『仮面ライダーゼロワン』を見逃し動画無料フル視聴!

仮面ライダーゼロワン
放送日程
2019年9月01日(日曜)スタート!
【毎週日曜】午前09:00~テレビ朝日放送

『仮面ライダーゼロワン』動画視聴方法

『ビデオパス』の無料期間を利用すれば・・・
”完全無料”で見放題♪(一部課金作品あり)

初回30日間無料!!無料期間中の解約が出来るので、本当に無料で見れちゃいます!
解約金も一切なく、手続きもボタン一つで簡単です♪

『ビデオパス』おすすめポイント

★業界最安級!月額料金『562円(税抜)』で見放題作品は多数!!

★テレビで見逃した作品を第1話から最終話まで、お好きなタイミングで視聴可能!
2019年最新ドラマの『東京独身男子』や『都立水商〜令和〜』『仮面ライダージオウ』『向かいのバズる家族』など配信中!

★見放題会員に毎月『ビデオコイン(540円分相当)』をプレゼント!
このビデオコインを使って最新映画などが視聴可能!タダで視聴ができてしまうので追加料金なしで楽しめる!

『仮面ライダーゼロワン』見逃し動画 検索

  • <第1話〜全話>をフル視聴!
ビデオパス
  • 動画共有サイト
YouTube PandoraTV Dailymotion 9STU
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。
<『仮面ライダーゼロワン』第6話>「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」
2019年10月06日放送分

無料動画配信の予定はありません。

第6話 ネタバレ解説はここをクリック

今回の話のテーマは、人型のロボットを題材とする作品では切っても切り離せない、人間の複製は作ってはならないという所とその理由について掘り下げるお話です。

ヒューマギアは最高クラスのサービスを選択することで、購入者の好きなように顔や性別を選択することが出来ます。
つまりそれは、元々存在している人間、あるいはかつて生きていた人間の複製を作る事も出来るという事になります。
今回の話で語られたのは、その行為自体を禁止する法律が存在する事、そして今回のゲストは何故そういった行為を行ってしまったかという所に触れた話でした。
故人を模したヒューマギアの存在は、既存の倫理観を塗り替える可能性もあります。
それを踏まえた上で、社長と声優ヒューマギアの演技をもう一度見てみると、また違ったように見えてくるかも知れません。

第6話 感想コメントはここをクリック
30代女性
突然、敵の襲撃を受けて変身しようとする不破がカッコよかったです。特にバック宙をして攻撃をかわした所がしびれました。その直後に或人はプログライズキーを盗まれてしまって不破とは逆に残念だったなと感じました。必死に追いかけたのに取られてしまって更に残念でした。なので或人を応援したくなりました。
30代女性
ヒューマギアは見た目は人間だけど、人間で言う怪我をするというのが損傷だったり、大丈夫かどうかの確認で名前を言えるか問いかけたり、再起動して確認したりとやっぱりロボットなんだなと感じさせられました。壊れると余計なことを言ってしまったりするのも人間ではなくロボットということを余計に思わせて、こんなに人間みたいなのに人間ではないと思うと見ていて切なくなりました。
30代女性
或人は父と呼んでいたヒューマギアを亡くしていたからこそ、今回の親子関係の問題は或人にとっては人ごとには思えなかったのだと思いました。また、迅は親子について色々気にしたりとイズの様に純粋な心があるように思えました。迅と滅との関係が今後どうなっていくのかが気になりました。
20代男性
今回の仮面ライダーゼロワンでは、仮面ライダーバルキリーの新フォーム・ライトニングホーネットが登場します。蜂を使って攻撃する技や飛行攻撃に加えて、水中に逃げ込んだ敵を雷の攻撃で追撃するなど見所が満載でした。
20代男性
今回の仮面ライダーゼロワンでは、新しい仮面ライダー迅が登場します。滅亡迅雷.netの迅はなんと滅に作られたヒューマギアであることが判明しました。また仮面ライダー迅は仮面ライダーゼロワンから奪ったブログライズキー・フライングファルコンに変身し、仮面ライダーゼロワンを追い詰めます。今回の敵はマギアだけではなく、敵として仮面ライダーが登場したので、今後の新しい仮面ライダーにも期待したいと思います。
<『仮面ライダーゼロワン』第5話>「カレの情熱まんが道」
2019年9月29日放送分

無料動画配信の予定はありません。

第5話 ネタバレ解説はここをクリック
アルトはイズと一緒に頼まれたヒューマギアを持って石墨超一郎という漫画家の家に向かう。家に着くと冷たく出迎えられる。謎のフードの男がまた何かを企んでいる。漫画家はヒューマギアにアシスタント業を全て頼んで楽している。アルトは漫画家に絵のタッチが変わったことを指摘し前の方が良かったと言ってしまい怒らせてしまう。そこへまたフードの男がが現れてアシスタントのヒューマギアを悪に変えてしまう。アルトはゼロワンに変身して戦うが歯が立たない。そこでイズがシャークにフォームチェンジしてはと言いアルトは素直に変身する。そこにバルカンも乱入して敵を蹴散らす。会社に戻るとアルトはやる気のない漫画家に幻滅していた。イズは一人で漫画家に対して情熱はあるか聞きにいく。アルトは情熱を持って仕事してくださいと説得するが漫画家はもう漫画を描く熱はないと言う。その直後また漫画家の家に敵が襲いかかってくる。アルトは変身してまたフォームチェンジして炎を纏いながら戦う。そして最後にフレイミングインパクトを放って破壊する。ゼロワンの姿を見て漫画家はまた情熱を持って書き始める。
第5話 感想コメントはここをクリック
30代女性
今後ヒューマギアが意思をもつかどうか、という流れになってきているにもかかわらず、今回はヒューマギアの奴隷化という話。どんどん重いテーマになってきてる印象です(物語の最後にはハッピーエンドで安心しましたが)。そして、気になったのは、エンディング直前の滅びの台詞。「迅は息子」とはどういうことなのか?今後の展開が楽しみです!
40代男性
年齢が高くなると仕事に対して惰性やマンネリが多くなり、その仕事を代わりにしてくれる者(ヒューマギア)が居たなら仕事に対する情熱は加速して消えていく。ヒューマギアに漫画を描かせる漫画家の情熱取り戻そうとする描写にグッときた。
20代女性
今回のゼロワンも凄く良いお話でした。お話も良かったのですが何よりも、新しいプログライズキーで変身からの火の演出にとても震えました、そこから漫画調で描かれるバトルは凄くかっこいいものでした。迅が滅にとって自分はどういうものなのかと聞いたときに、滅が「息子だ」と答えたシーンはとても考察しがいがあるシーンでした。あと不破さんが相変わらずプログライズキーを力ずくで開けているシーンや、或人のギャグに対して「ギャグが冴えてんなあ~」と笑いを堪えるシーンを観て、最初の怖そうなイメージが崩れて親近感が湧きました。
<『仮面ライダーゼロワン』第4話>「バスガイドは見た!アンナ真実」
2019年9月22日放送分

無料動画配信の予定はありません。

第4話 ネタバレ解説はここをクリック
飛電或斗とイズは、バスガイドのヒューマギア・アンナの職場観察を目的に、中学生たちを乗せたバスに同乗する。そのバスは、12年前に起きた大惨事の現場「デイブレイクタウン」へと向かう。アンナがデイブレイクについて説明をすると、中学生・郷の周囲にいる他の中学生たちは、デイブレイクの原因は郷の父親であるとはやし立てる。郷は、デイブレイクの真実が知りたいと、エイムズの諫に訴えかける。諫はデイブレイクの真実はヒューマギアの暴走によるものだと郷に説明し、父親のせいではないと伝える。また、或人は社長として隠し事をしないと誓い、諫とともにマギアに立ち向かう。一方、郷はアンナの協力によって、デイブレイクの真実が隠されたメモリカードを見つけ、郷の父親はヒューマギアの暴走を命がけで食い止めた英雄であることが証明される。バルカンに変身した諫はマギアを倒したが、アンナは任務を果たしたのち、破壊されてしまう。そして、デイブレイクの真実は全世界に伝わり、中学生たちも郷に対する誤解が解けたのだった。
第4話 感想コメントはここをクリック
30代女性
今までの話ではデイブレイクは爆発事故としか言われていなかったけれど、細かい内容が少しずつ浮き彫りになってきました。副社長は何かを知っているようなのでやはり、或人の会社に何か悪い関係があるのかなと思いました。人間の侵入者を殺そうとするヒューマギアがいる時点でけっこうヤバそうな案件なんだなと伝わりました。
30代女性
デイブレイクをきっかけに不破がヒューマギアを恨むのは仕方ないけれど、何も知らない或人を恨むのは理不尽極まりないと感じていました。でも、最後にデイブレイクの真実が少し分かったり、正体もバラしたことによって少しは二人の距離が縮まったのかと思えました。
20代女性
新たな仮面ライダーが姿を現しました。OP映像で既に登場していましたが、おそらく滅が変身するライダーです。12年前のデイブレイクにも関わっていたようですが、当時も滅が変身したのかはまだ分かりません。どちらにせよ、敵も仮面ライダー、ゼロワンやA.I.M.S.と対立していく展開になれば、より面白くなりそうです。また、そのスーツアクターを務めるのが、主演ライダーのスーツアクターを勇退された高岩成二さんということで、高岩さんのアクションを見られるのが嬉しいです。
20代男性
今回の仮面ライダーゼロワンでは、仮面ライダーゼロワンと仮面ライダーバルカンの新しいフォームが登場します。仮面ライダーゼロワンのフォームはフライングファルコンという飛行に適したフォームであり、飛行型のマギアと戦う際には華麗な空中戦を繰り広げました。仮面ライダーバルカンのフォームは、パンチングコングという力に特化したフォームであり、敵の通常攻撃ではものともしない頑丈さと敵を空中まで吹っ飛ばす程の必殺技は今回の見所です。
20代女性
第4話にして物語が大幅に動きました。デイブレイクタウンには隠された真実があったこと、不破さんに正体を明かしたこと、ゼロワン・バルカン新フォームのお披露目など。そしてデイブレイクに滅亡迅雷ネットが関わっていたことなど、「4話でここまでいくの」とかなり驚きました。また、マギア化されそうになりながらも必死で抵抗したヒューマギア・アンナさんの姿、息子を思いながらも職責を全うした工場長など、相変わらず感情に訴えてくる話運びでした。来週もまた楽しみです。
<『仮面ライダーゼロワン』第3話>「ソノ男、寿司職人」
2019年9月15日放送分

第3話 ネタバレ解説はここをクリック
今回は仮面ライダーゼロワンの3人目の仮面ライダーバルキリーが登場する。仮面ライダーバルキリーは、エイムズの刃唯阿が変身する仮面ライダーで、チーターをモチーフとした仮面ライダーであり、走力や足技をに優れている。仮面ライダーバルキリーは、敵との戦いにおいて障害物を利用した戦いや、敵の周囲を回りこみながら、敵の中心に銃を撃ち、エネルギーを溜めてから爆発させ敵を一掃する必殺技を使うという戦い方を見せる。また今回は仮面ライダーゼロワンの新しいフォームも登場する。仮面ライダーゼロワンの新しいフォーム・バイティングシャークは、水の地形で戦うことに優れており、また相手の触手等の複数攻撃にも対応することができ、その攻撃を防ぎながら戦うことも可能である。今後の仮面ライダーゼロワンの新しいフォームの登場にも注目だ。
第3話 感想コメントはここをクリック
30代女性
今回は、ヒューマギアと人間との関わり方がテーマになっていると感じました。お寿司屋さんの大将とヒューマギアの絡みは、だんだんと心が通い合う様子が素敵でした。人間と違って、ヒューマギアは辛いことから逃げ出すということがない面が良いなと思いました。
30代男性
仮面ライダーバルカンの変身シーンがとても良かったです。前回02話での初変身シーンよりも今回の方がCG映像が洗練されておりより格好良さが際立っていました。仮面ライダーバルキリーの初登場もありとても楽しめました。
40代男性
“今回は、エイムズの唯阿が3人目の仮面ライダー・バルキリーに変身して戦うシーンや、ヒューマギア・ニギローが握った寿司を食べるシーンなど、クールビューティーな彼女は意外と表情が多彩なところに魅力を感じました。
バルキリーに変身するシーンもクールでかっこ良く、戦闘シーンもスピーディーで華麗な動きを見せて、女性ならではのスマートな戦い方もまた迫力を感じました。”
30代男性
早くも第3の仮面ライダーが登場したことには驚きました。仮面ライダーゼロワンシリーズは02話に第2の仮面ライダーが登場するなど過去のシリーズと比べてもペースが速いです。まさかこんなに早く第3の仮面ライダーまで登場したのにはビックリです。
30代男性
仮面ライダーゼロワンの変身シーンもだんだんと様になってきています。そして、今回は新たなフォームへのチェンジもありました。今後どんなフォームが見られるのかとても楽しみです。ヒューマギアと寿司屋の大将の師弟関係がグッとくるストーリーでした。
<『仮面ライダーゼロワン』第2話>『AIなアイツは敵?味方?』
2019年9月08日放送分

  • <公式>【第2話】無料動画配信(2019年10月31日(木)24:00まで配信!)

第2話 ネタバレ解説はここをクリック
飛電インテリジェンスの社長に就任した飛電或人は、早速、エイムズの諫と唯阿の取り調べを受けることになる。エイムズは、ヒューマギアの殲滅を目的に戦い、ヒューマギアとの共存を願う或人を敵対視している。そんななか、滅亡迅雷.netによって、飛電インテリジェンス社員を守った警備員のヒューマギア・マモルがマギア化されてしまい、或人に襲い掛かる。或人は、秘書のイズから暴走したヒューマギアをもとに戻すことが不可能であると聞かされ、葛藤しながらも、マギアに立ち向かう。一方、別のマギアを倒すため、ついに、エイムズの諫は仮面ライダーバルカンに変身を遂げ、マギアを打ち倒す。そして、マギア化したマモルを倒した或人は、飛電インテリジェンスの記者会見で、滅亡迅雷.netがヒューマギアを洗脳したと説明し、改めて人類とヒューマギアの共存を提唱するのだった。
第2話 感想コメントはここをクリック
30代女性
まず注目したいのはAIロボットであるヒューマギア役である人間の動きがまるで本物のロボットであるかのように振る舞っているのがすごいと思いました。人間がロボットっぽく演じているのか、それとも特殊な映像加工技術を用いているのかは私がその辺の知識に疎すぎるため分かりませんがとにかくロボットである味をしっかり出している演技・演出は素晴らしいとしかいいようがありません。今回は主人公の飛電或人と人工知能特務機関「A.I.M.S.」の不破諫の相反する思いが目立った動画の回でありました。まず主人公側の飛電或人について、爆発事故から彼を守った父親は爆発により皮膚が剥がれて機械の体をしていたためおそらく彼を育てた父親はヒューマギアではないのかと推測されます。(人間である本当の父親の存在は不明。)ヒューマギアは命懸けで自分を助けてくれたということからヒューマギアは殺人マシンではなく人類をよりよくするための夢であることを叫んでいたため、ヒューマギア(AI)と人とが共存してよりよい社会を作り上げたいという彼の熱い想いが伝わってきました。一方、「A.I.M.S.」の不破諫はヒューマギアの暴走が引き起こしたとされる過去の爆発事故の被害者であり、ヒューマギアに殺されそうになった経験からヒューマギアや飛電インテリジェンスに対してすごい敵対心を持っています。自身の経験から「ヒューマギアは人類の敵だから1つ残さずぶっ潰す!」と叫び、本来上官である刃唯阿の許可がないと絶対に起動しないはずの変身システムを己の復讐心から力ずくで無理やりこじ開けて仮面ライダーバルカンに変身しました。こちらもなんとしてでもヒューマギアをなくさせようという熱い想いが伝わってきました。AIロボたるヒューマギアとの共存、ヒューマギアを消し去ること主人公と刃唯阿の相反する想いが爆発し、それがくっきりと表れていたためとても印象的な回でした。話が進むにつれて刃唯阿がヒューマギアに歩み寄ることがあるのかが気になるところです。また最後に飛電或人が会見に臨み、暴走の原因である敵組織の「滅亡迅雷.net」の存在を証拠の映像動画つきで紹介するなどしっかりとした対応をして社長らしい働きをしていたのが個人的にはよかったです。
40代女性
いよいよゼロワン以外の仮面ライダーが登場しました。バルキリーの登場ですが、今までの展開に漏れず主人公と対立しバチバチの状況です。現段階では、バルカンの方がゼロワンよりフィニッシュは格好良いです。今後、どのように認め合い協力していくのか楽しみです。
40代女性
今回『仮面ライダーゼロワン』でサブの仮面ライダーバルカンが登場しました。ご多分に漏れず今までの仮面ライダーと一緒で、主人公と思想が合わず対峙していますが、最後に或人のギャグで笑っていたところを見ると、そこが糸口となり仲間になり協力していくのでしょうか。楽しみです。
40代女性
今回はヒューマギアが2体、滅亡迅雷によって悪の手先となってしまいました。前回の腹筋崩壊太郎に続き、返信した姿はジオウの時と違い不気味さより格好良さが目立ちます。ヒューマギアの純粋さが悪に染まる瞬間物悲しく切ないです。しかし、いつになればしっかりと歌が聞けるのでしょうか。
30代女性
2話の最大の見所は「仮面ライダーバルカン」の過去が明かされたことです。不破は、過去のヒューマギア工場爆発事故は、本当は事故ではなく「ヒューマギアの暴走と、大量の人間殺戮事件」と認識しており、隠蔽を行った飛電インテリジェンスを憎んでいることがわかりました。また彼はその事件の中での生き残り。「ヒューマギアのおかげで今の俺がある」或人と、「ヒューマギアは絶対許さない」不破。それぞれの思いを交錯させながらも、倒すべくは今目の前にいる暴走ヒューマギア。戦いの後、無言で視線を交わすシーンが最高にカッコいい!この2人の関係性は今後も要チェックしたいところです。
<『仮面ライダーゼロワン』第1話>『オレが社長で仮面ライダー』
2019年9月01日放送分

  • <公式>第1話無料動画配信(2019年10月31日(日曜)24:00まで配信)

第1話 ネタバレ解説はここをクリック
売れない芸人の飛電或人。遊園地での営業もお笑いヒューマギア腹筋崩壊太郎に負け、落ち込む或人の前に彼の祖父の秘書イズが現れる。社長で祖父が亡くなり、その座を或人とついで欲しいという。そして社長になったものには同時に仮面ライダーゼロワンへの変身が求められるのだった。自分の夢は人を笑顔にすることだと誓う或人はそれを拒むが、その時腹筋崩壊太郎が人類滅亡を企む迅雷滅亡netに意識を乗っ取られ暴走。遊園地を破壊し始める。その危機に或人はゼロワンへの変身を決め、見事勝利する。遊園地には再び笑顔が戻り、或人はこれも笑いか、と納得する。そうして或人は大企業の社長であり、仮面ライダーゼロワンとしての道をイズと共に歩み始めるのだった。
第1話 感想コメントはここをクリック
30代男性
仮面ライダーが売れない芸人という設定が今どきという印象を持ちました。しかしながら、AIが登場するなど実際に未来なありそうな設定も面白く、AIが作った芸人がなかやまきんに君が演じているのも笑えて面白かったです。
40代女性
“お笑い芸人でAIを開発、派遣する会社の2代目になるところから始まりバトルシーンでは足を挫いたりドジな一面もあって頼りない感じだがこの先どんな感じでカッコイイヒーローになるのか楽しみで面白い感じでした。
主演の高橋文哉をはじめ秘書型のAI・イズ役の鶴嶋乃愛さんや芸人の小島一哉さん等の出演者にも注目したいです。”
20代女性
令和一発目ということでどんな話になるのかとハラハラしていましたが、平成の流れを汲む王道展開でした。主人公或人の「人を笑わせたい」というのはクウガの「人の笑顔を守りたい」というのに通じます。ただ今回は20年前のクウガにはなかった生活になくてはならなくなったアンドロイドとの対決なので、倒して終わりとはいきません。どう決着がつくのか今から楽しみです。
20代女性
“AIがかなり普及して、いま人がやっている仕事すらもAIがしているという舞台設定はかなり近未来な設定だなと感じました。
アクションシーンも一昔前に比べすごく綺麗にかっこよくなっていて、今後見るのもすごく楽しみです。”
40代男性
新シリーズということや元号が令和になってからの初のシリーズということで、制作にとくに力が入った第1話だったような気がしました。CGやセットに力が入っていたような気がしました。これからどうなるか楽しみです。

『仮面ライダーゼロワン』イントロダクション・キャスト情報

Introduction

令和の01号ライダー、ゼロワン。企業のナンバー01社長ライダー、ゼロワン。0と1のデジタル世界を駆け抜ける仮面ライダー、ゼロワン。ゼロワンから令和仮面ライダー元年が始まる。人類を守るため、暴走するAIロボ・ヒューマギアを倒せ!AIロボ・ヒューマギアが実用化された世界で人間の「夢」と「情熱」を訴える!社長となった青年のゼロワンとしての戦いが幕を開ける!

■Cast

飛電或人……高橋文哉
不破 諫……岡田龍太郎
イズ……鶴嶋乃愛
刃 唯阿……井桁弘恵
迅……中川大輔
滅……砂川脩弥
シェスタ……成田愛純
山下三造……佐伯 新
ザット(声)……日髙のり子
ナレーション……山寺宏一
飛電其雄……山本耕史
福添 准……児嶋一哉(アンジャッシュ)
飛電是之助……西岡德馬

■「仮面ライダーゼロワン」公式SNS

公式サイト