕され今回の一件で森下はECUに入ることを検討し始める。新田は護送中でトイレに寄りたいと言い、トイレで脱走を図ろうとするが、そこには樋口の妻、橘の父を殺した犯人と思われる人が…新田はその男に殺され、その男は去ってしまう。そして、この一件にはなんと警察も関与しているかのような描写で次を迎える。
第4話 感想はここをクリック
40代男性
葵が無事に助けられて本当によかった。それまでもう、ハラハラドキドキしっぱなしで、疲れるくらい。新田が親のことで傷ついた気持ちも分からなくはないけど、自分と同じ立場の葵に怒りを向けるなんて怒りを覚えた。今までの罪もちゃんと償うべきだったのに、そうできなくしたあの男は一体何者なのか。
30代女性
やっとあの事件の犯人が誰なのか、わかり始めた矢先に今回の事件の犯人は殺されてしまい、もどかしい気分になりました。小さい頃にトラウマをもった人が犯人になりやすいみたいで、女性を忌み嫌う理由がわかりました。しかし、犯人はどうやって拳銃を手に入れたのか、気になります。
30代女性
葵と橘が無事で本当に良かった~とホッとしました。生き埋めにされたときはどうなるのかドキドキしました。橘のケガでどれだけ音に影響が出てくるのかが心配ですが、新田が殺されたことによって事件の解決がまた遠のいてしまうのかが気になります。
40代男性
ハラハラドキドキの展開のはずがなぜかそう感じません。無理矢理感が強すぎて内容が痛々しく感じます。毎回残酷なシーンはあるのですがどうもそう感じません。修正はもう無用ですのでこのままアクションに力を入れつつネタになるようなシーンが多くあれば良しとします。とりあえず次回以降はしばらく橘室長じっとしておいて貰いたい。彼女が動くと騒動が広がってしまいます。
20代女性
人間を人間とも思っていないような犯人が多く出てきていつもとても胸糞が悪いです。女性の悲痛の叫びと恐怖の表情がいつも真に迫っていてハラハラドキドキさせられてしまいますが、樋口の男らしさには安心感があり、ひかりの聴力は頼りになり、必ず助けに来てくれると信じています。今回も拉致された被害者は救出がされホッとしましたが、真犯人に近づけそうだったのに新田が殺害されてしまい最期の言葉もひかりは聞き取ることが出来ずまた振り出しに戻ってしまってもどかしいです。新田を殺害したのは手塚とおるさんだったので、真犯人は伊勢谷友介さんだと思っていたのですが一体どういうことなんだろうとモヤモヤしています。木村祐一さんの最後の怪しい笑みも内通者は彼なのだろうかとまだはっきりと分からないので早く続きが見たいです。

<第3話>
2019年7月27日放送分

※TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『Hulu』で 動画視聴ください。

第3話 ネタバレはここをクリック
ECUに入ることを拒否していた森下栞の妹葵が拉致され通報が入る。葵との通話が繋がり救出するべくひかりの優れた聴力を生かして場所を特定するべく耳を澄ませ、ハッチバックだと断定する。音が見えると言い切ったひかりの指示を頼りに犯人の車を追跡する樋口。車両ナンバーより車の所有者は葵の元交際相手だったことが判明する。ようやく停車した車に接近し降りる様説得するがドアを開けた途端銃を向けられ発砲され逃走されてしまう。樋口は気になることがあると一度署へと戻り、栞は葵の相談に耳を貸さなかったことに後悔していた。樋口は防犯カメラを確認し犯人は元交際相手の大森ではないと言い切る。ひかりは情報分析のプロである緒方に現葵の交際相手である新田のことを調べて欲しいと依頼する。新田を疑っていたひかりは単独で新田に接触し犯人であることを確信するが不意を突かれ拉致されてしまう。なかなか犯人に辿り着けない樋口は警察の動きが犯人に気づかれているのではないかと疑う。その頃ひかりは新田に土の中に生き埋めにされてしまう。樋口はなんとか新田にたどり着いたが警察無線により場所がバレたと新田はその場から逃走しようとし、ひかりが新田の車の中にいるままだと勘違いしている樋口は必死に追いかけるが逃走されてしまう。
第3話 感想はここをクリック
30代女性
誘拐事件と婦女暴行殺人事件の関係の謎が気になります。犯罪を犯す人たちの中では、有名な話なんでしょうか。所長がいない指令室でどうやって捜査をしていくのか今後は見所だと思います。犯人が無線を手に入れたのが誤算でしたね。ネット網も色々あり、怖い世の中になってしまったものです。
30代女性
“ボイス 110緊急指令室でしかも、せっかく唐沢寿明さんが埋めている現場に間に合うことができたのに、真木さんは新田の車の中で拉致されているままだと思っているなんて、「そんなぁ?」と思ってしまいました。
唐沢さん、カン鈍いですよ。(笑)”
30代女性
橘ひかりの優れた聴力で犯人を追うことが出来る動画のシーンはすごすぎて興奮しました。犯人に襲われ山奥に埋められてしまったので樋口は助け出すことが出来るのかが気になるところです。犯人の新田はあどけなくかわいい顔をしながら狂気じみたことをするギャップには驚きです。
20代女性
ひかりの音が見えるという発言にはとても驚きましたがその発言通りに携帯越しに場所も特定し車と車の接近を突き止め犯人に辿り着けていたので流石だなと感心しました。緒方もホワイトハッカーとして流石の情報分析能力を発揮し、栞も語学堪能であるのを生かし犯人に迫っていってやっとECUがチームとして機能してきたなという感じでした。スペシャリスト達が集まって来ていてもっと信頼しあって行けたらとてもいいチームになりそうな予感がします。簡単に人がどんどん死んでいくし、こういった拉致事件が簡単に起きてしまうのは現実にあったらと思うととても恐ろしいです。新田の豹変ぶりには驚いてしまいました。人は見かけによらぬもので第一印象とは程遠くとんでもないクズな男だったので早く捕まって欲しいと願います。流石に生き埋めは勘弁して欲しいものです。ひかりを早く助けてあげて欲しいです。
40代男性
今回のボイス 110緊急指令室はアクションの動画のシーンは少なめでしたが貴重なシーンとなりました。橘室長が犯人を自ら捜しに行くというとんでもない展開からのアクションシーンが見所でした。一応影にかぶせていたので本人がどこまでやっていたかは分かりませんが経験者ですので見れなくはありませんでした。その後殴られてしまった犯人に捕まるのもご愛嬌ということで。スリル満天の展開ではありましたがところどころに強引さと荒さが目立った回でした。ですがそれなりに面白いところはありました。

<第2話>『3年前の事件の全貌が明らかに!?第2話予告動画解禁!新チームがついに本格始動!新たな事件発生で、助けを呼ぶ声が再び…!』
2019年7月20日放送分

※TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『Hulu』で 動画視聴ください。

第2話 ネタバレはここをクリック
緊急司令室に通報してきた女子大生・萩原夏美(吉川愛)が犯人に追い詰められ一刻も争う状況の中で、微かに聞こえる音で橘ひかり(真木よう子)が監禁場所と連続女子大生殺人事件の犯人だと突き止め、樋口彰吾(唐沢寿明)が間一髪救出に成功する。この事件をみて3ヶ月の条件付きでECUの設置の許可がおりた。橘はECUのメンバーとして樋口を入れたがっているが、聞こえるはずのない音で監禁場所を突き止めた橘を信用できず拒否する。樋口は橘の聴力を試すため、離れた場所から小声で話しかけると橘が反応したことで驚く。橘に問い詰めると、子供の頃に目が見えない時期があり聴力が発達したことを打ち明ける。さらに3年前の事件で樋口の妻の殺害現場の状況、また警官であった橘の父親が現場に駆けつけ同じ犯人に殺されたのに、事故死扱いで処理されたことで警察内部に協力者がいると考えてECUを立ち上げたのだと伝える。その時、樋口の妻殺害の被疑者である相良が死んだと一報が入る。駆けつけた二人は誰かに殺されたと判断するが、警察は自殺と発表。不信感を覚えた樋口はECUに入る事を決意。緊急司令室には新たな拉致事件の通報が入ってきた。
第2話 感想はここをクリック
30代女性
ボイス 110緊急指令室で、間一髪で女の子が殴り殺されずに済んだのは、本当に良かったのですが、確か、唐沢寿明さんが助けに来てくれる前に顔は血だらけになっていたはずなのに、助けられた後に、真木よう子さんと電話をしている時は、血はきれいに取れていたので、ちょっと不自然だなと思いました。あれだけの血がそんなに簡単に取れるものなのかな?と思いました。
30代女性
YOUさんは、癒し系として最高の女性だなと思います。でも、昔ながらの定食屋という感じで、白の三角巾は、あまり似合わないので、以前のドラマでもやっていましたが、せめて昔ながらの喫茶店のママのほうが似合っていたのではないかなと思いました。ですが、あんな定食屋が近所にあったら、YOUさんに怒られたくて通ってしまうかもしれないなと思います。
30代女性
ボイス 110緊急指令室の無料動画を視聴しました。自分の父親が殺されるところを電話ごしに聞かなければならなかった真木よう子さんの苦しみは、どれほどのものだっただろうと想像しても、想像がつきません。怒りの気持ちを持ったまま生きていくのは、本当に辛いだろうなと思いました。
30代女性
警察ドラマでは、犯人が大物政治家などと近い関係だったりすると組織ぐふみで隠ぺいする、というストーリーのものがありますが、実際にもそんなことがあるのかな?と思ってしまいます。企業でも隠ぺいはありますが、警察の隠ぺいも根が深いのだろうと思いました。
30代女性
ボイス110緊急指令室の唐沢寿明さんの妻の菊池桃子さんは、真木よう子さんが通報を受けて、一旦、切れた後にかけ直さなければ、殺されずに済んだかもしれないので、そこまで聞いたあとに、一緒に働けるのか?と疑問です。私が唐沢寿明さんなら、どうしても真木よう子さんを許せないと思うので異動は断るだろうと思います。

<第1話>『声を頼りに制限時間内に命を救う決死のタイムリミットサスペンス!』
2019年7月13日放送分

※TVer、日テレ無料TADA!での見逃し無料動画配信は終了しました。
公式動画配信サービス『Hulu』で 動画視聴ください。

  • 動画共有サイト
Drama3S
第1話 ネタバレはここをクリック
第1話では、樋口彰吾は妻を殺人事件で失ってしまう。初めは信じていなかったが、事件現場に駆け付けた樋口は現実を受け入れることになる。その後、法廷へと状況は進展する。検察の証人として橘ひかりが立つ。通話記録について話すが、犯人の音声は記録がしていなかった。樋口は、立ち上がり被疑者の相良に大声をあげてしまう。時は過ぎ、樋口は交番で働いていた。ひかりは、港東署の緊急指令室長になっていた。ある日、事件が起きてしまう。女性からの通報にひかりは、受け答える。現場の状況を説明する女性に、ひかりが分析を始める。ひかりは、樋口に命令するが聞き入れない。しかし、一瞬考えた樋口は動いた。「助けてくれ」という言葉が要因だった。ひかりは、女性との通報のやり取りで現場を絞り込む。
第1話 感想はここをクリック
40代女性
110番緊急司令室に3年前、橘が助けを求めていたのが、樋口の妻。しかし、場所の特定ができず、殺されてしまう。証拠のボイスもとれていなかった。樋口は、容疑者を逮捕したが、樋口は犯人の声は違うと。3年後、上司として、橘は戻り、ボイスプロファイラーとして、樋口を指示することに。誘拐が発生して、10分で、みつけだすと。本当に助けられるのか。来週が楽しみです。
30代女性
こわい!こわすぎる!こんなにドキドキしたドラマは初めてです。しかも、一話完結しないんですかー? 吉川愛ちゃん、殺されちゃったんですか?! こわくてこわくて、気づいたら吉川愛ちゃんと一緒に泣いていました。
40代女性
妻を殺された敏腕刑事の樋口は、捕まった相良が電話の声ではないと証言により、保釈され、逃亡されたことにより、ひかりを恨んでいた。3年後に緊急指令室の室長に就任してすぐ、女子大生が拉致され、助けを求める電話があり、樋口を現場に向かわせた。キラキラ光る水の音でアクアショップであることがわかるが、犯人は、ハンマーを降り下ろすところで終わったところから、夏美は殺されてしまうのか、それとも樋口は、夏美を助けることが出来たのか、とてもドキドキするラストだったと思う。
30代女性
“あまりにも斬新な構成のドラマに度肝を抜かれました。
正直、増田貴久さん目当てで見ようとしただけだったので、あまり期待してなかったのですが、このドラマはちょっとスゴイと思います。面白いと表現するのは語弊がありますが、魂を揺さぶられました。”
30代女性
“オープニングの唐沢寿明さんの奥さんが殺されるシーンはとても辛かったので、吉川愛ちゃんにはなんとか助かってほしいです。すごくリアルな作品だとは、思うのですが、救いのある結末であることをただただ願ってしまいます。”

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」イントロダクション・キャスト情報

Introduction

妻を殺された敏腕刑事×父を殺された声紋分析官

通報電話の声が、二人を事件現場に駆り立てる-。連続殺人鬼を追うタイムリミットサスペンス!

緊急指令室には、電話による通報から
3で現場到着、5で現場確認、10で検挙』
という被害者の生死を分ける「クライシスタイム」が存在する…。

クライシスタイム内に人々を救うため緊急指令室(現在の110番)内に新たに独自の捜査ユニットが創設された。
その名は…「ECU(Emergency Call Unit)

勘と行動力で突き進む凄腕刑事とボイスプロファイラー(声紋分析官)たちが協力して助けを求める人々を救っていく「タイムリミットサスペンス」が誕生!さらに、主人公たちの愛する家族を無残に殺害した「真犯人」を突き止めていく壮大な復讐劇が幕を開けます!

■Cast

唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、木村祐一、石橋菜津美、田村健太郎、安井順平、小市慢太郎、矢作穂香、YOU、菊池桃子ほか

■「ボイス 110緊急指令室」公式SNS

公式サイト Twitter

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の期待どころを募ってみた☆

30代女性
唐沢さんと真木さんのダブル主演というのがとても楽しみです。声紋分析で事件を解決するということでどのように事件を解決をするのかとても気になります。かっこいい二人をたくさん見たいなと思います。とても似合う感じがします。
20代女性
私はボイス110緊急指令室が気になっています。サスペンスが元々好きな上にW主演の真木よう子さんのファンのためすごく見たいです!タイムリミットサスペンスということでスピード感のあるストーリーやそれに合わせた演技に注目したいです。
20代女性
ボイス110緊急指令室には、NEWSの増田貴久さんが初の刑事役で出演するため、ドラマを楽しみにしています。NEWSの中ではあまり演技の役が回ってこない増田さんですが、最近テレビ出演が多く、頑張っている様子が見られるので応援したいです。また、唐沢寿明さんのラストコップでの刑事役が好きだったので、また違う刑事をどのように演じてくれるのか期待しています。
30代男性
ボイス110緊急司令室に期待しています。緊急指令室にかかってくる、助けを求める電話を中心としている点が今までのドラマと違う印象を受けます。声紋分析という専門性が、より魅力的なドラマにしていくと期待しています。
主演の唐沢寿明さん、真木よう子さんがおもしろそうな組み合わせだと思います。
30代女性
「ボイス110緊急司令室」について。日テレの土曜ドラマは当たり外れが多い印象ですが、「唐沢寿明×真木よう子」というキャストとドラマのテーマを見ると若い子向けの軽いドラマではないなと思うので期待が持てます。
その他のキャストの皆さんも興味があります。「緊急司令室」「タイムリミットサスペンス」というキーワードを見ると、手に汗握る展開を期待してしまいますね。今から楽しみです。
40代女性
最近はドラマではあまり見かけたことがなかった、唐沢寿明さんと、NEWSの増田君がドラマに出ると聞いて、どんな感じになるのか楽しみで仕方ありません。かなり久しぶりに黒髪の増田君を見てイメージが180度変わりました。
30代男性
主演は唐沢寿明さんになっており、
ヒロインは真木よう子さんが演じています。
このドラマはかなり緊迫な内容の展開になっており、
緊急指令室をテーマにした作品になっています。
BLUE ENCOUNTが主題歌を担当しているのも興味を持ちます。
20代男性
声をメインにしたドラマになっており、
妻を殺されてしまった刑事(唐沢寿明)と、父を殺された声紋分析官(真木よう子)が協力して、
110通報からの緊急にどのように対処していくのか気になります。
緊迫した内容になってるのではないでしょうか。
40代女性
NEWSの増田貴久くんが大好きで、久しぶりの連続ドラマ。しかも刑事役で黒髪。予告を見ただけで、早く13日が来ないかと毎日楽しみに待っています!唐沢寿明さん、真木よう子さん等、出演者の方々の雰囲気がよくて、とてもいい作品になっていると思います!
40代男性
唐沢寿明さんのアクションシーンに期待したいです。年齢を重ねても若々しく「動ける」唐沢さんのストイックさに魅力を感じています。物語もシリアスなのでどんな事件が発生し、それを唐沢さん演じる樋口がどのように解決してくのか楽しみです。あと真木よう子さん演じるひかりとの伏線がこのドラマの要となりそうなので初回から見逃せないです。
40代男性
実力俳優唐沢寿明さん演じる刑事樋口と真木よう子さん演じる声分析官橘ひかりとの「声」を表す波長を通して緊張感あふれるドラマ楽しみです。ファンである増田貴久さんの若手刑事ぶり、樋口刑事と若手ならではの鋭い目でどんな展開で活躍をしてくれるのか見たくなりました。
40代女性
制限時間内に救い出さなければならない、通報からの10分間が生死を分けるタイムリミットサスペンス。ハラハラドキドキすること間違いなしです!初めての刑事役というNEWS増田貴久くんにも注目しています。33歳になったそうですが、全然見えなくて、可愛くて大好きです!
30代女性
まず、厚みのあるストーリーのようで、毎回予測できない展開になりそうで、じっくりと腰をすえて観られそうなので楽しみです。
主人公の刑事は妻を惨殺され犯人はいまだつかまらずおちぶれて交番勤務になり、その妻の110番通報を受けた緊急司令室勤務の女性は、着実にキャリアを積んでいると言う対比が何とも皮肉で、これから主人公は刑事として復帰し、因縁のその女性と上手く働いていけるのか、どんな風に事件や周囲の人間たちと関わっていくのか、非常に気になります。
また、タイトルが「ボイス」と言うことで、NEWSきっての美声を持つ増田貴久さんが主人公の後輩役に抜てきされたのにも、大きな意味があるような気がして、観るのがとても楽しみです。

「ボイス 110緊急指令室」出演者作品リンク

近日公開予定です。