金25ドラマ「絶メシロード」を見逃し動画無料フル視聴!

絶メシロード

ドラマ『絶メシロード』動画

『絶メシロード』動画視聴

テレ東ドラマ『絶メシロード』はParavi(パラビ)で先行配信されます。

2020年1月17日配信スタート 金曜夜11時~
※第2話以降、放送1週間前から先行配信

「Paravi」はお試し期間があるので、完全無料での視聴も可能です!
無料お試し期間は2週間。もちろん解約違約金なども発生しないので安心です。
登録も簡単!


  1. テレ東のドラマだけじゃない!Paraviではテレ東のドラマやバラエティだけではなく、TBSやWOWOWなどの作品、さらには映画も多数配信。
  2. 豊富な特典も盛りだくさん!無料期間が終了してもParaviチケットをプレゼントされるので、課金が必要な作品もお得に視聴できます。
  3. デバイス(視聴機器)は最大5台まで登録可能!動画をダウンロードできるので、Wi-Fi環境がない電車の中などでも視聴可能です。
テレビ東京やTBS等で放送された番組を見逃した場合、Paraviでチェックすることをお勧めします。Paraviは、株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営する動画配信サービスで、テレビ東京やTBS、WOWOW等6社が共同出資し発足しました。インターネットで8000本以上のコンテンツを楽しむことができ、ドラマやバラエティ等チェックすることができます。ドラマに関しては、タイトル数が500以上を超える等力を入れており、見逃し配信も利用することができるため便利です。Paraviでしか観ることができない独占配信のコンテンツも魅力で、地上波番組の未公開映像やオリジナル作品もチェックすることが可能です。定額プランに加入すると対象動画が月額925円で見放題となりますが、登録後2週間無料体験できるサービスがあるため、事前に体験して登録することができます。【30代女性】

ドラマ「絶メシロード」見逃し動画検索

●第1話〜最終回まで全話フル視聴

Paravi

●無料動画共有サイト

YouTube
その他の動画共有サイトについて
Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信されていませんでした。
動画共有サイト視聴の注意点
動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。

■『絶メシロード』動画配信サービス配信表

サービス名 配信状況 詳細リンク
Paravi ◎(見放題) Paravi詳細(準備中)
U-NEXT × U-NEXT詳細(準備中)
FOD × FOD詳細(準備中)
Hulu × Hulu詳細(準備中)
ビデオパス × ビデオパス詳細(準備中)

配信状況最終更新日 2020.04.09

<ドラマ『絶メシロード』第11話>
「島勝」
2020年4月03日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第11話あらすじ

ごく普通のサラリーマンである民生は、妻と娘のいない週末にちょっとした旅に出ることが最近の日課になっていた。元々は何かから逃げるために始めた小さな冒険だったが、今では心から小さな冒険に出かけたいと思うようになっていた。星空が綺麗なスポットに行くと決めた民生は自宅を出発するが、土砂降りの雨に気を落とす。しかし、民生はこんな時のために購入していた家庭用プラネタリウムを使い、車内の天井に広がる星空を眺める。翌朝、目覚めた民生はさらに車を走らせ、奥多摩の自然豊かな風景に癒される。どのジャンルの料理なのか分からないものも、食事処「島勝」を発見した民生は好奇心が湧き中に入る。そして写真付きの丁寧なメニューに感心した民生は、とろろめし定食と赤しそジュースを注文する。

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第11話

第11話 ネタバレはここをクリック
第11話 感想はここをクリック
40代女性
普通のサラリーマンである須田民生は今回、奥多摩にきました。そのなかで「島勝」というお店に訪れました。そのご飯のとろろが本当においしそうで地元でとれた小鉢もとても魅力でおなかが鳴ってしまいました。そして山を食べている逃避のシーンがとても面白く、ぶっ飛んでいる映像だなと思います。そこがまたこのドラマのいいところであり、次回の最終回が楽しみで仕方ありません。
30代女性
絶品なとろろを食べた時に民生が詠んだ歌がおもしろすぎました。たしかにとろろはご飯を喉につるんと運んでくれる食べ物だなとお腹が空いてきました。また、店を継いでくれる人がいないと閉店しなきゃいけないかもとなった時、無銭飲食の謝罪に来ていた男が継がせてくださいと立ち上がったのにはびっくりしたし笑えました。あしらわれてはいたけどあのお店がその後どうなったのか気になります。
40代女性
民生が注文した、とろめし定食がもう美味しそうすぎて最高でした。1000円以下というお値段であんなにたくさんの品数の料理が出てくるなんて、利益はあるんだろうかと思えてしまうほど豪華だなとおもいました。特に、山でとってきたという、赤シソジュースがぜひ飲んでみたいなとおもいました。どんな味かなと思ったけど、民生が爽快そうな顔をしていてたまりませんでした。
40代男性
毎週楽しみにして観ています。少し笑ってしまうような小ネタをはさみつつ、安くて美味しそうなご飯や、家にいると中々観られないような景色を楽しむことができています。関西在住のため、中々ロケで取り上げられた場所やお店に足を運ぶことは難しいですが、動ける範囲で私にとっての絶メシを探してみたいと思うようになりました。トトロと思われるパロディがありましたが、とろろとかけているのでしょうか?とろろだけにかけるのですかね(笑)
40代女性
トトロへのオマージュがとても良かった。傘のシーンは子どもがやるより、大人が演じた方が可愛く見えるという事実が衝撃的。是非流行らせたい。絶メシを味わいながら、夢を観ているのもわかるようなわからないような、それだけ滋味深い味わいだったのだろうなと想像。地消地産の極致定食、是非味わいたい。跡継ぐなんて簡単にできないだろううまさなのだろうってことは容易に想像できた。

<ドラマ『絶メシロード』第10話>
「パリー食堂」
2020年3月27日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第10話あらすじ

「お食事処ポーク」
妻・景子(遊井亮子)に実家へ帰られてしまったベテラン車中泊マスター・鏑木勉(山本耕史)。景子とやり直すため、実家がある金沢を訪れたが、未だ景子とは会えずにいた。
仕事で金沢に来ているという民生(濱津隆之)に連絡をとると、その娘・紬(西村瑠香)もたまたま金沢に来ているという。そこで、民生、紬、鏑木の3人で車中泊をすることになるが…。
翌日、2人とわかれた鏑木は、「絶メシ」をもとめ、車を走らせる。今日はどんな「絶メシ」に出会うのか!

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第10話

第10話 ネタバレはここをクリック

金沢で民生は娘の紬と出くわす。さらに、キャンプ場で分かれたはずの鏑木とも再開する。3人は鏑木のキャンピングカーで富山まで行き車中泊をする。鏑木が寝入った後、民生は紬から、高校卒業後に美容の専門学校へ行きたいと告白される。そんな紬に対して、民生は、自分の進みたい道を目指せばよい、と応援する。民生と紬の親子と別れた鏑木は、1人キャンピングカーを走らせて絶メシを探す。偶然入った洋食屋のおすすめメニューは、ポーク風ライス豚汁セットであった。トンカツがのったオムピラフと、さまざまな具材たっぷりの豚汁のセットは、鏑木を大変に満足させた。83歳の店主と娘の仲睦まじさに、鏑木は理想的な親子愛を感じる。店を出た後、鏑木は、別居中の妻からのメールに、別居の原因になったキャンピングカーでは迎えにくるなといわれて絶句する。

第10話 感想はここをクリック
40代女性
今回も絶メシに出会ったのは鏑木で、2週間も絶メシに出会えていない民生のことが凄く気になってしまいました。そして早く民生が絶メシに出会うのが見たいなと感じました。また最初は強引な感じしかしなかった鏑木でしたが、特に今回は民生に対する優しさに溢れていたように感じられたのが、凄く素敵な関係だなと思いました。
30代女性
店名がポークってそのままやんと思いつつ、やっぱり登場する料理は美味しそうでした。ついつい何か食べたい衝動に駆られるので深夜帯にこのドラマを見るのは危険です。山本耕史の妻が遊井亮子というのにはちょっと意外性がありました。車中泊なワイルドな山本耕史に対してもっとお嬢様チックな女優が妻役を演じていると思っていたので、びっくりしました。
40代女性
いつもは2人でじっくりと話をする機会がないからか、喫茶店で紬と2人で話をしている時に、戸惑いまくっている民生が面白かったです。そんな民生と紬のところに駆けつけた鏑木の本心も素敵でした。そして、今回も鏑木の絶メシとの出会いがあり、そのお店の絶メシを出し続ける理由がすごく素敵でした。また「マブい!」も鏑木のイメージにピッタリでした。
40代男性
お食事処ポークの半世紀変わらない味ポーク風ライスって言うのは見た目だけでもう旨いって分かりますね。バターライスの上に乗った目玉焼きにポークカツなんて看板メニューなのが分かります。奥さんが亡くなられてマスターとお手伝いの娘でメニューを少なくしてお店の切り盛りをしているようだけどこういったお店はなんか応援したくなりますね。
40代女性
鏑木が妻に今から会いに行くと言ったらキャンピングカーでは来ないでと言われた場面はちょっと可哀想でした。ケンカの要因を作ってしまったキャンピングカーで来るなと言う妻の気持ちもわかりました。ただ鏑木の言われたあとの落胆ぶりは流石に同情してしまいました。この2人の関係が修復されたのかが今後のちょっとした楽しみではあります。

<ドラマ『絶メシロード』第9話>
「パリー食堂」
2020年3月13日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第9話あらすじ

どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)は、仕事のため金沢に来ていた。そこで偶然にもベテラン車中泊マスター・鏑木勉(山本耕史)と再会。いつもなら一人で車中泊をする民生だが、強引な鏑木に誘われ意に反して中年二人で車中泊をすることに。
眠ろうとしたとき隣から聞こえてきたのは鏑木のすすり泣く声。そして翌日、鏑木が金沢に来た理由を知った民生は…。さらに!今回「絶メシ」に出会うのは民生ではなく、なんと鏑木!?

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第9話

第9話 ネタバレはここをクリック

出張で金沢に来て部下の尻拭いに来ていた須田。宿が見つからず、レンタカーで車中泊をしようと考えていたら、鏑木に会い、鏑木の車で車中泊する事に。不安だった須田だが、鏑木はスーパーで魚を買っていて料理して車中で食べる。鏑木に奥さんの事を聞く須田。急に無口になる鏑木。二人で寝ようとすると鏑木が泣き出す。朝、寝不足のまま外に出る須田。海辺を満喫していると鏑木がコーヒーを飲んでいた。連絡先を交換した二人。須田が車中泊で絶メシを食べてる事を聞く鏑木。鏑木の待ち受けの女性で気になり、聞く須田。綺麗な女性は妻で、勝手に車を買った鏑木に怒り、金沢の実家に帰ってしまったと話す。会いに来たけど、怖くて実家に行けないと話す。急いで行くべきだと怒り、立ち去る須田。一人になり、妻の実家に向かうが怖くなり、近くのお店にトイレを借りる鏑木。そのまま能登ラーメンを注文する鏑木。あっという間に完食し、店主に聞こうとするが、外で海を見ていた。海女が現れ、店主の話を話す。店主が戻り、海女と二人で海鮮丼を勧められ、追加注文する鏑木。店主が海を見ている事を聞く鏑木。旦那の我儘でお店やるとこになったけど、毎日海が見れる事は感謝だと店主。妻にしっかり謝って許して貰い、夫婦で食べに来てと店主。いきなり海に向かって叫ぶ店主。スッキリすると言われ、鏑木も叫ぶ。妻に電話して実家に向かっている事を話すが、今は会えないと言われる。

第9話 感想はここをクリック
40代女性
今回のお店は亡くなった旦那さんが残した、お客さんのほとんど入らないお店でした。私だったらすぐにお店を閉めてしまいそうですが、「毎日海が見られて幸せ」とこの店を残した旦那さんへ感謝を忘れない女将さんの人柄に、心が温まる話でした。
30代女性
主人公ノーマルさんが、車中泊マスター鏑木さんに、奥さんのことを聞きてたけど、車中泊マスター鏑木さんあのワゴン車を奥さんにだまって勝手に、買ってたんだなと思ったし、それで、奥さん実家の石川県に帰られてしまったのは仕方がない。
40代女性
2人が連絡先を交換するシーンから始まったので、仲良く旅を楽しむのかなと思っていたら、まさかの気まずい感じでの別れ方だったのでビックリしました。そして、民生の絶メシもなくかなり衝撃の展開だったなと感じました。
40代男性
いつもは頼りない感じの民生が、鏑木に自分の思いをしっかり伝えたのがカッコよかったです。そして交通の便が悪すぎる場所から、歩いて帰っていったのにも男らしさを感じました。またいつもとは違い、お店の人に遠回しにお勧めされて押売みたいな感じで、料理を追加で頼んだのが面白かったです。
40代女性
能登ラーメンというものをこれまで全く知らなかったので、ちょっと新鮮な感じでした。そして、山本耕史演じる鏑木のキャラクターが結構好きで、今回はメインにストーリーに絡んでいる感じだったので、見ていて嬉しかったです。

<ドラマ『絶メシロード』第8話>
「パリー食堂」
2020年3月13日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第8話あらすじ

「焼きそば櫻井」
どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。
今日も一人の時間を満喫するため、車で旅に出て車中泊をする小さな冒険へ出発する。東北道にのり、道の駅の駐車場で車中泊をする民生。翌日、「絶メシ」を求め車を走らせていると、気になるお店を発見する。
民生が見つけたのは小さな焼きそば屋。席はテーブル席1つしかなく、メニューは焼きそばのみ。不思議な店に困惑する民生だが、この店の誕生のきっかけと、夫婦の過去を知ることになり…。

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第8話

第8話 ネタバレはここをクリック

今回の話は娘さんからトイレで「座ってしてよ」と怒られるところから始まる。今週も家庭では肩身の狭い思いをしている主人公であった。今回主人公は東北方面に向かって出発をする。到着した先は星の名所ということであったが、天気が悪く見ることは出来なかった。そんななか絶メシを探す旅に出る。今回見つけたのは焼きそば屋さんである。入ってみると席は1席しかなかった。しかもメニューも焼きそばの小か大のみだった。出てきた焼きそばにはジャガイモが入っていて、今まで食べたことのない味のものだった。その焼きそばは近所でお菓子屋さんをしていたおばあちゃんから教わったものということだった。この店の店主は15年間何も言わずに家を出ていたそうだ。それでも待ち続けていた奥さんの忍耐力があったからこそできたお店であった。

第8話 感想はここをクリック
40代女性
店のメニュー同様、味わい深いけれど、シンプルな話だった。行方不明の後に帰宅して焼きそばやをはじめた店主の話、人生いろいろだと感じたし、働き方のゆるさ大事なことだと改めて感じられたのもよかった。喫煙オッケーの店も絶滅確定なのだよな。
30代女性
これまでなぜか登場しなかった焼きそばがついに登場して嬉しかったです。しかし、お店の誕生や夫婦の秘話に関しては特に絶めしのストーリーとしているのかなという感じなストーリーだったので、ちょっと疑問に思ってしまいました。
40代女性
焼きそば屋櫻井で食べている民生の横に座った男性に対しての民生の捉え方が印象的でした。男性が初めて櫻井に来たのに焼きそばの普通味ではなくスパイスの効いたほうを注文しました。それにたいして凄いなと民生が頭の中で思っているのは面白い発想でした。初めて来た店でチャレンジ出来ないと思う民生を見て確かにと賛同しました。
40代男性
家で民生がオシッコをしていると娘から立ってしてるんじゃないかと怒りながら言われているシーンは印象的でした。民生がやはり虐げられ気を遣いながら生きているんだなと感じました。確かにトイレは立ってすると飛び散るとはいうがどこの家庭もルールがあるのかとちょっと気になってしまいました。
40代女性
焼きそば屋櫻井に入ってメニューが焼きそばしかなく大か小どちらにするかで真剣に悩む民生が相変わらず優柔不断だなと感じました。小が350円大なら500円、じゃあ大の方が得かと頭の中で必死で考える民生にはケチだな、早く決めろよと思いながら見ていました。

<ドラマ『絶メシロード』第7話>
「パリー食堂」
2020年3月06日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第7話あらすじ

どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。後輩社員の堀内(長村航希)と夏目(梅本静香)がSNSについて話しているのを耳にする。アップした写真を自慢げに話す堀内に対し、民生は自分の小さな大冒険の方がネタ的に強いと密かに対抗意識を燃やしていた。
週末、秩父へやってきた民生は、レトロな雰囲気の食堂を訪れる。民生を迎えるのは店主・義友(諏訪太朗)とその孫・晃希(上川周作)。「店を継ぐのか」という問いかけに表情を曇らせる晃希は…。

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第7話

第7話 ネタバレはここをクリック

民夫は後輩のSNSので話が耳に入り、自分はもっと素敵な写真をアップ出来ると感じ旅に出る。雲海スポットで写真を撮ろうとしたが雲海が見えなく、観光地を訪れ写真を撮りまくる。そしてレトロな外観のバリ-食堂が目に入り店内に入り、絶メシ感が溢れていると感じ、店主の孫のおすすめでオムライスを注文する。後継者かと思った孫は、継ぎたい気持ちはあるが、店主の祖父からは一度も継いで欲しいとは言ってくれないことを明かす。オムライスは定番で野菜やフル-ツが盛りだくさんであり、昔の味わいがあり堪能する。店主からは孫には好きな道を進んで欲しい思いがあることを民生は聞かされる。今度は孫の作ったオムライスが食べたいと言って、また来店したい思いを告げる。

第7話 感想はここをクリック
40代女性
snsのシーンは別になくてもいいのかなと思いました。おじさん世代はなかなか疎い部分だと思うのであまり面白くなかったです。今回はシンプルな料理で見た目なインパクトはあまりありませんでしたが、お店のレトロ感が光ってて独特な雰囲気があって良かったです。
30代女性
店を継ぎたいが自分の料理を認めてもらえない孫と、店を継いでもらいたくても自分からは言えない、孫の人生の邪魔をしたくない店主の関係が、見ていて歯がゆかったです。でも、お互いがお互いを想う気持ちが伝わってきて、切なくなりました。オムライスに込められた思い出があるからこそ、孫は店を残したいのだと思います。また、SNSで人にみせびらかす店もあるかもしれませんが、そっと胸にしまっておきたくなるお店も確かに存在していると思いました。
40代女性
今回は、妻と娘の出番がなく物足りなさを感じましたが、堀内のキャラに民生が、心の声で突っ込むのが凄く面白かったです。そして民生の心の声がとても的確で納得してしまうことも多いです。またオムライスの隣に添えられていたフルーツが意外性もあり、とても美味しそうでした。
40代男性
第7話で民生が訪れたパリー食堂はいつもお店にネコちゃんがいるとの事で大変期待していたので、登場しなくて残念でした。フルーツがまるで野菜のように付け合わされたオムライスはきっと食べるだろうと予想していたので嬉しかったです。ただ民生のリアクションが思ったより薄かったのが拍子抜けでした。
40代女性
今回の須田が訪れたパリー食堂のオムライスがめちゃくちゃ美味しそうでしたし、フルーツもたくさん盛り付けられていて驚きました。そして絶メシでは初の店主の孫という後継者がいながらも、お互いが気を遣っていて継ぐのかわからないという状況も面白かったです。

<ドラマ『絶メシロード』第6話>
「The Cabin」
2020年2月28日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第6話あらすじ

どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。ある日、同期の西野(忍成修吾)から会社を辞め、趣味である紅茶の店を出すと打ち明けられる。「楽しい」と話す西野に、民生は少し羨ましさを感じる。週末、民生はいつものように旅に出て、横須賀へと足を運ぶ。いくつもの楽器やスピーカーが並んでいるオシャレなお店を見つけた民生は、店主・守康(ミッキー・カーチス)のおススメ「煮込みハンバーグ」を注文する。

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第6話

第6話 ネタバレはここをクリック

民生は同期の西野から、彼が会社を辞め、紅茶の店を開くことを聞く。紅茶の話を生き生きと語る西野を見て、自由な様子を羨ましくも感じる。週末、横須賀のお洒落な店に躊躇しながらも入る民生。そこで、店主に勧められた煮込みハンバーグを注文。柔らかく、肉汁の旨みが続くハンバーグを堪能する民生。店主の話では、今は少なくなったものの、ジャズライブも店で開いているという。その音楽仲間の不幸を聞き、彼が好きだったというカレーも注文する民生。すぐに後悔する気持ちが湧くも、あまりのおいしさに全部平らげる。高齢の店主の話に、ここもいつか食べられなくなるのではと考える民生。店を後にし、西野に紅茶を飲みに行くと電話するのだった。

第6話 感想はここをクリック
40代女性
今回の話は昔ながらの喫茶店についての話でした。このお店は昔ジャズバンドの演奏が行われていたようでした。最近ではそのようなお店は本当に見かけないので、このお店もたまにで良いのでジャズを流すお店のままなるべく長く続いてほしいです。
30代女性
同期の退職に影響されていつもとは違う雰囲気の横須賀に行くことを選んだ須田は影響を受けやすいなと思った。煮込みハンバーグやカレーを頼んだ時も店主の話に影響されていた。メニューは影響された結果美味しかったから良かったけど、自分の気持ちを正直に話せるようになるもの大事だと思った。
40代女性
なんと言っても煮込みハンバーグとカレーのコンボです。本ドラマでは、毎回美味しそうなご飯が提供されますが、今回は特に好みの組み合わせでした。大盛りのご飯とベジタブルミックスをそのまま使ってそうなハンバーグ、この素朴さが最高です。一方で、至福の食事を終えた民生を家ではアイドルに夢中の妻と娘が迎えます。こうした、現実味も本ドラマの魅力と言えるでしょう。次回も楽しみに視聴をお待ちしております。
40代男性
ミッキーカーチェスが店主役として出演していたのにはびっくりしました。風貌がめっちゃお店の雰囲気にマッチしていて面白かったです。そして、煮込みハンバーグも美味しそうで、思わず食べたくなって土曜の夕食に食べようと思います。
40代女性
今週は横須賀の老舗洋食屋「The Cabin」でした。煮込みハンバーグもカレーライスもとてもおいしそうでした。手ごねで手間をかけたハンバーグ。おいしさの想像が膨らみました。お店での思い出を語る店主役を演じたミッキー・カーチスさんも適任という感じでした。食べ物のほかに、主人公の家庭環境も垣間見えますが、お父さんに対する反抗期と見える娘さんが段々お父さんに歩み寄ってきている感じもして、そちらの今後の展開も楽しみです。

<ドラマ『絶メシロード』第5話>
「こころ」
2020年2月21日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第5話あらすじ

どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。今日も一人の時間を満喫するため、車で旅に出て車中泊をする小さな冒険へ出発する。旅へ出た翌日、民生は海岸で遊ぶ家族を見ながら、妻・佳苗(酒井若菜)との恋人時代や娘・紬(西村瑠香)がまだ幼かった頃を思い出す。
昼食をとろうと漁港を歩いていると、ある看板が目につき店へと足を運ぶ民生。中へ入ると店主・佐原佳江(朝加真由美)はなぜか涙を流していて…。

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第5話

第5話 ネタバレはここをクリック

主人公がいつものように週末に一人旅をしようとするが奥さんがライブに行かないということで家に居た。一緒に出かけるか一応誘ってみたものの全力で断られてしまう。今回は海の見える街で海産物を食べたいと思っていた主人公はいつも通り車を走らせる。海辺を楽しんだ主人公はお食事処を見つけ入る。女将さんが一人で切り盛りしているようでメニューに悩んでいると、「悩むならおまかせ定食がいい」とおすすめされ頼むことになる。おまかせ定食にはお刺身から天ぷら、煮魚まで付いている豪華なものだった。海の近いお店なので出てきた料理は全て美味しい。このお店は女将さんが借金を返すためにしているお店で、働かなくてもいいならお店を閉めると女将さんは話す。お店にそこまで気持ちがないように話すが、外に置いてある看板は亡くなった旦那さんが残したものだと嬉しそうに話す女将さんであった。

第5話 感想はここをクリック
40代女性
今回の話は今までで一番切ない裏話が隠されていたように思います。しかし、女将さんが出しているメニューは観光客に美味しいものを食べさせたい、という気持ちが伝わってきてこの放送を機にお客さんが増えてほしいと思いました。
30代女性
ドラマ「絶メシロード(第5話)」の感想として、民生が一人の時間を満喫することができて良かったと思いました。海岸で遊んでいた家族を見て、奥様との恋人時代を思い出せたことは、とても良いことのように感じました。
40代女性
夜景を楽しんでいる最中に、民生の横でカップルがイチャイチャし始めたのがおもしろかったです。謎のプライドで絶対に自分が先に帰らないと決意したのに、カップルから邪魔者扱いされてしまってトボトボ帰るなんて笑えました。
40代男性
民生がいないと思っていた妻がいたことにびっくりする様子が、まさに尻に敷かれてるんだなという感じがして面白かったです。しかも、社交辞令で一緒に行くかと誘ったのに、めちゃくちゃ冷たく拒否されてて爆笑でした。
40代女性
夜景を見ているときに隣でイチャイチャしているカップルに対して絶対動かないと、勝手に自分の中で勝負を始める須田民生が面白かったです。やたら子どもみたいな考え方をもっているよな民生はと思い、結局先に去って悔しがる民生が笑えました。

<ドラマ『絶メシロード』第4話>
「とんかつ一(はじめ)」
2020年2月14日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第4話あらすじ

どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。今日も一人の時間を満喫するため、車で旅に出て車中泊をする小さな冒険へ出発する。
家族から「おじさん臭い」と言われ、さらに会社でもおじさん扱いをされショックを受ける民生。
旅に出たある日、「絶メシ」を求め発見したのはとんかつ屋。中は威勢のいい店主とお客さんで賑わっていた。初めて来るお客さんは「ミックス定食」でと強制的にメニューを決められ困惑する民生は…

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第4話

第4話 ネタバレはここをクリック

須田民生は、週末の夜に車で出かけた。須田は、駐車場に着くと車中泊の準備を始める。そして、シートに寝転びながら会社での出来事を思い出す。翌朝、鏑木勉と出会う。鏑木は、自分の車の中を紹介する。そして、須田に「この後、寿司でもどう?」と聞くが、須田は断ってしまう。須田は、「とんかつ一(はじめ)」で食事をすることにした。店主は、おすすめメニューを勝手に決めてしまい、「ミックス定食」になってしまった。出来上がった定食は、ボリューム感があった。須田は、勢いよく食べ始める。食べ終わると、店主は、追加でサービスをしてくれた。店主は、「目配りは、大切だよ」と言った。食べ終わった須田は、「絶メシ」という思いを抱いた。

第4話 感想はここをクリック
40代女性
須田が車中泊をするために訪れた伊東マリンタウンというところが温泉もあって一度行ってみたいなと思いました。でも今回は須田が娘からおじさん臭いと言われて温泉に入ったみたいだったので普段はいつからお風呂に入らず車中泊をしてるんだろうと同年代なのでいろいろ考え過ぎてしまいました。面白かったです。
30代女性
今回が選んだとんかつ一は昔ながらのお店という雰囲気で初回の人はミックス定食しか注文できないと店主が言っていたので、居心地悪そうだなと思っていたらそのミックス定食がめちゃくちゃ美味しそうでしたし、サービスでカレーライスや揚げ物などの追加もあり最高のお店で面白かったです。
40代女性
今週は、跡継ぎのいないとんかつ屋さんの話でした。この店は、なんかの番組でも見たことがある気がしますが、店主が気前のいい方で、ただでさえ値段の割にボリュームが多いんですが、客の様子を見て、どんどんおかわりを盛ってくれるという店でした。でも、決して質より量というわけではなく、味も申し分ないような感じでした。こういう跡継ぎのいないお店も全国には数多くあると思いますが、できることなら絶滅してほしくないと思わせる店でした。来週の予告を見ると、千葉県銚子市の店のようで、銚子は私の住んでいるところから無理なく行ける範囲にありますので、来週が楽しみです。
40代男性
今回の話で出てきた店主はお客さんのことをよく見ている方でした。だからこそ学生だったお客さんが「ダンナ」と呼ばれる年齢になっても、通い続けるくらい愛されるお店だということが伝わってきました。心が温かくなる内容でした。
40代女性
勝手にメニューが決められるというよく頑固な店主がいる昔ながらのお店という感じがよく、ついつい近所のお店に食べに行きたくなりました。しかし、とんかつ屋でミックス定食という今どきなネーミングも面白ろかったです。

<ドラマ『絶メシロード』第3話>
「香珍」
2020年2月07日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第3話あらすじ

どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。今日も一人の時間を満喫するため車で旅に出て車中泊をする小さな冒険へ出発する。
ある夜、民生は群馬県の椿名湖を訪れていた。翌日、とある中華料理屋を訪れた民生の目に入ったのは無数の石。不安を感じつつも入店した民生を待ち受けるのは、またもや無数の石。そして石に強いこだわりを持つ店主。この個性的な店で民生はどのような「絶メシ」に出会うことができるのか!

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第3話

第3話 ネタバレはここをクリック

須田民生は週末になると一人車を走らせ、夜は車中泊をしていると暴走族の集団に恐れを感じ隠れる姿があった。翌朝群馬県の湖で楽しみ、絶メシを探し中華料理「香珍」を訪れる。店内は古く、石があちこちにあり民生はカウウンタ-に座り、常連客からラ-メンかチ-ハンがおすすめだと勧められる。他の客が色々注文すると、店主は同じ物にして欲しいと告げると客は帰った。、昔はお店も繁盛していたが時も過ぎ、店主はもう無理出来ない身体であることを知る。民生は大盛りラ-メンを注文、ラーメンは絶品で民生の心を驚かす旨さであった。石のことが気になった民生は店主に問うとが笑顔で石が好きだと答える。跡継ぎもいなく手打ち麺の「香珍」は、絶品で絶メシの可能性がある。

第3話 感想はここをクリック
40代女性
石をコレクションする中華屋の店主が、3人組の若者に[注文はみんな同じものを]と言いつつ、泣き真似をして追い返すという謎の展開にびっくりしましたが、奥様の遺影や、店主が厨房で倒れているシーンを見て納得し、なんだか切なくなりました。
30代女性
「香珍」のご主人である善養寺さんご本人に、善養寺さん役の役者さんの雰囲気がとても似ているように感じられて驚きました。ラストのツーショット写真もやはり似ていて、照れ臭そうな表情が微笑ましかったです。再現が難しかったのだと思いますが、麺を打つシーンが無くて少々残念でした。
40代女性
榛名湖畔の駐車場で車中泊中に現れた暴走族には、ちょっとドキドキしました。無事に「香珍」の美味しい醤油ラーメンにありつけてよかったですね。同じものを注文するように、お客に要求する強気な頑固店主。確かに、絶メシになる日が近そうな気がしました。
40代男性
今回は、ご当地群馬県でしたね。榛名湖の夜はまぁ置いて、青空が綺麗でしたね。本題の絶メシは「香珍」本物の店でのロケなんですね、一度行った事があるので直ぐに解りました。でも、味は確かでしたね。私もラーメンを食べましたが、旨いんです。少し柔らか目の麺としっかり醤油味だけどコクがあるスープ、シンプルな具材もラーメンにぴったり、癖がない醤油ラーメンは美味しかったです。店主の、同じものにしてくれるかい、の言葉は私も言われました。でも、ラーメンが美味しかったので満足でした。今回の絶メシロードも面白かったです。
40代女性
いつもより、トラブル多めで面白かったです。車中泊でシャドーをしているときに暴走族がきたり、お店では、ラーメンを頼まざるえない状況になってしまったり、でも今回も大満足できる味だったようで良かったです。娘さんと奥さんが、初めて出演していたので驚きました。

<ドラマ『絶メシロード』第2話>
「とみ食堂」
2020年1月31日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第2話あらすじ

どこにでもいるごく普通のサラリーマン須田民生(濱津隆之)。今日も一人の時間を満喫するため、車で旅に出て車中泊をする小さな冒険へ出発する。駐車場に止まっているやけに存在感がある車を発見した民生は、中が気になり覗いていると背後からベテラン車中泊マスター・鏑木勉(山本耕史)に話しかけられる。
一緒に浜焼きを食べに行こうと誘われた民生は、脳内によぎる「絶メシ」が気になり断ってしまう。車を走らせていると、定食屋の看板を見つけた民生はそこに向かうが…。

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第2話

第2話 ネタバレはここをクリック

仕事が終わり一週間のストレス解消などを含めて1泊2日の絶品メシ探しに出る須田民生。絶品メシを探すため車を走らせ、途中で車を止め眠ろうとする民生だったが会社での上司から言われた説教を思いだし眠れなくなるのだった。次の日ベテラン車中泊マスターの鏑木に一緒に浜焼きを食べに行こうと誘われるが頭の中にある絶メシを探すために断ることにする。そして車を走らせる民生は一件の定食屋を見つける。定食屋に入ると沢山のメニューがあり迷う民生だったが1番高い千円のポークソテーライスを頼むことに決める。食事中に定食屋のおばちゃんのご主人が亡くなったこと、息子が今は手伝っていることなどを民生は黙って聞きいるのだった。定食屋のおばちゃんの人生を聞き一期一会の旅を終えるのだった。

第2話 感想はここをクリック
40代女性
毎回出会う絶メシは、実在する店舗を取材した上で作られたドラマだと分かって見ると、また違う角度からの楽しみが生まれます。
歳をとった店主の、ワガママにも捉えられる行動も、よく知ると、なるほどな!と、思えました。ただ、客側とすれば、[それ、先に言ってよぉー]と、思います。
40代女性
観光名所もたくさん見れて、釣りをしたりといつもより、元気な感じがしました。そして、今回も常連さんに押し切られて店に入っていったのが、民生らしいなと感じました。そして、出てきた料理のボリュームが凄すぎて、食べきれるのかなと、ドキドキしながら見てしまいました。
40代女性
車中泊のベテラン、鏑木勉に声をかけられいつもと違う感じが新鮮でした。気弱そうな人だと思っていたのですが、勉の誘いを断ったことに凄く驚きました。また、迷いに迷って、1番高いメニューにしたのも、意外でした。そして、しっかり味わって食べている姿に癒やされました。
40代女性
今回初めて見ました!。主演の濱津隆之さんが「カメラを止めるな」の時よりも格好良く見えました(笑)。途中で展望台(?)に登れなくて「あぁ~!」と騒いだり、山本さんが演じるベテランっぽいドライバーが浜焼きに誘ってくれるのを断ったりと、ただご飯を食べるだけじゃないんだな、とおもいました。
40代女性
週末金曜の夜からの民生の小さな大冒険良いですよね。今回は千葉の木更津が舞台でしたが木更津だけに海のものを食すかと思いきや道沿いにでていた大きな看板あなたに食べさせたいタンメンの文字にひかれ大衆食堂とみにいきましたね。でもタンメンには行かずお店で一番高いものを聞いてポークソテーライスに。ただ出てきたあのポークソテー分厚く大きかったですね。一口では食べきれない多きさ。あれならば毎日通っちゃいますね。

<ドラマ『絶メシロード』第1話>
「たかちゃんうどん」
2020年1月24日(金曜深夜24時52分)放送

TVer、GYAO!、ネットもテレ東での無料見逃し配信はありません。

公式 第1話あらすじ

須田民生(濱津隆之)は、どこにでもいるごく普通のサラリーマン。妻・佳苗(酒井若菜)と娘・紬(西村瑠香)が家にいない週末、民生は一人だけの時間を満喫するため車で旅に出る。小遣いの範囲内で納めるため、かかせないのは車中泊。
誰にも邪魔されず好きな時間を過ごせる民生は、快適なひと時を過ごしていた。翌日、昼食をとるためスマホで調べたうどん屋へ向かう。しかし、たどり着いたのは、うどん屋とは思えないプレハブの建物。困惑しつつも入店した民生は…。

【出典:公式あらすじ『絶メシロード』】第1話

第1話 ネタバレはここをクリック

放送終了後に更新します。

第1話 感想はここをクリック

放送終了後に更新します。

ドラマ『絶メシロード』について

公式HP 公式Twitter
Introduction

どこにでもいるごく普通のサラリーマン・須田民生(濱津隆之)は、日々の生活の中で様々なストレスを感じていた。そんな民生の唯一の楽しみは、絶滅しそうなメシ“絶メシ”を求めて旅に出ること。 期限は、金曜の帰宅後から妻と娘が好きなアイドルグループのライブ遠征から帰ってくる土曜日の夕方まで!誰も誘わない・誰も巻き込まない・予算はお小遣いの範囲内で!をモットーに “絶メシ”を求め日本全国を車一つで駆け回る!中年サラリーマンの週末限定一泊二日の小さな冒険が今始まる…!

■Cast

濱津隆之

公式サイト 公式Twitter

酒井若菜

西村瑠香(青春高校3年C組)

長村航希

野間口徹

山本耕史

ドラマ『絶メシロード』への期待

30代男性
「絶メシロード」は、主人公が車中泊をするのが好きということでちょっと変わった趣味を持っているみたいですが、その部分が面白さにつながるのではないか?と思います。車中泊をして、そこから毎回お店を訪れて食事をするというのがお決まりのパターンのようなので、毎回主人公のこだわりのお店のこだわりの料理が紹介されることになると思うのです。車中泊という変わった趣味を持っている主人公だけに、訪れるお店なども普通とは違うと思いますし、単なるグルメドラマにはならないのではないか?という期待があるので、非常に楽しみであると言えます。
40代男性
このドラマに期待する点は“身の丈に合った冒険”です。会社でも家庭でもしっくりこない主人公の須田を演じる濱津さんの何とも言えない存在感。そして、訪れた地で発見した飲食店に自分自身の臭覚を信じて入店し、そこに息づく人の人間模様を垣間見るという一連の流れは「自分にもできそうだけど少し勇気がいる行動」です。そして、一人称である須田に加え、鏑木の登場で潮目が変わる感覚も面白いです。これから鏑木との交流を通じて新たな自分を発見する“小さな感動”のエピソードが欲しいと思います。それは決して冒険しすぎるような出来事ではなくていいと私は思います。
30代男性
主人公の車中泊仲間である鏑木さんが絶飯にハマってくれたのですごく面白く見ています。正直言って主人公よりも鏑木さんが絶メシをリポートしてくれた方が言葉のセンスなんかが面白くて大好きです。二回くらい鏑木さんメインの回がありましたが、また主人公バージョンに戻ってしまうのでしょう。ちょっと残念ですが仕方ないですね。やっぱり絶メシはボリュームがある食べ物の方がドラマとして面白いので丼系がみたいですね。主人公の食べっぷりも見てみたいのでこの先の展開では丼ものを探して欲しいです。あと車中泊のシーンも必ずやって欲しいです。
40代男性
主役だった須田が脇役にまわってスピンオフ的な鏑木が主役のストーリーなど毎回楽しく見ています。今回は久しぶりに須田が主役で絶メシ探しをするようなのでめちゃくちゃ期待しています。それでも前回で娘と行動する須田というのを見たので、次は須田が夫婦で絶メシ探しや車中泊をするというような展開もあってほしいなと期待しています。毎回須田や鏑木が見つける絶メシは素晴らしく、見ていると一度食べてみたいと思えるような料理ばかりで本当に絶滅してしまったら残念だなと、世の中の跡継ぎ問題を考えさせられるところもこのドラマの好きなところなので、世間に知られていない料理を広めることと問題提起を兼ねてずっとドラマが続くことを期待しています。
40代男性
当初は民生一人の絶品メシを探す一人旅だったんですが車中泊マスターの鏑木、娘の紬が参加したりと変化が出てきて面白いです。個人的には民生の妻の佳苗が絶品メシを探す旅に同行して欲しいなと期待しています。参加するのを頑なに嫌がっていたというレベルを越えて拒絶反応を示していた佳苗なんでなかなか参加するのは難しいとは思います。それでもなんとか民生と旅に出るのを是非見てみたいです。家庭では冷めた夫婦ではありますが絶品メシを探す旅に出れば意外と上手くいくんじゃないかと予想しています。なんかのきっかけからで良いんで民生と佳苗の車中泊を見てみたいなと期待しています。
40代男性
絶メシ探しという斬新なテーマで毎回楽しく見ていますが、主役の須田が同年代というのも共感できることが多く面白いです。そして絶滅するかもしれないお店でありながら出てくる料理はどれも抜群で絶滅するまでに食べてみたくなりますし、毎回お腹がめちゃくちゃ空きます。須田の個人的な趣味が車中泊のプロである鏑木にも伝染して、前回鏑木が絶メシ探しを楽しんでいたのも笑えました。須田の趣味が鏑木に伝染するなら、鏑木の趣味である車中泊が須田に伝染してもっと須田の車が車中泊に快適なようにアップグレードしていくのも楽しみにしたいと思っています。でも一番期待しているのは須田と鏑木の二人で絶メシ探しをすることなので、ドラマが終わるまでに見てみたいです。
20代女性
カメラを止めるなの役者さんが出てるということなので見ています。一人で遠出に車中泊して次の日のご飯を楽しみにしてるって旦那さんとしてどうなのかしら?と思いつつ、美味しそうなご飯や人情話にジーンとしてしまいます。奥さん役の酒井若菜がなぜ行かないのかがこの間描かれており、なるほどと思いました。そうか、子供が大きくなって手が離れていくとだんだんと個々の趣味を尊重して踏み入らないのかと。それでうまくいってるんだもんなと深夜にそう思いふふっと笑ってしまいました。また新たな土地で出会うご飯と人どんな物語があるのかとても楽しみです。
30代女性
基本的には須田の週末の趣味である絶メシロードを満喫する話だが、前回と次回は車中泊マスターの鏑木の話をやるようなので、須田の円満家庭とは違った鏑木の生活が垣間見れるかなと思っている。奥さんと会い、ちゃんと双方が納得できる話が見れたないいなと思う。普段は頼りない須田だけど、鏑木の奥さんへの想いを聞いた時の言動ははっきりしていて家族を大事に思っているいい父親なんだろうなと思っている。次回は娘の紬も車中泊の体験をするようだが、年頃の女の子が知らないおじさんの鏑木の行動をどう思うんだろうと気になっている。
40代男性
毎回楽しみに観ています。濱津さんの演技も好きですが、絶メシも楽しみにしています。そして、車中泊というのも、いまの時代にあった作品になっています。車中泊が流行っているし、キャンピングカーも出てきて新しいドラマに感じます。絶滅するかも知れない食堂が、実在するお店でストーリーがある所も見所と言えます。また、濱津さんの食べっぷりも美味しそう。しがないサラリーマンが、アジがあって、なんとも言えない切なさを感じるし、そこに情緒や懐かしさもあり、このドラマのカラーが出ている。毎回、見所もあり、なんか癒される作品です。
40代男性
車中泊マスター鏑木が今まで家族の事を聞かれたときにちょっとバツが悪い答えかたをしていました。そんな鏑木が妻に黙って一千万のキャンピングカーを買ったことでギクシャクして妻が実家に帰ったという話でした。これに対しての今後の展開が楽しみです。鏑木の電話に対して今は話したくないといった感じの妻と今後鏑木が上手くいくのか気になるところです。変わり者の鏑木がどんな感じで妻に話しかけるのかも見ものだなと思っています。民生も鏑木にたいしてどんなアドバイスを送ってあげるのかも気になるところです。大したアドバイスを送らないで娘の紬の方が良いこと言いそうな予感はしています。
30代男性
やっぱり主役の俳優さんがいい味を出していると感じました。カメラを止めるなで有名になった俳優さんですごくいい人な感じが画面から滲み出ています。それに食べ方もすごく美味しそうで少し嫌いな食材が使われている料理でも美味しそうに見えてくる不思議があります。やはり、俳優さんの力で面白さは変わってくると思うのでキャスティングした人は天才だと思いました。もっと美味しそうな絶飯がこれからたくさん出てくると思うので期待せずに入られません。肉料理が一番見たいですね。なので、これから肉を多く紹介していってほしいです。
40代男性
須田民生が1人で絶品メシを探す旅というのが見ていると癖になってしまうのがこのドラマです。このドラマを見た後は1人でとは思わないし車中泊したいとまでは思わないですが絶品メシを探す旅に行きたくなります。そして須田民生の凄いところは長時間かけて着いた店に古びた店をよく選ぶことです。確かに絶滅する可能性のメシなんで潰れてしまったらもう2度と食べれないからという意味もあるんです。そんなリスクを背負った飯を食べる須田民生に注目するのが面白いです。今後もちょっと古びていて人情味のある店に入ってくれるのを楽しみにしています。
30代男性
やっぱり飯テロドラマは面白いですね。深夜にやっていることもあると思うのですが、とても料理が美味しそうに見えます。それになんだか寂れている店に入ることが多いドラマなので、そのシュールな空気感もすごく自分にあっていると思って見ています。初回に登場したうどんはシンプルながらもすごく美味しそうで鰹出汁が匂い出してきそうな感じが画面からすごく伝わってきたのでとても面白かったです。やはりこの先の展開でもっと美味しい絶飯が登場すると思うとワクワクが止まりません。作品自体に流れる緩やかな空気感がすごく心地よいのでこれからの展開に期待しています。
30代女性
このドラマには事件もなければ恋愛もない、ただ気が優しい中年サラリーマンがたった一人で絶滅しそうな飯を求めてさまよう、そんなドラマです。普通のサラリーマンが車中泊をしながら絶メシを探し、食べるだけの番組なのですが、訪ねるお店ひとつひとつに人間ドラマがあり見ごたえ十分です。絶メシは全国各地にありますし、ドラマを見ている視聴者の中にも「あそこのお店のメシ、おいしかったな」という思い出がひとつはあるはずです。そういった郷愁を呼び起こさせるようなハートフルなドラマになっています。濱津さんの演技も凝り過ぎず、等身大のサラリーマンを演じているところが素晴らしいです。
40代男性
主人公須田民生のどこにでもいるおじさん感が見ていて落ちつかせてくれるドラマです。親近感がわくしインパクトある出来事はないですがゆったりと見れて癒やされます。旅先での店選びもチェーン店には入らないです。古びた食堂が多く店の店主との人間模様というのも見ていてほのぼのとさせられるんです。今後もいつものスタイルで一期一会の旅というのを期待しています。個人的には絶メシ旅に酒井若菜が演じる妻の佳苗が行ってもらいたいなと思っています。むちゃくちゃに行くのを嫌がっていた佳苗ですが最終回までには1回ぐらいは一緒に行くのが見たいです。
30代女性
残すところあと数話になってきましたが、山本耕史さん演じるベテラン車中泊マスターの登場を楽しみにしています。以前登場したときに奥さんの話をしていましたが、一度も登場しておらず、少し話を逸らした印象だったので奥さんはもしかしたら亡くなっているのかもしれないと思ってしまいました。会うたびに民生は食事を断っているので最終回までには民生とご飯に行ってほしいです。もちろん、お店は絶メシ店で。お互いひとり旅同士ですが、ばったり会ったときに絶メシ店の情報交換するような仲になったら面白いな、と思います。そして、民生と出かけることに消極的な妻でしたが、娘が一人で遠征しているときに夫婦で出かけるという展開があるかもしれないと思うと最終回まで目が離せません。
30代女性
食べ物系のドラマがここ最近のブームですよね。この「絶メシロード」もそんなブームに乗ったドラマのようです。主人公の民生が色々な場所の食べ物屋に行く話のようです。実はこの民生役の濱津隆之さんってどなたか知りませんでした。有名な俳優さんだったりするのでしょうか。見た目はとても優しそうなおじちゃんです。ドラマでの設定は中年サラリーマン、とのことですが普通のサラリーマンという想像とは少し違う姿でびっくりしました。どちらかというとヒッチハイクとか、自給自足で生活している人という感じの姿ですね。そんな彼が週末になると車に乗って美味しいご飯を食べに行くのですが、気になるのは節約のために車中泊をする所です。車中泊も最近人気があるので面白そうだなと思いました。
20代女性
脱サラして好きなことを仕事にできるなんて、最高の生き方です。特に、自分の趣味や気になっていることへのこだわりが見られるお店なら、店主や常連客から情報収集もできるので楽しいひとときを過ごせること必至。今回民生が行ったお店は、音楽好きの店主が営んでいるレストラン。サックス演奏のライブなんかもあるようで、オシャレな雰囲気です。そんな中で家庭料理の煮込みハンバーグが食べられるなんて、良いですね。ジャズが流れてカッコイイお店はどこか入りにくい雰囲気もありますが、笑顔が優しそうな店主なのでで気楽に入って食事ができるハズ。こんな大人な雰囲気のあるレストラン、行ってみたいです!
30代女性
須田が毎週末車中泊して行っている絶メシロードに娘が興味を示したら面白いなと思っています。今は全く違うアイドルの追っかけを妻と毎週末楽しんでいる娘だけど、父親の趣味にも興味を持ち始めたら須田も楽しいんじゃないかなと思います。でもこの家族はそれぞれの趣味を楽しんで、他の趣味を楽しんでいる家族を否定しないのが素敵だなと思います。これからも沢山の絶メシを紹介してほしいと思っています。また、車中泊マスターの鏑木がどんな食事を誘うのかも密かな楽しみの一つです。そのうち一緒に食事することになるのでしょうか。その時は最終回とかかなぁ。
40代男性
濱津隆之が演じる須田民生のごく平凡さが見ていて親近感が湧いてきてほのぼのとさせてくれるドラマです。須田民生ひとりじゃなく家族も連れての絶メシ旅を見たいと思っていたんですが、妻・佳苗が予想以上に行きたくない気持ちがわかったんで諦めました。佳苗が行かないなら娘も行かないだろうし、今後は車中泊マスターの鏑木勉に登場してもらうしかないなと感じました。鏑木勉のちょっとミステリーさを感じる雰囲気が結構好きな存在なんです。後は須田民生が行く店は古びた食堂が多いんでちょっと綺麗な店というのも見てみたいなと感じました。
50代女性
このドラマはこの地域でまだ1話しか放送されていないので、1話しか見ていませんが、メニューが肉うどんだけしかなくて、珍しいなと思いました。1話を見て、絶飯の意味がわかった気がします。また、主役の濱津隆之さんはドラマの「やすらぎの刻~道~」などに出ていて、映画の「カメラを止めるな!」に出てから売れっ子になってしまって、これからも期待しています。次回のゲストは俳優の山本耕史さんで、山本さんはドラマの「恋は続くよどこまでも」に出ていて、かっこよくて子役の時から俳優をやっているので演技も上手で期待が持てます。
40代男性
絶メシロードは濱津隆之が演じる普通のおじさん須田民生が旅するシーンを見ていると癒やされます。本当にこれといったアクシデントが起こるわけでもなく、ほぼ平穏無事にドラマは終わっていくんですが日常感がたまらないドラマです。心地良いドラマだなという印象を持ちながら見ています。今後への期待は須田民生一人で行っている1泊2日の旅に妻か娘が参加してほしいなと期待しています。須田民生のルールで一人で行くみたいなのを破ってもらいたいなと期待しています。それか車中泊マスターの鏑木と共に行動してるところが見たいなと思っています。
コメントをもっと読む
40代女性
初回から見ているにもかかわらず、毎回実在するお店の取材を行った上で制作されるドラマであることを、前回はじめて知りました。
とりあえず、ユルーい感じで、仕事から疲れて帰ってきた深夜にこのドラマをみると、なんとなくほっとして、たまにウルっとして、それでいてクスリと笑える場面も。感情の起伏に激しく作用するわけではないけれど、ポイントポイントでツボを抑えてくる、不思議なドラマだと思います。
悪い意味では決してなく、売れっ子イケメン俳優だと、こんな見方ではないんだろうな、と思いながらも、ちょいちょいゲストに、これまたツボなキャストをぶっ込んでくるのも、私的には神ドラマの1つに思えます。
40代男性
絶メシロードの元ネタの絶メシリストは、私の地元の近く、群馬県高崎市に実際にあるリストですよね。実際に何軒か食べに行きましたが、ドラマのまんまで、ちょっと入りずらい雰囲気だけど、入ってみると気のいい店主と旨い食事が待っている感じです。店主の高齢化や後継者不足で、店主が辞めたら無くなってしまう、でも惜しい絶メシを堪能しました。ドラマでは、群馬県以外でも在るであろうそんなお店を紹介してくれるのが非常に楽しみにしています。コンセプトの誰にも迷惑わかけないも共感出来るし、主人公の民生も自分を見ている感じがして非常に楽しみにしています。
30代女性
須田が見つけた趣味の絶メシロードは妻と娘に話して理解されるのか楽しみにしている。車中泊マスターの鏑木がたまにちょっとだけ登場するのがしつこくなくていいと思う。平日は上司や部下からの板挟みで女性社員からの影の薄さが主役らしくなくて面白いどこの会社にもいそうなのが親近感があっていいと思う。最終回までずっと一人気ままに車中泊をして絶メシを食べに行く内容に変化は起きないのだろうか。本当にあるお店とメニューなのが週末食べに行きたくなってしまうので、金曜の深夜に美味しそうな料理を見せないでほしいと思ってしまう。
20代男性
「カメラを止めるな!」で主演を演じた、濱津さんが主役のストーリー。町の片隅などにあるサビれたお店、でも、実はそんな場所に絶品グルメが…以前、「とんねるずのみなさんのおかげでした」でやっていた「キタナトラン」という企画を思い起こさせるドラマだなぁと感じました。また、テレビ東京の「孤独のグルメ」や「明日、何食べる?」などグルメドラマの撮り方が非常に上手で、出てくる料理がすべて美味しそうに見えるのが、素晴らしいです。今回のテーマである「絶品だけど絶滅しそうなグルメ」をどのようにうまく見せるか、非常に期待のドラマです。
40代女性
絶滅寸前のご飯メニューを「絶メシ」というなんて、そのネーミングからとても興味をそそられます。SNSで、バエるメニューに人が群がる昨今、今にも絶滅しそうなメニューの中にこそ、本当の味わいがあるのではないかと期待しています。主役が濱津隆之さん。パッとしないけど味わいのある雰囲気が絶メシにリンクします。なのに脇を固める重要な役どころ、車中泊マスターが山本耕史さんなんて、このキャスティングもまた絶妙です。車中泊をしながら絶メシを巡る旅。このドラマを見たら、きっと1人になりたくなって、旅をしたくなって、自分だけの絶メシを探したくなるんだろうなと妄想しています。
30代女性
このドラマを観ていると、一人の時間を長い間過ごしてきていないことに改めて気づかされます。彼氏(現夫)や家族と過ごす時間が長すぎて、長時間の一人の時間が確保できません。どうやって一人で過ごすか忘れてしまっていた自分に気づき、ドラマの中で主人公が満喫しているのを見て、自分が疑似体験しているような気分があって妙な解放感があります。最初は絶飯に期待していましたが、毎回、こういった自由な過ごし方をみられるのもこのドラマの楽しみになってきました。今回は石に執着のある中華料理屋にスポットが当たるということで、これはまた石と食で全然違うところが面白いですね。
40代男性
ゆったりとしたドラマで見ていてほのぼのとした感じになれるドラマです。主人公の須田民生が一人旅をして絶品の食事を食べるだけなんですがその食堂、お客さんの人間ドラマなとが垣間見えるのも良いです。須田民生のルールで誰も誘わない一人旅にするというのがルールのようで出来れば最後らへんではルールを破って妻の佳苗を連れた旅に出てもらえたらなと期待しています。後は車中泊マスターの鏑木の存在も楽しみです。不思議な感じでちょっと変わったテンションが面白い存在です。今後もドラマを盛り上げる存在になってくれるんで期待しています。
20代女性
このドラマは冴えないサラリーマンが週末に自分のお小遣いの範囲で、絶滅してしまうかもしれないグルメを楽しむというドラマです。人が食べているシーンがあるだけで楽しむことができますが、このドラマはそのお店が実在しています。そのお店の背景にある常連さんとの心温まる物語まで知ることが出来るので、毎週末の疲れが癒されていくようなドラマです。また、そこの地域の人たちと主人公のサラリーマンがぎこちないながらも馴染んでいく姿が良いです。次回は醤油らーめんを食べるようです。次回のお店はどうして絶滅してしまうかもしれないのか、背景も含めて注目して見ていきたいです。  
30代男性
今後の事業を続ける事が難しい「跡継ぎ問題」が飲食店で起きていますが、このドラマはその点に注目しているのがとても興味深いです。1話は山梨県富士山麓で食べられている吉田のうどん(並)、2話は木更津の大衆食堂・とみ(分厚いポークソテー定食)を訪れていて、食堂の方は場末感はあるものの、地元の方々にとても愛されている印象を受けました。車中泊とドライブにも注目していて、どうやって車内で過ごせば良いかのレクチャーをしてくれたり、おすすめのグッズを紹介してくれたりしているので、私も体力と経済力があれば絶メシ巡りをしてみたいです。
30代女性
グルメが出てくるドラマが好きなのですが、実在のお店を取り上げていると知ってより楽しみになりました。それも絶滅しそうなグルメを取り上げているということで、ドラマに出たお店に行って、実際に食べてみたくなりそうです。金曜日の深夜の飯テロはかなりテンションが上がりそうなので、土日勢いあまって旅行したくなるくらいハマりたいです。
また車中泊やソロキャンプが最近流行っているようですが、まだまだ男性中心なのかと思います。特にこの季節は尚更です。女性向けの車中泊のやり方や絶メシの紹介もあると、もっと楽しめると思います。
30代女性
原作が小説や漫画ではなくローカルグルメを紹介するサイト及びその情報を書籍化したものということで、主人公のキャラクターやストーリーは完全なオリジナルであるところが最も期待している点です。お一人様グルメ系は俳優さんの力量に頼る部分が大きいかと思いますが、演技力が高く評価されている方のようなので、どれだけ面白いものになるか楽しみです。また、実在する店舗なのでドラマを見て「美味しそう」「食べてみたい」と感じたら実際に食べに行くことも出来るというポイントも、視聴するワクワク感が増します。似たようなテーマの「孤独のグルメ」とは違った雰囲気の作品だと嬉しいなと思います。
20代男性
ドラマの期待する点と致しましては、主演が浜津さんという点にあると思います。カメラを止めるなの主演俳優を演じたことによって注目を浴びた俳優さんということでどんな演技をしてくれるのか、フレッシュな俳優さんということでフレッシュな演技を楽しみにしてます。また、ストーリー性が食をテーマにしたものになっているのでそこも楽しみです。車で旅をしながらなかなか普段では食べることのできないレストランで食事をするというのが大まかなストーリーなのですが、今までにないようなストーリー性で独特なので本当に楽しみにしてます。
20代男性
金曜の深夜にリラックスして見れる作品です。主演の濱津貴之さんの哀愁たっぷりなサラリーマン姿には僕も共感してしまうことがあります。カメラを止めるな!でも、売れない映画関係者としての役割をばっちりやっていましが、今回の役も濱津さんにぴったりなはまり役だと思います。また、深夜に飯テロとなる美味しそうな絶メシが登場するのも魅力的です。孤独のグルメと似て非なるその料理たちは、まさに、今後いつまでも食べれない、絶滅危惧のあるグルメばかりです。豪華さは全くないけれど、無くなってしまうと惜しい、そんな美味さと儚さを兼ね備えています。こちらも注目しています。
30代女性
主人公の民生は絶品メシを求めて様々な場所を訪れるようですが、とても素敵な趣味だと思いました。自分で運転して訪れるという点も、達成感がありそうです。一人で過ごす時間を大切にしたい人にとっては、良いストレス解消法だと思います。また、今までは知らなかったグルメを知ることも多くなりそうなので、グルメ好きとしても期待しています。食事だけではなく、訪れた先でどのような景色や建物などを見ることが出来るのかも気になります。人との出会いもあると思うので、どのような関わり方をしてくれるのか楽しみです。絶メシを追い求めることによって、どのような良い効果をもたらすのか期待しています。
40代女性
大好きなメシ系のドラマです!美味しそうなものを見ていると、それだけで幸せな気分になります。[ 週末1泊2日の小さな大冒険]なんてキャッチコピーもそそられますし、きっとみんなやってみたいけど出来ないでいる、憧れの行動ではないかと思います。絶滅してしまうかもしれないメシという、切なさもありつつ、きっと昔ながらの懐かしいメシにも画面を通して再会できるんだろうな、というワクワク感。きっと次の日のランチには、そこで見たものを食べたくなること間違いなし!な、気がします。このドラマを見ることで、そこに登場する絶滅しそうなメシを再ブレイクさせてくれる人が出てきたら、なんて、まだ見る前から妄想も広がります
50代男性
「カメラを止めるな!」という怪作で一世風靡した、濱津 隆之さんという普通の人っぽいけど未知数な印象も受ける俳優さんが演じると云うことで、その点にも興味が沸いてます。キャプション見た段階では、ちょっと「孤独のグルメ」的に感じましたが、無くなってしまいそうな食堂料理=「絶メシ」を食べて回る事で、自分を鼓舞するような話しらしいと分かりました。何かと上手く行かず、ストレスの多い、世知辛い世の中と感じているのは私も同じで、主人公に共感できる部分があります。ただのグルメドラマではなく、一期一会のメシと人の出会いとかも描かれるのではないかと期待もあるので、是非観たい作品です。
40代男性
ドラマ「絶メシロード」の最大の注目ポイントはやはり主演を務める濱津隆之さんではないでしょうか。「カメ止め」以降、濱津さんへの注目が集まるなかで、その活躍に期待している人も多いはず。私自身、いくつかのドラマに登場した濱津さんをおみかけした時にもっとドはまりな客演はないものかと感じることが多く、何な消化不良気味な感がぬぐえませんでした。そのため今回の主演は思う存分、彼の魅力を堪能できるチャンスだと思いました。設定もまた旅番組や町歩き、そしてグルメと様々な要素を兼ね備えた贅沢さがあります。その点でも飽きの来ない展開が期待できそうです。
50代女性
私はいままでいろいろなグルメドラマを観てきました。ですが、絶滅しそうなご飯を題材にしたドラマはこれが初めてだと思います。その分、かなり興味もあります。実際にあるお店やそこのメニューを紹介するドラマであれば、それらの情報も併せて知ることができるかもしれません。現在営業中のお店なのか、それともすでに閉店したり、メニューから消えてしまったご飯を食べるのかも気になるところです。主人公は仕事の疲れをいやすために、週末に泊りがけで、いろいろな場所へ絶メシを食べに行くようです。こういう週末の過ごし方も良いかもしれないと思いました。
40代男性
中年サラリーマンが日々の仕事のストレス発散のために絶滅してしまうかも知れない絶品料理を探し求めるというドラマで面白そうな雰囲気がします。日本全国を探し求めて1泊2日の車中泊などするようですが楽しそうだなと感じます。見ていて羨ましくなるようなドラマになりそうだなと感じます。主人公が濱津隆之で共演に酒井若菜、山本耕史がいるようです。山本耕史が主人公が旅先で出会うベテラン車中泊マスターという珍しい役をするようで楽しみですね。数多くの役をやってきた山本耕史でも過去にしたことない役だろうしどんな演技を見せてくれるか楽しみです。
40代女性
2020年の冬、テレビ東京から新たな飯テロドラマ『絶メシロード』が誕生します。普通のサラリーマンが、なくなりそうな美味いものを求めて旅をするという内容です。あの大ヒット映画『カメラを止めるな!』で活躍した濱津隆之が主人公を演じます。公式サイトの情報から期待できそうな点は、料理と旅です。やはり飯テロドラマの華と言えば、テレビ画面いっぱいに映る美味しそうな料理です。今回とりあげるのは、さまざまな事情で今後の存続があやぶまれている料理です。ドラマの題名にもなっている『絶メシ』は、現実に日本各地でなくなりそうな料理を残す運動として行われています。『絶メシ』発祥の地は、群馬県高崎市です。高崎市と博報堂ケトルが組んで始めた『絶メシ』は好評を博し、地域の活性化につながりました。飯テロドラマの元祖である『孤独のグルメ』は視聴者が登場した店に訪れる「聖地巡礼」という動きを生み出しています。『絶メシロード』も日本各地の知られざる料理を掘り起こし、経済効果を生み出すことが期待できると思います。また、ドラマの説明を見ていていいなと思ったのは、主人公の民生が仕事と私生活を上手にきり替えているところです。主人公の須田民生は、平日は真面目に働き、週末の2日間を『絶メシ』の探索にあてています。特別な能力や技術があるわけではない、あくまでも普通のサラリーマンが、自分の工夫で特別な体験をするという部分に共感できると思いました。美味しい料理とプチ旅気分が味わえるのは『孤独のグルメ』の出張編や特別編に似ていると思います。須田民生がどんな景色を見て、どんな料理を味わうのか、放送開始が楽しみです。
50代女性
確かに絶滅してしまうかもしれない絶品メシは過去にも数多くありました。あの時食べておけばよかったと後悔する前に、まずは行動して食べに行くことが必要なのかもしれません。主人公はさえない中年サラリーマンですが、彼の週末の密かな楽しみが絶メシを食べることのようです。しかし、彼はこの趣味を見つけたことで、人生が今までの何倍も楽しく思えてくるのではないかと思います。実際にある絶滅しそうなお店ならば、機会があれば閉店する前に行ってみたいです。 真夜中のグルメ番組は背徳感がありますが、なぜか興味を持ってしまうドラマです。
40代女性
題名を見て喜んでしまいました、また大人の料理ドラマが登場してくれたのかと心躍ります。しかも絶滅してしまうかもしれないとは稀少価値が高そうな謳い文句は誘惑されるに決まっています。土日に車中泊で気楽にお出かけ出来るのも羨ましいですよね、やっぱり自由と好きなことを求めるのが幸せですよ。主人公が疲れたサラリーマンっていうのが共感できます、主人公が濱津隆之さんでピッタリの配役ですよね。ドラマに出るのは珍しいので新鮮さがありますしリアルな感じがします。その分、周りの俳優さん達がベレランなので安心して見られるかな。毎週、登場する料理もどんなものが出てくるのか楽しみです、もし行ける所が登場したら行ってみたいですね。
30代男性
まず、「カメラを止めるな」の濱津隆之が主演なので、癖の強かったあの感じがどういう風になるのか?ちょっと期待です。内容をちょっと見てみると”絶滅してしまいそうな絶品飯を食べる”というのがコンセプトみたいで、正直同じテレ東の「孤独のグルメ」と若干かぶるかな?という風に思ったりもします。「孤独のグルメ」はストーリーというよりも実際のお店や五郎の食べっぷりがメインなので、こちらはストーリーもがっつりあるのか?そのあたりも注目みたいです。あとは、タイトルにもある絶メシが実在のものなのか気になるところですね。グルメドラマが好きなので、人気が出るといいなー!
20代女性
面白いところに着目したドラマだなと思いました。グルメを題材にした物は多いですが、誰にも迷惑をかけない、でも自分の時間を満喫する、というタイムリミットがあるのは見ていて面白そうです!主演が「カメラを止めるな!」の濱津さんということで、ナチュラルなお芝居が見れるんじゃないかなと期待しています。いわゆる美味しいご飯というよりは、ちょっと錆びれたお店だけど味は美味しい!みたいなご飯が登場するのでしょうか?どちらにせよ、深夜に見たら絶対お腹がすいて夜食間違いなしになりそうです。グルメものはいかに視聴者のお腹を空かせるような食事シーンを撮るかが大事だと思うので、そこの描写にも期待しています!
40代女性
“「絶メシロード」は、ごく普通の中年サラリーマンが絶滅してしまいそうな絶品メシを求めて、ミニバンを走らせ週末を利用し一泊二日の旅に出るようですね。
仕事や家庭で毎日同じことの繰り返し。たまにはそんな日常を忘れたいときもありますよね。
そんな中年サラリーマンの夢を叶えるが如く主人公の須田は、毎週各地に赴いては自由な時間を楽しむようで癒されそうですね!
家庭も仕事もある須田が、限られた時間で自分の時間を持ち幸せを感じる様子を見て、自分もそうできたら楽しそうだなぁと思わせられるドラマのようで楽しみです。
行く先々での個性的な店主や常連客との絡みも楽しみにしています。”
20代男性
絶メシロードの期待する点と致しましては、まずはストーリーにあると思います。なかなか普段来ることができないようなところにお店があるご飯や店主がクセのあるご飯を車を使いながら旅をするというストーリーなのですが、他にないような独特なストーリーは本当にクセになりそうで面白そうです。また、キャラクターもユニークそうでついつい見たくなるような癖のある人たちばかりでそこも楽しみです。また、主演もカメラを止めるなで人気になった濱津さんということでどのような演技をしてくれるのか、フレッシュさが出るのかそこもすごく楽しみです。
50代女性
主人公を演じる濱津隆之さんが、どんな味わい深い魅力を出してくれるのか楽しみです。「絶メシ」とはどういうものが登場するのか興味があります。それは本当においしいのか、なかなか出会えない珍しいものなのか。なぜ「絶メシ」を求め続けることになったのか。主人公が行く先々で出会う人々との交流が描かれそうです。そこにある様々な人間ドラマも面白いのでしょうね。主人公自身の人生は何かが変わるのか。もしかして抱えているものがあるのか。コミカルな流れで笑えて、時にはしんみりしたりの楽しいドラマになることを期待しています。
40代男性
絶滅してしまうかもしれない絶メシを求めて日本全国を巡るドラマのようで前代未聞なドラマかなと思い楽しみです。映画カメラを止めるな!の主演濱津隆之が地上波連続ドラマ初主演ということですが絶メシロードには似合いそうな主役に感じます。ドラマ内容を見るだけで既になんか面白そうな雰囲気がプンプン伝わってきています。主人公須田民生が絶品メシを求めて週末になると1泊2日の旅に出てなんだか怪しい外観の店、個性的店主、個性的な常連客などそこに行かないとわからない店を回るそうで面白そうです。車中泊しながら探すというのもリアリティがあり楽しみです。
30代女性
全国チェーンやファミレスが増えてきて、どんどん小さな食堂が潰れてきていると思います。それは経済の二極化を生んでしまうし、個性的な料理のジャンルを無くしてしまうことだと思うので、こんなときだからこそ、このドラマが期待できます。きっと、色々な寂れた町などにも行くのでしょう。そこで常連さんしか入れない雰囲気のようなところから、頑固おやじから、人情味あふれる店主まで様々なキャラが登場し、小さなヒューマンドラマが生まれるのではないかと思います。身近にある幸せを感じられそうです。そして、小売店への客足が戻る起爆剤となることもこのドラマに期待しています。
40代男性
あの「カメラを止めるな」の主演の濱津隆之のテレビ初主演ドラマということなので、どんな濃い演技を見せてくれるのか今から楽しみです。共演者に酒井若菜や山本耕史など癖のある俳優女優さんが多いので、他の出演者ももっと癖のある人が集まるのかなと期待しています。他の局ではできないドラマを作ることが多いテレ東なので、見えない所にもこだわりぬいているのかもしれません。絶滅しそうな飯を求めて旅に出るという設定も面白く、近くが取り上げられることがあったらぜひ行ってみたいとも思っています。地域の飲食店を取り扱っているドラマやバラエティー番組が多いので、どういうふうに区別化するのかも楽しみな要素ではあります。
50代男性
「カメラを止めるな!」という怪作で一世風靡した、濱津 隆之さんという普通の人っぽいけど未知数な印象も受ける俳優さんが演じると云うことで、その点にも興味が沸いてます。キャプション見た段階では、ちょっと「孤独のグルメ」的に感じましたが、無くなってしまいそうな食堂料理=「絶メシ」を食べて回る事で、自分を鼓舞するような話しらしいと分かりました。何かと上手く行かず、ストレスの多い、世知辛い世の中と感じているのは私も同じで、主人公に共感できる部分があります。ただのグルメドラマではなく、一期一会のメシと人の出会いとかも描かれるのではないかと期待もあるので、是非観たい作品です。
40代男性
流石テレビ東京、このドラマは群馬県の「絶メシリスト」が基になっているグルメドラマですね。テレビ東京のグルメドラマと言えば、孤独のグルメ、セント酒など面白い物ばかりですよね。特に孤独のグルメは全シーズン見ている位大好きなドラマです。今回は「絶メシリスト」、私は群馬県に隣接している所に住んでおり、実際にリストの店舗にも家族で食べに行く事もあります。実際に店舗に行くと、小さな店舗で目立たない事も多いですが、食事はとても美味しい店ばかりです。群馬県にこれだけ在るなら、他の地域にも沢山在ると思うので、どんな店を取り上げるのかとても期待しています。
40代女性
なんとも穏やかな感じのドラマになるのではないかという期待感でいっぱいです。見ていて、一緒にドライブしている気分にさせてほしいなあと思います。また、穴場的な絶品メシが登場して来るのかなあということも楽しみで仕方ありません。実際にはなかなか、行けれない場所へ行き、体験できないことを代わりに体験してほしいなあと思っています。主演の濱津隆之さんが、どんなキャラクターになっているのかなあというのも楽しみです。誰からも愛されるような、癒されるキャラクターになっていてほしいです。いろいろな人との出会いはあるのでしょうか。ほんわかした出会いがあればいいなあという期待もしています。