ドラマ 「四月一日さん家と」を見逃し動画無料フル視聴!

四月一日さん家と

ドラマ『四月一日さん家と』動画

『四月一日さん家と』動画視聴

テレ東ドラマ『四月一日さん家と』はParavi(パラビ)で配信されると思われます。

「Paravi」はお試し期間があるので、完全無料での視聴も可能です!
無料お試し期間は2週間。もちろん解約違約金なども発生しないので安心です。
登録も簡単!


  1. テレ東のドラマだけじゃない!Paraviではテレ東のドラマやバラエティだけではなく、TBSやWOWOWなどの作品、さらには映画も多数配信。
  2. 豊富な特典も盛りだくさん!無料期間が終了してもParaviチケットをプレゼントされるので、課金が必要な作品もお得に視聴できます。
  3. デバイス(視聴機器)は最大5台まで登録可能!動画をダウンロードできるので、Wi-Fi環境がない電車の中などでも視聴可能です。
国内のテレビ番組を見るならこちらのアプリが必須だと思っています。ドラマだけでなくバラエティ番組の配信数も非常に多く、最初はその豊富さに驚きました。私は、好きなドラマのサイドストーリーがパラビのみの配信だったのでインストールしました。本編をもう一度見ることができるだけでなく、このようなオマケもあることが魅力の一つだと思います。最近、サイドストーリーを作っているドラマが増えてきているので、インストールしてない人よりもドラマを深く楽しめます。使って良かったです。【20代女性】

ドラマ「四月一日さん家と」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル動画視聴

Paravi

●無料動画共有サイト

YouTube
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『四月一日さん家と』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi ◎(見放題) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.05.29

<ドラマ『四月一日さん家と』第7話>
第7話「四月一日さん家とドッペルゲンガー」
2020年5月17日(日曜)25時35分放送予定

TVer ネットもテレ東
<公式>第7話あらすじ

第7話「四月一日さん家とドッペルゲンガー」

二葉(猿楽町双葉)の店に、一花(ときのそら)そっくりの麗子がバイトの面接で訪れる。一方、生子(物述有栖)はコンビニでこれまた一花そっくりのメリーと遭遇する。一花・麗子・メリーの3人が揃った時、四月一日家に異変が起こる…?!

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』第7話あらすじ

第7話 ネタバレはここをクリック
ある日の午後3時33分、四月一日家の庭には3羽の雀、リビングには前夜1人キューブリック映画祭を開催していてた三樹が居た。一花が買い物に出掛けた後に「今から、サプライズゲストを連れて行く」とふたばが連れて来たのが、一花にソックリなレイコと言う女性だった。到底信じられない三樹は、お尻のホクロを確認させて貰い、一花では無い事を確認出来た。レイコのソックリさに驚く三樹の前に、今度は生子が「コンビニで見つけた」と、一花にソックリなメリーと言う女性を連れて来た。勿論、彼女にもお尻のホクロを見せて貰ったが、2人とは違う位置にあった。一花に早く会わせようと、生子が探しに出掛け、帰って来たと思ったら、またヤバい人を見つけたと、今度は三樹にソックリな双子を連れて来ていた。ここで目覚めた三樹は「全部夢か」と安心したが、時間は午後3時33分、ふたばからサプライズゲストを連れて行くと連絡が入るのだった。
第7話 感想はここをクリック
30代男性
突然出会ったそっくりさんとの不思議な出来事をあらすじとするよくあるパターンではありますが、クローンのキャストはバーチャルドラマの真骨頂のように感じました。キューブリックからの、サイコパスなつながりは内容としては良かったと思います。
30代男性
三樹は二葉からの電話で目が覚めました。さらに夢の中と同じことが起きようとしています。現実世界で二葉がこれから連れていく凄い人が誰なのかがかなり気になりました。夢の中の一花は自分とそっくりの2人を見ても、まったく驚いていないところが彼女らしいと思いました
40代女性
似ているレベルの人はたくさんいると思いますが、瓜二つのそっくりで、親しい人も間違えてしまうような人は、世の中にはなかなかいないと思います。三樹の夢で良かったですが、現実でも二葉が誰かを紹介しようとしていたのが気になりました。
30代男性
一花とそっくりな人が2人も登場してビックリでした。ですが、これが夢で良かったです。私もそっくりな人物が3人揃うことは良くないと聞いたことがあります。さらに夢の中では三樹にそっくりな双子が登場しました。夢とは言え、続きが気になりました。
30代男性
そっくりな三人の人物を見分けるためにミツキがとった行動がおしりのホクロを見るということだったのが面白かったです。はじめて会った人に尻を見せるのは恥ずかしいが、見る方だって恥ずかしいのだから大丈夫というミツキなりの解釈が愉快で面白かったです。

<ドラマ『四月一日さん家と』第6話>
第6話「四月一日さん家と形見の指輪」
2020年5月10日(日曜)25時35分放送予定

TVerやネットもテレ東での配信は終了しました。

<公式>第6話あらすじ

第6話「四月一日さん家と形見の指輪」

母親が三姉妹に遺した形見の指輪が無くなった!一花(ときのそら)は生子(物述有栖)を疑い始めるが、またしても迷探偵ぶりを発揮してしまう。事件は迷宮入りかと思われた時、意外な犯人が明かされる…!

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』第6話あらすじ

第6話 ネタバレはここをクリック
四月一日家のリビングでは、生子が一人で課題図書である「あぁ無情」を読んでいた。そこに一花と三樹が現れ、本の内容や感想で話が盛り上がる。生子と三樹が部屋に戻りしばらくすると、リビングで一花が騒ぎ出した。事情を聴くと、母の形見の指輪が見当たらないらしい。先ほど3人で話をしている時には、一花がつけており話題にも上ったが、彼女が洗い物をしている間に無くなったという。生子と三樹は、リビングを必死に探すが見つけられない。2人が指輪を探している間、一花は生子が盗んだと疑ってしまう自分の妄想と必死に戦っていた。そして、頭を冷やすため二葉がいる店に向かう。残された2人も、指輪探しに区切りをつけて自室に戻ることにした。一花は、二葉がいる店で対処法を考え生子を更生させると決意する。そして、四月一日家に戻り切り出し方を探していると、おかめの様子がおかしいことに気づく。2人を呼び出し相談しようとすると、おかめの口から指輪が飛び出した。一花が洗い物をするためテーブルに置いた指輪は、彼女が小指をぶつけた時におかめのエサ入れに落ちていたようだ。一花は生子に疑っていたことを謝罪し、四月一日家は日常に戻る。
第6話 感想はここをクリック
30代男性
今回は鮭が家に起きられてくるというちょっと謎のスタートでしたね。大体誰が送ってきたかも分からない物を勝手に食べる時点でもういけない気がしますが、予想が的中してしまいましたね。一花と二葉があたふたする姿が可愛かったです。
30代男性
一花の持っている母親からの形見の大切な指輪がなくなり、そのことでいらぬ妄想が一花の中で生まれていて、どうなるのかと思いながらも、もしかして亀が怪しいかも、と思い始めた時に、亀が口から指輪を吐き出して、すっきりした気持ちになりました。
40代女性
声優という仕事をしているからか、一花の成りきり度合いの凄さには圧倒されてしまい、思い込んだ出来心で盗人となってしまったカワイイ育子に改心してもらうための心の叫びはミュージカルスタイルとなっていて、ここまで出来る一花は努力の仕方でもっと活躍出来る場所があると感じてしまったのが面白い。
30代男性
「ああ、無常」を伏線にして形見の指輪をめぐる妄想が繰り広げられていくストーリーですが、ちょっと設定と展開に無理があるかな、という印象です。ストーリーそのものよりこの作品独特のまったり感やPOPな世界感を楽しんで欲しいという意図は理解出来るのですが、正直見ていて苦しい感じがしました。ラストで、亀が指輪を吐き出して元気になったことにほっとしました。そこは良かったと思います。
30代男性
「ああ無情」を読んでいることからはじまる今回。大事な「指輪」がなくなります。果たしてどこにいったのか、それとも誰かが盗んだのか、という思いと「ああ無情」のストーリーがからんできます。しかし「妄想」はどんどん暴走していきます、これがつっこみたくなる面白さ。会話が「いっこく堂」になってしまって、これVtuberの話でやっちゃうの?と笑い処ももっていきます。結果やストーリーはシンプルなのに妄想したばかりに事が大きくなっていきます。本質を見失って、大事なモノを失ってしまう前に立ち止まる冷静さ、教訓ドラマのようになっていました。脚本は劇団かもめんたる主宰、お笑い芸人かもめんたるの岩崎う大が担当したところもツボでした。

<ドラマ『四月一日さん家と』第5話>
第5話「四月一日さん家といたこ」
2020年5月3日(日曜)25時35分放送予定

TVerやネットもテレ東での配信は終了しました。

<公式>第5話あらすじ

霊能力者が儲かると聞いた一花(ときのそら)と生子(物述有栖)は「死者を降ろすことができる」と言い始める。最初は冗談半分だったが、生子が数珠を取りに行ったことから事態は急変。二葉(猿楽町双葉)も巻き込んだ四月一日家の大騒動に発展していく…。

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』第5話あらすじ

第5話 ネタバレはここをクリック
リビングでくつろぐ一花・三樹・生子。今話題のスピリチュアル舞子は、年収1億稼いでいるとの話しから「実は、私も小さい頃から見えている」と、生子と一花が言い出した。本当なら死んだ人間を降ろしてみてよと、生子は織田信長を、一花は徳川家康を降ろした風を演じるがグダグダ感満載で、ふった私が悪かったと謝る三樹。しかし、2人はまだ諦めない。これに数珠を持てば売れるんじゃないかと、生子が2階に探しに行くがなかなか降りてこない。すると、階段から落ちる音がして、駆け付けた2人に対して父親だと言い「クローゼットのタンスの1番下に、結婚式に付けて欲しいパールのネックレスがある」とだけ告げた。2人が本当にあったと降りて来たら生子はそのことを覚えていなかった。その話しを二葉に話すと「本当なら、何で私の結婚式前に言いに来なかったの?」と最もな疑問をぶつけられる。もう一度父親を降ろして、二葉にも聞かせてあげたいと3人は実行に移すのだった。
第5話 感想はここをクリック
30代男性
四月一日家の茶の間では、一花・三樹・居候の3人がスピリチュアル舞子というテレビに出ている有名人について語っていました。私は心霊現象・憑依などには興味がありませんが、女性陣はこういった話題をすることが多いのかもしれないと思いました。
30代男性
今回の話では、霊能力者が儲かるという怪しい情報に流されて大変なことになっていましたね。なんで霊能力者なんかを信用するのかと思いましたが、彼女たちの素直な心にはなんとも言えない気持ちで見守らせていただきました。
40代女性
生子が四月一日の父親を演じていたと二葉が気がついていたなんてびっくりしました、二葉のことですから結構鈍感な性格と勝手に思っていたので意外としっかりしているんだなと感じました。もう生子は完全に四月一日家に馴染んでいますね。
30代男性
双葉を家に呼んでお父さんをおろして…っていう謎展開には、いくらなんでもさすがに双葉を騙せはしないだろって思ったりもしたけれど、思っていたよりもそこそこ話が流れるように進んでいたというのには、観ていて面白かった。
30代男性
女の子同士の会話はファッションや恋ばな系、食事系が多いが、たまにオカルト系もある。今回はそこにスポットを当ててみたのであろう。イタコから数珠、数珠から父親との再開を願う展開は、彼女たちの父親への思いが感じられる。それにいても、イタコから出てくる声がみんな同じだぞ、というツッコミがたくさん出そうだ。

<ドラマ『四月一日さん家と』第4話>
第4話「四月一日さん家と笑いのファンタジスタ」
2020年4月26日(日曜)25時35分放送予定

TVerやネットもテレ東での配信は終了しました。

<公式>第4話あらすじ

カラオケバーにお客さんを呼び込むために、漫才ショーを開催することに。いつもの如くネタを作りはじめた三樹(響木アオ)だったが、全く新しい笑いのスタイルを持つ生子(物述有栖)にかき乱されていく。三姉妹とは一味違うもふた味も違う、「四月一日家DE候」の新ジャル漫才が炸裂する…?!

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』第4話あらすじ

第4話 ネタバレはここをクリック

二葉から、バイト先のカラオケバーに、お客さんが全然来ないことを相談された一花。何かいい方法があればいいんだけど…と考え、何かを思い付き「私が何とかする」と電話を切っていた。三樹が何を思い付いたのかを尋ねると「漫才くらいしかないでしょ」と言い出した。嫌な予感はしてたけどやっぱりそうか…と受け止めた三樹は、そうなったらと本気でネタを考え出した。出来上がった漫才を生子の前で披露した2人だが「三樹ちゃんの説明が長くてよく判りませんでした。」と言われてしまう。「そこは、説明ツッコミと言うジャンルで敢えてやってる」と説明する三樹だが「お笑いと言われから、もっとギャグとかたくさん言ったりするのかと思っていたんですが違うんですね。」と、何処までも噛み合わない三樹と生子のお笑い価値観だった。

第4話 感想はここをクリック
30代男性
次女の二葉が雇われママとして働くカラオケバーの顧客引き寄せの方策を聞かれた長女の一花が何かをしてあげようとする心意気は素晴らしい姉妹愛を染々と感じたが、行き着いた考えは一花たち姉妹での漫才とはやっぱり変わっているとしか思えず、美しい一花にはトンでもない思考が組み込んであるのだろう。
30代男性
一花、三樹、生子で、カラオケバーのお客に漫才を見せようと考えました。3人の性格が出ていて面白かったです。三樹は、まじめに漫才を追求しようと定番なネタを考えますが、一花は思い付きで話し、生子はギャグを叫べばよいと思うのです。結果、三樹がつっこみ続ける漫才ができ上がりました。ギャグに意味はないけれど、「アンコールワット」と言い続けるのが、結構面白かったです。仲の良さもよくわかりました。
40代女性
ロングヘアーがとっても魅力的な長女の一花は前回からロングスカートから長い足を極端に出してしまう超がついていいほどのミニスカートを今回も身に付けていて、これはやっぱり同居することになった最年少で美しい金髪ロングヘアーの超美少女の生子からの刺激を受けた事と、同じ女性というライバル心が芽生えたからとしか思えない所がいじらしく可愛らしさを感じる。
30代男性
テレ東「四月一日さん家と」第04話を観た感想として、双葉のお店に、お客様が来ないということで、双葉は悩んでいた。一花に電話相談することにしたが、漫才でお客様が来る、集客することは、とても難しいのではないかと思いました。
30代男性
生子が言っていたこれが漫才だと誰が決めるものなんなんだろう言う言葉かがすごく深いなと感じました。きっと漫才か漫才じゃないかを決めるのはお客さんなんでしょうね。ボケが入れ替わる笑い飯の漫才とかは邪道の部類なんでしょうね。

<ドラマ『四月一日さん家と』第3話>
第3話「四月一日さん家と謎のイケメン」
2020年4月19日(日曜)25時35分放送予定

TVerやネットもテレ東での配信は終了しました。

<公式>第3話あらすじ

二葉(猿楽町双葉)が働くカラオケバーに珍しくイケメンが来店する。よく見ると有名人のようだが、二葉には誰だか分からない。一花(ときのそら)たちの力も借りながら、そのイケメンがゴールデンボンバーの樽美酒研二であることを突き止める。ところがそこから三樹(響木アオ)の様子がおかしくなり…。
まさかの樽美酒研二がVTuber化してゲスト出演!?

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』第3話あらすじ

第3話 ネタバレはここをクリック

「やっぱり、自分が好きになるより愛されたくないですか?」と言う白鳥生子に「わかる〜」と同調する四月一日一花。雑誌を見たまま無反応の三樹に、ノリが悪いと指摘をするが「私、愛されるより愛したいタイプだから。理想の相手を愛し抜くのが私の恋愛なの。」と宣言され、誰か相手は居るの?との問いに「いる」と答えた三樹。一方、カラオケバーでアルバイトしている二葉の元に、有名人らしき人物がやって来た。見たことあるけど、思い出せないと一花にLINEをして来た。「絶対本当!」「かなりイケメン!」「けっこうガタイいい!」「でも、思い出せない…LDH系とか?」「思い出したいから、お店来て確かめて!」と連チャンで届き、行こうと言う一花と生子に対し、否定的な意見ばかり言う三樹。二葉に送らせた写真で顔を隠していた為に「そういう奴なんだよ」とまた全否定。すると急に「あの人かも!」と思い浮かんだ一花。それが三樹の理想の男性である樽美酒研二だった。

第3話 感想はここをクリック
30代男性
二葉が働くカラオケバーにゴールデンボンバーの樽美酒が来店、声ですぐ分かったわ。その樽美酒が理想の男性という三樹は恥ずかしくて会いに行けないとだだこねる姿が面白かった。結局皆で女々しくてを歌って大盛り上がり、気楽にぼけぇ~としながら見れるので時間つぶしにもってこいのドラマです。
30代男性
二葉のお店にやってきた男性が、ゴールデンボンバーの樽美酒だったことは驚きました。樽美酒であることを初めは否定したものも、最終的には認めてメイクまでしてたのは笑ってしまいました。樽美酒が理想の男性だと話す三樹が、普段と違って乙女になっていたのも可愛らしかったです。
40代女性
三樹が樽美酒に緊張していたのがとても面白くてよかったです。樽美酒が予定なかったのがとても笑えてよかったです。一花が電話を切ったのがとても面白くてよかったです。樽美酒と姉妹が踊っていたのがとても面白くてよかったです。
30代男性
二葉がイケメンに質問していたのがとても面白くてよかったです。イケメンが樽美酒だったのがとてもビックリしました。樽美酒がメイクをしていたのがとても笑えてよかったです。三樹が部屋に閉じこもっていたのが笑えてよかったです。
30代男性
生子と一花がとても仲良しなのが笑えてよかったです。二葉がイケメンが来て連絡していたのがとても笑えてよかったです。イケメンの写真が顔を隠していたのがとても面白くてよかったです。ダルビッシュに三樹が喜んでいたのが笑えてよかったです。

<ドラマ『四月一日さん家と』第2話>
第2話「四月一日さん家と出戻り」
2020年4月12日(日曜)25時35分放送予定

TVerやネットもテレ東での配信は終了しました。

<公式>第2話あらすじ

「あなた達の妹です」突如、四月一日家に訪れた白鳥生子(物述有栖)は三姉妹の妹を名乗る。困惑する三樹(響木アオ)をよそに、一花(ときのそら)は生子をすんなりと受け入れる。最初は疑っていた三樹も、生子の生い立ちを聞くうちに妹だと信じ始める…。四月一日家は実は四姉妹だった!?

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』第2話あらすじ

第2話 ネタバレはここをクリック

生子が妹だと四月一日家にやってきて驚く三樹。一花が今日から住んでもらうと言う。混乱する三樹。声優養成所で知り合った一花と生子。話をして一花は生子が妹だと思ったと言う。生子は姉を探していた。シングルマザーに育てられ、中学の時に母が亡くなり、その時に姉が3人いると言われたと言う。一花のネックレスと生子のブレスレットが似ていて、二人とも父親に買ってもらっていた。幼い頃に遊んで貰った記憶では三女は優しくて、長女は変な人だったと言う。二葉に確認しようとすると、留守電になった。昔の写真で一花の後ろに隠れている女の子をおばさんに聞いてみる。一花と生子が父親の似顔絵を書くと画力が低くてよく分からない。二葉から電話が来て、質問したいと言うと旦那の文句を言う二葉。店に来てと言われるが、家に後で来てと言う三樹。バイトのはるに店を任して二葉は家に向かう。おばさんから連絡が来て、写っているのは妹では無く、近所の男の子だと言う。そして妹はいないと言われる。残念がる生子に謝る三樹。慌てて帰ろうとする生子にしばらく家にいないかと聞く一花。三樹も了承し、生子は二葉の部屋を使う事に。二葉が家に来て生子が出て驚く二葉。

第2話 感想はここをクリック
30代男性
何が何やらわからないモヤモヤ感だらけの三樹に対して、穏やかに明るく長女の一花と謎の美少女が今日から妹となってここに住むと楽しそうな談笑とビックリな構図が可笑しく、三樹が話す通りにあの世に旅立つ瞬間まで忘れられない事だよなと思われ、三樹だけ除け者感溢れる光景に爆笑した。
30代男性
四月一日家に突如現れた金髪のロングヘアーで可愛らしさと明るさが満点の美少女の白鳥生子を、長女の一花が私たちの妹と話すのは聞き間違えかと思っていたのに、生子本人もあなたたちの妹ですとは衝撃的過ぎて三女の三樹が驚くのも当たり前と思われ、番組冒頭からブッ込んできたなと感じてしまった。
40代女性
テレ東「四月一日さん家と」第02話の感想として、一花が三樹に、妹が現れたことを伝えていた。一花が必死になって妹がいたことをわからせようと、三樹を説得しているところが、とても面白く感じられました。次回も期待しております。
30代男性
生子ちゃんの姉妹の謎は今後も続いてくのかな?
1話もそうでしたが、1期にないアングルや場所も増えて一層ドラマとしてのバリエーションが増えた気がする。
あと子供時代の四月一日姉妹の写真が可愛すぎて子供時代の3人のお話も見てみたくなった。
30代男性
ついに生子ちゃんが四月一日家に。
一花ちゃんと生子ちゃんの波長が似てて、三樹ちゃんが忙しくつっこんでいくのを楽しく見ていましたwでも予想外に生子ちゃんが辛い生い立ちしてて、すっかり打ち解けてたのに違ったのは悲しかったです・・・一緒に居れることになってよかった。

<ドラマ『四月一日さん家と』第1話>
第1話「四月一日さん家と出戻り」
2020年4月5日(日曜)25時35分放送予定

TVerやネットもテレ東での配信は終了しました。

<公式>第1話あらすじ

二葉(猿楽町双葉)が結婚をして家を出て、一花(ときのそら)と三樹(響木アオ)の二人暮らしが始まる……。はずだったのだが、二葉は毎日のように四月一日家に帰ってきてしまう。今日も、夫のケンジと喧嘩したようで、愚痴が止まらない。そこに謎の訪問者・生子が現れて……。四月一日ファミリーのほのぼのドラマ、再びの開幕!

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』第1話あらすじ

第1話 ネタバレはここをクリック

四月一日家に来た二葉は、姉妹相手に愚痴が止まらない。そんな時、一花に電話があり、これから誰かが来るという。二葉は夫への不満を言い始め、一花が食事を作ることに。二葉は夫からの電話に出ようとしないが、メッセージだけは読んでいるという。二葉の夫が訪ねて来て一花が対応するが、二葉は夫と顔を合わせず、彼を家にも上げさせない。二葉は夫の浮気疑惑を口にする。事情を聞いた三樹は浮気を確信し、始めは半信半疑だった一花もついには同調。一花は二葉の夫からスマホを取ってきて、二葉が怪しむ写真を見る。そこにはすべて二葉が写っていた。機嫌を直した二葉は夫の元へ行き、そのまま帰っていった。その後、妹だと名乗る生子が家にやってくる。

第1話 感想はここをクリック
30代男性
二葉が結婚したのに家に帰ってきてるのがとても面白くてよかったです。二葉が文句ばかり言っていたのがとてもビックリしました。二葉が独身に戻るといいだしたのがとてもビックリしました。一花が二葉の話を聞いてあげていたのがとても優しいなと思います。二葉がケーキが出てこなくて怒っていたのがとても面白くてよかったですわ
30代男性
イラつき出したら止まらない二葉のダメな性格をわかっている一花と三樹が呆れている気持ちがよくわかり、末っ子の三樹がハッキリと何度も同じことをしていると言ってしまうのは当然の事とは思ったものの、イラつく二葉の今の現状には火に油を注ぐだけとすぐさま考えて気持ちに寄り添う行動を始めた一花はさすが長女だなと感心した。
40代女性
You Tubeドラマと言う、今どきの設定だったけれど、話しは女性あるあるな内容でした。結局、二葉みたいな「周りを振り回すだけ振り回すタイプの女性」が幸せになって行くんだよなと、改めて痛感。けんじも、ワガママ放題の二葉が可愛いんだろう。毎週話しを聞かされている、一花と三樹はたまったもんじゃないけど、姉妹間なら言ったもん勝ちだから仕方がない。
30代男性
二葉のちょっとしたイライラする話によって、イラついた気持ちを落ち着かせようとしているために末っ子の三樹に話している事がかえって、イラつきが尽きるどころか倍増させてしまっている悪循環を生んでしまっている情けなさを露呈させる結末はとても人間らしく感じるものの、一花と三樹からすれば傍迷惑そのものでしなかないのが最も辛いと思う。
30代男性
やっぱり、この三姉妹の話は面白いですね。一番感心してしまったのは清純派グラビアアイドルの話で、グラビアアイドルをしている段階で清純派ではないというのがすごく納得してしまいました。それにホットコーヒーという言葉もおかしいと言っていたので、それも妙に的を射ているなと感じました。コーヒーはホットですからね。

ドラマ『四月一日さん家と』について

公式HP 公式Twitter 公式Instagram
Introduction

東京江東区・門前仲町。長女・一花(ときのそら)、次女・二葉(猿楽町双葉)、三女・三樹(響木アオ) の四月一日三姉妹は、母親は幼少期に他界し、父親が一昨年亡くなっている。 ある日、二葉が結婚し家を出て一花・三樹の二人暮らしになった四月一日家に、とある理由で謎の女子高 生・生子(物述有栖)が訪ねてくる。 一方、住まいを移した二葉はカラオケバー「まさこ」でアルバイトを始める。カラオケバーでは、まさこ ママの娘・大森神生湖(天神子兎音)や、酒屋の看板娘・若木春(夏色まつり)、バイト仲間の演劇少女・ 山村しのぶ(大空スバル)、三姉妹のいとこ・雨夜瑠美(朝ノ瑠璃)の個性的な面々と四月一日三姉妹+ 居候のドタバタに巻き込まれていく…。 新生四月一日ファミリーがお贈りする、笑いあり涙ありのほのぼの日常系シチュエーションコメディ。

【出典:ドラマ『四月一日さん家と』あらすじ

■Cast

●ときのそら
公式サイト YouTubeチャンネル


猿楽町双葉、響木アオ、物述有栖、天神子兎音、大空スバル、夏色まつり、朝ノ瑠璃

ドラマ『四月一日さん家と』への期待

30代男性
四月一日さんの家に新しく女子高生が加入するみたいなのでその新キャラがどのようなドタバタ劇を持ち込んでくれるかに期待したいです。前シリーズで四月一日さんの三姉妹の人となりというかキャラクターはある程度掴めたと思っているので、新しく女子高生が入ったことによってどんな化学反応が生まれるのか興味深いです。きっとその新キャラは結構自分の思ったことを色々と言ってきたりしそうなので、その言動に対応する三姉妹の姿がすごくみたいです。今まで通りの他愛ない会話も継続でお願いします。そうすれば新規のファンは確実に増えると思います。
コメントをもっと読む
20代男性
前作に続いて新しく物述有栖というキャラクターが加わるようなので、さらに四月一日家の日常が楽しくなりそうでワクワクしています。前期では何気ない会話でクスッとできるところが多かったので、今回もそういった場面が多くあると嬉しいです。さらにバーチャルユーチューバーがドラマに出るという斬新なアイデアを活用して、実写でもアニメでも出来ないなにか新しい試みをしてくれるのではないかという期待もあります。最近では新人バーチャルユーチューバーがどんどん誕生していますので、四月一日家シリーズは今後も継続し、新人バーチャルユーチューバーの演技の登竜門的な存在となってくれるのではないでしょうか。
30代男性
三姉妹の家の中だけど展開していたシチュエーション特化型コメディ劇として第一シリーズは売っていました。第2シリーズでは、他の家のメンバーも追加ヒロインで登場するというので楽しみです。可愛いVチューバーたちが追加で新登場する流れがどういったものになるのかも大変期待できます。四月一日家以外にも舞台がうつる展開があればよいと思います。毎回日常生活あるあるを持ち込んだようなコミカルなトークが面白いのに定評のある作品でしたので、今回も聴けば納得してクスリと笑える面白い会話劇が見れるとよいです。三姉妹の絆にほっこりする流れにも期待できます。
30代男性
三姉妹だったはずの四月一日家に、自分も妹だと名乗って乗り込んでくる第4のヒロインが追加で登場するのが興味ふかい点としてあげられます。人気Vチューバーの物述有栖さんが追加ヒロインとして登場します。動画配信の時とは全く違う女優としての彼女の腕前がいかほどのものかを見ることが出来るのも楽しみです。他にも可愛いヒロインが追加で登場するのも楽しみです。誰がどのタイミングでどのようにして物語に絡んでくるのか、とても楽しみです。三姉妹の間で起きる騒動をおもしろおかしく描く各話の展開にも期待できます。完成度の高い脚本をあげてくるのが特性のドラマなので、シナリオにも重視して視聴したいです。
20代女性
バーチャルユーチューバードラマは初じて見るのでまずどんな感じにドラマとして放送されるのかがとても気になっています!普段YouTubeでバーチャルユーチューバーは見るのですが連続ドラマなのでストーリーやキャラクターたちの絡みも見どころだと思います。元々出演していた三人に加え、ボイスドラマで出演していた4人や新人メンバー1人もゲストとして加わり四月一日ファミリーが増えるのでどんな絡みになるか、どう空気感が変わるのかも楽しみです! 普段ドラマを見なくてもバーチャルユーチューバーが好きな方やファンの方が見る機会になると思うし私もそのうちの一人なのでネット界隈でも話題になりそうです!
30代男性
二葉が結婚してどんなふうになるのかがとても楽しみです。一花の天然さがとても面白くて笑えていいと思います。三樹の推理が始まる感じがとても面白くて最高だと思います。三姉妹が仲がいいのか悪いのかわからない感じがとても面白くていいと思います。いつも家で問題ばかり起きるのがとても面白くていいと思います。二葉とけんじがどうなってしまうのかとても楽しみです。新メンバーが入ってきそうなのがどんな展開になるのかとても楽しみです。みんなすごく可愛くてすごくリアリティーがあって最高だと思います。三樹のツッコむ感じが面白くて最高です。
20代男性
やはり、今までに実施されたことがないバーチャルYoutuberが俳優として演技を行うという画期的かつ斬新な取り組みというところに注目が集まることが予想できます。しかし、バーチャルYoutuberということでモーションや声と動きの一致など、まだまだ生身の人間が演じるものと比べるとおぼつかない部分が見受けられたりするかもしれませんがこれからの未来においてこのドラマが成功すると今後もっと同じようにバーチャルYoutuberを使用したドラマが増えることが予想されますので、このドラマがパイオニアとして頑張って欲しいという部分に期待を抱いています。
30代男性
前シリーズには登場しなかった女子高生の生子が登場するみたいです。このキャラクターの存在が四月一日姉妹にどんな化学反応をもたらしてくれるのかすごく興味深いのと同時にちょっと不安な部分があります。彼女がいることで会話のテンポが崩れてしまったり三姉妹の雰囲気が崩れてしまうことは勘弁ですね。でも見るからに可愛らしくていい感じのキャラなのでそのような心配はなさそうですね。このシリーズでも一花がいっぱい話して姉妹たちを色々と翻弄していって欲しいです。その方がとてもおもしろい会話劇に発展していってくれると思うので楽しみです。
20代男性
自分自身バーチャルユーチューバ―について知らなかったのですが、このドラマが放映されると聞いて自分自身でバーチャルユーチューバを徹底的に調べるほど。このドラマの期待値の高さがあります。ストーリーとして家族の何気ない日常を描いたものが挙げられているので、普段のドラマで表現される家族の姿とはまた一味違う姿を見せてもらえるのではないかなとワクワクしています。主人公の四月一日一花の設定がとてもユニークで主人公の設定という視点から見ても、成功者が成り上がっていくという非日常ではなく、身近な人への投影も可能になるなと思いとても楽しみです。
20代男性
バーチャルYouTuberが主だって展開されるドラマ、『四月一日さん家と』は全く新しい切り口のドラマといえるでしょう。近年、YouTubeのライブ配信で活躍し定着しつつあるバーチャルYouTuberですが、その大手であるホロライブ所属「ときのそら」さんを始めとした豪華キャスト陣にも注目です。毎週異なったゲストを招いて話が紡がれるとのことですが、例えば「ときのそら」さんが所属するホロライブには多くの人気ライバーが所属しており、そうした繋がりがドラマ中どう発揮されるかも見所です。配信では見られない、ドラマでの彼女たちの活躍を期待して視聴を待ちたいと思います。
30代男性
このバーチャルチューバードラマは前シリーズをずっと見ていたので続編がまた始まることにかなりワクワクしています。この三姉妹の中で一番好きなキャラクターが登場長女の一花です。彼女はちょっと天然なんですが姉妹たちを包み込む優しい雰囲気があるのでいるだけでかなりほのぼのした雰囲気が流れてすごくいいですね。やっぱりこのドラマは会話劇がとてもシュールでこんな話をするのかという意外性を楽しむ感じなのでそのテイストは変えずにまた深夜に自分たち視聴者を楽しませて欲しいです。新キャラも登場するみたいなので何か波乱な展開があるといいですね。
50代男性
バーチャルドラマですが、観た感じがアニメとドラマの中間のような感じがしました。私はまだバーチャルドラマを観たことがないので、どんな感じになるのかとても気になります。面白かったら、この前作も観てみたいと思いました。主人公は若い姉妹のようですが、彼女たちを取り巻くいろいろな人々との温かい交流が見られるような気がします。何気ない日常の出来事が描かれた作品のようなので、その点もほのぼのしながらホッコリとした気分で楽しめるような気がしています。何かとストレスの多い時期ですが、このドラマを観て気分を癒したいと思っています。
30代女性
新型コロナウイルスの影響が、どんどん深刻になってきている今は、普通のドラマよりも、むしろバーチャルドラマのほうが、現実を直視するのではなく、少し意識を遠ざけることができて良いのかもしれないと思います。これまでに、この手のバーチャルドラマを見なかった層が見る可能性も高まり、癒しの時間にもなるのではないかと思います。男性は、自分の好きなキャラクターを中心に見たり、女性は、自分はこのキャラクターに似ているかも…など、いろいろな見方ができると思います。新型コロナウイルスが終息したら、四月一日さん家のような穏やかな日々が送れることを想像しながら見たいです。
20代男性
今流行りのバーチャルユーチューバーが主役のボイスドラマの2期作ということもあって、とても楽しみですね。今回は新たなメンバーもやってくるということで、そこも気になります。その新たなメンバーというのが、まさかのニューカマーという事実を知って少し驚きましたが、あの三姉妹とどのように関わっていくのか、どんな展開になっていくのか注目ですね。前回の一期作を見て、自分は一花の性格がなかなかいいなと思っています。アニメに自分が救われたという理由でアニメの世界で声優として生きていきたいという決意を持つところが素敵です。そこに今回も注目したいです。
50代女性
私は第一期を観ていませんが、内容を観てみると、女性の登場が多いドラマだと思いました。また、バーチャルYouTuberドラマということで、普通のドラマとはかなり違った感じで、それも興味があります。四月一日さん姉妹の他にもいろいろなキャラクターが登場するようです。日常で起こる様々な出来事がリアルな感じがあり、共感が持てそうなストーリーだと思いました。今後、こういったバーチャルYouTuberドラマが増えていくのかもしれません。観終わった後にほのぼのできそうなドラマというのも良いと思います。第二期が始まるのが今から楽しみです。
50代女性
一花と二葉と三樹がどのような女性に変身しているのかが楽しみだ。一花は彼氏はできるのか、二葉の結婚生活、文才の三樹は作家としてデビューするのか、等が見てみたい。また、二葉のご主人も出演してくれることを期待する。彼氏の時は声だけの出演だったので、特に興味がある。二葉はカラオケバーでバイトを始めるが、そのバイト先での私生活にも興味がある。二葉はきれやすいから大丈夫かなとか思うが、なんとかバイト仲間と楽しい生活を送ることに期待したい。また、二葉が嫁入りした後の一花、三樹、女子高校生である生子の新たな生活の展開にも期待する。
30代男性
四月一日三姉妹の中で一番長女の一花が好きなのでかなり目立ってくれると嬉しいです。前シーズンでもすごく面白かったのですが今回の新シリーズでは、もっと違う一面が見てみたいです。結構天然な感じを爆発させていたと思うので今回は結構しっかりとした振る舞いで妹たちをいなす設定になっていればいいなと感じます。結構双葉がガンガン前に出てきていたように思うのでそれを圧倒するガツガツさを見せて楽しませて欲しいです。やっぱり新しく入ったメインキャラである生子が気になります。どんな感じで三姉妹に絡んでいくのでしょうか。
30代男性
四月一日さん家とは前シリーズで飛び飛びで見ていました。ヴァーチャルユーチューバーというジャンルがあることを初めて知ったドラマでした。話の内容はほのぼのドラマといった感じでアニメキャラが日常の他愛のない話を展開していくという流れです。やっぱりキャラたちが好きになれなければこのドラマはかなり退屈なものになってしまうことでしょう。ですが四月一日姉妹はとてもユーモラスで面白い姉妹が集まっているので、絶対に誰かのキャラは好きになれるような気がします。自分は一花が一番好きですね。ほんわかしていてとても面白いです。次のシーズンは三姉妹にもう一人女子高生が加わるみたいなのですごく期待しています。
50代女性
このドラマはCMで何度か見かけたことがありましたが、動きが微妙な感じだった印象がありました。ですが、ストーリーを観てみると、苦労した3姉妹の話のようで、その内容から観てみたいと思うようになりました。子供の頃にお母さんを亡くしていますが、3姉妹は何とか明るく頑張っているようです。それぞれ性格が違いますが、個性的で楽しい3姉妹と言った印象を受けました。姉妹ならではの悩みや問題なども起こりそうで、共感できる部分もあるかもしれません。今まで観てきたアニメやドラマとは違った視点で楽しめそうで、今から放送が始まるのを楽しみにしています。
30代女性
あの3人が新しい仲間を連れて帰ってくる!近年ニュース番組やバラエティ、ドラマに至るまでテレビの放送内容が各局似通ってきていて、子どもの頃あんなに大好きだったテレビを楽しめなくなってきていました。そんな私ですが去年ドはまりした番組がありました。それが「四月一日さんちの」です。ドラマのようなアニメのような、それでいて今まで存在したどのカテゴリーにも当てはまらないようなVtuberシチュエーションコメディという新ジャンルに惹きつけられたのは私だけではないはずです。内容は、かなりゆるめ。女性同士の会話における独特の空気感が生々しくもユーモアたっぷり、リアルに伝わってきます。前作は次女の嫁入りで最終話を迎え、今作はどんな展開が待っているのか。今から楽しみです。
40代女性
四月一日三姉妹のハートウォーミングな日常を描いたドラマですよね。今回から、なぞの女子高校生が四月一日ファミリーに、新しく登場するというので、期待しています。ステキな女の子だといいなぁ、と思っています。彼女がどんな謎を抱えているのか、ということも気になります。この番組の特色は、個性やキャリアの異なる三人のバーチャルYouTuberの三人が、両親を亡くして、三人で暮らす若い三姉妹に挑戦していることです。三姉妹が、それぞれ異なるキャラクターを持っていて、楽しいですよね。私たちが、ほっこりするようなステキな展開を期待しています。
40代女性
バーチャルYouTuberドラマというものを、初めて知りました。最近、YouTubeでよく見かけるVtuberさんが出演するドラマ、と考えたらよいのでしょうか。公式サイトで告知のストーリーを拝見しました。短いお話でしたが、表情も豊かで、それぞれが生き生きと動いている様子に好感を持ちました。それぞれ性格の違う、魅力的な3姉妹の日常を垣間見ることができるような感じでしょうか。全体的にやさしく楽しいお話の印象を受けたので、一日の終わりに見て、ほっこりした気分で寝られたらいい夢が見れそうですね。4月19日スタートとの事なので、楽しみにしたいと思います。
50代女性
私はバーチャルYouTuberドラマを観たことがないので、「四月一日さん家と」で観ることができ、どんなものなのか期待しています。CMで「四月一日さん家と」を見たことがあるので、なんとなくの雰囲気は分かるのですが、実際の内容はまだよくわかりません。3人姉妹が主人公のようで、彼女たちを中心にドラマが展開していくようです。異次元的な内容ではなく、現実的なストーリーのようなので、親近感を覚えやすいのではないかと期待をしています。前作もあるようなので、機会があったら観てみたいと思っています。春からの放送が今から楽しみです。
30代女性
『四月一日さん家の』の続編ということで楽しみにしているのですがまさか続編でまた物語が続くとは思いませんでした。私がすごい楽しみにしていのは四月一日姉妹の掛け合いもそうなのですが、今回新キャラクターで出演する物述有栖ちゃんが出るのが個人的にはとても楽しみです!にじさんじで有名な彼女がどう演じるのかすごい楽しみです。お嬢さまという設定みたいですが、複雑そうな家庭環境らしくそこがみどころなのかなと勝手に思っています。

SNSの反応【#四月一日さん家と】

もっと見る

ドラマ『四月一日さん家と』の見どころ

ポイント①〈バーチャルならではの試み〉
バーチャルユーチューバーのドラマということで新しさが全開ですが、第3話ではそれを生かしてゲストが本人として出演!バーチャルなのにリアルでもうなんだかよくわかりません。ゲスト出演したのはゴールデンボンバーの樽美酒研二。普段は訛りが強いためセリフのある仕事は断っているという彼がこの仕事を引き受けたのは本人役だったからとのこと。バーチャルの世界でも白塗りをしていた樽美酒はなんと、ドラマの中で「女々しくて」を歌っています!普段はドラマーなので絶対に歌わない彼の歌声が聞けるのは貴重ですね。